スレURL:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1498062478/

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:27:58.818 ID:6PtjpmEh0.net
女「届かない…んーっ!」

男「大丈夫? よっと…」

女「ありがとうございます!」

男「うん。また何かあったら声かけてよ」

女「は、はい…///」

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:31:14.476 ID:6PtjpmEh0.net
女「や、やめてください…」

DQN「遊ぼうよ~!可愛いね~!」

女「ほんと困るんで…」

DQN「こっちおいでよ~!」

女「いやっ!」

男「嫌がってるだろ」ガシッ

DQN「あ?なんだてめえ」

男「この子の彼氏だよ」

DQN「チッ…クソが…」

女「あ…男くん…」

男「大丈夫?怪我はない?」

女「はい!大丈夫です…!」

男「それなら良かった」

女「また…助けてくれて…ありがとうございます…」

男「タメ口でいいよ。同い年なんだから」

女「うっ、うん…!///」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:33:23.840 ID:6PtjpmEh0.net
女「あ、男くん! おはよう!」

男「おはよ」ニコッ

女「…♡」

女友「ちょっと、彼氏~?」

女「違うって~…♡」

女友「いい感じじゃない。告白しないの?」

女「うーん…♡」

女友「イケメンじゃん!お似合いだよ!」

女「えぇ~?♡」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:36:23.873 ID:6PtjpmEh0.net
男「あー…マジでエロいな、あの女…」

男「ヤりてえ…」

男「絶対落としてやる…」

男「毎日ストーカーして、助けたんだ」

男「そろそろ告白してくる頃だろう」


女「ねえ、男くん…///」

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:38:38.821 ID:6PtjpmEh0.net
男「あー、そうなんだ。ありがとう」

女「うん…/// だ、だめかな…? ///」

男「もちろんOKだよ」

女「…! ほ、ほんと!?」

男「ああ。僕も好きだったんだ」

女「嬉しい…!」ポロポロ

男「はは。泣かないでよ」ナデナデ

女「うう…/// 好き…♡」

男「あはは…」

男(チョロすぎワロタ)

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:42:39.091 ID:6PtjpmEh0.net
男「ごめんごめん。待った?」

女「うん。1時間くらい」

男「えっ!? 待ち合わせ時間合ってるよね?」

女「あはは。楽しみで早く来ちゃったの♡」

男「そっか…! 連絡してくれれば良かったのに…」

女「さ、行こう行こう♪」

男「うん!」

男(早くホテル行きてえ…)

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:46:02.429 ID:6PtjpmEh0.net
女「いいの? お会計…」

男「ああ。彼氏が払うモンだろ?」

女「ありがとう///」

男「さっき見てたバッグも買ったあげようか?」

女「えっ、いいの!?」

男「ああ」

男(女を落とす為にバイトしてきたんだ…! ここで猛アピールだぜ…!)


女「ありがとう…嬉しい…♡ 大事にするね♡」

男「そう言ってくれると僕も嬉しいよ」

女「男くん…///」

男(この流れ…行ける…!)

男「じゃあ、こっち来て?」ギュッ

女「嫌」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:49:44.838 ID:6PtjpmEh0.net
男「…え?」

女「まだ初デートだし…早いかなって」

男「あー、うん。そうだよね」

女「今日はここで。楽しかったよ!」

男「あー…うんうん。さよなら」

女「ばいばい!」


男「…」

男「……」

男「は?」

男「この流れで帰るか普通?」

男「あーむしゃくしゃする!」

男「帰って抜いて寝よう」

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:52:38.936 ID:6PtjpmEh0.net
男「……ふう」

男「よく考えたら初デートだしな」

男「女が拒否するのも無理ないわ」

男「多分経験ないんだろうなぁ…」

男「俺好みに調教してやるぜ…!」

男「あ、LINE無視してたけど返さないと」

男「!?」

男「女からめっちゃLINE来てる…」

男「生きてるよっと…」カチカチ

男「心配性なのかな?」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:56:44.412 ID:6PtjpmEh0.net
男「今日は俺の家でゲーム(大嘘)ってことで家デートだ」

男「経験上、100%ヤレる。そういう流れになるから」

男「早くあのデカ乳揉みしだきてえ…」

ピンポ-ン

男「…!」ガチャ

女「こんにちは♡」

男「まあ上がってよ」

女「お邪魔しまーす」


ーー

女「え?ゲーム壊れちゃったの?」

男「うん。ごめんね」

女「そっか…じゃあ…」

男「…!」

女「男くんの卒アル見たい!」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 01:59:40.821 ID:6PtjpmEh0.net
男「…」

女「あ、男くんいたー!」

男「うん」

女「カッコいいねー!変わらない!」

男(落ち着け…大丈夫だ。まだヤレる…)

女「ねえ、この女の子と一緒に写ってる写真多くない?」

男「ああ、付き合ってたからね」

女「…」

女「ふーん…」

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:04:35.728 ID:6PtjpmEh0.net
男(なんか機嫌悪くなった…?)

