スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423372723/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:18:44.26 ID:PvuXZZN40


助手(♀)「はあ」

錬金術師「暇なのでホムンクルス作るわ」

助手「唐突ですね」

錬金術師「いやさ、千年の長寿を得てからだいぶ経つけどね」

錬金術師「やりたい事はほとんどやっちゃったからさ」

錬金術師「今現在ほんとにやる事無さすぎてヤバイんだって」

錬金術師「今までは助手クンいじったり助手クンいじったり」

錬金術師「助手クンいじったりして退屈を凌いでたんだけどね」

助手「通りで私の胸がいきなり大きくなったり小さくなったりした訳ですね」

錬金術師「しかし君も中々面白い身体してるよね」

錬金術師「膨らませてもすぐ縮むんだもの、色々試したけど俺もお手上げですわ」

助手「ふんっ!」ドゴォ

錬金術師「あってぇ! 叩くこと無いだろ!?」

オススメ!!
男(明日の朝ごはんどうしようなあ)ウィィィ 女「あんあんあん///」
【R-18】ヒカル「なぁ、セックスしようぜ」奈瀬「えっ?」
【ラブライブ!】ことり「海未ちゃんの初めて…貰っちゃった…♥」
ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ~いwwwww」
夜神月「SEKAI NO OWARI!?」
【マジキチ注意】女「胸を張りなさい。あなたの屁は誇りの匂いよ」
【ToLOVEる】九条「こんなふしだらな身体…嫌だ…」
【モバマス】美嘉「チンポ咥えただけで…イグゥッ!」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:20:24.64 ID:PvuXZZN4o
助手「そもそもこの私の身体だってセンセーが作ったものじゃないですか」

錬金術師「まあそうなんだけどね」

錬金術師「ホントはグレイトなバディにするつもりだったんだぞ?」

錬金術師「それが作ってるときになんか異物が混入したっぽくてさあ」

錬金術師「……ね?」

助手「……」チビペッターン

錬金術師「さて、そろそろホムンクルス作るかなあ」

助手「私のことは丸投げですか」

錬金術師「そう根に持つなよ」

錬金術師「で、レシピ通りに作ってもつまらんから、なにか適当な材料をぶっ込む、安価で」

助手「はあ……ところで安価ってなんですか?」

錬金術師「本能だ」

助手「本能ですか」

錬金術師「そうだ」

錬金術師「そういうわけで、本能のまま↓1を材料に突っ込む!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:20:38.25 ID:hZfq6F2+O
ゴリラ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:34:22.51 ID:PvuXZZN4o
助手「ゴリラですか?」

錬金術師「ゴリラだ」

助手「……材料にするには大きすぎません?」

錬金術師「はて、気に掛けるところかなそこは」

助手「いやだって、そこのフラスコの中で作るんですよね?」

錬金術師「安心したまえ、俺は錬金術の中でも大きさを圧縮する技術が大得意でな」

助手「私の胸も圧縮したわけですね?」

錬金術師「……………………」

錬金術師「とにかく! ゴリラを投入だ」



助手「持ってきました」

ゴリラ「ウホッウホッ」

錬金術師「ご苦労、じゃあこのゴリラを……」

錬金術師「圧縮!!」グワン

ゴリラ「!?!?!?」バキボキベキ

助手「よからぬ音が鳴ってますが」

錬金術師「いいんだよ別に! このままフラスコにドボン!」ボチャ

ゴリラ「」

助手「赤く染まってますが」

錬金術師「材料の命などに考慮する必要は無い」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:44:06.29 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来たぞ、仮名1号だ」

1号「……ウホ」

助手「毛深いですね」

錬金術師「ゴリラだからな」

1号「ホッ! ウホッホ!」

助手「ウホしか言いませんね」

錬金術師「ちゃんと言葉は話せる筈だから、そういう奴なんだろ」

1号「ウホッ!」

助手「頬を赤らめてますが」

錬金術師「なんて奴だ、お前を見て興奮してるぞ、とんだロリコン野郎だな」

1号「ウホッ」

助手「あなたを指差してますが」

錬金術師「は?」

助手「そういえば聞いたことがあります、ハーレム形成した群れから外れたオスは寂しさを埋め合うためにオス同士で」

錬金術師「ふんっ!」ゲシッ

1号「ウホッ!?」

助手「空部屋に蹴り入れるんですか」

錬金術師「まあ、簡単に掘られる気は無いというか、そもそもそんな気は一切無いんだがね?」

錬金術師「一緒の部屋にいるのが不愉快だったんでな」

助手「はあ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:46:31.91 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「さて、次行くぞ」

