スレURL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340283837/
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:03:34.81 ID:QSw086T10
洋榎「うちが一番や言うたのに…片目瞑ったねーちゃんと仲良さそうに歩いとったなあ…」

久「あ、あの子は違うのよ…とりあえず落ち着いて、危ないからその包丁しまいましょう?」

洋榎「言い訳は聞きとうない…久がうちのもんにならんのやったらもう……」

久(これはやばい)






みたいなヤンデレ洋榎ちゃんが見たいです!



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:04:26.09 ID:ukxB+r1N0
俺も見たいです!



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:09:02.39 ID:AoKOXzaT0
なにこれすごくいい

咲-Saki-阿知賀編 1 (イベント先行購入抽選券付属初回生産仕様) [Blu-ray]





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:17:09.37 ID:QSw086T10
久「あの子はほら、長野個人戦出場者でそれでホテルが一緒の部屋だから…」

洋榎「ほー…一緒の部屋なんか…」

久(やばいしくった)

久「と、とにかくあの子とはそういう関係じゃないの!」

洋榎「せやったら手繋ぐのはおかしいんとちゃうか…?」スッ

久(終わった…)





みたいな感じです!お願いします!



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:18:45.28 ID:oFDSKePX0
はよ


はよ



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:22:22.18 ID:oWBM9u7V0
はよ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:28:46.89 ID:QSw086T10
久「あれは…あの子が迷子にならないように…みたいな…」

洋榎「別に手繋ぐ必要はないと思うんやけどなあ…」

久「それは…あの子がつないで欲しいって言ってそれで…」

洋榎「うちという女がおるのにそういうことするんか…やっぱ一度

キャプ「あ、上埜さん……?」

久洋榎「!?」





みたいなドロドロも見たいです!



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:37:58.81 ID:i13AjMY60
いいからはやく続き



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:53:07.47 ID:QSw086T10
洋榎「あんた昨日の…」

キャプ「きゃっ、なんで包丁を…?危ないですよ?」

久(本格的にやばい)

洋榎「ええんや…危ないことするために持っとるんやからなあ……」

キャプ「あなたは姫松の…上埜さん、一体どういう状況なんですか…?」

久「これは、その……福路さん、とりあえず向こうにいっててもらえるかしら?」

キャプ「で、でも…その方包丁を…」

ガシッ

洋榎「ちょい待ちい…あんたにも聞かなあかんことがある…」



みたいなのです誰かお願いします



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:55:18.05 ID:fNnEFg/tO
うーん
まだよくわからないな



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:01:50.01 ID:QSw086T10
洋榎「あんた昨日うちの久と仲良さそうに歩いとったよなあ…」

キャプ(うちの…?)

キャプ「上埜さんとは昨日一緒に買い物に行っていましたが…?」

洋榎「上埜?ようわからんけど、久はうちと付きあっとる、あんたみたいなのは困るんや」

キャプ「上埜さん、これはいったいどういうことですか?」

久「イヤーマイッタネコリャ」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:04:25.58 ID:i13AjMY60
とりあえず全部書いてみようか
そうじゃないと書く参考にならないし



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:12:04.76 ID:QSw086T10
キャプ「上埜さん、言いましたよね…?私だけが好きだ、って」

久「ハイ…」

キャプ「おかしいですよね?この方は何を言ってるんでしょうか?」

洋榎「やっぱそうやったんか…久、うちはあんたのことを信じとったんやでえ…」スチャッ

久「あ、あはは、とりあえずその…誤解してるわうん」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:16:40.74 ID:QSw086T10
洋榎「どうゆうことなんや、誤解って…」フリフリ

キャプ「私にも聞かせてください、上埜さん」

久「とりあえず怖いから包丁は下げてお願い。誤解っていうのはそのまず、洋榎、あなたが一番って言ったのは…そう、麻雀で打ってて今まで一番熱くなったってことよ!」

洋榎「」ゴトン

久「そして福路さん、あなたに行った好きはそう…友達として一番、みたいな?」

キャプ「…」カッ



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:16:59.62 ID:bQ7kBEW20
試しに全部書いてみたらいいんじゃないかな、うん



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:22:42.56 ID:QSw086T10
洋榎「せやったら、うちは一人で勘違いして舞い上がってただけ言うんか?」プルプル

キャプ「上埜さん…わたしにあんなことをしておきながら…友達……ですか?」

久(やばい咄嗟に出た言葉でさらにやばい」

洋榎「ッ…うちの初めてを奪っときながら…おかしいんとちゃうか…?なあ、おかしいよなあ?」

久(初めてってキスだけじゃない…!)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:28:23.30 ID:QSw086T10
キャプ「」スッ

久「あれ、福路さん?包丁拾ってどうするの?危ないわよ?」

キャプ「上埜さん…私を幸せにする、とも言いましたよね?」

洋榎「久…そんなことまで…!」

久(あーこれ死んだ)

洋榎「久、うちもうわけわからなくなってもうた、せやから、一緒に楽になろう、な?」スチャ

久(予備の包丁!?)



