スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497166287/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:31:27.50 ID:HUskyxoE0
北上「大井っちが……」

提督「大井がどうしたんだ」

北上「↓2」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:33:55.55 ID:Wxesv2yDO
1人おおいんだよ!(双子になっちゃった)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:33:57.91 ID:nsrmT8Iho


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:34:32.43 ID:3xIPAKGxo
菊月に襲われてた

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:45:03.55 ID:HUskyxoE0
北上「菊月に襲われてたんだよ!」

提督「襲われてた? 怒らせたのか?」

北上「事情はよく分かんないけど……とにかく来てよ!」

提督「分かった」

スタタタッ



『大井の部屋の前』


菊月「……」

北上「ほら、大井っちの部屋の前で待機してる」

北上「きっと追い詰められたんだよ」

提督「んー、ここからだと怒ってるかどうか分からないな……」スッ

北上「何する気?」

提督「理由を聞いてくるよ。手っ取り早いだろ」スタスタ

北上「あたしも行く!」スタタタッ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:49:06.54 ID:HUskyxoE0

スタスタ

提督「菊月」

菊月「!」

菊月「司令官か……私に何の用だ?」

提督「北上から聞いたんだが、お前大井を追いかけてるんだってな」

菊月「……」

提督「よければ理由を教えてくれないか」

菊月「↓2」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:50:46.27 ID:L3mRkRCp0
望月を連れ去られたから

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:51:00.00 ID:Ln6ZvNJ3o
一緒にヒップホップで食べていくって約束したんだ

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 16:58:44.72 ID:HUskyxoE0
菊月「……まあ、司令官になら話してもいいな」

提督「その顔、何か重大な事のようだな」

菊月「大井さんと約束したんだよ」


菊月「ヒップホップで一緒に食べて行くって」

提督「……は?」


菊月「なのに、さっきその話をしたら」

菊月「『え? あれ冗談じゃなかったの?』って」

北上(そりゃそう思うよ)

提督「あー……悪いんだが、ヒップホップって」

提督「ラップとかブレイクダンスのことだよな?」

菊月「その通り」

提督「それで食べて行くって、算段はあるのか」

菊月「やってみなきゃ分からないだろう!!」

提督「無いんだな……」

北上(熱い)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:11:36.03 ID:HUskyxoE0
提督「艦娘をやめて挑戦するのか」

菊月「いや……深海棲艦との戦いが終わったらの話だ」

提督「なるほど。それなら文句は…」


大井「あるわよ!!」バンッ

北上「あ、出てきた」


菊月「大井さん! 捕まえたぞ!」ガシッ

大井「しまった……!」

菊月「さあ今から練習をしよう。DJでもダンスでも何でもいいから」

菊月「私たちの夢を叶えるために!!」

大井「だから言ってるでしょ!? あれは冗談かと思ったのよ!」パシッ

菊月「あっ」

スタタタッ

提督「うわ! 俺を盾にするな!」

大井「て、提督からも説得してください! 私は話に乗る気はないの!」コソコソ

提督「けど……話を聞く限りだと、大井が真剣に受けなかったのが悪いような」

大井「ヒップホップで食べていこう、なんて急に言われて信じられます?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:15:02.21 ID:HUskyxoE0
提督「まあそれも一理ある」

菊月「どいてくれ司令官、私たちのビッグドリームを邪魔しないでくれ」

北上(何故英語)

大井「提督! 説得してください!」

提督「……」

提督(これは……どうすればいいんだ)↓2

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:16:14.94 ID:Rk+RM3oEo
ラップで説得

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:16:48.89 ID:yLb/7RVuo
大井は俺と結婚して主婦になるからダメだ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:23:50.94 ID:HUskyxoE0
提督「……菊月……」

提督「お前には申し訳ないんだが、大井のことは諦めて欲しい」

大井「!」

菊月「どうして!? 司令官には関係のないことだろう!」

提督「いやある」


提督「大井は俺と結婚して主婦になるんだ」

大井・北上・菊月「!?」


大井「なっ……!」カァァ…

北上「何言ってんの提督……」

菊月「う、嘘だ! そんなの信じないぞ!」

提督「本当だよ、なあ大井?」

大井「へ?」

提督「俺とお前は将来を誓い合っている。だから菊月の話には乗れない。そうだろ?」

提督(話を合わせろ)ヒソヒソ

大井「!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:31:47.60 ID:HUskyxoE0
大井「え……ええそうよ! 私たちラブラブなの!」ニコッ

提督「もうあんなことやこんなことまでしてるんだぞ」

ギュッ

提督「痛っ」

大井(調子に乗らないでください……!)ヒソヒソ

菊月「……」

菊月「……できる」

大井「?」

菊月「主婦になってもヒップホップはできる!」

菊月「最近は両親共働きという家庭も多い! だから大井さんは主婦兼ヒップホッパーで生きていけばいい!」

北上(すごい肩書きだなぁ)

大井「そんな無茶なことできないわよ!」

菊月「できるさ!」

大井「もー往生際が悪い……!」

大井(提督、助けてください!)ヒソヒソ

提督「そ、そうだな」↓2

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:32:56.42 ID:yLb/7RVuo

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:33:50.70 ID:tr0/vX4Y0
とりあえず菊月のラップ見てみたいな

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:37:39.40 ID:HUskyxoE0
提督「とりあえず、お前のラップを見せてくれないか」

菊月「え?」

提督「熱い気持ちをラップで表現すれば、大井のハートも揺れ動くかもしれない」

大井(絶対に動かない自信があるわ)

菊月「……わ、分かった」コホン

北上(汗すごい。大丈夫なの?)


↓1 コンマ二桁で菊月のラップの完成度

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:38:04.76 ID:pFr+mYwco

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 17:38:50.59 ID:Rk+RM3oEo
とても素晴らしい

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 18:46:30.42 ID:HUskyxoE0
菊月「人に披露するのは初めてだから、上手くいかないかもしれないが」

