みりあ「お姉ちゃん!」薫「に!」仁奈「なるですよ!」

1: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:20:42.33 ID:4zCdJT7Y0
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
それでもよろしければご覧下さい



2: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:22:02.51 ID:4zCdJT7Y0
P「…」カタカタカタ



みりあ「ん~…」

仁奈「みりあちゃんどうかしやがりましたか?」

みりあ「んーとね?妹が昨日いっぱい泣いちゃって…ふぁ…」コシコシ

仁奈「そういえばおねーさんでやがりましたね!」

みりあ「うん!」

仁奈「やっぱりタイヘンでごぜーますか?」

みりあ「うん!だけどすっごい可愛いから平気だよ♪」

仁奈「カワイイでやがりますか?」

みりあ「そうなの!みりあがね!顔をつんつんってするとパァァって笑ってくれるんだー♪」

仁奈「いいなー!仁奈も見てーです!」

みりあ「今度写真撮ってくるね!」

仁奈「おー!楽しみですよ!」

みりあ「えへへっ♪」

3: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:23:39.68 ID:4zCdJT7Y0
仁奈「そうだ!仁奈もおねーさんになりてーです!」

みりあ「仁奈ちゃんも?」

仁奈「みりあちゃんみたいになりてーですよ!」

みりあ「私なんてまだまだだよー…」

仁奈「仁奈から見たら凄いおねーさんですよ!」

みりあ「本当っ!?よかった~♪」


ガチャ

薫「おはようございまー!」

みりあ「おはよー!」

仁奈「おはようごぜーます!」

薫「何の話してるのー?」

仁奈「おねーさんについてですよ!」

薫「おねーさん?」

みりあ「そう!妹って凄い可愛いんだって話しててね!」

仁奈「それで仁奈もおねーさんになってみてえですよ!」

薫「いいなー!薫もおねーさんになりたーい!」

みりあ「みりあももっとしっかりとしたお姉さんになりたい!」

仁奈「でも、どうすればいいでやがりますか?」

「ん~…」

4: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:25:39.65 ID:4zCdJT7Y0
P「それなら実際のお姉ちゃんに聞けばいいじゃないか」

みりあ「実際の?」

仁奈「おねーさん?」

P「ほら、美嘉に美波に響子とかいるだろ?あっでも響子は勉強会だったか…」

薫「たしかに!」

P「だから直接インタビューだ」

仁奈「そうと決まれば早く行くですよ!」

「おー!!!」



P「…大丈夫かな」

ちひろ「心配ですか?」

P「幾ら事務所の中でももうすぐ夜なので…過保護すぎますかね?」

ちひろ「…休憩にしましょう♪」

P「ありがとうございます」

5: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:27:36.05 ID:4zCdJT7Y0
みりあ「あ!美嘉ちゃん!」

美嘉「あれ、どうしたの?アタシに何か用?」

仁奈「おねーさんってどうすればなれるでやがりますか?」

美嘉「へ?お姉さん?」

薫「あ、えっとね?みりあちゃんがお姉ちゃんでしょ?」

美嘉「うんうん」

仁奈「それで仁奈達もおねーさんになりてーって思ったですよ!」

みりあ「あとあと!みりあももっと良いお姉ちゃんになれたらなって♪」

美嘉「なるほどねっ★それでアタシに聞きに来た訳か~」

薫「どうすればなれるかなー?」

美嘉「んー、一言では難しいね~」

仁奈「やっぱり弟か妹がいないとダメでやがりますか?」

美嘉「それは関係ないかな★」

みりあ「そうなの?」

美嘉「うんっ、例えばきらりちゃんとかは弟妹はいないけど頼れるお姉ちゃんって感じでしょ?」

みりあ「うんうん!」

美嘉「だから、大事なのは中身。例えばどれだけ面倒見れるかなんだよね」

薫「めんどう?」

美嘉「そ、莉嘉が泣いても自分で何とかしないといけないし莉嘉が困ってたら親じゃなく自分で助けないといけない!みたいなねっ★」

仁奈「なるほどー…」

6: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:28:49.57 ID:4zCdJT7Y0
莉嘉「くしゅんっ!」

響子「大丈夫?」

莉嘉「風邪かなー…」

未央「とかいって勉強したくないだけなんじゃないの~?」ニヤニヤ

莉嘉「そ、そんな事ないもん!」

未央「ならビシッとやる!」

莉嘉「助けてお姉ちゃん~!」

未央「はっはっは!お姉ちゃんに会いたければ宿題を倒してからにしたまえ!」

響子「ほ、ほどほどにね?」

7: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:29:51.63 ID:4zCdJT7Y0
美嘉「もしかしたら今も助けてって言ってるかもっ★」