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:34:39.64 ID:QSw086T10
洋榎「なあ?久、ええやろ?なあ」フリフリ

キャプ「上埜さん?わたしも、どうすればいいかわからなくなりました」スチャ

久(ここはひとまず…片方を味方につけるのがベスト!)

久「あのー、福路さん?」

キャプ「なんですか?上埜さん?」フリフリ

久「やっぱり、友達だけじゃなくてその、恋人的な意味でもあなたが好きかな?って」

キャプ「!」

洋榎「!?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:41:14.59 ID:QSw086T10
久(味方につけるなら咲や和も知ってる福路さんだけ…部屋が一緒だからぶっちゃけ怖いし)

キャプ「それは…本当なんですか?さっきはあんなこと言ってたのに…」オロオロ

洋榎「久…!どういうことや…!」

久「今言ったとおりよ、私は福路さんのことが好き、ううん、愛してるといってもいいわ」

キャプ「///」

久「だから洋榎、あなたとはもう会えないの、ごめんね」

洋榎「嘘や…久がうちを捨てるなんて…嘘や…せやろ?嘘なんやろ?久ぁ~!?」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:46:55.81 ID:QSw086T10
キャプ「上埜さん、この方錯乱してます!人を呼びましょう!」

久(あなたもさっきまでやばかったんだけどね…)

久「ええ、とりあえず急いで逃げましょう」ガシッ

洋榎「逃さへんでえ…本当のこといってもらう、うちが好きやて」

久「だから私は福路さんが好きなのよ!」タッタッタ

洋榎「あっ待って、って」

ガッ    ステーン

洋榎「ああ、久…行ってもうた…うぅ、痛いよぉ、久ぁ…」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:53:06.88 ID:QSw086T10
~どっかの道~


洋榎「久…うちはわかっとるでえ、あれはあの女に無理やり言わされてたんやろ?そうに違いあらへん…」トボトボ

洋榎「ん?あれは?」



春「なぜ」

久「いやあのこれは」

キャプ「」カッ


洋榎「…見つけたでえ、すぐに助けたるからなぁ、久ぁ…」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:29:27.19 ID:QSw086T10
キャプ「」ジリジリ

春「」ポリポリ

久「ここはやはり…」

久「失敬!」ドヒューン

キャプ「えっ」ビクッ

春「速い…」ポリポリ


スタスタ


洋榎「あぁ…また行ってもうた…」

キャプ「あなたはさっきの…!」

春「」ポリポリ



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:36:03.98 ID:QSw086T10
キャプ「なにしにいらしたんですか?上埜さんはもうあなたと会わないと言いましたよね?」

洋榎「あー、それなんやけどな?あんたが無理やり言わせたんやなかろかってうちは思ってな?」

キャプ「そんなことありません!あれは上埜さんの本心です!」

洋榎「いやー普通に考えたら久がうちを裏切るわけないし…やっぱこの女が嘘ついてるとしか…ブツブツ」

キャプ「あ、あの?聞いてますか…?」

洋榎「やっぱ久につく悪い虫はなんとかせんといかんなぁ…フフフ…」スチャ

キャプ「あ、あの」

春「」ゾク



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:40:23.65 ID:QSw086T10
久「はあ、はあ、ここまでくれば、大丈夫かな…」

トントン

久「え?」

洋榎「ひーさ!」

久「ひ、洋榎…」

久(さっきあんなこと言ったのに…普通の態度?)