菊月「聞いてくれ大井さん、私のヒートな気持ちを」

北上「ぶっ!」

提督「こら笑うな」

北上「ご、ごめん……」

菊月「スマホでBGMを流すよ」ピッ


ズン♪ チャッ♪ ズンズンチャッ♪ ズン♪ チャッ♪ ズンズンチャッ♪


菊月「大井さんに捧げるこのラップ♪ 聞けばたちまち体踊り出す♪」

菊月「ヒップホップで織り成すぜ今♪ 明るい未来の序章だHey Yo♪」

菊月「何でこんなことが分からない?♪ 私たち組めば敵などいない♪」

菊月「どいつもこいつも怖くない♪ 最強タッグで恐れはグッバイ♪」


~~~~~~~~


菊月「以上が私の気持ちの全て♪ 異常なほどやりたくなってきたかも♪」

菊月「さあさあ返事を聞かせてよカモン♪ 共に道を行こうぜ相棒♪」


提督・大井・北上「……」

菊月「ど、どうだった……?」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 18:49:18.57 ID:HUskyxoE0
提督「うん、良かった」パチパチ

菊月「そうか……安心した」

北上「相棒だってさ大井っち」

大井「やめてください」

菊月「そ、それでどうだ? 大井さんに気持ちは伝わったのか?」

提督「どうだ大井」

大井「……」↓2

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 18:53:40.43 ID:H0WGfKPRo
悔しいけど伝わってきた

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 18:53:43.78 ID:yOadHicw0
提督と式を挙げた後でよければつき合う

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:04:09.23 ID:HUskyxoE0
大井「提督と式を挙げた後でよければ……」

提督・北上「!?」

菊月「本当か!」

大井「で、でもいつになるかは分からないから」

菊月「いつまでも待つ! その日まで特訓しないとな!」ワクワク

提督「おい大井」

大井「安心してください。これでずっと式をあげなければ、そのうち諦めますよ」

北上「……それはどうかと思うなぁ」

大井「え?」

北上「あんなに喜んでる菊月を、後に悲しませることになるんだよ?」

北上「あたし許せないなー」

大井「で、でも……」

提督「俺もだ。引き受けられないなら引き受けられないで、ちゃんと伝えないと」

大井「……」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:16:12.67 ID:HUskyxoE0
菊月「ブレイクダンスも頑張らないと!」キラキラ

大井「分かった……」スタスタ

大井「ねえ菊月?」

菊月「大井さん! DJはできるか?」

大井「え」

菊月「私はまだ未経験なんだ、どんどん知識を詰め込まないと!」

大井「そ……そう……頑張ってね」

菊月「何を言ってるんだ、大井さんも頑張るんだ」

大井「……うん」


北上「負けた」

提督「負けたな」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:22:31.94 ID:HUskyxoE0


『数年後』


提督「ふぅ……疲れたー」

コンコン

大井「お疲れ様、コーヒー淹れて来ました」

提督「おお、ありがとう」

提督「しかし俺は幸せ者だな……こんな可愛い嫁がいて」

大井「か、可愛いとかやめてください」カァァ…

提督「ははは」

大井「あ……もうこんな時間!」

提督「用事でもあるのか?」

大井「昨日言ったじゃないですか、今日は……」

提督「ああ、そうだったな」

大井「今日は菊月とヒップホップの日です!」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:26:58.27 ID:HUskyxoE0
提督「頑張れよ」

大井「はい、行ってきます!」ガチャ


提督「……しかし、まさかあの日の出来事通りになるとは、思いもしなかったな」

提督「今や2人は大人気だもんな。世の中何が起こるか分からん」



菊月「大井さん、今日もクールに決めよう!」

大井「ええ! やってやるわ!」


おわり


『菊月とヒップホッパーEND』

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:30:06.09 ID:HUskyxoE0


~~~~~~~~


提督「……はっ!」

提督「いつの間にか寝ていたのか……変な夢だな」

提督「さて、仕事しないと」


ガチャ

北上「提督!」

提督「北上?」

北上「大変だよ、大井っちが……大井っちが……!」

提督「落ち着いてくれ。大井がどうしたって?」

北上「↓2」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:31:01.62 ID:i1Cs5EPtO
デュエリストに

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/11(日) 19:34:09.41 ID:sOCt3/LDO
ノンケになった

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:00:51.81 ID:qpv61xwG0
北上「ノンケになったんだよ!」

提督「ノンケ?」

北上「いつもみたいに私に言い寄って来ないの!」

提督「……あいつレズだったのか。今初めて知った」

北上「他の艦娘へのスキンシップとかヤバかったじゃん。あたしも何度かお尻触られたしさ」

提督「マジかよ」

北上「一線は越えてないけどね」

提督「なんか衝撃だな」

提督「で、ノンケになったっていうのは本当なんだな?」

北上「間違いないね。いつもは抱きついてくるタイミングで抱きついてこないし」

北上「駆逐艦の訓練の時間に双眼鏡で観察しないし、巨○の艦娘にダイビングしてお○ぱいに埋もれたりしないもん」

提督「……」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:11:26.34 ID:qpv61xwG0
提督「驚きの連続だよ。あいつそんなに変態なのか」

北上「うん」

北上「あとノンケになった理由で決定的なのが、提督の写真を隠し持ってることなんだよね」

北上「時々じっと見つめて、ため息ついたりしてる」

提督「俺に気があるのか?」

北上「それは本人に聞いてみないと分からないけど」

北上「とにかくノンケになるなんておかしいよ。原因を調べて欲しい」

提督「なんか残念そうなんだが、レズに戻って欲しいのかお前」

北上「まあね。だって普段あんなに欲望を振りまいてるんだよ」

北上「それが提督一人に向けられたら、大変なことになると思わない?」

提督「なるほど、俺のためでもあるってことか」

提督「分かった。調べよう」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:18:00.50 ID:qpv61xwG0

『大井の部屋の前』


コンコン

提督「大井、いるか?」

シーン

北上「返事がないね」

提督「大井ー、聞きたいことがあるんだ」

ガチャ

大井「す、すみません……ちょっと部屋の掃除をしてました」

大井「北上さんも一緒ですか。聞きたいことって何です?」

提督(見る限りいつも通りだけど)ヒソヒソ

北上(いいから原因を聞いて)ヒソヒソ

提督「実は、北上から聞いた話なんだが……」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:23:14.95 ID:qpv61xwG0
提督「お前、男が好きになったらしいな」

大井「え?」

提督「前まではレズビアンだったんだろう。けど今は男が良いと聞いた」

提督「本当なのか?」

大井「……」


大井「はい」

北上(やっぱり)

提督「……そうか」


提督「よかったら理由を聞かせてくれないか」

大井「……」↓2

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:24:11.83 ID:8V97B+0s0
吹っ切れた

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:24:15.04 ID:lTl3wibb0
提督と結婚して幸せな家庭を築く夢を見たからです(赤面しながら)

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:32:20.34 ID:qpv61xwG0
大井「夢を見たんです」

大井「ある男性と結婚をして、幸せな家庭を築いている夢を」カァァ…

大井「目が覚めたら、その人の顔が頭から離れなくて」

大井「女性を見ても何とも思わなくなってたんです」

提督「会ったことのある人物なのか」

大井「気になりますか?」

提督「ああ、差し支えなければ教えて欲しい」

大井「……」

北上(まさか)


大井「目の前にいます」ポッ

提督「!」


提督「……俺?」

大井「……」コクリ

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:37:34.10 ID:qpv61xwG0
提督「そ、そうか」

