2: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:03:16.44 ID:dy7MQtqa0

P(俺の名前はP。とある芸能プロダクションでアイドルのプロデューサーをやっている男だ)

P(担当アイドルの名前は『佐久間まゆ』。小さくてかわいらしい16歳、歌もステキな最高のアイドルだ)

P(ただひとつ問題なのは…)

??「だーれだ」ピトッ…

P「お、おう。おはよう、まゆ」

まゆ「おはようございます、Pさん♪」ピッタリ

P「あー、その、なんだ。ちょっと近いかなーって…」

まゆ「そうですか?これくらい仙台じゃ普通ですよぉ」

P「そ、そうなのか…」

まゆ「今日のお弁当は、Pさんの好きなハンバーグですよ。あとでふたりきりで食べましょうねぇ」

P「お、そうだな…」


3: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:04:05.28 ID:dy7MQtqa0

P(問題なのは、まゆが俺のことを好きすぎるということだ)

P(俺とまゆはアイドルとプロデューサー。恋仲になるなど許されるはずもなく…)

P(しかしこんなにもはっきりと好意を示してくれるまゆを拒絶するなどクソザコヘタレ弱虫の俺にできるはずもなく…)

P(もっと言えば、正直まんざらでもない気もするようなしないようななわけで、どうしたものか…)

P(事件が起きたのは、そんなつかず離れずの日々を送っていた頃のことだった…)


4: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:05:15.78 ID:dy7MQtqa0

 【常務のオフィス】

常務「突然で悪いが、君を佐久間まゆの担当から外すことになった」

P「なんでですか!納得できません!結果だって出してきまし――」

常務「これを見たまえ」つセンテンススプリング

P「…」

P「…はあ」ペラペラ

P「…ってファ!?『星井美希と、担当プロデューサーとの間で熱愛発覚!ラブホから出てくるふたりを激写!!』??!!」

P「うわあ…中学生相手に…うわあ、これはマズいですね――ってだからなんですか!?関係ないでしょ!」

常務「本当にそうかね?」

P「…ぐっ」ギクリ


5: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:06:52.06 ID:dy7MQtqa0

常務「君と佐久間まゆは大層仲睦まじいと聞いている。本当に、このような事態は起こさないと胸を張って言えるのか?」

P「それは…っ!…いやでも色恋沙汰は本人たちの気持ちが大事といいますし、そういう気分の問題に絶対はないと言いますか…」アセアセ

常務「本人たちの気持ちが大事、か。確かにそういう言い方もあるな」

常務「誤解されやすいが、何も私はアイドルの恋愛を咎めているわけではない」

常務「確かにアイドルが特定の誰かと恋仲になるのはファンに対する裏切りだ。ファンが怒るのもよく分かる。
 しかしアイドルにもファンを裏切り、怒らせる自由というものがある」

P「!だったら…っ」パア

常務「だが、もし我が社にアイドルに手を出すプロデューサーがいた場合、

 …私 が こ の 手 で す り つ ぶ す 」ギロリ


6: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:07:49.35 ID:dy7MQtqa0

P「ヒュッ」

常務「アイドルの恋愛、大いに結構!自らの責任の範疇で自由に振る舞えばいい。
 ただ担当アイドルに手を出すプロデューサー、こいつはもはやテロリストだ。見つけ次第殺す」

常務「今回の星井美希と765Pの事件のようなことが起きるたびにファンは思うだろう。
 『ああ、やっぱりアイドルってのは事務所のお偉いさんに味見されてるんだな』と。
 事実かどうかは関係ない。そのような風潮や視線が、アイドル業界全体を外からも中からも蝕んでいくんだ。
 アイドルに手を出すプロデューサーは業界を中から破壊する最悪のウイルスだ」