みりあ「言ってたらどうするの?」

美嘉「莉嘉がまだ小さい時はすぐ助けてあげてたかな~」

薫「今は違うの?」

美嘉「今はまず自分でやらせる、かな」

仁奈「自分でやらせるでごぜーますか?」

美嘉「それで、無理だったら教えてあげる、それでも無理だったらやってあげるって感じかなっ★」

みりあ「レッスンの時とかそうかも!」

美嘉「でしょ?ちゃんと見てあげてできないことをできるように、ただ甘やかすだけじゃなくて時には厳しくって感じ?」

仁奈「おー!」

美嘉「分かった?」

薫「うん!」

みりあ「甘やかすだけじゃなくて時には厳しく!」

薫「困ってたら助けてあげる!」

仁奈「でもまずは自分でやらせる!」

美嘉「完璧だねっ★」

みりあ「ありがとね美嘉ちゃん!」

美嘉「これぐらい大丈夫!また分からないことあったら聞きに来ていいからねっ★」

薫「ありがと~!」

仁奈「ありがとうごぜーます!」

8: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:30:22.36 ID:4zCdJT7Y0
P「お疲れさん」

美嘉「あ、P…聞いてたの?」

P「美嘉が変な事言わないか気になってな」

美嘉「変な事って…」

P「冗談だって」

美嘉「もー…」


P「あ、すまん。3人見失わない内に追っかけるわ」

美嘉「あの子達がお姉ちゃんならPはおじいちゃんだね~★」

P「そんな歳じゃないわ!」

美嘉「さっきのお返し!」

9: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:31:19.12 ID:4zCdJT7Y0
仁奈「あっ!美波おねーさん!」

美波「仁奈ちゃん…と薫ちゃんとみりあちゃん?どうしたの?」

みりあ「今ね!素敵なお姉さんになる為にインタビューしてるの!」

美波「素敵なお姉さん…それで私に?」

薫「うん!」

美波「頼ってくれるのは嬉しいけど…なんだか恥ずかしいな」

薫「恥ずかしい?」

美波「ううん、何でもないの。それよりも…お姉さんだっけ?」

仁奈「美嘉おねーさんからはメンドウを見るって教わりましたですよ!」

10: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:33:10.28 ID:4zCdJT7Y0
美波「うーん…じゃあ私からはお姉ちゃんで大変な事を言うね」

みりあ「大変な事?」

美波「みりあちゃんはもしかしたら知ってるかもしれないけど…お母さんとお父さんにあんまり見てもらえなくなるの」

仁奈「どうしてでやがりますか!?」

美波「弟か妹のお世話しないといけないでしょ?だから後回しにされたりしちゃうの」

みりあ「そうなの!おしゃべりしたいなーって思っても泣き出したらできないの!」

美波「他にも、食べたい物があっても譲らないといけないしテレビだって見たい番組が見れなかったりするの」

みりあ「みりあの妹も大きくなったらもっと大変だね!」



薫「おねーさんって大変そー…」

仁奈「良いことばかりじゃないでやがりますね…」

美波「でも、1人でちゃんといる所もお母さんとお父さんは見てくれるから大丈夫っ!」

薫「ほんとにっ!?」

美波「でしょ?みりあちゃん」

みりあ「うん!妹を見てたらお母さんにえらいねって褒められるよっ♪」

美波「だから、お姉ちゃんやってて良かったなって思うな」

みりあ「みりあもー!」


仁奈「やっぱりおねーさんっていいなー!」

美波「でも、大変な事もあるって事も覚えてね?」

薫「分かった!」

みりあ「ありがと美波ちゃん!」

美波「うん!素敵なお姉さんになれるよう頑張ってね!」

11: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:34:22.40 ID:4zCdJT7Y0
P「お疲れ美波」

美波「Pさん?聞いてたんですか?」

P「ちょっと心配でな」

美波「心配…ですか?」

P「おう、変な輩が変な事吹き込まないかって」

美波「変な事って例えば…?」

P「酔ってる大人組がいらん事を」

美波「あぁ…」

P「って事で見失わない内に行くわ、また後で」

美波「はい!」

12: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:35:18.23 ID:4zCdJT7Y0
仁奈「誰もいねーですね…」

薫「こっちも誰もいなさそー…」

みりあ「あっ!あそこ明かりついてるよ!」

薫「行こ行こー!」

ガチャ


「図書室」

薫「図書室ではしー、だね」

仁奈「しーでやがりますよ」

みりあ「誰かいるかなー?」


文香「…」ペラッ

みりあ「あっ!文香ちゃん!」

文香「…」ペラッ

薫「おじゃまかなー?」

仁奈「うー…でも聞きてえですよ…」

みりあ「他の場所行くー?」

13: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:36:48.09 ID:4zCdJT7Y0
ガチャ