洋榎「うちはな、ちゃんとわかってんで」

久「え、なんのこと?」

洋榎「うちともう会わないーとか言うてたことや」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:44:57.08 ID:QSw086T10
久「洋榎、そのことなんだけどね?あれは

洋榎「せやからわかってるーて、あれはあの女に無理やり言わされてたんやろ?」

久「え?そ、そうなのよあはは私は洋榎を裏切ったりはしないわ」

洋榎「せやろー?もう心配あらへんで、うちがあの女シメてやったさかい」

久「え?…そういえばあなた…その制服そんな赤かったかしら?」

洋榎「あーこれなぁ…」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:52:16.67 ID:QSw086T10
洋榎「あの女がすごい抵抗するからちょっと血ついてもうたんや…」

久「血って…あなた福路さんに…!」

洋榎「あーあとあの女と一緒にいた永水の子もシメといたで…なんか久ともめてたからなあ…」

久「滝見さんまで…」ゾク

洋榎「もう何も心配あらへんで…うちと久を邪魔するんはもうおらへん…」

久「」ビクッ



洋榎「せやから」


洋榎「うちと一緒に死の、な?」


グサッ



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:58:31.45 ID:QSw086T10
~どっかの路地~


咲「部長~、部長~」

和「全く、あの人は集合時間になっても来ないなんて」

咲「でも、部長にしては変だよね?何かあったのかも…ってあれ」

和「え?」

咲「原村さん…あそこに倒れてるのって…まさか…」

和「そんな…嘘ですよね……?



洋榎「んー?まだおったんか?久にまとわりつく虫は…フフフ…」スッ









nice boat



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:00:35.47 ID:iCvRQ4pM0
部長……
ハーレムルートはまだですか?



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:03:59.69 ID:KxglAt9d0
ヤンデレ洋榎ちゃんもありやな
おつおつ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:08:49.75 ID:iCvRQ4pM0
面白かったです
また書いてくださいね!



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:07:37.24 ID:ZHSMraUV0
久『ほんっとうにごめんなさい!』

洋榎「え?」

久『明日急用が入っちゃって…』

洋榎「はぁ!?なにいうてんねん急に!もう長野にきてんねんで!?」

久『来週なら絶対大丈夫だから!』

洋榎「アホか、話にならんわ。だいたいウチとは先週から約束しとったやろ。なんでもっとはよ言わへんねん」

久『ほんとに急用なのよ!来週は必ず開けておくわ。お願い洋榎!愛してるから』

洋榎「そ、そうやって言うとけばウチが大人しなるとおもてからに……ま、まぁ用事あるんはしゃあないし?今回だけやで?」


こういうの頼む



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:09:00.62 ID:6Qe6YpubP
>>75
期待してる



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:18:55.20 ID:ZHSMraUV0
久『ごめんなさい!じゃあ来週ね!また連絡するわ』ガチャ

洋榎「はぁ」

洋榎「こんなとこで一人どないせえっちゅーねん」

洋榎「まぁ明日適当にうろついて帰ろ」

ーーーーー
ーーー


翌日

洋榎「はぁ…久のために服までこうたのに……まぁウジウジ言うても始まらへんか」

洋榎「来週会えるんやし…たーっぷり甘えたるんやからな!!」

洋榎「ほならいこかな」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:25:52.66 ID:ZHSMraUV0
洋榎「改めてみるとなんもないんやなぁ長野て」

洋榎「隣に久がおらんだけでこんなに景色が変わるもんなんやなぁ」

洋榎「なにしよなかな」キョロキョロ

洋榎「!?」

洋榎「は?」


久「ゆみはどこ行きたいの?」

ゆみ「えっと…久が決めてくれ」

久「んー…あ、じゃああそこいきましょう」ギュッ

ゆみ「あっ///手を///」

久「あら、嫌だった?」

ゆみ「いや、久からなんて珍しいから///その…嬉しい///」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:32:11.61 ID:ZHSMraUV0
久「ふふ、照れたゆみもかわいいわよ?」

ゆみ「か、からかうのはよしてくれ」

久「あら、本音なんだけど?」

ゆみ「全くお前と言うやつは///」


洋榎「おいおい久のやつなにしてんねん…」

洋榎「手離せや!なんやねんあの女!うちの久に馴れ馴れしくしよって…」

洋榎「いやいや、久は急用ができたんや。こんなとこにおるはずない。うちの見間違えに違いない」

洋榎「しかし見れば見るほど久に似てるなぁあの子…」ズキン

洋榎「ま、まぁ来週があるから今日はもう帰ろかな」ダッ



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:40:38.76 ID:ZHSMraUV0
大阪

洋榎「はぁ…うち何しに長野にいったんやろ…」

洋榎「来週もいかなあかんし!バイトやバイト!」

洋榎「っとその前に久に釘さしとこ」ピポパ

prrr ガチャ

久『もしもし?』

洋榎「うちやけど」

久『洋榎、この前はごめんね?ほんとに外せない用事があって…』

洋榎「っ!それはもうええねん。それより次はほんまに行けるんやろな?」

久『もちろんよ!洋榎に会いたくてとても辛いの…』

洋榎「そ、そんなにうちに会いたいんか?」

久『ええ、さっきから洋榎の写真を眺めてるわ』

洋榎「し、しゃあないから今回のことは許したるわ!んならな!」ガチャ



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 10:46:50.79 ID:ZHSMraUV0
洋榎「なぁんや…久のやつウチにメロメロやん…やっぱり見間違いやな」

