スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417441204/


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:54:27.52 ID:lYMLZiju0
燈「じゃあ始めめていいんですか?」

小吉「ああ、あと、必要な情報はその資料に100すべて書いてあるから。あと、4位はネタバレになるから今こっそり教えておく」

というわけでスタート!

燈「まずは俺か…。4位はわかったら実質9人当てればいいんだろ」

マルコス「まずは妥当なところだとミッシェルさんとか」

燈「そうだな。とりあえずそれでいってみるか。みんなもいいよな」

シーラ「ええ」

燈「じゃあミッシェルさんで!」

ミッシェル・K・デイヴスは……

燈「大丈夫、だよな?」


第5位!

燈「うぉっしゃぁぁぁ!」

シーラ「まずは一人目クリアだね」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:01:58.22 ID:kjeZZ3oM0
燈「じゃあ始めめていいんですか?」

小吉「ああ、あと、必要な情報はその資料に100すべて書いてあるから。あと、4位はネタバレになるから今こっそり教えておく」

というわけでスタート!

燈「まずは俺か…。4位はわかったら実質9人当てればいいんだろ」

マルコス「まずは妥当なところだとミッシェルさんとか」

燈「そうだな。とりあえずそれでいってみるか。みんなもいいよな」

シーラ「ええ」

燈「じゃあミッシェルさんで!」

ミッシェル・K・デイヴスは……

燈「大丈夫、だよな?」


第5位!

燈「うぉっしゃぁぁぁ!」

シーラ「まずは一人目クリアだね」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:06:53.99 ID:kjeZZ3oM0
マルコス「次は俺か」

エヴァ「資料みる?」

マルコス「いや、もう決まってる!」

燈「おお!」

アレックス「……」

マルコス「俺だ!」

燈「……」

アレックス「……」

シーラ「……」

エヴァ「……」

マルコス「多分5位以内には入る!俺で!」

燈「ちよっ!?マジでいくきかよ!」

マルコス・エリングラッド・ガルシアは…

燈「大丈夫かな…」

第9位!


燈「おお!」

アレックス「危なかった」

シーラ「良かったじゃん」

マルコス「……」

燈「あっ、ちょっと落ち込んでる」

シーラ「10位以内だからいいじゃない」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:12:25.63 ID:kjeZZ3oM0
アレックス「次は俺か」

シーラ「マルコスみたいなことはしないでよね」

アレックス「!」

燈(するつもりだったのか…)

アレックス「俺で!」

シーラ「おいは

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:16:36.35 ID:kjeZZ3oM0
シーラ「おい」

アレックス「ふっ。大丈夫さ」

シーラ「あんたのその自信はどこからくるのよ」

アレックス・カンドリ・スチュワートは…

アレックス「さあ!こい!」


第12位!



燈「あっ、」

アレックス「えっ」

『テラフォーマー一匹排出します』

テラフォーマー『じょうじ!』

燈「はい!」クルクルピッ

アレックス「はやっ!」

燈「時間は短縮しないと」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/02(火) 00:24:27.68 ID:kjeZZ3oM0
シーラ「私はしっかり資料見よ」

燈「どんなのから攻めるんだ?」

シーラ「まあ、幹部の人たちかな…」

アレックス「どんな人たちが居るんだ?」

シーラ「色々いるよ。あっ!でもこの人だけ公表されてないな」

エヴァ「誰?」

シーラ「ジョセフっていう人」

燈「地雷臭がするな…。おいとこうぜ」

シーラ「それだったら、デンキウナギかタスマニアン・キングクラブかアナコンダね」

マルコス「どこの人?」

シーラ「デンキウナギがあのアドルフって人ね。蟹はロシア、アナコンダは中国だって」

マルコス「かにいこう!かに!」

シーラ「えー。私はアナコンダだと思うけどなぁ」

燈「どうするか…」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:15:37.49 ID:ftDwhY/Q0
シーラ「どうしようかな…」

燈「でも、アナコンダって蛇だろ?なんか押しが弱いような気がするな…」

シーラ「そうかぁ。じゃあ蟹でいこうかな」

マルコス「しゃあ!」

シーラ「シルヴィスター・アシモフで」

シルヴィスター・アシモフは…

燈「幹部だから多分大丈夫だろ」

アレックス「ああ」

第3位!

