スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497726211/

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:04:38.36 ID:xfzrFIt50
ピンポーン

P(……ん?誰だこんな朝早くから…となりと間違ってるのかな)

ピンポーン

P(……うぅ、休みの日ぐらいゆっくり寝かせてくれ…私は配達頼んでいませんよ…)

ガチャガチャ

P(おいおい…壊してでも入ってくる気か)

周子「ありゃ、開かないなあ」

P(……周子?)


周子「おーいPさん、起きてるー?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:07:21.28 ID:xfzrFIt50
ガチャ

P「…おはよう」

周子「おはよ~♪いや~ごめんね?こんな時間におしかけちゃって」

P「…まあ今は置いておいて…とりあえず中入れ、見られたらまずい」

周子「それもそうだね、お邪魔しまーす♪」


P「んでなんだ?こんな朝早くから…まだ着替えてすらないのに」

周子「いや~Pさんに会いたくなっちゃって~♪」

P「おーおー嬉しくない」

周子「これでも年頃の女の子なんですけどー!ピチピチの人気アイドルなんですけどー!」

P「自分でピチピチとか言わないの、菜々さんか」

周子「まだお酒は飲めないですー」

P「まだ飲まなくていいよ、俺も飲めないし」

周子「Pさんと二人でオシャレなバーとかいって飲んでみたいんやけどね~」

P「その時は相手してやるよ、コーラでよければ」

周子「えーそこはお酒やない?」

P「誰が送ってくんだ」

周子「そこはー…ほら、タクシーとかで♪」

P「高いし信用ならん」

周子「それって心配してくれてるん?」

P「うっせうっせ、んでなんだよ今日は」

周子「もー誤魔化しちゃって~♪」

P「もう知らねえ」

周子「いやごめんごめん、んーとね?別にほんとに理由はないんよ」

P「マジか」

周子「マジよ、ただ寮にいるのもなーって思ってさ」

P「寮のみんなは…仕事か」

周子「そ、いや~寮暮しじゃない子とかは休みなんやけどね~」

P「そっちとは遊ばないのか?」

周子「んーそれも考えたんだけど~」

P「考えたけど?」


周子「今お金あんま使いたくないんよね~」

P「…だから奢れと?」

周子「えっおごってくれんのやっさしー」

P「この狐娘が」

周子「こーん♪」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:08:52.76 ID:xfzrFIt50
P「…はぁ、どこ行くんだ?と言ってもまず着替えとかしてからだが」

周子「んー特に決めてないかな」

P「ノープラン?」

周子「YES♪」


P「そうか…たまにはドライブでも行くか」

周子「どこに?」

P「適当に海岸線沿い」

周子「じゃそれで♪」

P「着替えるからちょっと待ってな」

周子「付いてく~」

P「ダメ」

周子「ダメ?」

P「ダメ」

周子「どうしても?」

P「ダメ」

周子「今何問目?」

P「…3問目?」

周子「フフ、なんだかんだでノッてくれるよねPさん」

P「芸人魂がな」

周子「Pさん芸人になるん?」

P「プロデューサーだけで勘弁してくれ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:11:32.25 ID:xfzrFIt50
P「よし、行くぞ」

周子「しゅっぱーつ♪」


P「…と言っても最初は見慣れた町並みだな」

周子「んまーね」

P「都会は相変わらず慣れねえわ」

周子「そうなん?」

P「こう…落ち着かないっていうかさ」

周子「あー…分かるかも」

P「だろ?」

周子「あたしも京都人やからね~」

P「最初こっち来た時は都会すげぇ!とかウキウキだったんだがな~」

周子「相変わらず子供っぽいなぁ」

P「少年の心を忘れてないって素敵だろ?」

周子「自分で言うー?」

P「言っちゃダメか?」

周子「ダメじゃなーい」

P「ならいいじゃないか」

周子「でもなんか違うくない?」

P「いいんだよそれで」



P「大分見慣れない町並みになってきたな」

周子「せやね~、は~自然ってやっぱええわ~」

P「おばあちゃんか」

周子「まだピチピチですー」

P「もうそれはいいって」

周子「天丼天丼~…あっストップストップ!あれ食べたいあれ!」

P「ソフトか、なら寄ってくか」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:12:55.57 ID:xfzrFIt50
周子「Pさん何にするー?」

