スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458855506/

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:39:30.92 ID:lzkDEqpHO
乃々「ちょっと困った顔のボクもやっぱりカワイイです!」

幸子「うぅ…」

乃々「でも、左側のハネ毛の具合がイマイチですね! もう少し整えて来るべきでした!」

幸子「あの…。幸子さん?」

乃々「でも、寝癖がキッカリ直っていないボクもちょっとお茶目でカワイイです! ああ、ボクのカワイさはほんと天井知らずですね!」

幸子「…そろそろ、現実を直視しませんか…?」

乃々「……」

幸子「……」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:40:32.30 ID:lzkDEqpHO

乃々「入れ替わってますね…」


幸子「入れ替わっているんですけど…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:41:16.67 ID:lzkDEqpHO
乃々「乃々さん? なんで晶葉さんの研究室の、あからさまにアブナそうな青い箱の中に入っちゃったんですか?」

幸子「プロデューサーさんに、仕事の件で追われていて、つい…」

乃々「なるほど…」

幸子「……」

乃々「……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:42:06.86 ID:lzkDEqpHO
幸子「さ、幸子さんは、どうして晶葉さんの研究室の、あからさまに危なそうな赤い箱の中に入ったりしたんですか…?」

乃々「小梅さんがホラー映画の鑑賞会にしつこく誘ってきたので。曰く、傑作のホラー映画を上映するらしいので、膀胱を空にして参加して欲しいとか…」

幸子「えぇ…」

乃々「……」

幸子「……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:42:38.59 ID:lzkDEqpHO
乃々「とりあえず、どうしますか?」

幸子「ど、どうするっていうのは…?」

乃々「晶葉さんに相談するのは確定だとしても、プロデューサーさんやユニットの皆さんにはお話した方が良いですかね?」

幸子「そ、そうですね…」

乃々「こんな話を信じてくれそうな大人はプロデューサーさんくらいですし、やはり相談を――」

幸子「で、でも…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:43:51.25 ID:lzkDEqpHO
乃々「なんですか、乃々さん?」

幸子「プロデューサーさんってああいう性格ですし、直るとわかった途端に、面白がって普段は入れられないお仕事を入れたりするんじゃあ…」

乃々「なるほど…。でも、普段は入れられないお仕事って具体的になんですか?」

幸子「例えば、外見もりくぼな幸子さんに水着のグラビアを持ってきたり…。外見もりくぼな幸子さんにバンジーやスカイダイビングの企画を持ってきたり…」

乃々「…これは、お互いが不幸になる未来しか見えませんね…」

幸子「もりくぼの水着グラビアが公衆の面前に晒されたりしたら…。舌を噛んで、死にます…」

乃々「そ、そこまでですか!?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:45:18.74 ID:lzkDEqpHO
乃々「じゃあ、まずは晶葉さんに相談してみますか。すぐ解決するに越したことはありませんし!」

幸子「そうですね…。幸子さんに頼んでも良いですか…?」

乃々「あ、なら右のポケットにボクのスマホが入っているので、貸してください」

幸子「は、はい。どうぞ…」

乃々「じゃあ、とりあえず電話を…」

Prrrrrrr

乃々「えっ?」

幸子「こ、この呼び出し音は…?」

Prrrrrrr

乃々「なんで晶葉さんのスマホがここにあるんですか!?」

幸子「お、落ち着いて下さい、幸子さん。ここは晶葉さんの実験室ですから…!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:46:12.06 ID:lzkDEqpHO
乃々「ど、どうしましょうか、これ?」

幸子「晶葉さんの…、スケジュールの確認をしないと…」

乃々「でも、プロデューサーさんに怪しまれたりしませんかね?」

幸子「…あ、ちひろさんに訊いてはどうですか…?」

乃々「それです! じゃあ早速…」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:49:43.51 ID:lzkDEqpHO
ちひろ「――もしもし、千川ですけど?」

乃々「あ。もしもし、ちひろさんですか?」

ちひろ「はい、そうですけど…。え? その声は乃々ちゃんですか? なんで幸子ちゃんの携帯から?」

乃々「…えっ?」

幸子「あっ…」

ちひろ「喋り方もなんだかいつもと違いますし…。もしかして何かあったんですか?」

乃々「そ、その…。な、なんでもありませんけど…。携帯はちょっと借りただけですけど…」

ちひろ「そうですか? ならいいのですが。それで、どうしたんですか?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:50:53.87 ID:lzkDEqpHO
乃々「晶葉さんに用事があって電話したんですけど…。繋がらないんですけど…」

ちひろ「あぁ、晶葉ちゃんなら、工業大学に取材に行っていますよ?」

乃々「工業大学ですか? あの、それはいつ頃帰って来るのか知りたいんですけど…」

ちひろ「4日間の予定で昨日の朝に出発しましたから、明後日ですかね?」

乃々「な、なんで取材で4日もかか ――コホン。取材で4日も掛かるんですか…?」

ちひろ「どうやら新作ロボットの共同研究も兼ねているらしくて。急ぎの用事でしたらこっちからも連絡を試みてみますが?」

乃々「で、できれば直接話をしたいんですけど…。あ、でもやっぱり携帯は通じないみたいですけど…」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:52:44.19 ID:lzkDEqpHO
ちひろ「そうですね…。じゃあ、こっちから大学に連絡を入れてみますね。晶葉ちゃんに折り返し乃々ちゃんに電話をするよう、言伝てを頼んでおきます。もしかしたら夜とかになってしまうかもしれませんが」

乃々「お願いしますけど…」

ちひろ「はい。あと、プロデューサーさんが午後からのお仕事の件でお話があると、探していましたよ? 早く事務所に来て下さいね?」

乃々「はい、わかりましたけど…」

ちひろ「じゃあ、事務所で待ってますね、乃々ちゃん」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:53:17.04 ID:lzkDEqpHO
幸子「……」

乃々「……」

幸子「…とりあえず、もりくぼはそんなにけどけど言ってませんけど…」

乃々「それは新しいギャグか何かですか?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 06:54:50.13 ID:lzkDEqpHO
乃々「…カワイイボクの振り、できますか、乃々さん?」

幸子「凄く不安ですけど…。幸子さんはもりくぼの真似、できますか…?」

乃々「ま、まあ、ボクは演技派ですからね! 任せて下さい!」

幸子「うぅ…。嫌な予感しかしないんですけど…」

乃々「な、なんですかその反応!?」

幸子「とりあえず、お互いの予定の確認と、口裏合わせをしないと…」

乃々「そ、そうですね! 早ければ今晩には晶葉さんに連絡付くでしょうし、それまで頑張りましょう!」

幸子「上手くできますかね…?」

乃々「まぁ、騙し通せたらラッキーくらいに考えましょうか。バレても嫌な仕事を入れられてしまう可能性があるくらいなんですし!」

幸子「でも、もりくぼの身体で水着の仕事とか、絶対にむーりぃー…」

乃々「ボクだってバンジーやらスカイダイビングやらはもうコリゴリです!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:29:12.48 ID:lzkDEqpHO
――――――

乃々「じゃあ、覚悟を決めて事務所に向かいますか」

幸子「はい…。あの、ほんとに頑張って下さいね…? もりくぼの命がかかっているんですから…」

乃々「で、出来る限りやってみます! あ、ボクはトイレに寄るので、先に行ってて下さい」

幸子「と、トイレですか…!? も、もりくぼの身体で…、幸子さんが…?」

乃々「そうなりますけど。別に女の子同士なんですから、恥ずかしがらなくても――」

幸子「そ、そんなの絶対にダメなんですけど! そ、そんな事になったらもりくぼは…。もりくぼは…、飛びます…」

乃々「どこからですか!?」

幸子「これは本当にむーりぃー…」

乃々「とは言っても、こればかりはどうしようも――」

幸子「…あ、あの。幸子さん? もりくぼに考えが…」

乃々「えっ?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:30:59.04 ID:lzkDEqpHO
――――――

幸子「――じゃあ幸子さん、下着を下ろしますね…」

乃々「……」

幸子「そのまま腰を下ろして下さい…」

乃々「……」

幸子「じゃあ…。し、して下さい…」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「…しないんですか?」

乃々「なんでボクがこんな目に遭わないといけないんですか!?」

幸子「ヒィッ…」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:33:35.77 ID:lzkDEqpHO
乃々「目隠しをして同い年の女の子に下着を脱がされて、そのままその前でおしっこなんて、どんな変態プレイなんですか!?」

幸子「さ、幸子さん、少し声のトーンを落とさないと、誰か来たら…」

乃々「うっ…。で、でも、目をつむりますから、目隠しくらい外して下さいよ。なんか凄い怖いです!」

幸子「それは本当に…、本当に勘弁して下さい…。もりくぼの精神は既にもう限界なんです…」

乃々「別に恥ずかしがる必要なんてないですよ? あ、下のだって、ボクもまだ生えてな―― むぐっ!?」

幸子「な、なんでもりくぼがこんな目にぃ…」

乃々「むぐむぐっ!?」

幸子「もう死にたいんですけど…」

乃々「ぷはぁ!? それはボクの台詞ですからね!?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:35:32.34 ID:lzkDEqpHO
幸子「うぅ…、うぇ…。な、なんでもりくぼがこんな…。も、もりくぼは、ヒック…、静かにあなぐら暮らしをしたいだけなのに…。グスッ…」

乃々「な、泣かないで下さい! します! 今しますから!!」

幸子「は、はいぃ…」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「…終わりですか?」

乃々「はい…。乃々さん、トイレットペーパーの場所がわからないので――」

幸子「もりくぼが拭きます…」

乃々「え? な、何を言って…」

幸子「もりくぼが拭きますけど…」

乃々「」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:36:20.90 ID:lzkDEqpHO
乃々「さ、流石にそれは…」

幸子「幸子さん、腰を上げて下さい…」

乃々「…本気ですか、乃々さん?」

幸子「腰を上げて…、下さい…」

乃々「」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:40:05.24 ID:lzkDEqpHO
乃々「…どうぞ」

幸子「……」

乃々「…なんでボクは、同い年の女の子に目隠しをされて、おしっこの後始末をさせているんですかね?」

幸子「……」

乃々「知らない人から見たら、カワイイボクが乃々さんに目隠しをして、おかしなプレイをしている風にしか見えないですよ…?」

幸子「……」

乃々「こんなところ、誰かに見られたりしたら――」

ガチャッ

乃々「…へ?」

美穂「……………………」

幸子「」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:41:34.67 ID:lzkDEqpHO
乃々「え? え!? ま、まさか誰か入ってきて!?」

美穂「」

幸子「」

乃々「な、何か答えて下さい、乃 ――幸子さん!?」

美穂「」

幸子「」

乃々「外しますよ!? もう目隠し外して良いですよね!?」

美穂「」

幸子「」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:44:27.14 ID:lzkDEqpHO
美穂「」

ガチャッ

幸子「」

乃々「えっ? えっ? な、なんですか!?」

幸子「何も…、起きませんでしたけど…」

乃々「せめてもっとバレないウソをついて下さい!」

幸子「拭き終わりましたから、下着上げますね…」

乃々「せ、説明を要求します!!!」

幸子「大丈夫です…。幸子さんのこの身体の陰になって、もりくぼのもろくぼは見られていないはずです…」

乃々「一人で何をブツブツ言っているんですか!?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 21:45:54.18 ID:lzkDEqpHO
――――――

ちひろ「あ、美穂ちゃん。女子トイレの鍵が壊れているって話は本当でしたか?」

美穂「」

ちひろ「…美穂ちゃん?」

美穂「…大丈夫です、ちひろさん…」

ちひろ「えっ…?」

美穂「私は、幸子ちゃんの良いところを沢山知っているんですから…」

ちひろ「ど、どうしたんですか、美穂ちゃん!? なんだか様子が変ですよ!?」

美穂「頑張りやさんなところも、怖がりやさんなところも、つよがりなところも、全部見てきたんです…」

美穂「借り物競争の時、友達を持って行かなくてはならなくなって、私の方を遠慮しがちに見ていた幸子ちゃんは間違いなく天使だったんです…」

美穂「最近は幸子ちゃんもユニットのお仕事が増えてきて、なかなか一緒にいられないですけど、私と幸子ちゃんはいつまでもお友達なんです…」

ちひろ「美穂ちゃん!? キラキラした瞳のハイライトはどこに置いてきたんですか!?」

美穂「だから、私は幸子ちゃんが、ちょっと変わった性癖を持っていても…。う、受け入れてあげられますから…」

ちひろ「美穂ちゃん! 意識を事務所に戻して下さい! 美穂ちゃん!?」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:15:25.17 ID:lzkDEqpHO
――――――

【Side:幸子】

乃々「さて、乃々さんの午前中の予定は個別の特別レッスンですか」

乃々「……」

乃々(オムツって、結構ゴワゴワしますね…)

乃々(…まさか、この年になってこんなの履くことになるとは思いませんでしたよ…)

乃々(あの乃々さんがガチ泣きしながら全力疾走でオムツ買ってくるんですからね…)

乃々(…小学生用のを買ってきた時は頭を抱えましたけど、フィットしてしまったので文句は言えません…。乃々さんの身体ですし…)

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:17:49.77 ID:lzkDEqpHO
乃々「さて、気を取り直して、今日もレッスンを頑張 ――いえ、今のボクは乃々さんなんですから、あまり頑張りすぎてもいけませんね!」

乃々「あまりけどけど連呼しない! 常にローテンション! 困ったらとりあえず『むーりぃー…』! カンペキです!」

乃々「…コホン。さ、さて、行きますか」

ガチャ

乃々「…こんにちは。森久保乃々ですけど…」

マストレ「遅刻だぞ森久 ――森久…、保…?」

乃々「えっ?」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:31:43.49 ID:lzkDEqpHO
マストレ「お前、本当に森久保なのか…?」

乃々「えっと…。私は森久保ですけど…」

マストレ「まさか、森久保が私の顔を見て逃げ出さないとはな…」

乃々(乃々さん、普段マストレさんに対してどんな対応していたんですか!?)

マストレ「表情も、なんだかいつもの3倍くらい明るいし…。ハイライトが8割増しくらいになっていないか?」

乃々「そんなことは…」

乃々(これでもボクが出来る限り最高にローテンションな表情なんですが!?)

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:37:17.35 ID:lzkDEqpHO
乃々「レ、レッスンとか、むーりぃー…」

マストレ「そ、そうか。その口癖も、なんだが普段とは印象が違うというか…」

乃々「…具体的には、どんな風に違うんですか?」

マストレ「そうだな…。今が捨てられた子犬といった趣きなら、普段は屠殺場に運ばれていく仔牛のような印象だ」

乃々(乃々さんは一体どんな心持ちで日常を生きているんですかね!?)

マストレ「ま、まぁ、表情が明るくなったのは良いことだ。素直に私達のレッスンの成果だと受け止めよう」

マストレ「よし、今日は予定を変更して、まずは少しだけビジュアルレッスンをやってみるか!」

乃々「は、はい…」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:38:28.57 ID:lzkDEqpHO
――――――

マストレ「違う! もっと口角を上げろ! 口はもう少し閉じろ! なんだか輿水みたいなドヤ顔になっているぞ!!」

乃々「むーりぃー…」

マストレ「…普段より顔筋が柔らかくなっているみたいなのは良いのだが。何故笑顔がドヤ顔になるんだ?」

乃々(別にドヤ顔をしているつもりは無いんですけどね…!)

マストレ「このままだと輿水路線のキャラになるぞ? それは嫌だろ?」

乃々(ボク路線!? ボク路線ってなんです!? しかも嫌がられるような路線なんですか!?)

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:39:16.37 ID:lzkDEqpHO
マストレ「もう一度! 口を閉じて、口角を上げて、そのまま笑顔に ――なんでそこからドヤ顔になるんだ森久保!?」

乃々「これは本当にむーりぃー…」

マストレ「いつもの引き攣った笑顔もダメだが、今のも相当だぞ?」

乃々(普段のビジュアルレッスンの時は同じようにやって褒めてくれますよね!? ほんと、『輿水路線』ってなんなんですか!?)

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:40:20.49 ID:lzkDEqpHO
乃々「あ、あの…。そろそろ本来のレッスンに戻りませんか…? 今日は一対一の特別ダンスレッスンだと聞いていたのですが…」

マストレ「そうだな…。ビジュアルレッスンの方は調子が悪いようだしな」

乃々(ダンスレッスンなら身体を動かしていればいいでしょうし、バレにくいはずです…!)

マストレ「今日からは前々から言っていた通り、新曲の振り付けの練習を始める。渡したDVDで予習はしてきたな?」

乃々「え? は、はい…」

乃々(ど、どうしましょう? 当然予習なんてしてきてませんよ!?)

マストレ「…全く。その様子じゃあまだまだ練習が足りていないみたいだな」

乃々「ご、ごめんなさい…」

マストレ「最初に私が一度踊るから、続いて踊ってみろ。いくぞ」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:41:22.76 ID:lzkDEqpHO
――――――

マストレ「…大丈夫か、森久保?」

乃々「は、はいぃ…」

マストレ「そ、そうか。まあ、ここらで少し休憩にするか」

乃々「わ、わかりまし―― ゲホッゲホッ!!」

乃々(の、乃々さんの身体、流石に体力がなさ過ぎじゃあないですかね…? ボクも大概ですけど、輪をかけて酷いですよ…?)

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:43:00.74 ID:lzkDEqpHO
マストレ「こんな時は私の特製ドリンクに限る。ほら、飲むんだ森久保」

乃々「いえ…。だ、大丈夫です…」

マストレ「遠慮するな。今日のブレンドは自信作だ。疲れも一瞬で吹き飛ぶぞ?」

乃々(正直、マストレさんのドリンク苦手なんですが…。こうしてグダグダ会話してボロ出してもいけないですし、仕方ないですね…)

乃々「じゃあ、頂きます…」

マストレ「ああ、飲め飲め」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:43:58.61 ID:lzkDEqpHO
乃々(うぅ…。毎度の事ながら、独特というか、個性的な味ですね…)

乃々(まあ、良薬口に苦し、とも言いますし、我慢しますか…)

マストレ「さあ、そろそろ練習を再開するか」

乃々「も、もうですか?」

マストレ「ああ。あまり身体を冷ますのも良くないしな。ダンスレッスンの進捗だって順調とは――」

ギュルルルルルルルル…

マストレ「…森久保?」

乃々「す、すみません。なんだか急にお腹の調子が…!」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:44:51.25 ID:lzkDEqpHO
マストレ「何か変な物でも食べたのか、森久保?」

乃々「いえ…。今日の朝ご飯は普通に寮の食堂で…。その後は…、さっきのドリンクくらいですかね…」

ギュルルルルルルルル…

乃々「すみません…。す、少しトイレに…!」

マストレ「あ、ああ。行ってこい」

乃々「失礼します」

マストレ「……」

マストレ「…配合を間違えたかな?」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:58:52.63 ID:lzkDEqpHO
――――――

乃々「うぅ…。こ、こんなの絶対にカワイくないです!」

乃々「は、早くトイレに! トイレ…、に…」

乃々「…えっと」

乃々「……」

乃々(オムツ、どうしましょうか…?)

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:59:40.36 ID:lzkDEqpHO
乃々(いやいや、迷う必要なんてありません! ボクはカワイイアイドル輿水幸子です! そんな、オムツがあるとはいえ、わざとお漏らしするような真似なんて…!)

乃々(黙っていればきっと乃々さんだって気付かないですし!)

乃々(そうですよ! 沈黙、それこそがボクも乃々さんも幸せになる道のはずです!)

乃々「はずです、けど…」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:00:34.53 ID:nq3yMGP9O
『な、なんですか、そのオムツは!?』

『も、もりくぼがダッシュで買ってきました…』

『いえ、用意手段じゃなくて使用方法を訊きたいのですが!?』

『…穿いて、下さい…』

『…本気で言っているんですか?』

『も、もりくぼは本気ですけど…!』

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:01:47.33 ID:nq3yMGP9O
『い、嫌ですよ!? なんで14歳にもなってオムツ穿かないといけないんですか!?』

『大丈夫です…。最近のは薄型で、穿いていても気付かれにくいらしいですから…』

『そういう問題じゃあないですよ!』

『小学生用ですから…』

『ボクは14歳! 花も恥じらう乙女! フォーティーンですよ!?』

『お、お願いします、幸子さん…。も、もりくぼの恥ずかしいところを他の人に見られたりしたらって考えたら、それだけでもう…』

『い、良いじゃないですか! 大体同じものが付いて ――いえ、付いてませんけど、大体同じ構造になっているはずなんですから! きっと見た目だって変わりませんよ!?』

『うぅ…。で、でも、本当にダメなんです…。水着だって見られたら恥ずかしくて死にそうになるのに…。まして、その下だなんて…』

『で、でも…!』

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:05:14.44 ID:nq3yMGP9O
『お、お願い…、ヒック…、します…。わ、私、最近ようやくアイドルが楽しいような気がし始めて…。グスッ…。プロデューサーさんや皆さんと一緒にいるのも、ちょ、ちょっとだけ楽しくて…』

『……』

『こ、こんな事で…、グスッ…。こんな事で幸子さんと顔を合わせるのが辛くなって…。事務所に来るのが嫌になって…。そ、そんな終わり方は…、凄く悲しいんです…。だから…』

『……』

『お願い…、します…』

『…乃々さん。穿かせて下さい』

『えっ…?』

『見られるのが嫌なら、乃々さんが穿かせるしか無いですよね? 早くしないと、レッスンに遅れてしまいますから』

『さ、幸子さん…! ほ、本当に…。本当に、ありがとうございます…』

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:06:25.90 ID:nq3yMGP9O
乃々「…乃々さん。あなたがアイドルが楽しくなってきたと言った時、ボクもなんだかちょっとだけ嬉しかったんです…」

乃々「…ボクも乃々さんと一緒の気持ちです。こんな事で乃々さんとお別れなんて、悲しすぎます」

乃々「……」

乃々「…これが、本当の意味でボクと乃々さんのためになるんですよね…?」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:08:03.98 ID:nq3yMGP9O
――――――

マストレ「ああ、戻ったか森久 ――なんだその悟りでも開いたような顔は!?」

乃々「なんでもありません。私は大丈夫です」

マストレ「そ、そうか…? なら良いのだが…」

乃々「すみません。体調が芳しくないので、今日のレッスンはここまでで宜しいですか?」

マストレ「そ、そうだな。わ、私も特製ドリンクの配合の見直しをしたかったところだし、今日はこれで終わりにするか…」

乃々「はい。では失礼します」

マストレ「……」

マストレ「…しばらく特製ドリンクの製造は中止するか」





乃々(これで良かったんですよね、乃々さん…?)




