スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461160428/

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:56:52.89 ID:gHckeJ6p0
§4月のある日 事務所§

P「しかし何だな、最近はあったかくて過ごしやすいな」

茄子「あら。プロデューサーったら、おじいちゃんみたいですよ~。でも本当にいい天気……こんな日はお花見にでも行きたくなりますね」

P「花見か。仕事がはかどるなって言おうとしたんだけど、もうそんな時期なんだな」

紗南「じゃあさ、あたし達もお花見しない? もうすぐオフだったよね」

茄子「プロデューサー、いつもお忙しそうですから……たまに息抜きしたって、罰は当たりませんよ」

P「うん……悪くないな。行くか」

紗南「行こう!」

§そういうことになった§


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:59:39.65 ID:gHckeJ6p0
P「で、場所なんだけど……目立つといけないし、観光地とかはダメだよな。そういう仕事を取ってくれば行けたんだが」

紗南「もう、また仕事の話してる……Pさんの息抜きでもあるんだから、近くの落ち着けるところにしようよ」

茄子「うちの事務所って、敷地内に桜並木がありましたよね。そこはどうでしょうか~」

P「えっ、そんなんでいいのか? いや、二人がいいなら俺は構わないけど」

紗南「そういうのがいいの。ね、茄子さん」

茄子「はい♪ 私たちでお弁当を作りますから、楽しみにしててくださいね」

P「悪いな。飲み物とブルーシートは俺が持っていくよ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:01:51.35 ID:gHckeJ6p0
§花見前日 事務所のエントランス§

紗南「おまたせ!」

茄子「紗南ちゃん、お疲れさまです~。それじゃあ、買い出しに行きましょうか」

紗南「献立は決めてあるの?」

茄子「そうねえ……とりあえずはおにぎりと卵焼き、それに唐揚げぐらいかな。紗南ちゃん、何かいいアイデアあります?」

紗南「うーん、副菜っていうの? 野菜のおかずもあると嬉しいよね。春だし……そうだ、タケノコとか菜の花とかはどう?」

茄子「うんうん、春を感じる素敵なお弁当になりそうですね~。せっかくだから、両方とも採用しちゃいましょう♪」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:03:08.63 ID:gHckeJ6p0
紗南「タケノコは煮物に、菜の花はお浸しにしたらおいしいよ! まあ、お母さんの受け売りだけど」

茄子「紗南ちゃんのお母さんか~。お料理上手なんでしょうね」

紗南「まあね。寮のご飯もおいしいけど、お母さんほどじゃないかな! みんな喜ぶと思うし、茄子さんも食べにおいでよ!」

茄子「まあ……いいんですか? ふふっ、楽しみです♪」

紗南「あっ、スーパーが見えてきたね。タケノコと菜の花、置いてればいいんだけど」

茄子「きっと大丈夫ですよ~」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:06:18.05 ID:gHckeJ6p0
紗南「茄子さんの言ったとおり、すぐ見つかったね。無事に買えてよかった~」

茄子「明日が楽しみですね。あとは、鶏肉の下ごしらえだけ済ませちゃいましょうか」

紗南「やっぱり、できるだけ漬けた方がいいのかな?」

茄子「あんまり漬けすぎると、しょっぱくなりますけどね~。朝一で取り出せばちょうどいいんじゃないかしら」

紗南「漬けすぎもダメかー。ちょうどいい加減があるんだね」

茄子「うちの場合は、ね。プロデューサーの口にも合えばいいんですけど……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:08:48.35 ID:gHckeJ6p0
紗南「そういえば、Pさんの味の好み、訊くの忘れてたね。でも……あたし達が『おいしい!』って思う味付けにした方が、結局は上手にできるんじゃないかな」

茄子「私達の好みでいいの?」

紗南「ゲームだとね、いろんな武器とかアイテムを使い分けることも大事なんだけど……ひとつの戦法を極めるのもそれと同じくらい大事だって、あたしは思うんだ」

茄子「付け焼き刃は危ないってことですね。今回は、変えるにしてもどう変えればいいか分からないから、なおさら……」

紗南「まあ、ゲームの話だけどね。Pさんも一晩漬けたやつが好きかもしれないし……って、茄子さん?」

茄子「私、目が覚めました。確かに私が上手に作れるのは、私がおいしいって思う唐揚げ。誰に何と言われようと、私は私の好きな唐揚げを作ります!」

紗南「か、茄子さんがこんなに燃えてるところ、初めて見たかも……これはあたしも負けてられないね。茄子さん、明日は頑張ろうね!」

茄子「おーっ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:10:13.49 ID:gHckeJ6p0
§花見当日 事務所のキッチンスペース§

紗南「で……」

茄子「できました~!」

紗南「二人で作ると、やっぱりはかどるね。茄子さんに手伝ってもらって正解だったよ!」

茄子「どういたしまして♪ 私も楽しかったです~」

紗南「まだちょっと早いけど、会場の様子でも見に行ってみる?」

茄子「そうですね……プロデューサーがもう来ているかもしれませんし」

紗南「ゆっくりでいいって伝えておいたんだけど、Pさんのことだからね~」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:12:15.37 ID:gHckeJ6p0
§桜並木§

P「みんな『8時ぐらいに集合しよう』ってなってたんですけど、なぜか俺の集合時間だけお昼だったんですよ……ふんっ!」ばさっ

P「考えてみると、二人よりも入りが遅いパターンは殆どなかったな……なんだか新鮮だ。準備っつってもシート敷くだけだから、もう終わったしな」

P「……ちょっとだけ、早く来すぎたか」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:14:26.32 ID:gHckeJ6p0
茄子「プロデューサー! おはようございます~」

