2: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:17:17.09 ID:ndaGB10O0

朋「……あたしの?」

芳乃「うむー」

茄子「他に朋殿がいましてー?」

朋「いや、まあ……確かにあたししかいないけど」

芳乃「でしょー?」

朋「でも……何で急に?」

茄子「急ではありませぬー」

茄子「そなたは本日誕生日でしょー?」

朋「あ、うん」

茄子「おめでとうございましてー♪」

芳乃「ましてー」

朋「ふふ、ありがと」

芳乃「そして、そなたへの誕生日プレゼントこそー」

茄子「そなたの願いを叶えることでしてー♪」

芳乃「……茄子殿ー。先ほどからどうしてわたくしの真似をー?」

茄子「芳乃ちゃんの真似って楽しいのでー♪」

芳乃「……ふむー?」

朋「あ、それわかる」

朋「……ううん、わかりましてー」

茄子「てー♪」

芳乃「むー……」


3: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:17:44.95 ID:ndaGB10O0
朋「……で、えっと。あたしのお願いかなえてくれるんだっけ?」

芳乃「そうですよー♪」

茄子「あら、私の真似ですか?」

芳乃「はいー♪」

芳乃「仕返しでし……ですよー♪」

朋「ちょっと芳乃ちゃんが出てるわね」

芳乃「ぐむむー……」

茄子「ふふっ、口調ってなかなか変えられぬものゆえー」

茄子「仕方のないことかとー」

朋「茄子さんはほんとに自然に真似するわね」

芳乃「……悔しいのでして」

茄子「家で練習してたのでー♪」

朋「練習してたんだ……」

茄子「一日百回、鏡に向かって『私は芳乃ちゃん……』って囁いたり……」

朋「なんでそんな狂ったことしてるのよ」

芳乃「なれば、今日からわたくしも自らを茄子殿と暗示をー」

朋「止めなさい」

4: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:18:36.38 ID:ndaGB10O0
芳乃「……こほん」

芳乃「それでは、話を戻しましょー」

芳乃「改めてー、お誕生日おめでとうございますー」

茄子「ございますー♪」

朋「うん、ありがと」

芳乃「では、そなたの願いを叶えましょー」

茄子「それが私たちからのプレゼントですよー♪」

朋「……」

朋「……願い事ってなんでもいいの?」

芳乃「かまいませぬー」

茄子「朋ちゃんにはお世話になってますからねー」

朋「たとえば世界征服とかでも?」

茄子「かまいませんよー♪」

朋「どうやって叶えるのよ……」

芳乃「わたくしたちならば可能でしてー」

朋「えぇ……」

茄子「それで、世界征服します?」

芳乃「そなたが望むなら今すぐにでもー」

朋「いや、いいわよ」

朋「さすがに本気じゃないし」

芳乃「そうですかー……」

朋「なんで残念そうなのよ」

5: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:19:25.14 ID:ndaGB10O0
芳乃「なれば、そなたは何を願いましてー?」

朋「んー……お願いねぇ」

朋「いきなり言われても思い浮かばないわ」

茄子「ひとつだけってわけじゃないんですから、もっと気楽に考えていいんですよ」

朋「そっか……んー……」

朋「……ん、ひとつだけじゃないの?」

茄子「はい♪」

芳乃「本日中はそなたの願いをすべて叶えると、二人で相談して決めたのでしてー」

茄子「なので、もっと気楽にお願いしてください♪」

朋「そ、そっか……」

朋「……じゃあ」

朋「なんか、ちょっと暑いから、涼しくなりたいわ」

芳乃「では、エアコンの温度を少し下げましょー」

朋「あと、喉渇いたから何か飲みたいな」

朋「できれば冷たい炭酸!」

茄子「わかりましたー、冷蔵庫ちょっと見てきますねー♪」

芳乃「朋殿ー、まだ暑いのであれば、わたくしがあおぎますがー?」

朋「あ、ううん。大丈夫よ」

芳乃「そうですかー……」シュン

朋「……あー、でもやっぱりちょっと暑いかも」

芳乃「!」

芳乃「ではわたくしがあおぎましょー」

芳乃「えいー、やー」

芳乃「どうでしてー?」

朋「ふふ、涼しいわよ。ありがとね芳乃ちゃん」

芳乃「いえいえー」

芳乃「えいー、やー」

茄子「朋ちゃーん、炭酸ありましたよー」

茄子「はい、どうぞ」

朋「あ、ありがと!」

茄子「いえいえー♪」

6: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:20:05.72 ID:ndaGB10O0
朋「んくっ……ぷはぁ!」