常務「それに何よりも、アイドルは宝石だ。宝石に並び立つのは同じ宝石や、特別な鉱物でなくてはならない。

 そこで、だ。これを見てみろ。何が映っている」つ手鏡

P「えっ…何ですかこれは」

常務「答えろ」

P「え、えーっと…」

P「……冴えないボンクラが映っています」


7: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:08:52.19 ID:dy7MQtqa0

常務「そうだ。君はボンクラオタク。それに対して佐久間まゆは美しい宝石、紅に輝く大粒のルビーだ」

常務「美しいルビーに並び立ちうるのはサファイアやダイヤモンドだけ。私はそう考えている」

P「…」

常務「君のプロデューサーとしての腕は疑っていない。しかし佐久間まゆが君にそれ以上を求めている」

常務「その時君の軽率な行動が、特別なジュエルの輝きをくすませ、さらに業界全体の名誉を傷つける可能性がある」

P「…」

常務「いい機会だ。アイドル業界のためにも、何より佐久間まゆのためにも、今回の辞令を受け入れてほしい」

P「…」

P「…」

P「…はい」


8: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:09:51.73 ID:dy7MQtqa0

 ※ ※ ※ ※

まゆ「Pさん!Pさんがまゆの担当じゃなくなるなんて、嘘、嘘ですよね?」

P「…いや、本当だよ。急な話でごめん。でもちゃんと引き継ぎはやっておくから…」

まゆ「そんな、Pさんとじゃないとアイドルなんて…
 そうだ!移籍をほのめかせて交渉すれば――」ブツブツ

P(常務の言っていた通りだ。俺という存在がまゆのアイドルとしての輝きを奪ってしまっている…)

まゆ「最後の手段で常務の家に乗り込んで――」ブツブツ

P「まゆ」ガシッ

まゆ「!」

P「俺はまゆのことが好きだよ」


9: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:10:39.38 ID:dy7MQtqa0

まゆ「!!」

P「ステージで歌うまゆ、みんなから喝さいを浴びているまゆが本当に本当に好きなんだ。
プロデューサーは最初のファンだ、なんてよく言うけど、これからは本当の意味でアイドル・佐久間まゆのファンになれると思うと嬉しいよ」

まゆ「そんな、なんでそんなこと…」ウルウル

P「まゆには才能がある。どこでだって、誰とだって成功できるよ。ずっと応援しているよ。それじゃあな」スタスタ

まゆ「待って、待って下さい!Pさん!」ブワッ

P(これでいい、これでいいんだ…)スタスタスタ


10: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:11:35.27 ID:dy7MQtqa0

 ※ ※ ※ ※

P(俺は新しい担当が決まるまで、色々なPの手伝いをすることになった)

P(まゆも新しいプロデューサーの元リスタートを切った。しかし……)

P(あれ以来、アイドル佐久間まゆは下降線を辿っている。いまいち無気力なアクトが観客にも伝播しているのか評判が上がらず、仕事も減ってきているようだ)

P(きっと新体制に慣れずにいるだけだ。そのうち調子をあげてくるさ。そうに違いないんだ)

P(俺は間違っていない。あれで良かったんだ…)

11: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:12:45.90 ID:dy7MQtqa0

 ※ ※ ※ ※

P(今日はCoPさんの仕事を手伝いに現場に来ている)

P(今日はCoPさんが手がけるユニット、新田美波ちゃんとアナスタシアちゃんの“ラブライカ”のイベントなのだが…)