63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:31:52.41 ID:Pe35L7VNO
――――――

【Side:乃々】

幸子(今日の幸子さんのお仕事は、グラビアの撮影…)

幸子(モデルのお仕事なんて可能な限り避けていたんですけど、まさかこんな形でいきなり臨むことになるなんて…)

幸子(奇襲です…。完璧な奇襲によってもりくぼのメンタルはズタズタになりました…)

幸子(…でも)

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:34:03.28 ID:Pe35L7VNO
カメラマン「いいよー、幸子ちゃん! そのままもう少しこっちに顔を向けて!」

カメラマン「じゃあ次は、ちょっと暑そうな表情で! 上着のボタンも一個はずして!」

カメラマン「いいよいいよ! 今日も最高にカワイイよ! 次は、そこのぬいぐるみを抱っこしてみようか!」

カメラマン「その少し照れた表情もいいよー! 今日の幸子ちゃんは普段とは違うカワイさだね!」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:34:54.09 ID:Pe35L7VNO
幸子(可愛いお部屋で、可愛い小物に囲まれて、可愛い服を着て撮影…)

幸子(普段のもりくぼなら、あまりの不釣合い具合に逃げ出していたと思いますけど…)

カメラマン「そのままちょっと首を傾げてみようか! そう! そんな感じで!」

幸子(…なんだか、ちょっとだけ楽しくなってきたんですけど…)

カメラマン「カワイイ! カワイイよ幸子ちゃん!」

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:35:58.43 ID:Pe35L7VNO
幸子(もりくぼは撮影中に可愛いなんて言われても、素直に喜べない方ですし…)

幸子(カメラマンさんたちも、そんなもりくぼのためにいつの間にか黙々と撮影するようになりましたけど…)

幸子(幸子さんの身体でとはいえ、もりくぼが何かやるたびに可愛いって言って貰えるのは…、ちょっとだけ嬉しいです…)

幸子(…これで外見が幸子さんじゃなかったら、間違いなく逃げ出していましたけど…)

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:36:36.53 ID:Pe35L7VNO
カメラマン「おっと。もうこんな時間か。ごめんね幸子ちゃん。休憩の時間すぎていたけど、幸子ちゃんがカワイくてついつい」

幸子「い、いえ。大丈夫です…」

カメラマン「じゃあ、少し休憩で。終わったら他のセットと服で撮るからね」

幸子「はい…」


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:37:31.99 ID:Pe35L7VNO
P「おつかれ、幸子」

幸子「ぷ、プロデューサーさん…」

P「今日はどうした? もしかして、どこか調子でも悪いのか?」

幸子「ど、どうしてそう思うんですか? もり ――ボクは今日も元気ですよ?」

P「いや…。いつもならカメラマンさんの言葉に『フフーン! カメラマンさんをも魅了してしまうなんて、ボクのカワイさはほんと罪ですね!』くらいは言いそうなものなのに」

幸子(確かに言いそうですけど…。演技だとしてもそんなのむーりぃー…)


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:38:23.83 ID:Pe35L7VNO
P「じゃあ、俺は準備があるから、幸子はゆっくり休んでいてくれ」

幸子「え? プロデューサーさんが準備、ですか…? 一体なんの…?」

P「い、いや。なんでもないんだ。気にしないでくれ」

幸子「そうですか…」

幸子(…一日幸子さんの振りをして過ごすなんて絶対に無理だと思っていましたけど、なんとかなりそうですね…)

幸子(この分なら、案外幸子さんも楽しくやっているかもしれません…)

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:39:51.41 ID:Pe35L7VNO
――――――

スタッフ「じゃあ、次はこの部屋で撮影するから、先に中に入って待っていて下さい」

幸子「あ、はい…」

ガチャッ

幸子「…なんだか殺風景な部屋ですけど…。ここで撮影をするんですか…?」

幸子「カメラマンさんもPさんもいないですし…。カメラ以外機材もありま――」

ガコンッ

幸子「うひゃあっ!?」

ガシッ

幸子「な、なんで突然床に穴が!? い、意味がわからないんですけど!?」


71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:40:45.73 ID:Pe35L7VNO
ガチャッ

P「幸子ォ!! なんで淵にしがみついているんだ!!」

幸子「Pさん!? い、一体これは…!」

P「ここは綺麗に落下しながらカメラに向けてリアクションを取るところだろ!!」

幸子「な、何を言っているのかわからないんですけど…!?」

幸子「と、というか、早く助け――」

P「いいから早く落ちるんだ!」

幸子「ゆ、指に力が…! も、もうげん…かい…」

P「健闘を祈っているぞ、幸子ォ!!」

幸子「む、むーりぃーーーーーーー!!!」


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:41:40.88 ID:Pe35L7VNO
――――――

バシャン

幸子「あつっ!? お湯!? お湯なんですけどっ!? な、なんですか、これは…!?」

友紀「おっ? キャット&ラビットチームの助っ人、ようやく落ちてきました!」

幸子「ひ、姫川さん!? な、なんですか、このステージ…? お、お客さんも、い、いっぱい…」

紗枝「うちもいます」

幸子「え? え? じょ、状況が飲み込めないんですけど…!」

友紀「まあ、いつものだよ!」

紗枝「いつものやなぁ」

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:42:24.01 ID:Pe35L7VNO
友紀「さあ、ここで幸子ちゃんに問題です!」

幸子「」

紗枝「みくはん、頼みます」

みく「うー。こ、これにゃあ!」

友紀「おっと! ここでサービス問題を引いた! ツイてるね、菜々ちゃん!」

菜々「た、頼みますよ、幸子ちゃん! ここで間違えたら、ナナの卒業アルバムが! 卒業アルバムがぁ!!」

幸子「」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:43:05.58 ID:Pe35L7VNO
紗枝「ほな、問題どす。うちらの所属しているシンデレラプロダクション。そのあいどるの中で、一番カワイイのは誰やろか?」

友紀「幸子ちゃん! 答えて答えて!」

幸子「…えっと」

幸子「…みくさん、ですか…?」

友紀「」

紗枝「」

菜々「」

みく「」

幸子「えっ、あの…。そ、総選挙の結果的に…」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 00:44:05.05 ID:Pe35L7VNO
友紀「さ、さあ! サービス問題失敗で、菜々ちゃんの卒業アルバムが捲られるよ! おっと、いきなり白黒写真だ!!」

紗枝「随分と古ぼけていますなぁ」

菜々「や、やめてーっ!! ナナは永遠の17歳! 高校の卒業アルバムなんて存在しないんですっ!!」

みく「な、ナナチャン! 落ち着くにゃ!!」

幸子「」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 21:17:39.77 ID:Pe35L7VNO
――――――

友紀「さあ、幸子ちゃん! 走って走って!!」

幸子「むーりぃー…!」

友紀「おっと、ここで解答権が発生だ!」

紗枝「ほな、問題どす。シンデレラプロダクションに所属する、自称・ロックな17歳のあいどるは誰やろか?」

幸子「だーりぃー…」

菜々「なんでアダ名なんですか!?」

友紀「うーん。紗枝ちゃん、アウト? セーフ?」

紗枝「これはアウトやろうなぁ」

友紀「じゃあ、みくちゃんのグラスにドジョウが追加だ!」

みく「やめるにゃ! みくに踊り食いなんて無理にゃ!!」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 21:18:33.49 ID:Pe35L7VNO
幸子(な、なんですか、この地獄絵図は…!?)

幸子(ば、バラエティは正真正銘の地獄なんですけど…!!)

友紀「幸子ちゃんそろそろ限界か!? 明らかにペースが落ちてきているぞ!」

幸子(うぅ…。というか、幸子さん、体力なさ過ぎじゃあないですかね…? もりくぼより体力無い人が存在するとは思わなかったんですけど…!?)

幸子「もう…、ほんとにむーへぼぉ!?」

みく「幸子チャン!?」

菜々「だ、大丈夫ですか!?」


88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 21:20:00.84 ID:Pe35L7VNO
友紀「幸子ちゃん転倒! 解答権はBBチームwithユッコちゃんに移るよ!!」

裕子「サイキックダーッシュ!!」

紗枝「あれのどこら辺が『さいきっく』なんやろうなぁ」

幸子「うぅ…。こ、これってアイドルのお仕事なんですか…?」

友紀「幸子ちゃんから番組始まって以来初の素朴な疑問だ!」

紗枝「大丈夫どす。幸子はんはかわええからなぁ」

友紀「そうそう! カワイイからアイドルだよ!」

幸子(も、もしかして、今までこんな雑な感じで乗せられていたんですか、幸子さん…!?)


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:26:24.23 ID:N7E971KtO
――――――

幸子「うぅ…。もうむーりぃー…」

ガチャッ

P「おう。お疲れ様、幸子」

幸子「ぷ、プロデューサーさん…。おに…、あくま…」

P「はっはっはっ。そんな床でグッタリしながら言っても迫力も何も無いぞ?」

幸子「酷いです…。あ、あんな風に突然落とすなんて…! 今日の撮影はちょっとだけ楽しかったのに…」

P「そうか、ああいう服とシチュエーションが好みなのか。参考にさせてもらうよ」


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:27:30.66 ID:N7E971KtO
P「ああ、そうだ。ケーキでも食べるか? 今日は良く頑張ったからな。収録中に買って来たんだ」

幸子(け、ケーキ…。い、いえ。ちょろい幸子さんとは違って、もりくぼはそんなものじゃあ懐柔されませんけど…!)

P「どうした? 好きな方を選んで良いんだぞ?」

幸子「えっ…。は、はい…」

幸子(あっ。こ、このモンブラン、前にもPさんに買って貰ったやつなんですけど…。美味しいって言ったの、覚えてくれていて…?)

幸子(…そういえば、今のもりくぼは幸子さんなんでした…)

幸子(って、なんでもりくぼはちょっとガッカリしているんですか…?)


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:29:34.19 ID:N7E971KtO
P「選ばないなら、こっちのフルーツ山盛りのケーキで――」

幸子「い、いえ。モンブランを貰います…」

P「そうか。じゃあこっちは冷蔵庫にしまっておくぞ」

幸子「え? プロデューサーさんは食べないんですか?」

P「ああ。余ったのは差し入れにするからな」

幸子「そ、そうですか…」


96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:30:46.31 ID:N7E971KtO
幸子「じゃ、じゃあ、ケーキ頂きます…」

P「ああ。食え食え」ナデナデ

幸子「っ!? あっ、あの! な、なんで急に頭を撫でるんですか…!?」

P「なんでって。大変な仕事の後は思いっ切り甘やかして下さいって言ったのはお前じゃあないか?」

幸子「う…。そ、そうでしたね…」

幸子(幸子さん、そんな約束をPさんとしていたんですか…)

幸子(…こんな程度でPさんを許してしまうなんて、幸子さんはやっぱりちょろいです…)

幸子(…でも、今日頑張ったのはもりくぼなんですし、もりくぼにはその権利があるんですよね…?)

幸子(…け、けど、甘えるって、どの程度までなら許されるんでしょうか…?)


97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:31:41.83 ID:N7E971KtO
P「どうした? 体調でも悪いのか?」ナデナデ

幸子「…あのっ、Pさん…? ひ、ひひ、ひざ…」

P「ひざ?」

幸子「ひ、膝枕とか…、してくれませんか…?」

幸子(って、流石に最初から膝枕は飛ばしすぎ――)

P「ああ、良いぞ。おいで」

幸子(あ、あっさりOKなんですけど…!? い、良いんですね、ほんとに…!?)

幸子「そ、その…、失礼します…」

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:32:30.42 ID:N7E971KtO
幸子「……」

P「……」

幸子(ぷ、プロデューサーさんに膝枕されているんですけど…)

幸子(こ、こんなの普段のもりくぼからは考えられないですけど…。で、でも、今日のもりくぼは幸子さんだから…)

幸子(…も、もう少しだけ、甘えてみても大丈夫ですよね…?)

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:33:36.03 ID:N7E971KtO
幸子「あ、あの、Pさん…?」

P「なんだ?」

幸子「こ、このまま、頭を撫でてもらったりは…」

P「そんな事で良いのか?」ナデナデ

幸子(うぅ…。ひ、膝枕をされながら頭を撫でて貰えるのが『そんな事』なんですか…?)

幸子(な、なら、もっと大胆なお願いを…)

幸子(だ、大丈夫ですよね…? も、もりくぼは頑張りましたから…)


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:34:33.68 ID:N7E971KtO
幸子「…Pさん? だ、ダメならダメで良いのですが…」

P「次はなんだ?」ナデナデ

幸子「…け、ケーキを、あーんって…」

幸子(い、言っちゃいました…! こ、これはOKですか…?)

P「ほら、口を開けて。あーん」

幸子(こ、これもOKなんですか…!?)

P「どうした? 食べないのか?」

幸子「い、いえ…。あ、あーん…」

幸子「……」モグモグ


101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:35:39.45 ID:N7E971KtO
幸子(…こ、これはマズいです…。こ、こんな、膝枕をされながら、頭を撫でられて…。そ、その上、ケーキをあーんされるなんて…)

P「よしよし、可愛いやつだなぁ」ナデナデ

幸子「あっ…。ほ、ほっぺはダメなんですけどぉ…」

P「そう言いながら嬉しそうだぞ?」モミモミ

幸子「そ、そんなことは…」

P「ほら、あーん」

幸子「ひ、一口が大きいんですけど…!」

P「早くしないとフォークから落ちちゃうぞ?」

幸子「あ、あーん…」

幸子「……」モグモグ


102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:36:21.29 ID:N7E971KtO
P「ははは。口にケーキ詰め込んで、リスみたいで可愛いなぁ」ナデナデ

幸子「ぷ、プロデューサーさんが無理矢理詰め込んだんですけど…!」

P「そうだったな。さあ、最後の一口だ。あーん」

幸子(うぅ…。こ、こんなに甘やかされたら。も、もう、もりくぼは…)モグモグ

P「口元に食べかすが付いているぞ? 今拭いてやるからな」

幸子(ああ…。もう何も考えられないですけど…)

P「よしよし。可愛い可愛い」ナデナデ

幸子「あうぅ…」

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:38:08.68 ID:N7E971KtO
P「もしかして、眠いのか? 楽屋引き払うまで少し時間あるから、このまま寝ても良いぞ?」

幸子「はいぃ…」

P「よしよし。今日は沢山頑張って体力使ったからな」ナデナデ

幸子(き、気持ち良すぎて、意識が…)

P「可愛い可愛い」ナデナデ

幸子(も、もりくぼも、バラエティのお仕事とか頑張ったら、もしかしてこんな風に…?)

幸子(そ、それなら…。嫌なお仕事も…、ちょっとだけ頑張らないことも…。ないことは…ない、ですけど…)

幸子「スー…スー…」

P「……」


104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 00:39:27.84 ID:N7E971KtO
P「……」prrrr prrrr

P「もしもし、ディレクターさんですか? 今日はありがとうございました」

P「次回のゲストなんですが、うちの森久保乃々ちゃんなんてどうでしょう?」

P「ええ、問題ありません。本人も乗り気で、是非一度バラエティ番組を、と」

P「――はい。はい。ありがとうございます。では、また次回も宜しくお願いします」ガチャ

幸子「スー…スー…」

P「…ほんと可愛いなぁ、森久保ォ」ナデナデ


121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:42:03.65 ID:CZZr59VBO
――――――

乃々「…乃々さん。人間ってなんで生きているんでしょうね?」

幸子「……」

乃々「人生なんて、辛いことや悲しい事ばかりなのに、なんで人はもがき苦しむんでしょう?」

幸子「……」

乃々「ボクほど神に愛され、ヒトの枠を超えたカワイさを持って生まれた人間ですらこんな風に思うんです」

幸子「……」

乃々「…乃々さんは、そんな事を考えたことはありませんか?」

幸子「……」


122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:43:10.22 ID:CZZr59VBO
幸子「…少なくとも、同い年の同僚の女の子のオムツを替えたり、替えてもらったりするためじゃあないとは思いますけど…」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「む、無言で目隠しの隙間から涙を零さないで欲しいんですけど…!?」

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:43:56.37 ID:CZZr59VBO
幸子(うぅ…。ま、まさか、お仕事から帰ってきたら、幸子さんが机の下で死んだ目をして体育座りしているなんて、考えてもいなかったんですけど…)

幸子(お、オムツを穿くように頼んだのはもりくぼですけど…。さ、流石にこんな事になっているとは…)

幸子(な、なんか、物凄く申し訳ないんですけど…!)


124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:44:51.15 ID:CZZr59VBO
乃々「…ごめんなさい、乃々さん」

幸子「えっ…?」

乃々「乃々さん、ボクの代わりにバラエティ番組に出たんですよね? しかも、ドッキリ込みで」

幸子「は、はい…。そうですけど…」

乃々「撮影中に、突然床が開くのは怖いですよね…。ボクも最初は半泣きになりましたよ。今でも若干トラウマです」

幸子(ま、全く笑えない話なんですけど…!)


125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:45:27.55 ID:CZZr59VBO
乃々「…慣れないお仕事で乃々さんも大変な目に遭ったというのに、なんだかボクだけ一方的に愚痴を言うみたいで…」

幸子「い、いえ…。ぜ、全然問題なかったですけど…」

幸子(というか、Pさんにあんなに甘えられて、もりくぼ的には十分に元は取れたというか…)

幸子(ど、どちらにしても、もりくぼの良心が痛むんですけど…!)


