スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507954780/


梨子

1: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:19:40 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「ど、どうしよう…」

梨子「え?これって…いわゆる…」

梨子「壁ドン!」

梨子「壁に壁ドンなんて…なんて」

梨子「高難度にも程があるわよ」ハァハァ

梨子「…」ハァハ…


3: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:22:07 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「まって、まずは状況を整理しないと」

梨子「朝起きて」

梨子「食事して、お風呂入って」

梨子「朝練のために早めに家を出て」

梨子「千歌ちゃんから、ラインがあって」

千歌『今日は朝練なしになったから、部室に来ないでよ!絶対ダメだよ!』

梨子「って言われて、でも、もう学校の近くだったし、教室に行っとこうと思って、教室に入って」

梨子「自分の机の近くに来たら壁が迫ってきた」

梨子「以上!」

4: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:25:06 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「そうだ、写真撮っとこ…」カシャ

梨子「よし、壁ドンなうっと…」ポチポチ

梨子「いや、まだされてないし…」ポチポチ

梨子「…あ、扉が無くなってるわね」

梨子「壁が飲み込んだのかしら?」

梨子「?そう言えば…この壁っていつ止まるのかしら…」

5: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:26:58 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「…え?ま、まって、こ、このままじゃ私…」

潰 さ れ ち ゃ ん じ ゃ

梨子「っ」ゾクッ

梨子「い、いやっ…ど、どこかに出口は…」キョロキョロ

梨子「う、嘘…ま、窓なら…でもここ二階だし…」

梨子「そ、そうだ!携帯」ポチポチ

梨子「誰か助けて!千歌ちゃん!曜ちゃん!」ポチポチ

プツッ

梨子「あ、あれ?な、んで…」カチカチ

梨子「う、嘘!こ、こんな時に充電切れ?!」カチカチ

6: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:28:33 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「あ…も、もうダメ…みたい…」

梨子「窓があったことも壁に飲み込まれたし…」ペタン

梨子「ふふ…もう足も震えて立てないわね…」

梨子「千歌ちゃん、曜ちゃん…ありがとう…そして、こんな形で居なくなってごめんね…」ギュッ

7: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:29:36 ID:8G9GOgWY
ゴゴゴゴゴォ

梨子「もう壁がすぐそこだよ…」ガタガタ

梨子「…分かっていても、覚悟を決めても…」ガタガタ

梨子「怖いものはやっぱり…怖いなぁ…」ガタガタ

梨子「みんな…さよならっ」ギュッ

ゴゴゴゴゴォ

ゴゴゴォ

ゴォ


8: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:30:56 ID:8G9GOgWY
梨子「…?」

梨子「…あれ?か、壁が目の前で…」

バァーン!!

梨子「ひぃ!壁が…壊れて…」

千歌「ばばーん!千歌ちゃん登場ー!」

梨子「…え??」

バァーン!!

梨子「ひゃぁ!!」クルッ

曜「ヨーロソー!曜ちゃんも登場!」

梨子「え?え?」

9: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:34:19 ID:8G9GOgWY
千歌「どう?びっくりした?」

曜「ドッキリだよ!」フフン

千歌「いやぁ、梨子ちゃんにバレないように教室に来らすの大変だったんだよ」

曜「まぁ、梨子ちゃんが他に行きそうな、図書館にルビィちゃん達が…」

千歌「音楽室には果南ちゃん達に頼んであるからね」ドヤッ

梨子「…ふふ」

曜「?梨子ちゃん?」

10: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:36:52 ID:8G9GOgWY
梨子「あはははっ!」

千歌・曜「!?」

梨子「驚いたわぁ…この私が驚かされるなんて…」

千歌「り、梨子ちゃん?」

梨子「ふふ…許さない」

曜「っ!」ゾクッ

梨子「絶対許さナイ…」

梨子「この私を驚かせたこと…必ずコウカイされて あ ゲ る わ…」タッタッタッ

11: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:38:54 ID:8G9GOgWY
千歌「い、今の、り、梨子ちゃん…だったの?」ビクビク