洋榎「まぁ久が寂しがっとるみたいやし?うちがまた会いにいったるわ」

ーーーーー
ーーー


約束の前日

洋榎「長野ついたぁ…あーしんど…」

洋榎「はよ久に会いたいなぁ…」

洋榎「やのぉて!久が寂しがっとるから会おたるだけや」

洋榎「って誰に言い訳してるんやろ…」

洋榎「久ぁ…はよ会いたいわ…」

prrr prrr

洋榎「久やっ!!明日の話やな!」ガバッ



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 11:00:02.59 ID:ZHSMraUV0
洋榎「もしもしっ!?明日どないする?うちとしては朝から久に会いた…遊ぶつもりでいるんやけど」

久『えっと…』

洋榎「まぁ久の都合もあるし9時くらいに駅集合とかでええかな?」

久『その…』

洋榎「久々の久やからなぁ。あ、これダジャレやで!」

久『ごめんなさい!!』

洋榎「お?」

久『はしゃいでるところで非常に言いづらいんだけど…』

洋榎「どうかしたんか?9時は早すぎた?それならもうちょいおそしてもええけど、久と一緒にいる時間が…」

久『本当にごめんなさい!実は明日も急用が入っちゃって…』

洋榎「その冗談は笑われへんで自分!関西人に二回もおんなじネタかますんはご法度やわ」

久『本当なの…洋榎ごめんなさい』



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 11:07:47.09 ID:ZHSMraUV0
洋榎「ギャグやんな?」

久『…』

洋榎「ほ、ほんなら明日駅で待っとるからな!」

久『洋榎!』

洋榎「いやや!!聞きとない!!」

久『明日は会えないわ』

久『本当にごめんなさい。どうしても外せない用事なの』

洋榎「ほんなんいややぁ…うっ……ひっく……久に会いたいんやもん……」

久『泣かないで?今度必ず埋め合わせするから。ね?』

洋榎「うぇぇ…ほんまに?」

久『もちろんよ?大好きな洋榎のためにね?』

洋榎「うん…」

久『ありがとう洋榎』



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 11:15:18.64 ID:ZHSMraUV0
洋榎「久ぁ…」

久『ん?どうしたの?』

洋榎「ほんまにうちのこと好きやんなぁ?」

久『当たり前でしょ?洋榎以外の子なんて興味ないわ』

洋榎「ほんまに?浮気なんかしてない?」

久『くす…そんなことするわけないでしょ?洋榎は心配性なんだから』

洋榎「せやんな?するはずないよな?うん……するはずない…」

久『それより洋榎の方が心配よ?あなたとてもかわいいから…』

洋榎「そっ、そんなこと言うの久だけやわ!うちなんか全然かわいないわ!」

久『ふふ…そういうところも愛してる』

洋榎「う、うちも久のこと愛し……大好きやわ」

久『言ってくれないの?』

洋榎「うっ、うるさいわ」

久『やっぱり…私のことなんか…』

洋榎「愛してる!久のこと世界でいちばん愛してる!!どやっ!」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 11:38:39.36 ID:ZHSMraUV0
久『ふふっ…ありがとう』

久『じゃあまた連絡するわね』

洋榎「う、うん…」

久『それじゃあ』ガチャ


洋榎「またや…」

洋榎「こんなんあんまりや…」

洋榎「うぅ…もぅいややぁ…ひぐっ……」

洋榎「信じたいけど…信じられへん…」

洋榎「ちょっとだけ…明日ちょっとだけ街で久を探そう」

洋榎「ど、どうせいるわけないけどなっ」ブルブル

洋榎「いるわけないやんな?」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 11:59:23.40 ID:ZHSMraUV0
翌日

洋榎「ふぅー…」

洋榎「いこ」


繁華街

洋榎「なんか先週とまるっきりおんなじやなぁ…」

洋榎「二回もこんな遠くでドタキャンされてもまだ好きなんやから…惚れた弱味やなぁ…」

洋榎「ま、ちょっと疑うぐらいええやろ」

洋榎「ごめんな久…」


モウッ!ウエノサンッタラ


洋榎「ん?」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:09:40.19 ID:ZHSMraUV0
洋榎「!?」