126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:46:17.39 ID:CZZr59VBO
幸子「あ、あの…。そ、そろそろオムツを替えようかと思うんですけど…。良いですか…?」

乃々「はい、お願いします。このままだと、ちょっと気持ち悪いので」

幸子「じゃ、じゃあ…。オムツを外し――」

乃々「あっ。ちょっと待って下さい、乃々さん。一応、ちゃんと鍵が掛かっているか、もう一度確認をお願いします」

幸子「はい。ちょっと待って下さい…」

ガチッ ガチッ

幸子「大丈夫みたいですけど…」

乃々「そうですか。普段人の来ない資料室とはいえ、万が一ということもありますからね」


127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:47:13.98 ID:CZZr59VBO
乃々「それでは、お願いします」

幸子「は、はい…。お、オムツを外しますね…」

乃々「……」

幸子「…あ、足を上げて下さい…」

乃々「……」

幸子「ふ、拭きますね…」

乃々「……」

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:47:55.86 ID:CZZr59VBO
乃々「…これって傍から見ると、ボクが乃々さんに目隠しをさせてオムツを交換している図なんですよね」

幸子「そ、そうですね…」

乃々「周りから見たら、ボクが気の弱い乃々さんに、おかしなプレイを強要しているように見え――」

カチャ…

幸子「…え?」

乃々「…え?」

ガチャッ

まゆ「……………………」

幸子「」


129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:48:41.72 ID:CZZr59VBO
乃々「え? え!? か、鍵は確認しましたよね!?」

幸子「」

まゆ「」

乃々「な、なにが起こっているんですか、乃 ――幸子さん!?」

幸子「」

まゆ「」

乃々「な、何か言って下さい!!」

幸子「…あ――」

まゆ「……」フルフル

ガチャッ

幸子「」


130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:49:34.18 ID:CZZr59VBO
乃々「な、なんですか!? 何だったんですか!? まだ誰かいるんですか!? 誰ですか!?」

幸子「…大丈夫です。きっと最後のは、見なかったことにしてあげるという意味です…」

乃々「い、意味分からないことを言わないで下さい!」

幸子「それに、もりくぼのもろくぼは、角度的にこの幸子さんの身体でガードできていたはずですから…」

乃々「乃々さんっ!?」


131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:51:02.32 ID:CZZr59VBO
――――――

ちひろ「あ、まゆちゃん。プロデューサーさんは少し席を外したので、書類はデスクの上に置いておいて下さい」

まゆ「」

ちひろ「…あれ、まゆちゃん? 頼まれた書類は――」

まゆ「…まゆは大丈夫ですよ? ちひろさん」

ちひろ「えっ…?」

まゆ「まゆは、幸子ちゃんのことも乃々ちゃんのことも、妹のように可愛がっているんですから…」

ちひろ「ど、どうしたんですか、まゆちゃん!? なんだか様子が変ですよ!?」

まゆ「幸子ちゃんとは、週末に一緒にお料理を作ったり、お裁縫の練習をしたり、お買い物に行ったり…」

まゆ「乃々ちゃんは、何かあるたびにいつも『まゆさん、まゆさん』って頼りにしてくれて…」

まゆ「二人とも、まゆにとっては可愛い妹みたいなものなんですよ…?」

ちひろ「まゆちゃん!? もともと少なめなハイライトをどこに置いてきたんですか!?」

まゆ「だから、私は幸子ちゃんと乃々ちゃんが仲良しで、とっても嬉しいんですから…。うふ、うふふ…」フラッ…

ちひろ「まゆちゃん! しっかりして下さい! まゆちゃん!?」


132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:52:02.46 ID:CZZr59VBO
ガチャッ

P「さーて、引き続きアイドルのプロデュースを頑張 ――な、何があったんだまゆゥ!?」

ちひろ「そ、それが、私にもよくわからないんです…。と、とりあえずソファーに寝かせて…」

P「何か心当たりは無いんですか、ちひろさん!?」

ちひろ「えっと…。今朝、美穂ちゃんもこんな感じに…」

P「一体何があったんだ美穂ォ!?」


133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:52:39.16 ID:CZZr59VBO
ちひろ「あ、そうだ。確か美穂ちゃん、幸子ちゃんが云々って」

P「幸子?」

ちひろ「まゆちゃんも、乃々ちゃんと幸子ちゃんについて何か言っていましたね」

P「ああ、そういう事ですか」

ちひろ「何かわかったんですか、Pさん?」

P「入れ替わっていますよ、あの二人」

ちひろ「…はい?」


134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:53:42.86 ID:CZZr59VBO
P「もしかしたら他にも何人か関わっているかもしれませんが、とりあえず外見幸子の中身は森久保です」

ちひろ「あの…。言っている意味がいまいちわからないんですけど、それって人格やら魂やらが入れ替わっている的な…?」

P「そんな感じじゃないんですかね? どうせ晶葉か志希あたりの仕業でしょう」

ちひろ「そ、そういえば、美穂ちゃんがおかしくなる前に、乃々ちゃんが晶葉ちゃんの所在を訊いてきましたね…」

P「じゃあ晶葉に確定ですね」


135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:54:36.84 ID:CZZr59VBO
ちひろ「でも、どうするんですか、幸子ちゃんと乃々ちゃん? このままってわけにはいかないですよね…?」

P「まあ、本人たちが隠そうとしているなら黙って見ていれば良いんじゃないですかね? 何かの事故が原因なのか、わざとやっているのかは分かりませんけど」

ちひろ「そ、そうですか…?」

P「さて、とりあえずお前は演技レッスンをマシマシだ森久保ォ! なんだあのだらしない演技は!!」

ちひろ「え、えっと。お手柔らかにしてあげて下さいね…?」


136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 21:55:53.04 ID:CZZr59VBO
P「あ、そうだ。森久保の来週の今日の予定、押さえておいて下さい。記念すべき森久保の初バラエティ出演なんですから」

ちひろ「早速なんて仕事を取ってきているんですか!?」

P「バラエティ出演で新たな魅力をお茶の間に披露だ森久保ォ! それと、勝手にアイドルの人格を入れ替えたバツとして、お前もドッキリでバラエティ出演だ晶葉ァ!」

P「あと、二人だけじゃあ心細かろう。一緒に出演してやれ幸子ォ!」

ちひろ(うわぁ…)

P「俺がどんな手を使ってでも絶対にトップアイドルにしてやるからな、森久保ォ! 晶葉ァ!幸子ォ!」


145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:18:49.83 ID:jtOc6Tl5O
【Side:幸子】

乃々「こ、こんにちは…。森久保乃々ですけど…」

乃々「きょ、今日は、下町グルメツアーということで、ご当地の甘味を紹介していきます…」

乃々「お餅を使った甘味が有名ということで…。と、とても楽しみですけど…」

乃々「で、では、早速行ってみます…」

乃々「……」

ハイ カーット!

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:20:40.90 ID:jtOc6Tl5O
乃々(フフーン! 流石はボク! 乃々さん風の演技もカンペキですね!)

乃々(誰も乃々さんの中身がカワイイボクだと気付いていないようです!)

乃々(…それはそれで、なんだか悲しい気もしますが…)

乃々(皆さん、乃々さんの身体から溢れ出る、普段以上のカワイイオーラに気付かないなんて。全く仕方のない人たちですね!)


147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:21:11.34 ID:jtOc6Tl5O
P「おう。お疲れ様、森久保」

乃々「あ、あれ、プロデューサーさん? 今日の撮影には同行できないって言っていた気が…」

P「仕事が案外早く片付いたからな。森久保の頑張っている姿を見にきたんだ」

乃々「そ、そうですか…」

乃々(……)

乃々(プロデューサーさんも、気付いてくれないんですね…)


148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:21:52.59 ID:jtOc6Tl5O
AD「あの。すみません、プロデューサーさん。ちょっと良いですか…?」

P「あ、はい。今行きます」

P「少し話しをしてくるから、良い子で待っているんだぞ、森久保」

乃々「は、はい…」

AD「さっきの撮影なんですが――」

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:22:40.82 ID:jtOc6Tl5O
乃々(……)

乃々(乃々さんから、今日のお仕事は食レポだと聞いていたので、昼ごはんは抜いてきたのですが…)

乃々(お菓子が対象ですし、要らない心配だったみたいですね)

乃々(ボクはてっきり、前みたいな脂まみれのラーメン3kgを完食とか、レストランのメニュー全制覇まで帰れないとか、そういう系かと思っていました)

乃々(アイドルの食レポには、こういうのもあるんですね)

グゥウウウウウ…

乃々(うぅ…。午前中にダンスレッスンもしましたし、事務所で何か食べておけば良かったです…)

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:23:30.79 ID:jtOc6Tl5O
P「森久保。悪いお知らせだ」

乃々「あ。どうしたんですか、プロデューサーさん…?」

P「機材にトラブルがあったらしくてな。少し待機だ。もしかしたら、冒頭のシーンも撮り直しになるかもしれない」

乃々「そ、そうですか…」

乃々(まあ、ボクとしては別に問題は無いんですが、乃々さん的には大問題なんでしょうね)

P「とりあえず、車の中で待っていて欲しいらしい」

乃々「はい…」

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:24:14.13 ID:jtOc6Tl5O
――――――

P「そういえば、森久保は今日昼食べてなかったよな?」

乃々「はい…。食レポのお仕事と聞いていたので…」

P「育ち盛りなんだし、しっかり食べないとダメだぞ? 差し入れにケーキ持ってきたけど、食べるか?」

乃々「で、でも、撮影は…」

P「しばらく暇になりそうだし、遠慮せずに食べろ。ほら」

乃々「は、はい…」

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:24:56.22 ID:jtOc6Tl5O
乃々(あっ、ボクの好きなフルーツのいっぱい乗ったケーキです。それと、モンブランですか…)

乃々(乃々さんのイメージ的に、なんとなくモンブランの方が好きそうですが…)

乃々「……」チラッ

P「どうした? 遠慮せずに好きな方を選んで良いんだぞ?」

乃々(流石に、ケーキの好み程度で怪しまれたりはしませんよね…?)


153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:25:54.22 ID:jtOc6Tl5O
乃々「じゃ、じゃあ、こっちのフルーツので…」

P「ん? そっちで良いのか? 別に、残りの数は気にしないで良いんだぞ?」

乃々「え、えっと…」

乃々(も、もしかして、怪しまれました!? やっぱり乃々さんリスっぽいから、モンブランの方が…?)

P「ああ。そういえば、森久保はモンブラン苦手だったな。イメージ的についつい勘違いを」

乃々「あっ。は、はい。そうなんですけど…。それじゃあ、頂きますね…」

乃々(乃々さん、モンブラン苦手なんですか。とりあえず、助かりました…)モグモグ

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:27:03.70 ID:jtOc6Tl5O
乃々「そ、そういえば、プロデューサーさん。急に現場に来たのに、よく差し入れなんか用意できましたね…?」

P「実は、前の現場に持って行った物なんだが、渡しそびれてな」

P「保冷剤ももう限界みたいだし、今のうちにスタッフさんたちに配ってくるな」

P「ディレクターさんとカメラマンさんとアシスタントさんと…。よし、足りるな」

乃々「あっ…。い、行ってらっしゃい、ですけど…」

乃々(…よく考えたら、なんでモンブランかフルーツケーキかの二択なんでしょう?)モグモグ

乃々(ショートケーキとかチョコケーキとかの方が、ウケが良さそうだと思いますが)

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:27:45.81 ID:jtOc6Tl5O
――――――

乃々「…あ。なんだか、随分と古風な趣きの和菓子屋さんが見えてきましたけど…」

乃々「で、では、まずはこのお店に入ってみたいと思います…」

乃々(一軒目のお店は、お饅頭屋さんだったはずです)

乃々(お饅頭はテレビ番組で良く食べますから、リポートは任せて下さい!)

ガラッ

乃々「こ、こんにちは…」

店主「ああ、いらっしゃい」

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:28:26.53 ID:jtOc6Tl5O
乃々「こ、こちらのお店は、お饅頭屋さん、ですか…?」

店主「はい、そうですよ。良かったら、ちょっと試食でもしてみますか?」

乃々「は、はい。お願いします…」

店主「ちょっと待ってて下さいね」

乃々「はい…」

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:29:01.05 ID:jtOc6Tl5O
乃々(…乃々さんにしては、ちょっと順調に進め過ぎでしょうか?)

乃々(いやでも、あまり乃々さんっぽくと考えて乃々さんのイメージを悪くしてしまったら大変ですし)

乃々(撮影が順調に進めば皆さん喜んでくれるでしょうし、大丈夫ですよね?)

店主「おまたせ。これがうちの店の看板メニューのひとくち饅頭ですよ」

158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:30:10.72 ID:jtOc6Tl5O
乃々(一口サイズのお饅頭ですか…。定番モノですね)

乃々(定石だと利き手の都合上、一番左が『当たり』のはずです)

乃々(まずは一口噛んで辛い系か苦い系かそれ以外かを判断)

乃々(その後は即座に且つこっそり飲み込んで、口の中に残っているフリをしつつリアクション…)

乃々(さあ! ボクのカンペキなお饅頭リポートを見せてあげましょう!)

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:32:07.83 ID:jtOc6Tl5O
乃々「じゃ、じゃあ、頂きます…」

店主「どうぞ、召し上がれ」

乃々(苦い方がまだマシなのですが…。十中八九、辛い方でしょうね…)

乃々(…さて、覚悟を決めていきますか!)

乃々「……」パクッ

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:32:57.14 ID:jtOc6Tl5O
乃々「……」モグモグ

乃々「…………」モグモグ

乃々「………………」モグモグ

乃々「……………………」ゴックン

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:33:36.40 ID:jtOc6Tl5O
乃々(……)

乃々(辛くとも苦くとも、なんとも無いんですけど…!?)

乃々(スタッフさん、何やっているんですか!? 一個目でリアクション取れなかったら不自然でしょう!?)

乃々(なに皆さんキョトンとした顔でこっち見ているんですか!? 仕込みができていなかったんですよ!?)

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:38:07.09 ID:jtOc6Tl5O
店主「もしかして、口に合わなかったのかい? 最近の子はあまりあんことか好きじゃないからねぇ…」

乃々「い、いえ…。とっても美味しくてビックリして…」

店主「そうかいそうかい。うちは江戸時代から200年以上続く店でね」

乃々「そ、そうなんですか…」

店主「ずっと昔からお饅頭を作っていて。普通のお饅頭と違って、この皮に一工夫が――」

乃々(このおばあさん、なんか語り始めましたけど!? リテイクしなくて良いんですか、スタッフさん!? プロデューサーさん!?)

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/31(木) 06:39:05.35 ID:jtOc6Tl5O
続く。
今日までにパワー持ち紗南お迎えするはずだったのに全くメダル貯まんねぇよ森久保ォ…

186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:39:39.79 ID:Bhf2EvEb0
――――――

乃々(その後の店でも…)

店員「うちのきな粉餅のきな粉は特製なんですよ」

乃々「そ、そうなんですか…」モグモグ ゴックン

店員「大豆の産地から拘っていて、契約農家から――」

乃々「へ、へぇ…」パクッ モグモグ ゴックン

店員「もち米も水への漬け時間から蒸し方まで、店に伝わる秘伝の方法で――」

乃々「そ、それは凄いですね…」パクッ モグモグ ゴックン

店員「そ、そんなに美味しいですか…?」

乃々「え、ええ…」パクッ モグモグ ゴックン

ハイ カーット!

乃々(……)

乃々(普通に完食しちゃったんですけど!?)


187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:40:16.88 ID:Bhf2EvEb0
乃々「す、スタッフさん! 本当にこれで良いんですか!?」

AD「はい。今日はとても順調に進んでいて、ディレクターさんも驚いていますよ」

乃々「そ、そうですか…?」

乃々(うぅ…。ボクから仕込みが出来てないなんて指摘できないですし、本当にこれで数字取れるんですかね…?)


188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:40:45.30 ID:Bhf2EvEb0
P「…なるほどな」

P「見え見えなドッキリだと思わせておいて、何も起こらない。そういうのもあるのか…」

P「よし! 新しい企画がどんどんと浮かぶぞ!! 今夜は徹夜で企画書作りだ!」

P「ほんとお前は罪な女だな、幸子ォ!!」

189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:41:58.97 ID:Bhf2EvEb0
――――――

AD「では、最後のお店の撮影に行きたいと思います」

乃々「は、はい…」

AD「最後のお店はお餅を使った洋風スイーツが人気のお店で――」

prrrrrrrr

AD「あ。すみませんが、ちょっと待っていて下さい」

乃々「はい…」

190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:42:34.63 ID:Bhf2EvEb0
AD「――はい。はい。本当ですか? ええ? わ、わかりました」

乃々(どうしたんでしょうか…?)

AD「はい、では…」

AD「ちょっと待っていて下さい。ディレクターさんとプロデューサーさんに話をしないと」

乃々「は、はい…」

191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:43:40.10 ID:Bhf2EvEb0
P「どうしたんですか? 何かアクシデントでも?」

AD「それが、近くの動物園から動物が脱走したみたいなニュースが流れているらしくて、社の方から撮影は大丈夫かと電話が…」

D「ああ、ネットでもニュースになっているな」

P「大丈夫だとは思いますけど、リテイクする時間は無いですからね…」

D「万が一、撮影が滞ってしまう可能性もありますし、目的地までのルートを少し迂回しますか」

P「そうですね。お願いします」

乃々「……」

乃々(…猛獣が逃げ出した。なるほど、そう来ましたか)

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:44:19.65 ID:Bhf2EvEb0
乃々(猛獣系は危ないのであまり好きじゃあないのですが…)

乃々(とりあえず、脳内シュミレートはしておきましょう)

乃々(…いえ。今回の企画は、なんだか少し定番から外してきている気もするので、他の可能性も考えておきますか)

乃々(例えば…。扉を開けたらネコミミを付けたのあさんがいたり)

乃々(うぅ…。ツッコミが難しそうです…)

193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:45:09.69 ID:Bhf2EvEb0
乃々(ああ。インディヴィジュアルズつながりで、美玲さんもあり得ますね)

乃々(それ以外にも可能性はあります。定番のみくさんや、天然でウケの良いアナスタシアさん)

乃々(コスプレ仕事からなら拓海さんや莉嘉さん。意外性を突いて雪美さんとかも…)

乃々(…大穴で、穂乃香さんや和久井さんあたりが来たらつらそうです)

乃々(のあさんとは違った方向でツッコミしづらいです…。気まずさで…)

P「そういう訳で、森久保。ちょっと歩くルートを変更するからな」

乃々「は、はい…」


195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:48:53.73 ID:Bhf2EvEb0
――――――

乃々「――あ…。なんだか、とても可愛らしいお店が見えてきましたけど…」

乃々「次はここに入ってみますか…」

乃々(猫カフェ、ですか…。トラやライオンが出るにはおあつらえ向きなロケーションですね!)

乃々「じゃ、じゃあ、このお店に入ってみますね…」

乃々(さて、一体何が出て来ますかね…!!)

乃々「こ、こんにちは…」


196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:49:31.46 ID:Bhf2EvEb0
みく「あれ? 乃々チャンだにゃ」

アナスタシア「Да。久しぶり、です」

のあ「奇遇ね…」

乃々「……」

乃々「なんで普通にお茶しているんですか!?」

197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:50:17.89 ID:Bhf2EvEb0
みく「の、乃々チャン!? いつの間にそんな大きい声が出せるようになったのかにゃ!?」

アナスタシア「びっくり、しました…」

のあ「……」

乃々「え? え? 何をしているんですか?」

アナスタシア「みくの労いのために、猫カフェでお茶会、です」

みく「そうにゃ! またPチャンがみくをドッキリでバラエティに出したんだにゃ!」

のあ「反応が面白すぎる貴方にも罪があるわ、みく」

みく「みくのツッコミキャラの原因の一端を担っている奴が何を言うにゃ!?」


198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:52:12.39 ID:Bhf2EvEb0
乃々「…つまり、完全にプライベートでの来店、ということですか…?」

のあ「そうよ」

アナスタシア「乃々は…。ロケのお仕事、ですか?」

乃々「はい…」

のあ「なら、私たちは一般人に紛れましょう。気にせずに撮影を続けなさい」

みく「いや…。みくはともかく、銀髪の女の子が二人もテーブルを囲んでいたら否が応でも目立つにゃ…」

199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:55:14.90 ID:Bhf2EvEb0
乃々「あの…。ところで、みくさん…?」

みく「きゅ、急に耳元で何にゃ?」

アナスタシア「乃々とみく、内緒話ですか?」

のあ「…これは見過ごせないわね」

みく「いいから静かにして欲しいにゃ」

200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:57:32.29 ID:Bhf2EvEb0
乃々「それで、その…。動物園から猛獣が逃げ出した、という話をスタッフさんから聞いたのですが…」

みく「猛獣、かにゃ…?」

乃々「…何か怪しいモノは見なかったですか? てっきり、ここの店でそういうのに遭遇する展開かと思っていたのですけど…」

みく「いや、見てないにゃ。ていうか、乃々チャンはロケ中でしょ? そんなドッキリじみた危険なことは起きないと思うにゃ」

乃々「え? そ、それは…?」

201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:58:39.15 ID:Bhf2EvEb0
みく「アイドルのお仕事なんだから、普通はそんなことは起きないにゃ」

乃々「そ、そうですかね…?」

みく「そうにゃそうにゃ。猫カフェのドアを開いたら猛獣がいたり、グルメリポートのお仕事を受けたらマグロの創作スイーツを食べさせられたり、宇宙旅行と称して千葉県まで拉致連行されたり…」

みく「そんなことは、本来アイドルがやるべき仕事じゃあないにゃ!」

乃々「そ、そうなんですか…?」

みく「…乃々チャンは一体誰の影響を受けたのかにゃ?」

202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 20:59:18.31 ID:Bhf2EvEb0
のあ「内緒話は終わりかしら、乃々?」

乃々「は、はい…」

アナスタシア「では、乃々の邪魔にならないように、もう出ますか?」

みく「そうだにゃ。じゃあ、お仕事頑張って、乃々チャン!」

のあ「また会いましょう…」

アナスタシア「ではまた、です」

乃々「はい…」

203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 21:01:03.44 ID:Bhf2EvEb0
乃々(……)

乃々(…も、もしかして、ああいうつらいお仕事をさせられていたのは、ボクだけなんですか…?)

乃々(……)

乃々(そうですよね! プロデューサーさんの歪んだ好意はボクだけに向けられているんですから!)

乃々(全く。プロデューサーさんはいくらボクがカワイくてアドリブ上手だからといって、無茶なお仕事を回しすぎですよ!フフーン!)

P「……」

208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:04:48.12 ID:kHMo0dFH0
――――――

P「お疲れ様、森久保」

乃々「は、はい。お疲れ様、です…」

乃々(結局、何事も無く撮影は終わりましたけど…)

乃々(こういう肉体的に楽な仕事も、たまには良いものですね)

P「帰りは俺の車で送っていくから、乗ってくれ」

乃々「わ、わかりました…」


209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:05:51.91 ID:kHMo0dFH0
――――――

ガチャッ

P「ただいま戻りま ――って、誰もいないな」

乃々「もう就業時間は過ぎていますからね…」

乃々(…乃々さんも女子寮に帰ってしまいましたか。ここに居てボロを出すよりはマシですからね)

P「ちひろさんは送迎でしばらく戻らないな…。まあ、好都合か」

乃々「好都合、ですか…?」

P「ああ。久しぶりに、森久保とゆっくり話しでもしたいと思っていたからな」

210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:06:35.33 ID:kHMo0dFH0
P「とりあえず、森久保は何か飲むか?」

乃々「あ…。じゃ、じゃあ、コーヒーでも…」

P「わかった。淹れてきてやるから、ちょっと待ってろ」

乃々「はい…」

211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:07:03.17 ID:kHMo0dFH0
乃々(そういえば、最近はお仕事が忙しくて、こうしてゆっくりプロデューサーさんとお話する機会がありませんでしたね…)

乃々(…ちょっと寂しいです。全く、プロデューサーさんは気遣いがなっていないんですから!)

