スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461240967/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:16:17.40 ID:iln5s/HH0
幸子 「なんですか急に?」

小梅 「いいからいいから」

幸子 「シンデレラ選挙ですよね?それはもちろん、一番カワイイこのボクに入れます!」フフーン



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:17:04.82 ID:iln5s/HH0
小梅 「どう?美玲ちゃん?」

美玲 「うん。嘘は言ってないみたいだ」カチャカチャ ピッ

幸子 「なんですかその機械?」

美玲 「ああ、これは晶葉が作った嘘発見器だ」

幸子 「また晶葉さんは変なものを・・・」

美玲 「嘘を発見すると音が鳴るんだ。そしてこれのすごいところはな・・・例えば小梅」

小梅 「なぁに?」

美玲 「昨日の晩御飯はハンバーグだったよな?」

小梅 「そうだね」

ピーピーピー

幸子 「あ、鳴りましたね」

美玲 「小梅けっこう冷静に答えたろ?それでも嘘だと見抜かれるんだ」

幸子 「なるほど」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:17:53.19 ID:iln5s/HH0
小梅 「逆にね・・・例えば幸子ちゃん」

幸子 「なんでしょう?」

小梅 「好きです、結婚してください」キリッ

美玲 「!?」

幸子 「はい!?な、なんですか急にっ///。ボ、ボクがカワイくて結婚したいのは分かりますがさすがに気が早いといいますか小梅さんもまだ13歳ですしもっとよく考えてっ・・・///」アタフタ

小梅 「ところで幸子ちゃんがさっき飲んでたのって緑茶だよね?」

幸子 「は、はい///。それが何か・・・って、え?」

美玲 「・・・・なるほど。幸子がこんなに動揺してるのにこの機械反応しないな。実際幸子がさっきまで飲んでたのは緑茶だし」

幸子 「こ、小梅さん!からかわないでくださいよ、もう!///」

小梅 「ご、ごめんね。こう言えば幸子ちゃん動揺するかなって思って。・・・・えっと、うん、ほ、ほんとにそれだけだから、うん///」カァ~

美玲 「(あ、これ遅れて恥ずかしくなったやつだ)」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:18:54.81 ID:iln5s/HH0
幸子 「とりあえずその嘘発見器の精度はわかりました」

小梅 「う、うん///」

幸子 「それでえっと・・・なんでそんな機械まで使ってボクのシンデレラ総選挙の投票先?が知りたいんですか?」

小梅 「・・・・火のないところに煙はたたない」

美玲 「・・・・始まりは小さな炎だった」

幸子 「え、なんですかこれ?なんか始まりましたかこれ?」

小梅 「ある芸能人が言った、『シンデレラ総選挙?幸子ちゃんはもちろん自分に全投票じゃない?』と」

美玲 「別の人が言った、『いえいえ、幸子ちゃんはああ見えて仲の良い子に投票するかもしれませんよ?』と」

『誰に入れるんだろうねー』『まゆちゃんとか?仲よさそうだし』

『紗枝ちゃんも仲いいって聞いたよ~』『自分に入れつつ同い年の子に入れるんじゃない?』

小梅 「ほんとに何気ないトークから始まった。幸子ちゃんは自分に入れる、友達に入れる、142sに入れる、後輩に入れる、先輩に入れる・・・」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:19:59.33 ID:iln5s/HH0
美玲 「そしてウチらに指令が下った。『今度幸子ちゃんに会ったときインタビューしといてくれる?』と」

幸子 「軽っ!それ多分指令じゃないですよ。興味半分ですよ絶対」

小梅 「内容によっては今度のクイズ番組で使われるらしい」

幸子 「それ多分アレですよ。幸子ちゃんは A.自分に全部入れる B.半分友達に入れる C.○○ちゃんに多く入れる、みたいな三択問題に使われるくらいですよ」

美玲 「インタビューの内容によってはオンエアされないらしい」

幸子 「完全に興味本位じゃないですか!じゃあその嘘発見器は・・・」

小梅 「これを晶葉さんに言ったら「面白そうだな」って作ってくれた」

幸子 「そういう人でしたね晶葉さんは」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:20:56.93 ID:iln5s/HH0
小梅 「さて、質問の続きだよ?」

