スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1420112478/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 20:41:18 ID:mS5MHmv2
ちゃれんじハイスクール

先生「今日から3日間、この学校を見学しに、ある方が来られます」

しまじろう「ある方?誰だろう」

とりっぴい「何だかわくわくするねー」

みみりん「イケメンだったらいいわね」

らむりん「あたしは近藤真彦みたいなのがいいわー」

ガヤガヤ…(クラスのみんなが見学に来る人について話し合っている)

先生「みんな静かに!もう来られているようだ。それでは入ってきてください!」

ガラッ…

ワンワン「ばあっ!いつも元気なワンワンでぇ~す!」

教室に入ってきたのはなんとワンワンだった


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 20:45:48 ID:mS5MHmv2
ぞうた「すげえ、ワンワンだぜ!」

きりんた「あのワンワンがちゃれんじ島に!」

ぽん太郎「すごい…本物のワンワンさんだ!」

きっこ「近くで見ると本当に大きいわね」

さくらこ「ええ、それにすごく渋そうだわ」

まるりん「あのふさふさの毛、気持ちよさそう…」

どうやらワンワンはちゃれんじ島でも有名らしい

ワンワン「この3日間、お世話になります、ワンワンで~す!よろしくね♪」

先生「くれぐれもワンワンさんに迷惑をかけないようにな」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 20:50:23 ID:mS5MHmv2
休み時間

しまじろう「すごい!あのワンワンがこの学校に来たんだよ!僕、ワンワンと仲良しになりたいなぁ~」

らむりん「何よあのでかい犬、あたしの好みじゃないわ」

しまじろう「失礼だぞらむりん!彼はかの有名なワンワンなんだぞ!」

とりっぴい「とりっぴい、ワンワンとお話したいよ~」

みみりん「あら、みんな早速ワンワンのところに集まってお話してるわ」

しまじろう「有名人はいいなぁ~。僕もあんなふうになりたいよ~」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 20:55:44 ID:mS5MHmv2
クラスのみんながワンワンのところに集まって質問をする

ぞうた「ちゃれんじ島までどうやって来たんだ?」

ワンワン「でっかいお船に乗って来たんだよ!海も綺麗だった!」

ぶうた「うーたんはいないの?」

ワンワン「うーたんはお家でお留守番をしてるからいないの、ごめんね~」

きりんた「ねえワンワン、骸骨のものまねやってよ!」

ワンワン「どうしてワンワンが骸骨のものまねをしなければいけないんですか~、ヨホホホホホ!!」

ぞうた「あはははは!似てる!」

もんた「ていうかまんまじゃ…」

すぐにワンワンはクラスの人気者になった

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:04:34 ID:mS5MHmv2
とりっぴい「でもちょっと変わり者だね」

みみりん「何だか不気味だわ…」

らむりん「あんなのにかぎって頭のおかしい奴が多いのよ」

しまじろう「よし、今度の校外学習にワンワンを誘おう!」

らむりん「ええー!ちょっとよしなさいよ!どうせ厄介なことになるだけよ!」

とりっぴい「でもワンワンが一緒のグループだったら面白そうだと思うよ」

みみりん「私もそう思うわ。ジョークもうまいし」

らむりん「そこまで言うならまあいいわ。そうと決まればしまじろう、誘ってきなさいよ」

しまじろう「じゃあ後でワンワンに話してみよう」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:11:22 ID:mS5MHmv2
放課後

しまじろう「ねえワンワン」

ワンワン「あっ、君は」

しまじろう「僕はしまじろうっていうんだ。来週、校外学習があるんだけど、僕らのグループに入らないかい?」

ワンワン「校外学習!?いいねそれ~!ワンワン、しまじろう君たちのグループに入りた~い!」

しまじろう「一人、ガミガミうるさい奴がいるんだけど気にしないでね」

※ガミガミうるさい奴 = らむりん

こうしてワンワンはしまじろうたちの校外学習の班に入ったのであった

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:18:22 ID:mS5MHmv2
校外学習当日

先生「それでは各班で行動を開始しましょう」

クラスのみんな「はーい!」

ワンワン「は~い!」

ワンワンはしまじろうたちの班とともにちゃれんじ島の町を歩くことになった。
らむりんの意見で「変わり者のサポートはしまじろうの役目」と決めつけられ、
しまじろうはワンワンから離れないようにした。