P「おまたせ、森久保。熱いから気を付けろ」

乃々「あ。ありがとうございます…」


212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:07:41.33 ID:kHMo0dFH0
乃々「そ、それで、お話というのは…」

P「別に大したことじゃないんだが、森久保は最近、仕事はどうだ?」

乃々「ど、どうだ、というのは…?」

P「まぁ…。率直に訊くけど、アイドルの仕事は楽しいか?」

乃々「え、えっと…」

乃々(乃々さん、普段はあんな感じですが…)

乃々(心の底だと、アイドルになって良かったと思っているんですよね)

乃々(きっとプロデューサーさんには伝えていないんでしょうけど)

乃々(…なら)


213: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:08:39.90 ID:kHMo0dFH0
乃々「あの…。お、お仕事は…」

P「お仕事は?」

乃々「ちょ、ちょっとだけ…。楽しいです…」

P「本当か?」

乃々「い、いえ…! ちょっとだけ、ですけど! ちょっとだけ…」

乃々「そ、それに、気のせい…。一時の気の迷いかもしれませんけど…!」

P「そうか。良かったよ」

乃々(…まあ、このくらいなら良いでしょう)


214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:10:39.88 ID:kHMo0dFH0
乃々「でも、どうして急にそんな事を…?」

P「いや。今日、お前の仕事を見ていて、本当にこれで良いのかと疑問に思ったんだよ」

乃々「疑問、ですか…?」

P「俺は、アイドルが一番輝けるような仕事を取ってきているつもりなんだ」

P「今回の森久保の仕事だって、お前に相応しい、可愛い面を見せることが出来ると思っていた」

P「森久保だって、俺が持ってきた仕事を、嫌々ながらもこなしてくれたが…」


215: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:11:32.70 ID:kHMo0dFH0
乃々「ど、どうしたんですか…?」

P「アイドルの中には、なんというか、リアクションが面白い奴らがいるだろ?」

乃々「え、えっと…」

乃々(みくさんや菜々さんの事、ですかね?)

P「で。そういう奴らには、必然的にバラエティの仕事を多めに回すんだよ」

乃々(あれ? もしかして、その『リアクションが面白い奴ら』にボクも含まれているんですか!?)


216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:12:23.64 ID:kHMo0dFH0
乃々「あ、あの…! そ、それって幸子さんとか…?」

P「ん? ああ、そうだな。幸子もまだ14歳なのに、随分と大変な仕事をさせてきたな」

P「バラエティに限らず、空を飛ばしたり、海に沈ませたり、地面に潜らせたり…」

乃々(ボクの記憶によれば、地面の下はまだだった気がするんですが!?)

P「俺としては、これがあいつにとって一番人気が出る方法だと思っているんだ。バラエティならゴールデンの仕事も多いし、とにかく目立つ。トップアイドルに
なるにも、まずは知名度が必要だろ?」

乃々「まあ、そうですよね…。名前を売らないと、誰も見向きもしてくれないでしょうし…」


217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:13:33.44 ID:kHMo0dFH0
P「あいつらも、なんだかんだいっても仕事を受けてくれるが…」

乃々「不安に…、なったんですか…?」

P「そうだな…。幸子なんか、カワイイアイドルを自称しているのに、最近はバラエティの仕事が増えてきたし」

P「勿論、アイドルらしいライブやイベントの仕事も入れてきたつもりなんだが…」

乃々(プロデューサーさん、普段はボクの事を雑に扱ったりしているけど、ちゃんと心配していてくれたんですね…)

乃々(……)

218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:15:08.24 ID:kHMo0dFH0
乃々「一つ、確かめておきたいのですが…。プロデューサーさんは、幸子さんたちをトップアイドルにするために、そういうお仕事を持ってきているんですよね…?」

P「ああ。それだけは間違いない」

乃々「なら、大丈夫だと思います…」

乃々「プロデューサーさんが本気でアイドルたちの事を考えているなら、きっとその思いは、いつか伝わると思います…」

P「そうか…? でも、幸子なんかはまだ中学生なのに、体力勝負の仕事も多いからな…」

乃々「あ、あの…。少なくとも、幸子さんは大丈夫だと思いますよ…? だ、だって、その…」

P「なんだ?」

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:16:12.61 ID:kHMo0dFH0
乃々「だ、だって、幸子さんはプロデューサーさんの事が…、す、好きですから…」

P「…森久保」

乃々「い、いえ…! 多分! 多分ですよ!?」

P「そうか。幸子が、か…」

乃々「そ、それに、好きの意味も、そういうのじゃないと思いますから…!! 違うと思いますから!!」

P「ああ。わかってるよ」

220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:18:14.90 ID:kHMo0dFH0
乃々(うぅ…。の、乃々さんの身体だからって、ボクは一体何を言っているんでしょう…?)

乃々(べ、別に本心とかじゃあないですけどね! プロデューサーさんが少し心配そうにしていたから、カワイイボクが同情してあげただけですし!!)

P「…ありがとうな、森久保。少し、気が楽になったよ」

乃々「えっ? は、はい…」

P「森久保は優しい子だなぁ」ナデナデ

乃々「な、なんですか、急に頭を撫で始めて…!?」


221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:20:19.72 ID:kHMo0dFH0
P「何って、仕事が終わった後は大体こうだろ?」

乃々「え、ええっ…?」

乃々(乃々さん、お仕事が終わる度に、いつもこんな事してもらっていたんですか!?)

乃々(な、なんて羨まし ――いえ、けしからない! ボクだってこんな事してもらったこと無いのに!)

222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:21:13.44 ID:kHMo0dFH0
P「どうしたんだ? いつもはもっとグイグイ来るじゃないか?」

乃々(グイグイ!? 乃々さんにそんな一面があったんですか!?)

P「まあ、森久保がいいならそれで構わないのだが」

乃々「え…? いえ、その…」

乃々(……)

乃々(ふ、普段の乃々さんはグイグイ甘えているらしいですし…。大丈夫ですよね?)


223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:22:12.20 ID:kHMo0dFH0
乃々「じゃ、じゃあ、その…。膝に…。失礼します…」

P「ん? 膝に座るのか?」

乃々「だ、ダメですか…?」

P「いや、良いぞ。よしよし、森久保はカワイイなぁ」ナデナデ

乃々「うぅ…」

P「ん? ここが良いのか? ここが良いのか?」

乃々「く、首元はダメなんですけど…!」

P「こんなに嬉しそうな顔をしながら言っても説得力ないぞ?」


224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:23:09.70 ID:kHMo0dFH0
乃々(ああ…、プロデューサーさんがこんなに近くで…。近く…で…)

乃々(…そういえばボク、レッスン終わってからシャワー浴びていないじゃないですか!?)

乃々(乃々さんに身体を拭いてもらっただけですよ!!)

乃々「あ、あの、プロデューサーさん…!? や、やっぱり膝から下ろして欲しいんですけど…!!」

P「いきなりどうした? 」ナデナデ

乃々「あ、汗が…!」

P「ん? 別にそんな臭わないぞ?」

乃々「匂いを嗅がないで下さい!?」


225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 13:25:50.11 ID:kHMo0dFH0
P「ははは。恥ずかしがるな恥ずかしがるな。俺と森久保の仲じゃないか」ナデナデ

乃々「い、意味がわからないんですけど…!?」

P「よしよし。飴ちゃん食べるか? ほら」

乃々「むぐっ! きゅ、急に口の中に詰め込まないで欲しいんですけど!?」

P「森久保はほんとカワイイなぁ」

乃々「は、恥ずかしすぎて、もうむーりぃー…!!」


230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:31:48.56 ID:kHMo0dFH0
【Side:乃々】

幸子(こんにちは、もりくぼですけど…)

幸子(…いえ。今は幸子さんですけど…。でも、心はもりくぼです…)

幸子(もりくぼは幸子さんを見送った後、いつも通りプロデューサーさんの机の下という安息の地に逃げ込んだのですが…)


231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:32:47.15 ID:kHMo0dFH0
輝子「なあ、幸子ちゃん…? なにか悩みでもあるなら聞くぞ…?」

小梅「だ、大丈夫、幸子ちゃん…? もしかして、体調でも悪いの、かな…?」

幸子「い、いえ…」

幸子(な、なんだか机の下に潜ってじっとしていただけなのに、キノコさんと小梅さんがこの世の終わりみたいな表情で心配しているんですけど…!?)


232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:33:41.95 ID:kHMo0dFH0
輝子「こ、小梅ちゃん…。もしかして、幸子ちゃんに何か悪いものが憑いて…」

小梅「ううん…。な、何も憑いてないよ…? ね…?」

幸子(小梅さんの最後のセリフ、明後日の方向に向かって言っていたような気がするのですが…。いえ、深く考えないことにしましょう…)

小梅「ほ、本当にどうしたの…? きょ、今日は一度も『ボクはカワイイ』って、言ってないよ…?」

幸子「そ、それはその…」

幸子(心配の原因はこれですし…。や、やっぱり言わないとダメなんですか…?)

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:34:32.39 ID:kHMo0dFH0
幸子「…あ、あの。その…」

輝子「ど、どうした、幸子ちゃん…?」

幸子「ふ、フフーン…。ぼ、ボクはカワイイですから、大丈夫ですよ…?」

輝子「……」

小梅「……」

幸子(うぅ…。幸子さんの身体でとはいえ、思った以上に恥ずかしいんですけど…!)

幸子(で、でも、これで――)

234: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:35:12.82 ID:kHMo0dFH0
輝子「小梅ちゃん…。きゅ、救急車だ…」

小梅「う、うん…!」

幸子「ま、待って欲しいんですけど…!?」

小梅「だ、大丈夫だよ…? 私たちが付いているから…」

輝子「そうだ…。さ、幸子ちゃんは、と、トモダチだからな…」

幸子「ほ、本当に大丈夫ですから…!」

235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:36:12.06 ID:kHMo0dFH0
輝子「で、でも、今日の幸子ちゃんは、なんかおかしいぞ…?」

小梅「うん…。いつもと比べて、なんだか物静かだし…」

輝子「何故か、机の下に潜り込んでいるし…」

小梅「ハイライトも、ちょっと暗くなっているし…」

輝子「喋り方も、なんかトーンが低いし…。ま、まるで、ボノノさんみたいな――」

幸子「ふ、フフーン! お二人とも、何を言っているんですか!! そんなにカワイイボクの事が心配なんですか? 全く、仕方ないですね!」

幸子「まあ、これもボクのカワイさが原因なんですよね! ああ、ボクってなんて罪な女なんでしょう!!」


236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:37:11.07 ID:kHMo0dFH0
小梅「……」

輝子「……」

幸子(め、滅茶苦茶恥ずかしいんですけど…!!!)

輝子「お、おおぅ…」

小梅「きゅ、急にいつもみたいな感じになったね…」

輝子「そ、それはそれで怪し――」

幸子「あ、怪しくなんてありませんけど!!」


238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:37:57.05 ID:kHMo0dFH0
輝子「でも、なんだか顔が凄く赤いぞ…? も、もしかして、風邪とかなのか…?」

小梅「無理しちゃダメ、だよ…? 幸子ちゃん、おでこ出して…?」

幸子「い、いえ! 大丈夫ですけど!?」

幸子(ていうか、小梅さんの生の手を見たの、地味に初めてな気がするんですけど!)

幸子(それと、別に腕捲りまでしなくて良いですから…!)


239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:39:13.43 ID:kHMo0dFH0
輝子「幸子ちゃん。あ、暴れたらダメだぞ…?」

幸子「あ、あの。やっぱりなんだか恥ずかしいので…!!」

小梅「し、仕方のないね…。ちょ、ちょっとだけ、幸子ちゃんを押さえておいて――」

幸子「い、一体どこに向かって話しかけているんですか、小梅さん!?」

幸子「じっとします! しますから、心霊体験とかほんとむーりぃー…!!」


241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:39:59.45 ID:kHMo0dFH0
小梅「じゃ、じゃあ、いくよ…?」

幸子「ヒャウッ!」

幸子(な、なんで小梅さんの手はこんなに冷たいんですか…!?)

輝子「ど、どうだ、小梅ちゃん…?」

小梅「ちょっと熱い、かな…?」

幸子「いえ、確実に小梅さんの手が冷たすぎるだけだと思うんですけど…?」

幸子(というか、これもうひんやりしているとかいう次元じゃないんですけど!? 冷えピタとかで出来ているんじゃないんですか…!?)


242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:41:21.48 ID:kHMo0dFH0
小梅「ほ、本当に大丈夫なの、幸子ちゃん…?」

幸子「はい…。何も問題はありませんけど…」

輝子「そ、そうか…? まあ、幸子ちゃんが大丈夫って言うなら…。いや、でも…」

幸子(…お二人とも、普段通り言動はちょっとアレですけど、本気で幸子さんの心配をしているんですね…)

幸子(そんなお友達が二人もいて、ちょっとだけ羨ましいです…)


243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:44:17.01 ID:kHMo0dFH0
小梅「…あ。も、もしかしたら、私じゃあ見えないだけで、やっぱり何かが憑いているのかも…」

幸子「えっ…?」

小梅「うん。うん…。そうだよね…」

幸子「あ、あの…。誰とお話ししているんですか…? もり ――ボクには何も見えないんですけど…!?」

小梅「じゃあ、ちょっと呼んで来てくれるかな…?」

幸子「一体どこの誰を呼んで来てもらうんですか…!?」

小梅「えへへ…」

幸子「えへへ、じゃないんですけど!?」


244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:45:16.25 ID:kHMo0dFH0
輝子「さ、幸子ちゃん…。わ、私が育てたキノコ、食べるか…?」

幸子「えっと…。なんですか、その禍々しい色のキノコは…?」

輝子「た、食べると、やたらめったら元気が出るキノコだ…」

幸子「それは法律に引っ掛かるシロモノじゃあないですよね…!?」

輝子「……」

幸子「無言で目を逸らさないで欲しいんですけど…!?」

輝子「じょ、冗談だよ…。フヒ…」

幸子「そ、そうですか…」

輝子「そ、それで…。食べるか…? 一口食べるだけで、すぐに元気になるぞ…?」

幸子「そっちは冗談じゃないですか…!?」


245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:46:06.36 ID:kHMo0dFH0
小梅「幸子ちゃん? ここの真ん中に立って…?」

幸子「な、なんですか、この魔法陣みたいなものは!? あと、その手に持っている怪しい本は…!?」

小梅「だ、大丈夫だよ…? ちゃんと、アドバイス貰いながらやるから…」

幸子「誰からですか!? あと、せめて効能だけでも教えて欲しいんですけど…!」

輝子「食べやすいように、キノコスープに…。こ、こっちのキノコも一緒に入れると、効果も倍増…。フヒ…」

幸子「そっちも食べる前提で準備を始めないで欲しいんですけど!?」


246: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 23:47:00.76 ID:kHMo0dFH0
小梅「だ、大丈夫だよ、幸子ちゃん…?」

輝子「わ、私たちが、普段の元気な幸子ちゃんに、戻してやるからな…」

幸子「心配は嬉しいですけど、なんかもう色々と個性的すぎてむーりぃー…!!」

輝子「……」

小梅「……」

輝子「さ、幸子ちゃんには…」

小梅「負ける、よ…?」

幸子「……」

幸子「えぇ…」

250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:07:45.92 ID:Ot57vmwo0
――――――

幸子(こんにちは、もりくぼですけど…)

幸子(はい。もりくぼは一応無事ですけど…)

幸子(もりくぼはキノコさんの謎スープと小梅さんの謎儀式から逃げ出した後、再びプロデューサーさんの机の下という安息の地に逃げ込んだのですが…)

251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:10:11.39 ID:Ot57vmwo0
ちひろ「れ、冷静になって下さい、まゆちゃん!」

まゆ「うふ、おかしなちひろさんですね。まゆはこんなに冷静なのに…」

ちひろ「と、とりあえず、ゆっくりとショーツを上げて、手に持った紙オムツをこっちに渡して下さい!」

まゆ「それはダメですよ、ちひろさん?」

ちひろ「なんでですか!?」

まゆ「大丈夫ですよ、幸子ちゃん、乃々ちゃん? まゆはちょっと変わった趣味を持ったお二人とも、ちゃんと付き合っていけますから。うふ、うふふ…」

ちひろ「正気に戻って下さい、まゆちゃん!?」


252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:11:48.20 ID:Ot57vmwo0
美穂「ち、ちひろさん。本当に幸子ちゃんの居場所を知らないんですか?」

ちひろ「み、美穂ちゃん!? もう顔が真っ青ですよ! 早くトイレに行って下さい!」

美穂「そんなこと出来ません。幸子ちゃんにおしっこの処理をして貰わないと…」

ちひろ「だからなんでなんですか!?」

美穂「幸子ちゃんはお友達ですから、私は変わった性癖もちゃんと受け止めてあげなきゃダメなんです…」

ちひろ「どうしてそうなるのか私には理解出来ませんよ!?」

美穂「幸子ちゃんはちょっと誤解されやすい子ですから…。友達の私くらいは、幸子ちゃんの全てを受け入れてあげたいんです…!」

ちひろ「だから、もう一回落ち着いて考え直して下さい!」


253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:13:13.91 ID:Ot57vmwo0

幸子(……)

幸子(じ、地獄絵図なんですけど…!!)

254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:14:21.62 ID:Ot57vmwo0
幸子(…え? もしかしてこれ、もりくぼのせいなんですか…?)

幸子(もりくぼが幸子さんに、あんな事を頼んだせいですか…!?)

幸子(友達や妹のように可愛がっている女の子が、目隠しをした同僚のおしっこの処理をしたり、オムツを交換したりする光景を産み出してしまったもりくぼのせいですか…!?)

幸子(…どう考えてももりくぼのせいじゃないですか!)

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:16:15.44 ID:Ot57vmwo0
幸子(うぅ…。これもうどうやって責任を取ればいいのかすらわからないんですけど…)

幸子(と、とりあえず今は、机の下で息を潜めて、やり過ごさないと…)

美穂「な、なんで幸子ちゃんのスマホに繋がらないんですか…!?」

幸子(幸子さんのスマホは、もりくぼの身体に入った幸子さんがロケに持って行ったからです…)

美穂「あ、そうです。あの時、幸子ちゃんは乃々ちゃんと一緒にいたんですから、乃々ちゃんに話を訊いてみましょう」

乃々(!?)

乃々(は、早くスマホの電源を切らないと…!)

ちひろ「そんなことより、早くトイレに行って下さい、美穂ちゃん! それとまゆちゃん、そのサイズのオムツはどう考えても入らな――」

prrrrrrr

乃々「」

256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:28:52.99 ID:Ot57vmwo0
美穂「…机の下から、呼び出し音が鳴ってますね」

まゆ「…もしかして」

幸子「ヒィッ!?」

まゆ「幸子ちゃん、やっと見付けましたよ?」

幸子「あ、ああああの、まゆさん? 瞳のハイライトは…?」

美穂「幸子ちゃん、なんで出てきてくれなかったの…?」

幸子「ヒィッ!? 美穂さんも、なんだか目が据わっているんですけど…!?」

257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:32:05.13 ID:Ot57vmwo0
幸子「ち、ちひろさん、助け―― って、なんで無言で首を振っているんですか…!?」

美穂「幸子ちゃん。私、あの時はびっくりして逃げちゃったけど、別に幸子ちゃんの事が嫌いになったわけじゃあないんだよ?」

まゆ「幸子ちゃん、まゆも覚悟が決まりました。乃々ちゃんと一緒に ――いえ、142'sと、インディヴィジュアルズと、アンダーザデスクのみんなで、これからも仲良くしましょうね?」

幸子「お、おおお落ち着いて欲しいんですけど!?」

まゆ「まゆは落ち着いていますよ?」

美穂「大丈夫。怖がらなくても大丈夫だからね?」

267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:29:34.27 ID:xcnwEaWB0
幸子(こ、これは一体どうすれば…。もりくぼインポッシブルなんですけど…!)

幸子(うぅ…。もう何もかも忘れて机の下から逃げたいです…。でも、幸子さんの身体のままじゃあどこにも逃げられないぃ…)

美穂「ただ、一つ確かめたいことがあるんだけど…。幸子ちゃんは、女の子のおしっこが好きなのかな?」

幸子「いえ、その…」

美穂「もしも私のでも良いなら…。す、少し恥ずかしいけど、幸子ちゃんの事なら受け入れられるから!」

幸子「ぼ、ボクの話を…」

268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:30:36.71 ID:xcnwEaWB0
まゆ「まゆは、幸子ちゃんが女の子のオムツを交換するのが好きでも良いと思いますよ?」

幸子「き、聞いて…」

まゆ「好きの形は沢山ありますからね。そういう気持ちは誰にも止めることはできません…」

幸子「欲しいんですけどぉ…」

269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:31:33.63 ID:xcnwEaWB0
幸子「あ、あの、ちひろさん…!」

ちひろ「え、えーっと。まゆちゃん、美穂ちゃん? 幸子ちゃんも何か言いたいことがあるみたいですし、お話しを聞いてみたらどうですか?」

ちひろ「もしかしたら、何かの誤解という事もあるかもしれませんし」

ちひろ「ね、幸子ちゃん? そうですよね?」

まゆ「…そうなんですか、幸子ちゃん? 幸子ちゃんは女の子のオムツが好きなんじゃあないのですか…?」

美穂「自分にウソを吐かなくてもいいんだからね、幸子ちゃん。 私は、幸子ちゃんはずっと、天真爛漫でいつでも真っ直ぐな幸子ちゃんでいて欲しいな」

270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:32:47.34 ID:xcnwEaWB0
幸子(ど、どうしましょう…? まゆさんと美穂さんが見た光景は真実ですし…)

幸子(おしっこの後始末をしたり、オムツを替えたりしていたのは、幸子さんの身体に入ったもりくぼですけど…)

幸子(か、勝手にもりくぼと幸子さんが入れ替わっているとバラしても良いのでしょうか…?)

