まりダイ「千歌ちゃんに頭よしよしってされたいのっ!」

1: SSまとめSTATION 2017/10/26(木) 22:43:23.73 ID:0Ab5fcKq0
千歌「ふぅ~、きょうの宿題終わり!鞠莉さん手伝ってくれてありがとね」

鞠莉「いーえ!千歌っちお疲れさま~」

千歌「さぁ~、お菓子食べよ!あ、鞠莉さんも食べる?」ボリボリ

鞠莉「食べたぁい!」

千歌「はい、どうぞ~」

鞠莉「」ア~ン

千歌「...あれ?鞠莉さぁ~ん?おーい、口ポカーンとして、どしたの?考え事?」

鞠莉「えっ?」

千歌「はいこれ、お菓子どうぞ!」

鞠莉「......。」グスッ

千歌「えぇっ!?鞠莉さん!?」

鞠莉「あ、ああああ大丈夫っ!あー、私今日は帰るね!」ダッ!!

鞠莉(あーんしたつもりが口ポカーンとしてたって勘違いされた!めっちゃ恥ずかしいっ/// ていうか、千歌っちだって口の中に入れてくれてもいいじゃない!私ちょっと首前に出しちゃったよ!?)



3: SSまとめSTATION 2017/10/26(木) 23:02:47.27 ID:0Ab5fcKq0
ダイヤ「おはようござい...鞠莉さん?」

果南「あー、鞠莉、昨日千歌の家で一緒に宿題やった後に...」

鞠莉「あっちょ、果南言わないでぇ///」カオマッカ

果南「あれぇ~?あーん」ニヤニヤ

鞠莉「かなぁんっ!///」



梨子「もう、千歌ちゃん宿題はちゃんとやってきたの?」

千歌「やってきたよー!ほら!」

曜「うぇ!?めっずらしい!」

千歌「あー!曜ちゃんバカにした!」

梨子「曜ちゃんは毎回ちゃんとやってきてるから。曜ちゃんの反応は全然おかしくないわ」

千歌「今回はやってきたから!鞠莉さんに手伝ってもらって。でも鞠莉さん私が宿題終わらせた後...」カクカクシカジカ

曜「へぇ~、鞠莉さんどうしたんだろう?」

8: SSまとめSTATION 2017/10/27(金) 18:40:31.30 ID:bPslxqoq0
部室

曜「ねぇねぇ、昨日千歌ちゃんの宿題手伝ってあげたんでしょ?どうして急に帰っちゃったの?」

鞠莉「!?......//////」

曜「鞠莉さーん?」

鞠莉「...///」ウツムキ

曜「あのあと千歌ちゃん、鞠莉さんに何かやっちゃったかなーとか不安がってたよ?」

鞠莉「えっ!?」グスッ

曜「うぇぇ、鞠莉ちゃん!?」

鞠莉「言うのめっちゃ恥ずかしいよぉ...実はね、...///」カクカクシカジカ

曜「...鞠莉ちゃん、超~~~~~可愛いっっっ!!!」

鞠莉「え?えぇぇ!?」

曜「え、千歌ちゃんにあ~んってして欲しかったの!?あ~んしてもらえなくて逃げて来ちゃったって!?」

鞠莉「...///」コクリ

曜「...ねぇ!千歌ちゃんに誤解解いてもらおうよ!」

鞠莉「お願い、言わないでぇ///」

曜「じゃあちょっと千歌ちゃんのとこ行ってくるねー!」

鞠莉「あぁん待ってよぉ~!」

11: SSまとめSTATION 2017/10/28(土) 22:19:41.30 ID:/5N3o/oD0
曜「ねぇねぇ千歌ちゃ~ん!あのときの鞠莉ちゃん、実はね...」カクカクシカジカ