朋「あー、おいし」

茄子「うふふっ、お役に立てたようで何よりです♪」

朋「茄子さんも飲む?」

茄子「では一口いただきますー♪」

茄子「……ぷはっ」

茄子「んー、久しぶりの炭酸は美味しいですねー」

朋「あ、普段は飲まないのね」

茄子「あまり飲みませんねー」

茄子「ありがとうございました、朋ちゃん」

朋「んー」

茄子「ふふ、間接キスですね♪」

朋「……変なこと言わないでよ」

茄子「うふふっ♪」

朋「もう……」

朋「……芳乃ちゃんも飲む?」

芳乃「おや、よろしいのでしてー?」

朋「もちろん。ほら」

芳乃「ありがとうございますー」

芳乃「んくっ……ぷはー」

芳乃「なかなか味わったことの無い、不思議な味で――」

芳乃「――けぷっ」

朋「あ」

茄子「あっ」

朋「……あー」

芳乃「忘れてくださいませー」

朋「……うんうん、忘れる忘れる」ナデナデ

茄子「忘れますねー」ナデナデ

芳乃「どうしてなでるのでしてー」

朋「そりゃあ……」

茄子「ねぇ♪」

芳乃「……むー」

7: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:20:36.60 ID:ndaGB10O0
茄子「さて……朋ちゃん、まだ何かお願いごとありますか?」

朋「え……あー、うん、そうね……」

芳乃「えい、やー」

朋「……特にないから待機してていいわよ」

朋「あ、芳乃ちゃんも。もうあおぐの大丈夫」

芳乃「えー」

茄子「えー」

朋「……なんでそんな不満なのよ」

芳乃「わたくしたちはそなたに誕生日プレゼントをあげたくー」

茄子「なので、もっとたくさんお願いしてくれると嬉しいんです」

朋「そうは言っても……」

茄子「そんな遠慮しないで、さぁ!」

芳乃「さぁー」

朋「んー……」

芳乃「……そなたはどうしてそんなに拒むのでしてー」

朋「……なんかむずがゆいのよね」

朋「なんというか……こう……お姫様みたいで」

芳乃「ほー」

茄子「ほー♪」

朋「な、なによ……」

芳乃「いえ、別にー。なんでもありませぬよ、朋姫様ー」

朋「ふぇっ!?」

茄子「うふふっ、次は何をしましょうか、朋姫様?」

朋「ちょ、ちょっと、やめてよ!」

芳乃「なぜでしてー? そなたはお姫様でしょー?」

茄子「何も間違ってませんよね?」

朋「いやっ、それは、その、言葉の綾というか……」

芳乃「朋姫様ー、ねーねー、朋姫様ー」

茄子「なーんでも命令してくださいね、朋姫様ー♪」

朋「……あー」

朋「変なこと言わなきゃよかった」

8: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:21:16.05 ID:ndaGB10O0
茄子「うふふっ、朋ちゃんがお姫様なら私たちはメイドですねー♪」

芳乃「うむー」

芳乃「メイドなれば私は経験がありましてー」

茄子「あ、そうでしたね。確かお仕事で……」

芳乃「うむー」

茄子「じゃあ、芳乃ちゃんがメイド長ですね」

芳乃「わたくしがメイド長……」

芳乃「ふふー」

茄子「ふふっ。メイド長さん。次は何のお仕事をすればいいですか?」

芳乃「それはもちろん朋殿……朋姫様の願いを叶えることでしてー」

芳乃「ゆえに、願いをー」

茄子「願いをー♪」

朋「うぅ……」

朋「……」

朋「……あっ!」

朋「お願いあるわ!」

芳乃「なんでしてー?」

朋「朋姫様って呼ぶのやめて! ついでに忘れて!」

芳乃「えー」

茄子「えー」

朋「えー、じゃないの! 恥ずかしいのよ、こっちは!」

朋「とにかく、やめて!」

茄子「……まあ、それが願いなら、仕方ないですねー……」

芳乃「なれば、今後は姫様とお呼びをー」

朋「そういうことじゃないわよ!」

朋「普段どおりに呼んでよ、普段どおりに」

芳乃「……わたくしたちメイドはいつも朋姫様とー」

朋「なりきらなくていいから!」

朋「ちゃんと、朋殿、朋ちゃんって呼んで!」

朋「……あー……これも自分で言うの恥ずかしいわ」

芳乃「それが朋殿の願いならばー」

茄子「残念ですけど……朋ちゃんのお願いですしねー」

茄子「とっても反応が可愛らしかったですけどねー」

芳乃「ほっぺがかぁと赤くなるご様子はー、胸がきゅんとなりましてー」

朋「……もー」

9: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:22:00.61 ID:ndaGB10O0
芳乃「では、他にお願い事はー?」

