1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:13:06.932 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―ある日のエンジェル喫茶―

マスター(今日は休日で絶好の営業日和……とはいかず、私の喫茶店は閑散としていた)

マスター(しかし、誰も居ないというわけではなく、一人のお客さんはいた……)

マスター(彼女は月乃瀬君……ここで働く天真君の友人で、この店の常連客だ)

マスター(私のコーヒーの数少ない理解者で、私のコーヒーを飲むたびに美味しいと笑顔を見せてくれる天使が、

コーヒーに手を付けずに暗く落ち込んでいる)

マスター(力になりたい……いや、力にならねば!)スタスタ

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:14:09.533 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「どうかしたのかい……何か悩み事かい?」

ヴィーネ「え…………えっと……その……」ドヨーン

マスター「もし、よかったら私が相談に乗るよ?」

ヴィーネ「…………実は」

ヴィーネ「ガヴがやりこんでいたゲームのデータを消してしまったんです……」

ヴィーネ「わざとじゃなかったんです……ガヴの部屋の掃除をしているときに、ゲーム機に掃除機をぶつけてしまって……」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:15:14.138 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「それは災難だったね……」

ヴィーネ「彼女は相当怒っていて、昨日からずっと口を聞いてくれないんです……」ズーン

マスター「うーん、結構深刻な問題だね……」

ヴィーネ「このままガヴと喧嘩したままで、疎遠になったら……」ジワッ

マスター「だ、大丈夫とは思うよ! 天真君も冷静になれば許してくれるよ!」アセアセ

ヴィーネ「だといいんですが……」

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:16:21.436 ID:qhL90R3q0NIKU.net
 テーンシノハネヒーローゲテー♪ ミーライニーシュクフークーヲー↓♪ アーハッハ


ヴィーネ「……! ガヴからだ!」ピッ

ヴィーネ「もしもし……ガヴ?」

ガヴリール『ヴィーネ……あの…………今日一日、無視してごめん……』

ガヴリール『わざわざ、掃除してくれたのに……たかだが、ゲームのことで怒ってしまって……』

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:17:08.253 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ヴィーネ「ううん、いいのよ……私こそごめんね、大切なゲームデータを消してしまって……」

ガヴリール『ヴィーネが謝ることないよ……お詫びに一緒に晩御飯食べに行かない? 奢るからさ』

ヴィーネ「分かったわ! じゃあ、あなたの家に今から行くわね」

ガヴリール『待ってるよ、ヴィーネ』ピッ

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:18:48.490 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ヴィーネ「マスターさん」

ヴィーネ「ご相談にのってくれてありがとうございました」ペコッ

マスター「いや、いいんだよ。解決して良かったね」

ヴィーネ「はい! ……そろそろ、ガヴの所に行きますね! また来ます!」カランカラン タッタッタ

マスター「月乃瀬君、いってらっしゃい」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:20:01.831 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―別の日 エンジェル喫茶―

ヴィーネ「はあ……」

マスター「どうしたんだい、月乃瀬君? 悩み事なら相談に乗るよ」

ヴィーネ「……実は私はガヴのことが前から……その……気になっていて……」

マスター「それは……月乃瀬君は天真君のことが好きなのかい?」

ヴィーネ「……///」コクン

ヴィーネ「でも、彼女が私のことを、どう思っているかは分からないんです……」ズーン

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:20:42.992 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター(天真君は月乃瀬君のことよく話すから、良い印象はあると思うんだけどな…‥‥)

マスター「うーん、天真君にアピールしてみたらどうかな? それで反応を確かめるとか」

ヴィーネ「アピールですか…‥やってみますね」スクッ

マスター「頑張ってね、月乃瀬君」

ヴィーネ「はい! ありがとうございました。また来ますね」カランカラン スタスタ

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:22:38.409 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―とある日のエンジェル喫茶―

ヴィーネ「………………」ズーーーーーーーーン

マスター(今日の月乃瀬君はどうしたのだろう……すごい落ち込みようだ……)

マスター(こんな時こそ力にならねば……!)スタスタ

マスター「どうしたんだい、月乃瀬君。何か悩みが……」

ヴィーネ「マスター……さん……」グスッ

マスター「本当にどうしたの!?」

ヴィーネ「ガヴが……私に……!」ポロポロ

マスター「お、落ち着いて! 月乃瀬君!」アタフタ

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:23:49.475 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―数分後―

マスター「では、落ち着いたようだし、何があったか話してくれるかね?」

ヴィーネ「はい……実は今日ガヴに告白されたんです」

マスター「おお!! それは良かったじゃないか!!」

ヴィーネ「でも、その時に嬉しすぎて混乱してしまって……」


ガヴリール『ヴィーネのことが前から好きです。私と付き合ってください!』

ヴィーネ『あ、あなたとはただの友達だから! 恋愛感情なんて一切ないから!』


ヴィーネ「……って言ってしまったんです」ズーン

マスター「ええ……」

ヴィーネ「せっかく、両想いになれたのに……! なんて馬鹿なことを……」ドヨーン

マスター(月乃瀬君は本番では緊張するタイプなのだろうか……?)

