スレURL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340370280/
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:04:40.61 ID:+QI0NeJS0
照「宮永咲は私の妻です」

咲「……お、お姉ちゃん?」

照「!? ……な、なぜここに咲が」

咲-Saki-阿知賀編 1 (イベント先行購入抽選券付属初回生産仕様) [Blu-ray]
咲-Saki-阿知賀編 1 (イベント先行購入抽選券付属初回生産仕様) [Blu-ray]





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:08:55.21 ID:+QI0NeJS0
咲「……お姉ちゃん、私、あの……なんて言ったらいいのか……」

照「さ、咲……聞いてたの?」

咲「……うん」

照「ど、どこから?」

咲「あ、あの、お姉ちゃんが私の写真見ながらハイテンションになって」

咲「『咲ぃ愛してるぅ』って悶絶してるあたりから」

照「……oh」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:13:01.12 ID:+QI0NeJS0
咲「あの、お、お姉ちゃん?」

照「……う、う、うわあああ!」

咲「お、お姉ちゃん! しっかりして! わ、私何も見てないから!」

照「ああああ、あああ! いやああああ」

咲「お姉ちゃん!」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:29:39.44 ID:+QI0NeJS0
照「うううう……ああ……」

咲「お、お姉ちゃん……」

照「……もう、死にたい」

咲「だ、大丈夫! 私、何も見てないよ! 本当に何も見てないから!」

照「で、でもさっき……」

咲「さ、さっきのはほら……夢。そう夢だよ! 今日そんな夢見ちゃっただけで」

照「ほ、本当?」パァァ

咲「う、うん。本当だよ。だから死ぬなんて言わないで、お姉ちゃん」

照「さ、咲……」ポロ

咲「あ、お姉ちゃん何か落ちて……これ、私の、パンツ……」

照「……い、いや、これ、ちが」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:36:49.96 ID:+QI0NeJS0
咲「……お、お姉ちゃん。これは、どういう……」

照「あ、あの、あの、えっと……き、昨日廊下に落ちてたから拾っておいた」

照「た、たぶん洗濯ものが途中で落ちたとかじゃ、ないでしょうか。はい」

咲「だ、だよね。そうだよね、私のパンツ拾っておいてくれただけだよね?」

咲「あ、あれ? でもこれ、私が昨日洗濯もの入れに入れておいたやつ……」

咲「今日まだ洗濯してない、よね……」

照「……」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:37:10.96 ID:FTdf2g4Y0
てるてるピンチ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:42:24.66 ID:+QI0NeJS0
照「え、えっと……あの、その、うん。えっと……」

咲「き、きっと何か事情があるんだよね? 何かの事情で私のパンツがどうしても必要だっただけだよね?」

照「あ、ああそう! ちょっとした事情があって……あ、あはは」

咲「だ、だよね! ……わ、私のパンツが必要な事情って何、って聞いてもいい?」

照「そ、それは、えっと……」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:46:02.61 ID:+QI0NeJS0
照「そ、その……ひ」

咲「ひ?」

照「……秘密」

咲「……」

照「……」

咲「そ、そうなんだ。そうだよね、姉妹の仲でも秘密の一つや二つあるよね」

咲「あ、ああそっか。で、でももう私のパンツは必要ないよね?」

咲「じゃ、じゃあ私はこれ洗濯してくるね。それじゃ」

照「待って!」

咲「……え?」

照「……い、いや。その、まだそのパンツ、必要だから。その」

照「そのまま置いていってほしい」

咲「……」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:49:24.22 ID:+QI0NeJS0
咲「い、いやでも……これ私のパンツだし……」

照「お、おいていってほしい!」ドゲザ

咲「あ、お姉ちゃんそんなことしないで……」

照「お願いします。今日一日でいいから貸してください」

咲「……で、でも」

照「私を……信じて」キリッ

咲「い、いや、そんなに顔を近づけられても……」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:53:05.64 ID:+QI0NeJS0
照「大丈夫。絶対に口に入れたりしない」

