スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422966113/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:21:53.63 ID:lCZxSOKfO
ろうきょーぶssです
暇潰し程度にお願いします
暇潰しにもならないかもですが


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:28:46.63 ID:lCZxSOKfO
紗季「昴さん、終わったあと、少し時間よろしいですか?」

昴「いいけど。どうしたんだ?」

紗季「いえ、ただ、二人きりで話したいことがあって」

昴「わかった。いいよ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:37:59.84 ID:lCZxSOKfO
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紗季「話ってのは、ですね、」

紗季(どうしよ、緊張してきた)

昴「ん?」

紗季(いきなり告白なんてひかれてしまうから、よし、ここは、)

紗季「えっと、そうです!えっと、私のことどう思いますか?」

紗季(いやー、告白にもちこむために話やすくしようとしたのに、、いま、なんていった!?私//// )

昴「え?俺が?」

紗季「あ、、はい//// 」

昴「一生懸命で友達想いで優しい、素敵な女の子だよ」

紗季(誉めすぎです//// 昴さん)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:51:49.71 ID:lCZxSOKfO
紗季「そうですか……」

昴「うん。なにかあった?」

紗季「いえ……」

紗季(だめ。ここで勇気を出すの!)

紗季「あの、聞いて下さい」

昴「いいよ」

紗季「昴さんのことが、好きです。ひとりの男性ととして好きです。私とお付き合いして下さい」


昴「そっかあ。ありがと……けど、俺、好きなやつがいるんだ」

ガチャ

紗季(今。音がしたような、もしかして……)


紗季「それって、、誰ですか?」

昴「智花だよ」

紗季「そうですか……」

昴「ごめん」

紗季「わかってましたから、、別に、、私、、」

昴「ごめんな」

紗季(昴さんに頭を撫でてもらってるのに、どうして、こんなに悲しいんだろ…)

紗季「智花もきっと、昴さんが好きです。大切にしてあげてください。」

昴「ああ、わかったよ」

紗季「だから、今日だけは、」


「私をぎゅっと抱き締めて下さい」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 22:53:51.01 ID:rbaGlKSyO
昴(今日、朝来なかったな……どうしたんだろ…)


昴「なあ。智花、今日二人きりでちょっと話したいことがあるんだけど」

智花「あ、ごめんなさい、昴さん。きょ、今日はですね、用事があって、ですね」

昴(うそだ。はっきりわかる。本当に嘘つけないんだな)

昴「なあ、智花。俺さ、」

智花「嫌です。それ以上は、それ以上は聞きたくなんかありません……」

昴「だめだ!いう!」

智花「いやです!」


昴「智花!」

智花「私のことなんて、なんとも思ってないんですよね!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 23:04:34.09 ID:rbaGlKSyO
昴「智花!俺は好きなやつがいるんだ!」

智花「私じゃない誰かを好きな昴さんなんて、見たくありません!」


昴「智花のことが好きだ!俺の彼女になってくれ!」

智花「ふぇ//// 好きなやつがいるって、昨日、紗季に、、え、、私?うそ//// 」

昴「そっか、だからか。で、どうなんだ?」

智花「//// はい//// 彼女にしてください//// 」

昴「俺でいいのか?」

智花「昴さんじゃきゃだめなんです//// 」

昴「じゃあさ。その、目、つむってくれるか」

智花「//// はい//// 」

チュ

智花「私、幸せです。だから、これからもっともっと幸せにしてくださいね//// 」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 23:06:56.73 ID:rbaGlKSyO
まあ、とりあえず終わらせました。
が、
まだ、二人のイチャイチャがみたいとか、
智花の嫉妬がみたいとかなんかあったら書くんで。

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/04(水) 23:21:51.19 ID:7yGxmERTO
いいスレ見つけたと思ったらなんでもう終わってるんだー
イチャイチャが見たい

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 07:18:25.22 ID:HXKR4iBMO
時系列バラバラになります


《イチャイチャ》

ピンポーン

昴「お、来てくれたか」

智花「はい。おじゃまします//// 」

昴「そんなにかしこまらなくていいよ」

智花「いえ、その彼女になってくるのはまた、恥ずかしいというか//// 」

昴「じゃあ、俺の部屋行こっか」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昴「いやあ、付き合ってから2週間たつね」

智花「むーー」

昴(あれ、、頬膨らませて怒ってる、可愛いけど)


昴「どうしたの?」


智花「どうしたの?じゃないですよ!」

昴「え?」

智花「付き合ってからどうして、1回もデートしてないんですか!」

昴「いや、その予定というか」

智花「その断った予定って、私じゃない女の子ですよね」

昴(う、、気づかれてる)

昴「え、なんのことかな」

智花「あんまりとぼけてると本当に怒りますよ」

昴「はい……ごめんなさい」

智花「そうですよ!もう……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 07:25:00.90 ID:HXKR4iBMO
昴(怒ってるのに、可愛いな)

昴「可愛いな」

昴(あ。口にでてた、聞こえたか?)

智花「//// 」

昴「智花?」

智花「そ、、そんなこといったって、、私の機嫌は治りませんから!可愛いって、、そんなの//// 」

昴(どうみても、治ってるんだけど、やべー、抱き締めたい……)

智花「ちょっと聞いてるんですか!」

昴「好きだよ、智花」

智花「ずるいです、昴さん//// 」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/13(金) 23:17:06.70 ID:5MyfpcbxO
《チューしますよ》

智花「昴さん、今パンツみえました?」

昴「いや、み、みてないよ……」


智花「昴さん……?嘘ついたら、チューしますよ」


昴「え?じゃあ、智花と話すとき嘘つくしかないじゃん」


昴「智花ってあんま可愛くないよな」


智花「なんかいやです……」


昴「智花のこと、俺あんまり好きじゃないんだよな」

智花「……」


昴(やばい、泣きそうだ……
でも余計意地悪したくなる……)


昴「あー、どっかに可愛い女いないかなー」


智花「…………」



智花「ばか……すばるさんのばかぁ……」


昴「ごめんごめん、大好きだよ智花」


ぎゅ


智花「えへへ//// 」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/13(金) 23:35:36.70 ID:5MyfpcbxO
智花「昴さんは、私の胸触りたいですか?」

智花(うわぁ//// 恥ずかしいよぉ。
でも紗季が言えって言うからぁ……)

昴「ぶふっ。ごめんちょっとこぼしちゃった。でも、びっくりしたぁ。どうしたんだよ、智花……」

(紗季と真帆の言った通りにやれば……)

智花「あの、昴さん、私もう2年生になって、いつも昴さんのこと考えて揉んでたら、こんなにエッチに……あ……昴さん……」


昴(どうしたんだろ……智花……多分これあれだな……)

智花「昴……さん?」

昴「なあ、智花?智花は十分可愛いから、そんなことしなくていいからな……」


智花「そんなことって」

昴「もうちょっとよく考えるんだぞ智花……」


智花「私……」

智花(なんて、恥ずかしいことを……)


智花「もうお嫁にいけません……」


昴「そりゃあ、俺が離さねーからな」


智花「昴さん……大好き!」