美玲 「幸子は自分と自分以外の人に入れるのか?」

幸子 「まぁそうですけど」

小梅 「・・・ほんとみたいだね」

美玲 「幸子のことだから全部自分に入れてもおかしくないと思ったけどな」

幸子 「まぁ、仲の良い人やお世話になった人には入れるようにしてますね」

小梅 「わ、私にも入れてるの?」

幸子 「もちろんです!まぁ、できるだけボク以外の人には偏らないように入れてますが」フフーン

小梅 「ふふっ、ありがとね。私も幸子ちゃんには入れてるから」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:22:41.28 ID:iln5s/HH0
美玲 「でも幸子は自分に一番多く入れてるんだよな?」

幸子 「当然です!みなさんも可愛いですがやっぱりボクが一番カワイイので!」

美玲 「まぁ、それでこそ幸子って感じだよな」

幸子 「ふふーん、ありがとうございます。あ、もちろん美玲さんにも入れてますからね。いつも仲良くしてくださっているので」

美玲 「ん?そ、そっか。あ、ありがとな///」

小梅 「(不意打ちで赤くなってる美玲ちゃん可愛い)」

美玲 「じゃ、じゃあ次からは具体的な数字を聞いてくぞ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:23:38.41 ID:iln5s/HH0
幸子 「数字、ですか?」

小梅 「うん。幸子ちゃんは自分(=幸子ちゃん自身)に200票以上入れるの?」

幸子 「ふふーん、もちろんです!まぁ、ボクのカワイさは200票入れても足りないくらいですけどね!」

ピーピーピー

小梅 「あ、鳴った」

美玲 「嘘が含まれてるんだな。実際200票も入れるのは難しいんじゃないか?」

幸子 「そ、そうかもしれませんね。ボクは忙しい身ですし・・・」

小梅 「幸子ちゃんは自分に100票以上入れますか?」

幸子 「はい!ですが一番カワイイボクに100票はちょっと少ないかもしれませんね!」

ピーピーピー

小梅 「鳴ったね」

美玲 「そんなに幸子って忙しいのか?ログインボーナスの投票券ももらえないのか?」

幸子 「そ、そういう日もあるかもですね」

小梅 「・・・・」ジー

美玲 「・・・・」ジー

幸子 「な、なんでしょうその目は?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:24:34.27 ID:iln5s/HH0
小梅 「・・・幸子ちゃんは自分に10票以上入れますか?」

美玲 「こ、小梅、それはちょっと極端すぎないか?」

幸子 「当然入れますよ!ま、まぁボクくらいカワイイと自分で入れなくてもファンの皆さんの投票だけで上位になっちゃうかもしれませんね!」

ピーピーピー

小梅 「・・・・」

美玲 「・・・・」

幸子 「えっと、その・・・」

小梅 「幸子ちゃん幸子ちゃん」

幸子 「な、なんでしょう?」

小梅 「あのね、実はそこに置いてあるカメラでインタビューの様子を撮ってるんだけどね」

幸子 「あ、はい」

小梅 「多分これオンエアできないからね、私たちにだけこっそり幸子ちゃんの投票先聞かせてくれない?」

美玲 「ウ、ウチも気になる!てゆーかほんとに幸子は総選挙に参加するのか?」

幸子 「そ、それは・・・」

小梅 「あ、待ってね。ちょっとカメラ止めるから」ヨイショ

プチッ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:25:31.04 ID:iln5s/HH0
====

幸子 「~~という感じですね」

小梅 「・・・・」

美玲 「な、なるほどな」

幸子 「はい」

美玲 「や、やっぱり幸子は自分に一番多く投票するんだな」

幸子 「もちろんです!皆さんには悪いですがやっぱりボクが一番カワイイので!」フフーン

美玲 「お、おう(音鳴らないし素で言ってんだろうなぁ)」

美玲 「もう嘘発見器は切っとくな」カチッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:26:26.42 ID:iln5s/HH0
幸子 「あ、そうですね。・・・あのそれから」

美玲 「うん?」

幸子 「気のせいでなければ小梅さん、なんだか怒ってませんか?」

小梅 「お、怒ってない・・・よ?」ムスー

美玲 「(怒ってるというか拗ねてるというか・・・)」

幸子 「な、なにかボクが気に障ることを」アセアセ

小梅 「そーいうのでは・・・ないけど」ムゥ

美玲 「(いやまぁ無理もないと思うけどな。幸子の選挙の投票先・・・)」



美玲 「(ウチと小梅を含む事務所のアイドルほとんどに一票ずつ入れて幸子自身には二票・・・って!!)」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:27:34.91 ID:iln5s/HH0
美玲 「(普段「ボクは世界一カワイイっ」とか言ってる幸子が自分に二票だぞ!?しかもドヤ顔で「ふふーんっ、ほかの皆さんと2倍も差をつけて投票されるなんて、ボクのカワイさは罪ですねぇ」って言ってるんだぞ?もちろん素で!)」