らむりん「もしワンワンが迷子にでもなったら、あんたのせいだからね!」

しまじろう「わかってるよ!」

しまじろうたちのグループの班長はらむりん。
ワンワンが班長だと「いきなり発狂しそうで怖い」からという理由で
彼女が班長を務めることとなった。

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:43:44 ID:mS5MHmv2
ワンワンは面白い話やジョークを言いながらしまじろうたちと班行動をしていた

ワンワン「それでね~、ほのぼのさんったらおかしいのよ~!」

らむりん「ちょっとワンワン、いくらなんでもうるさいわよ!」

ワンワン「ごめんなさ~い」

とりっぴい「まあいいじゃないの、ワンワンだって意地悪でやってるわけじゃないんだし」

みみりん「らむりん、ここはリラックスしましょ」

しまじろう「ワンワンの笑い話を聞きながらの校外学習も悪くないね」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:48:11 ID:mS5MHmv2
ワンワン「班長といえばワンワン、ある班長のものまねが得意なんだよ~!」

しまじろう「ワンワンはものまねが上手いからな」

とりっぴい「とりっぴい、聞きた~い」

ワンワン「班長のものまねやりま~す!」

ワンワン「ノーカウントなんだぁ!!ノーカン!ノーカン!ノーカン!」

しまじろう・とりっぴい「あはははははは!」

みみりん「いくらものまねでもあれはちょっと怖いわ…」

らむりん「だからバカなのよ、あの犬は」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 21:53:45 ID:mS5MHmv2
ワンワン「ねえしまじろう君、あそこに綺麗なコスモス畑があるよ」

しまじろう「それがどうした」

ワンワン「ワンワン、コスモス見た~い!」

しまじろう「ダメだよ!君がはぐれたららむりんが怒るよ!」

ワンワン「いくらしまじろう君が止めようとしても、ワンワン行っちゃうもんねぇ~!」

バッ!(しまじろうから手を離すワンワン)

しまじろう「あっ!ワンワン!」

ワンワン「ワンワン今からコスモス見てきま~す!ヨホホホホホホホ~!!」

コスモス畑へ走り去るワンワン

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 22:00:20 ID:mS5MHmv2
しまじろう(まずい…ワンワンが行ってしまった…こんなのらむりんたちに見つかったら…)

とりっぴい「あれしまじろう、ワンワンは?」

しまじろう(ギクッ!!)

しまじろう「あ、その、ワンワンは…」

らむりん「どうしたの、とりっぴい」

しまじろう(げっ!らむりん!)

とりっぴい「あ、らむりん。ワンワンがいなくなっちゃったんだ!」

しまじろう(バカッ!!余計なこと言うな!!)

らむりん「ええーっ!!?ちょっとしまじろう!!どういうことよ!?」

しまじろう「だからその、ワンワンが…」

らむりん「さっきあれほど注意したのに、あんたワンワンから目を離したのね!!」

しまじろう「いや違うんだよ!ワンワンが…」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 22:04:55 ID:mS5MHmv2
しまじろうはらむりんにさっき起こった事情を素直に話した

らむりん「ええっ!?コスモス畑に行ったですって!?」

しまじろう「そうなんだ、しかも僕の手を離して…」

らむりん「あのバカ犬…もういいわ、あたしがあいつを連れ戻しに行ってくるわ!」

タッタッタ…(ワンワンを探しに行くらむりん)

とりっぴい「やっぱりワンワンはしょうがない奴だなー」

みみりん「うん…」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 22:09:34 ID:mS5MHmv2
一方ワンワンは…

コスモス畑

ワンワン「コスモスさーん、こんにちわー♪」

ワンワン「うふふふ、綺麗なピンクねぇ~」


らむりん「こんなところにいたわ…ちょっとワンワン!」

ワンワン「あ~、らむりんちゃ~ん!」

らむりん「何してんのよあんたは!」

ワンワン「あなたも綺麗なピンクねぇ~」

らむりん「!?」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/01(木) 22:14:36 ID:mS5MHmv2
ワンワン「ピンク、ピンク、ピンク!」