咲「ぱ、パンツって口に入れる場合があるの……?」

照「え? 入れないの?」

咲「……え?」

照「ま、まぁそこら辺はいい。とにかく今日一日でいいから、貸して」

咲「ううっ……わ、分かったよ……」

咲「きっとお姉ちゃんにも深い事情があるんだよね……?」

咲「お姉ちゃんがそこまで言うなら、私も少しは協力するよ……はい」

照「ありがとう」

咲「じゃ、じゃあ私は行くね。明日になったら、そのパンツ返してね」

照「大丈夫、約束は守る」

咲「……じゃ、じゃあ、私は一階で洗濯してるから」バタン

照「……」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:55:54.10 ID:+QI0NeJS0
照「……はむっ」モグモグ

照「……咲の味……おいしい……」ハァハァ

咲「そうだお姉ちゃん。ついでにお姉ちゃんのも一緒に洗濯を……」

照「!?」モグモグ

咲「……お、おねえ、ちゃん?」

照「」モグモグ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 22:59:09.05 ID:+QI0NeJS0
咲「な、何やってるの、お姉ちゃん……」

照「……は、歯を鍛えてる」モグモグ

咲「そ、そうなんだ……で、でもそれ私のパンツ、だよ?」

照「……な、何!? き、気がつかなかったー!」モグモグ

咲「あ、そうなんだ……でももう気がついたなら、口から出しても」

照「」モグモグ

咲「お、お姉ちゃん。もうやめ」

照「それは……できない」モグモグ

咲「なんで!?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:06:04.68 ID:+QI0NeJS0
照「私は今、地球侵略を目論む悪の集団に決闘を申し込まれている」モグモグ

咲「け、決闘……?」

照「そしてその決闘方法は、パンツ食い競争」モグモグ

咲「ぱ、ぱん食い競争じゃなくて?」

照「違う、パンツ食い競争」モグモグ

照「パンツを口の中に入れて、どちらが先にパンツをより凄惨な状況にできるかを競う競争」モグモグ

咲「な、何その嫌な競争!?」

照「私は地球侵略を阻むため、これの練習をしている……だから咲にも協力してほしい」モグモグ

咲「へ、へぇ……お姉ちゃんも大変なんだね……」

照「そう、全く大変……」モグモグ

咲「……嘘だよね」

照「……うん」モグモグ



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:09:11.81 ID:+QI0NeJS0
咲「じゃあ、返してもらうね」

照「あ……」

咲「……確かに凄惨な状況なってるよ、お姉ちゃん」

照「……えへへ」

咲「褒めてないからね」

照「……ごめんなさい」

咲「じゃあ、私は洗濯もの行ってくるね」

照「わ、私も」

咲「いい、お姉ちゃんはここに座ってて」

照「……はい」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:09:24.20 ID:U0c464WAO
潔いのか悪いのかわからんなこのTELTEL



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:12:24.28 ID:+QI0NeJS0
咲「……お姉ちゃん、なんでこんなことするんだろう」

咲「パンツ、お姉ちゃんの唾液でぐちょぐちょでボロボロ……」

咲「仕方ない。まだ穿けるか分からないけど、一応洗ってみよう。これお気に入りだし……」

照「」チラッ

咲「……」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:14:46.37 ID:+QI0NeJS0
咲「……洗剤を入れて」ウィーン

照「」チラッ

咲「……」

照「」チラッチラッ

咲「……何? お姉ちゃん」

照「……怒ってる?」チラリ

咲「もちろんだよ」

照「……」ショボーン



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:17:16.06 ID:kz+Y6E8R0
自然すぎて流してたけどなんでパンツはいてるんだ



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:18:53.27 ID:EAAtDhUO0
>>55
そういやそうだな
あの世界にパンツなんて存在しない



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:19:21.56 ID:+QI0NeJS0
>>58
そんな世界だったら照が餓死するだろう



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:18:29.67 ID:+QI0NeJS0
照「」チラ

咲「もう、お姉ちゃんがいたらなんだか落ち着かないから向こう行ってて」

照「……分かった」

咲「……全くもう」

照「……三途の川の向こう側に行ってくる」

咲「お、お姉ちゃん!?」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:23:37.05 ID:+QI0NeJS0
照「咲に怒られた……咲に嫌われた……死ぬしかない……」

咲「お、お姉ちゃん待って!」

照「そうだ、確か咲のパンツがまだあったはず……あれをのどに詰まらせて死のう」

咲「お姉ちゃん、色々な意味で待って!」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:26:29.73 ID:DBhu9Pci0
遺族にとって嫌すぎる死に方だなw



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:27:14.91 ID:kz+Y6E8R0
この世で3番目くらいに幸せな死に方だな



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:27:38.35 ID:+QI0NeJS0
照「あ、咲……何?」

咲「あ、あのさ、お姉ちゃん。私もう怒ってないから」

照「……え? 本当?」

咲「う、うん。だから、死ぬなんて言わないで」

照「……分かった。死なない」

咲「うん。それと私のパンツ返」

照「それはだめ」

咲「して……」

照「……だめ、絶対」

咲「……」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:34:39.43 ID:+QI0NeJS0
咲「で、でもさ、おねえ」

照「」ダッ!