大井「……」

提督「……」

提督(北上、原因は分かったんだがどうすればいいんだ)

北上(んー、提督のことが好きだから女の子に興味が無くなったんだよね)

北上(じゃあどうしようもないかもね。あとは提督と大井っちの問題だよ)

提督(何でそうなる)

北上(気づいてないの? 提督今、大井っちに告白されたも同然なんだよ)

提督(それは分かってる)

北上(じゃあ尚更自分で考えないと)

提督(……)

提督(どうする、俺)↓2

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:39:15.48 ID:fjbXrJmPo
kskst

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:39:24.39 ID:7d6chBU5o
とりあえずデートをしてみないか

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:45:08.32 ID:qpv61xwG0
提督「大井、俺のことが好きなのか?」

大井「……多分」

提督「よく分からない?」

大井「とにかく頭から離れないんです。胸もドキドキして」

大井「だから、好きということなんだと思います」

提督「……」

提督「とりあえずデートしてみるか?」

大井「!」

提督「デートすれば、本当の気持ちが分かるかもしれないだろ」

大井「いいんですか?」

提督「ああ。明日の昼に、部屋に迎えに来るよ」

大井「はい」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:50:36.50 ID:qpv61xwG0

パタン

北上「なるほどねー、いい選択肢かもね。提督自身の気持ちの確認にもなるし」

北上「っていうか、提督は大井っちのことどう思ってるの?」

提督「可愛いと思ってる」

北上「一応脈ありなんだ」

提督「キツイ態度しか見たことないから、新しい顔が見られるといいな」


↓2 デートの場所

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:51:40.48 ID:NnxtcMbs0
魚雷工場

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 21:52:15.14 ID:gfVhQaUwO
水族館

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:00:24.79 ID:qpv61xwG0


『翌日の昼・大井の部屋の前』


大井「あっ、こんにちは」

提督「部屋の前で待ってたのか」

大井「待ちきれなかったんです」エヘヘ

提督「……可愛いな」

大井「えっ」

提督「その服も似合ってるし、化粧でさらに可愛くなってる」

大井「あ、ありがとうございます」モジモジ

提督「ふふ……よし、じゃあ行くか」

スタスタ


~~~~~~~~

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:11:50.08 ID:qpv61xwG0


『水族館』


大井「わあ、素敵……!」

提督「水中トンネルは、いつ見ても飽きないな」

大井「見てください、マンタです! あっ、サメがいるわ!」

提督(はしゃいで可愛いな)

~~~~~~~~

大井「小さな魚ですね。可愛い」

提督「あっちにはクラゲがいる」

大井「ライトで照らされて、幻想的ですね」

~~~~~~~~

提督「アザラシか」

大井「移動の仕方が可愛いですね」

提督「うちのアザラシは飛んでもないスピードだけどな」

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:19:08.90 ID:qpv61xwG0
大井「どちらかというとオットセイじゃないですか。おうおう言ってますし」

提督「そうだったか?」


~~~~~~~~


『夕方・鎮守府』


大井「今日はありがとうございました」

提督「いいんだよ。俺もすごく楽しかったし」

大井「私もです」ニコッ

提督「……それで、どうだった? 俺に対する気持ちは」

大井「↓2」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:20:31.92 ID:+Ix9102L0
恋を再認識した
色々溢れそうでやばい

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:20:35.19 ID:7d6chBU5o
もっと好きになりました

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:27:57.38 ID:qpv61xwG0
大井「やっぱり好きです」

大井「そして今日のデートで、もっと好きになりました」

提督「……」

大井「提督はどうですか?」

提督「大井の色んな顔が見れて、やっぱり可愛いなとしみじみ思ったし」

提督「俺も好きだよ」

大井「嬉しいです……」

提督「……」

提督(さて、これからどうするか)↓2

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:28:57.66 ID:vRBW22KZo
指輪を渡す

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:34:03.91 ID:Xn2jvDOko
夜戦

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:47:01.20 ID:qpv61xwG0
大井「……提督」ギュッ

提督「!」

大井「私、その……したいです」

提督「え?」

大井「提督と夜戦がしたいです」

提督「な、何を言って…」

大井「これ以上言わせる気ですか?」

大井「はぁ、はぁ……素直になったら気持ちが高ぶって来たわ……」

提督「大井……?」

大井「あ……あんなところに休憩所がありますよ。ちょっと休んで行きましょう」グイッ

提督「大井!?」

提督(休憩所って、あれどう見てもラブホじゃないか!!)

大井「さあ提督! ゆっくり休みましょう! ついでに提督の主砲を見たいです!」グイグイ

提督「何を言ってるんだお前!?」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 22:56:53.05 ID:qpv61xwG0
大井「逃しませんよ。提督も私のことが好きなんでしょう?」

提督(くっ、北上が言ってた大井の本性がここに来て!)

大井「さあさあさあ!」グイグイグイ

提督「待ってくれ、まだ心の準備が……!」


アッーーーーーーー……


~~~~~~~~


『翌朝・ホテルベッドの上』


提督「」ピクピク

大井「提督、大好きです」ギュッ

提督(し……死ぬかと思った……)

大井「提督?」

提督「……?」

大井「子供、何人欲しいですか」

提督「……大井の望み通りに」


おわり


『二人の愛は永遠にEND』

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 23:00:19.51 ID:qpv61xwG0


~~~~~~~~


提督「……ん?」

提督「しまった、眠ってたか。なんか凄い激しい夢を見ていた気がする」

提督「体も心なしかダルいな……が、書類を片付けないと」カキカキ


ガチャ

北上「提督! 大井っちが!」

提督「北上……大井がどうしたって?」

北上「え、えっとね……」↓2

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 23:01:33.44 ID:fjbXrJmPo
好きな戦国武将で球磨と言い争ってる

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 23:01:36.13 ID:7d6chBU5o
子供になっちゃった

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 23:07:53.77 ID:qpv61xwG0
北上「えっと……」