助手「まだやるんですか」

錬金術師「当たり前だろう、まだ始めたばかりだぞ」

錬金術師「じゃあ次は↓1だな」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:46:40.96 ID:tBaIoKoVO
助手の脇毛

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 14:58:41.62 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「助手の脇毛だ」

助手「は? 私の脇毛?」

錬金術師「そうだ」

助手「変態ですか」

錬金術師「何を薮から棒に」

助手「思えば私をロリ体型にした前科がありますし」

錬金術師「前科とはなんだ、ちょっとした事故だと言っただろう」

錬金術師「とにかく! 脇毛をよこすんだ」

助手「生えてません」

錬金術師「は?」

助手「生えてませんけど」

錬金術師「毛生え薬塗りタイプ!」ヌリヌリ

助手「いきなり脱がせて脇を弄るなんて、やはり変態ですね」

錬金術師「見事に無臭だな、まあそういう風に作ったんだけどな」

助手「いらないことは言わなくていいです」



錬金術師「生えたので抜きます」プチッ

助手「いてぇ!?」

錬金術師「何だその野太い声は」

助手「最近声帯変化がマイブームなんです」

錬金術師「変わったブームだな」

助手「センセーが色々弄り回した副作用だよバカヤロー」

錬金術師「脇毛をフラスコにポイー」

助手「無視ですか」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:08:39.27 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名2号」

2号「?」

助手「脇毛がボーボーですね」

錬金術師「脇毛入れたもんな」

2号「はあ、脇ですか」プーン

助手「うっ」

錬金術師「何だお前、臭いぞ」

2号「仮にも女に対して臭いは無いと思うんですが」

助手「聞いたことがあります、脇の下からとんでもない異臭がする体質の人もいるとか」

錬金術師「俺も聞いたことあるぞ、耳クソが黒い色してるらしいな」

2号「は? 私がワキガだとでも?」

錬金術師「お前の脇毛だろ、なんとかしろよ」

助手「センセーが入れたんでしょう、なんとかしてください」

2号「おいちょっと」

助手「うぐっ」

錬金術師「やめろ近付くな!」

2号「…………」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:12:43.59 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「彼女には空部屋に移動してもらった」

助手「1号と同部屋ですか、彼のストレスがマッハですね」

錬金術師「なんで無臭だったお前からあんな刺激臭が生まれるんだ」

助手「私に聞かれても困ります」

錬金術師「気を取直して次いくぞ」

助手「やるんですね」

錬金術師「次はそうだなあ、↓1とかどうだ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:12:46.54 ID:NjQifI1to
錬金術師

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:26:11.34 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「錬金術師だ」

助手「は? センセー自身ですか?」

錬金術師「違わい、俺以外にも錬金術師はいるんだよ」

助手「センセー以外の錬金術師ですか」

錬金術師「長く生きてるとな、色んな知り合いが出来るもんなんだ」

錬金術師「その知り合いにはもちろん同業者もいる訳よ」

助手「その人も変態なんでしょうか」

錬金術師「おいおいおいおいおい、まるで俺が変態みたいな言い方じゃないか」

助手「え?」

錬金術師「は?」



錬金術師「そんなわけで連れてきた」

助手「……」

錬金術師「なんだよ、捕縛するためにお前をエサにしたのは謝るってば」

助手「この人も変態なんですね……」

同業者「おいお前! 何のつもりだよ!」

錬金術師「何って、お前をホムンクルスの材料にするんだけど」

同業者「はあ!? 何言ってんだよ!」

錬金術師「楽しかったぜぇ、お前との友情ごっこ」

同業者「てめえこの野郎!」

錬金術師「圧縮!」

同業者「ぐああああああ!?」バキベキボキ

助手「変態がやられましたか」

錬金術師「だが奴は変態の中でも最弱……いやいや、だから俺変態じゃねえっての!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:33:44.87 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名3号」

