スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497614283/

1: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 20:58:04.14 ID:oXSom3pn0
凛「どうして?」

P「いや、別に神谷の事だけ苗字なわけじゃない……はず」

凛「ふーん? じゃあ、私の事は何て呼んでる?」

P「凛」

凛「加蓮は?」

P「……加蓮」

凛「それじゃあ、大人組も聞いてみるけど楓さんとかは?」

P「…………楓さん、です」

2: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 20:58:43.11 ID:oXSom3pn0
凛「ほら、やっぱり奈緒の事だけ苗字で呼んでるじゃん。思えば、初めて会った時から苗字呼びだったし奈緒だけ距離置いてるよね? 奈緒の事、嫌いなの?」

P「そんな事は無い! な、神谷の事が嫌いだったらプロデュースなんてしない!」

凛「じゃあ、何で?」

P「そ、それは……」prrrr

P「あ、で、電話だ! ワーコレハお得意様ノディレクターカラダー! そういうわけで、俺は仕事に戻るから!」

凛「あ、話はまだ……っ」

P「凛もちゃんとレッスン行けよー!」

凛「ああもぅ、行っちゃったし! 」

3: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:02:52.32 ID:oXSom3pn0
凛「……ちひろさん」

ちひろ「はい、なんですか? 凛ちゃん」カタカタカタ

凛「ちひろさんは、何でプロデューサーが奈緒の事を苗字で呼んでるか知ってる?」

ちひろ「さぁ? 私も前に気になって聞いたことがあるんですけど、さっきの凛ちゃんみたいにはぐらかされちゃったんですよねぇ」ウーン

凛「やっぱり、奈緒の事が嫌いだったりするのかな……」

ちひろ「それは流石に無いと思いますよ? なにせ、事あるごとに奈緒ちゃんを褒めてますから。むしろ大好きだと思いますよ?」

凛「…………ふーん!」

ちひろ(妬いて頬を膨らませてる凛ちゃん可愛い)

4: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:07:40.68 ID:oXSom3pn0
凛「てなことが、この間あったんだけどね?」

奈緒「え? あぁ、さっきまでのは回想だったんだな。その割にはちひろさんの心の声まで聞こえてた気がするけど」

凛「それは気のせいだよ。それで、一応聞いておくけどプロデューサーに嫌われるよなことってしてないよね?」

奈緒「するはずないだろ! そもそも、初めて会った時からあたしの事を苗字で呼んでたじゃん!」

凛「本当に? 本当にそう言い切れる?」

奈緒「な、なんだよ急に真面目な顔して……」

凛「もしかしたら、自己紹介……うぅん、ひょっとしたらスカウトされたときに失礼なことをしてないって言いきれる?」

奈緒「そ、そんな事……」

凛「よく思い出してみて。奈緒もこのままプロデューサーと距離があるのは嫌でしょ?」

奈緒「わ、分かったよ! あれは確か……」

5: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:11:54.57 ID:oXSom3pn0
~回想~

奈緒「さーて、今日は何を買おうかなぁ」

P「きみぃ!」

奈緒「ほわぁ⁉ な、なんだ不審者か!」ビクゥッ

P「あぁいやいや、驚かせてすまない。俺は怪しい者じゃない」

奈緒「不審者は皆そう言うんだよっ」

P「あー、実は俺はこういうものでな」

奈緒「CGプロのプロデューサー? って、CGプロって今ノリにノッてるあのCGプロ⁉ アイドルの!」

P「そう、そのCGプロだ」

6: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:18:01.52 ID:oXSom3pn0
P「実は君を見てティンと来てな。どうだ、もしよかったらアイドルをやらないか?」

奈緒「つまりはこういうことか?『あんたはあたしをスカウトしている』」

P「Exactly(そのとおりでございます)」
 
奈緒「は、はァ⁉ な、なんであたしがアイドルなんて…っ! てゆーか無理に決まってんだろ! べ、べつに可愛いカッコとか…興味ねぇ…し。きっ、興味ねぇからな!ホントだからなっ!!」

P「そんなことはない! 俺の目は確かだ! 君はきっとトップアイドルになれる! 頼む、俺を信じてアイドルになってくれ!」

奈緒「……ほ、本当にあたしみたいなのがアイドルになれるのかよ。きょ、興味があるわけじゃないけどあんたのその熱心さに免じて、は、話くらい聞いてあげてもいいぞ!」

P「本当か! やっふぅ! それじゃ、さっそく名前を教えてくれ!」

奈緒「……奈緒。神谷奈緒だ」

P「」

~回想終了~

7: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:20:38.92 ID:oXSom3pn0
奈緒「とまぁ、こんな感じだったかな。思えば、あたしが名乗った時、Pさんは苦虫を嚙み潰したような顔してたっけ」