マルコス「よし!」

シーラ「よかったぁ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:16:42.25 ID:ftDwhY/Q0
エヴァ「とりあえず一周目最後は私ね」

シーラ「エヴァ頑張って!」

アレックス「エヴァは誰にするんだ?」

燈「幹部からいくよな」

エヴァ「アドルフさんでいこうと思います」

マルコス「あいつか」

アレックス「あのくそやろうか」

シーラ「ちょっ!ちょっとあの人も悪い人じゃないよ」

エヴァ「そうだよ。優しいよ」

マルコス「そ、そうか?」

エヴァ「とりあえずアドルフさんで行きます」

アドルフ・ラインハルトは…

マルコス「10位以内でも下の方にいろ!!」

シーラ「おい」

第2位!

マルコス「」

シーラ「すごっ…」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:17:23.57 ID:ftDwhY/Q0
燈「一周回って俺か」

アレックス「なんやかんやでもう5つ開けてるから楽じゃないか?」

エヴァ「開けてないのは1位6位7位8位10位ですね」

燈「一位を取りに行く!」

アレックス「おお!」

マルコス「なんか当てがあるのか!?」

燈「俺!」

マルコス「は?」

アレックス「もうその下り要らないから」

燈「俺で!」

マルコス「おい!」

燈「大丈夫!前言ったように俺特別だから!」

燈「俺で」

膝丸燈は…

マルコス「……」

第6位!

燈「おおっ! おおぅ…」

マルコス「負けた!」

シーラ「ま、まあ、10位以内だし」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:17:58.12 ID:ftDwhY/Q0
マルコス「よし!俺だ!」

アレックス「どうするんだ」

マルコス「幹部が残り二人だからアナコンダを叩きに行く!」

シーラ「まあ、それが妥当よね」

燈「他のやつらは検討がつかないしな」

マルコス「劉 翊武で」

燈「なんて読むんだ?」

シーラ「リュウ・イーウだね」

燈「なるほど」

劉 翊武は…

マルコス「こい!」

第44位!

マルコス「ええぇぇぇぇ!!!」

燈「ぇぇぇぇ!」

アレックス「うそ…だろ…」

テラフォーマー1匹排出します

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:18:24.43 ID:ftDwhY/Q0
テラフォーマー「じょうじ!」

燈「ふん!」クルクルピッ

マルコス「仕事が早い…」

アレックス「俺だな」

アレックス「うーん…
さっきので幹部でも絶対安全とは限らないってわかったしなぁ」

シーラ「なんか面白そうなのある?」

アレックス「ハリオアマツバメとか?いや…でも鳥類はあまり延びないかな…」

燈「蜘蛛とかは居ないのか?」

アレックス「うーん。トタテグモとかは居るな」

マルコス「なんか低そう」

アレックス「一応ハリオアマツバメでいくか…」

三条加奈子は…

アレックス「どうだ?」

第15位!

アレックス「くそっ!」

テラフォーマー1匹排出します

燈「ほっ!」クルピッ

マルコス「次行くかー」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 21:57:17.60 ID:ftDwhY/Q0
シーラ「そもそもまだ一位空いてるじゃない?やっぱり幹部の方だと思うけど…」

アレックス「まあ、そうかもな」

マルコス「その人で行くか、」

シーラ「ジョセフ・G・ニュートンで!」

ジョセフ・G・ニュートンは…

第1位!

燈「うお!」

アレックス「きたぁぁぁ!」

マルコス「さすがシーラ!」

シーラ「ふぅ…」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:03:02.95 ID:ftDwhY/Q0
燈「いよいよめぼしい人が居なくなったな」

シーラ「資料で予想を立てるしかないわね…」

エヴァ「どうしますか?」

燈「鮫とかはどうだ?」

シーラ「鮫だったら…
シュモクザメとかいるわね」

マルコス「とりあえずそれでいいんじゃないのか?」

アレックス「まあ、普通に強そうだしな」

エヴァ「ウォルフ・レッドフィールドさんで」

燈「さあ、どうだ?」

ウォルフ・レッドフィールドは…

第90位!

燈「おおふ…」

テラフォーマー10匹排出します

燈「」

燈「うそだろぉぉぉぉ!」

燈「はっ!ほっ!よっ、せい!」グルグルグルピシッピッ

燈「はぁはぁ」
シーラ「うーん。あと3人かぁ。これは思ったよりもしんどいかもね」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:10:34.53 ID:ftDwhY/Q0
燈「じゃあ次は…おっ!クワガタいるじゃん」

アレックス「クワガタかぁ、まあ結構強そうだよな」

燈「いってみるか…」

燈「アレクサンドル・アシモフで」

アレクサンドル・アシモフは…

燈「頼む!来てくれ!」

第7位!