3号「デュフ」

助手「なんか気持ち悪いんですが」

錬金術師「幼女体型ホムンクルスを作って合法的にうんたらーとか言ってた奴だからな」

3号「おお! ここに素晴らしいおなごがおりますな!」

助手「ぶっ殺していいですか」

錬金術師「えっ、せっかく作ったのにもったいなくない?」

助手「とっておいてもいいことないと思いますが」

錬金術師「言われてみるとそうだな」

3号「あ、あれ? 何やら不穏な空気……」

錬金術師「あ、いいこと思いついた」

助手「センセーのいいことが本当にいいことだった覚えが無いのですが」

錬金術師「まあ聞けよ、さっき作った1号、同性愛の気があっただろ」

錬金術師「こいつをあてがおうぜ」

助手「なるほど」

3号「へ? 同性、なんだって?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:41:09.56 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「それじゃあこいつを空部屋に……うっ」

2号「……」プーン

1号「」

1号は死んでいた。

どうか1号を許してやってくれ、彼はゴリラなんだ。

ゴリラはストレスに超弱いんだ。

錬金術師「この匂いじゃそりゃ死ぬわな」

3号「待って、この部屋すごく臭い」

錬金術師「まあいいや、部屋にどーん」

3号「やめてええええ!」

錬金術師「助手クン、鍵」

助手「はい」ガチャ

ドンドンドンドンドンドン

助手「ドアを叩く音がうるさいんですが」

錬金術師「ちょっとやそっとじゃ壊れないから無視無視」

錬金術師「次行こう次、何かリクエストある?」

助手「私ですか? それじゃあ……↓1とか」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:41:16.32 ID:FMrRSikAO
アダルトビデオ

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 15:54:41.72 ID:PvuXZZN4o
助手「それじゃあこのアダルトビデオを」

錬金術師「待った!!!」

助手「はい?」

錬金術師「……」

助手「……」

錬金術師「いやなんでもない、よく見たら俺のじゃなかったわ」

錬金術師「俺幼女趣味じゃねーし」

助手「はあ、センセーも持ってるんですね」

錬金術師「あ」

助手「…………」

錬金術師「ゲフン、ところでそれをどこで見つけた?」

助手「さっきの変態が持ってました」

錬金術師「あいつ持ち歩いてんのかよ……」

助手「ええと、体育倉庫で小学生が先生に迫られ」

錬金術師「読まなくてよろしい、てかこれ児童ポルノじゃねえかよ」

錬金術師「それじゃあこれを半分にベッキリ折って」バキィ

錬金術師「フラスコに投入ー」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 16:03:07.93 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名4号」

4号「やっほい!」

助手「幼女ですね」

錬金術師「喜べ、お前の方が背はでかいぞ」

助手「聞いてません」

4号「んー?」

助手「ところで、なんで全裸なんですか」

錬金術師「そりゃあ出来立てホヤホヤだもの」

助手「さっきまでは皆服を着ていたという御都合主義だったじゃないですか」

錬金術師「俺に聞かれてもだな」

助手「やはりセンセーは幼女が」

錬金術師「どうしても俺を変態扱いしたいようだな、ん?」

4号「……お兄さんも、私とシタイの?」

助手「なんですかこの淫乱」

錬金術師「材料がアダルトビデオだからな」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 16:06:10.47 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「とりあえずー、空部屋……とは別の部屋で待機な」

助手「あそこは危険ですからね」

助手「臭い奴とセンセーの同類がいますからね」

錬金術師「その同類とはどういう意味かね、ん?」

4号「シナイの?」

錬金術師「俺にそんな趣味は無い」

助手「え?」

錬金術師「は?」



錬金術師「4号は別室に行ったし、次やるぞ」

助手「はあ」

錬金術師「次は↓1だ、↓1を入れるぞ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 16:07:50.79 ID:DrvT57z10
ネクロノミコン

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 16:22:56.91 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「この魔導書を入れるぞ」

