スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416636133/


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:02:13 ID:WHhJFBMw
城の作戦室に集う王国の重鎮。彼らの表情は一様に暗い。

魔王軍の脅威が迫っているからだ。

ある者は目を伏せ、ある物は力なく空を見つめる。王国軍の敗北は運命づけられていた。

そこに伝令が足早に入って報告してくる。

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:03:02 ID:WHhJFBMw
伝令「魔王軍は広範囲にわたり防御ラインを突破しました」

伝令「少数精鋭ながらもドラゴン部隊が王国軍の主力を蹂躙、そのまま首都に向かって行進しています」

伝令「敵軍は防衛部隊などまるでないかのように進軍を続け、明日にもこの首都に至るでしょう」

女騎士「問題ない。ドラゴン部隊は勇者パーティがなんとかしてくれるはずだろう」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:04:48 ID:WHhJFBMw
 ここで、彼女の部下たちの目が泳いだ。冷や汗をかいた彼女の部下の一人が、沈痛な面持ちで伝える。

エルフ「女騎士閣下……」

エルフ「勇者PTは……」

 言いよどむエルフの言葉の続きを、別の部下の言葉が淡々とつむぐ。

姫「勇者PTは戦争を終わらせると前線長に告げると魔王軍本陣へ突撃していきました」

姫「その後、彼らから音沙汰は無く魔王軍の進軍は止まる気配もありません」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:07:30 ID:WHhJFBMw
女騎士は、わなわなと震えた。震えは怒りからだろうか、恐怖からだろうか。

彼女は落ち着かない手のまま、ゆっくりと兜を脱いだ。

そして静かに告げる。

女騎士「以下の者は残れ。姫、エルフ、女戦士、そして村娘だ」


ゾロゾロゾロ……

会議室から無言で出ていく重鎮。そして、会議室には女5人が残された。

彼女らはみな、処刑を待つ囚人のように絶望しきっている。

バタッとドアが閉まるとしばしの静寂が広がった。

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:09:04 ID:WHhJFBMw

女騎士「期待したのだぞ!」

女騎士「オークによる凌辱は我らの希望だったのだぞ!」

女騎士「いったい誰がメスドラゴンの火に焼かれるなどと、誰得展開を予想したのか」

作戦室の静寂を切り裂いて響き渡る女騎士の怒声。

それを大臣はドア越しに聞いていた。

いや、王、女王などの王族、果ては魔王を討伐してきた勇者までもが耳を傾けていたのだ。

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:10:24 ID:WHhJFBMw
なおも罵倒は続く。

女騎士「メスばっかりをよこしおって!」

女騎士「魔王軍は私を欺いていたのだ! 魔王(♂)までもが!」

女騎士「魔王軍の全てが! インポで、童貞で、バイブ以下の存在ばかりだ!」

外で話す聞く勇者(男)は、あまりの事態に泣きだす。

大臣はそれをぎょっとした様子で見る。

戦士は、そっと勇者の肩に手を置き無言で励ます。

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:11:35 ID:WHhJFBMw
女戦士は、興奮した様子の女騎士に食ってかかる。

女戦士「閣下。ですが女の子の吐く炎に巻かれるプレイも素晴らしいものでは……」

女騎士「誰もがお前みたいなドMじゃないんだよ、バーカ!」

女戦士「たまにはレズプレイに興じるのもいいじゃないですか」

女騎士「気持ちよければ女でもいいって奴は淫乱の恥だ!」

 彼女は立ち上がって持っていた剣を机に叩きつける。

女騎士「ちくしょーめェ!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:15:09 ID:WHhJFBMw
女騎士「奴らは両刀遣いなどと偉ぶっているが、ただ背徳感に溺れているだけだ。

    背徳感に溺れるだけで満足する奴を淫乱とは呼ばん!

    背徳感すらも吹き飛ばすような暴力的な快楽!

