1: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:41:45.23 ID:EgLUYznMO
志保「はじめは、頼りなさそうな人だと思っていました。なんだか覇気が感じられなくて、本当にこの人と一緒にいて大丈夫なのかって」

志保「でも、時間が経つにつれて、あなたの優しさを知って……一緒にいると、安心できるようになって」

志保「そして、気づいたんです。私の気持ちに」

志保「あなたを……愛しています」

P「………」

P「残念ながら、俺は君の気持ちに応えることができない」

志保「……どうしてですか」

P「なぜ俺が、君の想いを受け入れることができないのか。その答えはただひとつ」


P「俺が……世界で一番のロリコンだからだァ! ヴェァーハハハハッ!!」

志保「あなたが……ロリコン……? 嘘よ……私を騙そうとしている……」

P「ッヘーイ」

志保「うわああああああ!!」






志保「ありがとうございます。演技の練習に付き合っていただいて」

P「それはいいんだけど、なかなかエキサイトな台本だな。これ」

志保「愛する人がロリコンだった女性の物語……男女の想いのすれ違いがテーマですね」

P「悲劇だなあ」

志保「悲劇を悲劇らしく表現できるよう、演技を磨いていかないと……」






2: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:42:42.82 ID:EgLUYznMO
志保「………」

P「どうしたんだ志保、急に黙り込んで」

志保「あ、いえ。ちょっと想像していたんです。今のはただの演技でしたけど……もし本当に、ロリコンだったらどうしようかと」

P「志保の想い人である俺が?」

志保「中途半端に台本と現実を混ぜないでください。想い人ではないプロデューサーさん」

P「ごめんごめん。しかし、俺がロリコン……そう思われる要因がないわけではないか」

P「確かに俺は、シアターの大人組のセクシーアピールや無防備な姿にも動じない精神を持っているからな」

志保「私、ツッコミは得意じゃないです」

P「別にボケたつもりはないんだが」

志保「………?」

P「理解不能って顔をしないでほしい」

志保「いつも大人の女性を見て鼻の下を伸ばしているのに……」

P「俺、鼻の下伸ばしてるか?」

志保「はい」

P「きっぱり言われてしまった」

3: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:45:58.45 ID:EgLUYznMO
P「けどまあ、逆にロリコンじゃない証明にはなるか」

志保「そうですね。普通の変態ということで異論は出ないと思います」

P「それは異論出るだろ。というか俺が異論を出す」

志保「まあ、さすがに今のは冗談です」

P「安心した」

志保「これでも、プロデューサーさんのことは信用していますから。伝わりにくいかもしれませんけど」

P「いや、なんとなくは感じられるよ。最初の頃と比べれば態度も軟らかくなったし」

志保「そうですか。なら、よかったです」

P「ああ。……あ、そうだ。ちょうどいいタイミングだから、さっきとってきた新しい仕事のこと、話してもいいか?」

志保「仕事……はい、お願いします。今回は、どんな内容ですか」

P「赤いランドセルを背負ってご主人様にご奉仕する小学生メイド」

志保「………」

P「………」

志保「プロデューサーさんが、ロリコン……?」

P「待て待て。どうしてそうなるんだ」

志保「正直に答えてください。プロデューサーさんがどんな人でも、私はちゃんと受け流しますから」

P「そこは受け止める流れじゃないのか?」

志保「受け止めると犯罪のほう助になる気がしたので……」

P「なるわけないだろう。そもそも、俺はロリコンじゃないから正直に答えるも何もないぞ」

志保「なら、いいんですけど……小学生メイド……」ブツブツ

P「めちゃくちゃ疑われてるな……」

志保「桃子達に何かあってからだと遅いので」

4: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:46:32.39 ID:EgLUYznMO
撮影当日