千歌「...え?あ~、そうだったんだ!ちょっと鞠莉さんのとこ行ってくるね!」

12: SSまとめSTATION 2017/10/29(日) 00:18:34.19 ID:n5hdhFjU0
部室

千歌「ねぇ、前に宿題手伝ってもらったときのことなんだけど...」

鞠莉「......///」ウツムキ

千歌「鞠莉さん?鞠莉さ~ん!」

鞠莉「...曜ちゃん、言っちゃったのね?千歌っちに話しちゃったのね???」

千歌「うん!曜ちゃんから聞いたよ~」

鞠莉「えぅ...もうっ!恥ずかしかったんだから!まぁ、誤解が解けてよかったけど...」

千歌「鞠莉さんに悩み事があるわけじゃないってわかったから、安心したよ~」

鞠莉「えへへ! ~~~~っっ!!」ハグぅ‼

千歌「うわっ!」スッ

鞠莉「...え?千歌っちぃ!」

千歌「えっと...鞠莉さん?どしたの?急に両手出して...今はお菓子持ってないよ?あ~んはいつかね!」

鞠莉「...うぅっ」グスッ

千歌「えぇ!?鞠莉さん!?え~っと...何かごめん!私今日は帰るね!」スタスタスタスタ



鞠莉「......うわぁぁぁぁぁぁぁんっっ!!」グズグズ

鞠莉(私ハグしに行ったのにまた千歌っちに誤解されたぁ!もっと千歌っちに甘えたいのに...もっと千歌っちに甘えることが出来たらなぁ...)

ダイヤ「ダイヤっほ...鞠莉さん!?なんで泣いてるんですの!?」

13: SSまとめSTATION 2017/10/29(日) 00:37:19.68 ID:n5hdhFjU0
鞠莉「ぐすっ、ダイヤぁ...実は...」カクカクシカジカ

ダイヤ「そうなんですのね...」

鞠莉「...。」コクリ

ダイヤ「鞠莉さん......私も、私も千歌さんに甘えたいですわぁぁぁぁぁ!!!」

鞠莉「ふぇ!?」

ダイヤ「私も千歌さんにあ~んってしてもらいたいですわ!二人で作戦会議しましょう!!ここに仲間がいるんですから、もう泣き止みなさいな」

鞠莉「...うん」

ダイヤ「こうやって泣いてる人に頭ポンポンって、昔ルビィによくしたものですわ」

鞠莉「頭ポンポン...」

ダイヤ「そう、頭ポンポ......ハッ!それですわぁ!千歌さんに頭ポンポンしてもらいましょう!」

鞠莉「あぁ~!私もされたぁい!」キラキラ

ダイヤ「急に元気になりましたわね...!泣き止みましたのね。私どうすれば千歌さんに頭ポンポンしてもらえるかわかる気がしますの。明日早速実践してみましょう」

15: SSまとめSTATION 2017/10/29(日) 22:39:30.31 ID:n5hdhFjU0
屋上

ダイヤ「鞠莉さん!準備はいいですわね?」

鞠莉「ぅ...うん」

ダイヤ「さぁ、お行きなさい!バレないように後ろから千歌さんに抱きつくのですわ!」セナカポーン

鞠莉「うひゃっ!んもうっ!......千歌っちぃ!」ギュー

千歌「うぇっ!?...鞠莉さん?」

鞠莉「あ...」

千歌「えぇ~っと...?どしたの?」

鞠莉「...///」ウツムキ

千歌「鞠莉さ~ん?あ、お菓子はあした絶対買ってくるからね!」

鞠莉「あ...えと...そうじゃなくってぇ」

千歌「...え?あ、わかった!一緒に練習したいんでしょ!も~、そう言ってくれればよかったのに~」

17: SSまとめSTATION 2017/10/31(火) 23:14:16.44 ID:E3P66zjW0
鞠莉「あ...お菓子、もらいたいんじゃなくって、あげたいの」

千歌「...へ?」

鞠莉「あのね、私...千歌っちに食べて欲しくて、マカロンとエクレア作ってきたの。食べてくれる?」

千歌「わぁ~!ありがとう!...う~ん、おいしい!」

鞠莉「ほんと!?嬉しいなぁ~!」

千歌「じゃあ、このあとはみんなでお菓子パーティしようよ!」

鞠莉「あっ...それはだめ...千歌っちだけに作ってきたんだもんっ!」

千歌「え?なんで私だけ?」

鞠莉「えっ...えと...上手に作れたかな///」

千歌「うん!とってもじょうずだよ!おいしかった~!」

鞠莉(私が作ったマカロンとエクレア、千歌っち喜んでたなぁ...!)