久「なぁに?美穂子ったら照れてるの?」

美穂子「そういうわけではありませんけど…」

久「じゃあ、あーん」

美穂子「うう///もう…あむっ」

久「あーもう!かわいいわぁ…」ダキッ

美穂子「きゃっ…」

久「ふふふ…なでなで」

美穂子「今度は上埜さんの番です!」

久「ええ、あーん」

美穂子「はい」

久「もぐ…んーおいしいわ!」


洋榎「…久……見間違いなはずがないわ…」

洋榎「でもまだ浮気とは限らんし…」←ドタキャンよりもはやこっちが重要



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:19:57.83 ID:ZHSMraUV0
久「ねえ美穂子?」

美穂子「はい?」

久「できればゴニョゴニョ」

美穂子「ええっ!?そんなの無理ですよ!!」

久「あ、そうよね…いくら付き合ってるからって無理よね……ごめんなさい…」


洋榎「え?付き合ってる…?あ、買い物に、とかやろ?ベタベタやなっ」ハハッ


美穂子「わ、わかりました!やります」

久「あら、無理しなくてもいいのよ?」

美穂子「いえ、私の上埜さんのためですから」


洋榎「なんなんやあいつは…勘違いもええとこやで」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:29:06.04 ID:ZHSMraUV0
美穂子「あむ」

久「…」

美穂子「くひあへへくらふぁい(口開けて下さい)」

久「あーん」

美穂子「んむ…ちゅ…」

久「ん…はむ…ちゅ…」


洋榎「……」

洋榎「なにしてんのあいつら」

洋榎「なんやねん…久はなにしてんねん…」

洋榎「まさか久の急用って…」

洋榎「ありえへん…久に限って…」


二人「ちゅ…ん…」


洋榎「…」

洋榎「嘘、ついたんやな?」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:29:52.84 ID:NrOHuHoo0
ついに気づいてしまったか……



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:31:16.90 ID:cdwClN4MO
うちの台所から包丁が消えたんだけど



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:38:19.03 ID:fNnEFg/tO
うちからも包丁消えた



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:43:30.84 ID:ZHSMraUV0
洋榎「…」ピポパ

prrr

絹恵『もしもし?お姉ちゃん?』

洋榎「あー、絹か?しばらく大阪帰られへんわ」

絹恵『は?意味わからんでお姉ちゃん』

洋榎「ごめん、そういうことやからよろしく」ブツッ

洋榎「さて…次は」ピポパ


久「あら、電話だわ」

美穂子「む、どなたですか?」

久「…(今日は用事あるって言ったのにしつこいわねぇ…)」

久「いたずら電話ね!全く困ったものね」


洋榎「ふぅーん……いたずら…ね」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:44:37.35 ID:EXJ5GxRL0
あかん…あかんでぇ…



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:50:44.33 ID:ZHSMraUV0
美穂子「上埜さんはモテるから不安です」

久「なにいってんのよ!美穂子にしか興味ないわよ!」ぎゅー

洋榎「ほぉー…どの口が抜かしとんねん」

久「…」だらだら

久「え…?」

洋榎「用事てなんや?これのことか?」

久「え?え?なんで?」

美穂子「どちら様でしょうか?」

洋榎「あんたは引っ込んどいてくれへんか?邪魔やねん」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:56:05.95 ID:ZHSMraUV0
久「こ、こんなところで奇遇ね洋榎」

洋榎「奇遇?とぼけてんのか自分」

久「な、なにがかしら?」

洋榎「今日はうちと会う約束やなかったんちゃうか?」

久「そうだったかしらねぇー」だらだら

美穂子「上埜さん?こちらは?」

洋榎「まず自分は久のなんやねん」

美穂子「恋人ですけど?」

洋榎「ほぉーん?」チラ

久「うっ…」

洋榎「どういうことや?おい」

久「えっと…」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:00:56.48 ID:ZHSMraUV0
久「これはたまたまで…恋人ごっこというか…」

美穂子「上埜から告白してくださったんじゃないですか!」

洋榎「ほう?」

久「ぐ…」

美穂子「それよりあなたは上埜さんのなんなんですか?」

洋榎「うちか?うちも久の恋人やけど?」

久「そうだったかしら?」

洋榎「確かにそうやんなぁ?」

久「う…」タジ

美穂子「それは本当ですか!?上埜さんっ!!」

久「そ、そんなことは…」


ゆみ「お、久じゃないか!こんなところで何してるんだ?」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:03:22.58 ID:KxglAt9d0
くるでー修羅場くるでー