P「お疲れ、志保。いい感じだったぞ」

志保「ありがとうございます」

P「カメラマンさんも褒めてたよ。いい表情をしてくれるって」

志保「そうですか。評価してもらえるのはうれしいですね」

P「予定より早くに撮影終わったけど、どうする? 事務所に戻るか?」

志保「ん……そうですね。少し、ダンスの練習をしておきたいので」

P「わかった。ところでひとつ聞いてもいいか」

志保「なんですか」

P「………さっきから、俺の半径2メートル以内に頑なに入ってこないのはなぜだ?」

志保「だいたいいつもこんな感じじゃないですか」

P「だとしたら俺達の仲めっちゃ悪いだろ。距離感を感じすぎてるだろ」

志保「……この小学生メイドの衣装のまま近づくと危険だと本能が告げていたので」

P「その本能は間違いだ」

志保「つま先の野生を信じています」

P「そんな野生の本能は信じなくてもいい」





5: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:47:16.32 ID:EgLUYznMO
別の日


志保「プロデューサーさん。今、いいですか」

P「どうした、改まって」

志保「最近、弟と仲良くしてくれていますよね」

P「ああ、この前は公園でキャッチボールをしたな。あの子、コントロールがよくてさ。才能を感じたよ」

志保「あの子も、よくプロデューサーさんのお話をするようになっているんです。『プロデューサーのおじさん、優しいんだ』って」

P「そうか。気に入られてるなら何よりだ」

志保「それで……プロデューサーさんさえよければ、これからもあの子と遊んでくれればと」

志保「私の家、あの子以外には私と母しかいなくて……保育園も、保母さんだけなので。男の人と過ごす時間は、大切だと思うんです」

志保「だから……よろしくお願いします」

P「志保………わかった。俺も弟くんのことは好きだし、これからも喜んで遊ばせてもらうよ」

志保「……ありがとうございます。わがままを聞いてもらって」

P「普段わがまま言わないんだから、これくらいどうってことないさ」

志保「プロデューサーさん……」

P「それに、俺は子供好きだからな。俺が遊びたいから遊ぶんだ」

志保「……そう言ってもらえると、安心です」

P「あれ」

志保「どうかしましたか」

P「いや。子供好きって言ったから、この前みたいに今度はショタコン疑惑をかけられるかもと思って」

志保「こういう時に、そんなことは言いませんよ」

P「それもそうか」

志保「それとも、言ってほしかったんですか? あるいは本当にショタコン……」

P「違う違う」

志保「ふふっ……ああ、そうだ。わがままついでになるんですけど、ひとつ相談に乗っていただけませんか」

P「相談?」

志保「弟のことなんですけど……最近好きな女の子ができたみたいで」

P「へえ~! ひょっとして初恋?」

志保「たぶんそうです。なので、どんな子なのか気になっていて」

P「俺も気になるなー。あの子、どういうタイプの女の子が好きなんだろう」

志保「……しっかり見定めないと」

P「志保、目が据わってるぞ……」

志保「明日保育園に迎えに行くとき、顔を確認しようと思っています」

P(その女の子、志保に睨まれて泣き出さないといいなぁ)

6: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:47:45.94 ID:EgLUYznMO
また別の日


志保「………」ポチポチ

P「志保、またお母さんとメールか?」

志保「いえ、今はゲームのアプリで遊んでいました」

P「ゲーム? ああ、そういえばたまにやるって言ってたな。どんなのをプレイしてるんだ?」

志保「パズルゲームです。タイトルは『パーフェクトパズル』」

P「心が躍りそうな名前だな」

7: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:48:24.52 ID:EgLUYznMO
P「実は俺もスマホのゲームアプリで遊んでるんだ」

志保「どんなゲームをしているんですか?」

P「パートナーの女の子を選んで戦うゲームだな」

志保「小さい子を選んでいるんですか?」

P「決めつけはよくない」

志保「じゃあどんな子を」

P「しょうがないな。ほら、こういうキャラだよ」

志保「………なんだか、私に似てますね。髪型とか顔つきとか」

P「実は年齢も同じなんだよ。それで気になってパートナーに選んだんだけど、性格まで割と似ててさ」

志保「ふうん……結構、熱心にプレイしているみたいですね」

P「そうだな、割と楽しんでる。このままこの子と一緒にクエストをクリアし続けていきたいなぁ」

志保「………現実でも同じですか?」

P「え?」

志保「………」

志保「私、変なことを言いました。忘れてください」

8: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:49:27.70 ID:EgLUYznMO
その日の夜