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:25:02.513 ID:qhL90R3q0NIKU.net
カランカラーン

マスター「ちょっと、お客さんが来たから離れるよ」スタスタ

ヴィーネ「はい……」

マスター「いらっしゃいませー……て、天真君!? どうしたんだい!?」

ガヴリール「マスター……ヴィーネが私に……」グスッ

ヴィーネ(ガヴ!? なんでここに!?)サッ

ガヴリール「ヴィーネに『あなたとはずっとこのまま友達でいましょう』って言われた……」ポロポロ

ヴィーネ(そんなこと言って……! 言ったわね……)ズーン

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:28:44.305 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「大丈夫だよ! 月乃瀬君はおっちょこちょいなだけで、嬉しすぎて混乱しただけだから本心じゃないよ!」

ガヴリール「でも……勇気だして告白したのに……あんなこと言われたら……」グスッ

ヴィーネ「!!」

マスター「月乃瀬君は君のことを『ガヴ!!』」

ガヴリール「ヴィ、ヴィーネ!? なんでここにいるの!?」

ヴィーネ「ガヴ……私の話を聞いてくれる?」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……うん」グッ

マスター(お邪魔だろうから奥に引っ込んでおこう)ソソクサ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:30:01.879 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ヴィーネ「私ね……今日、ガヴに告白されて嬉しかった」

ガヴリール「!!」

ヴィーネ「とても嬉しくて……変なことを言ってしまったけど……この気持ちに偽りはないわ」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……信じられない」

ヴィーネ「え?」

ガヴリール「ヴィーネのこと信じられないから……私を信じさせて」ジッ

ヴィーネ「!」

ヴィーネ「分かったわ…………ガヴ」

ガヴリール「……」ドキドキ

ヴィーネ「……」スーハー グッ

ヴィーネ「あなたのことが前から好きです。私と付き合ってくれませんか?」

ガヴリール「……はい、喜んで」ポロポロ

ヴィーネ「ごめんね、ガヴ……大好きだよ……」ギュウ

ガヴリール「私もだよ……」ギュゥゥゥ

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:31:08.414 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―数分後―

マスター「天真君よかったじゃないか、月乃瀬君と付き合うことができて!」

ガヴリール「ええ……まあ……///」カアア

ヴィーネ「ふふ……これもマスターさんのお陰です♪」

マスター「僕は何もしていないよ。君たちが自ら行動したからだよ」

ヴィーネ「……そうですね!」

マスター「そうだ! お祝いにコーヒーを淹れるからちょっと待っててね!」コポコポ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:31:57.499 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「……はい、どうぞ」スッ

ヴィーネ「ありがとうございます……うん、いつ飲んでも美味しいですね!」ニコッ

マスター「それはよかったよ。天真君はどうだい?」

ガヴリール「……」ズズズ

ガヴリール「やっぱり、味は分からないです」

ヴィーネ「もう、ガヴったら」クスッ



ガヴリール「……ヴィーネ、そろそろ帰ろうか。時間も遅いし」

ヴィーネ「ええ、そうね。マスターさん、また来ますね!」ギュッ

ガヴリール「!……マスター次のバイトで」ギュッ スタスタ

カランカラン

マスター「うん、二人共幸せにね」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:33:58.630 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―月日は流れて卒業式の後―

ヴィーネ「マスターさん、居ますか?」カランカラン

マスター「おお! 二人共、今日は卒業式だったよね? どうだった?」

ガヴリール「まあ、ぶっちゃけ怠い行事でしたね」

ヴィーネ「もう! そんなこと言わないの!」

マスター「ははは……で、今日はどうしたんだい?」

ヴィーネ「はい、私達は卒業したらすぐに、引越ししないといけないんです」

ヴィーネ「ここから、遠い所に住むので……お別れの挨拶をしに来ました」

マスター「おお、そうかい……ん? 二人共引っ越すのかい?」

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:35:00.348 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ガヴリール「ヴィーネと同じところに行くんで、同棲することにしました」

マスター「へえ……結構、二人の関係は進んでいるねえ」ニコニコ

ヴィーネ「まあ、今までも半同棲みたいなものでしたから///」アハハ

ガヴリール「……///」

マスター「ふふふ……せっかく来たんだしコーヒーはどうかい?」

ヴィーネ「あっ! では頂きます!」

ガヴリール「……私ももらっていっすか?」

マスター「もちろん構わないよ」コポコポ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:37:53.435 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「はい、どうぞ」スッ

