スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496890527/

2: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/08(木) 11:57:35.78 ID:g6XhqvLpO
龍田「ふぅ…」

天龍「どうした龍田、ため息なんかついて?」

龍田「あら~、聞こえちゃった?別になんでもないのよ」

天龍「そうか、ため息つくと幸せが逃げるって言うから気を付けろよ」

3: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/08(木) 11:58:25.35 ID:g6XhqvLpO
龍田「ふふ、そうするわ~」

天龍「…よし!今日は可愛い妹の為にこの天龍様が」

天龍「間宮アイスおごってやるぜっ!」

龍田「あら珍しい~、明日は雨かしらね?ふふ♪」

4: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/08(木) 11:59:45.29 ID:g6XhqvLpO
ーーーーーーーーーーーーーー
(執務室)

天龍「ていうことがあってよー」

提督「ほーほー」カキカキ

天龍「なんか最近龍田の様子がおかしくて」

天龍「提督は何か心当たりとかないか?」

提督「ないかなぁ…というか最近は更に」

提督「攻撃性が増してるというか…」

天龍「それは龍田にちょっかい出すからだろ」

5: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/08(木) 12:01:22.68 ID:g6XhqvLpO
提督「いや、最近はちょっかいは出してないんだ」

天龍「なるほどな、さっぱりだな」

提督「だな…」

天龍「…提督、一つ俺にいい考えがあるぜ」

6: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/08(木) 12:02:16.28 ID:g6XhqvLpO
提督「嫌な予感しかしない…がなんだ?」

天龍「龍田の後をコッソリつけて、原因を探すってのはどうだ?」

提督「バレたらヤバイと思うんだが…」

天龍「バレなきゃいいんだよ、楽勝だぜ!」

12: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/09(金) 13:05:05.15 ID:wONIcTQRO
提督「よし、わかった」

提督「やるからには全力でやるぞ」

天龍「そうこなくっちゃな!」

天龍「じゃあいくぜ!」

提督「ああ、…え?いまから?」

13: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/09(金) 13:05:54.59 ID:wONIcTQRO
天龍「当たり前だろ?思い立ったら即日って言うしな」

提督「なんか一文字違うような気が」

天龍「細かいことはいいんだよ、ホラ!」グイッ

提督「ちょ、まっ!」

天龍「いくぜ、抜錨だっ!」

17: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/09(金) 13:41:16.87 ID:wONIcTQRO
天龍「さて、まずは龍田を探さないとな」

提督「部屋にはいないのか?」

天龍「オレの電探が反応してないから今はいないな」

提督「え、なにその機能は」

天龍「細かいことはいいんだよ、とりあえず食堂にでも見に行くか」

提督「そうだな、いなくても誰か知ってるかもな」

18: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/10(土) 21:41:29.54 ID:Bp0nJg9R0
――――――――――――――――――――――――
(食堂)

提督「龍田は・・いないか」チラッ

天龍「ああ」チラッ

提督「ていうかさっき言ってた電探の機能で探せないのか?」

天龍「無理だな、あれは部屋専用だからな」

提督「そうなのか(何で部屋限定なんだ・・?)」

19: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/10(土) 21:42:07.71 ID:Bp0nJg9R0
トテトテトテ・・
巻雲「司令官様たち、なにしてるんですか?」

提督「お、巻雲か」

提督「巻雲は今からご飯か?」

巻雲「いえ、司令官様たちが変な動きをしていたので」

巻雲「気になって声をかけました!」

提督「変なって・・・」

天龍「別に変な事はしてないぞ、龍田のやつを探してるだけだからな」

20: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/10(土) 21:42:37.38 ID:Bp0nJg9R0
提督「そうそう、巻雲は見なかったか?」

巻雲「いえ、見てませんけど」

提督「そうか、ありがとうな」

巻雲「でもなんで龍田さんを探しているのですか?」

提督「それは・・」

天龍「それは龍田の後をつける為だ」

巻雲「・・・え?」

提督「バカッ!違うぞ巻雲、変な意味じゃ」

21: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/10(土) 21:43:17.21 ID:Bp0nJg9R0
巻雲「・・・私、夕雲姉さんに知らせてきます、司令官様がおかしいって!」ダッ