幸子(ここまで、もりくぼも幸子さんも、一生懸命隠し通してきたのに…)

ちひろ「幸子ちゃん? 何か言いたい事があったんじゃあないんですか? あるんですよね?」

271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:33:24.35 ID:xcnwEaWB0

幸子「えっと、その…」

幸子(こ、こうなったら、とにかく最低限誤解だということだけでも伝えないと…)

幸子「…あ、あの。ご、誤解なんです…」

美穂「誤解…」

まゆ「ですか…?」

幸子「はい…」

272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:35:04.40 ID:xcnwEaWB0
美穂「でも、私が見た、幸子ちゃんと乃々ちゃんがやっていた事のどこで誤解が生まれるのかな?」

まゆ「まゆの目が確かなら、幸子ちゃんが目隠しをした乃々ちゃんのオムツを替えていたんですけど…」

幸子「そ、それは…」

幸子(うぅ…。やっぱり誤解路線で押し通すのは無理みたいなんですけど…!)

幸子(い、一体どうすれば…)

273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:35:59.27 ID:xcnwEaWB0
まゆ「…そんなにまゆの事が信用できませんか?

幸子「…えっ?」

美穂「私、本当に幸子ちゃんのそういう趣味を受け入れられるんだよ? 私にとって、幸子ちゃんは大切なお友達だから…」

幸子「そ、その…」

幸子(これもうどうすれば良いんですか…?)

幸子(美穂さんもまゆさんも、凄い深刻な顔していますし…)

274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:36:46.93 ID:xcnwEaWB0
幸子(もりくぼが幸子さんにあんな事を頼んだせいで、こんな事になるなんて…)

幸子(幸子さん、もりくぼのために恥ずかしいのを我慢してくれたのに…。まゆさんと美穂さんにおかしな性癖を持った子だと誤解されてしまいました…)

幸子(も、もりくぼの…、せいで…)

幸子「うぅ…。ち、違うんです…。じ、事情は…、グスッ、事情は話せないんですけど…、違うんです…。だ、だから…、ヒック、その…。グスッ…」

幸子(だ、ダメです…。こ、このままじゃあ、またもりくぼのせいで幸子さんのイメージが…)

275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:37:15.18 ID:xcnwEaWB0
美穂「さ、幸子ちゃん!?どうしたの!? な、泣かないで!?」

まゆ「お、おおお落ち着いて下さい、幸子ちゃん!? お話しならいくらでも聞きますからね!? ね!?」

幸子「グスッ…」

幸子「ま、まゆさん…? 美穂さん…?」

276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:37:55.26 ID:xcnwEaWB0
まゆ「大丈夫ですよ、幸子ちゃん? まゆはいつだって幸子ちゃんの味方ですからね…?」ナデナデ

美穂「問い詰めるみたいな訊き方してごめんね? ゆっくり話してくれれば良いんだよ?」ナデナデ

幸子「あ、あの…。えっと…」

幸子(確かに、幸子さんが突然泣き出すなんて、異常事態ですからね)

幸子(…これはもしかして、アレが効くんじゃあないですか…?)

277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:45:53.24 ID:xcnwEaWB0
幸子(涙は女の武器…。もりくぼの最後の手段…)

幸子(物心付いた頃から自然と培ってきた、もりくぼの泣き落としのテクニックです…)

幸子(アイドルたちの演技レッスンを見て目が肥えたプロデューサーさんには全く効かななかったですけど、この状況なら…)

幸子(…おかしな趣味を持った子だと誤解されているよりは、こっちの方がマシですよね?)


278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:51:27.90 ID:xcnwEaWB0
幸子「まゆさん、美穂さん…。ボクの話、聞いてくれますか…?」

美穂「う、うん! 聞くよ!」

まゆ「ちゃんと聞きますから、泣き止んで下さいね!?」

幸子「ボクの言う事、信じてくれますか…?」

美穂「うん!」

まゆ「は、はい!」

279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:51:58.49 ID:xcnwEaWB0
幸子「あ、あの…。やっぱり、あれは誤解なんです…」

まゆ「そ、そうなんですか…?」

美穂「でも…」

幸子「うぅ…。や、やっぱり、お二人とも、ボクの話なんて信じて…。グスッ…」

美穂「し、信じるよ! でも、もうちょっとだけ説明して欲しいかな…?」

280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:52:32.09 ID:xcnwEaWB0
幸子「せ、説明は…、出来ないです…」

まゆ「そんな――」

幸子「でも…。まゆさんと美穂さんなら…。誤解だって信じてくれます、よね…?」

幸子(こ、ここで、うつむきながらの涙目上目遣いで少し悲しそうな表情です…!)

美穂「!?」

まゆ「!?」

281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:53:00.38 ID:xcnwEaWB0
幸子「だ、ダメ、ですか…? ボクの話、信じてくれませんか…?」

美穂「信じた! 信じたよ幸子ちゃん!」ナデナデ

まゆ「幸子ちゃんにも、きっと辛い事情があったんですよね?」ナデナデ

幸子「はい…」

283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:54:13.57 ID:xcnwEaWB0
幸子「詳しくは言えませんけど、ボクと乃々さんに大変な事が起こって、あんな事になって…」

まゆ「それ以上はいいんですよ、幸子ちゃん?」

美穂「幸子ちゃんの言う事だもんね。友達の私が信じてあげないと!」

幸子「あ、ありがとうございます…」

まゆ「ううん、いいんですよ…?」

幸子(あ。二人の目に少しだけハイライトが戻り始めたんですけど…)


284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:55:54.43 ID:xcnwEaWB0
幸子「そ、それと、この話は内緒でお願いします…」

美穂「わかったよ、幸子ちゃん」

幸子「ほ、本当に信じてくれたんですよね…? お二人の事…、信じても良いんですよね…?」

幸子(ここでダメ押しに、涙目上目遣いで少し嬉しそうな表情です…!)

美穂「!?」

まゆ「!?」

幸子(こ、これで…!)

285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:56:52.31 ID:xcnwEaWB0
美穂「幸子ちゃんカワイイ…」

幸子「…えっ?」

まゆ「幸子ちゃんカワイイ…」

幸子「えっ? えっ?」

286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:57:49.38 ID:xcnwEaWB0
美穂「…お話しも終わったことだし、これから久しぶりに、二人でお出かけとかどうかな、幸子ちゃん?」

まゆ「幸子ちゃん、今日はまゆのお部屋で一緒にご飯でもどうですか…?」

幸子「あ、あの…?」

美穂「大丈夫だよ? ちゃんと朝までには帰れる所だから」

まゆ「ご飯を食べた後も、まゆのお部屋でゆっくりしていって良いですからね…? なんなら、お泊りでも…」

幸子「なんだか、さっきまでとは違った感じで目つきがおかしいんですけど…?」


287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:58:29.81 ID:xcnwEaWB0
幸子(ふ、普段の幸子さんとのギャップが大きすぎて、もりくぼの下手な演技でも効果が高すぎたみたいなんですけど…!?)

美穂「まゆちゃん? 幸子ちゃんは私と一緒にお出かけするんだよ?」

まゆ「いくら美穂ちゃんとはいえ、幸子ちゃんは譲れませんねぇ…」

幸子「えっと…。まゆさん? 美穂さん?」


288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:59:05.05 ID:xcnwEaWB0
美穂「……」

まゆ「……」

美穂「……」

まゆ「……」

幸子「あの…」

幸子「うぅ…。もうむーりぃー…!!」

美穂「あっ、幸子ちゃん!?」

まゆ「どこに行くんですか?」

幸子「むーりぃー!!」


289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 12:59:35.17 ID:xcnwEaWB0
ちひろ「……」

ちひろ「うわぁ…」

ちひろ「なんだか、色々と凄いものを見ちゃいましたね…」


297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:00:30.20 ID:8xkCqro10
――――――

幸子(こんにちは、もりくぼですけど…)

幸子(……)

幸子(まゆさんと美穂さんの名誉のためにも、あの後起きた惨劇については何も語りません…)

幸子(ともかく、もりくぼは三度プロデューサーさんの机の下という安息の地に逃げ込みました…)

幸子(その後、あまりの疲れに少し眠ってしまい、目が覚めたら…)

298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:01:06.24 ID:8xkCqro10
乃々「スー…スー…」

幸子「…なんか、もりくぼの身体に入った幸子さんが、凄い幸せそうな表情で寝ているんですけど…」

幸子「スー…スー…」

幸子「幸子さん…? 起きて下さい…」

乃々「んぅ…」

幸子「幸子さん…」

乃々「…ダメですよ。そんな事、まだ早いです…」

幸子「…一体、何の夢を見ているんですかね?」


299: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:01:35.32 ID:8xkCqro10
乃々「んん…、プロデューサーさん…。ダメです…」

幸子「夢の中にまでプロデューサーさんが出てくるとか、どれだけプロデューサーさんが好きなんですか…」

乃々「…女の子の身体は、もっと優しく触らないと――」

幸子「も、もりくぼの身体で一体何の夢を見ているんですか、幸子さん!?」

乃々「っ!? え…? ぼ、ボク…、じゃなくて、乃々さん!?」

幸子「はい…。幸子さんボディに入ったもりくぼですけど…」

300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:02:02.38 ID:8xkCqro10
幸子「ロケ、無事に終わりましたか…?」

乃々「え、ええ。勿論バッチリです! 放送を楽しみにしていて下さい!」

幸子「いえ…。もりくぼの身体が動いて喋っている番組なんて観たくないですし…」

乃々「それはそうと。プロデューサーさんはどこに行ったんですか?」

幸子「ホワイトボードには、今日は会議があるって書いてありますけど…」

乃々「そうですか…。まあ、いいです。じゃあ今日はもう帰りましょうか?」


301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:02:52.27 ID:8xkCqro10
幸子「そ、そのことなんですが…」

乃々「なんですか?」

幸子「もりくぼたち、どっちの部屋に帰るんですか…?」

乃々「そりゃあ…、自分の部屋、ですよね?」

幸子「内側の、ですか?」

乃々「内側の、です」

幸子「なら良いのですけど…」

302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 00:03:22.46 ID:8xkCqro10
幸子「でも、怪しまれたりしませんかね…?」

乃々「隙を見て自分の部屋に帰るしかありませんね。まあ、寮の廊下だって常に誰かがいるわけじゃあないですし、なんとかなるでしょう」

幸子「そ、そうですよね…」

乃々「さて、ケーキや和菓子を食べたりしましたけど、お腹空いてしまいました! 晩ご飯には少しだけ早いですが、何か食べて帰りましょう!」

乃々「乃々さんもご一緒にどうですか?」

幸子「あ、はい…。じゃあ一緒に…」

308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:47:55.23 ID:8xkCqro10
――――――

乃々「…さて、寮に戻って来たわけですが」

幸子「け、結構この時間は人通りが多いですね、廊下…」

乃々「まだ7時ですからね。食堂やお風呂に行く人や部屋に戻る人、自販機の前や休憩所で雑談する人、部屋を行き来する人で、賑わっています」

幸子「ど、どうしますか、これ…。もりくぼの部屋も幸子さんの部屋も、こっそり入れそうにありませんよ…?」

乃々「仕方ありません。一端、ボクの部屋に来ますか?」

乃々「二人でなら怪しまれないでしょうし、少し待てば人通りも少なくなるでしょう」

幸子「そ、そうですね…」

309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:48:39.09 ID:8xkCqro10
――――――

ガチャッ

幸子「お、お邪魔します…」

乃々「どうぞ。って、自分の身体を自分の部屋に案内するって、なんだか変な感じですね」

乃々「とりあえず、適当にくつろいでいて下さい。ボクはお茶の準備をするので」

幸子「はい…。では、失礼します…」


310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:49:25.62 ID:8xkCqro10
幸子(幸子さんのお部屋…。イメージ通りというかなんというか、小奇麗で整理整頓されていますね…)

幸子(…本棚は、教科書や参考書ばかりです…)

幸子(勉強机の上も、ノートと筆記用具だけですね…)

幸子(というか、なんか家具の一つ一つから高級感が漂っている気がするんですけど…。その、木目とかから…?)

311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:49:55.45 ID:8xkCqro10
乃々「おまたせしました、乃々さん」

幸子「あ、いえ…」

幸子(紅茶ってティーパックじゃあないんですね…。なんとなく予想は付きましたが…)

幸子(あと、ティーセットもなんか凄いオシャレで高そうなんですけど…)

幸子(これ、もしも割ったりしたら…)

312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:50:31.41 ID:8xkCqro10
乃々「あの、一体何を緊張しているんですか、乃々さん?」

幸子「え、えっと、他の人の部屋に上がることなんて、なかなか無いので…」

乃々「そうですか。あ、そうだ。ママから美味しいクッキーを送ってもらったので、持ってきますね!」

幸子「えっ? そ、そんな、お気遣いなく…」


313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:51:30.81 ID:8xkCqro10
乃々「乃々さんの身体も結構便利ですね。普段は背伸びしてギリギリ届く棚も、気持ち楽に届きます」

幸子「そ、そうですか…」

幸子(今度は高級そうな缶に入ったクッキーが出てきました…)

幸子(さっきからなんかブルジョワ感が凄いんですけど…!)

314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:52:05.04 ID:8xkCqro10
乃々「そろそろ紅茶もいいですかね」

幸子(紅茶も凄く良い匂いがしますし…)

乃々「乃々さんはお砂糖はいくつ入れますか?」

幸子「えっと…。と、とりあえず、一つで…」

幸子(日本で、自宅で紅茶飲むのに角砂糖使っている人っているんですね…)

幸子(いえ、これは単に習慣的なものでしょうけど…)

乃々「まあ、オトナなボクは入れませんけどね! フフーン!」

幸子(じゃあなんで砂糖が常備してあるんでしょう…?)

315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:52:42.09 ID:8xkCqro10
乃々「さあ、遠慮せずに召し上がって下さい!」

幸子「は、はい…」

幸子「……」ズズッ

幸子(…紅茶、よくわからないですけど、多分美味しいです…)

幸子「……」モグモグ

幸子(…クッキー、なんかあり得ないくらい美味しいです…)


316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:53:11.98 ID:8xkCqro10
乃々「…あの? もしかして、お口に合いませんでしたか?」

幸子「そ、そんな事はないですけど…!?」

乃々「そ、そうですか。まあ、カワイイボクが手ずから淹れた紅茶が美味しくないはずがないですけどね!」

幸子「はい…」

317: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:53:52.07 ID:8xkCqro10
乃々「……」

幸子「……」ズズッ

乃々「……」

幸子「……」モグモグ

乃々「……」

幸子「……」ズズッ

乃々「……」

幸子「……」モグモグ

乃々「……」

幸子(…なんか凄い気まずいんですけど!?)

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:54:40.24 ID:8xkCqro10
幸子(よく考えたら、もりくぼと幸子さんって、そんなに接点無いですからね…)

幸子(キノコさんを通して軽くお話しをした事はありましたけど…)

幸子(別に趣味とかも合わないですし…)

幸子(性格なんて、真逆と言っても過言じゃないですし…)

幸子(二人っきりになってくつろいで、いざ自由に話しても良いとなると…)

幸子(で、でも、お邪魔している身ですし、ずっと無言という訳にも…)

幸子(うぅ…)

319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:55:24.80 ID:8xkCqro10
幸子「あ、あの…!」

乃々「の、乃々さん!」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「さ、幸子さんからどうぞ…」

乃々「いえ、乃々さんから…」

320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:55:53.09 ID:8xkCqro10
幸子「……」

乃々「……」

幸子「い、良いお部屋ですね…!」

乃々「そ、そうですか?」

幸子「はい…。とても…」

乃々「ありがとうございます」

321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:56:19.58 ID:8xkCqro10
乃々「……」

幸子「……」

乃々「乃々さんは、普段プライベートではどんな事を?」

幸子「ま、マンガを読んだり、動物番組を見たり…」

乃々「そ、そうですか…」

幸子「はい…」


322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:56:53.47 ID:8xkCqro10
乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「……」

乃々(全く会話が!)

幸子(続かないんですけど…!?)

323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:57:25.85 ID:8xkCqro10
乃々「…あの。せっかくの機会ですし、何かお話しをしましょうか?」

幸子「は、はい…」

乃々「ボクたちの共通の話題となると…。やっぱり輝子さん辺りですかね?」

幸子「そ、そうですね…」

324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:58:36.66 ID:8xkCqro10
乃々「インディヴィジュアルズでの輝子さんはどうしてます?」

幸子「え、えっと…。ヒャッハーしてます…」

乃々「そ、そうですか…」

幸子「142'sでのキノ ――輝子さんはどうしていますか?」

乃々「そうですね…。ライブとかイベントとかだと、大体ヒャッハーしてますね」

幸子「あ、はい…」


325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:59:05.94 ID:8xkCqro10
乃々「……」

幸子「……」

乃々「…そんなにヒャッハーしてましたっけ?」

幸子「そんなにでも無い気がしてきました…」


326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 21:59:42.14 ID:8xkCqro10
幸子「…あの。輝子さんや小梅さんをお部屋に招く時は、一体どんな事を…?」

乃々「うーん…。輝子さんも小梅さんも、あまりボクの部屋には来ないですからね…」

幸子「そ、そうなんですか?」

乃々「はい。『お茶は美味しいけど、幸子ちゃんの部屋には何も無い』って…」

幸子(確かに…)


327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 22:00:17.70 ID:8xkCqro10
幸子「さ、幸子さんは、普段お家では何をしているんですか…?」

乃々「授業の予習復習とか、ノートの清書ですね」

幸子「それ以外には…?」

乃々「それ以外、ですか? えーっと…」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「…大体その三つで一日が終わりますね」

幸子「そうですか…」

329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/13(水) 22:00:41.52 ID:8xkCqro10
乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「テレビでも、つけますか?」

幸子「そうですね…」

338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:11:52.68 ID:Fqt9aey60
――――――

ちひろ「…あの、プロデューサーさん?」

P「なんですか、ちひろさん?」

ちひろ「もう20時を回ったんですけど?」

P「そうですね」

ちひろ「…退勤時刻はとっくの昔に過ぎていますけど?」

P「心配しないで下さい。ちひろさんの分のタイムカードも押しておきましたから」

ちひろ「なんてことをするんですか!?」


339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:13:10.66 ID:Fqt9aey60
ちひろ「うぅ…。もう帰りたいんですけど…」

P「森久保の真似ですか、ちひろさん?」

ちひろ「もうむーりぃー…」

P「いいから手を動かすんだ千川ァ!!」

ちひろ「…普段にも増してテンション高いですね、プロデューサーさん」

P「ちひろさんが乗ったからじゃないですか」

ちひろ「それにしても…」

P「まあ、今日は担当アイドルたちの可愛さを再確認できた一日だったので」


340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:13:41.76 ID:Fqt9aey60
ちひろ「そういえば、幸子ちゃんと乃々ちゃん、どうするんですか? あのままじゃあマズいですよ?」

P「ん? 何か問題でも起こしたんですか?」

ちひろ「いえ、問題を起こしたというか、問題を引き起こしたというか…」

P「やけに歯切れが悪いですね」

ちひろ「まあ、まゆちゃんと美穂ちゃんの名誉のために詳しくは言いませんが…」


341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:14:22.00 ID:Fqt9aey60
P「とりあえず、こっちで晶葉にコンタクトを試みていますよ」

P「仕事が終わるまでに連絡が来なかったら、こっちから出向いて――」

prrrrrrr

P「噂をすればなんとやら、ですね」

ちひろ「晶葉ちゃんからですか?」


342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:15:43.94 ID:Fqt9aey60
P「晶葉ァ! なんで幸子と森久保の中身が入れ替わっているんだ!!」

ちひろ「電話出て第一声がそれですか…」

P「知らない? 証拠は上がっているんだぞ晶葉ァ!」

ちひろ「情況証拠だけですけどね」

P「ん? 誤起動? なんで勝手に装置が作動するように設定したんだよ?」

P「治るのか? そうか…」

P「…そうだな。情緒酌量の余地有りだな」

P「とりあえず、明日朝イチで迎えに行くぞ。それと、俺が入れ替りに気付いている事は、誰にも言わないように」

P「じゃあ、明日迎えに行くからな。明け方はまだまだ冷え込むから暖かくして寝ろよ晶葉ァ!」

343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:16:34.09 ID:Fqt9aey60
ちひろ「…治るんですか?」