P「おお、早かったな」

紗南「『早かったな』はこっちのセリフだよ~。お弁当作りが長引くかもだから、ゆっくり来てって言ったのに」

P「でも、二人だってもう来てるじゃないか」

紗南「そ、それは……茄子さんが手伝ってくれて、予想より速くできたけどさ」

茄子「頑張っちゃいました♪」

P「だろ? そんなことだと思ったんだよ」

紗南「お見通しかー。今日ぐらいは先に来て、Pさんを待ってるつもりだったのにな」

P「はは、悪いな。まあ俺も今来たところだし、そんなに気にするなって」

茄子「無事に合流できて何よりですね~。じゃあ、人数も揃いましたし……といっても、お腹はまだ空いてないでしょうか」

P「そうだな、飲み物から開けよう。いろいろ買ってあるから、好きなのを選んでくれ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:18:33.65 ID:gHckeJ6p0
P「行き渡ったな。では、今日という良き日を祝して……乾杯!」

「「かんぱーい!」」

紗南「いやー、Pさんじゃないけど、今日はいいお天気だね」

茄子「本当に……桜もちょうど見ごろで、素晴らしいです」

紗南「そうだねえ……」

P「…………」

茄子「プロデューサー?」

P「ん、ああ……いまこの場面を切り取ったら、いい絵になりそうだと思ったんだ。来年はきっと桜の時期の仕事を……って、これじゃ二人に心配されるわけだな」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:24:26.26 ID:gHckeJ6p0
紗南「Pさんってば、いつもそんな調子だからさ。でも、あたし達のために頑張ってくれてるんだよね」

P「まあ、仕事だからっていうのもあるけど、それ以上に俺がやりたいからやってるんだよ。二人のことを考えるのは楽しいしな」

茄子「ふふっ、プロデューサーならそう言うと思いました。それなら……今回のことも、私達がお花見したかったから企画しただけなんですよ。な~んて♪」

P「……分かった、降参だ。今日は細かいこと抜きで、気軽に楽しませてもらうよ」

紗南「うん、それがいいよ! それでさ……そろそろお弁当にしない?」

P「おお、もういい時間だな。実はゆうべから待ち遠しかったんだよ」

茄子「私も作りながら、食べるのが楽しみでした♪ それでは、手を合わせて……」

「「「いただきます」」」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:26:44.04 ID:gHckeJ6p0
P「おにぎりってさ、そのまま握るとけっこう熱くないか?」

紗南「だよね! お母さんはいつも平気な顔だったから、簡単だと思ったんだけどなー。今回は具を混ぜこむ時にちょっと冷ましたりして、なんとか握ったよ」

P「うちもそうだったな。『母は強し』ってやつか……次は唐揚げを貰おうかな」

茄子「……!」

P「茄子さんから力強い眼差しを感じるんだけど……」

紗南「あー、うん……気にしないで食べてあげて」

P「お、おう」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:28:54.98 ID:gHckeJ6p0
茄子「どうですか……?」

P「ん、うまいな! 下味もよく効いてる」

茄子「ほっ」

紗南「よかったね、茄子さん」

茄子「はい! 大袈裟かもしれませんけど、自分を信じて正解でした~」

P「……?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:38:23.28 ID:gHckeJ6p0
§唐揚げ問題のあと§

P「おっ、菜の花か。俺これ好きなんだよ」

茄子「紗南ちゃん、お手柄ですね♪」

紗南「別にあたしは、自分が食べたくて選んだだけだから……」

P「二人でしっかり拾ってくるなァ。それ、今後の定番ネタにしないでくれよ」

紗南「あははっ。でもホントにおいしいよね。ちょっと苦味があるけど、それがまたさっぱりするっていうか」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:42:31.87 ID:gHckeJ6p0
§食後§

P「ふう、すっかりご馳走になっちゃったな。二人とも、どうもありがとう」

茄子「お粗末さまでした。量もちょうどよかったみたいですね」

紗南「どういたしまして~。Pさん、今日はどうだった? いい息抜きになったかな」

P「ああ、おかげさまで。気の置けないみんなと食べるとおいしいし、それに楽しいな。実家にいた頃を思い出したよ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:44:18.89 ID:gHckeJ6p0
紗南「じゃあ、今回のミッションは――」

茄子「無事、達成ですっ!」

紗南「やったね! あたしも正直楽しかったし、またこうやって集まりたいな」

P「そうだな。じゃあ、次回は俺が考えてみるよ……それでこの後だけど、洗い物と片付けは任せてくれ。今日は何もしてないから、このぐらいはな」

茄子「では、お願いしますね~。紗南ちゃんはもう寮に戻ります?」

紗南「ゲームセンターに寄ってからって言いたいけど、なんだか力が抜けちゃったね……帰ろっか。Pさん、またね!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:45:32.05 ID:gHckeJ6p0
§寮§

紗南「茄子さんの卵焼きもおいしかったなー。あたし気に入っちゃったかも……よかったらまた作ってくれない?」

茄子「紗南ちゃんが食べたいなら、いつでもいいですよ~。今度は私がお手伝いしてもらおうかしら」

紗南「もちろん! へへっ、楽しみだね!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:47:30.02 ID:gHckeJ6p0
鷹富士茄子「お花見に行きましょう♪」 終わり

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:53:40.80 ID:Q18MrvIZo
おつ

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:56:51.03 ID:fHnwUUDNO

良かった!