提督「待って巻雲!違うから誤解だから!」

巻雲「夕雲姉さ~ん!司令官様が~!」タッタッタッ

天龍「やっちまったな提督」

提督「やっちまったな、じゃねえよ!後で説明しないと・・」

天龍「まぁ、おかしいのは元からだし大丈夫だろ」

提督「それどういう意味だ!?」

22: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/12(月) 12:31:17.68 ID:iSjRnthOO
天龍「それより次探しにいこーぜ、この調子じゃ日が暮れるぜ」

提督「くっ…そうだな、それなら次は…」

……………………………………………………
………………………………………
……………………………
(青葉の部屋)

青葉「で、青葉の所に来たわけですね」カチャカチャ

提督「そういうことだ、青葉なら知ってると思ってな」

23: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/12(月) 12:32:09.60 ID:iSjRnthOO
天龍「でも提督よぉー、青葉に頼んで大丈夫なのか?」ヒソヒソ

天龍「青葉新聞とかで色々やってるのに」ヒソヒソ

提督「心配するな天龍、青葉は信用出来ないが青葉の情報力は信用できる」ヒソヒソ

青葉「なにやら心無い言葉が聞こえた気がしますが?」クルッ

提督「いや、なんでもない、気にしないでくれ」

24: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/12(月) 12:33:11.52 ID:iSjRnthOO
提督「事情はさっき言った通り龍田を心配してのことなんだ、やましいことはなにもない」

青葉「ふむふむ…そう言うことにしておきましょうか」

青葉「で、その龍田さんの居場所ですが…」

天龍「もうわかったのか?」

青葉「はい、どうやら今は執務室にいるみたいですね」

25: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/13(火) 07:42:05.86 ID:TVzFwGhFO
提督「執務室か、いくぞ天龍」

天龍「おう、ありがとうな青葉!」

ガチャッ バタン

青葉「はーい、お気をつけてー」ニコニコ

青葉「……さてと」プルルル

青葉「あ、もしもし青葉ですぅ~!」

青葉「はい、いまそちらに…」

26: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/13(火) 07:43:15.05 ID:TVzFwGhFO
ーーーーーーーーーーーーーー
(執務室の近く)

提督「よし、後は出てくるのを待つだけだな」コソコソ

天龍「ああ、けどよ何の用があったんだろうな龍田のやつ」コソコソ

提督「それはこの尾行が終わったら聞いてみるか」

天龍「そうだな」
ガチャ

天龍「お、出てきたぜ」

提督「よし、後をつけr」

龍田「あら~?こっちから提督の声が聞こえた気がするわね~」クルッ

提督「!」
天龍「!」

27: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/13(火) 07:44:27.33 ID:TVzFwGhFO
天龍「ばかっ!気づかれたじゃねぇか!」

提督「すまん、というかやばい逃げ道がないぞ!」

提督「こんなことなら"ц"こんな感じの右下に行くんじゃなかった!」

天龍「訳わかんねーこと言ってる場合かよ!」

28: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/13(火) 07:45:10.36 ID:TVzFwGhFO
龍田「あら~?おかしいわね、天龍ちゃんの声も聞こえる気がするわ~」

龍田「まさか、二人きりでイケナイ事でもしてるのかしら~フフフ」コツ コツ コツ

天龍「フフフ…怖い」ガクガク

提督「そっちも言ってる場合か、あれを見ろ!ロッカーがあるぞ!」

天龍「助かった!とにかく入るぞ!」

提督「ああ!」

29: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/15(木) 12:54:16.40 ID:NQLHtNXqO
ガチャッバタンッ

提督「せ、せまい…」

天龍「我慢しろよ、バレたら終わりだからな…」

コツコツコツ…

天龍「来たぞ…」

龍田『あら?確かに提督と天龍ちゃんの声が聞こえた気がけれど』

龍田『気のせいだったかしら~』

30: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/15(木) 12:57:11.62 ID:NQLHtNXqO
天龍(よし、バレてないな)

提督(このままやり過ごすぞ)

龍田『もしかしてこのロッカーの中に隠れてたりして…』

提督(くそっ!ダメか!?)