女「可愛い子だね」

男「まあ、そうだな」

女「どれくらい付き合ってたの?」

男「2年くらい」

女「…」

女「へえ」

男「…?」

女「ラブラブだったんだ」

男「まあ…毎日一緒にいて…」

女「もういい!」

男「!?」

女「ぁ……ごめん」

男「う、うん」

女「今は」

女「連絡取ってないんだよね?」

男「ま、まったく取ってないです」

女「そっか…♪」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:08:44.674 ID:6PtjpmEh0.net
女「ぁ…なにこれ…」

男「あっ、エロ本」

女「……最低」

男「あはは。ごめんごめん!」

女「男くんはそういうの見ないと思ってた」

男「えっ!?」

女「こういうモノ見て、するんだ?」

男「ま、まあ…うん…」

女「そっか…ふーん…」

女「男くんもこういうの見るのか…」

男「いや、健全な男子は全員見ると思うよ?」

女「男くんは違うと思ってたの!」

男「!?」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:11:57.533 ID:6PtjpmEh0.net
女「これ捨てていい?」

男「えっ」

女「彼女としてのお願い♡」

男「わ、分かった」

女「あとネットでえっちな動画も禁止」

男「!?」

女「私以外で興奮しないで。私以外の女の子を一瞬でも好きにならないで」

男「え、いや、ちょ」

女「私は男くんのことしか考えてないよ?他の男子は全員ゴミクズ」

女「だから男くんもそうしてくれるよね?」

男「え…えっと…」

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:16:11.322 ID:6PtjpmEh0.net
女「あ…ごめん…少し言いすぎた…」

男「いいよ」

女「ほ、ほんと…?」

男「ああ」

男「その代わり、女さんとしたい」

女「うん♡ また今度…」

男「いや、今したい」

女「え…? なんで今なの…?」

男「ムラムラするから」

女「わ、私はしてない…」

男「したい…!」

女「きゃっ!や、やめてっ!」

女「男くんはこんなことする人じゃない!」

男「俺だって…興奮するんだよ…!」

女「……私で、興奮してくれてるの?」

男「そうだ!」

女「私…なんかで…? 嘘…ほんとに?」

男「ああ…!」ギュッ

女「男くん…///」ギュッ

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:19:41.222 ID:6PtjpmEh0.net

ーー

女「気持ち良かったよ…♡」

女「最初は痛かったけど…男くんが優しくしてくれたから…♡」

男「ああ、俺もだよ」

女「男くん…好きぃ…♡」

男(デカ乳揉みしだいたから満足だわ…)

男(しばらくキープして適当に別れようかな)

男(ちょっとヤバそうな女だったし…)

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:24:30.378 ID:6PtjpmEh0.net
女「今日はね。お弁当作ってきたんだよ」

男「おお…!すげえ!」

女「いっぱい食べてね♡」

男「美味しい!美味しいよ!」

女「えへへ…/// ありがと…///」

男(こんなに美味しい料理作れるから暫くキープしておいてもいいかなぁ…)

女「折角だからお掃除とかしてもいいかな?」

男「え?」

女「あと洗濯と、アイロン掛けも!」

男「じゃ、じゃあお願いしようかな」

男(家事もできるのか…やっぱり良い子じゃないか?)

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:30:08.731 ID:6PtjpmEh0.net
男「……したい」

女「え、ええ…///」

男「女はしたくないの?」

女「う、うーん…恥ずかしい…///」

男「じゃあ…」

女「私のこと嫌いにならない?」

男「え?」

女「私なんかで興奮してくれてるのかなって…」

男「すごい興奮するよ」

女「う…///」

女「一人で、私以外で、してないんだよね?」

男「う、うん」

女「…」

女「ほんとに?」

男「し、してないよ?」

男(してるに決まってるンゴwww)

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:32:53.954 ID:6PtjpmEh0.net
女「あっ! あっ!あんっ! ///」

男「あぁっ!」ドピュルルルルルルルル

女「あは。いっぱい出た♡」

男「飲んで」

女「え…」

男「嫌?」

女「うん」

男「元カノは美味しそうに飲んでくれたよ」

女「…!」

女「な、飲む。飲ませて」

女「…」ペロッ

女「…っ! ゲホッゲホッ!」

男「大丈夫?」

女「うん…平気…美味しいよ…♡」

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:39:06.159 ID:6PtjpmEh0.net
女「さっき女の子と仲良く話してたよね」