美玲 「(いやこれはオンエアできないだろ。世間の幸子のイメージは自分に全ぶっぱだ。まぁ本人は本気で自分に多く入れてるつもりだけど)」

幸子 「さ、さすがに皆さんの2倍の票はやりすぎましたかね?」

小梅 「・・・・むぅ」

美玲 「(拗ねてる小梅可愛いけどそこじゃないぞ幸子)」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:28:58.07 ID:iln5s/HH0
幸子 「えっと。・・・あ、ひょ、ひょっとして、小梅さんたちの票とほかの方々の票数が同じなのが・・・」

小梅 「・・・・・・・・うん」コクッ

美玲 「(可愛い)」

幸子 「(可愛い)」

美玲 「まぁそうだよな。幸子、プライベートどころか1回も共演したことない人にまで入れてるし、その人たちと同じってのは・・・(実はウチもモヤモヤしてるし)」

幸子 「お、応援もかねてといいますか、お話したこともあるので。本当は小梅さんたちにはもっと入れたかったんですが投票券が・・・」

美玲 「ああ・・・。まぁ幸子そんなにゲームやらないしな」

小梅 「わ、わかってるけど・・・わかってるけど、その、ちょっと悔しい」

幸子 「す、すみません。ボクも頑張って投票券集めてみますので」

小梅 「!そ、そういうのはいいっ!幸子ちゃんも忙しいしそこまで無理強いしないから」

幸子 「そ、そうですか?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:29:43.72 ID:iln5s/HH0
小梅 「うん。そ、そのかわり・・・」

幸子 「そのかわり?」

小梅 「な、何かしてほしいなって」

幸子 「何か・・・ですか?」

小梅 「うん。わ、私と美玲ちゃんは幸子ちゃんの友達だから一票以上の何かが欲しいなって」

美玲 「ウ、ウチもか!?・・・まぁ確かに一票って聞いたときは納得いかなかったけどさ」

幸子 「そ、そうだったんですか。えっと、一票以上の何かと言われても、急にはその・・・」アタフタ

小梅 「ふふっ」ニコニコ

美玲 「(あ、小梅のこの顔はアレだ、困ってる幸子を見て楽しんでるときの顔だ)」

小梅 「(ふふっ、困ってる幸子ちゃんもカワイイ///)」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:30:34.29 ID:iln5s/HH0
幸子 「えっと、う~ん・・・あ、そうだ、じゃあ小梅さんちょっと来ていただけますか?」

小梅 「?うん」トテトテ

美玲 「?」

幸子 「あの、えっと///」

小梅 「?」

美玲 「?」

幸子 「えいっ///」ギュウウウウ

小梅 「!?!?///」

美玲 「!?」

幸子 「///」ギュウウウ

小梅 「さ、幸子ちゃん!?///」

幸子 「こ、小梅さんっ」

小梅 「え、な、なに?」

幸子 「んっ///」チュッ

小梅 「!!(さ、幸子ちゃんがほっぺに!)」

幸子 「カ、カワイイボクに抱きしめられてキスまでされるなんて小梅さんは幸せ者ですねっ。こ、こんなのボクの友達じゃないと経験できませんからね!///」

小梅 「あう///」プシュ~


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:31:35.17 ID:iln5s/HH0
美玲 「こ、小梅っ、大丈夫か!?」

幸子 「ふふーん、カ、カワイイボクにこんなことされたら嬉しいに決まってます!・・・こ、これでいいですか、小梅さん?///」

美玲 「幸子も顔真っ赤だからな?恥ずかしいならやるなよ・・・」

幸子 「す、すみません///。小梅さん、大丈夫ですか?」

小梅 「くはっ」バタッ

幸子 「小梅さん!?」

美玲 「ど、どうした小梅?」

小梅 「わ、わ・・・」

美玲幸子 「「わ?」」

小梅 「わが生涯に、一片の悔いなし」カクッ

幸子 「小梅さーーーーーーん!」

美玲 「小梅――――――!てかそれ言いたかっただけだろーーー!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:32:19.29 ID:iln5s/HH0
小梅 「あとは任せた・・・輝子・・・ちゃん」パタッ

