スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460993242/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:27:22.17 ID:npS4S32yO
「――どうしてもトップアイドルになりたいんです…! どんなに不幸でも!」

……なんて大口を叩いてしまったのだろうか。

私――白菊ほたるにそんな、トップアイドルになれるような、取り立てた長所なんてない。

逆に取り立てるだけの短所ならあるというのに。

不幸体質という、呪われた性質が。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:28:02.33 ID:npS4S32yO
「いい言葉だ」

だけれど目の前の人――プロデューサーは笑い飛ばすでも、眉を顰めるでもなく、ただ真面目な顔で一つ頷き。

「君なら、トップアイドルになれるよ」

――そう、私のことを信じてくれた。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:28:38.23 ID:npS4S32yO
それからは輝かしい日々が続いた。

アイドルの衣装に身を包んでステージに初めて立った日。

育てていたスズランの木をモチーフにした衣装を着た日。

浴衣を着てみんなと花火を見た日。

クリスマスパーティーに参加して、その後サンタに扮した日。

闇と光の、二面がある剣士を舞台で演じきった日。

モデルにチャレンジして、光あふれる道を歩いた日。

ウェディングドレスを着て撮影をした日。

大きな舞台にソロで立たせてもらってライブをした日。

正月に縁起の良い衣装で厄払いをした日。

――どれも、とても大切な思い出だ。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:29:25.52 ID:npS4S32yO
――――だから、いつもここまでだと思ってしまう。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:30:28.09 ID:npS4S32yO
ここが私の最高潮なのだと。

ここまでが、私の限界なんだと。

これ以上輝くことなんて、できないんじゃないかと。

――思い描いていた、何より輝かしいトップアイドルになれる姿を、私は想像すらできなかった。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:31:34.64 ID:npS4S32yO
「お疲れ様、ほたる」

今日の撮影の仕事が終わって、プロデューサーさんは労いの言葉をかけてくれた。

「プロデューサーさんこそ、お疲れ様です……」

この人は変わらない。

あの日出会った時から、

不幸に巻き込まれた後でも、

ただ真っ直ぐな目で私を見て。

いつも、私の背中を押してくれる。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:32:30.14 ID:npS4S32yO
「……あの、プロデューサーさん」

「ん?」

だから、確認したかった。

あの気持ちもまた、あの時と変わらないのかと。

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:33:18.45 ID:npS4S32yO
「――私は、トップアイドルになれると思いますか?」

「もちろん」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:34:22.71 ID:npS4S32yO
一拍も置かずに、返事は返ってきた。

「今も昔も、ずっとそう信じている」

何時の間に後ろに回ったのか、ぽんと小さく背中を押された。

「だからほたるも、そう信じていればいい」

「………………はい」

背中にじん、と熱がこもる。

この熱さがあれば、私はまだ前に進める。

諦めずに――夢を追える。

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:34:53.33 ID:npS4S32yO
トップアイドルになる、その日まで。

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:35:36.18 ID:npS4S32yO

おわり

諦めなければ、いつかはたどり着けるって信じてる

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:42:51.85 ID:9itAiCjDO


絶対なれる、ほたるならなれる