P「はい。明日の朝イチで治せるらしいですよ」

ちひろ「晶葉ちゃんのバラエティのお仕事はどうしますか?」

P「そのまま続けて下さい」

ちひろ「情緒酌量の余地はどうしたんですか?」

P「ドッキリで出演から通常の出演に変更で話を通しておきます」

ちひろ「うわぁ…」


344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:17:38.09 ID:Fqt9aey60
P「さて、今日得た諸々から新しい企画を練らないと。トップアイドルへの道は険しいですからね」

ちひろ「その前に私たちが過労死しませんか、この仕事量?」

P「さーて。気分転換にラジオでもつけますか!」

ちひろ「私の話を聞く気ゼロですね…」

ラジオ『――続いてのニュースです。本日14時頃、移動動物園から、鹿3頭とロバが脱走するという事件が起こりました。原因は飼育員によるケージの締め忘れと思われ、周囲の道路は一時封鎖され――』

ちひろ「そういえば、これ乃々ちゃんのロケ現場の近くじゃなかったですか? 撮影は大丈夫だったんですか?」

P「はい。大した問題も無く終わりましたよ」

345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:18:28.21 ID:Fqt9aey60
P「そうそう。この時の森久保がカワイくてですね」

P「いえ、森久保といっても、中身幸子の森久保なんですが。このニュースが何かのドッキリの一環だと勘違いしたみたいで」

ちひろ「だいたいプロデューサーさんのせいですよね」

P「次はどこから何が来るのか警戒しちゃって。まあ、結局来たのはオフのにゃん・にゃん・にゃんだったんですけど」

ちひろ「もう。あまり幸子ちゃんをいじめちゃあダメですよ? 色々と逞しい子ですけど、まだ14歳の女の子なんですから」

P「わかっていますよ。でも、そろそろカワイイ仕事も入れてやらないとなぁ」

346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:18:59.18 ID:Fqt9aey60
ちひろ「あ、そうだ。またうちの事務所のCuから誰かファッションショーに出せないかと話が来ていましたよ」

P「良いタイミングです。早速、そっちも進め始めて下さい」

ちひろ「じゃあ、幸子ちゃんで応募出しておきますね」

ちひろ「…あれ? また私の仕事が増えてませんか?」

P「墓穴を掘りましたね」

347: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/16(土) 14:19:29.27 ID:Fqt9aey60
ちひろ「ちょっとPさん! これ日付が変わるまでに帰れるんですか?」

P「大丈夫ですよ。タクシー券なら腐るほど支給されましたから」

ちひろ「私のプライベートの心配をして欲しいんですけど!?」

P「頑張って下さい、ちひろさん!」

ちひろ「もうむーりぃー…。帰るぅ…」

P「可愛いアイドルたちの笑顔を思い浮かべて頑張るんだ千川ァ!」


352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:50:20.10 ID:7yeswawH0
――――――

prrrrrrr

幸子「…うぅん」

prrrr

幸子「…もしもし、もりくぼですけど…」

幸子「っ!? い、いえ、カワイイ輿水幸子ですけど!!」

幸子「…晶葉さん? その…、少し寝ていて…」

幸子「はい、もりくぼです…。幸子さんボディに入ってしまったもりくぼなんです…」

幸子「えっと、なんやかんやで晶葉さんの研究室の怪しい装置に入ってしまい…」


353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:51:24.83 ID:7yeswawH0
幸子「え? 治るんですか? …明日の朝イチで?」

幸子「あ、一端帰って来るんですか…。丁度良かったです…」

幸子「はい…。はい、わかりました」

幸子「じゃあ、明日の朝に研究室に行きます…」

幸子「あ。こ、今回の事は、プロデューサーさんには内緒でお願いします…」

幸子「いえ…。もしも入れ替わっていたと知られたりしたら…、もりくぼは遠くへ旅立ちます…」

幸子「はい。お願いします…」


354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:52:39.11 ID:7yeswawH0
幸子「……」

乃々「スー…スー…」

幸子「いつの間にか、二人して寝てしまったみたいですね…」

幸子「幸子さん…。起きて下さい…」

乃々「んん…」

幸子「幸子さん…」

乃々「ふぇ…?」

幸子「おはようございます…」

乃々「…絶世の美少女がいると思ったら、ボクの身体に入った乃々さんじゃないですか…」

幸子「幸子さん、寝起き良いんですね…」


355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:53:32.72 ID:7yeswawH0
幸子「さっき、晶葉さんから連絡が来ました…」

乃々「えっ!? な、なんて言っていましたか!?」

幸子「元に戻せるらしいです」

乃々「本当ですか!?」

幸子「明日の朝イチで事務所に戻って来るから、研究室に来て欲しいそうです…」

乃々「そうですか…。これで一安心ですね!」

幸子「はい、そうですね…」


356: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:54:21.97 ID:7yeswawH0
乃々「って、もう8時半じゃないですか! 早くしないとお風呂が閉まってしまいますよ!」

幸子「…え? お、お風呂入るんですか…?」

乃々「当然ですよ! ボクなんて、今日はレッスンの後、シャワーも浴びずにロケのお仕事に行ったんですから!」

幸子「そ、そうですよね…。やっぱり入りますよね…」


357: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 01:55:14.40 ID:7yeswawH0
乃々「…恥ずかしいのは分かりますけど、これだけはお願いしますよ?」

幸子「は、はい…」

乃々「じゃあ、行きますか。この時間だとあまりゆっくりできませんけど、とりあえず身体は洗わないと!」

幸子「あ、あの…。その事なんですが――」


365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:32:33.87 ID:7yeswawH0
――――――

乃々「…そういえば、乃々さんを大浴場で見た事は一度も無かったですね」

幸子「はい…」

乃々「てっきり、わざわざ事務所まで行ってシャワー室を使っているのかと思っていたのですが…」

乃々「まさか、大浴場が閉まってから一人で使っていたなんて、思わなかったです」

幸子「その…。皆さんには内緒にしておいて下さい…」


366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:33:51.77 ID:7yeswawH0
乃々「それにしても、よくこんな許可が下りましたね」

幸子「寮に入る時、プロデューサーさんに頼み込んだら、掛けあってくれて…」

幸子「裸を見られるとか、ほんと無理なので…。浴槽のお湯を抜いている間の20分だけ、という条件で…」

乃々「…プロデューサーさんって、なんだか乃々さんには甘くないですか…?」

幸子「そ、そうですかね…?」


367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:34:35.96 ID:7yeswawH0
乃々「さて。何はともあれ、時間は20分しかないんです! 早く入ってしまいましょう!」

幸子「そ、そのことなんですが…」

乃々「わかっていますよ。目隠しですよね」

幸子「い、いえ…。こ、今回は、目隠しは…、いいです…」

乃々「えっ?」


368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:35:05.84 ID:7yeswawH0
乃々「どうしたんですか、乃々さん!?」

幸子「め、目隠しはダメです…。あれは悲劇を産みます…」

乃々「あ、あの時なにがあったんですか!?」

幸子「あの時というか、あの後というか…」

幸子「あ、でも一応解決はしましたけど…。誤解も…、多分解けて…」

乃々「ボクの知らない間に一体何が…!?」

幸子「そ、その話はもういいんです…!」


369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:35:34.26 ID:7yeswawH0
乃々「…本当に大丈夫なんですか?」

幸子「だ、大丈夫ではないですけど…。こ、これ以上、幸子さんに迷惑はかけたくないので…」

乃々「乃々さん…」

幸子「で、でも、見ないで下さいね! でっかいタオル持ってきたので、その、上も下も隠して…」

乃々「わかりました。じゃあ入りますか」

幸子「はい…」



370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:36:09.96 ID:7yeswawH0
乃々「しかし、誰もいないお風呂も新鮮ですね。朝早くや晩ご飯どきでも大抵何人かいるものですから」

幸子「そ、そうですね…」

乃々「浴槽に浸かれないのは寂しいですけど、それでも他の人の目を気にせず伸び伸び入れるのは羨ましいです」

幸子「そうですか…」

乃々「…脱がないんですか?」

幸子「いえ…」


371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:36:46.74 ID:7yeswawH0
乃々「一応言っておきますけど、ボクの身体ですからね、それ?」

幸子「そ、そうですけどぉ…」

乃々「ボクの、恥じる点が欠片もない完全無欠でカワイイ身体なんですから、胸を張って脱いで下さい!」

幸子「うぅ…。幸子さんの身体でも、やっぱり見られると、気分的に恥ずかしいんですけど…!」

乃々「…わかりました。じゃあボクは先に行って顔でも洗っているので、乃々さんも早く来て下さいね!」

幸子「はい…」

乃々「絶対にですよ! ボクの身体なんですから、ちゃんと綺麗にしてから寝ないといけないんですからね! 逃げたりしたらダメです!」

幸子「はいぃ…」


372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:37:25.79 ID:7yeswawH0
幸子「……」

幸子「…早くお風呂に行かないと」

幸子「ふ、服を脱いで、タオルで隠して…」

幸子「うぅ…。大きいタオルは幸子さんに貸してしまいましたから、普通のタオルしか…。こ、これじゃあ座ったら、下しか隠せないんですけど…!」

幸子「身体も髪も、片手で洗わないと…」

乃々「乃々さーん! まだですかー?」

幸子「い、今行きますけど…!」

幸子「こ、こんな事なら、大きいタオルをもう一枚買っておくべきでした…」


374: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:38:09.06 ID:7yeswawH0
乃々「ああ。やっと来ましたね」

幸子「あ、あまり見ないで欲しいんですけど…」

乃々「さて、時間も無いですし、早く身体を洗ってしまいましょう!」

幸子「は、はい…」

乃々「…とは言ったものの、ボクは物心ついた時からずっとショートカットのままだったので、長い髪をどうやって洗えばいいのか…」

幸子「も、もりくぼが洗った方が良いですか…?」

乃々「髪は女の命と言いますからね。下手に洗って痛めたりしたら乃々さんに申し訳ないですし、そうして貰えると助かります!」

幸子「じゃ、じゃあ、もりくぼが洗いますね…」


375: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:38:52.81 ID:7yeswawH0
幸子「あの…。まず、シャワーをかけます…」

乃々「はい」

幸子「あ、洗い始めます…」

乃々「どうぞ」

幸子「……」

乃々「……」


376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:39:27.94 ID:7yeswawH0
幸子「ど、どこか痒い所とかは…?」

乃々「大丈夫ですよ。気持ち良いです」

幸子「そ、そうですか…」

乃々「でも、こうしていると、昔を思い出しますね。小さな頃は、毎日こうしてママに髪の毛を洗ってもらっていました」

幸子「幸子さん、ご両親ととても仲が良いみたいですね…」

乃々「はい。パパもママも、もうボクにメロメロですから! まあ、こんなにカワイイ娘なんですから、当然ですよね! フフーン!」

幸子「そ、そうですね…」


377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:39:59.44 ID:7yeswawH0
幸子「では、流しますね…。一応、タオル押さえておいて下さい…」

乃々「はい。どうぞ」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「綺麗に流せましたか…?」

乃々「大丈夫だと思いますよ?」

378: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:40:31.88 ID:7yeswawH0
幸子「最後に、邪魔なので髪の毛を軽くお団子にします…」

乃々「えっ? 終わりですか?」

幸子「終わり、ですけど…?」

乃々「その…、トリートメントとか、そういうのは…?」

幸子「リンス入りのものなので…」

乃々「…もう少し気を遣いませんか? 乃々さんもアイドルなんですし、髪だって毎日巻いているんですから!」

幸子「そ、その内…。いつか、きっと…」


379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:40:59.66 ID:7yeswawH0
乃々「さて、次は身体を洗う訳ですが…」

幸子「…あ。も、もりくぼの身体は、もりくぼが…」

乃々「やっぱりそうなりますか」

幸子「ダメ、ですか…?」

乃々「今さらですね。なんもう慣れてしまいそうですよ」

幸子「すみません…」


380: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:41:25.26 ID:7yeswawH0
乃々「覚悟は出来ているので、早く済ませましょう!」

幸子「そ、そうですね…。では、タオルを外すので、目をつむって欲しいんですけど…」

乃々「いいですよ」

幸子「じゃ、じゃあ、外します…」

乃々「はい」


381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 13:42:23.45 ID:7yeswawH0
乃々「…やっぱり、少し気恥ずかしいですね。目をつむったままで裸を見られるのは」

幸子「ご、ごめんなさい…」

乃々「いいですよ。しかし、乃々さんだってボクほどではないにしても十分カワイイんですから、そんなに恥ずかしがらなくても良いと思いますよ?」

幸子「そ、そう言って貰えるのは嬉しいですけど…。でもむーりぃー…」

乃々「まあ、今はいいです。それよりも、しっかり洗って下さいね! レッスンやロケのお仕事で、だいぶ汗をかいてしまったので!」

幸子「は、はい…。頑張ります…」


382: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:05:00.32 ID:7yeswawH0
幸子「…あの。今もりくぼもタオル外したので…。もりくぼ裸なので、絶対に目を開けないで下さいね…?」

乃々「わかっていますよ、乃々さん」

幸子(うぅ…。幸子さんの身体なのに、誰かの前で裸になるというだけで、なんでこんなにも恥ずかしいんでしょうか…?)

幸子(幸子さんの言う通り、この身体に恥ずかしい所なんて無いのに…)

幸子(…そういえば、幸子さんって案外おっぱい大きいですよね…)

幸子(小柄な上に、極端にという訳じゃないせいで、あまり目立たないですけど…)

幸子(もりくぼの身体は、まだこんななのに…)

幸子(って、もりくぼは自分の身体を洗いながら一体何を考えているんですか…!?)


383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:05:29.26 ID:7yeswawH0
幸子(…Cくらい、ですかね…?)

幸子「……」

幸子「……」モミモミ

乃々「乃々さん、どうしました? なんで手を止めたんです?」

幸子「い、いえ…。な、なんでも…!!」

幸子(さ、幸子さんの、柔らかいです…。凄く…)モミモミ


384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:06:02.92 ID:7yeswawH0
幸子「……」チラッ

乃々「乃々さん? 前だけじゃなくて、背中も洗って貰わないといけませんよ?」

幸子「は、はい…。続けますね…」

幸子(も、もりくぼも、いつかはこれくらい…? いえ、別にそんなに欲しい訳じゃないですけど…)

幸子(でも、せめてもう少しくらい…)


385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:06:35.87 ID:7yeswawH0
幸子「…幸子さん。その…」

乃々「どうしました?」

幸子「…あ、えっと…。な、なんでもないです…!」

乃々「気になるじゃないですか」

幸子「いえ、大したことじゃあないので…」

乃々「じゃあ言って下さい」


386: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:07:33.37 ID:7yeswawH0
幸子「…おっぱい、どれくらいあるんですか…?」

乃々「えっ…?」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「うぅ…」

乃々「自分で言って恥ずかしがらないで下さい!!」


387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:08:07.40 ID:7yeswawH0
乃々「まあ、女の子同士ですし、事務所のホームページでも公開している情報ですから、別に構わないですけど」

乃々「前に測った時は、74でしたね」

幸子「な、74…」

乃々「それがどうしました?」


388: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:09:02.23 ID:7yeswawH0
幸子「…もりくぼより、1cm大きいです…」

乃々「ああ…」

幸子「身長はもりくぼの方が7cmも高いのに…」

乃々「ま、まあ、これからなんじゃないですかね? 詳しくは知らないですけど」

幸子「ち、因みに、何か心がけている事とかは…?」

乃々「特には無いですが…。でも、健康的な生活を送るようにはしていますね」

乃々「バランスの良いご飯を三食と、早寝早起きです!」

幸子「うぅ…。やっぱり、そういう所で差が…」


389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:09:36.18 ID:7yeswawH0
乃々「でも、ちょっと意外です。乃々さん、あまりそういう事に興味が無いと思っていました」

幸子「そ、そんなに気にしている訳でもないのですが…。流石にもう少しくらいは、と…」

乃々「しかし、こればかりはどうしようも無いですね。遺伝とかの要素も大きいみたいですし」

乃々「けど、乃々さんなら、あと数年経てばスレンダーな美女路線もイケるんじゃないですか? Co属性なんですし」

幸子「美女路線とか、絶対に無理なんですけど…」


390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:10:25.17 ID:7yeswawH0
幸子「…失礼な質問かもしれないですけど、幸子さんは、もっと身長が欲しいとか思った事は無いのですか…?」

乃々「無いですね! 背の低さもボクのカワイさを引き立てる要素ですから!」

幸子(す、凄いポジティブ具合なんですけど…)

乃々「そろそろ終わりですか? 正直、ちょっとだけ乃々さんが恥ずかしがる気持ちがわかってきましたよ」

幸子「あ…。ご、ごめんなさい…。今流しますね…」


391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:10:59.92 ID:7yeswawH0
乃々「はあ、さっぱりしました! 次は乃々さんの番ですね!」

幸子「はい…。あの、申し訳ないのですが、もりくぼが洗っている間、どっか向いてシャワーで温まっていて貰えませんか…?」

乃々「頭はボクが洗ってあげますよ!」

幸子「え、えぇ…!?」

乃々「遠慮しないで下さい! あ、乃々さん。タオルの場所が分からないので、取って下さい!」

幸子「は、はい…。どうぞ…」


392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:11:44.21 ID:7yeswawH0
乃々「とりあえず、まずは顔を洗って下さい。カワイイボクの顔なんですから、珠を磨くように丁寧かつ繊細にお願いしますよ!」

幸子「はい…。うぅ…、片手じゃあ洗いづらいですね…」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「あの…。目を開けられないからただの勘なんですけど…。なんか凄いもりくぼの事見つめていませんか…?」

乃々「見つめていませんから、早く洗い終えて下さい!」

幸子「あ…。もう大丈夫だと思います…」


393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:12:45.07 ID:7yeswawH0
乃々「では、纏めて頭からお湯かけますね!」

幸子「は、はい…」

乃々「では、シャンプーいきますよ!」

幸子(うぅ…。タオル一枚なのに…。背中ノーガードなのに、後ろから見られて…。や、やっぱり恥ずかしいんですけど…!)

乃々「痒い所があったら言って下さい!」

幸子「も、もう少し左をお願いします…」


394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:13:31.46 ID:7yeswawH0
幸子(…あっ!? い、今気付いたんですけど、タオルが張り付いて、身体のラインが…!)

乃々「なんでタオルの上からさらに身体を隠すんですか?」

幸子「い、いえ…。気にしないで下さい…」

乃々「そうですか…? そろそろ髪の毛流しますね!」

幸子「はい…」

395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:14:09.63 ID:7yeswawH0
乃々「今日は時間もありませんし、コンディショナーだけにしておきますか」

幸子「幸子さんの身体なので、全てお任せします…。好きにして下さい…」

幸子(というか、幸子さんってそんなに髪の毛に気を遣っていたんですね…)

幸子(いつも横の所がハネているので、案外適当なのかと思っていました…)

乃々「また流しますよ」

幸子「あ、はい…」

乃々「後は乃々さんが身体を洗えば終わりです! では、ボクは少し温まっているので、気にしないで洗って下さい!」


396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:14:53.32 ID:7yeswawH0
――――――

乃々「さて、そろそろ出ないといけないですね。掃除の人に迷惑を掛けてはいけませんし!」

幸子「それじゃあ、身体はもりくぼが拭きますね…」

乃々「はい。お願いします」

幸子「……」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「なんかもう一周回って、こういうのも良いかもしれませんね。なんだかお嬢様になったみたいで!」

幸子(元々、十分良いとこのお嬢様なんじゃあないですかね…?)


397: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:15:30.88 ID:7yeswawH0
乃々「じゃあ、ボクは先に上がっているので、乃々さんも身体を拭いたらすぐに来てボクに服を ――あれ?」

幸子「どうしましたか、幸子さん…?」

乃々「おかしいですね、ボクの石鹸が見当たらないです。さっき籠に入れたと思ったのですが…」

幸子「えっと…、シャワーの方には無いみたいですね…」


398: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:16:09.29 ID:7yeswawH0
乃々「せっかくちょっと奮発して高いものを買ってみたのですが…。これ以上長居してご迷惑をかけるわけにもいかないですし、諦めますか」

幸子「でも、もったいないですし、もう少し――ひゃあ!?」

乃々「えっ、ちょっ!? 後ろからタオル引っ張らないで――」

ドンガラガッシャーン


399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:17:16.58 ID:7yeswawH0
乃々「後頭部っ! 後頭部なんかにぶつけました!? 桶!? 桶ですかねこれ!?」

幸子「うぅ…」

乃々「乃々さん! 一体何が!? ていうか重いです乃々さん!!」

幸子「せ、石鹸が…。椅子の陰に…。ひ、膝…」

乃々「と、とりあえず、ボクの上からどいて下さい! お腹辺りになんか柔らかい感触が二つあって、なんとも言えない感じです!!」

乃々「あと、ボクの鼻の前に、とても恥ずかしいものが来ているんですけど!!」

幸子「み、見ないで欲しいですけど…!?」

乃々「じゃあ早くどいて下さい!!