男「え?仲良く…だった?」

女「楽しそうだったもん」

男「あー、ごめんごめん」

女「女の子と必要以上のことは話さないで」

男「は、はぁ?」

女「不安なの」

女「男くんカッコいいしモテるから」

女「それに」

女「他の女とあんまり仲良くなったら、私のこと好きでなくなるんじゃないかって」

女「すごく不安なの」

女「私なんか…ほんと…ゴミ屑だから」

女「男くんには、私が出来ることなんでもしてあげたいの」

女「だから、その、お願い……」

男「う、うん」

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:44:18.319 ID:6PtjpmEh0.net
男(アイツ…俺に女の子と話すなとか言ってるけど自分はどうなんだ?)

男(観察してやる)


キモオタ「あ、あのぅ」

女「…はい?」

キモオタ「今度遊びに…!」

女「遠慮します」   


イケメン「ねえ、女ちゃん」

女「…」

イケメン「今度、食事でもどう?」

女「遠慮します」

イケメン「いいじゃんいいじゃん!」

女「行きません」

イケメン「ちょっと待ってよ…!」ギュッ

女「嫌っ! 触らないで!!!」

イケメン「ご、ごめん…なさい…」

女「最悪…!」タッタッタ

男「ヒエッ…」

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:50:01.857 ID:6PtjpmEh0.net
女「落ちろ…落ちろ…お願い…落ちて…!」ゴシゴシゴシ

男(ブツブツ言いながらずっと手洗ってる…?)

女「最悪…男くんに嫌われちゃう…」

男(いやいや)

女「はぁ…死ねよクソハゲ」

男(いやあいつイケメンでイイ奴だぞ)

女「はぁ…男くん以外の男子はほんとにカス以下」

女「消えればいいのに」


男(もしかして俺…ヤバい女と付き合ってる…?)

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 02:55:05.799 ID:6PtjpmEh0.net
男友「とんでもねえ地雷女で草生えますよ」

男「や、やっぱりそうなのか?」

男友「依存してないとヘラっちゃうヤバい女だわさ」

男「お、俺はただヤりたいだけで…」

男友「顔と体は良くても中身がメンヘラじゃあねえ」

男「そ、そんなにヤバいのか?」

男友「別れようとしたら殺されるだろう」

男「は!?…じゃあ逃げr

男友「逃げたら自殺するだろうよ」

男「ど、どうすればいいんだってばよ」

男友「メンヘラ、依存癖を”治す” これしかねえ」

男「な、治すって…どうやって…」

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:05:15.238 ID:6PtjpmEh0.net
男友「話を聞くにその子は自分に自信がない」

男友「だから束縛して安心したいんだ」

男「なるほど」

男友「あとは、お前が女の影を見せるから余計に不安がってる」

男友「だから弁当作ったり家事したり、お前の要求をぜーんぶ受け入れて」

男友「男くんも私が必要なんだ~♡ 私って必要なんだ~♡ って思ってるクチだ」

男「じゃ、じゃあ、家事は女さんに任せて…」

男友「は?」

男友「全部お前がやるんだよ」

男友「女は必要ねえ!って行動で示せ」

男「え…」

男友「えっちも求めるな。求められても拒否しろ」

男友「すると向こうは男くんに私は必要ないんだ…となる」

男「死ぬじゃん」

男友「だから褒めるんだよ。自信を持たせろ」

男友「女さんが一人で生きてけるように矯正するんだよ、お前が」

男「……やってみる」

男友「んで、めでたくお別れってこった」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:08:45.275 ID:6PtjpmEh0.net
男「なあ、友…ひとつ聞いていいか?」

男友「あ?」

男「なぜそんなにメンヘラに詳しい?」

男友「…」

男友「そりゃあ」

男友「俺がメンヘラだからよ」

男「!?」

男友「ははっ。冗談だ冗談! ワロタw」

男「な、なんだ冗談か」

男友「矯正頑張れよ~!」

男「おう!ありがとな友!」

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:12:17.801 ID:6PtjpmEh0.net
女「え?これ男くんが作ったの?」

男「最近自炊にハマっててさ」

女「…! 美味しい!」

女「男くんって料理できたんだね…」

女「私…必要ないのかな…」

男「そ、そんなことねえよ。 二人で作ろう!」

女「…! うん!」

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:15:17.463 ID:6PtjpmEh0.net
女「家事も男くんがやったの…?」

