スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461065009/

2: 芳乃ちゃんと法螺貝 2016/04/19(火) 20:24:18.74 ID:a9wrhsE9O
P「あー…! ペンの蓋が……! あんな奥に……!」

芳乃「ねーねー、そなたー」

P「くそっ! もうちっとで届くのに……!」

芳乃「ねーねー、聞いてましてー?」

P「ああ、聞いてる聞いてる…! で、なんだって……?」

芳乃「わたくしの法螺貝が見当たらないのですがー」

P「どうやったら失くすんだよ…! あんなもん……!」

芳乃「このあいだはお味噌汁の中に浸かってましてー……」

P「……あれ出汁でるの?」


3: 芳乃と法螺貝 2 2016/04/19(火) 20:29:58.35 ID:a9wrhsE9O
芳乃「……すぅ」

芳乃「すふぉー……」

P「ふっ……。ちんまい手で法螺貝持って、可愛いなあ芳乃は」

芳乃「……さき、鼻で笑ったのでー?」

P「いや。だって、音でてないじゃん」

芳乃「……すぅ」

芳乃「すふぉー……! ふふぉー……!」

P「ふっ……」

4: 芳乃ちゃんの手のひら 2016/04/19(火) 20:36:20.37 ID:a9wrhsE9O
芳乃「そなたー。わたくし、お飲み物が欲しいのでしてー」

P「んー、なに飲む?」

芳乃「ふむー……。やくるとをばー」

P「子供は好きだよな、ヤクルト。はい」

芳乃「むー……。わたくしは童ではなくー」

P「ほら、手ぇパーにしてみな」

芳乃「ほー……?」

P「ほら、俺の手のひらよりふた回りは小さい」

芳乃「大の殿方と比べるのは、いささかどうかとー」

P「……手ェちんまいなぁ。食べちゃいたいなぁ……」

芳乃「聞いてましてー?」

7: 芳乃ちゃんと回転ずし 2016/04/19(火) 20:43:18.92 ID:a9wrhsE9O
P「今日のお昼は回転寿司だ。1500円までなら食っていいぞ」

芳乃「ほー、くるくるー」

P「鯛、生エビ、エンガワ……。うめぇうめえ」

芳乃「玉子……。まこと、美味でしょうー」

P「可愛いの食べるなぁ、芳乃は」

芳乃「あとカマトロと生ズワイガニとのどぐろをー」

P「可愛げねぇなあ、おい」

芳乃「腹八分、でしてー」

P「回転寿司なのに7貫で1600円、芳乃は金の使い方がリッチだなぁ」

芳乃「そなたの支払いであるから故にー」

P「さ、オーバーした100円よこしな」

芳乃「むー……」チャリン

9: 芳乃ちゃんと下駄 2016/04/19(火) 20:49:00.14 ID:a9wrhsE9O
P「ほら、出掛けるぞー。靴履いてー」

芳乃「少々待たれてー」

P「下駄っぽいやつ好きだなあ、芳乃は」

芳乃「ぽい、ではなくー、これも立派な下駄でしてー」

P「でもそれ、カランコロンうるさいんだよなぁ」

芳乃「わたくしー、うるさいのでしょうー?」

P「ほら、ちっちゃい子が音がなる靴履いてるだろ? あんな感じ」

芳乃「ふむー……」

P「……あのぷぴー、ってなる靴買ってやろうか?」

芳乃「いらないのでして」

10: 芳乃ちゃんとお手入れ 2016/04/19(火) 20:56:30.57 ID:a9wrhsE9O
芳乃「日頃の手入れこそー、物を長く大切に扱う基本でしょうー」