400: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:18:12.75 ID:7yeswawH0
幸子「あ、あの…! こ、これ、もしかしたら、膝の皿が…!」

乃々「ええ!?」

幸子「す、すみませんけど、少し待って下さい…。ちょっと立ち上がれそうにないので…」

乃々「可及的速やかにお願いしますね! ボクの恥ずかしいところとフトモモで塞がれて視界がゼロです! この体勢で視界ゼロは怖いです!」

幸子「あ、そうだ…。石鹸はあっちの…。入り口の方に飛んで――」

ガラッ

美玲「……………………」

幸子「」


401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:18:57.32 ID:7yeswawH0
乃々「え? え!? ま、まさか、掃除の人ですか!?」

幸子「」

美玲「」

乃々「ボ ――もりくぼたちが出るまで誰も入って来ないはずですよね!?」

幸子「」

美玲「」

乃々「な、何が起きているんですか!?」

幸子「こ、これは――」

美玲「」

ガラッ

幸子「」

402: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:19:42.51 ID:7yeswawH0
乃々「な、なんですか!? 誰だったんですか!? というかいい加減にボクの上からどいて下さい!!」

幸子「…やはり、こうなってしまう運命なのですか…?」

乃々「い、意味分からないことを言わないで下さい!」

幸子「きっと、運命には逆らえないんですね…」

幸子「でも、今回ももりくぼのもろくぼは、咄嗟になんとかガードできました…」

乃々「せめてお股から手をどけて下さい、乃々さん! 聞いてますか乃々さん!?」


403: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:21:19.36 ID:7yeswawH0
――――――

輝子「み、美玲さん…。やっぱり浴場に誰かいたのか…?」

美玲「」

輝子「み、美玲さん? 浴場からボノノさんの声がした、ってのは――」

美玲「…ウチは大丈夫だぞ、キノコ」

輝子「えっ…?」

美玲「ノノは普段はあんなだけど、インディヴィジュアルズの大事なメンバーだからな…」

輝子「ど、どうしたんだ、美玲さん…!? なんだか様子が変だぞ…!?」

美玲「ノノはウチが引っ張ってやらないとダメな奴で、周りに振り回されがちだけど…。芯の強い所はあるし…」

美玲「幸子だって、キノコの所属を巡ってよくケンカしたりするけど、本当は悪いヤツじゃないってことくらい、ウチも知っているし…」

美玲「あれが本人たちの意思なら…。ウチに口を出す権利は…」

輝子「か、片目からハイライトが消えているぞ!?」

美玲「これでいいんだ…。別に、オンナ同士でそういう事をしていたとしても、幸子もノノも…、ウチの仲間だからな…」

輝子「美玲さん…!? な、何があったんだ、美玲さん!?」


404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:22:19.52 ID:7yeswawH0
小梅「しょ、輝子ちゃん…!」

輝子「あ。こ、小梅ちゃん…」

小梅「一緒にホラー映画観るって約束したのに、なかなか来ないから迎えに…。あ、美玲さん。こ、こんばんは…」

美玲「」

小梅「幸子ちゃん、電話したけど連絡つかないよ…」

輝子「そ、そうか…。そうだ、美玲さんを誘ったら一緒に観るって言ったから、どうせならボノノさんもと思ったんだが…」

輝子「小梅ちゃんの部屋に行ったら、ボノノさんと幸子ちゃんに、もう一度連絡してみるか…」


405: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 14:23:18.36 ID:7yeswawH0
美玲「…幸子とノノは、そっとしておいてやれ…」

小梅「えっ…?」

美玲「そして、ウチのこともそっとしておいてくれ…。少し心の整理をしたいんだ…」

輝子「ど、どこに行くんだ、美玲さん? 美玲さん…!?」

輝子「…い、一体どうしたんだ、美玲さん…?」

小梅「結局、また二人でホラー映画だね…。みんな、来てくれない…」

輝子「ウン…」


411: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:48:44.47 ID:WwKq6Ks90
――――――

幸子「うぅ…。膝が痛いんですけど…」

乃々「腫れていないですし、曲げられるなら大丈夫かもしれませんが…」

乃々「一応、病院とかに行ってみますか? もしもの事があったら大変ですし、探せば今からでもどこか…」

幸子「い、いえ…。痛みも引いてきたので、多分大丈夫だと…」

幸子「それよりすみません…。おぶってもらって…」

乃々「ま、まあ、カワイイボクの大切な身体ですからね! 気にしないで下さい!」

幸子「ありがとうございます…」


412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:49:43.90 ID:WwKq6Ks90
乃々「では、このまま乃々さんの部屋まで送って行きますね! この時間なら問題なく入れるでしょう」

幸子「そ、そこまでしてもらわなくても…。ちょっと痛いですけど普通に歩けると思いますし、もりくぼの部屋まで行ったら遠回りじゃないですか…」

幸子「そ、それに、幸子さんの手とか足とか、なんかプルプルしてきましたよ…?」

乃々「も、問題ありません! レッスンで鍛えていますから!」

幸子「でも…」

乃々「…わかりました。じゃあ、まずボクの部屋に行きましょう。部屋に湿布があるので、貼ってあげますよ」

幸子「は、はい…。本当にありがとうございます…」


413: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:50:13.85 ID:WwKq6Ks90
――――――

乃々「や、やっと着きました…」

幸子「だ、大丈夫ですか…?」

乃々「は、はい。鍵開けるので、一端下ろしますね」

幸子「はい…」


414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:51:30.94 ID:WwKq6Ks90
ガチャッ

乃々「じゃあ、入って下さい。歩けますか?」

幸子「はい、失礼しま――」

友紀「あっれー? 幸子ちゃんと乃々ちゃんだ! どうしたの? そろそろ消灯時間だよ?」

幸子「ひっ、姫川さん!?」

友紀「もう、幸子ちゃん他人行儀だなー。一緒にユニット組んだ仲なのに!」

幸子「あ。す、すみません、友紀さん…」


415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:52:18.61 ID:WwKq6Ks90
乃々「というか、なんか凄いお酒臭いですよ!?」

友紀「それが聞いてよ! 今日はキャッツが――」

乃々「勝っても負けてもどうせ呑むじゃないですか!」

友紀「そ、そうだけど…。なんだか今日の乃々ちゃんはアクティヴだね…? 良いツッコミしてるよ」

乃々(うっ…。ついいつもの調子でツッコミを…!)


416: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:52:55.99 ID:WwKq6Ks90
幸子「そ、それで、どうしたんですか?」

友紀「早苗さんの部屋で呑んでいたんだけど、明日早いからって追い出されちゃったんだよ!」

乃々「そ、それは仕方ないですね…」

友紀「だから、幸子ちゃんに話し相手になってもらおうと思って!」

幸子「み、未成年をお酒の話し相手にするのはどうかと」


417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:53:24.22 ID:WwKq6Ks90
友紀「大丈夫大丈夫! お酒を飲ませるつもりは無いから! プロデューサーに怒られるし!」

乃々「一般常識として飲ませないで下さい…」

友紀「それより、私もお邪魔するね! おつまみなら沢山あるから!」

幸子「え、えっと…。ボクはもう疲れたので、寝ようかと…」

友紀「え? これから乃々ちゃんとお泊り会とかじゃあないの? でも知らなかったなぁ。幸子ちゃんと乃々ちゃんがそんなに仲良しだったなんて!」

乃々「えっと、それは…」


418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:54:39.01 ID:WwKq6Ks90
友紀「もう! いーじゃんいーじゃん! 私と一緒に楽しい夜を過ごそうよ! あ、なんなら紗枝ちゃんも呼ぶ?」

幸子「さ、幸子さん…。ど、どうしますか…?」

乃々「泥酔状態の友紀さんには何を言っても無駄です。とりあえず上げて、気が済んだら帰って貰いましょう」

友紀「なになに? 内緒話?」

乃々「いえ…。それより、部屋に上がりましょうか…。廊下で話をするのも、迷惑でしょうし…」


419: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:55:12.83 ID:WwKq6Ks90
――――――

乃々「…で。こうなるんですね」

友紀「グガー…グガー…」

幸子「ひ、姫川さん…? 起きて欲しいんですけど…」

乃々「諦めましょう…。朝まで爆睡コースですよ、これ…」

幸子「えぇ…」


420: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:55:48.68 ID:WwKq6Ks90
幸子「でも、たかが贔屓の野球チームが負けたくらいで、こんなになるまで呑むなんて…」

乃々「凄い熱の入れ様ですからね。それに、今日は大敗だったみたいですし」

乃々「あと、そのセリフは酔った友紀さんの前で言っちゃあダメですからね? それでボクと紗枝さんは酷い目に遭いましたから」

幸子「そ、それで。どうしますか…?」

乃々「ベッド占領されてしまいましたし、何よりいびきが酷いです」

幸子「ですね…」


421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:57:17.56 ID:WwKq6Ks90
乃々「……」

幸子「……」

乃々「…乃々さんのお部屋、お邪魔しても良いですか?」

幸子「も、森久保の部屋に、ですか…!?」

乃々「ダメですか?」

幸子「うぅ…。わ、わかりました…。で、でも、予備の布団は…」

乃々「え? 一緒で良いじゃないですか?」

幸子「…え? ええっ!?」

425: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:50:05.04 ID:WwKq6Ks90
――――――

乃々「お邪魔します!」

幸子「あ、あの、散らかっているので…。その…」

乃々「ま、まあ、最近乃々さんも忙しいみたいですし。仕方ないですよね!」

幸子「うぅ…。ふ、普段はもう少し…」

乃々「わ、わかっていますよ! 大丈夫です!」


426: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:51:16.76 ID:WwKq6Ks90
乃々「あ、乃々さん! 洗濯物はお部屋の中に干したらダメですよ! 嫌な臭いがしちゃいますから!」

幸子「も、もりくぼの下着、干したままなんですけどっ!?」

乃々「でも、ベランダは日当たりが良いので、下着とかはちゃんと陰干ししないとダメですからね!」

幸子「そ、そんなに見ないで欲しいんですけど…!」

乃々「脱いだ服も溜めずにお洗濯しないとダメです!」

幸子「ヒィッ! こ、こっちにも!?」


427: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:51:54.21 ID:WwKq6Ks90
乃々「とりあえず、溜まっている分は洗ってしまいましょう。防音性高いお部屋だとこういう時に便利ですね!」

乃々「乃々さん、洗剤と柔軟剤はどこですか?」

幸子「も、もりくぼがやるから大丈夫です…!!」

乃々「そうですか? じゃあ、ボクはあっちの洗濯済みの方を畳んで――」

幸子「そ、そっちももりくぼがやるんで!」

乃々「別に遠慮しないで良いんですよ? お邪魔する身なんですから、少しくらい手伝います」


428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:52:21.12 ID:WwKq6Ks90
幸子「で、でも、下着見られるのとか恥ずかしいので…!!」

乃々「今さら何を言っているんですか。もう一緒にお風呂に入った仲じゃあないですか」

幸子「お、思い出させないで欲しいんですけど!?」

乃々「それに、今ボクが穿いているのも乃々さんの下着ですし」

幸子「わ、忘れていたのに…!」


429: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:53:32.14 ID:WwKq6Ks90
幸子「うぅ…。なんか前にお母さんが様子を見に来た時を思い出すんですけど…」

乃々「それで、ボクは何をすれば良いんですか?」

幸子「お、お願いですから、ゆっくりしていて下さい…」

乃々「そうですか。では、お言葉に甘えて」

幸子「はい…。どうぞごゆっくり…」

乃々「あれ。ちゃぶ台の上に乗っているこのカワイイノートは――」

幸子「も、もりくぼのポエム帳!?」


432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:19:22.91 ID:zenia8fb0
――――――

乃々「お疲れ様です、乃々さん。マンガお借りしていますよ」

幸子「は、はい…。どうぞご自由に…」

幸子「でも、幸子さんもマンガとか読むんですね…。てっきり、あまりそういうの好きじゃあないのかと…」

乃々「好き嫌い以前の問題として、ほとんど読んだことなかったですからね! でも、なかなかカワイくて面白いじゃないですか」

幸子「そ、そうですか…?」


433: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:20:34.86 ID:zenia8fb0
幸子「あの、良かったらお貸ししましょうか…?」

乃々「ありがとうございます! じゃあ、このシリーズをもっと読んでみたいです!」

幸子「あ、その続きなら、確かこっちに…」

乃々「しかし、マンガって読むのが少し難しいですね…。たまに、どこからどう読めばいいのかわからなくなります」

幸子「読みやすい4コマ漫画とかも棚にいっぱいありますけど…。マンガ、紙袋に入れておきますので、明日持って帰って下さい…」

乃々「紙袋とは大げさですね。別にこのまま持って行けば――」


434: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:22:33.26 ID:zenia8fb0
乃々「…あの。それ、何冊あるんですか?」

幸子「最新刊までで、17冊ですけど…?」

乃々「ず、随分と長い作品なんですね…」

幸子「マンガとしては特別長い訳でも…。まだ続いている作品ですし…」

乃々「そ、そうなんですか…? ぼ、ボクの知らなかった世界ですね…」


435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:23:17.56 ID:zenia8fb0
乃々「しかし、乃々さんのお部屋、マンガとか絵本とかが沢山で、なんだか面白いです」

幸子「趣味、なので…。マンガとか絵本とか集めるの…」

乃々「小説とかは読まないのですか?」

幸子「読まないことはないですけど…。やっぱり、絵本とかは絵も可愛くて…」

乃々「そうですね。なんだかカワイらしい絵柄のものばかりです」

乃々「でも、少女マンガといえば、恋愛モノだと思っていましたけど、そういうのは見当たらないですね」

幸子「そんなに好きじゃあないので…。なんかドロドロしてたり、リアリティなかったりで…」

幸子「そういうのよりは、もっとほのぼので、優しい世界のものが…」



436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:24:01.12 ID:zenia8fb0
幸子「そ、それで、話は変わるのですが…。ね、寝る場所は…?」

乃々「一緒のベッドじゃあダメなんですか? あ、少しくらい寝相が悪くても我慢しますよ? お邪魔している身なんですし!」

幸子「そ、そうじゃあなくて…。その、もりくぼなんかと一緒に寝るのは、嫌じゃあないですか…? 嫌ですよね? そうに決まっています…」

乃々「いえ、別に?」


437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:24:47.55 ID:zenia8fb0
幸子「…他の人と一緒に寝るとか、むーりぃー…」

乃々「それが本音ですね」

幸子「だ、だって…」

乃々「仕方ありませんね…。ボクは床で寝ますから、毛布か何か貸して下さい」

幸子「え…? そ、それは、申し訳ないんですけど…!」


438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:25:30.75 ID:zenia8fb0
乃々「でも、それ以外に方法は無いですから。流石に友紀さんが寝ているあの部屋にボクだけが戻るのも怪しまれてしまうでしょうし」

幸子「そ、そうです、よね…」

乃々「あ。敷く用と掛ける用で二枚必要ですね。もし無かったらボクの部屋から――」

幸子「…あ、あの! い、一緒に、寝ます…」

乃々「乃々さん?」


439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:26:19.29 ID:zenia8fb0
幸子「い、一緒で大丈夫です…」

乃々「本当に大丈夫なんですか? トイレやお風呂とは違って、これはどうしてもという訳じゃあないですよ?」

幸子「さ、幸子さんには今日は沢山迷惑をかけてしまったので…。こ、これ以上はもう…」

乃々「…そうですか。ありがとうございます! 乃々さん!」

幸子「いえ、そんな…」


440: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:27:09.74 ID:zenia8fb0
乃々「じゃあ、もう横になりますか! ボクは本来ならもう寝ている時間ですし!」

幸子「え? でもまだ11時ですよ…? それに、幸子さん結構お昼寝していましたよね…?」

乃々「今日は色々と疲れてしまいましたから、眠れなくても横になって身体を休めないと! 乃々さんは大丈夫なんですか?」

幸子「もりくぼは割と夜型なので…。幸子さんのお部屋で寝てしまいましたし、まだ眠れそうにありません…」

乃々「そうですか。けど、とりあえず横になりましょう! アイドルは身体が資本なんですから、しっかり休まないとダメですよ!」

幸子「そ、そうですよね…」


441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:27:36.21 ID:zenia8fb0
乃々「じゃあ、お邪魔しますね! さあ、乃々さんもベッドに入って下さい」

幸子「は、はい…。失礼します…」

乃々「……」

幸子「……」

乃々「…なんで逆側向いているんですか?」

幸子「と、特に意味とかは…。はい…」


442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:29:05.17 ID:zenia8fb0
乃々「せっかくなんですから、こっち向いてお話しでもしましょう、乃々さん!」

幸子「うぅ…。わ、わかりました…」

乃々「…なんで顔が真っ赤なんですか?」

幸子「いえ、その…。か、顔とか近くて…。足とかも当たっていて…」

乃々「女の子同士なんですから、なにもそこまで恥ずかしがらなくても…」


443: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:29:56.41 ID:zenia8fb0
乃々「お友達とお泊り会とかしたこと無いのですか? ユニットの美玲さんとか、輝子さんとか」

幸子「な、ないですけど…。というか、誰かを部屋に上げたことも…」

乃々「じゃあボクが初めてですね!」

幸子「そ、そういう言い方は、なんかちょっと…」


444: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:30:25.26 ID:zenia8fb0
乃々「しかし、世の中わからないものですね。今朝まで、乃々さんのお部屋でこうして一緒のベッドで寝ることになるなんて、想像したことすらありませんでしたよ」

幸子「そ、そうですね…。もりくぼもです…」

乃々「そう考えると、友紀さんには感謝ですね。こんなことでも無いと、あり得ない状況ですし」

幸子「そ、そういうものですか…?」

乃々「そういうものです!」


445: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:31:14.96 ID:zenia8fb0
乃々「あ、でも友紀さんのこと、嫌いになったりしないであげて下さいね。素面なら気の良いお姉さんなんですから」

幸子「はい…」

乃々「まあ、ちょっと、というか結構困った所もありますけど…」

幸子「幸子さん、姫川さんや小早川さんとも、最近仲が良いですよね…」

乃々「そうですね。一度ユニット組んでから、よくお話しするようになりました」


446: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:32:03.00 ID:zenia8fb0
乃々「そんなことより、せっかくですからボクは乃々さんのお話しを聞きたいです!」

幸子「え…? も、もりくぼの話、ですか…?」

乃々「はい!」

幸子「でも、もりくぼの話なんて、きっと面白くなんて…」

乃々「そんなことないですよ! それに、別に面白いことなんて言わなくていいんです! ボクは乃々さんとお話ししたいんですから!」


447: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:32:49.47 ID:zenia8fb0
幸子「うぅ…。ど、どんな話をすれば…?」

乃々「なんでも良いんですよ? 乃々さんの趣味の話でも、最近あったことの話でも、なんでも」

乃々「あ。乃々さんの好きなマンガの話とかどうですか?」

幸子「け、けど、そんな話聞いても、きっと幸子さんは楽しくなんて…」

乃々「それでいいんです。お友達同士の話なんて、内容じゃなくて、ただお話ししていることが楽しいものなんですから!」

幸子「と、友達、ですか…?」


448: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:33:43.04 ID:zenia8fb0
乃々「あ。い、嫌でしたか…?」

幸子「そ、そんなことは…。ど、どちらかと言うと嬉しい…、ですけど…」

乃々「そ、そうですか! なら、乃々さんはどんなお話しをしてくれるんですか?」

幸子「えっと、その…。じゃあ、さっき幸子さんが読んでいたマンガの作者の、別の作品なんですけど…」

乃々「どんな作品なんですか?」

幸子「しゅ、主人公が、可愛いネズミなんですけど――」

449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:34:50.08 ID:zenia8fb0
――――――

幸子「――それで、どうにか悪いネコから逃げることができて…。主人公は無事にチーズを持ち帰ったんですけど、その後また新しい問題が――」

乃々「ふわぁあ…。ん、ごめんなさい…」

幸子「あ、その…。もりくぼの方こそ、ずっと話し続けで…」

乃々「いえ、乃々さんのお話しも楽しいですよ」

幸子「そ、そうですか? でも、もりくぼが一方的に喋っていて…」

乃々「それで良いんです。ボクは楽しかったんですから」


450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:40:58.19 ID:zenia8fb0
乃々「でも、カワイらしいお話ですね。なんだか、絵本や童話みたいで」

幸子「はい…。結構、珍しい雰囲気の作品で…。子供向けなんですけど、凄い好きで…」

幸子「作者の人は、次の作品から路線変更して、もう少し年上の層向けの、可愛い女の子たちの日常のマンガを描き始めたんですけど…。もりくぼ的には、こっちの方が…」

乃々「そうなんでしたか。それは残念でしたね」

幸子「はい…。今の作品も好きですけど…」


451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:41:27.36 ID:zenia8fb0
幸子「…あ。い、いつの間にか、日付が変わっていましたね…」

乃々「そうですね。乃々さんが時間を忘れて話し続けるところなんて、初めて見ましたよ」

幸子「も、もりくぼ自身の話じゃあなかったので、気が楽で…」

乃々「もっと聞かせて下さい、乃々さんの好きなマンガのお話を」

幸子「で、でも、また長くなるかもしれませんし、幸子さんだってもう眠いですよね…?」

乃々「そうですね…。少し、眠くなってきました」


452: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:41:57.73 ID:zenia8fb0
幸子「じゃ、じゃあ、今日はこれくらいで…」

乃々「はい。また後で聞かせて下さいね」

幸子「機会があったら…」

乃々「約束ですよ?」

幸子「はい…。きっと…」


453: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:43:32.90 ID:zenia8fb0
乃々「…こうしてお友達と一緒にベッドに入って、眠くなるまでずっとお喋りするのも、楽しいものですね」

幸子「幸子さんは、輝子さんと小梅さんと一緒にお泊りすることも多いんじゃあないんですか…?」

幸子「今日だって、確か小梅さんにホラー映画観るのを誘われたとか…」

乃々「そこまで多いわけではないですね。それに、一緒にホラー映画を観ていても、ボクは毎回途中で寝てしまうので」

幸子(それはもしかして、毎回途中で気絶しているのではないのですか…?)