ヴィーネ「……美味しいです! これから先はマスターさんのコーヒーが、あんまり飲めなくなると思うと少し寂しいですね……」

マスター「そうだねえ……まあ、こっちに来た時に、ここに寄ってくれたら嬉しいね」

ヴィーネ「はい! もちろんそうします!」

ガヴリール「……」ズズズ

ガヴリール「……まあまあですね」

マスター「……! よかった、少しは僕のコーヒーを美味しいと思ってくれるようになって」ニコニコ

ヴィーネ「うふふ……」クスッ

ガヴリール「じゃあ、ヴィーネそろそろ行こうか」ガタッ

ヴィーネ「ええ、そうね」ガタッ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:44:35.472 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ヴィーネ「ではマスターさん、またどこかで……」

マスター「うん、月乃瀬君たちもね……」

ガヴリール「マスター」

マスター「? どうしたんだい?」

ガヴリール「今まで、雇ってくれてありがとうございました」ペコッ

マスター「こちらもバイトに来てくれてありがとね」

ガヴリール「では……さようなら」スタスタ

カランカラーン

マスター「二人共……元気でね……」

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:45:48.259 ID:qhL90R3q0NIKU.net
―数年後 エンジェル喫茶―

カランカラーン

マスター「いらっしゃいませ……おお! 天真君達、久しぶりだね!」

ヴィーネ「マスターさんもお元気そうで何よりです」ペコッ

ガヴリール「マスターお久しぶりです」ペコッ

マスター「今日はどうしたんだい? 何かの用事があるのかい?」

ヴィーネ「同級生の友達と後輩に久々に会うんです♪」

ガヴリール「で、時間があるからここに寄りました」

マスター「それは嬉しいね……おや、月乃瀬君その薬指にはめているものは、もしかして……」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:47:07.608 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ヴィーネ「あっ、気づきましたか? 私達、最近結婚したんですよ♪」

ガヴリール「マスターを呼びたかったけど、特殊な場所(天界)で披露宴を行ったんで……すいません」

マスター「いや、いいんだよ。こうして顔を見せてくれただけで嬉しいからね」ニコ

ヴィーネ「それで私は天真=ヴィネット=ホワイトになりました!」

マスター「じゃあ、天真君とヴィネット君……時間があるならコーヒーでもどうだい?」

ヴィーネ「では、いただきます」

ガヴリール「私もお願いしますね」

マスター「ちょっと、待っててね」コポコポ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:48:20.338 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター「どうぞ」スッ

ヴィーネ「……」ズズズ

ヴィーネ「やっぱり、マスターさんの淹れるコーヒーは美味しいです」ニコッ

マスター「私も腕をあげたからねえ……天真君はどうだい?」

ガヴリール「……」ズズズ

ガヴリール「……マスター」


ガヴリール「マスターの淹れるコーヒーはやっぱり美味しいです」ニコッ


マスター「!!」

マスター(月日が経つのは早いもんだねえ……)

ガヴリール「さあ、ヴィーネ。そろそろ、行こうか」ガタッ

ヴィーネ「そうね、サターニャとラフィ、タプちゃんとあの悪魔の子が待っているわ」

マスター「また来てね……ずっと待っているから」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:49:50.021 ID:qhL90R3q0NIKU.net
ガヴリール「……あ、そうだ。マスター最後にこれを」スッ

マスター「これは……綺麗な羽だね。何の羽なんだい?」


ガヴリール「天使の羽です」


マスター「そうか……これは……美しいね。ずっと大事にするよ」

ガヴリール「ええ、大事にしてください。それはどこに行っても、手に入らない貴重な物ですから」

ヴィーネ「では、私達そろそろ行きますね……マスターさん! またどこかで!」ペコッ

マスター「うん……元気でね」

ガヴリール「ではマスター……今までありがとうございました」ペコッ

マスター「うん…………うん!」

ガヴリール「さあ、行こうかヴィーネ」ギュッ

ヴィーネ「ええ……行きましょう、ガヴ!」ギュッ スタスタ



カランカラーン

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:51:04.196 ID:qhL90R3q0NIKU.net
マスター(彼女たちはお互いに固く手を握り、眩い光の中へと消えていった)

マスター(そうか……彼女たちはいつの間にか成長したのか……早いものだね)

マスター(これから先、多くの困難が待ち受けているだろうが、彼女達ならきっと大丈夫だろう)

マスター(もし、辛くなったらここに来ればいい……ずっと待っているからね)


―――エンジェル喫茶 本日も営業中

 

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/29(木) 23:53:03.786 ID:qhL90R3q0NIKU.net
終わり
原作は高校卒業で終わりそう

スレURL:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1498745586/