凛「……」

奈緒「な、なんだよ。急に黙ったりして……。言っておくけど、ありのままを話しただけだからな!」

凛「奈緒ってさ、結構ツンデレだよね」

奈緒「べ、別にツンデレじゃねーし!」

凛「あとちょろいよね」

奈緒「それだけは凛に言われたくないかな」

凛「解せぬ」

8: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:29:42.56 ID:oXSom3pn0
凛「まぁ、冗談はおいといて……聞いた限りだと、特に嫌われる要素は無かったように思えるね」

奈緒「だろ? あれから結構経つのに未だにあたしだけ苗字呼びでさ。軽くへこむよ……」

まゆ「奈緒さん! どういうことですかぁ!」ガチャッ

奈緒「わっほい⁉」ビビクゥ

凛「あ、おはよう。まゆ」

まゆ「凛ちゃん、おはようございます。じゃなくてですねぇ、ちょーっと奈緒さんに聞きたいことがあったんですよぉ」ニッコリ

奈緒「あ、あたし何かやったっけ?」ガクブル


9: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:31:26.45 ID:oXSom3pn0
まゆ「まゆ、Pさんの電話をこの間偶然にも盗聴したのですが」

奈緒「偶然?」

まゆ「何か?」

奈緒「何でもない!」

凛「偶然なら仕方ないよ。ところでまゆ、もし持ってたら録音したであろうそのデータを後でくれない?」

まゆ「それは嫌です」ニコッ

凛「あ?」

奈緒「お、落ち着け凛! アイドルがしていい顔じゃないぞ!」

10: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:37:25.02 ID:oXSom3pn0
まゆ「話がそれちゃいましたねぇ。まずはこれを聞いてくださぁい」カチッ

P『もしもし? あぁ、奈緒か。どうした?』

奈緒「あたし⁉ ていうか、Pさんは何であたしの名前を……」

まゆ「そんな事は些細なことです。問題はそのあとなんですよぉ」

P『ったく、こちとら連日の徹夜で眠いんだから手短に話してくれ。は? 今度買い物に付き合ってくれだぁ? ふざけんな! どうせ、俺を荷物持ちにしたいだけだろうが』

P『あん? それだけじゃなくて、ついでに凛のサインがほしい? 友達が欲しがってるから? ……あのなぁ、奈緒。そんな事言われてはいそうですかって聞けるわけないだろうが。常識で考えろ常識で』

P『お礼に飯を作ってやるからだって? いらんいらん。誰が好き好んで奈緒の飯なんか食うんだよ。あーもうわかったわかった! 今度サイン貰ってきてやるから! あぁ、分かった。母さんによろしく言っといてくれ。じゃあな』ブツッ


12: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:41:16.26 ID:oXSom3pn0
まゆ「何か弁明は? あ、ちなみにまゆはPさんの声しか聴きたくないので相手の声は入ってないんです」

奈緒「な、ななな……なんぞこれ!」

凛「奈緒、私に言ってくれれば友達のよしみでいくらでもサインあげるのに」

奈緒「いや、本当に知らないし! ていうか、はぁ⁉」

まゆ「一緒に買い物に行くだけじゃ飽き足らず、自宅に押し掛けて料理をするまでの仲だったなんて。しかも、Pさんのお義母様とも顔合わせ済みとか……万死に値しますよぉ?」

奈緒「知らない知らない! あたし何にも知らないんだってば! そもそも、仕事はおろかプライベートでも名前で呼ばれたことないんだぞ!」

凛「奈緒……」

奈緒「凛! 凛なら、分かってくれるよな⁉ あたしとPさんはそんな関係じゃないって!」

凛「白状するなら早い方が罪は軽いよ?」

奈緒「」

13: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:46:09.14 ID:oXSom3pn0
奈緒「ちくしょうめぇ! あたしに味方は居ないのか!」