男「ああ。意外と楽しいよなぁ」

女「…」

女「そか…」

男「そうだ! アイロンのかけかた教えてくれよ!」

男「女のアイロンがけはマジで世界一だからな!」

女「え、そ、そんなぁ…///」

男「頼むよ!師匠!」

女「う、うむ。任せなさい!」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:18:40.638 ID:6PtjpmEh0.net
女「男くん…最近してないよね…?」

男「あー、うん。そうだね」

女「欲求不満じゃない…?」

男「大丈夫だよ」

女「そか…」

男「ん」

女「…///」ムズムズ
 
女「ねえ、男くん…このあとさ…///」

男「ごめん。今日は疲れたんだ」

女「え…ぁ…うん…!分かった…」

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:27:08.895 ID:6PtjpmEh0.net
女「ねえ、男くんさ…一人でしてる…?」

男「してないよ」

女「嘘…!」

男「スマホ見る?」

女「へ、い、いいのっ!?」

男「うん。履歴全部見ていいよ」

男「あとLINEも。女の子とはしてないけどさ」

女「あ…じゃ、じゃあ…」

女「…」

女「……」

女「………」

女「健全…だね…」

男「うん。女に言われた通りにしてる」

女「せ、性欲なくなっちゃった?」

男「そうかもw」

女「ご、ごめんね…一人でしてもいいから…」

女「たまにはえっちなビデオ見てもいいから…!」

女「お願い……今日…したいよ…///」

男「…いいよ♡」

女「あ…♡」

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:32:16.642 ID:6PtjpmEh0.net
男「女ってほんとに可愛いよね」

女「え…///」

男「他の男に奪われないか心配だよ」

女「そ、そんなこと…ない…///」

男「可愛いし、スタイル良いし、お○ぱい大きくて、優しくて、料理上手で家事も得意で…」

女「も、もう!や、やめてよぉ…///」

男「ほんとだって。自信持ちなよ」

女「う…うん…///」

男「ほんとに良い子だ…」ナデナデ
  
女「ぁ…♡」

女「私、こんな風に褒められるの…初めて…」

女「すごく…嬉しい…///」

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:33:43.134 ID:6PtjpmEh0.net
男「え? 女の子と話してもいいの?」

女「うん。男くんは浮気するような人じゃないもんね」

男「そ、そっか」

女「でも、浮気はダメだからね!」

男「もちろん」

女「あとー、

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:42:37.736 ID:6PtjpmEh0.net
女「あとー、私のことを本当に愛してくれてるんだって。分かったから♡」

男「女さん…!」

女友「ねえねえ、ちょっといい?」

女「ん?なに~?」


男友「上手くいったみたいだな?」

男「ああ。友のおかげだよ」

男友「ま、暫くしたら別れればいいさ」

男友「てか、メンヘラ卒業したから別れなくてもいいんじゃねえの?w」

男「別れるわけないだろ」

男「あんなに良い子なのに」

男友「お、そ、そうだな」  


女「ごめん男くん! 今日このあとカラオケ誘われちゃった」

男「男子もいるの?」

女「うん。多分いると思うけど」

男「いつもみたいに断ればいいじゃん」

女「え、でも…」

男「断れよ」

女「わ、分かった…」

男「男子とも必要以上は話さないでくれ」

女「う、うん…?」

女友「うぇい!なに話してんの?」

男「さ、触るなっ!!!」

女友「!?」

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:49:43.028 ID:6PtjpmEh0.net
女友「ありゃ完全にメンヘラ入ってるわ」

女「え…?」

女友「ちょっと前のアンタみたいな感じ」

女「わ、私っ!?」

女友「まあ良かったじゃん。愛してくれてるんだからさ」

女「でも、束縛がほんとにすごくて…」

女友「別れたいの?」

女「…」

女友「言っとくけど、別れ話したら刺されるよ?」

女「えっ!?」

女友「あ、逃げたら自殺するだろうね」

女「そ、そんな…!」

女友「だから治すしかないだろうね。男くんの束縛を」

女「ど、どうやって…?」

女友「なんで束縛するかっていうと、アンタが魅力的すぎるからなのよ」

女友「だからアンタもいっぱい愛してあげなさい」

女友「んで、他の男の影も見せちゃダメ」

女友「ああいうのは不安になったら暴走しちゃうタイプだから」

女「分かった…参考にするね…」

女「友ちゃんってそういうの詳しいんだね…」

女友「あたしがそうだからねw」

女「えっ?」

女友「ま、頑張って。男くんの矯正!」

女「うん! 私、頑張るよ…!」


おわり。

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:50:37.957 ID:8TYYqCOC0.net
共依存

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:54:25.821 ID:/9q8okRd0.net
よくできてるなあ

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/22(木) 03:58:26.987 ID:6PtjpmEh0.net
ほぼほぼ実話です。