美玲 「あ、死んだ」

幸子 「いや死んでないですけど」

美玲 「遺言は「輝子によろしく」だったな」

幸子 「死んでないので遺言じゃないですけど!?」

美玲 「と、とりあえず小梅をソファーに・・・って、誰か来るぞっ」

幸子 「え?」

タッタッタ ガチャ

輝子 「大丈夫か小梅ちゃん!」バンッ

幸子 「輝子さん!?」

美玲 「輝子!?」

輝子 「小梅ちゃんの声が聞こえた気がして急いで来たんだ」

幸子 「輝子さんはエスパーか何かですか?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:33:01.65 ID:iln5s/HH0
輝子 「って、そこに幸せそうな顔で横たわっているのは小梅ちゃん!?い、いったい何がっ・・・・?」

美玲 「いやその、それは幸子がな・・・」

輝子 「さ、幸子ちゃんが!?」

幸子 「ちょ、美玲さん!?・・・・あ、でも小梅さんにしたんだから輝子さんにもした方がいいんですかね?」

美玲 「え、ど、どうだろ?でも同じ142sのメンバーだしな・・・」

輝子 「え、え?な、なんの話だ?」

幸子 「えっと輝子さん、こっちに来てもらってもいいですか?」

輝子 「ん?お、おお」トテトテ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:33:53.00 ID:iln5s/HH0
幸子 「えいっ」ギュウウウウ

輝子 「・・・・」

幸子 「///」

輝子 「!?!?さ、幸子ちゃん!?///」

幸子 「えっと、い、一票しか入れてませんけど輝子さんもボクの大切な友達ですからね!///」

輝子 「な、何の話だ!?大切な友達っていうのは、う、うれしいけど///え、ていうか幸子ちゃん顔近い・・・」

幸子 「しょ、輝子さん、ちょっと失礼します///」チュッ

輝子 「!?///(ほ、ほっぺに幸子ちゃんが!)」

幸子 「こ、小梅さんに同じことをしたらいきなり倒れてしまって///。何かわかりませんか輝子さ・・・・輝子さん?」

輝子 「くはっ」ガクッ

幸子 「輝子さん!?」

美玲 「輝子!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:34:40.12 ID:iln5s/HH0
輝子 「な、なるほど。小梅ちゃんが倒れるわけだ・・・」

幸子 「す、すみません、ひょっとしていやでしたか?」

輝子 「全然!!!!」ブンブンッ

小梅 「」ブンブンッ

美玲 「あれ?小梅いま動いたような・・・」

小梅 「・・・・」シーン

輝子 「くっ、どうやら私はここまでみたいだ・・・」ガクッ

幸子 「そ、そんなっ、輝子さんまで・・・・!」

美玲 「今さらだけどなんだこの茶番」

輝子 「あとは任せたぞ・・・ボノノ・・・さん」バタッ

幸子 「輝子さーーーーーん!」

美玲 「輝子―――――!てか何しに来たんだお前ーーーーー!?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:35:54.42 ID:iln5s/HH0
幸子 「ボ、ボクのせいで2人も倒れてしまうなんて・・・」

美玲 「いや、倒れたのはこの2人に問題があったと思うぞ」

美玲 「それより輝子が最後に言った言葉、この流れだと・・・」

タッタッタ

幸子 「だ、誰か来ますね」

ガチャッ

乃々 「輝子さんに呼ばれたんですけど・・・」

幸子 「この事務所はエスパー多いですね」

美玲 「1人いれば十分なのにな」

乃々 「え、え?いえほんとに輝子さんにLINEもらって来ただけなんですけど・・・」

幸子 「そうなんですか?じゃあ輝子さんが来る前に呼んだのかもしれませんね」

乃々 「そ、それで輝子さんは・・・って、なんで小梅さんと輝子さんが倒れてるんですか!?」

美玲 「ああ、これは幸子がな・・・」

幸子 「その話出しやめませんか!?」

乃々 「ふ、2人とも幸せそうな顔で寝てるんですけど・・・」

幸子 「えっと・・・。こ、これは流れ的に乃々さんにもやった方がいいんでしょうか?」

美玲 「ウ、ウチに聞かれても・・・」

乃々 「?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:36:44.45 ID:iln5s/HH0
幸子 「えっと、乃々さん。ちょっと来てもらっていいですか?」チョイチョイ