助手「なんですかそれ」

錬金術師「ネクロノミコンっていう魔導書だ」

錬金術師「俺もそんなに詳しくはないんだけどね、色々な曰くがあるわけよ」

錬金術師「これ自体に魔力が宿ってるしな」

助手「なんでそんなものセンセーが持ってるんですか」

錬金術師「さっき人脈が広いって言ったろ? その知り合いに魔女もいてさ」

助手「魔女?」

錬金術師「そ、魔女」

助手「その魔女からぶんどったわけですか」

錬金術師「盗んだ前提にしないでくれる? これは俺が死ぬまで借りてるだけだから」

助手「一緒じゃないですか」

錬金術師「とにかく、これを材料にしたらすごいのが出来そうだぞー」ボチャン

ボワァ

助手「なんか瘴気みたいなのが溢れてますけど」

錬金術師「問題ない、圧縮錬金術で拡散の抑制は容易だ」グワン

助手「便利ですね、圧縮」

錬金術師「便利だろ、圧縮」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 16:37:36.26 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名5号」

5号「いあ! いあ! くとぅるふ ふたぐん!」

助手「大丈夫なんですかこれ」

錬金術師「あれだろ? 中学二年の時によくかかる疾患だ」

助手「違う気がしますが」

5号「いあ! いあ!」

助手「なんか正気じゃいられなくなる気がしますが」

錬金術師「俺SAN値100だからノー問題よ」

助手「あの、私は」

5号「ふんぐるい むぐるぅなふ!」ボワァ

助手「ただならぬ魔力が溢れてますが」

錬金術師「圧縮」グワン

5号「!?」

助手「魔力を圧縮したんですか?」

錬金術師「イエス、魔力を圧縮してできた結晶石がまた高く売れるんだ」

5号「ま、窓に、窓に!」

錬金術師「窓?」クル

助手「何もいませんが」クル

……

錬金術師「……あれ? 5号どこ行った?」

助手「え? さあ……いつの間に」

錬金術師「何の物音もしなかったけどなあ……」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:24:21.38 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「いなくなったものはしょうがない」

助手「しょうがないで済ませていいんですか」

錬金術師「いいんだよ別に、作るだけで満足なんだよ俺は」

助手「はあ」

錬金術師「次いくぞ、↓1を投入する」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:25:08.05 ID:RqA5aCsH0
たけのこの里

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:41:32.75 ID:PvuXZZN4o
助手「あ!」

錬金術師「なんだ」

助手「それ私のおやつですが」

錬金術師「なんだよ、このたけのこの里はお前のかよ」

助手「返して下さい」

錬金術師「やーなこった、俺はきのこの山派なんだよ、たけのこ滅すべし」

助手「はあ?」

錬金術師「あ?」

助手「センセーがきのこの山派だなんて……幻滅しました」

助手「尊敬なんて元々してませんでしたが」

錬金術師「おうおう、ボロクソ言ってくれるじゃないの」

錬金術師「ナイスバディになれる方法、教えてやっても良かったんだがなぁー?」

助手「!」

助手「…………そ、そんな言葉には騙されませんよ」

錬金術師「いやまあ、そこまで言うなら別にいいよ? たけのこの里返すよ?」スッ

助手「……………………」



助手「ナイスバディになれる方法教えてください」

錬金術師「よっしゃ、じゃあたけのこの里は遠慮なく使わせてもらうぜ」ドバー

助手「ぐぬぬぬ」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:50:10.80 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名6号」

6号「ニョッキ」

助手「どう見てもたけのこですが」

錬金術師「そりゃたけのこだもの」

6号「……」

6号「たけのこたけのこニョッキッキ!」

2人「!?」

6号「1ニョッキ!」

錬金術師「2ニョッキ!」

助手「えっ」

6号「はいお前の負けー!」

錬金術師「ははは、ざまあ」

助手「えっ?」

6号「ふっ、まだまだだな」

助手「いやあの、なにこれゲーム?」

錬金術師「やはり時代はたけのこの里ではなく、きのこの山だな!」

助手「は?」

6号「は?」

錬金術師「あ?」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:01:29.07 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「奴とは永遠に分かり合えそうにないから2号室に隔離した」