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:04:48.02 ID:2t8Hf3pI0
もうヤンデレなら全てを許す



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:08:33.48 ID:tZc91H5e0
死体になった久は俺が引き取るで



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:10:56.47 ID:ZHSMraUV0
久「」

美穂子「あなたは鶴賀の…加治木さん」

洋榎「役者はそろったな」

ゆみ「なんの話だ?というか君は姫松の…」

洋榎「なんやうちのこと知ってるんかいな。ほんなら話は早いわ」

洋榎「今話しとるんはな?久が誰のモンかっちゅう話やわ」

ゆみ「なに?」

久「ま、まぁゆみには関係な

洋榎「先週はこの女と仲良さげにあるいとったやんな?ん?」

久「…」

美穂子「上埜さん?」

ゆみ「これはどういうことだ久!」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:17:53.34 ID:ZHSMraUV0
洋榎「全員抱いたんやな?」

久「落ち着きましょう洋榎…あなたは少し混乱してるわ?」

洋榎「全員の立場をはっきりさせよて言うてんねん。どうなんや?」

久「そんなことはしてないわ。ね?」

洋榎「嘘ついたらうち何するかわからへんで」

久「い……」

久「少しだけ…」

洋榎「はっきりしぃや」

久「全員…抱いたわ…」

美穂子「え…?」

ゆみ「嘘だろう?」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:49:40.35 ID:KxDEGCpm0
洋榎「やっぱりか!!!くそ…くそ…」

久「正直に言えって言ったのはあなたでしょ?」

洋榎「わかってるわ!んなもん関係あらへん!腹立つもんしゃあないやろ!」

久「そんな無茶苦茶な…」

美穂子「上埜さん…嘘ですよね?」

ゆみ「私だけだっていったのはなんだったんだ?」

洋榎「やっぱりみんなにもおんなじようなこと言うとったんか…」

久「でも嘘じゃないわ…」

洋榎「みんな一等賞か?ゆとりやないんやから…」

洋榎「まあ久も魔がさしたんやろう…もう今後こんなことせえへんって誓うなら許してやらんこともないわ」

久「えっ?本当?」

洋榎「誓うか?もう一生うちから離れへんって。」

久「もちろんちかいま

美穂子「待ってください!」

ゆみ「さすがにそれは黙っていられないな」



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:57:22.88 ID:KxDEGCpm0
洋榎「なんや自分らまだいたんかいな。間女はさっさと散ってくれ。不愉快やわ」

美穂子「いえ、上埜さんは私がいないと生きていけないとおっしゃっていました」

ゆみ「奇遇だな風越のキャプテン。わたしも同じことを言われたよ」

洋榎「あ、それうちもや」

久「お、覚えが

三人「え?」ギロ

久「そ、そんなこともあったかもしれないわねえ…」

ゆみ「このままではらちが明かない。いったん整理しないか?」

洋榎「まあそれは賛成やな」

美穂子「つまり上埜さんは三股をかけていたということですよね?」

久「そうなるのかしら…私はそういうつもりはなかったんだけど…」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:07:40.24 ID:KxDEGCpm0
美穂子「私はインターミドルの時に上埜さんと一度体を重ねています」

久「ぶふっ!ええっ!?さすがにそれは嘘でしょう?」

美穂子「忘れてしまったんですか?あんなにしたのに…」

久「ごめんなさい」

ゆみ「私は合同合宿の時だな」

美穂子「え?その日は私も上埜さんから告白されましたよ?」

ゆみ「え?」

久「いや…」

洋榎「おい」

洋榎「うちは試合終わった直後休憩室でレイプまがいに犯されたんやけど…」

ゆみ「無茶苦茶してるな…」

美穂子「よく平気な顔していられますね…」

久「ごめんなさい」

洋榎「それでもみんな久のことが好き。ちゃうか?」

二人「…」コクリ



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:16:22.38 ID:KxDEGCpm0
洋榎「そういうことやわ久」

久「え?」

ゆみ「選ぶんだ」

美穂子「一番大切な一人を」

久「あ、はい…」

久「それはもちろんこの三人からよね?」

洋榎「は?なにわけのわからんこと言うてんねん」

美穂子「もちろん私ですよね?」

ゆみ「私たちに言葉はいらないよなっ?」

久「…」

久(なんなのこの状況…私が何をしたっていうのよ…)ちらり

久「えっ」

洋榎「ん?」

久(おかしいわね…洋榎のカバンから光るもの見えるんだけど…)