ありす「あれ…みりあさんに薫さんに仁奈さん?」

みりあ「ありすちゃん!」

薫「何しにきたのー?」

ありす「少し興味のある本があったので借りに来ました」

薫「あれ?でも前いつも持ってるやつで見てなかった?」

ありす「文香さんに言われて少し実際の本も興味がでたので」

みりあ「どう違うの?」

ありす「そうですね…便利さではタブレットですが本は寝る前に読むのに適しています」

薫「寝る前?」

ありす「はい、タブレットの光で寝れなくなったりしますが本だとそれが無いので寝る前でも安心して読めます。そして寝ながら次はどうなるかなどの考察をするのが楽しいんです」

みりあ「寝る前の絵本とか読むとよく眠れるよね!」

ありす「ですね、ところで皆さんは何をしに来たんですか?」

薫「えーとね?すてきなおねーさんになりたいの!」

ありす「お姉さん…ですか?」

仁奈「美嘉おねーさんや美波おねーさんみたいなおねーさんの事ですよ!」

ありす「…なるほど」

みりあ「それで明かりが付いてたからここに誰かいるかもって思って!」

ありす「文香さんは…読書中ですね」

薫「だから別の場所に行こうかなーって」

14: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:39:01.66 ID:4zCdJT7Y0
ありす「素敵なお姉さんになる方法なら知ってますよ」

薫「ホント!?」

ありす「はい、といっても私も言われた事なんですが…」

みりあ「なんて言われたの?」

ありす「知識を多く持ってるといいと言われました」

薫「ちしき…」

仁奈「でやがりますか?」

ありす「はい、といっても難しい知識ではなく簡単なものでもいいんです」

みりあ「簡単なもの?」

ありす「例えばあそこのパン屋さんは美味しいとか最近近くに新しいお店ができたとか」

薫「そんなのでいいの?」

ありす「それを多く知ってれば知ってる程もし何かを聞かれた時に答えれたらいいお姉さんになれますよ」


仁奈「いっぱいべんきょうするでやがります!」

薫「うん!」

ありす「まあ…それも大事ですね」

みりあ「ありがとねありすちゃん!」

ありす「これぐらい大丈夫です、それと素敵なお姉さんになれるよう頑張ってください」

薫「ありすちゃんも一緒に頑張ろうね!」

ありす「はい」

15: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:40:15.98 ID:4zCdJT7Y0
P「おーい、そろそろ送ってくから戻って用意しなー」



「はーい!!!」


ありす「いたんですか…」

P「おう、にしてもありすが教えるとはな」

ありす「私が教えたら駄目ですか?」

P「ダメとは言わないけどさ」

ありす「まあ…自分もお姉さんでは無いことぐらいは分かります」

P「そう拗ねんなって、いつかはなれるさ」

ありす「…ありがとうございます」

P「ところであれを言ったのはやっぱり文香か?」

ありす「はい」

P「大好きだな」

ありす「好きは好きでも文香さんは尊敬です」

P「どう違うんだか」


ありす「…好きな人は他にいますから」


P「…おーい文香、そろそろ帰れよー」

文香「」コクン

ありす「…」

P「ありすも送ってくから、な」

ありす「…はい」

16: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:41:06.96 ID:4zCdJT7Y0
「車内」


P「どうだ?インタビューの成果は」

みりあ「色んなアドバイス貰っちゃった!」

薫「それでね!それを合わせたらなんと!」

仁奈「アイドルになったですよ!」


P「…ん?」

17: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:42:01.59 ID:4zCdJT7Y0
仁奈「困ったら助けてあげるです!」

薫「でも!まず自分でやらせてから!」

みりあ「これはみんなでするレッスンの時!」

P「ほうほう」

仁奈「大変な事もいっぱいあるです!」

薫「でも!頑張ったらいっぱい褒めてくれる!」

みりあ「お仕事頑張った時!」

P「なるほど」

仁奈「色んなことを覚えないといけねーです!」

薫「でも!簡単なものからでいい!」

みりあ「ダンスの振り付けとかもだけどー!おしゃべりも大事!」

P「…」

18: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:44:10.01 ID:4zCdJT7Y0
仁奈「だからもっとアイドル頑張るですよ!」

薫「薫も!」

みりあ「みりあもー!」

P「俺も頑張らないとな」

仁奈「みんなで頑張るですよ!」

「おー!!!」

19: SSまとめSTATION 2017/11/11(土) 15:52:11.95 ID:4zCdJT7Y0
終わりです
3人で探検風に事務所の中を歩いているのを見守りたいだけの人生だった…
次はももありとLiPPSの誰かで書きたいなと思っています。いつになるかは分かりませんがよろしかったら

スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510381242/