 【ステージ】

司会者「聞いていただきましたのは、新曲『Memories』でしたー!」

美波「ありがとうございました!」

アーニャ「スパシーバ!!」

\ワアアアアア!!!!/\ウオオオ!!/\キャー!!/\イイゾ~コレ/

12: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:14:14.12 ID:dy7MQtqa0

司会者「素晴らしい新曲でしたけれども、レコーディングなどで苦労された点などはあるんですか?」

美波「苦労…そうですね。今回は海外でレコーディングをしたのですが、生活の面でまずは慣れるまで大変でしたね。ね?アーニャちゃん」

アーニャ「ンー、私はずっと、楽しかったです!3か月間、ミナミと共同生活…最高でした!」

司会者「あら」

アーニャ「小さいアパートだったので、ふたりで一緒のベッドで寝たんですよ」フンスフンス

司会者「あらあら」

美波「ちょっ、アーニャちゃん///」

アーニャ「ミナミ、実は寂しがり屋さんです!だから夜になると――」

美波「ちょほんとに!本当にそれ以上はダメーっ!///」アタフタ

司会者「あら~あら、あら^~」


13: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:15:18.43 ID:dy7MQtqa0

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

P「ちょっと、マズイですよ!いや本当にこれスキャンダルになるんじゃ――」

CoP「お前ノンケかよぉ!(驚愕)いいから客席のバイブス見てみろホイ」


\あら^~いいですわゾ~これ/\尊い/\新田ーニャは世界の真実、はっきりわかんだね/\バリタチアーニャ流行らせコラ!/


P「ファ!?」

CoP「これが現実。はっきり分かんだね」

P「はあ」

P「…こういうのもあるのか。なるほどなあ」


14: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:16:02.92 ID:dy7MQtqa0

 ※ ※ ※ ※

みく「もう解散にゃ!これからは菜々チャンとやってくから、李衣菜チャンはどこにでも行けばいいにゃ!」

李衣菜「…みくちゃんそれ本気で言ってるの」

みく「…本気で言ってたらもう何年もコンビ組んでないにゃ」

みく李衣菜「「えへへへへへへへ」」

李衣菜「バーイ」

\あら^~/\尊い/\喧嘩ップルいいゾ~これ/\いい百合です/

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

P「…」

P「うーむ」


15: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:16:52.42 ID:dy7MQtqa0

 ※ ※ ※ ※

奏「文香…」

文香「奏さん…」

金本「新井…」

新井「にぃに…」

16: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:17:32.62 ID:dy7MQtqa0
no title

17: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:18:42.47 ID:dy7MQtqa0
no title

18: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:19:27.51 ID:dy7MQtqa0

\ヴォエ!/\かなふみきれい、だいじっこきたない/\出たわね/\すごいですねこれ/

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

P「…」

P「…こ、」

P「これだああああ!!!!」ガバッ

P「ウオオオオおおおおおおおおお!!!!!!」カキカキカキカキカキーッッ!!


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 00:19:47.08 ID:A3P9R71Zo
だいじっこで大草原や

20: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:20:46.73 ID:dy7MQtqa0

 ~勝ち取りたいものもない無欲なバカにはなれない。君はそれでいいんだよ♪~

 ~ヒリヒリと生き様を、そのために死ねる何かを、この時代に♪~

P「叩きつけてやれッッ!!」辞表ドンッッ!!

常務「ファ!?」


21: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:21:59.11 ID:dy7MQtqa0

 【空港】

まゆ「Pさんっ!待って…待ってっ!!」

P「…まゆ」

まゆ「Pさんが事務所を辞めたって…それで…」ハアハア

まゆ「…Pさんは、もうまゆのことはどうでもいいんですか…?」ウルウル


22: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:22:31.74 ID:dy7MQtqa0

P「…」

P「…違う、そうじゃないんだ」

P「俺がダメなんだ。今の俺はまゆの隣に立つのに相応しくない」

まゆ「そんなことないです!まゆはどんなPさんでも――」

P「それがダメなんだ!」

まゆ「!」ビクッ

P「…まゆはアイドルなんだ。特別な、選ばれた女の子で、俺みたいなボンクラに合わせてるようじゃダメなんだ。
そんなのはくだらない、どうしようもない堕落なんだよ」

まゆ「堕落でもいいです!まゆはPさんと一緒にいたいんです!だから――」


23: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:23:38.78 ID:dy7MQtqa0

P「俺はイヤだね」

まゆ「!」ガーン

P「俺はステージの上でキラキラ輝いているまゆが、世界でいちばん好きなんだ。
スポットライトを浴びているまゆを『この子、超かわいいでしょ』ってみんなに自慢したいんだ」