助手「ちなみに臭いのとロリコンがいるのが1号室です」

助手「ところでセンセー、ナイスバディになれる方法ですが」

錬金術師「ああ、たしかそんなことも言ったっけね」

錬金術師「はい」スッ

助手「……牛乳……ですか?」

錬金術師「さっき膨らませてもすぐ縮むって言っただろ?」

錬金術師「今後の成長に期待ってことだな! ハッハッハ」

助手「牛乳なんて毎食飲んどるわぁ!」バシャ

錬金術師「うぶぉ!? かけんじゃねえよ!」



助手「もういいです、次やりましょう次」

錬金術師「この野郎……」

助手「牛乳臭いですよ」

錬金術師「きっちりシャワー浴びて服着替えたっての!」

錬金術師「ったく……次は↓1でも入れるか」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:02:25.58 ID:zUh0Y5sGO
たわし

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:13:21.49 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「たわし入れるか」

助手「ん? これって……」

錬金術師「覚えていたか、そう、この前やってた福引きのG賞だ」

助手「あれだけ気合入れてたのにG賞を当てるんですから、すごくかっこ悪かったですね」

錬金術師「お前なんか残念賞のポケットティッシュだったじゃねえかよ」

助手「ていうか、これ使わないんですか?」

錬金術師「実験器具の洗浄には使えねーんだよ、ガラスだから傷付くんだ」

錬金術師「そもそも俺はスポンジ派だ」

助手「はあ」

錬金術師「そういうわけでたわし投下」ボチャ

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:25:40.84 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名7号」

7号「汚れはどこですか!」

7号「あっ! ここ汚れてるじゃないですか!」

7号「この汚れいつから放ってるんですか!!」

錬金術師「綺麗好きみたいね」

助手「綺麗好きというか、潔癖症ですね」

7号「汚れまくりじゃないですか!」ゴシゴシゴシ

錬金術師「ぬぁ! 強く擦るなよキズがつくっての!」

7号「擦らないと汚れが取れないじゃないですか!」

錬金術師「ガラス器具は少しでもキズが付いたらそこから割れやすくなるの!」

助手「いくらでもあるんだからいいじゃないですか」

錬金術師「お前実験器具がどれだけ高いか知らないだろ?」

錬金術師「……あ! いいこと思いついた」

助手「センセーのいいことはロクなことだった覚えがないのですが」

錬金術師「まあ聞け、こいつならあやつの悪臭を取り除けるかもしれんぞ」

助手「……はあ」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:34:45.97 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「あのさ7号、ちょーっと洗ってもらいたいものがあるんだけどさ」

7号「なんでしょうか!」

錬金術師「この部屋にいる……ある? んだけどね」ガチャ

モワァ

2号「……」

3号「」ピクピク

7号「うっ……!?」

2号「何よ……あんたも私を笑いに来たの?」

7号「いや、その」

錬金術師「後は頼んだぞ」

7号「えっ!?」

2号「あんたも私のこと馬鹿にしに来たんでしょ!!」

7号「そ、そんなことは……あ! 待って閉めな」

バタン

錬金術師「鍵」

助手「はい」ガチャ

ドンドンドンドンドンドン

助手「……擦ったくらいではあの臭いは落ちないと思うのですが」

錬金術師「言うな」



錬金術師「さて、次行こう!」

助手「その切り替えの早さは見習いたいと思います」

錬金術師「なにか入れたい物ある?」

助手「じゃあ↓1を」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:34:55.75 ID:e4qVSCOAO
センセーの陰毛

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:49:12.15 ID:PvuXZZN4o
助手「センセーのあそこの毛を」