提督「落ち着け」

北上「うん……聞いて驚かないでね?」

北上「大井っちがね……子供になっちゃったの」

提督「……」

北上「あれ、予想ほど驚いてない。っていうか驚いてすらいない」

提督「寝ぼけてるのか」

北上「あ、信じてないのか」

北上「まあそうだよね、信じるわけないよこんなこと」

北上「でも本当なんだよ。ちょっとついて来て」

提督「……」

北上「お願い! あたしもどうすればいいか混乱してるんだよ!」

提督「イタズラだったら許さないからな」スッ

スタスタ

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:45:15.30 ID:dXq3J9we0


~~~~~~~~


大井「……」

提督「お、お前……本当に大井なのか」

北上「だから言ったじゃん」

提督「これ何歳くらいだ?」↓2

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:47:25.96 ID:mP6b9GAyo
5歳

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:48:16.36 ID:cX0uo4IBo
12歳

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:54:39.93 ID:dXq3J9we0
北上「んー、多分12歳くらいじゃないかな」

北上「確かこんな背丈だった気がするし」

提督「……なあ大井」スッ

大井「!」ビクッ

ササッ

北上「おっと」

提督「どうして北上の後ろに隠れる?」

大井「……」ジー

提督「黙ってないで何か言ってくれ」

北上「……ねえ提督」

北上「ひょっとして大井っち、思考も12歳になっちゃったんじゃないの」

提督「は?」

北上「見た感じ提督のこと人見知りしてるし」

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:58:35.47 ID:dXq3J9we0
提督「いやいや、そんなことあるはずないだろ」

北上「子供になってる時点でおかしいし、ありえるんじゃない?」

提督「……」

北上「というか、提督やあたしの記憶もあるのか分からないよね」

提督「……」

スッ

提督「大井、質問があるんだが」

提督「俺のことは知ってるか?」

大井「……」↓2

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:02:12.27 ID:l+i4zjmF0
お父さん?

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:02:18.67 ID:SHRhPQJMo
提督?さんって方ですよね初めまして

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:04:31.88 ID:dXq3J9we0
大井「……提督?」

提督「!」

大井「さんって方ですよね。は、初めまして」ペコリ

提督「」

北上「あらら、やっぱり」

北上「ねえ大井っち? あたしのことは覚えてる?」

大井「↓2」

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:05:34.80 ID:GtegWDVRo
誰かわからないけどなんとなくお姉さんは好きかも…

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:05:56.62 ID:YZgJmURe0
くちくかんうざいのひとー

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:25:07.39 ID:dXq3J9we0
大井「くちくかんうざいのひと」

北上「そこは覚えてるんだ。名前は知らないのね」

提督「おい北上、明石か夕張のところへ行くぞ」

北上「何でさ?」

提督「こんなヘンテコな現象が起きる時は、決まって2人のどちらかが原因なんだよ」

北上「でも証拠もないし、すぐに疑うのはよしたほうがいいよ」

提督「日頃の行いってやつだ。違ったら違ったで謝ればいい」

北上「んー……あ、そうだ」

北上「大井っち。聞きたいことがあるんだけど、いいかな」

大井「なれなれしいです」

北上「えっ」

大井「はじめて会うのに、にっくねーむで呼ぶのはどうかと思います」

北上「……そっか、そうだよね。ごめんね」

北上(ちょっぴり傷つくなぁ)

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:34:08.69 ID:dXq3J9we0
北上「じゃあ、大井ちゃんでいい? あたしのことは北上って呼んで」

大井「北上さんですね。わかりました」

提督(変わらない)

北上「気を取り直して、大井ちゃんは、ついさっきまで何をしてたか分かる?」

大井「わかりません……気がついたらここに立ってました」

北上「なるほど。そこから前は、何してたか思い出せないかな」

大井「……」↓2

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:38:47.58 ID:GtegWDVRo
食堂でごはんを食べていました

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:38:57.80 ID:SHRhPQJMo
目の前でお父さんやお母さんや友達が化け物に・・・いやあああああああああ

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:45:23.43 ID:dXq3J9we0
大井「め、目の前で……」

大井「お父さんやお母さんや、友達が……化物に……!」

大井「いやああああ!」

北上「ええ!? ちょっ、大丈夫!?」

提督「どうしたんだ大井!」

大井「いや……こないで……」ブルブル

提督「大井! 俺の目を見ろ!」

提督「落ち着くんだ、深呼吸して」

大井「……」

提督「そうだ。ゆっくりと」

大井「……」

北上「ご、ごめん……あたし、何かしちゃったみたいで」

提督「お前は何も悪くないだろ。こうなるとは俺も予想ぢてなかった」

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:49:55.92 ID:dXq3J9we0
大井「うう……お父さん」ギュッ

提督「!」

大井「お父さん、こわいよ……」ギュー

提督「……」

提督「よしよし」ナデナデ

大井「お父さん……そばにいて」

提督「大丈夫、ここにいる。俺がついてるから」ナデナデ

大井「うん」

北上「……」

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:09:24.37 ID:dXq3J9we0


~~~~~~~~


『執務室』


大井「zzz……」

北上「さっきのって、どういうことなの」

提督「分からない。ただの幻覚かそれとも」

北上「それとも?」

提督「過去を思い出そうとしてああなったということはだ」

提督「大井の中に眠っていた記憶が、一時的に呼び起こされたのかもしれないな」

北上「大井っちの子供の時の記憶?」

提督「ああ、それもトラウマものだ。両親や友人が化物に襲われるなんて悪夢、心の奥に閉じ込めておきたいものだろう」

北上「化物って、深海棲艦?」

提督「十中八九」

北上「……あたし」

北上「今までずっと大井っちと一緒に過ごしてきたのに、全く知らなかったよ」

提督「俺もだよ。艦娘の生い立ちは詮索しないようにしてるし」

北上「すごく辛い過去があって、それを抱えながら生きてきたんだね」

北上「あんなに可愛い笑顔の裏では、ひっそりと泣いてたんだ」

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:25:32.68 ID:dXq3J9we0
提督「いや、心からの笑顔も見せてくれてるよ」

北上「?」

提督「特に、大井がお前に見せる笑顔は本物だ」

提督「確かに辛いことはあった。悲しみで涙を枯らす時期もあったはずだ」

提督「だが北上と出会って。艦娘のみんなと出会って」

提督「大井は希望を見出した。幸せだと感じられる場所を見つけた」

北上「うん……そうだといいね」

大井「……んー……」

北上「これからも支えてあげないとね」

提督「ああ」

北上「大井っちの仇を討つ手伝いしなきゃ!」


ガチャ

夕張「あのー、大井ちゃんってここに…」

大井「zzz」

夕張「よかった! いた!」

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:35:55.82 ID:dXq3J9we0
提督「夕張」ゴゴゴゴ

北上「犯人からやって来てくれるとは、探す手間が省けたねー」ニヤリ

夕張「あ、あははは……」

提督「大井の変化に心当たりがあるんだよな?」

夕張「はい……実は、若返りの薬というものを飴にして作っていたんですけど」

夕張「大井さんが今朝挨拶に来た時に、こっそり持って行ってしまったみたいで」

北上「いつ戻るか分かるの?」

夕張「効き目はそんなに長くないはずです」

北上「そっか、よかったー」

大井「すー……すー……」

提督「しかし、この大井……可愛いな」

北上「ホントだよね、いつもの大井っちも可愛いけど。ほっぺも柔らかいし」ツンツン

北上「写真撮っていいかな? っていうか撮っちゃお」パシャッ

提督「怒られるぞ。俺は知らないからな」

夕張(あれ? 思ったより怒られなかった)