P「法螺貝ねぇ……。ちょっと貸して」

芳乃「そなたにはまだ扱えぬ物とー」

P「吹かないよ。いや、こんなデカイ巻貝の中ってどうなってんだ……?」

芳乃「…………」

P「へぇー、こんな感じになってんのか……」

芳乃「…………」

P「って、味噌くさっ!?」

芳乃「お味噌汁の出汁に使われた名残ゆえにー」

11: 芳乃ちゃんと武士道 2016/04/19(火) 21:01:02.36 ID:a9wrhsE9O
珠美「では芳乃殿! 景気良くお願いしまずぞ!」

芳乃「はいー。……すぅ」

芳乃「すふぉおお……! ふふぉーー!」

珠美「ハアアアァァァアアアアアアッッ!! ハアッ! ハアッ!! ヘアアァァァアアアアアアッッ!!!」

P「うるせえよ! 何絶叫してんだ!」

珠美「ぜ、絶叫とは失礼な! 剣道における気合いです!」

珠美「いいですか、例え相手の方が手練れであろうとも気合いが劣っていなければ、気迫が上回れば勝てぬ相手ではないのです!」

芳乃「武士道とはー、何と見つけたりー?」

珠美「さて、2本目いきま……」

P「お前はもう騒ぐな。近所迷惑だ!」

珠美「んーっ! んんーっ!」

12: 芳乃ちゃんと73 2016/04/19(火) 21:10:08.74 ID:a9wrhsE9O
芳乃「そなたー、おひとついかがー?」

P「お、美味しそうな饅頭じゃないか。いただきまーす」

芳乃「ほー…、足下に気をー……」

P「うおっ!?」ズルッ

フニッ

芳乃「っ……」

P「ああ、ごめん。なんでこんな所にビー玉が転がってんだ?」

芳乃「むー。そなたー?」

P「ん? どうした?」

芳乃「花をも恥じらう乙女の胸にー、手を触れておいてそれだけでしてー?」

P「へ? 感想? ……特にないけど。俺なーんか胸に興味ないんだよなあ」

芳乃「そうではなくー、誠意を込めた謝罪をばー」

P「……すみませんでした」

14: 芳乃ちゃんと石ころ集め 2016/04/19(火) 21:17:50.14 ID:a9wrhsE9O
芳乃「そなたー、これなどいかがでしょうー?」

P「ん? ああ、いいんじゃないか?」

芳乃「ふむー」

P(休みの日に呼ばれたと思えば、河原で石ころ拾いとはねぇ……)

P「うっ、寒っ……。お?」

P「おー、綺麗な石ころ。おーい芳乃、これとかどうだ?」

芳乃「ほー、そなたはいい眼をお持ちでー」

P「そうかそうか。あ、これもいいんじゃないか? これも。あ、そこに落ちてるやつも!」

芳乃「…………」

P「な、どうだ! 珍しい形とか色とかしてるだろ! 俺って案外物を見る才能が……」

パシッ

芳乃「えいっ」

ボチャン

P(捨てやがった)

15: 芳乃ちゃんとキレイキレイ 2016/04/19(火) 21:25:32.42 ID:a9wrhsE9O
P「ほら、色んなもん触ったからちゃんと手を洗おうな」

芳乃「まこと、冷水は肌に刺さるが如くー」

P「石鹸を泡立てて30秒。手首から指の間、爪の間までしっかりな」

芳乃「ほー、あわあわー」

P「はい、泡はちゃんと流せよー」

芳乃「んっ……。おー、綺麗になりましてー」

P「ほんとか? ほら、見せてみな」

芳乃「どうでしょうー?」

P「…………」ジュルリ

芳乃「ねーねー、そなたー?」

P「あむっ!」パクッ

芳乃「聞い……」

P「…………」

芳乃「…………」

P「……ごめん」

芳乃「洗い直しでしてー……」

17: 珠美ちゃんとキレイキレイ 2016/04/19(火) 21:32:48.94 ID:a9wrhsE9O
珠美「ふぅー。この時期の手洗いは堪えますな」

P「よお珠美。ちゃんと手洗ったか?」

珠美「ふふん。珠美は手洗い大好きですからな。ほら!」

P「おー、ちゃんと爪の間まで洗ってあるな」

珠美「ええ! ちゃんと洗わないとお母さんがおやつをくれな……」

P「あむっ!」パクッ

珠美「いっ!? ひいいぃいぃぃぃぃぃ!!?」

P「うめえ! 珠の手ェうめえ!」ジュルジュルジュルッ!!