朋「んー……」

朋「……やっぱ、そんな簡単に出てこないわよ」

茄子「そうですかー?」

茄子「一攫千金とかでも大丈夫ですよー」

朋「……そこまでお金ほしいわけでもないしねー」

朋「んー……欲しいものか」

朋「……クッキーとか?」

茄子「あ、ちょうどよかった♪」

茄子「この前ロケに行ったときのお土産がクッキーなんですけど、食べます?」

朋「あ、じゃあもらうわ」

芳乃「わたくしもー」

茄子「はーい」

茄子「では、どうぞ♪」

朋「ん、ありがと」

芳乃「ありがとうございますー」

芳乃「んー……おいしいのでしてー」

朋「ほんとね。んー♪」

10: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:24:55.41 ID:ndaGB10O0
朋「……すぐなくなっちゃったわね」

芳乃「おいしかったゆえー、手が止まらずー」

茄子「うふふっ、気に入ってくれて何よりですー♪」

茄子「……でも、お願い事すぐ叶っちゃいましたね」

朋「そうねー」

朋「……まだお願い欲しい?」

芳乃「わりとー」

朋「そっかー……」

朋「んー……」

茄子「……」

芳乃「……」

朋「……んー」

朋「……あのね」

茄子「どうしました?」

茄子「何か思いつきましたか?」

朋「ううん、そうじゃなくて……あのね」

朋「……あたしね」

朋「あたし、今すっごく幸せなんだと思う」

芳乃「ふむー?」

朋「みんなと話すことも……アイドルを続けることも、ね」

朋「毎日が楽しくって、幸せなの」

朋「今日だって、こうして二人に祝ってもらって、とってもうれしくって、幸せな気持ちで……」

芳乃「おやー」

茄子「まぁ♪」

朋「……だからだと思うの」

朋「叶えたい夢とか、そういうのはいっぱいあるんだけどね」

朋「でも……願い事は……今が幸せすぎて、楽しすぎて、ぜんぜん思いつかないの」

11: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:36:24.36 ID:ndaGB10O0
芳乃「……わたくしたちならば、そなたが持つ夢も叶えられますがー?」

朋「ううん、これは自分で叶える夢だから」

朋「ごめんね」

芳乃「謝ることではありませぬー」

芳乃「むしろ、わたくしとしましては、そなたへの好感度がさらにあがりましてー」

朋「……そう?」

芳乃「うむ」

茄子「そんな朋ちゃんだから、お願い事を叶えてあげたいと思ったんですよ♪」

茄子「……必要なかったみたいですけどね」

朋「ふふっ、気持ちは嬉しかったわ」

朋「ありがとね、二人とも」

芳乃「いえいえー」

茄子「いえいえ♪」

茄子「……では、そろそろケーキ食べましょうか」

朋「え、ケーキあるの!?」

茄子「朋ちゃんのお誕生日ですから」

朋「やった!」

芳乃「では今持ってきましょー」

茄子「じゃあ私はお皿とか持ってきますねー」

朋「お願いねー」

茄子「あら、お願いが生まれましたね♪」

朋「あ、本当……」

朋「でも、これもすぐに叶いそうね」

茄子「叶えますよー♪」

芳乃「叶えましょー」

朋「ふふっ、ありがと」

12: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:46:35.80 ID:ndaGB10O0
茄子「持ってきましたー♪」

芳乃「お待たせしましてー」

朋「お帰りー」

芳乃「では、切り分けましょー」

朋「あ、ちょっと待って」

芳乃「んー? どうしましてー?」

朋「んー……いや、後でもいいんだけどね、ちょっと伝えたいことがあって」

茄子「……もしかして、他のお願い事もできちゃいました?」

朋「そうね……できちゃった」

朋「二人がいない間に、ポンっと思い浮かんじゃって」

朋「あはは、あんなこといったばっかりなのにね」

朋「ううん……あんなこと言ったからお願いが浮かんだと思うけど」

芳乃「……どのような願いでしてー?」

朋「んー……っと」

朋「……でもこれどうなんだろ、願い事なのかな?」

芳乃「とりあえず話してみてはー?」

朋「そうね」

朋「……こほん」

朋「あのね、二人ともっ!」

芳乃「はいー?」

茄子「なんでしょう?」

朋「今日は祝ってくれて本当にありがと!」

朋「あたし、二人と一緒にいるととっても楽しいの!」

朋「だからね、二人とこれからも一緒にいて、もっともっと楽しい毎日を過ごしたいなって思ったの!」

朋「それがあたしからのお願いっ!」

芳乃「……」

茄子「……」

朋「……え、ダメ?」

茄子「ふふっ、まさかそんな♪」

芳乃「それこそ願わずとも叶うことでしてー」

朋「そっか……そっか、ふふっ」

茄子「これからも、一緒にがんばりましょうねー♪」

朋「うんっ!」






おしまい

13: ◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土) 00:47:44.62 ID:ndaGB10O0
朋ちゃん誕生日おめでとう。これからもよろしくね。
スピリチュアルプレイヤーでよしのんと、ミス・フォーチュンfeat.朋で茄子さんと組んだし、この三人組もきっといい組み合わせだと思うの


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました。

スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498835773/