乃々 「な、なんでしょう?」トテトテ

幸子 「えいっ///」ギュッ

乃々 「わっ、さ、幸子さん?///」

幸子 「///」ギュウウウ

乃々 「ど、どうしたんですか急に?ふ、普通に恥ずかしいんですけど。あと顔がちょっと近いんですけど・・・///」

幸子 「えっと、小梅さんにも輝子さんにもやったのでっ///」チュッ

乃々 「え?///(さ、幸子ちゃんがほっぺに・・・!?)」

幸子 「えっと、カ、カワイイボクと触れ合えるのは友達である乃々さんの特権なんですからね!///」

美玲 「なんで毎回セリフが違うんだよ」

幸子 「あ、あんまり覚えてないんですよっ、恥ずかしすぎて!///」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:37:59.65 ID:iln5s/HH0
乃々 「えっと、あの・・・」

幸子 「あ、乃々さん、どうでしたか?///小梅さんたちにも同じことをしたんですが・・・」

乃々 「ふ・・・」

美玲幸子 「「ふ?」」

乃々 「普通にすごく恥ずかしかったんですけど///」

幸子 「そ、そうですよね///」

美玲 「まぁ乃々の反応が一番まともだよな」

幸子 「ま、まともな反応の方がかえって恥ずかしいです///」

乃々 「で、でも事情はわかりました。お2人が倒れてる理由も」

幸子 「?」

乃々 「なのでもりくぼも・・・くはっ!」バタッ

幸子 「の、乃々さーーーーん!」

美玲 「いや絶対わざとだろこれ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:38:47.69 ID:iln5s/HH0
乃々 「ど、どうやらもりくぼはここまでのようです・・・。あとは頼みましたよ・・・・ま」

美玲 「ちなみにここでまゆとか呼んでさらにカオスにしたら怒るからな」

乃々 「・・・・」

幸子 「・・・・」

美玲 「・・・・」

乃々 「あとは頼みましたよ・・・・美玲・・・さん」ガクッ

美玲 「だからってウチの名前にすんなーーーーー!?」

シーン

幸子 「えっと・・・美玲さん」

美玲 「な、なんだ?」

幸子 「流れ的にこれは美玲さんにも同じことをするんでしょうか?///」

美玲 「いや恥ずかしいしウチにはしなくてもいいんじゃないか?///」

幸子 「や、やっぱりそうですかね」

美玲 「あ、ああ」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:39:52.07 ID:iln5s/HH0
幸子 「・・・・」

美玲 「・・・・」

美玲 「べ、別にイヤとかしてほしくないってわけじゃないからなっ。ちょっと恥ずかしいだけで・・・。て、てか流れ的にはした方がいいかもな、うん///」

幸子 「そ、そうですか!?そうですよね!?では、えっと・・・///」トテトテ

美玲 「(あ、幸子から来るのか///)」

幸子 「では行きます。えいっ」ギュッ

美玲 「んっ」ギュッ

幸子 「・・・・///」

美玲 「・・・・///」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:40:43.27 ID:iln5s/HH0
幸子 「あの・・・美玲さん」

美玲 「な、なんだ?」

幸子 「よく考えたらハグはともかく、その・・・キ、キスまでするのは友達同士でもやりすぎな気がしてきました///」

美玲 「いやなんでこのタイミングで言うんだよ!?恥ずかしいだろっ、すごい意識しちゃうだろ!?///」

幸子 「い、今さらですがボクは輝子さんたちにすごい恥ずかしいことをしたんじゃ・・・///」

美玲 「おせーよ!見てるウチもけっこう恥ずかしかったんだぞ!?///」

幸子 「ど、どうしましょう・・・。美玲さんともしたほうが・・・///」

美玲 「ちょ、幸子顔近いって///。てか恥ずかしさMAXのこの状態でできるか!」

幸子 「そ、そうですよね。やっぱりやめたほうが・・・」

美玲 「や、やめろなんて言ってないけどなっ・・・///」

幸子 「え?は、はいっ・・・///」

美玲 「・・・・///」

幸子 「・・・・///」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:41:23.97 ID:iln5s/HH0
小梅 「・・・・」ジー