P「そんなまゆのきらめきを損ねてしまうのが他ならぬ俺だなんて、耐えられない。最悪だ。

…だから今は、さよならだ」

まゆ「そんな…Pさんがいないんじゃ、アイドルなんて――」

P「それはダメだ」

まゆ「!!」

P「まゆはアイドルを続けないとダメだ。

――はっきり言ってしまえば…。俺はアイドルじゃないまゆに興味はない」

まゆ「そんなの…、そんな言い方はズルいですよ…。そんな風に言われたら、まゆはひとりでアイドルを続けるしかないじゃないですか…」


24: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:24:29.18 ID:dy7MQtqa0

P「ああ、俺は卑怯なことを言っている。まゆにアイドルを続けてほしいってのも俺のエゴだ。
でもこれが最後だ。まゆに俺のエゴを押し付けるのはこれで最後にする」

まゆ「え…」

P「帰ってくるよ」

P「まゆの隣に立つのに相応しい男に、いや、人間になって帰ってくる。絶対にだ。
だからどうか、少しの間待っていてほしい。

…そろそろ時間だな。それじゃ、行くよ」

まゆ「待ってください!」

P「…」

まゆ「最後に、どこに行くかだけ、教えて下さい!お願い…っ!」ウルウル

P「…」


25: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:25:15.31 ID:dy7MQtqa0







P「モロッコ」









26: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:26:10.87 ID:dy7MQtqa0

 ~1年後~

ちひろ『本拠地、埼玉スーパーアリーナで迎えたプロダクション合同ライブに参加した佐久間まゆ

歌唱に覇気はなく、ダンスも勢いを見せず惨敗だった

アリーナに響くファンのため息、どこからか聞こえる「まゆちゃん終わったな」の声

無言でうつむく星輝子と森久保乃々に挟まれ、昨年のCu首位アイドル佐久間まゆは最後尾席で泣いていた

第六回総選挙で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より愛するプロデューサー・・・

それを今の346プロで得ることは不可能と言ってよかった

「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた』


まゆ「うぅ…」シクシク

まゆ(Pさん…いつになったら戻ってきてくれるんですか…。もうこれ以上は頑張れない…)シクシク

乃々「…」

輝子「まゆさん…」


27: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:26:56.24 ID:dy7MQtqa0

 【ステージ】

トライアドプリムス「「「みんなー!ありがとー!!」」」

 \ワアアアアア!!!!/

凛「私たちの出番はここまで、次は大型新人のステージだよ」

奈緒「久々にすごいのが出てきたって感じだよ。期待しておけよな!」

加蓮「それじゃあ、張り切ってどうぞ!」

 \ウオオオオオオオオオオオオ!!/

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


29: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:27:37.80 ID:dy7MQtqa0

輝子「新人…?」

乃々「私も詳しくは知らないですけど、Coの大型新人が今日お披露目らしいです…。あっホラ来ましたよ」

輝子「フヒ…確かに大型だな。背が高い」

乃々「三船さん川島さんくらいには歳もいってるって話ですけど。…まゆさん?」

輝子「まゆさん…どうした…?」

まゆ「…」カタカタ

まゆ「…あれは」ワナワナ

30: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:28:20.62 ID:dy7MQtqa0








まゆ「……Pさん?」










31: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:29:20.74 ID:dy7MQtqa0

 【ステージ】

??「…」ツカツカツカ

??「…」ツカツカツカツカ

??「…」ピタ

??「…皆さん、初めまして」スポットライトカッ!!