咲「お姉ちゃん! なんで無言で逃げるの!?」

咲「ま、待ってお姉ちゃん! あっ」ビターン

咲「痛い……あ、膝の皮が剥けて」

照「はい」サッ

咲「あ、救急箱。ありがとうお姉ちゃん……それでね私のぱ」

照「」ダッ!

咲「お姉ちゃん!」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:37:09.99 ID:+QI0NeJS0
咲「ま、待ってお姉ちゃん……」

照「何?」

咲「あ、お姉ちゃん……私のパンツ返して?」

照「パンツ? ナンノコトダカサッパリダナー」

咲「お姉ちゃん……嘘ついてるのがばればれだよ……」

照「嘘なんかついてない」

咲「で、でもさっき……」

照「そこまで言うなら、私の部屋を調べてみればいい」

咲「……分かった。調べさせて」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:39:12.74 ID:+QI0NeJS0
照「さぁ、どうぞ」

咲「お邪魔します……えっと、まずはベッドのあたりから」

咲「……うーん、ここにはない。……ここにもないか。うんベッドにはとりあえずないみたいだね」

照「……咲」

咲「何? お姉ちゃん」

照「……何でもない」

咲「?」

照(一瞬押し倒したいという願望に駆られた……)

咲「???」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:42:19.43 ID:+QI0NeJS0
咲「じゃあ次は机のあたりを……」

照「どうしたの?」

咲「あ、あのこれ……」

照「ああ、咲のアルバム。……姉として妹の成長を見守るのは義務」

咲「そ、そっかー……こ、これもアルバム?」

照「そう、アルバム」

咲「こ、これも?」

照「アルバム」

咲「これは?」

照「それは写真集」

咲(それらはどこがどう違うのか本格的に問いただしたいけど、ちょっと怖い気もする)

照「あんまりいじらないでね」

咲「うん……分かったよ」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:42:43.35 ID:FTdf2g4Y0
もはや隠す気もない



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:43:55.84 ID:+QI0NeJS0
咲「ふ、ふぅ……とりあえず机にも私のパンツはなかったね」

咲(教科書を置くはずの本棚は私のアルバムばかりだったけど……)

照「じゃあ、もういい?」

咲「まだ。えっと、次は……そこのクローゼット、いいかな?」

照「いいよ」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:46:46.31 ID:+QI0NeJS0
咲「わぁ、これ懐かしい。小さいころ私が着てた服だ……」

照「懐かしいよね。なんだか捨てられなくって」

咲「そっか、お姉ちゃん取っておいてくれたんだ……あ、これも」

照「それは咲が五歳の時のやつ」

咲「うわぁ、まだ小さい。これは?」

照「咲が五歳と三カ月の時に買ったやつ」

咲「そ、そうなんだ。詳しく覚えているんだね」

照「姉の務め」

咲「こ、これは?」

照「五歳と十一カ月の時買ったやつ」

咲「そ、そうなんだ……お姉ちゃんのはないの?」

照「そこのは咲のだけ、私のは他にある」

咲「そ、そうなんだ……」

咲(早くここから出たくなってきたよ……)



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:47:51.56 ID:FTdf2g4Y0
細かすぎて怖いww



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:48:34.12 ID:+QI0NeJS0
咲(で、でも私のパンツを見つけるまでは出れない……)

咲「じゃ、じゃあ次は……そこの棚には何が入ってるの?」

照「ああ、これは音楽プレイヤーとか、DVDとかの棚」

咲「へぇ……少し見てみるね」

照「あんまりいじって壊さないでね?」

咲「そんなことしないよ」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:53:36.15 ID:+QI0NeJS0
咲「えっと……普通のCDばかりだね」