龍田『なんてね、そんな訳ないわよね~うふふ♪』コツコツコツ…

……
…ガチャ
提督「行ったみたいだな」コソコソ

天龍「ああ」キョロキョロ

提督「ふー、生きた心地がしなかった」グテー

天龍「へっ情けねえな!オレは全然ビビってなかったぜ!」ガクガク

提督「膝笑いながら言われても説得力ないぞ」

31: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/15(木) 12:58:34.38 ID:NQLHtNXqO
天龍「ばっ!ちげーよ!これはあれだ…」

天龍「そう、武士震いってやつだ!」

提督「なんかまた違うような…」

天龍「あーもう!それより龍田を追いかけるぞ!」

提督「了解っと…天龍どうした?」

天龍「…足にうまく力が入らねぇ…」プルプル

32: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/15(木) 13:00:10.36 ID:NQLHtNXqO
提督「仕方がないな、ほら背中に乗れ」

天龍「いいのかよ?お、重いぜオレ…」

提督「艤装フルでつけてる訳でもないだろ、さっさと乗れ」

天龍「お、おう…んっ」スッ

提督「よしいくぞ、道はこっちだな」

提督「動くからしっかり捕まってろよ」

天龍「おう…」ギュッ ムニュ

提督「…」

天龍「どうした?やっぱり重いか?」

33: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 07:53:06.94 ID:6BghrT1dO
提督「い、いや!何でもない!行くぞ!」ダッ!

天龍「お、おい!いきなり動くなァァァァ~…」

…………………………………………
………………………………
……………………

天龍「よし、龍田の奴を見つけたぞ」

龍田「~♪」

提督「よし、このままコッソリいくぞ」

天龍「おう!」

34: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 07:53:55.96 ID:6BghrT1dO
………………………
(演習場)

龍田「~♪」テクテク

提督・天龍「…………」

……………………
(明石の酒保)

明石「いらっしゃいませー!どれにします?」

龍田「そうねぇ~」

提督・天龍「……」

……………………
(大浴場)

龍田「うふふ~♪」

提督・天龍「…」

……………………………………
…………………………
…………………

35: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 08:04:51.52 ID:6BghrT1dO
ーーーーーーーーーーーー
(執務室)

提督「だぁーっ、わからーん」

天龍「オレもだぜ…てか、スゲー疲れた」

提督「一つ言えるのは今日は龍田の機嫌が良かった事かな」

天龍「だなー、鼻歌もよく歌ってたし」

提督「尾行じゃ分からなかったし、また別の方法を考えるか」

天龍「そうだな、んじゃオレはひと足先に帰って休むぜ」

天龍「龍田に今日の事感づかれたらマズイからな」ガチャ

提督「おう、また明日な」

バタン

36: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 08:16:52.08 ID:6BghrT1dO
提督(そういや龍田は昼間、執務室に何でいたんだろ?)

ガチャ

提督「どうした天龍?忘れものk……」ピタッ

龍田「あら~、天龍ちゃんじゃなくてガッカリしたかしら~?」バタン カチャッ

提督「…い、いや、そんなことはないぞ」

提督「それよりどうしたんだこんな時間に」?

37: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 11:50:54.76 ID:6BghrT1dO
龍田「ちょっと提督に用があってね~」スタスタスタ

提督「お、なんだ?」

龍田「…………」スタスタスタ

提督「た、龍田?」

龍田「なぁに?」ニコニコ

提督「その、得物を持ったまま近づかれるのは怖いんだけど…」

龍田「だから言ったじゃない、"用がある"って、ね」スタスタスタ

提督(なんかよくわからんがヤバイ…!)

提督(逃げようにも後ろは壁、今日2回目の危機だ…どうする?!)

38: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 12:08:18.29 ID:6BghrT1dO
龍田「うふふ♪」

提督(もう逃げ場が…)




龍田「は~い、捕まえた~♪」ギュ~ッ

提督「……………え?」

龍田「ん~、落ち着くわ~♪」

提督「あ、あの龍田さん?」

龍田「なぁに?」

提督「これはどういう…?」

龍田「だから言ったじゃない、これがその用よ♪」スリスリ

龍田「だから暫くこうしてるね、あ~幸せ~♪」

提督「あっ、ハイ」

39: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 12:21:35.55 ID:6BghrT1dO
………………………………
……………………
……………

提督「つまり、尾行はバレてたと…」

龍田「そういうことよ」

提督「でもいったいどこからバレてたんだ?」

龍田「そうね~、提督が巻雲ちゃんに逃げられた時ね」

40: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/19(月) 12:22:31.01 ID:6BghrT1dO
龍田「あの後走ってきた巻雲ちゃんにぶつかって教えてもらったの」