ワンワン「ワンワンの心もピ~ンク!」

らむりん「ちょ、ちょっと!何言ってんのよ!とにかく戻るわよ!!」

ワンワン「え~!ワンワン、コスモスさんたちと遊びたいよ~!」

らむりん「ダメよ!さあこっちに来なさい!!」

ワンワン「わ~お!!」

叫びながら走り出すワンワン

らむりん「こら!待ちなさい!!」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:01:14 ID:wyq3zHBQ
ワンワン「おほほほほほ~、ピンクの羊さんに追いかけられる校外学習は楽しいな~!」

らむりん「捕まえたわよ、ワンワン!」

らむりんがワンワンを追い詰める、しかしワンワンは懲りずに意味不明なことを喋りまくる

ワンワン「ピンクのコスモスさんと羊さんを見つけたお詫びに「ぐるぐるどっかーん」やりま~す!」

らむりん「いい加減にしないと、本当にひっぱたくわよ!!」

ワンワン「ぐるぐるぐるぐる♪」

らむりん「もう頭にきたわ!!」

ワンワン「ぐるぐる~どっか…」

パチンッ!(らむりんにビンタされるワンワン)

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:06:30 ID:wyq3zHBQ
ワンワン「嬉しくなっちゃうな~ あっ♪」

らむりん「な、何よこいつ…」

ワンワン「らむりんちゃんに叩かれる心地よさ、帰ったらゆうなちゃんとうーたんにも話してあげよ!」

ワンワン「うっふふふふ!羊さんにぶたれる犬くん、なーんちゃってぇ~!」

らむりん(さっきから何言ってんのよこいつ、完全にキ○○○じゃない。こんな奴が教育番組の人気者だなんて信じらんない!)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:14:24 ID:wyq3zHBQ
ワンワン「ねえ、らむりんちゃん」

らむりん「何よ今度は」

ワンワン「パンツ見せてもらってよろしいですか?」

バキッ!(らむりんに蹴り飛ばされるワンワン)

らむりん「見せるわけないでしょうが!!この変態犬!!」

ワンワン「ヨホホ~!骨身にしみりましたぁ~!ワンワン、犬なんですけどね♪ヨホホホホホ!!」

らむりん(あ~!!本当にムカつくわこの犬!!そもそもこれはしまじろうが悪いのよ!!)

心の中でそう思いながらワンワンとともにしまじろうたちのところへ戻るらむりん

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:21:56 ID:wyq3zHBQ
校外学習終了後

らむりん「しまじろう!これというのもみんな、あんたのせいよ!!」

しまじろう「ええーっ、何で僕!!?」

らむりん「ワンワンが花畑に行くって言ってるのに、何で一緒について行ってあげないのよ!!」

しまじろう「だってあいつが…」

らむりん「言い訳は聞かないわよ!あんたのせいで学級委員長であるこのあたしがまた先生に怒られるわ!!」

らむりん「しまじろう、あんたの反省書を10枚に増やしてやるからね!覚悟してなさいよ!!」

しまじろう「そ、そんなぁ…」

ワンワン「ねえ、何かあったの?」

しまじろう「うるさい!お前のせいでこうなったんだぞ!!」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:31:34 ID:wyq3zHBQ
しまじろう「なあ、とりっぴいたちも何か言ってよ!」

とりっぴい「しまじろう、最初に「ワンワンと仲良しになりたい」って言ったのはお前だよね?」

しまじろう「まあそうだけど…」

とりっぴい「どうしてそのワンワンと一緒について行かなかったのさ!?一緒に行ってあげないなんてお前最低だな!!」

みみりん「そうよ!しまじろうのやってることは大問題よ!ワンワンにも謝りなさいよ!!」

しまじろう「な、何だよお前らまで…」

ぞうた「しまじろう、お前には失望したぞ」

きっこ「最低ね、あの別寅」

さくらこ「そうよ!ワンワンがかわいそうじゃない!」

まるりん「ワンワン…」

ぽん太郎「しまじろう君、ワンワンさんに謝りたまえ!」

ぶうた「そうだそうだ!」

きりんた「僕も同感」

しまじろう(くそっ 何だよみんなで僕をバカにしやがって…もう許さないぞ…)