大井「……ふふふ……」ニコッ


おわり


『前を向いてEND』

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:39:54.32 ID:dXq3J9we0


~~~~~~~~



提督「……ふわぁぁ……」

提督「不思議だ……何回も夢を見ているような……気のせいかな」

提督「あれ、仕事がいつの間にか終わってる。よし、間宮に…」


北上「提督ーー!!」バンッ

提督「うお!? 何だ!!」

北上「ヤバイよ、大井っちがヤバイよ!」

提督「な、何がどうヤバいんだ」

北上「↓2」

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:42:25.21 ID:tyxnrKGDO
ユーチューバーに転職したいと騒ぎ出した

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:42:27.05 ID:YZgJmURe0
練習巡洋艦になった

118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 21:51:34.27 ID:0KpoQCLD0
北上「練習巡洋艦になったんだよ!」

提督「意味が分からない」

北上「百聞は一見にしかず、見れば分かると思うからついて来て!」スタタタッ

提督「おい!」

提督「……はぁ……間宮はもうちょっと後にするか……」スタタタッ


~~~~~~~~


香取「という感じで、この後の演習お願いします」

大井「はい!」

鹿島「ふふっ、大井さん張り切ってますね」

スタタタッ

北上「発見! 大井っちー!」

大井「北上さん?」

提督「本当に香取たちといるな」

大井「それに提督」

119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 21:59:04.76 ID:0KpoQCLD0
大井「二人して一体どうしたんですか?」

提督「どうしたもこうしたも北上に呼ばれてここに来たんだ」

提督「お前、練習巡洋艦になったんだって?」

大井「……」

提督「本当なのか」

大井「はい」

北上「大井っち、あたしの知らない間に何かあったの?」

北上「練巡になった理由聞かせて欲しいよ」

大井「……」↓2

120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:01:58.39 ID:CT57FtRb0
後進を育てたくなった

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:02:27.88 ID:UoeC7xWG0
練巡になって幼き駆逐艦たちを導けという(長門っぽい)天の声を聴いた

124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:19:13.48 ID:0KpoQCLD0
大井「声を聞いたんです」

提督「声?」

大井「はい。昨日の夜のことです」

大井「天から降ってきた謎の声に、駆逐艦の素晴らしさを長々と聞かされて」

大井「君は選ばれたんだ。今すぐ練巡になって、幼き駆逐艦たちを導けと」

北上・提督「……」

大井「そしたら急に使命感が出てきて、練巡にならなきゃって」

大井「駆逐艦の娘たちを導かなきゃって…」

北上「もういいよ大井っち、間違いなく疲れてるよ。少し休んだ方がいいよ」

提督「同感だ」

大井「いえダメです。すぐにでも演習をしなきゃ」

大井「駆逐艦が私を待っているわ!」フフフ

北上「大井っち……」

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:26:12.19 ID:0KpoQCLD0
香取「わ、私たちと一緒に行動したいとお願いしてきたのは、そういう経緯があったからなんですね」

提督「知らなかったのか?」

鹿島「はい。これっぽっちも」

北上「提督、あたしこんな大井っち見たくないよ」

北上「何とかしてよ」

大井「ふふふ」

提督「……」↓2

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:27:19.10 ID:wU8MlG4DO
とりあえずやらせてみよう

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:27:39.68 ID:63yCrKQRO
天の声(ながもん)を問いただす

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:36:57.68 ID:0KpoQCLD0
提督「引っかかることがある。大井の聞いた声とは何なんだ」

北上「きっと幻聴だよ」

提督「そうとは限らないぞ。もし大井の言っていることが本当だとしたら……」

北上「どうするの?」

提督「問いただしてみる」


提督「おい天の声の主! 聞こえるか!」

提督「大井をこんな風にした理由を教えてくれ!」

北上「て、提督」

提督「おい! おーい! ……聞こえないな」

北上「もうやめてよ! 提督までおかしくなるのは見たくない!」ギュッ

提督「試しにやってみただけだよ」

提督「返事がない、となると……次は……」↓2

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:38:48.44 ID:CT57FtRb0
駆逐艦の子が危ない!

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:39:44.30 ID:+FYP2vgHO
みんなしあわせ

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:48:12.14 ID:0KpoQCLD0
提督「うっ!?」ズキッ

北上「提督? どうしたの?」

提督「う……うぅ……み……み……」


提督「みんなしあわせ」

北上「!!」

提督「駆逐艦が育てば、みーんなしあわせ!」

提督「俺も練習巡洋艦になりたくなってきたぞー! 駆逐艦を育てたーい!」アハハ

北上「ウソ、でしょ……そんな……提督まで……!」

大井「あはは!」

提督「うふふ!」

香取「これは、何が起きてるんです!?」


???「……」ガサゴソ


鹿島「!! そこにいるのは誰!?」

北上「え?」

???「……」↓2 謎の人物の正体

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:49:11.81 ID:wU8MlG4DO
夕立

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:49:18.11 ID:X0JvzLFjo
本物の大井

135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:56:38.62 ID:0KpoQCLD0
大井「北上さん」スッ

北上「お、大井っち!! そんな馬鹿な!」

香取「大井さんが2人!」

鹿島「これは幻覚……?」

大井「いいえ、現実よ。そこで飛び跳ねてる大井は偽物」

大井「私が本物の大井!」

北上「ちょっと待って、理解が追いつかない。どういうことなのか説明して」

大井「↓2」

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:57:31.55 ID:vrJtJIkyo
あなたも駆逐艦を導くの

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 22:58:01.73 ID:63yCrKQRO
この世界は北上さんの夢

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:11:00.10 ID:0KpoQCLD0
大井「ふふ……たった一言で片付くわ」

大井「この世界は北上さんの夢よ」

北上「私の夢?」

大井「だってそうでしょう。こんなおかしな事、夢じゃなきゃ怖いわ」

北上「それはそうだけど……やけにリアルだね」

大井「ふふ、そうね」

北上「……はは」

北上「でも良かった。夢ならほっぺでもつねって起きちゃえばいいもんね!」


ガシッ

北上「え?」

香取・鹿島「……」

北上「香取、鹿島……あたしの腕を掴んで何を……」

大井「そんなの決まってるじゃない」ニヤリ

北上「えっ」

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:18:21.58 ID:0KpoQCLD0
提督「北上! お前も一緒に!」