P「わわわ忘れものぉ~♪」

奈緒「Pさぁん!」

P「おはようーって、うぉ、神谷! どうした⁉」

奈緒「Pさんからも説明してくれよ! あたしとPさんはそんな関係じゃないって!」

P「待て待て! いきなりすぎて話が分からん! 最初から説明してくれ!」

凛「かくかくしかじかで」クンカクンカ

まゆ「まるまるうしうしなんですよぉ」クンカクンカ

P「俺が、な、神谷と電話でデートの約束をしてたぁ? それに、名前で呼んでただと?」

14: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:48:42.53 ID:oXSom3pn0
まゆ「証拠はあがってるんですよぉ。お願いですから、正直に言ってください」

P「名前で呼んでて、デートの約束……」

凛「あと、私のサインもねだってたよね」

奈緒「だから、ねだってないってば」

P「凛のサイン……? あぁ、そういう事か! 違う違う! 全くの誤解なんだ!」

凛「どういう事? この際だから、もう誤魔化すのはやめて全部教えてよ」

P「あー……うー……はぁ、これ以上誤魔化せそうにないし仕方ないか」

15: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:51:17.89 ID:oXSom3pn0
P「まず、電話の相手は妹だ」

奈緒「妹? でも、録音ではあたしの名前を呼んで……」

凛「あぁ、そういう事」

まゆ「なるほど、そういえば確かにまゆの調査では妹が居ましたねぇ」

奈緒「どういう事だよ!」

P「だから、俺の妹の名前がな? その……奈緒、なんだよ」

奈緒「ほわぁ⁉」

16: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:54:39.03 ID:oXSom3pn0
P「横山奈緒って……知ってるか?」

凛「確か、ミリプロの大阪出身アイドル……だっけ?」

P「あぁ、あいつが俺の妹だ」

奈緒「ほわぁ⁉」

まゆ「奈緒さんうるさいですよぉ?」

奈緒「だって、え? だって、なぁ?」

P「まぁ、つまり……だ。妹が神谷と同じ名前なもんで、奈緒って呼ぶとどうしても妹の顔がチラついてな。ライバルプロダクションでもあるから、公私混同しないように神谷って呼んでたわけだ。ライバルのアイドルの身内がプロデューサーってのも心証悪いかと思って黙ってたんだ」

17: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 21:58:21.98 ID:oXSom3pn0
奈緒「えー……なんていうか、いろいろびっくりだよ……」

P「今まで、黙ってて悪かったな。もっと早くに打ち明けられたらよかったんだが、中々機会が無くてずるずるとつい、な」

奈緒「じゃあ、あたしは別にPさんに嫌われてたわけじゃないんだよな?」

P「もちろんだ! むしろ大好きだぞ!」

奈緒「んなっ///」

P「あ、神谷! だ、大好きって言っても変な意味じゃなくてその、な?」

奈緒「――って呼んで」

P「え?」

奈緒「奈緒って、名前で呼んでくれよ///」


18: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 22:00:56.27 ID:oXSom3pn0
P「いやでも、ほら……」

奈緒「Pさんの変なこだわりのせいであたしはずっとやきもきしてたんだぞ! あたしだけ苗字だから距離間も離れててさ。あたしは気にしないから、名前で呼んでくれよ」

P「……な、奈緒」

奈緒「お、おう///」

P、奈緒「///」モジモジ

奈緒「な、なぁ。今度さ、その妹の方の奈緒と買い物に行くんだろ?」

P「仕方なく、だけどな」

奈緒「あ、あたしも一緒に行っていいかな? ほら、同じ奈緒として会ってみたいっていうかさ!」


19: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 22:04:28.50 ID:oXSom3pn0
P「奈緒が、そう言うなら俺は別にか、構わないぞ」

奈緒「や、約束だぞ! ……へへ、Pさんとデートだ///」

P「デート⁉ いやその、ほら? 奈緒、じゃなかった妹も居るしデートは改めてって事でその……」

奈緒「Pさん///」

P「奈緒……」


まゆ「あれ? これ、もしかしてまゆはただのキューピッドになっちゃいました?」

凛「今日は飲もうか、まゆ……」

凛(その後、横山奈緒がこっちに移籍してきてまたひと悶着あるんだけど、それはまた別の話)


次回
奈緒「へぇ、アンタも奈緒って言うんだ」

続かない

20: ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 22:05:56.40 ID:oXSom3pn0
くぅ疲

奈緒の事が好きなのにリアル妹と同じ名前だからむしゃくしゃして書いた
SSで奈緒が可愛いってコメント見るたびに微妙な気持ちになります
ちなみに、母親の名前もモバマスに居るのでさらに複雑です