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:37:12 ID:wyq3zHBQ
ワンワン「ねえしまじろう君」

しまじろう「何だよ…」

ワンワン「ワンワン、せっかくみんなとお友達になったんだから、みんなにお手紙を書きたいなぁ~」

しまじろう(手紙…そうだ!こいつはとりっぴいたちに仕返しするのにピッタリだ!)

しまじろう「そうだね。でも普通の手紙だったら面白くないから、とっても大きな手紙なんてどう?」

ワンワン「いいねいいね!きっとみんなびっくりするよ~!」

しまじろう「よしじゃあ早速、僕の家で書こうよ!」

ワンワン「うん♪」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:47:58 ID:wyq3zHBQ
しまじろうはみみりんたちに復讐をするべく何も知らないワンワンとともに手紙を書く事にした。
しまじろうは大きさ約3メートルの画用紙を1000枚ほどと巨大なネームペンを2個用意した。
ワンワンはしまじろうとともにクラスのみんな宛ての手紙を書いた。
しまじろうは主に悪口や嫌味を書き、ワンワンは挨拶や自己紹介、
そしてなぜかちゃれんじ島の町の地図などを書いた。

歌いながら手紙を書くしまじろうとワンワン

しまじろう「スキスキスキスキスキップ~ ウキウキウキウキステップ~♪」

ワンワン「知らないことが~ おいでおいでしてる~♪」

しまじろうとワンワンは約3メートルもある「ジャンボメール」を一晩中書き続け、
そして朝になるまでに約1000枚もののクラスのみんな宛ての「ジャンボメール」を最後まで書き尽くした。

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 04:56:30 ID:wyq3zHBQ
次の日の朝

らむりんの家

らむりん「な、何よこれ!?」

らむりんの家の周りにしまじろうとワンワンが書いた、らむりん宛てのジャンボメールが散らばっていた

らむりん「誰よ!?こんな悪戯したのは!!?」

ブロロロロロロ…(空から一機のヘリコプターが飛んでくる)

らむりん「今度は何よ!?」

ドサッ! ドサッ!(らむりんの家に目掛けてジャンボメールを6枚ほど落とすヘリコプター)

らむりん「ちょっと!やめなさいよこら!!」

ブロロロロ…(飛び去るヘリコプター)

らむりん「あの虎公と犬公の仕業ね…」

しまじろうとワンワンの仕業と見抜き、激怒するらむりん

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 05:08:45 ID:wyq3zHBQ
公園

みみりん・とりっぴい・ぽん太郎「ら、らむりん!?」

らむりん「しまじろうの大バカ野郎はどこよ!!?しまじろう、出てきなさい!!」

旧日本陸軍将校の軍服を着て日本刀を振り回して殴り込みに来るらむりん

とりっぴい「し、しまじろうなら「ワンワンと僕の町を探検しに行く」と言ってどっかに行ってしまったよ!」

とりっぴいがおののきながら答える

ぽん太郎「ええーっ!しまじろう君とワンワンさん、一晩であのでっかい手紙を1000枚も書いたの!!?」

みみりん「もう何なのよ!あの手紙!!」

しまじろうとワンワンはすでにみみりんたちのところにもジャンボメールを送っていたらしい

らむりん「しまじろう!!どこへ行ったのよ~!!!」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 05:13:54 ID:wyq3zHBQ
ブロロロロロロロ…(さっきのヘリコプター)

ワンワン「しまじろう君、今からどこ行くの?」

しまじろう「さあね、とりっぴいたちがあの手紙のことを忘れるまで遠くへでも行こうかな」

ワンワン「いいねいいね~!ワンワン、チョー楽しみ~!ヨホホホホホホ~!!」

ヘリコプターに乗って逃亡するしまじろうとワンワンなのであった

お し ま い

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/02(金) 07:22:53 ID:tUIjXpBE
オチがこち亀ww