33: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:30:02.80 ID:dy7MQtqa0










P子「新人アイドル、P子です。よろしく♪」












35: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:31:12.90 ID:dy7MQtqa0


 \うおおおおお!!/\ガンバレー/\いいぞー!!/

P子「それでは聞いて下さい。“チュチュ・バレリーナ”」

 \ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!/




https://www.youtube.com/watch?v=v8m8De09XVo



36: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:32:24.85 ID:dy7MQtqa0

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

P子「……」ジャーン…

「「「「……」」」」シーン

「「「「……っ!!」」」」カッ

\うおおおおおおおお!!/\P子最高オオオオオオオオゥ!!/\いいゾ~これ/\わああああああああ!!!パチパチパチ/


P子「ありがとうございましたー!!」キラキラ


37: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:33:36.04 ID:dy7MQtqa0

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


輝子「」

乃々「」

まゆ「…」

まゆ「…」ブワッ

輝子「!」

乃々「まゆさん…」

まゆ「Pさん……。約束通り、帰ってきてくれたんですね……Pさん……ッ」グシッグシッ

輝子「ええ…(困惑)」

乃々(いいんだ…)


38: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:34:23.56 ID:dy7MQtqa0

 【ステージ】

P子「皆さん、今日は私ひとりで歌いましたが……。この曲は、ユニットのためのものです」


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


まゆ「!」


39: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:35:23.62 ID:dy7MQtqa0

 【ステージ】

P子「この曲をもっともっと輝かせるためには、パートナの力が必要なんです」

P子「私と共にステージに立つパートナーを、皆さんに紹介します」

P子「私のパートナー…佐久間まゆ!カモン!!」

\\\\ギャアアアああああああああああああああ!!!!////ボルテージマックス!!


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


輝子「ほら、まゆさん」

乃々「出番ですよ」ソ…

まゆ「輝子ちゃん、乃々ちゃん…」

まゆ「…」コクリ

まゆ「…っ」ツカツカツカ

ちひろ『星輝子と森久保乃々に背中を押されて、ステージへと歩く佐久間まゆ。その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった。

……そして――』


40: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:36:15.65 ID:dy7MQtqa0

 【ステージ】

P子「お待たせ、まゆ。これからは私が隣でまゆを輝かせる。だから――」

P子「あなたが私を輝かせて」


\ひゅーひゅー!!/\なんだこれは、たまげたなあ…/\公開プロポーズとは、やりますねぇ!/\まあ、悪くないかな/


まゆ「…」


41: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:36:53.51 ID:dy7MQtqa0












まゆ「……――はいっ!」キラキラ














42: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:37:34.28 ID:dy7MQtqa0





ちひろ『――輝く笑顔のまゆちゃんがステージで発見され、吉村と村田は病院で静かに息を引き取ったとさ。おしまい♪』




43: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:38:57.60 ID:dy7MQtqa0

 ~10年後~

「P子さん、私、普通の女の子に戻ります」

「……そっか。私としてはまだまだイケると思うけど……それも良しだ。今まで本当にお疲れ様」

「P子さんこそ。本当に、今までありがとうございました」

「私はプロデューサー専業に戻るけど、まゆはどうするの?しばらくのんびりすればいい」

「――私は……。

 私はやりたいことができました」

「……そうか。それはいい。それは私が聞いても……?」

「――10年前はPさんが頑張ってくれましたから」

「……今度は、まゆの番ですよぉ」


44: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:39:58.78 ID:dy7MQtqa0

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

『――宮城第2区、無所属新人、佐久間まゆさんの政見放送です』





まゆ「24条、改正です」

まゆ「うふっ♥」


 完


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 00:40:11.96 ID:VZlyPZsFo
唐突なだいじっこで顔中草まみれや
遡ってコンマ2桁見直したわ

46: ◆VhqghgShXs 2017/07/01(土) 00:42:00.47 ID:dy7MQtqa0

 Thank you for reading.

 子曰く「恋なんていわばエゴとエゴのシーソーゲームYeah」

 上のアイカツ動画は出典明記の義務みたいなアレです
ダンシングディーヴァはいいぞ。アイカツ!130話「ユニットの魔法」見ろ。義務を果たせ

 じゃあの

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 00:43:02.94 ID:VZlyPZsFo
シーソーゲーム・・・野獣と化して・・・あっ・・・ふーん(察し)

スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498834916/