洋榎「はよしいや」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:27:45.55 ID:KxDEGCpm0
久「ふぅ…」

久(はっきり言って洋榎以外にありえないわよね…)

久「わたしが一番好きなのは…洋榎、あなたよ」

洋榎「まっ、当然やけどな!格が違うわ!」

美穂子「どうしてですか!!こんなのってあんまりです!!私は身も心も上埜さんに…」

洋榎「見苦しいでー」

ゆみ「私は初めから遊びだったというわけか…モモを傷つけてまで私は久を選んだのに…」

洋榎「なんか言うとるわ」

洋榎「まあ久?今回はうちを余裕で選んだから大目に見とくけど…」

久「…」ごくり

洋榎「次はないで?」キラリ

久「もちろんよ…洋榎さえいればそれで十分なんだから」

久(しのいだああああああ)



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:40:06.37 ID:KxDEGCpm0
洋榎「ほんまに今後こんなことあったら…絶対に許さへんで?」

久「もう、わかってるわよ…さすがにもう懲りたわ」

洋榎「ほな、デートといこか!お二人さんさいならー」

久「ほんとにごめんなs

洋榎「久?今後この二人とは必要最低限の会話以外許さへんからな?いこ?」

久「え、ええ…」

二人「しくしく…」

-----
---




187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:46:21.79 ID:KxDEGCpm0
数カ月後

久(あの日以来私は心を入れ替えて洋榎一筋に生きてきたわ)

久(その甲斐あって最近は洋榎も私を信頼してくれてる)

久(そろそろ新鮮な刺激がほしいわ)

久「一度くらいばれないわよね?」ピポパ

prrr prrr

?「はい」

久「久しぶりね」

?「ほんとだよっ!いきなり距離置きたいだなんて…ふえ…」

久「今度の日曜日なんだけど…空いてるかしら?」

?「もっ、もちろん!久のためならどんな予定も開けるよ!」

久「ありがとう。愛してるわ。はじめ」ガチャ



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 14:57:58.84 ID:KxDEGCpm0
日曜日

久「久しぶり」

一「久あ!」ダキッ

久「こらこら…人前よ?」

一「久が悪いんだよ!ボクをずっと一人にして…」

久「ごめんね?」

一「なんで急に距離を置きたいなんて言ったの?」

久「え…っと…」

一「まさか他に好きな人ができたとか…」

久「そんなわけないじゃない!はじめはバカね」なでなで

一「ふえっ、久…えへへ…」

久「じゃ…ホテル行きましょうか?」

一「いきなり?ふふっ…久しぶりだからってがっつきすぎだよ?」

久「はじめの顔見たら我慢できなくなっちゃった」

一「///」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:04:44.17 ID:KxDEGCpm0
ホテル

久「はじめ…はあ…かわいいわ…」チュプチュプ

一「んあっ…そこ…んっ…」

久「もっとかわいい声きかせて?」コリコリ

一「や…久…なんかくる…」

久「ふふ…イってもいいわよ?」シュニシュニ

一「いやぁぁぁ…」ビクビク

久「かわいいわはじめ」ニュルニュル

一「いまはっ…敏感だ…からつ…」

久「今日ははじめが上に乗ってくれるかしら?」

一「うんっ」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:15:11.22 ID:KxDEGCpm0
一「はっ…はっ…久気持ちいい?」

久「んっ…すごく良いわっ…」

一「あっ…久…」

久「またイきそうなの?」

一「あっ…あっ…んんっ…」

久「私も…もうっ…」

一「…」

久「あれ?はじめ?急に止まっちゃってどうしたのかしら?」

一「…」

久「はじめ?」

一「…」ズル

久「え…?」

一「…」

久「な…なんで…」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:17:11.41 ID:cdwClN4MO
血の臭いが…



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:21:07.67 ID:KxDEGCpm0
洋榎「お楽しみやなあ…」

久「嘘でしょ?え?血…はじめ…ねえってば…」

洋榎「もう動かへんでその子」

洋榎「そういう風にしたから」

久「嘘…なんで洋榎が…」

洋榎「次はないって言うたやんな?」

久「まってちょうだい…これは違うの…私…この子に脅されて…」

洋榎「ほー…」

久「だからこれは浮気とかじゃなくて…」

洋榎「もうええ」

久「私が一番愛してるのは…洋榎だけだk

洋榎「もうええねん!!」バァン

久「!!」ビクッ

洋榎「もう…全部しってんねん…」ポロポロ



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:28:05.18 ID:KxDEGCpm0
洋榎「ぜーんぶ聞いてたから…見てたから…」ボロボロ