大井(偽)「駆逐艦を育てましょう!」

北上「!」

香取「こうして腕を掴めば、頬をつねることはできない」

鹿島「ずっと夢の中」

北上「!!」

大井「ふふふ……さあ北上さん」

大井「あなたも練習巡洋艦になって、駆逐艦たちを愛でるのよ」

北上「い――」



北上「いやああああああああああ!!」ガバッ

北上「はぁ……はぁ……はぁ……!」

北上「……ここ、あたしの部屋……?」

北上「……ゆ、夢……だった……」

北上「はぁぁぁぁ……よかったぁぁぁ……」

北上「もー、めちゃくちゃ怖かった……なんであんな夢を見たんだろ」

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:21:21.08 ID:0KpoQCLD0
北上「はー……」

北上「……汗でびっしょりだ。シャワー浴びてこよっと」


ガシッ


北上「!!」

大井「北上さんどこに行くの? 練習巡洋艦になりましょう」ニコッ

北上「うわああああああああ!!!!」


おわり


『終わらない悪夢END』

145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:27:15.13 ID:0KpoQCLD0


~~~~~~~~


提督「うわあ!?」ガバッ

提督「……夢か……」

提督「ど……どうして北上の夢を見たんだ……?」


ガチャッ

北上「大変だよぉぉぉ!」

北上「って、何かすごい汗かいてるね」

提督「ちょっと夢を見ていてな。というか、そんな慌ててどうした」

北上「うん……実は大井っちのことなんだけど」↓2

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:27:49.79 ID:ZOoPuoblO
妊娠した

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 23:27:51.96 ID:UoeC7xWG0
しばふ絵じゃなくなった

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:33:45.07 ID:Z3uf+s2t0
北上「なんか……大井っちじゃないんだよね」

提督「どういうことだ?」

北上「大井っちであることには違いないんだけど、見た目が大井っちじゃないの」

提督「……」

北上「あーもう! 見れば意味が分かるよ! ちょっと来て!」グイッ

提督「うわ、押すなって!」


~~~~~~~~


『大井の部屋』


ガチャ

北上「大井っち、連れてきたよ」

大井「え!? どうして……!」

北上「だって解決策が見つからないし」

大井「だからと言って提督を…」

提督「何で布団を被ってるんだ?」

大井「……」

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:36:23.82 ID:Z3uf+s2t0
北上「ほら大井っち、提督に見てもらわないと」

大井「お……驚かないでくださいね」

提督「ああ」

大井「……」スッ


パサッ


提督「!!」


↓2 大井の絵柄

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:37:38.11 ID:RZBnKeTyo
ピカソ

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:37:58.28 ID:yB0TnKuRO
やどかり

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:49:47.98 ID:Z3uf+s2t0
提督「お前……なんか、電たちみたいな風貌だな」

大井「朝起きたらこんな感じになってたんです」

大井「どうすればいいでしょうか。このままじゃ外に出ることができないですし」

提督「何で」

大井「何でって、どう見ても私じゃないじゃないですか」

提督「これはこれで可愛いと思うけどな」

大井「!!」

北上「確かにそうだけど、大井っちは元に戻りたいらしいから」

提督「うーん……そうだな。昨日、変わったことは無かったか?」

大井「変わったこと?」

提督「原因が隠れているかもしれない。よく思い出すんだ」

大井「そうですね……そういえば……」


大井「うっ!?」ビクッ

北上「大井っち、どうかした?」

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:54:23.25 ID:Z3uf+s2t0
大井「な、何か……急に鼻がムズムズして……」

大井「へくちっ!」

ボフンッ

提督「うお!? 大井から急に煙が!」ゲホゲホ

北上「大井っち! 大丈夫!?」ゴホゴホ

大井「は、はい……ちょっとくしゃみが出ただけです」

北上「煙も出たけど!」

提督「ん? お、大井……お前また風貌が変わったぞ」

大井「えっ」


↓2 大井の絵柄

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:55:54.50 ID:PMk5ZnKIo
寺田克也

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 21:55:58.52 ID:5u5ZUeEC0
藤田和博

172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:11:12.37 ID:Z3uf+s2t0
大井「鏡、鏡……こ、これ私?」スッ

北上「なんか少年漫画みたいになってる」

提督「というか丸っきり少年漫画だ。うしおと○らや、からくり○ーカス描いてる人の絵柄だ」

提督「んー……これもいいな」

北上「また違った可愛さだね」

大井「二人共頷かないでください! 私、どうなっちゃったんですか!」

提督「落ち着け。もう一度聞くが、昨日変わったことは無かったか」

大井「あ、そうです。実は演習終わりに、明石さんにジュースを貰って飲んだんです」

北上「……」

提督「……」

大井「……原因それですね」

提督「もっと早く気づけばよかったのに」

大井「だ、だって……自分の見た目が変わって混乱してましたし」

北上「じゃ、犯人を連れてくるね」ガチャ

提督「よろしく」

173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:17:11.06 ID:Z3uf+s2t0
大井「あ……またくしゃみが出そう」

提督「!」

大井「は、は……くしゅっ!」

ボフンッ

提督「そしてまたこの煙!」ゲホゲホ

大井「提督、私分かりました! くしゃみがトリガーなんです」

大井「私がくしゃみをする度、見た目が変わってしまうんですよ」

提督「みたいだな」

大井「……今の私、どんな感じですか」

提督「……」


↓2 大井の絵柄

174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:19:03.23 ID:9wWCUbfw0
菱川師宣

175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:19:05.05 ID:PMk5ZnKIo
デビュー当時のゆでたまご

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:31:31.38 ID:Z3uf+s2t0
提督「……」

大井「?」

提督「そ、そうだな……これもまあ可愛い、かな」

提督「時代を感じるけど」

大井「一体どんな姿なんですか」

提督「デビュー当時のゆでたまご」

大井「は?」

提督「キン肉○ン描いてる人だよ。鏡、見てみろ」

スッ

大井「……時代を感じますね」

提督「だろ?」

大井「私としてはさっきの方が良いです」

提督「いや、自分を見失うなよ」

181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:41:11.46 ID:Z3uf+s2t0
大井「でも……ちょっと不安なんです」

大井「明石さんが来ても戻る保証はないですし」

提督「あいつがそんな大事になる物を作ると思うか?」

大井「はい」

提督「そうだったな、ごめん」

提督「でも必ず自分で尻拭いをするだろ。だから今でも発明を許可してるんだ」

大井「そうですね」

提督「大丈夫だよ」ナデナデ

大井「はい」

大井「……提督、その」

提督「?」

大井「あ、ありがとうござ……くしゅんっ!」

ボフンッ

提督「このタイミングで!?」


↓2 大井の絵柄

182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:41:49.22 ID:ekBQ4PG6o
なもり

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:41:52.73 ID:OqhtXDRRO
吉崎観音

186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 22:56:00.64 ID:Z3uf+s2t0
大井「こ、今度はどうなりました?」

