スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417362976/


1: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 00:56:26.40 ID:Eau6SO1X0
響「~♪」

小鳥「あら、響ちゃん編み物?」

響「うんっ」

小鳥「上手ね~」

響「編み物は大得意なんだ!」

小鳥「そうなの?」

響「そうだぞ。寒いのは苦手だから、自分でマフラーとか手袋とか作れて楽しいぞ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417362976


2: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 00:57:02.50 ID:Eau6SO1X0

小鳥「うっ……この女子力の高さ……ま、眩しすぎる……!」

響「ピヨ子?」

小鳥「あ、ううん、何でもないのよ……ええ、ホントに……」

響「そうか?」

小鳥「さて、私は仕事に戻ろうかしらね~……」

響「どうしたんだ、ピヨ子……?」

4: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 00:58:59.85 ID:Eau6SO1X0




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





5: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:00:04.79 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

春香「おはよ、響ちゃん」

響「おぉ、春香。はいさ~い」

春香「えへへ、はいさい。編み物中?」

響「そうだぞ」

春香「へ~、すごいなぁ」

響「そうかな?」

6: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:01:29.56 ID:Eau6SO1X0

春香「うん! 私にはできないから、ちょっと憧れちゃうな」

響「そんなに難しいものでもないぞ?」

春香「そうなの?」

響「うん、春香だったら、教えたらきっとすぐに出来るようになるぞ」

春香「そ、そかな……?」

響「あぁ、なんだったら今度教えてあげるか?」

春香「いいの?」

7: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:02:09.98 ID:Eau6SO1X0

響「もちろんだぞ!」

春香「えへへ、それじゃあ今度お願いします! 響ちゃん先生!」

響「じ、自分が先生か……。えへへ。ま、まぁ自分完璧だから、春香もちゃ~んと編み物できるようにしてやるぞ!」

春香「うんうん、楽しみにしてるね! っと、そろそろレッスン行かないと……」

響「そっか、自分は現場までまだ時間あるからもうちょっとここにいようっと」

春香「それじゃあ響ちゃん、またね!」

響「レッスン頑張ってな~!」

8: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:02:42.49 ID:Eau6SO1X0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



9: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:03:28.19 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

春香「おはよ、響ちゃん」

響「おぉ、春香。はいさ~い」

春香「えへへ、はいさい。編み物中?」

響「そうだぞ」

春香「へ~、すごいなぁ」

響「そうかな?」

11: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:05:50.97 ID:Eau6SO1X0

春香「うん! 私にはできないから、ちょっと憧れちゃうな」

響「そんなに難しいものでもないぞ?」

春香「そうなの?」

響「うん、春香だったら、教えたらきっとすぐに出来るようになるぞ」

春香「そ、そかな……?」

響「あぁ、なんだったら今度教えてあげるか?」

12: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:06:43.44 ID:Eau6SO1X0

春香「いいの?」

響「もちろんだぞ!」

春香「えへへ、それじゃあ今度お願いします! 響ちゃん先生!」

響「じ、自分が先生か……。えへへ。ま、まぁ自分完璧だから、春香もちゃ~んと編み物できるようにしてやるぞ!」

春香「うんうん、楽しみにしてるね! っと、そろそろレッスン行かないと……」

響「そっか、自分は現場までまだ時間あるからもうちょっとここにいようっと」

春香「それじゃあ響ちゃん、またね!」

響「レッスン頑張ってな~!」

13: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:07:49.75 ID:Eau6SO1X0




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




14: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:08:47.45 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

あずさ「あら、響ちゃん編み物?」

響「うんっ」

あずさ「まぁ、素敵ね」

響「色々作れて楽しいぞ」

あずさ「今は何を作っているの?」

響「今はマフラーだな」

16: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:12:04.55 ID:Eau6SO1X0

あずさ「そうだったの、これからもっと寒くなるから手放せなくなるわね」

響「あはは、そうだといいんだけどな」

あずさ「う~ん、私も何か作ってみようかしら」

響「あずささんも編み物できるのか?」

あずさ「響ちゃんほど上手にはできないけれど、母に教わって少しだけだったらできるのよ」

響「そうなんだ、じゃあ今度一緒に作ろうよ!」

あずさ「え?」

響「自分の家だったら本も沢山あるし、あずささんがわからない所は教えてあげられるし」

あずさ「まぁ、とっても楽しそうね~。うふふ、それじゃあご一緒させてもらっていいかしら?」

17: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:13:04.93 ID:Eau6SO1X0

響「えっへへ、もちろん!」

あずさ「うふふ、何を作ろうか今から迷っちゃうわ~」

響「あはは、そこも迷子になっちゃうんだな」

あずさ「ま、まぁ、響ちゃんったら、ひどいわ……」

響「え、い、いや……そういうつもりじゃなくて、その……」

あずさ「うふふ、冗談よ」

響「うぎゃー、だまされたー!」

あずさ「それじゃあ一緒に作る時までに何を作るか考えておくわね」

響「うん! 楽しみにしてるぞ!」

18: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:14:38.82 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