久「盗撮…?」

洋榎「もう嘘はつかれたやろ?」ボロボロ

久「そんな…」

洋榎「ウチももう疲れたわ…」

洋榎「ほんまはいっぱい愛人がおったことも知ってる…清澄の後輩はみんなそうやし、永水の子や宮守の子も…」

洋榎「それでも信じとった…久なら変わってくれるって信じとってん…」

久「わ、わたし…」

洋榎「もうええやろ?」

久「か、変わるから…」

洋榎「なあ…久?」

久「もうあなたを裏切らない…」






洋榎「一緒に…あの世で暮らそう?」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:35:26.56 ID:KxDEGCpm0
久「嫌…こないで…」

洋榎「わかってんねん…久はほんまはうちが一番好きなんやろ?」

久「そうよ…洋榎が一番よ…だからこんなバカなことはやめましょう?」

洋榎「もうやめて…もうウチを惑わすんはやめて…」

久「あなた疲れてるのよ…」

洋榎「久が悪いんやで…」

久「…落ち着きましょう」

洋榎「うちはこれ以上ないぐらいに落ちついとる」

久「ならその包丁をしまってちょうだい」

洋榎「なんで?」

久「これいじょう人を殺せばあなたの罪が重くなるだけだわ」

洋榎「ええよ。ウチも死ぬから」

久「…」

洋榎「さいなら。心から愛しとったよ」


グサッ



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:36:57.88 ID:1QaE02/6O
oh…



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:37:52.18 ID:KxglAt9d0
ワハハ



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:40:26.55 ID:nbCSqp490
ワハハ……



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:41:53.17 ID:vTdqN9IS0
ワハハ・・・・



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:43:24.66 ID:KxDEGCpm0
久「がっ…う…ひ…ろえ…」

洋榎「今楽にしたるからな」グリグリ

久「やっ…かっ…」

久「ごめっ…ん…な……」

久「…」

洋榎「ごめんなさいより…ありがとうがよかったわ」

洋榎「こんなになってもまだ好きやなんて…ウチも病気やなっ」クスクス

洋榎「いまいくで…」

洋榎「あ…絹に言うとかな」ピッ

prrr prrr

絹恵『お姉ちゃん?』

洋榎「絹ー…お姉ちゃんなあ…帰られへんわ」

絹恵『何言うてんのよ…夜ご飯はお好み焼きでええか?』

洋榎「あっ…絹のお好み焼きええなあ…お姉ちゃん豚玉がええわ」

絹恵『わかってるで…あんま遅ならんといてな…心配するやろ?』



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:46:40.32 ID:KxDEGCpm0
洋榎「ははは…絹はええ子やなあ…」

絹恵『気持ち悪いこと言わんといてえな…』

洋榎「ほならな絹…ありがとう」

絹恵『お姉ちゃん!?様子がh ブツッ

洋榎「お待たせ…久」

洋榎「もう一人にせえへんで…」

洋榎「愛してる」



グサッ



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:52:37.59 ID:KxDEGCpm0
久「…」

洋榎「…」

一「…いつつ…」

一「な…なんなのこれ…」

一「い、いや…」

一「いやああああああああああああああああああああああああああああ」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:55:00.50 ID:KxDEGCpm0
洋榎「って夢を見てん」

久「それ私が完全に悪者じゃない…」

洋榎「リアルやろっ」

久「私が洋榎以外の子に手を出すってところ以外わね…」

洋榎「案外事実やったりして…」

久「ありえないわね。こんなにかわいい恋人がいるのに」

洋榎「ほんま?」

久「ほんとほんと」

久(洋榎以外の子なんて考えられないわ)

洋榎「じゃあウチのこと好き?」

久「大好きよ」


おわり



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:55:54.27 ID:KxDEGCpm0
うんごめん
これ書いてる途中でかわいそすぎて夢落ちにしちゃった



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 15:56:36.45 ID:iCvRQ4pM0
面白かった乙
また書いてくださいね



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:00:09.72 ID:KxglAt9d0
おつおつ
ヤンデレパート面白かったよー



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:03:54.28 ID:nbCSqp490
よかった刺殺された子はいなかったんだね
おつつ



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:15:19.08 ID:aHAiTGG70
よかった……誰も不幸にはならないんだね……


咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)