燈「おお!ってかなり上の方だな」

シーラ「あとは8位と10位ね」






28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:16:31.10 ID:ftDwhY/Q0
マルコス「おい!なんか強そうな昆虫がいるぞ!」

燈「なんだ?」

マルコス「リオックだってよ」

エヴァ「どんなのなの?」

マルコス「肉食で獰猛だってさ」

アレックス「じゃあそれ行くか」

イザベラ・R・リオンは…

マルコス「頼む!」

第13位!

マルコス「くそぉ!」

テラフォーマー10匹排s

燈「」ピッ




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:17:26.21 ID:ftDwhY/Q0
アレックス「じゃあ俺はこのモンハナシャコでいこう」

燈「あっ!この人鬼塚慶次さんじゃないか」

アレックス「誰?」

燈「プロボクサーのだよ!へぇシャコだったんだ」

シーラ「プロボクサーか…これは期待が持てそうね」

アレックス「よし!いってみよう」

鬼塚慶次は…

第8位!

アレックス「うぉっしゃぁぁ!」

シーラ「キター!」

燈「あと一人だぁぁ!」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:18:02.70 ID:ftDwhY/Q0
『しかし』

シーラ「ジャレットで!」

第23位!

テラフォーm

燈「」ピッ

『それから』

エヴァ「八重子さんで」

第98位!

テr 燈「」ピッ

『10位以内は中々当てられず…』

燈「アミリアで!」

第77位!

テ燈ピッ

『時間だけが過ぎていった…』

マルコス「江莉佳で!」

第95位!

テアピッ

燈「はぁはぁ…ちょっときつい…」ガクッ

マルコス「あ、あかりぃぃ!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:34:31.61 ID:ftDwhY/Q0
アレックス「ここで当てに行く!」

マルコス「おお!」

シーラ「当てがあんの?」

アレックス「ああ!テッポウウオだ」

シーラ「テッポウウオ?あ、あの虫を水で仕留める魚か…」

アレックス「ここで決める!」

マルシアは…

アレックス「こい!」

第11位!

アレックス「くそぉぉぉぉ!」

テラフォーマー10匹排出します

マルコス「燈!俺に任せろ!」

マルコス「よっほっ!」バキッボキッ!

マルコス「ふぅ」

シーラ「じゃあ私はこの開紀って人で」

第21位!

シーラ「あー!」

テラフォーマー10匹排出します

マルコス「はっ!」バキッ!

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 22:36:08.68 ID:ftDwhY/Q0
エヴァ「じゃあ私は…」

燈「ちょっ、ちょっと待ってくれ…」

マルコス「どうしたんだ?燈」

燈「そのロシアのイワンってやつ…ベース植物じゃないか?」

アレックス「え?あ、ああ、ほんとだ」

燈「一か八かでそいつでいってみないか?」

シーラ「別にいいけど…


エヴァ「イワンさんで」

イワン・ペレペルキナは…

燈「こい!」

マルコス「頼む!」

アレックス「来てくれ!」

シーラ「お願い!」

エヴァ「どうか…」

第10位!

燈「うおぉぉぉぉぉぉ!」

アレックス「しゃぁぁあああああ!」

シーラ「終わったぁぁ!」

小吉「お前ら、お疲れ。どうだ?ラーメンでも食いにいかんか?奢ってやるよ」

マルコス「たらふく食ってやるよ!」

燈「は、はは」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/03(水) 22:42:27.17 ID:ftDwhY/Q0
『こうして、帰れま10は終わった。果たして!ランキング10位の人たちは火星でどのような活躍をするのか――――』

―――――――――――――――――――――

ジョセフ「もう大丈夫だ!俺が来た!」

アドルフ「道を……退け!!」

アシモフ「その責任者を出す気がないのなら……お前から死ね」

ミッシェル「還してもらうぞその能力」

燈「待たせたなみんな――助けに来たぜ!!」

アレキサンダー「撃っちゃうよ 拾ったミサイル!!」

慶次「…………見えるよ」

マルコス「殺す」

イワン「悪夢なら多分……これから見ることになるでしょう」

『期待しよう!!』