輝子 「・・・・」ジー

乃々 「・・・・」ジー

美玲幸子 「「・・・・」」

美玲幸子 「「!?!?///」」

小梅 「あ、ばれちゃった」

輝子 「こ、小梅ちゃん。まじまじと見るのはよくないぞ」

乃々 「輝子さんも見てたと思うんですけど。そしてもりくぼはビデオカメラを持ってこなかったのを激しく後悔してるんですけど」

美玲 「お、おまえらいつから起きて!?どっから見てたんだ!?つか声かけろよ!///」

小梅 「じ、実は最初から起きてたよ」フフッ

幸子 「え?ぜ、全然動かなかったのでそうは見えなかったですが・・・」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:42:10.38 ID:iln5s/HH0
小梅 「ふふっ、ゾンビの真似には死体になりきる演技も必要なんだよ?」

輝子 「ち、ちなみに私も起きてたぞ、フヒヒ」

美玲 「輝子もかよ」

輝子 「フヒ、き、きのこの気持ちになるための動かない訓練が活きたな」

乃々 「そしてもりくぼが倒れたのも実は演技だったのですっ」

美玲 「いや乃々は知ってた」

幸子 「乃々さんは知ってました」

乃々 「ひどいっ、これがもりくぼいぢめですか!?」

美玲 「ちがうからな」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:43:12.91 ID:iln5s/HH0
輝子 「フヒヒ、と、というか結局私は何で小梅ちゃんに呼ばれたのかイマイチわかってないんだが・・・」

美玲 「あれは呼ばれたっていうのか?」

幸子 「電波を受信したの間違いだと思いますけど・・・」

小梅 「あ、そうだったね。ごめんね急に呼び出して?」

輝子 「い、いや、大丈夫だ。ただ来てみたら小梅ちゃんが倒れてて幸子ちゃんがハグしてキ、キキキ、キスしてきたから驚いただけだ///」

乃々 「そこだけ聞くとわけがわからないんですけど。も、もりくぼもされたから人のことは言えませんが///」

小梅 「うん、実は今日ね~~~~~~」セツメイチュウ


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:44:29.35 ID:iln5s/HH0
====

美玲 「結局総選挙の話から脱線しまくったな」

幸子 「そうですね。やっぱり仲の良い人にはもうちょっと入れたほうがよかったですかね?」

美玲 「いいっていいって。もとはと言えばウチらが無理やり聞いたんだし。それに幸子はゲームあんまりしないのにいろんな人に投票するだろ?だから幸子の一票はよく考えられた一票だと思うぞ」

幸子 「美玲さん・・・ありがとうございます」

美玲 「うん。・・・・と、ところで幸子///」

幸子 「なんでしょう?」

美玲 「け、結局ウチだけその・・・さ、されてないんだけどっ///」

幸子 「ええ!?だ、だって恥ずかしいって・・・それに今思い返すとボクもけっこう恥ずかしかったんですよ!?///」

美玲 「だ、だってこれだとなんかウチだけ仲間はずれみたいじゃんか!///」

幸子 「わ、わかりましたよ。今度2人きりのときにでも・・・///」

美玲 「ふ、2人きりのときって・・・。な、なんかそれだとアレみたいだろ!?ふ、2人きりのときにキ、キキキsってなんかもうっ///」

幸子 「そ、そんなこと言われましてもっ///」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:45:56.82 ID:iln5s/HH0
美玲 「あれだっ。今度みんながいるときにな!///」

幸子 「そっちの方が恥ずかしいんですけど!?なんでみんなの前で、その・・・キ、キ///」

美玲 「きょ、今日やったじゃんか!///」

幸子 「今日のも恥ずかしかったですから!?///」

美玲 「ウチだって恥ずかしいいから大丈夫だ!///」

幸子 「なにが大丈夫なんですか!?///」

ウチニハデキナイノカー!  セメテフタリノトキニ!

コウメチャンカラキイタゾ、マーイフレーーーーーンズ!!  チョ、ドウシタンデスカショウコサン!?

これから事態が収束するまで1時間かかったのは別の話。

おわり


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:48:25.18 ID:iln5s/HH0
まゆ 「もしも幸子ちゃんを監禁したら」

小梅 「ある意味私たちは幸子ちゃんに困らされている」

幸子 「お疲れ様ですっ。カワイイボクが帰りましたよ~・・・って」

凛 「幸子ってそんなに可愛いかな?」

幸子 「さて、そろそろ寝ますか」

幸子 「助けてください美玲さん」美玲 「何かあったのか?」

凛 「卯月を押し倒したいんだけど」 未央 「うん?」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/21(木) 21:51:00.38 ID:hjs28ToKo
乙!