提督「おお……これは……」

大井「何です?」

提督「ケロロ○曹を描いてる人の絵柄だ。最近ではけもの○レンズに携わった」

大井「けもの○レンズはちょっと知ってますけど」

スッ

大井「あ、可愛い」

提督「自分で言うか。可愛いのは事実だけど」

大井「違います! この感じが可愛いと言っただけで、私自身を可愛いと言ったわけじゃ…」


ガチャ

北上「連れてきたよー」

明石「ごめん大井ちゃん! ジュースを渡したつもりが発明品を渡しちゃったみたいで……」

明石「おお、何か見た目が違う」

大井「明石さんのせいでしょ!」

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:03:05.81 ID:Z3uf+s2t0
明石「その通りですごめんなさい」

大井「それで、どうすればこの現象が収まるんですか」

明石「この液体を飲めば治るよ」スッ

大井「……」ジー

明石「大丈夫、飲みやすいようにイチゴ味だよ」

大井「味を気にしてるんじゃないです! 本当に戻るんですか!?」

明石「信じて!」

大井「はぁ、全く……分かりました。飲みま……っくしゅ!」

ボフンッ

北上「またか!」

明石「へー、こんな変わり方するんだ」

提督「お前、どんな時でも研究熱心だな……」


↓2 大井の絵柄

188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:03:45.94 ID:3KCBr20A0
ぷよ

189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:03:55.94 ID:x0eKnx0Zo
北斗の拳

190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:04:50.65 ID:4rR15LDZ0
なるほどイチゴ味

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:14:06.81 ID:Z3uf+s2t0
大井「……」

北上「うわ、綺麗!」

提督「美人だな。これは劇画……北○の拳か?」

大井(美人って……)

明石「すごーい!」パチパチ

大井「拍手はいいです! 早く液体を渡してください!」

明石「ごめんごめん」スッ

大井「いただきます」ゴクゴク

提督「けど、絵柄が変わるとイメージもガラッと変わるんだな」

北上「そりゃそうだよ」

ボフンッ

大井「……」ドキドキ

提督・北上・明石「……」

大井「ど、どうですか?」

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:23:19.76 ID:Z3uf+s2t0
提督「ああ、何というか……色んな大井を見たけどな」

北上「どの大井っちも良かったけどね」

提督「やっぱり、いつもの大井が1番可愛い」

大井「!」

大井「ということは、戻ってる?」

明石「鏡どうぞ」スッ

大井「……あ……」

大井「私! 私だわ! いつもの私よ!」

北上「よかったね!」ニコニコ

明石「本当に!」ニコニコ

提督「お前はもう少し反省してろ」

明石「はい、すみません」ペコリ


北上「いやー、やっぱ大井っちは大井っちだねー」ギュー

大井「ちょっ、北上さん!? そんな大胆な!」

提督「ふふ……」

提督(……できれば、もうちょっと色っぽいのも見たかったな)


おわり


『何だかんだしばふ絵が1番END』

194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:27:14.05 ID:Z3uf+s2t0


~~~~~~~~


提督「……またまたおかしな夢を見た」

提督「夢を何回も連続して見てる気がするな……変な気分だ」



ガチャ

北上「提督ーーー!!」

提督「どうした? 大井に何かあったのか」

北上「え! どうしてそれを!?」

提督「当てずっぽうだよ」

北上「何でもいいや、話を聞いてよ! 大井っちが……」↓2

195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:28:59.71 ID:WHYWc9VTo
他の娘と入れ替わった!

196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:29:04.98 ID:3KCBr20A0
髪切った

207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:39:23.95 ID:5gaFlo2+0
北上「髪を切ったんだよ」

提督「髪を?」

北上「髪を」

提督「別に普通だろ。長くなれば切るのが当然…」

北上「ヘアスタイルが変わったんだよ。バッサリ肩まで切ったの」

提督「なんと。気分転換か」

北上「そんな軽いものじゃないと思うけどね」

北上「あたしビックリして、大井っちに何かあったのか聞いたんだけどさ」

北上「何でもないですよって、ちょっと切なく笑ったんだ」

提督「お前の気のせいじゃないのか」

北上「だといいんだけど……不安だから提督に相談したの」

北上「お願い! 大井っちに原因を聞いてくれない?」

提督「……」

208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:49:47.47 ID:5gaFlo2+0


~~~~~~~~


大井「……」

提督「本当だ、誰だか分からなかった」

北上「それは言い過ぎでしょ」

提督「見た感じいつも通りの雰囲気だぞ」

北上「直接話してから判断してよ」

提督「分かった」スタスタ


提督「大井」

大井「提督……何ですか?」

提督「いや、一瞬誰か分からなくてな。髪を切ったのか」

大井「はい」

提督「似合ってるよ」

大井「どうも」

209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:52:38.16 ID:5gaFlo2+0
提督(うーん……言われてみれば、少し元気が無いような気がしなくもない)

提督「でも前の髪型も似合ってたのにな。何で切ったんだ?」

大井「……」

提督「言えないなら、それでいいんだ」

大井「いえ、大丈夫ですよ」

大井「髪を切った理由は……」↓2

210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:53:34.27 ID:r+xMKlkC0
イメチェンしてモテカワガールになるため

211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 20:53:39.73 ID:BS/A3xBd0
あの人(提督)への想いを断ち切るために…

214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:07:30.86 ID:5gaFlo2+0
大井「……」

提督「?」

大井「あの人への想いを断ち切るためです」

提督「あ……わ、悪い。恋愛絡みだったのか」

大井「大丈夫と言ったじゃないですか。相手は私の気持ちに全く気づいてないみたいですし」

大井「所詮私の中だけで消化されることですから」

提督「なんか怒りが見えるぞ」

大井「はい、思い出してまたイライラしてきました」

大井「いくらアピールしても気づかないんですよ? ラノベでありがちな超鈍感主人公かって話ですよ」

提督「気づかないのか?」

大井「微塵も」

提督「はー、酷い奴だな」

大井「……本っ当に酷いですね。頭が痛くなります」

215: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:15:03.27 ID:5gaFlo2+0
提督「しかし驚いた。大井にも好きな相手がいたんだな」

提督「整備士さんか? それとも本土にいる誰か?」

大井「もう過ぎたことなので、これ以上の詮索はやめてください」

提督「そうだな、ごめん」

提督「……なあ大井。俺に何かして欲しいことはないか」

大井「して欲しいことですか」

提督「提督として何かしてやりたいんだ」

大井「提督として、ですか」ハァ…

大井「それじゃあ」↓2

216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:17:12.64 ID:t1JJcz0Io
いつも北上と一緒に出撃させてほしい

217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:17:21.58 ID:r+xMKlkC0
あすなろ抱き