P「周子は?」

周子「んーバニラ!」

P「なら俺チョコで」

周子「…なるほどねーPさんあったまいいー!」

P「じゃあバニラ1つとチョコ1つで」

「はいよー、お二人さん仲良いねぇ」

周子「やっぱそう見えるー?」カチャ

「なっ…周子ちゃん!?」

P「ははは…拡散だけはご勘弁を」

「いやいやまさか…ウチの一家周子ちゃんの大ファンでね、まさか来てくれるとは」

周子「おっほんまにー?タダでくれてもええんやで~?」

P「あんまり図に乗るなって」コツン

周子「あいてっ」

「それぐらいお安いもんさ、その代わりと言っちゃなんだが…」

周子「写真でも撮る?」

「いいのかい?」

周子「いいよ~♪あ、後お店悪い様には書かないからSNS使ってええ?」

「願ってもない…ありがとう周子ちゃん」

周子「ファンサービスファンサービス~♪」

P「良かったな」

周子「あれ、怒らないん?」

P「ま、これぐらいならな」

周子「ならSNSに彼氏とって書いていい?」

P「それは怒る」

周子「分かってる分かってる~♪」

「はいお待たせ」

周子「どうも~♪」パシャ

P「じゃ食べるか」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:14:19.38 ID:xfzrFIt50
周子「うーん美味しい~♪すっごい濃厚!」

P「お、美味いな。ほれチョコも」

周子「おーこっちも丁度いい甘さやね~」

P「確かに、というかTVの影響か知らんがコメントが凝ってるな」

周子「ん?そう?」

P「いいことだよ」

周子「ならいっか」



「また来てくれるかい?」

周子「もっちろん!今度はお友達連れてくるね~」

「いつでも歓迎するよ!」

周子「じゃね~」フリフリ


周子「ここのアイスすっごい美味しかったよ…チョコもバニラもどっちも最高っと…ポチッとな」

P「俺写ってないか?」

周子「んーまあ大丈夫やない?」

P「炎上だけは勘弁してくれよ…」

周子「言ってもファンからもうバレてない?」

P「嘘だろ?」

周子「だってブログとかでいつくっつくんだーとか言われてるもん」

P「流石に冗談だって」

周子「ほんとにそうかな?」

P「アイドル好きな奴は大体そういうの応援しないもんだろ、偏見だけど」

周子「Pさんが言うとなんか変な風に聞こえんね」

P「どういう意味だよ」

周子「なんでもない」

P「そっか」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:16:48.55 ID:xfzrFIt50
P「お、海が見えてきたぞ」

周子「おーキラキラだねぇ~」

P「そうだな…晴れててよかったな」

周子「晴れ女ですから♪」

P「雨が似合うのにか?」

周子「んーなら晴れ雨女?」

P「天候操ってんじゃねえよ」

周子「雨になれー!」

P「やめんか」コツン

周子「あいたー!さっきから殴らんでもええやん!」

P「殴った内に入らんよこれぐらい」

周子「たんこぶできたらどうすんの!」

P「そんなヤワじゃないだろお前さん」

周子「丈夫なのが取り柄ですから!」

P「ならいいじゃないか」

周子「んもーそれとこれとはまた違うのー!」

P「はいはい」

周子「聞いてよー!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:17:31.70 ID:xfzrFIt50
P「着いたな」

周子「あっついね~」

P「あっついな~」

周子「…」

P「…」

P周子「水着があったらな~…」

P「…」

周子「…」

P周子「ふふっ」

P「かぶったな」

周子「かぶったね~」

P「まあでも入るにはちょっと早いか」

周子「せやね~、今年は水着撮るん?」

P「んーまだ分からん」

周子「そっか」

P「着たいなら取ってくるが」

周子「見たい?」

P「見たい」

周子「ならよろしゅーこー♪」

P「任された」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:20:22.23 ID:xfzrFIt50
周子「ちょっとぐらい入る?」ピチャ

P「まあそれぐらいなら」ピチャ

周子「なら……ひゃっ…つべた~」

P「おおう…ひんやりしてますなぁ」

周子「…えいっ!」ピシャ

P「…良くもやったな?おらっ!」シャパッ

周子「そっちこそ!」ピシャ

P「お返し!」シャパッ




P「…濡れたな」

周子「…濡れたね」


P「帰るか」

周子「そうしよそうしよ」


P「送ってくか?」

周子「うん」

P「じゃあ出るぞー」

周子「はいよー」



P「…眠いだろ」

周子「うん…シューコちゃんそろそろ限界~…」

P「…徹夜明けか」

周子「ん~ん~?」

P「まあ寝てきな」

周子「言われなくとも~…」

P「倒していいからな…って倒してるしもう寝たし」

周子「…」スピー


P「…幸せそうな顔しやがって」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 04:25:07.98 ID:xfzrFIt50
お わ り

周子ちゃんとドライブしたい…したくない?あと今度はうしろに千枝ちゃんとか連れていきたいですね…