やよい「おっはようございます~!」

響「お、やよい、おはよう」

やよい「あ、響さん。おはようございます! なにしてるんですか?」

響「これか? マフラーを編んでるんだ」

やよい「はわっ、すごいです!」

響「そ、そうか?」

やよい「はい! 私のマフラーもお母さんが編んでくれたんですけど、私も私の友達も皆編み物は出来ないから尊敬しちゃうな~って」

響「そ、そんなに褒められると照れちゃうな……へへっ」

19: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:16:05.83 ID:Eau6SO1X0

やよい「毛糸の玉がこんな風にマフラーになっちゃうなんて、何だか不思議です」

響「良かったらやよいにも教えようか?」

やよい「いいんですか!?」

響「もっちろん!」

やよい「うっうー! とっても嬉しいです~!」

響「やよいはかわいいなぁ」

やよい「あ、でも私道具も何も持ってないんですけど……」

響「あぁ、大丈夫。うちにあるから今度あげるぞ」

やよい「そ、そんな悪いですよ!」

20: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:17:02.29 ID:Eau6SO1X0

響「今は使ってるのがあるし、それにこのままホコリをかぶらせちゃうのも勿体ないから、やよいに貰って欲しいんだ」

やよい「あう~、ホントに頂いてもいいんですか?」

響「なんくるないさ~! やよいだったら大事に使ってくれるだろうし、その方が道具も喜ぶぞ!」

やよい「えへへ、それじゃあお願いしますね!」

響「任せとけ! っと、それじゃあ自分はそろそろ現場に行くから、やよいも今日一日頑張ってな」

やよい「はい! あ、響さん!」

響「ん? おぉ、やるか!」

やよい「はい!」

二人「「た~っち! いえい!」」

やよい「うっうー! 響さん! いってらっしゃ~い!」

21: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:17:44.80 ID:Eau6SO1X0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




22: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:20:02.28 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