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:25:06.47 ID:5gaFlo2+0
大井「いえ、やっぱりいいです」

提督「そうだよな。俺にできることなんて限られてるし」

提督「でも何かあったら言ってくれよ。聞き入れるから」

大井「……」

スタスタ

大井「ま、待って!」

提督「?」

大井「お願いしてもいいですか……?」

提督「ああ、もちろん」

大井「あすなろ抱き」

提督「え?」

大井「あすなろ抱き、して欲しいです」

220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:31:41.79 ID:5gaFlo2+0
提督「あすなろ抱きって……後ろから抱きしめるあれだよな」

大井「そうです」

提督「俺が大井に?」

大井「お願いします」

提督「……分かったよ」スタスタ

提督「いくぞ」

大井「はい」

ギュッ

大井「……」

提督「こんな感じでいいんだよな」

大井「はい……」ドキドキ


~~~~~~~~


提督「そろそろいいか?」

大井「え」

提督「通路でずっとこうしてるわけにもいかないし」

221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:35:16.99 ID:5gaFlo2+0
大井「そ、そうですね」

スッ

大井「……」

提督「あとは?」

大井「?」

提督「他に何かして欲しいことはないか?」

大井「いいんですか」

提督「できる範囲内なら」

大井「じゃあ……」↓2

222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:36:20.62 ID:RgT8Jasx0
好きだよと言ってみてください、演技でいいので

223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:38:57.57 ID:P8m4Wrgoo
一緒に遊びに行きたい

224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:42:09.97 ID:5gaFlo2+0
大井「一緒に遊びに行きたいです」

提督「遊びに? 分かった、どこへ行きたい」

大井「どこでもいいです」

提督「それなら……↓2へ行くか?」

225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:43:20.29 ID:LVYmKxYfo
浜辺

226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:44:27.37 ID:i9BZLcLao

227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 21:56:20.61 ID:5gaFlo2+0
提督「浜辺へ出かけるか。今の時間は風が涼しい」

大井「仕事は終わったんですか?」

提督「まだ残ってるけどいいよ、行こう」ギュッ

大井「!」

大井(て、手を……)

スタスタ

北上「……あたし置いてきぼり?」


~~~~~~~~


提督「やっぱり、風が気持ちいいな」

大井「そうですね」

大井「あ、見てください。綺麗な貝殻」

提督「本当だな。集めて首飾りにしたいな」

大井「ふふっ、まるで女性みたいな感想ですね」

提督「そうか? 男だって綺麗なものは好きだよ」

228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:02:38.63 ID:5gaFlo2+0
大井「提督が言うとおかしいです」クスクス

提督「普段どんなイメージなんだ……」

大井「ふふ」

提督「……なあ大井」

提督「お前が好きな男というのは、ひょっとして」

大井「えっ」

提督「いや、何でもない」

大井「気になるじゃないですか。教えてください」

提督「違ったら恥ずかしいし」

大井「いいから言って」

提督「……」

230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:11:52.36 ID:5gaFlo2+0
提督「お前が好きな男は、もしかして」

提督「俺か?」

大井「!!」

提督「勘違いならそれでいいんだ」

提督「だが笑わないでくれ、他の艦娘に言いふらしたりも…」

大井「そうです」

提督「!」

大井「私が好きなのは、提督です」

提督「そ……そうなのか。全然気づかなかった」

大井「鈍感でしたね。というか、何で今頃気づいたんですか」

提督「お前があすなろ抱きして欲しいって言ったから、まさかと思って」

大井「なるほど。最終手段が功を成したわけか」

提督「ん?」

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:20:44.02 ID:5gaFlo2+0
大井「何でもないです」

大井「けど、今更遅すぎます。もう私は髪を切って提督のことを忘れたので」

提督「何故あすなろ抱きを要求したんだ」

大井「あれは……本当に踏ん切りをつけるためというか」

大井「とにかく綺麗さっぱりしました」

提督「そ、そうか……」

大井「残念そうですね?」

提督「そりゃあ……せっかく自分を好きになってくれたのに、もう好きじゃないと言われるのは……」

大井「ちなみに提督は、私のことどう思ってたんですか」

提督「可愛いと思ってた」

大井「つまりカップルになってみたいと、そう思ってたんですね?」

提督「……まあ」

大井「そんな提督に、良いお知らせがあります」

234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:26:45.51 ID:5gaFlo2+0
大井「今から私が出す課題をクリアできれば、私と付き合うことができます」

提督「俺を忘れたんじゃないのか?」

大井「また思い出してあげますよ」

大井「どうですか? やりますか?」

提督「……よし。挑戦しよう」

大井「分かりました。では課題の発表です」

提督「……」


↓2 課題の内容

235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:27:48.88 ID:cJufEZNPo
大井さんの可愛いところを
3つ上げてください

236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:27:50.10 ID:aMeCW8RDO
今度は正面から優しく抱きしめて

238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:42:40.04 ID:5gaFlo2+0
大井「今度は正面から優しく抱きしめて」

提督「!」

大井「……」

提督「……」


ギュッ


大井「はい……課題クリアです」

提督「お前のアピール、気づかなくて本当にごめん」

大井「全くですよ。これからは、私のワガママたくさん聞いてもらいますからね」フフ



パシャパシャ!

提督・大井「!?」

青葉「良い画が撮れました!」ヒヒヒ

提督「青葉!?」

大井「写真撮られた!」

青葉「明日の新聞は2人が主役ですよ! お楽しみに!」スタタタッ

大井「こらぁ!! 待ちなさーーい!!」スタタタッ

239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:53:38.96 ID:5gaFlo2+0
提督「あいつは……仕方ないな……」

北上「ごめんね。止めたんだけど防ぎきれなくてさ」スッ

提督「北上!? いつの間に……」

北上「ずっと居たよ。あたしを放って、大井っちとドンドン話を進めちゃうなんて」

提督「悪かった」ペコリ

北上「いいよ。大井っちの顔色、元に戻ったし」

北上「ってか前より生き生きしてるかも」

提督「……」ギュッ

北上「どしたの? ほっぺた抓って」

提督「確かめたんだよ。夢かどうかをな」

北上「そんなベタな」

提督「現実でよかった」


大井「よっしゃ捕まえた!」

青葉「大井さん、動きがいつもより速い!」

大井「今の私は100回出撃してもキラキラしてるわよ!」

青葉「誰か助けてー!!」


おわり

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:54:28.73 ID:cJufEZNPo

241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:55:11.47 ID:5gaFlo2+0
お付き合いありがとうございました

大井っちのssを久々に書きたかった、依頼を出してきます

242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:55:58.44 ID:hF6WhqqKo
おつだぜ

243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/17(土) 22:56:12.05 ID:BS/A3xBd0