志保「すみません。ダンスの練習に夢中になっていたら、いつの間にかこんな時間になってしまって」

P「俺も片づけたい仕事があったからちょうどよかったんだ。無理のない範囲なら、自主練習は歓迎だしな」

志保「……駅までなら、ひとりで行けるから大丈夫ですよ」

P「俺も電車乗るんだから、駅まで歩くのはどのみち同じだ」

志保「……ありがとうございます」




P「志保は、自分で絵本を描いたりはしないのか?」

志保「自作はしないですね。読む専門です」

P「そうか。志保さえよければ、そういう企画に挑戦するのも面白いと思ったんだが」

志保「企画……つまり、私が絵本を描くということですか」

P「そう。なんなら俺を主役にしてもいいぞ」

志保「プロデューサーさんを、主役に? んー……」

志保「……むかしむかし、あるところにP太郎という男が住んでいました」

P「なんかプー太郎みたいな語感だな」

志保「それもそうですね」


9: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:50:21.16 ID:EgLUYznMO
P「星が綺麗だな」

志保「冬も近いですし、空が澄んできたのかもしれませんね」

P「そうかもなー。志保は、星好きか?」

志保「嫌いではないです。満天の星空とか、素直に綺麗だと感じますから」

P「なるほど。そういえば……『しほ』って名前、逆から読むと『ほし』になるな」

志保「なりますね」

P「ちょっと面白いな」

志保「面白い……?」

志保「……逆から……逆立ちすれば星になれる。つまり、『逆立ちしてもスターになれない』なんてことはない。努力すれば夢を叶えられる。そう言いたいんですか?」

P「俺がかっこつけて言おうとしたセリフを先取りしないでくれ」

志保「かっこつけて言うほどうまいセリフではないと思います」

P「厳しいなあ、はは」

志保「……まあ。私は嫌いじゃないですけど」

P「ならいいか」

志保「いいんじゃないですか」

10: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:51:16.77 ID:EgLUYznMO
P「しかし、結構冷えるなあ。手がかじかんできた」

志保「手袋、持ってきてないんですか」

P「ああ。志保を見習ってちゃんと用意しておけばよかった」

志保「そうですか」

志保「………」


ぎゅっ


P「志保?」

志保「これで、片手だけは温まるんじゃないですか」

P「いいのか? 手を握ったまま歩くなんて」

志保「プロデューサーさんに風邪をひかれると、困るので」

P「そうか。ありがとう」

志保「どういたしまして」

P「……ちなみに、ロリコンって14歳も余裕でストライクゾーンらしいぞ」

志保「………」



志保「知ってますよ。そのくらい」クス


おしまい


11: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:52:44.12 ID:EgLUYznMO
おまけ


P「けどまあ、志保の豊満な身体つきをロリって言うのは無理があるか」

志保「ヘンタイ」

P「睨まれると怖い」


12: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 12:55:22.26 ID:EgLUYznMO
おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
北沢さんのスリーサイズ、14歳とは思えない


前作:ミリP「しほすき」

その他過去作
佐城雪美「ペロス」
モバ・ミリP「ロリでおませなさそり座の女」

などもよろしくお願いします

13: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 13:07:57.00 ID:hTS/Lc9RO
まぁこのpは他の人にも同時進行でこんなことしてるんですけどね

14: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 13:09:06.59 ID:tgi5h8Bq0
小学生メイドはヤバいと思うわ
乙です

北沢志保(14) Vi/Fa 83-56-84
no title

no title

no title

no title

15: SSまとめSTATION 2017/11/04(土) 13:24:54.74 ID:SfA6gEMpO
中学生はロリか否か…

スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509766905/