錬金術師「お前脇毛を入れたこと根に持ってるんだろ? なあ?」

助手「はて、何の事やら」

錬金術師「仕方ねえな……ちょっと待ってろ」

助手「え?」

錬金術師「は?」

助手「ここで取らないんですか?」

錬金術師「なんでだよ」

助手「私の時は服ひん剥いて取ったくせに」

錬金術師「お前……俺のスペシャルモンスターを見たいのか?」

助手「え? センセーのかっぱえびせんがなんですって?」

錬金術師「は?」

助手「あ?」

4号「呼ばれた気がしたよ!」

錬金術師「呼んでねえよ」



錬金術師「とりあえず、俺の毛をパラーっと」

助手「……」

錬金術師「でかかったろ?」

錬金術師「本気出したらもっとすごいぞ、俺のグレイトモンスターは」

助手「ずるい! 私はぺったんこなのに!」

錬金術師「何と比べてるんだお前は」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:02:53.63 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名8号」

8号「ふっ! ふっ!」

助手「腰振ってるんですが」

錬金術師「そりゃあ溜まってるんだろ」

8号「……」チラ

助手「……何か?」

8号「……」

助手「まさか私を? そんな趣向がおありなんですか」

8号「はっ! だーれがお前みたいなちんまりにハッスルするんだよ!」

助手「…………」

8号「あー……どこかにボインな子はいないかなあ」

錬金術師「……ぷっ、くふふっ……!」

助手「オラァ!」ドゴォ

8号「アオオオオ!?」

錬金術師「おいやめろよ! あそこを蹴りあげるのは反則だろ!」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:07:59.04 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「とりあえず2号室に放り込んで」ガチャ

4号「んっ……はあっ……!」

6号「私のたけのこがエクスプロードッ!」

錬金術師「……えっと、端の方にこれ置いときますね」

8号「」ドサッ

錬金術師「失礼しました」バタン

助手「同じ部屋にいれば、そりゃそうなりますよ」

錬金術師「それもそうだな」

錬金術師「しかしタケノコニーとはレベルが高かったな」

助手「入るものなんですね、アレ」



錬金術師「次いくか」

助手「そうですか」

錬金術師「じゃあ次は↓1だな」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:08:05.45 ID:XWGumPfJO
助手のアダルトビデオ(ボインな子が主演)

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:22:05.11 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「こいつはとっておきだぞ?」

助手「とっておきですか?」

錬金術師「ほれ」スッ

助手「っ!?」

錬金術師「お前もアダルトビデオなんて見るんだなあ」

助手「どどどどどどどどこからそれを」

錬金術師「プレーヤーに残ってたぞ」

助手「しくった……!」

錬金術師「えーとなになに、巨乳女教師が家庭訪問で」

助手「読まなくていいです!」

錬金術師「しかし、巨乳ねえ」

助手「……わ、悪いですか巨乳に憧れて」

錬金術師「いや、そうは言ってないさ」

錬金術師「憧れを持つのはいいことだと思うぞ」

助手「センセー……」

錬金術師「だけどまあお前が巨乳になるのは無理だな!」

錬金術師「さっさと諦めときな! ハハハハハハ」

助手「オラァ!」ドゴォ

錬金術師「あぐぁ!? お前本気でぶったな!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:33:44.31 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、仮名9号」

9号「ふう……」タユン

助手「くっ」

錬金術師「でけぇな、流石だな、うはは」

9号「あら……私の胸に興味あるの?」ポヨン

錬金術師「お前見てみろよ、大きさがダンチだぞ」

助手「うるさい黙れ」

錬金術師「身長の話だっての、何と勘違いした? ん?」

助手「うぜえ死ね」

9号「何その子? あなたの娘?」プルン

錬金術師「娘と言われれば娘かな」

錬金術師「ところで、こいつが成長するにはどうすればいいと思う?」

9号「んー……」

9号「無理じゃないかしらね」

助手「あ?」

錬金術師「ぷくくっ、お、おま、本当の事、ストレートに言っちゃあ、くっふふふ!」

9号「現実を知ることは大事なことよ」

錬金術師「っ! っ!」ゲラゲラゲラ

助手「………………」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:41:06.25 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「おおっと、これ以上やったら大爆発しそうだ」