P「おぉ響、編み物やってるのか」

響「あ、プロデューサー」

P「……なぁ、最近春香やあずささんややよいが立て続けに手編みのマフラーや手袋や帽子をくれたんだが、何か知らないか?」

響「へ~、良かったじゃないか」

P「まぁな。寒いから重宝してる」

響「ははは、教えた甲斐があるぞ」

P「教えた?」

響「うん、春香にもあずささんにもやよいにも、自分が教えてあげたんだ」

P「そうなのか……」

23: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:21:23.35 ID:Eau6SO1X0

響「あぁ、春香には手袋、やよいにはマフラー、あずささんは帽子を」

P「おぉ、一致している……」

響「良かったじゃないか、防寒具を買う必要がなくなって」

P「いや、まぁ、そうなんだけどさ」

響「ん? どうしたんだ? まさか手編みは重いとか言うんじゃないだろうな……?」

P「いやいやいや、そんなことはないぞ。ただな……」

響「なんだ?」

P「いや、俺なんかに編んでくれるよりも、お父さんとかにあげたほうが良かったんじゃないかって」

響「プロデューサーはあれだな、ホントあれだな」

P「え?」

24: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:23:23.77 ID:Eau6SO1X0

響「春香達がちょっとかわいそうになってきた」

P「えぇ!?」

響「いいか、プロデューサー? 編み物っていうのは、そう簡単に出来るものじゃないんだ」

P「あぁ、それは何となく分かる」

響「毛糸一本一本を大切に編み込んで、そうやって作るものなんだ、わかるか?」

P「そう……だな」

響「だから、そのマフラーにも手袋にも帽子にも、三人のそれぞれの気持ちが込められてるんだ」

P「…」

響「きっとプロデューサーだからこそ三人は作ってくれたんだって思うぞ」

25: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:24:21.86 ID:Eau6SO1X0

P「俺だから……?」

響「あぁそうさ。毎日頑張ってるプロデューサーだから、だからきっとくれたんだぞ」

P「いや、俺なんかまだまだ……」

響「ぐだぐだ言わない! 申し訳なく思ったりしたらそれこそ三人がかわいそうだぞ!」

P「ぐっ……分かった。ありがとな、響」

響「自分じゃなくて、それは三人に言うべきさ~」

P「そうだな、うんそうするよ」

響「よしっ」

P「じゃあ、そろそろ出発するか」

響「あれ!? もうそんな時間!? うぎゃー、すぐに準備しなきゃ!」

26: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:25:00.65 ID:Eau6SO1X0




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




27: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:26:11.15 ID:Eau6SO1X0

響「~♪」

貴音「ただいま戻りました」

響「お、貴音。おかえりっ」

貴音「おや、響ではないですか。このような遅い時間まで仕事だったのですか?」

響「いや、自分は夕方くらいには終わってたぞ」

貴音「では何故」

響「貴音を待ってたんだぞ」

貴音「まぁ、ふふふ、それはありがとうございます。響。」

28: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:27:08.93 ID:Eau6SO1X0

響「へへへ~」

貴音「おや、編み物ですか」

響「そうだぞ。もうあとちょっとで完成なんだ」

貴音「そうなのですか」

響「本当は貴音が帰ってくる前に完成させたかったんだけど……」

貴音「? では完成させてから帰るといたしましょう」

響「いいのか?」

貴音「えぇ、構いませんよ」

響「……ありがと」

貴音「礼には及びません。私が響を待たせた時間に比べたら微々たるものですよ」

29: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:27:53.36 ID:Eau6SO1X0

響「いや、自分は勝手に待ってただけだから」

貴音「それでもです」

響「そっか」

貴音「はい」

響「えへへ」

貴音「しかし、見事な手捌きですね。こうして話をしながらだというのに、手の動きが全く落ちていません」

響「これはもう慣れだな~」

貴音「長く研鑽を積んだ末に習得した"すきる"なのですね」

響「た、貴音が横文字を使った……!?」

30: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:28:29.67 ID:Eau6SO1X0

貴音「私とて横文字くらい使えます! あまり得意では無いですが……」

響「ははは、冗談だぞ。そのくらいちゃんとわかってるさ」

貴音「むぅ、響はいけずです」

響「ごめんな貴音……っと、出来た!」

貴音「おぉ、完成したのですね」

響「あぁ、仕事の前とか合間とかを縫ってちょこちょこ作ってたんだけどやっと完成したぞ!」

貴音「おめでとうございます」

響「それじゃあ、はいっ」

ふわっ

貴音「はて?」

31: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:29:33.98 ID:Eau6SO1X0

響「そのマフラーは貴音にあげるぞ」

貴音「なんと! よろしいのですか?」

響「持っちろん! はじめから貴音にあげるつもりで作ってたからな」

貴音「響……!」

響「他にも春香やあずささんややよいに教えながら色々作ってたのもあるんだけどな」

貴音「そうだったのですね」

響「うんっ」

貴音「こうして首に巻いてみると、響の想いと暖かさを感じます」

響「なんだか照れるぞ……」

32: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:30:27.39 ID:Eau6SO1X0

貴音「ふふっ、大切に使わせていただきますね」

響「喜んでもらえてなによりだぞ」

貴音「こんなに素敵な贈り物、嬉しくないはずがありません」

響「そう言ってもらえると自分も嬉しい」

貴音「しかし、結構な長さがありますね」

響「あぁ、それはね」

ぐるぐる

33: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:31:06.71 ID:Eau6SO1X0

貴音「響?」

響「ほら、こうやって二人で一本のマフラーを巻けるくらいの長さにしたんだぞ」

貴音「なんと!」

響「こうすればもっと貴音と一緒に暖まれるかなって」

貴音「ふふ、響の暖かさで胸がいっぱいになりますね」

響「えへへ」

34: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/01(月) 01:32:04.37 ID:Eau6SO1X0

貴音「それではこのまま帰りましょうか」

響「そうしよっか」

貴音「えぇ、是非」

響「じゃあ、自分帰る用意してくるな」

たったったった

貴音「ふふっ、ありがとうございます、響。このまふらーのように、末永く響と共にいられたらいいですね」





おわり

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 11:04:40.09 ID:j1JpraHSO
凄い良かったよ
ほのぼのしつつほんのりとひびたかで

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 16:12:50.36 ID:fTw2rOd4O
良いひびたかだった!