珠美「は、離してぇ!? 誰か! 誰かぁーー!?」

未央「どうしたのー? って! プロデューサーがたまみん食べてるーっ!? うわぁぁぁあー!? みんなーー!!」

P「待って! その言い方は誤解が広がる!!」

20: 芳乃ちゃんとゲーセン 2016/04/19(火) 21:38:20.91 ID:a9wrhsE9O
芳乃「ほー、ここがげーむせんたーでしてー」

P「芳乃とは縁遠い場所だよなあ」

芳乃「ねーねーそなたー。この人形を飾ってある箱はなんでしょうー?」

P「これはUFOキャッチャーってな、あそこのアームで人形を取るんだよ」

芳乃「ほー……」

P「やってみる?」

芳乃「いえー、そなたの遊ぶ所が見たくー」

P「じゃあ見てろよ。あのブサイクな緑のが取りやすそうだな」

芳乃「おー、あーむが妖のもとへー」

P「位置は完璧! どうだ!」

スルン

芳乃「撫でただけ、でしてー……」

P「アームよっわ……」

22: 芳乃ちゃんと茶柱 2016/04/19(火) 21:47:27.41 ID:a9wrhsE9O
芳乃「ふー、ふー……」

P「お、淹れたてのお茶。芳乃がやったのか?」

芳乃「ええー、お煎餅にとてもよく合うのでしてー。そなたもひと休みといたしましょうー?」

P「そうだな。ついでくれるか?」

芳乃「はいー」コポポ…

P「お、茶柱……」

芳乃「おー……!」キラキラ

P「縁起いいなあ。なにかいい事ないかなー、っと」

芳乃「………!」キラキラ

P「……交換する?」

芳乃「よろしいのでしてー? ほー……!」

P(芳乃のちんまい手で持ってた湯のみ……。ふへへ……)

24: みんなとだーれだ? 2016/04/19(火) 21:51:39.01 ID:a9wrhsE9O
P「…………」カタカタ

スッ

P「お?」

「だーれだ?」

P「声は未央だけど……。手は珠美だな」

珠美「おお、見事言い当てましたな」

未央「さすが手フェチ」

P「竹刀握りしめてマメとか出来てるからなぁ。わかりやすいよ」

未央「えー? たまみんの手ぷにぷにだよー?」プニプニ

珠美「ふふっ、ひぁっ! 未央殿! くすぐったいですぞ! あはは!」

P「いや、珠美の手のひらはこの辺が……」スッ

珠美「ひィっ!? 食べられる!!」

P「…………」

26: 芳乃ちゃんとだーれだ? 2016/04/19(火) 22:02:17.87 ID:a9wrhsE9O
P「…………」カタカタ

スッ

P(この手は、芳乃)

「わたくしはー、誰でしょうー?」

P「うーん、未央?」

「違いましてー」

P「じゃあ、珠美!」

「それも違いましてー」

P「じゃあじゃあ……、ちひろさん?」

「…………」

P「なーんてな。……って!? 芳乃!?」

芳乃「ぐすっ……!」ポロポロ…

P「いじわるしてごめんな? ちゃんと最初からわかってたから!」

芳乃「そなた…、この芳乃の事を忘れたのでして……?」ポロポロ…

P「ご、ごめんな? からかって……」

27: 芳乃ちゃんと猫じゃらし 2016/04/19(火) 22:08:15.08 ID:a9wrhsE9O
P「ほれほれ」

芳乃「ほー……?」

P「猫じゃらし、買ってみた」

芳乃「そなた、猫を飼ってまして?」

P「いーや、買ってみただけ」

芳乃「……そなた、お金とは大切に扱うものでしてー」

P「ほーらほらほら」

芳乃「……!」

P(めっちゃ目で追ってる)

P「それ! それ!」

芳乃「おー……!」

P「そらっ! そらっ!」

芳乃「………きゅぅ」バタン

P「あ、目ぇ回してる……」

28: 芳乃ちゃんと写真 2016/04/19(火) 22:13:54.51 ID:a9wrhsE9O
P「芳乃、写真撮りたいからこっち来て」

芳乃「ほー、わたくしの写真をばー」

P「はい、ここに座って」

芳乃「はいー」

P「膝の上に手を置いて」

芳乃「こうでしょうー?」

P「そうそう。はい、チーズ」

クイッ パシャッ

P「お、よく撮れた。待ち受けにしようっと」

芳乃「……ねーねーそなたー。今わたくしの手のみを写したのでしてー? ねーねー?」

P「撮る撮る! 全体像も撮るから!」

29: 芳乃ちゃんとアスレチック 2016/04/19(火) 22:19:19.57 ID:a9wrhsE9O
未央「よーし! 寒いからって引き篭もらずに、たまにはしっかり運動しないとね! アスレチックで遊ぶぞぉー!」

芳乃「おー」

未央「まずは揺れる網の上を…。おぉぉ……! これはなかなかバランス感覚が……!」

芳乃「心を鎮めー、世の揺らぎと同調しー、それを我が物とせよー」スタスタ

未央「おおっ! すごいスピードで渡って行くねー!」

芳乃「ほー…。未央ー、あれはなんでしょうー?」

未央「……なんだろ、凄い近代アートなデザインですな……。でも登って遊ぶみたいだよ。やるかい?」

芳乃「はいー。しかし、これはなんとも……、手が届かなくー……」ピョンッ

未央「未央ちゃんが押し上げてあげよう!よいしょっ!」ググッ

芳乃「ほー! これは景色も良いものとー」

未央(……おしり、柔らかかったな。ふへへ……!)