龍田「後は青葉ちゃんに頼んで…ってことよ」

提督「なるほどな、つまり最初からってことか」

龍田「そうなるわね~」

提督「で、それはわかったが…」

提督「なんでずっとくっついてるの龍田?」

41: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 02:36:07.42 ID:4CJU23WT0
龍田「あら、まだ気づかないのかしら鈍感さんねぇ~」

提督「いや、だって最近よく・・切られかけるし」

龍田「それはね、私なりの照れ隠しみたいなものよ」

提督「照れ隠しって・・怖いよ!」

龍田「ごめんねぇ~私恥ずかしがり屋だから~、うふふ♪」

龍田「でもね、私とっても嬉しかったのよ」

龍田「天龍ちゃんや提督が、私なんかのためにを心配してくれて」

龍田「だから私も勇気をだしてここに来て・・」

42: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 02:38:02.27 ID:4CJU23WT0
提督「・・・龍田?」

龍田「・・提督、ちゃんと言うわね」

龍田「スゥー・・ハァー・・」

龍田「提督、好きです、ケッコンを前提に私と付き合ってくれますか?」

提督「龍田・・」

提督「こちらこそ、よろしく頼む」

龍田「!」

提督「それと、気づくのが遅くてすまなかったな」

龍田「ほんとっ・・グスッ、遅いわよぉ~・・うぅぅ~・・」

提督「な、泣くなよ!ほら、笑って!」

龍田「グスッ、大丈夫よ、これは嬉し涙だから」

43: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 02:40:12.19 ID:4CJU23WT0
提督「そうかもしれないが、と、とにかく・・」

提督「・・・」ナデナデ

龍田「!・・///」

提督「こ、これでどうだ?」

龍田「そ、そうね~、後・・・後ね」

龍田「提督から抱きしめてくれたら。落ち着くかも・・・///」

提督「こ、こうか?」ギュッ

龍田「・・・・・・・・・///」

提督「龍田?」

龍田「・・うふふふ~♪たまにはされる側になるのも悪くないわね~」

龍田「私いま、と~っても幸せよ♪」

提督「それはこっちも同じ気持ちだな」ナデナデ

44: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 02:41:15.29 ID:4CJU23WT0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(朝です!)

ドタドタバタバタ・・・バァンッ!

天龍「大変だ提督!龍田のやつ・・・・が・・」

提督「んー、どうした天龍、朝から騒いで・・」ムクッ

天龍「お、おま・・・」プルプル

龍田「スー・・・スー・・・」

提督「んー?」ボーッ

天龍「龍田に手ェ出しやがったな-!」シャキーン

提督「ん?んん!?」

45: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 02:44:38.20 ID:4CJU23WT0
提督「待て天龍!話せば分かる!」

天龍「聞く耳持たねぇ!天龍スラーッシュ!」シュッ

提督「うわダサい!じゃなくて危ない!」

提督「ここは逃げるが勝ちか!」ダッ!

天龍「おいこら、待ちやがれ!」ダッダッダ・・!

龍田「・・・」チラッ

龍田「うふふ♪やっぱり天龍ちゃんはおもしろいわね~」

龍田「ごめんね~提督、でもそういう所も大好きよ♪」



【艦これ】天龍「龍田を尾行するぜ」提督「おう」 完

46: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 03:00:56.55 ID:4CJU23WT0
短いですが、ここまでご覧頂きありがとうございます。そして、お目汚し失礼致しました。

天龍型の二人ですが、天龍の印象はオラオラ系の娘で、艤装が特徴的でした。
妹の龍田は、泣きぼくろがありとっても可愛い娘で、同じく艤装が特徴的でした。
この二人はなんと言っても声の掛け合いがいいですね、龍田が姉の天龍をいじっている
やりとりには提督もニッコリする仲の良さです。あと二人の胸部装甲もとてもよいと思います!

長くなってしまいましたが、またSSを書かせて頂く事があるとおもいますので、そのときは
よろしくお願いいたします。もし、なにか『テーマ』等がありましたら書き込んで頂けると
幸いです!それを参考にさせてもらうこともあるかもです!

最後に、レスして頂いた方々ありがとうございます!

それでは
さよなら
さよなら
さよなら

47: ◆HcSYGRWzLE 2017/06/22(木) 03:02:45.33 ID:4CJU23WT0
HTML化依頼をしてきます!

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 04:37:05.82 ID:TAWwNkCTo
海洋艦娘劇場