曜「…分からない…でも、何だか普通じゃない感じ…」

「どうしたの?」

千歌・曜「え?」クルッ

梨子「おはよう、二人とも」ニコ

千歌「え、え?あれ?梨子ちゃん?」

曜「え?梨子ちゃんなら今、階段を上がって…」ユビサシ

梨子「?私ならこの階段を上がってきたじゃない」

12: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:40:21 ID:8G9GOgWY
千歌「でも、この階段を上がって…っ!」ゾクッ

曜「な、なんで…」ゾクッ

梨子「…え?え??」オロオロ

千歌「梨子ちゃんは上に上がって、下から来て…でも、上に上がって…梨子ちゃんが梨子ちゃんじゃなくて…」

曜「!!ち、千歌ちゃん落ち着いて!」

梨子「千歌ちゃん!」

13: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:42:46 ID:8G9GOgWY
鞠莉「チャオ~♪」テクテク

梨子「鞠莉さん!」

鞠莉「?どうしたの?三人とも?」

千歌「ま、鞠莉ちゃん、この階段、今梨子ちゃんとすれ違ったよね!そうだよね!」

鞠莉「…」

曜「ま、鞠莉ちゃん?」

鞠莉「千歌っち、梨子は今来たばっかりじゃない…すれ違ってないわ」

14: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:43:39 ID:8G9GOgWY
千歌「…」

曜「千歌ちゃん…」

梨子「千歌ちゃん…」ソッ

千歌「…ひぃ!?」ビクッ!!

梨子「!!」ビクッ

千歌「ごめんなさいごめんなさい梨子ちゃんごめんなさい」ブルブル

曜「ち、千歌ちゃん」ギュッ

15: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:45:11 ID:8G9GOgWY
梨子「…」

鞠莉「…」スッ

千歌「ごめんなさい、ごめんなさいっ」ギュッ

曜「千歌ちゃん…ねぇ、鞠莉ちゃん、なにか聞いて…」スッ

曜「…」

16: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:45:56 ID:8G9GOgWY
曜「…」トントン

千歌「…」フルフル

曜「…」トントントン

千歌「…」フルフル フルフル

曜「…」グイッ

千歌「?!よ、ちゃん…?」

曜「あれ」ユビサシ

千歌「?」

17: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:47:11 ID:8G9GOgWY
梨子「…」ニコニコ

鞠莉「…」ドッキリダイセイコウ!!

千歌「?」

ドッキリ 大 成 功!!

千歌「……」

千歌「え、えぇぇ!!嘘ぉ!」

鞠莉「sorry♪本当のことよ」

梨子「千歌ちゃんとっても驚いて…」フフ

18: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:48:58 ID:8G9GOgWY
千歌「2人とも酷い!」

梨子「先に仕掛けたのはそっちでしょ」フフ

曜「あ、あれ?なら、さっき上に行った梨子ちゃんは…?」

梨子「あ、あぁ、あれはよっちゃんよ?」

千歌・曜「え?」

梨子「よっちゃんから教えてもらったの…誰かさんが悪いこと企んでるみたいってね…」ニコニコ

千歌「あ、あはは」

19: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:50:25 ID:8G9GOgWY
曜「善子ちゃんの裏切りがあったなんて…」

鞠莉「ギルキスの絆はとっても硬いのよ♪」

梨子「そういうこと」

千歌「は、はぁ…ドッキリはもう懲り懲りだよ…」

曜「ほ、ほんとにね」アハハ

20: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:51:25 ID:8G9GOgWY
梨子「あ、そう言えば千歌ちゃん」

千歌「?」

梨子「私、まだ体験してないわよ?」

千歌「…はぇ?」

梨子「私にもやってくれるわよね…壁ドン」ニコニコ

曜「え?」

梨子「は?」マガオ

千歌「あ、はい…」

21: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:54:46 ID:8G9GOgWY
鞠莉「さてさて、私も教室に…」

ダイヤ「ま~り~さ~ん!!」ダダダダッ

鞠莉「ワォ♪私の事にも、壁が迫ってくるわ♪」ダッダッ

ダイヤ「誰が壁ですの!!待ちなさい!鞠莉さん!!」ダダダダッ

22: ◆gVE.n6M5Dg 2017/10/14(土) 13:59:35 ID:8G9GOgWY
終わりこちゃん