30: Pさんと玉肌 2016/04/19(火) 22:28:05.30 ID:a9wrhsE9O

未央「たっだいまー!」

P「おう二人とも、おかえり」

未央「アスレチック楽しかったぁー! また行こうね、よしのん!」

芳乃「あの頂きからの景色を眺めたくー、また行きましょうぞー」

未央「にしても汗かいちゃったねー。風邪引く前に着替えようか」

芳乃「それがよいでしょうー」

未央「ふー! ジャージ洗わなきゃねー」

芳乃「この機械はどう動かすのでしてー?」

未央「んー? まずは服脱いで入れて、洗剤と柔軟剤をー」

ガチャ

P「洗濯機動かすならこれもついでに洗っといてくれ」

未央「うわぁーー!? 今私下着姿なんだよー!! 開けるなー!」

P「それくらいで騒ぐなって。ほら、まかせた」

芳乃「……あの方は、乙女の玉肌に興味はなくー」

未央「凄いね、手フェチ……」

32: 芳乃ちゃんと温もり 2016/04/19(火) 22:41:00.58 ID:a9wrhsE9O
P「外、寒そうだなぁ……」

芳乃「ただいま、戻りましてー……。ふぁ…、くちっ……!」

P「ああ、おかえり。……って、寒かったろうに。おいでおいで」

芳乃「身体の芯まで冷えるようでー……」

P「芳乃芳乃、鼻垂れてる。ほら、チーンして」

芳乃「ちー……!」

P「手もこんなに冷えて……」キュッ

芳乃「そなたの手は、とても温かくー……」

P「芳乃が冷え切ってるだけだ。ストーブの前に行ってな」

芳乃「……わたくしはー、そなたに温めてもらいたいのでしてー」

P「ストーブ嫌いか? ほら、だっこしてやるから」ギュッ

芳乃「ん……」

P「よく冷えてんなあ。よしよし」

芳乃「…………♪」ニコッ

33: 芳乃ちゃんと風邪 2016/04/19(火) 22:46:21.52 ID:a9wrhsE9O
芳乃「えぅ…、こほっ、こほっ……」

P「んー、37度6分……。そこそこだな。ま、少し落ち着くまで仮眠室で寝てな」

芳乃「そう、しましょうー……。う……」

P「後でお粥持ってきてやるから、ゆっくりしてろよ」

芳乃「はい…、でしてー……」

P「……風邪ひきの癖に事務所まで来なくてもよかったのに」ナデナデ

芳乃「すみ、ませぬー……」

P「ふぅ、じゃあな」

バタン

芳乃「えほっ、えほっ……」

シーン……

芳乃「…………」

シーン……

芳乃「ぐすっ…、そな、たー……。こほっ、そなたー……」ポロポロ

ガチャ

P「……ごめん、寂しかったな?」

34: 芳乃ちゃんと指輪 2016/04/19(火) 22:52:51.05 ID:a9wrhsE9O
芳乃「…………」

P(今日の芳乃はいつにもまして大人しいな。……なんかあったのか?)

P「芳乃、元気ないのか?」

芳乃「そなたー…? これ……」

P「……なに、そのナット」

芳乃「指にはめてみたらー、抜けないのでー……」

P「あーあー、指怪我したらどうすんだ。ほら、手貸して」

芳乃「優しくして欲しいのでしてー」

P「なんか、なんか滑りを良くするもの……。石鹸水でいいか」

芳乃「ほー……。これで抜けまして?」

P「おう、じゃあ引っ張るから我慢してな」

芳乃「ふむー……」

P「よっ、ほっ…。こうか……」グググッ

ピキッ

芳乃「みゅっ」

P「ん? 今指から音が……。だ、大丈夫か? 芳乃?」

芳乃「…………!」フルフル

P「ご、ごめん。一旦休憩にしようか……」

芳乃「……ぐすっ」

36: 芳乃ちゃんとヘアスタイル 2016/04/19(火) 22:58:26.08 ID:a9wrhsE9O
P「……芳乃、ちょっと髪ほどいていいか?」

芳乃「そなたがそうしたいのであらばー、お構いなくー」

P「ありがとう。よし」シュルッ

芳乃「ん……」

P「ポニーテール……。あ、結構似合うな」

芳乃「本当でしてー?」

P「ああ。じゃあ今度はツインテールに……」

芳乃「ほー、いかがでしょうー?」

P「……なんか、めちゃくちゃあざとくなった」

芳乃「あざとい、とはー?」

P「ま、まあいつもの髪型が一番だな。戻そうか」

芳乃「ねーねー、そなたー? わたくし、あざといのでしてー?」

37: 依田芳乃とわれこのうてんをのぞまんとしあまてらすおおみかみのかごのもとせいてんをせつにもとむなり 2016/04/19(火) 23:04:02.16 ID:a9wrhsE9O
P「雨かあ……」