454: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:43:58.92 ID:zenia8fb0
乃々「あ、そうだ。今日、小梅さんに会わなかったですか?」

幸子「会いましたけど…。それがどうかしましたか…?」

乃々「小梅さん、怒っていなかったですか…? ボク、小梅さんからホラー映画鑑賞会のお誘いのメール貰って、思わず逃げてしまったので…」

幸子「大丈夫です…。それどころか、今日は幸子さんの元気がないと、輝子さんと一緒に心配してくれました…」

乃々「そうですか。お二人には心配をかけてしまいましたね」


455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:44:48.99 ID:zenia8fb0
幸子「…良いお友達ですね」

乃々「なに言っているんですか。輝子さんと乃々さんもお友達じゃあないですか」

幸子「そ、そう見えますか…?」

乃々「アダ名で呼び合う仲なんですから、友達ですよ」

幸子「そ、そうですかね…?」

乃々「はい」


456: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:45:27.85 ID:zenia8fb0
乃々「きっと逆の状況でも、美玲さんや輝子さんは乃々さんのことを心配するはずです」

幸子「…あ。美玲さん…」

乃々「美玲さんがどうかしましたか?」

幸子「い、いえ…」

幸子(そういえば、明日美玲さんの誤解を解かないといけないのでした…)

幸子(幸子さんには、もりくぼに任せて下さいと言ってしまいましたし、なんとかしないと…)


457: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:46:40.38 ID:zenia8fb0
乃々「…乃々さん?」

幸子「なんですか、幸子さん…?」

乃々「今日は色々と大変でしたね」

幸子「そうですね…」

乃々「でも、楽しかったです」

幸子「…そうですね」


458: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:47:19.14 ID:zenia8fb0
乃々「きっと、今日だけで、今まで乃々さんとした会話の千倍はお話ししました」

幸子「はい…。今まで、あまりお話しする機会もなかったですからね…」

乃々「だから、良い一日でした」

幸子「はい…」

459: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 14:47:51.17 ID:zenia8fb0
乃々「ふわぁあ…。うぅ…。流石にもう眠いですね…」

幸子「あの…。もりくぼのことは気にせずに、寝て下さいね…?」

乃々「そうですね…。もう眠いので、ボクは寝ます…」

幸子「はい…。おやすみなさい、幸子さん…」

乃々「おやすみなさい、乃々さん…」


463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:15:17.87 ID:u+f9Ejf90
――――――

乃々「乃々さん! 乃々さん!」

幸子「うぅ…、ん。あれ…? えっと、幸子さん…?」

乃々「おはようございます、乃々さん。もう朝ですよ!」

幸子「お、おはようございます…」

乃々「あの後、ちゃんと眠れましたか?」

幸子「…幸子さんって、隣に寝ている人に抱きつく癖ありませんか…?」

乃々「そ、そんなことは…。輝子さんや小梅さんからは何も聞きませんし…!」

幸子(やっぱり、毎回気絶しているんじゃあ…?)


464: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:16:25.51 ID:u+f9Ejf90
乃々「と、とりあえず、もう起きましょう! 朝ですよ!」

幸子「はい…。今は…、まだ7時ですか…?」

乃々「もう7時です!」

幸子「も、『もう』ですか…?」

乃々「今日は朝イチで晶葉さんの所に行かないといけませんしね!」

幸子「そ、そうですね…」


465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:16:57.73 ID:u+f9Ejf90
乃々「それに、友紀さんが起きない内に、食材を取りに行かないといけませんでしたし!」

幸子「食材…? あれ、この匂いは…?」

乃々「簡単ですけど、朝ご飯を作りましたから食べて下さい! 9時には事務所に着くように出発しますよ!」

幸子「は、はい…」


466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:17:36.86 ID:u+f9Ejf90
――――――

幸子「さ、幸子さん…? ね、寝癖が…、横にハネた寝癖が直らないんですけど…?」

乃々「あ。それは諦めて下さい!」

幸子「えぇ…?」

乃々「そこのハネ毛だけは何をしても直りませんよ! 軽く整えますので、じっとしていて下さい!」

幸子「あ、あの…。まさか、いつも横に髪の毛がハネているのって…?」

乃々「寝癖の跡です! カワイイでしょう?」


467: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:18:21.05 ID:u+f9Ejf90
幸子(…お、思い返せば、昨日お風呂に入った時もずっとハネてました…)

幸子(それに、前に幸子さんが水着のお仕事をした時、きちくプロデューサーさんにプールに落とされた後でもハネていた気が…)

幸子(ど、どうなっているんですか、これ…? 何かの呪いかなんかですか…?)

乃々「きっとこれは、神様がカワイイボクをさらにカワイくするために授けた祝福ですね!」

乃々「ボクのカワイさはもはや神の領域なので、そうに決まっています! フフーン!」

幸子(す、凄い納得の仕方です…)


468: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:18:55.62 ID:u+f9Ejf90
乃々「ところで、乃々さん。乃々さんの髪の毛はどうやってセットしているんですか?」

乃々「いつ見ても見事な縦巻きロールですけど、これは一人では出来ないですよね?」

幸子「あ…。そ、それは、えっと…」

乃々「どうしたのですか?」

幸子「ぷ、プロデューサーさんに…」

乃々「…えぇ!?」

469: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:19:41.57 ID:u+f9Ejf90
乃々「プロデューサーさんに巻いて貰っているんですか!? なんて羨ま――じゃなくて、なんでそんなことになったんですか!?」

幸子「す、スカウトされた時に縦巻きロールにしていたのですが…。プロデューサーさんが、似合うから普段からこれで行こうと…」

幸子「は、派手な髪型なので迷っていたら、コテの使い方練習してこっそり事務所で巻いてあげると言われて…」

幸子「撮影の前にはメイクの関係もあってプロの人にやって貰いますけど…。プロデューサーさんも、いつの間にかプロレベルの腕前に…」

乃々「そ、そうだったんですか…。あれ? じゃあ、乃々さんは別に好きでやっているワケじゃあないのですか?」

幸子「べ、別に嫌いなわけでも…。そ、それに、縦ロールには少し憧れて…。あ、いえ、なんでもないです…。はい…」


470: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:20:24.85 ID:u+f9Ejf90
乃々(…しかし、プロデューサーさんに髪の毛を巻いてもらうなんて。羨ましいですね…)

乃々(…あれ? でも、今日のボクは乃々さんなんですから、ボクが巻いてもらえるんじゃあないのですか!?)

乃々「あの。因みに、ボクが朝、乃々さんを見かける時にはいつも髪の毛巻いていますけど、何時くらいに事務所に行っているんですか?」

幸子「大体、皆さん9時頃から事務所に来るので…。8時半前には事務所に着くようにしています…」

乃々(しかも、時間的に多分二人きりでですよね、これ!?)


471: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:20:56.03 ID:u+f9Ejf90
乃々「な、なら仕方ないですね! 早く事務所へ行って――」

幸子「あ。でも、今日はプロデューサーさんは朝から出張でしたよね…。そういう時は、ちひろさんにやってもらっています…」

幸子「って。なんでそんなに悲しそうな顔をしているんですか…?」

乃々「いえ…。なんでもないです…」


472: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:21:38.48 ID:u+f9Ejf90
幸子「ちひろさんは…、ちょっとまずいかもしれませんね…。もしかしたら、怪しまれているかもしれないです…」

乃々「え? 何かあったんですか?」

幸子「あ…。いえ、その…。大したことでは…」

幸子(まゆさんと美穂さんに泣き落としを使った時、怪しまれたかもしれませんけど…)

幸子(…幸子さんには、内緒にしておきましょう。もう終わったことですし…)


473: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:22:17.58 ID:u+f9Ejf90
乃々「じゃあ、今日は先に晶葉さんのところに行くということでいいですか? 」

幸子「そ、そうですね…。いつもと違う髪型でもりくぼの身体が事務所を歩くのは、ちょっと恥ずかしいですけど…」

乃々「しかし、乃々さんの髪の毛をセットする時間が無いとなると、少し暇になってしまいますね」

乃々「晶葉さん、普段なら事務所に来るのは早くて9時頃でしょうけど…。時間指定はなかったんですよね?」

幸子「はい。朝イチ、とだけ…」


474: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:23:04.92 ID:u+f9Ejf90
乃々「なら、晶葉さんの研究室で待っていますか。もしかしたら今日はいつもより早く来るかもしれませんし」

乃々「それに、この時間なら朝の自主練をしている人たちくらいしか事務所にいないでしょうから、誰にも見付からずに研究室まで行けるかもしれません!」

幸子「そうですね…。人目が無いのは良いことです…」

乃々「じゃあ、支度を整えて出発しますか!」


475: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:23:46.34 ID:u+f9Ejf90
――――――

ガチャッ

幸子「…あれ? 研究室の電気がもう付いてますけど…」

晶葉「おお、来たか。乃々in幸子!」

幸子「あ、晶葉さん…。もう来ていたのですか…?」

晶葉「ああ。助手の奴が今日は出張らしくてな。陽も明けない内に迎えに来たんだ」

晶葉「それより、今回は私の発明で随分と迷惑をかけたみたいだな」

幸子「い、いえ…。勝手に入ったもりくぼたちが悪かったので…」


476: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:24:23.80 ID:u+f9Ejf90
晶葉「ところで、幸子in乃々はまだ来ないのか?」

幸子「あ、幸子さんなら、きっとそろそろ…」

乃々「ま、待って下さい! 人目を避けるためとはいえ、そこまで全力疾走しなくても…!」

乃々「あ。おはようございます、晶葉さん!」

晶葉「…誰だっ!?」


477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:25:41.70 ID:u+f9Ejf90
乃々「誰って、勿論カワイイ輿水幸子ですよ! おかしいですね、乃々さんの身体に入ってもボクのカワイイオーラは隠し切れないはずなんですけど…」

晶葉「お、お前が幸子in乃々か…?」

乃々「はい! まさか本気で気づかなかったんですか?」

晶葉「いや…。髪を巻いていない上に、そんな明るい表情をしてハキハキ喋る乃々を見て、即座に森久保乃々だと見破れる人間はいないと思うぞ?」

幸子「なんか結構酷い言われようなんですけど…。まあいいですけど…」

乃々「それはともかく! 直せるんですよね、この現象?」

晶葉「ああ、勿論だ! 天才に不可能はないからな!」

478: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:26:34.62 ID:u+f9Ejf90
幸子「よ、良かった…。こ、これでまたもりくぼは、もりくぼボディであなぐら生活ができます…」

乃々「なら、すぐに直しましょう! ボクもいい加減に、ボクの一番カワイイボディが懐かしいです!」

晶葉「そうか。なら、また赤と青の箱に入ってくれ。やることは、入れ替わった時と同じだ!」

乃々「因みに、成功確率は――」

晶葉「当然100%だ! 理論上、失敗の可能性はない! 安心してくれ」


479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:27:19.42 ID:u+f9Ejf90
晶葉「さて、ではスイッチを入れるぞ? 身体に微弱な電流が流れる関係で少しビリっとしたあと、軽く睡眠状態に入るから覚悟をしておいてくれ」

幸子「は、はい…」

乃々「大丈夫ですよ! 一度体験していますから!」

晶葉「では、スイッチオンだ!」


480: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:28:15.95 ID:u+f9Ejf90
――――――

晶葉「――幸子! 幸子!」

幸子「…ん? …ああ、晶葉さん…。ボクは一体…?」

晶葉「どうやら無事に戻ったようだな! 理論上は100%だが、やはり実践で不安にならない訳ではないからな。だが、これで一安心だ」

幸子「…あ! ぶ、無事に戻れたんですね!! フフーン! やっぱりカワイイボクには世界で一番カワイイこのボディが相応しいです!」

481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:29:00.25 ID:u+f9Ejf90
晶葉「乃々! 無事か?」

乃々「んん…。あ、あれ…? もりくぼ、戻れたんですか? もりくぼの身体に…?」

幸子「そうです! 戻れましたよ、乃々さん!」

乃々「こ、これで…。これでもりくぼは安心してお仕事から逃げられるんですけど…!」

幸子「元に戻って最初に考える事がそれですか!?」


482: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:29:55.75 ID:u+f9Ejf90
晶葉「何はともあれ、これで解決だ!」

幸子「そうですね! 全く、一時はどうなることかと思いましたよ!」

乃々「もしも元に戻れなかったらと考えただけで…。うぅ…」

晶葉「しかし、性格が正反対な幸子と乃々が入れ替わってしまうというのも皮肉な話だな」

幸子「まあ、ボクは演技派ですから! 大した苦労はしませんでしたけどね!」

乃々「もりくぼは、幸子さんの振りするの、大変でした…」

晶葉「確かに、乃々はもっと演技のレッスンが必要だな! 助手なんて、一目見た瞬間から怪しんだと ――あっ」

乃々「えっ…?」

幸子「はい…?」


483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:30:35.62 ID:u+f9Ejf90
晶葉「さ、さあ、私はまた戻って研究の協力を――」

幸子「あ、晶葉さん…?」

乃々「えっと…。ま、まさか…?」

晶葉「…助手は、気付いていたぞ…」

幸子「」

乃々「」


484: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:31:27.91 ID:u+f9Ejf90
晶葉「ま、まあ! 何かマズいことをしてしまったとしても、しっかりと事情を説明すればいいじゃないか! お互いに入れ替わっていた、と!」

幸子「」

乃々「」

晶葉「…まさか、何か取り返しのつかないことでもしてしまったのか…?」

乃々「と、取り返しの…」

幸子「つかないこと…?」


485: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:32:15.21 ID:u+f9Ejf90
乃々「も、もりくぼは…」


『あのっ、Pさん…?』

『膝枕とか…、してくれませんか…?』


乃々「……」


『Pさん? だ、ダメならダメで良いのですが』

『ケーキを、あーんって…』


乃々「もりくぼは、なんてことを…」

486: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:33:03.33 ID:u+f9Ejf90
幸子「ぼ、ボクは、そんな…」


『あ、あの…。少なくとも、幸子さんは大丈夫だと思いますよ…? だ、だって、その…』

『幸子さんはプロデューサーさんの事が…、す、好きですから…』


幸子「……」


『じゃあ、その…。膝に…。失礼します…』

『だ、ダメですか…?』


幸子「ボクは…、一体何を…?」


487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:34:02.04 ID:u+f9Ejf90
晶葉「さ、幸子…? 乃々…?」

幸子「うわぁああああああああっ!!!」

乃々「違うんですけどっ!! あれは違うんですけどぉ!!!」

晶葉「い、一体何をしたんだ!?」

幸子「そういう意味じゃないんですっ!! そういう意味じゃないんですからっ!!!」

乃々「あ、あれは罠です!! 絶対に罠だったんですけどっ!!!」

晶葉「お、落ち着け!! 二人で床を転がるな! アイドルにあるまじき絵面だぞ!?」


488: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:34:42.36 ID:u+f9Ejf90
幸子「はぁっ! はぁっ! ぼ、ボクは、もう…」

乃々「も、もりくぼは遠くに旅立ちます…。そしてそのまま消えてしまいます…」

晶葉「れ、冷静になるんだ! 落ち着いて考え直してみろ。本当にそんなに取り返しのつかないことなのか…?」

幸子「…大丈夫です、ボクはカワイイですから…。カワイイボクはカワイイですから、もうボクは大丈夫ですし、カワイイんです…。フフーン…」

乃々「…もりくぼはもうダメです。心がポッキリと折れました…。このまま土に帰りますけど…」


489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:35:32.17 ID:u+f9Ejf90
晶葉「じょ、助手が口止めしてきたのは、こういう訳だったのか…」

乃々「ああ、このままフローリングに溶けていきたいです…。晶葉さん、そんな発明は無いんですか…?」

晶葉「さ、流石に人体を木材に同化させるなんて限定的な発明品は作っていないな」

乃々「でも、もりくぼが消えても、プロデューサーさんの記憶には…」

幸子「…記憶?」

乃々「き、記憶…!」


490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:36:37.88 ID:u+f9Ejf90
幸子「あ、晶葉さん! 記憶を消す機械とか無いのですか!?」

乃々「あ、ありますよね!? あるって言って欲しいんですけど…!!」

晶葉「り、理論上は作れない事は無いが…。しかし、そんな危険なモノを――」

幸子「晶葉さんもプロデューサーさんに口止めされていたんですよね!? なのに喋ってしまったんですよね!?」

乃々「あのプロデューサーさんが、ただで済ますとは思わないんですけど…!」

幸子「バンジージャンプも、スカイダイビングも、凄い怖いですよ!?」

晶葉「うぅっ…!」


491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:37:26.08 ID:u+f9Ejf90
幸子「作りましょう! ボクたちが生き残るためには、もうそれしか無いです!!」

乃々「つ、作って欲しいんですけど、晶葉さん…! そ、そうじゃないと、もりくぼは…。もりくぼは…!!」

乃々「そして、ついでに美穂さんとまゆさんと美玲さんの記憶も消して欲しいんですけど…!!」

晶葉「わ、わかった! 乗りかかった船だ、協力しよう!」

晶葉「だが、助手は手強いぞ? 覚悟は良いか?」

乃々「生き恥を晒し続けるよりはマシなんですけど…!」

幸子「さあ、行きましょう! ボクたちの戦いはこれからですっ!!」


492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:42:26.24 ID:u+f9Ejf90
当然のように、帰って来た助手にジェットストリーム記憶抹消アタックは通じず、なんやかんやで幸子と乃々は助手に懐柔され、私が二人に秘密を漏らしたことは有耶無耶になった。
そして――



スタッフ「じゃあ、次はこの部屋で撮影するので、中で待っていて下さい」

晶葉「ああ。わかった」

ガチャッ

晶葉「随分と殺風景な部屋だな。ここで撮影をするのか?」

晶葉「カメラマンも助手もいないが…。おお、これは最新のハイスピードカメラじゃあないか! なんでこんなものが――」

ガコンッ

晶葉「うぉおっ!?」


493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:43:49.54 ID:u+f9Ejf90
バシャン

晶葉「な、なんだこれは!? お湯か!? 一体何が起こって…!?」

友紀「おっ? チーム14歳の助っ人、見事な落ちっぷりだね!」

晶葉「ゆ、友紀!? な、なんだこのステージは? ま、まさか収録なのか!?」

紗枝「バラエティ慣れしていない、初々しいリアクションどすなぁ」

晶葉「紗枝!? だ、誰か質問に答え――」

友紀「まあ、あれだね! ドッキリ!!」

紗枝「晶葉はん、おきばりやす」

晶葉「」


494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:44:52.55 ID:u+f9Ejf90
友紀「さあ、幸子ちゃん! いつもみたいに問題を引いて!」

幸子「ぼ、ボクに任せて下さい! こ、これです!」

紗枝「あらまあ。今週から加わった、ジョーカーカードどす」

友紀「どれどれ、内容は…。ああ、凄いのを引いたね! 流石は幸子ちゃん!」

幸子「えぇっ!?」

紗枝「晶葉はんには、これから渡す紙を、あいどるとしてのプライドを賭けて読んでもらいます」

友紀「生半可な演技だとNGで問題不正解扱いな上に、演技下手アイドルの烙印が押されちゃうからね!」

晶葉「」


495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:45:47.00 ID:u+f9Ejf90
友紀「じゃあ、この紙だよ!」

晶葉「ま、待て! こ、これを読むのか!? これを私が!?」

紗枝「さあ、早うせんと、時間切れにまりますえ?」

乃々「あ、晶葉さん、本当にお願いします…! じゃないと、もりくぼのポエムノートが! ポエムノートがぁ…!!」

幸子「晶葉さん!!」

晶葉「…わ。わ…」



晶葉「私、池袋晶葉14歳っ!みんなのアイドルだよぉ☆」


496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:49:06.97 ID:u+f9Ejf90
おわり。
プロット考えている時は、今まで書いた一番長いSSの倍くらいになっちゃうかなー、程度に考えていたのだが、こんなに長くなるとは思わなかった。フラグ管理やメモやボツネタとか引いて文字数数えたら、まさかの57,000字超え。
また幸子と森久保の二人か、142's&インディヴィのSSを書こうと思う。そして、幸子と森久保で誰か書いて欲しい。正反対の14歳を流行らせて欲しい。
個人的に一番面白かったと思う点は、幸子と森久保のセリフは一度も間違えなかったのに、ままゆと美穂のセリフを入れ替えて書いてしまったところだと思う。

追伸:総選挙は幸子と森久保を是非お願いします。ガチャブ勢が来るとTOP10が厳しくなりそうな幸子を重点的に。あわよくば、幸子と森久保で歌を。


497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:50:06.41 ID:u+f9Ejf90


補足
晶葉の最後のセリフは、ぷちデレラのマイスタジオでのものです。是非ボイスを聞きたいですね。

498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 22:50:36.17 ID:SYr7AEqj0
おつー、楽しめたよー