18: SSまとめSTATION 2017/10/31(火) 23:47:34.21 ID:E3P66zjW0
鞠莉「ねぇ千歌っち!明日私の家来てほしいなぁ...お願い、私に宿題教えて!」

千歌「つぎは私がお菓子をあげる番だね!あ~んってしてあげるからね!」

鞠莉「やったぁ!」

19: SSまとめSTATION 2017/10/31(火) 23:59:41.34 ID:E3P66zjW0
鞠莉宅

鞠莉「さっ、あがってあがって~!」

千歌「おじゃましま~す!宿題を手伝ってほしいんだよね!でも私3年の内容わかんないよ?」

鞠莉「あ...」ハッ!

千歌「あはは...」

鞠莉「あ!そういえば、あと家庭科のお裁縫の宿題があったんだ!」

千歌「おぉ~!それなら私でも出来そうだよ!」

鞠莉「ほんと!?お願い!」

千歌「私お裁縫は得意だからね!」プスップスッ

鞠莉「まぁ~!千歌っち上手ね!」

千歌「はい、できたよ!」

鞠莉「ありがとう千歌っち!」

千歌「さ、お約束の時間だね!鞠莉さんみたいな洋菓子は作れなかったけど、これ、コンビニで売ってたビーノ!はい、あ~ん!」

鞠莉「...」アーン

鞠莉「まぁ、おいしいわ!」

千歌「えへへ、いつか鞠莉さんみたいにエクレアあ~んってしてあげたいなぁ」

鞠莉「えへへ、楽しみね!」

鞠莉(...え?あ~んして終わり?って、そりゃそうだよねぇ... どうしたら頭ポンポンに繋がるんだろう...?)

20: SSまとめSTATION 2017/11/01(水) 00:01:08.28 ID:S/Px8WNU0
翌日、部室

鞠莉(何をやっても千歌っちに可愛いって言ってもらえない...どうしよう...)

鞠莉「...ぐすっ、うぅぅ...」

ダイヤ「え?鞠莉さん...?」

千歌「鞠莉さん!?どうしたの?」

鞠莉「千歌っちぃ...」

千歌「ほら、私のとこおいで!」

鞠莉「...///」コクリ

千歌「え~っと、何があったのかわからないけど...辛かったのかな?よしよし」ナデナデ

鞠莉「......!!」パァァァッッッ!!

千歌「鞠莉ちゃん、何か嫌な事でもあったの?」

鞠莉「...///」ウツムキ

千歌「...あっ!鞠莉ちゃんがにこにこした!」

ダイヤ「ふふっ、鞠莉さん、ずっと千歌さんに頭よしよしってして欲しかったんですのよ!」

千歌「そうだったんだ!えへへ、今までごめんね。やっぱり、鞠莉ちゃんは泣き顔よりにこにこしてる方が可愛いよ!」ワシャワシャ

鞠莉「かっ、かわ...///」

千歌「えへへ、私末っ子だから、ずっと妹が欲しかったんだ~!すぐ近くにこんなに可愛い私の妹みたいな子がいるんだもん!」

鞠莉(私やったよ!千歌っちに頭よしよしってしてもらえた!私千歌っちの妹だって...///)

21: SSまとめSTATION 2017/11/01(水) 00:09:11.67 ID:S/Px8WNU0
ダイヤ「...ずるい」

千歌「へ?ダイヤさん?」

ダイヤ「私も千歌さんの妹になりたい、ですわ...///」

千歌「わかった、ダイヤちゃんもおいで!」

ダイヤ「え、いいんですの!?やったぁ!」

千歌「ダイヤちゃん、よしよし!今日からダイヤちゃんも私の妹だよ!」ナデナデ

ダイヤ(やった!ついに私も千歌さんの妹になれましたわ...///)

千歌「なんか、今までこんな身近に可愛い妹が2人もいるのに気づかなかったよ~!」

22: SSまとめSTATION 2017/11/01(水) 00:17:19.36 ID:S/Px8WNU0
おわり。

今回は、ひたすら可愛い鞠莉ちゃんとダイヤちゃんを書いてみました。すごく難しかったです。
更新が遅れて申し訳ないでぇす!
書いてる途中で4話が放送されて、あぁ~先越された!と思って書きづらくなってしまいました(´・ω・`)
もうちょっと途中部分を書きたかったなぁ...。


過去作

善子「高安車庫行こうよ!」果南「私五位堂検車の方がいいなぁ~」

↑これは10/28に実際に開催された鉄道イベントに行けなかったので、もしも9人が参加したら?というしょ~もない妄想で書いてしまいました。

スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509025403/