芳乃「ええー……」

P「なあ芳乃、不思議な力で晴れに出来ないか?」

芳乃「そなたー? わたくしにはそのような世界の理を書き換える力は無くー」

P「あー、じゃあほら。このシーツで芳乃を包んで」

芳乃「ほー……?」

P「ほら。てるてるよしの」

芳乃「ほー……」

P「よし! ほーら、高いたかーい!」

芳乃「そなたー? わたくしは一体どうすればよいのでしてー?」

P「晴れになるように祈ってくれ」

芳乃「むー…。では……」

芳乃「我此之雨天ヲ望マントシ天照大御神之加護之元晴天ヲ切ニ求ム也」

P「え? 芳乃?」

芳乃「ほー……! そなた、空を見よー」

カアァァ……!

P「え!? 晴れた! 芳乃! 芳乃ー!?」

39: 芳乃ちゃんと風船 2016/04/19(火) 23:13:20.11 ID:a9wrhsE9O
芳乃「ほー……。ねーねー、そなたー?」

P「ん? どうした、芳乃」

芳乃「あちらに浮かぶ色とりどり風船はー?」

P「ああ、電気屋さんが配ってるのか。貰うか?」

芳乃「…………」

芳乃「…………」/// ウズウズ

P「……貰おうか。すいませーん、風船ひとつ貰えますか?」

芳乃「ほー……!」

P「ほら、手ェ出して」

芳乃「こう、でしてー?」

P「飛んでいかないように手首に紐を掛けて……」

芳乃「おー…、風船は天を目指しー……!」

芳乃「そなたー…! わたくし、空へと連れて行かれそうでしょうー……!」

P「芳乃ー、飛んで行くなー。芳乃ー」

40: 芳乃ちゃんとてれび 2016/04/19(火) 23:19:01.40 ID:a9wrhsE9O

芳乃「むー……」ペチペチ

P「どうした芳乃。壊れるからリモコン叩いちゃダメだぞ」

芳乃「そなたー? てれびがつかないのでしてー」

P「え? そんなはずは……。リモコン貸してみ?」

芳乃「赤いぼたんを押しても、てれびは何も言わずー……」

P「……あれ、本当だ。点け、点けよっ!」

芳乃「電池切れでございましょうー?」

P「んー……。そもそもちゃんとテレビ本体の電源いれたか?」

芳乃「…………」

P「……こら」

41: 芳乃ちゃんと 2016/04/19(火) 23:24:28.19 ID:a9wrhsE9O
P「…………」カタカタ

芳乃「…………」

P「えーと…。明日はー……」カタカタ

芳乃「……むぅ」

P「……ふぅ。どうした、芳乃? さっきからずーっと俺の事見てるけど」

芳乃「そなた、お仕事が忙しいのでしょうー?」

P「んー? んー。まあな」

芳乃「いえー、では、ここで見守る事としましょうー」

P「……本当は遊びたいのか?」

芳乃「……はい、でしてー」

P「でも、今は遊んでやれないけど……」

42: Pさんと 2016/04/19(火) 23:26:32.67 ID:a9wrhsE9O

P「ほら、おいで。芳乃」ポンポン

芳乃「……よろしいのでして?」

P「でして」

芳乃「…………♪」トテトテ

P「膝の上によいしょ、っと。ほら、これなら俺も仕事が出来るし、芳乃の側にもいれるな」

芳乃「……そなたー」

P「なんだ? 今度は」

芳乃「ふふっ……。なんでもありませぬー」

P「……変な芳乃」

芳乃「では、そなたが集中して仕事に臨めるよう法螺貝で鼓舞して差し上げましょうぞー」サッ

P「えっ!? 今お前それどっから取り出した!?」

芳乃「すぅ……」

ブオオオォォォォオオオオオ!!!

P「うる、うるせえ! なんで今になって吹けるようになったんだ!?」

P「よし、芳乃! ストップ! よしのーーーっ!!」

芳乃「…………♪」






43: ◆9uYfwZ5Rhzmp 2016/04/19(火) 23:30:43.65 ID:a9wrhsE9O
自分の漫画本棚のほのぼの系漫画のネタをパクろうと思ったけどジョジョとクロスボーンガンダムしかありませんでした。

お付き合いありがとうございました。これにて完結です。

和久井留美「業務用2.1キログラム」


和久井留美「か、家庭用200グラム……」


是非総選挙の方では留美さんにお願いします……。
それではネタが浮かべば、またいつか。