照「それは、まぁ普通のばかり」

咲「でも以外、お姉ちゃんが音楽聴くなんて」

照「私だって音楽くらい聞く……まぁ音楽ばかりでもないけど」

咲「え? 音楽以外にどんなものがあるの?」

照「……え、えっと、あの、海の波の音とかでリラックス効果があるやつ」

咲「ああ、脳波がどうとかっていうやつ?」

照「そ、そう」

咲「そっかー。私もちょっと聞いてみたいなぁ」

照「そう、じゃ、少し聞いてみる?」

咲「いいの? ありがとう。じゃあ、音楽プレイヤー借りるね」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:57:20.04 ID:+QI0NeJS0
咲「えっと……じゃあこれにしよう」ピッ

『ざざーん。ざざーん……』

咲「あ、本当だ……癒されるかも」

『ざざーん。ざざーん「……ちゃーん」ざざーん』

咲「? 何かノイズみたいなのが……」

『ざざーん「……えちゃーん」ざざーん「おねえちゃーん」ざざーん』

咲「……」

『ざざーん「待ってーおねえちゃーん」ざざーん「おねえちゃーん」ざざーん』

咲「…………」

『「おねえちゃん、大好き」ざざーん「ね、ねえ、ちゅう、しよ?」ざざーん』

咲「」ブチッ!

咲「」バンッ!

照「な、何するの咲!?」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/22(金) 23:58:36.85 ID:53kAwXQT0
咲もキレるレベルだったwwwwww



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:00:20.06 ID:GNrgOKju0
咲「はぁ……はぁ……ご、ごめんね。ちょっと気分悪くなっちゃって……」

咲「わ、私にはそれ、合わなかったみたい……」

照「……そう、それは残念」

照「でも、叩きつけたりしないで? これには大事なものも入っているから」

咲「そ、そう……分かったよ。ごめんねお姉ちゃん」

照「うん、分かってくれたらいいんだよ」

咲(あれ絶対私の声の合成だったよ……)

照(……壊れてないかな?)



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:04:05.81 ID:GNrgOKju0
咲「え、えっと……やっぱりここには私のパンツなかったみたいだね」

咲「私は自分の部屋に戻るよ。ご、ごめんね、疑ったりして」

照「いや、いい」

咲「あ、ありがとうお姉ちゃん。じゃあ、私はこれで」

照「うん」

咲「……あ、あのお姉ちゃん。一ついい?」

照「何?」

咲「……今お姉ちゃんが動いたから気がついたけど」

咲「お姉ちゃんが立っていた後ろに、もうひとつクローゼットがあるね」

咲「最後にそこ、調べてもいい?」

照「」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:05:22.33 ID:TBvK8Hcp0
終わったな…



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:06:15.35 ID:6VXbwX/K0
/(^o^)\



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:06:50.83 ID:v6J3y/6L0
最後に気を抜いたらむしられる
麻雀と同じだな



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:08:58.73 ID:GNrgOKju0
咲「お姉ちゃん、そこ」

照「だめどす」

咲「な、なんで京都弁……」

照「とにかくだめ」

咲「……分かった。諦めるね、それじゃ」

照「うん、それじゃ」

咲「隙あり! ごめんお姉ちゃん!」

照「あ」

咲「」ガチャ!

咲「」ドドドドッ←大量の咲パンツがあふれ出てきた音

咲「……」

照「……そ、その、これは」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:09:35.06 ID:GNrgOKju0
咲「ねえ、お姉ちゃん」

照「は、はい」

咲「……これからは私の部屋にも洗濯機にも一切近づかないでね?」

照「え、でもそれは」

咲「ね?」

照「……はい」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:11:33.91 ID:GNrgOKju0
咲「あ、これ一年くらい前になくしたと思ってたやつだ……」

咲「これは一か月前の……」

咲「全くもう……お姉ちゃんったら全くもう……」


同時刻 照の部屋

照「ううっ……咲に怒られた。もう死にたい……」

照「……ううっ」

照「……咲のパンツ抱いて寝よう」

照「……ううっ」モグモグ


終わり



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:11:56.93 ID:GPmjVLwk0
咲は一体何着のパンツを買ってたんだ



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:13:24.99 ID:+4oskLfO0
だからいつもはいてなかったのか



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:14:12.71 ID:DPmBJb/u0
>>120
謎は全て解けた!



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/23(土) 00:13:30.83 ID:1MldK8xb0

次はブラか…


咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)