錬金術師「そんじゃあ2号室で待機オナシャス」

9号「分かったわ」ガチャ

4号「んっ……もっと……」

6号「ま、待って……たけのこ枯れちゃう……」

4号「ん? 新しい、人……」

9号「あら?」

彼女(の胸)を見た時、4号は本能で悟った。

悟ってしまった。

己の圧倒的敗北を。

9号「……ま、そういう需要もあるから気を落とすことないわよ?」

4号「きぃー!!」



錬金術師「飽きた」

助手「唐突ですね」

錬金術師「飽きたから次で最後にする」

助手「そうですか」

錬金術師「つーわけで、最後はこれ、↓1な」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:42:44.25 ID:DEkWqNL6o
助手

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 22:54:08.93 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「お前だ」

助手「私ですか」

助手「……」

助手「えっ!? 私ですか」

錬金術師「実はお前が今すぐナイスバディになる方法があるといえばある」

錬金術師「それは体型の再結成だ」

助手「受けて立ちます」

錬金術師「決心はや!」

助手「さっさとこんなちんまり体型とおさらばしたいですので」

錬金術師「まあいいけどさ」

錬金術師「それじゃあやるぞー」

助手「はい」

錬金術師「本当にやるぞー」

助手「はい」

錬金術師「……マジでやるからな?」

助手「早くしてください」

錬金術師「分かった……そこまでいうなら仕方ない」

助手「材料にしようって言ったのセンセーですよね」

錬金術師「よし、やるぞ」

錬金術師「圧縮!」グワン

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:02:15.03 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「出来た、助手改め助手改」

助手改「……」

錬金術師「しかし、驚いたな」

助手改「…………」

錬金術師「まさかこんなに……」

助手改「………………」

錬金術師「なーんにも変わらないだなんてな!」

錬金術師「うははははははははは!!!」

助手改「なんでだよちくしょう!!!」

助手改「なんで何も変わってないんだよ!」

錬金術師「なーんてな」パチン

ボフン

助手改「……え」ボイン

錬金術師「俺の腕舐めんなよ? ちゃーんとダイナマイトボディに生まれ変わったぜ?」

助手改「これが……私の体……」

助手改「待望の巨π!」タプーン

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:05:32.01 ID:PvuXZZN4o
錬金術師「……だけどまあ」

錬金術師「その体でいられるのはたった数秒だけだがな!」

ボフン

助手改「……」チンマリ

助手改「は?」

錬金術師「いやさあ、初めてお前を生成した時の遺伝子構造がすっかり定着しててな?」

錬金術師「グラマー化するのは数秒が限界なんだ」

助手「…………」

錬金術師「まあ数秒とはいえ巨乳になれたんだ、俺の腕も進歩しただろ!」

錬金術師「ハハハハハハ!」

助手改「オラァ!!!」ドゴォ

錬金術師「あいってぇ!?」



おしまい

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:06:35.26 ID:PvuXZZN4o
以上、拙文でお送りしました
安価とってくれた人ありがとう

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:07:31.96 ID:N8h6v39PO

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:14:35.19 ID:wfhzQecho
乙乙
面白かった

オススメ!!
妹「お兄ちゃんのエ□本とエ□DVDを捨てたら、仕返しに盗撮されちゃった」 『エ□本を捨ててから兄の様子がおかしい』 (体験版)
後輩「必死に腰振ってバカみたいですよ先輩」クスクス
シンジ「アスカに『アスカの身体を好きにしていい券』もらっちゃった」
ミギー「勘違いするなよシンイチ、私は君などどうでもいい」
制服姿のJKが騎乗位で自ら腰振るとか…エ□けしからんwwwwww【画像30枚】
シンジくんが本気で孕ませる気でミサトさん・アスカ・レイと糸色イ侖セッ●スしまくってるんだがwww【新世紀エヴァンゲリオン 同人誌・エ□漫画】
【画像】佐々木希「あの人落としてみようかな」
【R-18】妹「お兄ちゃんのパンツ・・・。凄くエ○チな臭いする・・・。」
【甘ブリ】いすず「支配人様の性奴隷に調教して下さい…」キモオタ支配人が女の子たち全員性奴隷にして世界一の風俗テーマパーク建設www【エ□漫画同人誌】
【ナルト】サクラ「いつまでもナルト様専用のドスケベンキです♥」親子二代でナルトの肉便器にされちゃうサクラとサラダ!!【エ□漫画同人誌】