    それを狂ったように求めてこそ淫乱という物だろう!」

女騎士「私たち、淫乱のニーズは魔王軍もわかったうえで進軍してきていると私は思っていた」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:17:49 ID:WHhJFBMw
 怒鳴り声を聴きつけて、勇者PTの一人、神官もやってきた。

 彼女も女騎士の罵声に目を見開いた。

 そして、目の前でさめざめと泣く勇者に気づく。

 あまりの事態に彼女は頭を抱えた。

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 02:02:16 ID:vZLoXN1U
>>9 微妙な訂正

そして、彼の目の前にはさめざめと泣く勇者に気づく。

そして、目の前でさめざめと泣く勇者に気づく。

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:19:30 ID:WHhJFBMw
 そんなドアの外の惨状を知らない女騎士は続ける。

女騎士「だが想像以上に奴らの性欲が足らんかった。全然足らんかった」

女騎士「私が期待していたのはエロ展開だ! 凌辱されるときに私は言ってみたかったんだよ」


『やめて! 乱暴する気でしょ! スターリンみたいに! スターリンみたいに!』

11: ↑これがやりたかっただけです 2014/11/22(土) 15:21:19 ID:WHhJFBMw
 彼女はふう、と息を吐いて再び椅子に座る。

 そして静かに続けた。

女騎士「……私も昔は剣に生き、剣に死のうと考えたものだった」

女騎士「だが、そんな私も訓練期間に妄想を続けることで立派に淫乱になったのだぞ」

女騎士「そう、ノーパンでありつづけた」

 彼女の部下4人は意味ありげに目くばせする。

 淫乱を確かめ合ったのだろう。

女騎士「魔王軍、お前らが求めていたのはこれだろう!?『おっぱいブル~ンブルン!』」

女騎士「それなのに奴らはオークどころか触手すらも出さん! 挙句、侵攻部隊をメスで固めてくる始末だ」

女騎士「とにかくオークをよこせ! オークちんぽ万歳!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:22:27 ID:WHhJFBMw
勇者「ヒグッ……エグッ……」

 作戦室の外で、こらえきれずにしゃくりあげて泣く勇者。

 戦士は、その肩を叩いて勇者を励ます。

戦士「お前、女騎士閣下と結婚するんだって言ってたもんな」

勇者「エゥ……ヒッグ……」

 神官は酷くおぞましいものを見る目で作戦室のドアを見た。

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:23:07 ID:WHhJFBMw
 椅子の上で体育座りをして、しょぼくれたように彼女は言葉を続ける。

女騎士「私の処女など、とっておくだけ無意味だったのだ」

女騎士「この純潔をオークに捧げようなどというのは、もはや不可能だ」

 彼女は顔を伏せ、苦々しく呟く。

女騎士「終戦だ」

 女戦士は下腹部をさする。

 しょぼくれる女騎士閣下に発情したらしい。

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:23:58 ID:WHhJFBMw
 村娘は隣の姫に目くばせする。

村娘(ところで私は淫乱じゃないのに、なんでここにいるんでしょう)

姫(知らない)

 エルフの方も見る。彼女は村娘から眼をそらした。

エルフ(なんとなく淫乱っぽいからとりあえず連れてきただけなんだよね)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:24:43 ID:WHhJFBMw
女騎士「お前ら、魔物領に突っ込むなり好きにしろ」

 女戦士はおもむろに服を脱ぎだした。ヤる気マンマンのようだ。

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:25:21 ID:WHhJFBMw
 女騎士は顔をあげて、作戦室の同志に告げた。

女騎士「だが、これだけは言っておく」

女騎士「女相手に処女を捨てるぐらいなら」

女騎士「いっそ自決する」

 そして、再び顔を伏せてしまう。女戦士は服を着た。

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 15:25:53 ID:WHhJFBMw
 女騎士はポツリとつぶやいた。

女騎士「村のオークでも襲おうか」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:20:13 ID:vZLoXN1U
おまけ

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:20:47 ID:vZLoXN1U
とある地方の王国兵の駐屯所。彼らの表情は一様に暗い。

先だっての事件により左遷されてしまったからだ。

村娘は目を伏せ、エルフは力なく妄想にふける。前線に出れない彼女らにとってモンスターによる蹂躙は夢のまた夢であった。

そこに伝令が足早に入って報告してくる。

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:21:17 ID:vZLoXN1U

伝令「トアール村にてオークが畑で暴れまわっていたそうです」

伝令「村人の話によるとその体は人間の倍近くあり、彼らの振るった拳で胴体ほどの大きさの木を粉々に砕いたとか」

伝令「一歩で地を揺らし、二歩で天さえ揺らす怪物に失禁する村人までいたとか」

女騎士「問題ない。私が一人で出向いて討伐してやろう」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:22:11 ID:vZLoXN1U
 ここで、彼女の部下たちの目が泳いだ。冷や汗をかいた彼女の部下の一人が、沈痛な面持ちで伝える。

エルフ「女騎士閣下……」

エルフ「オークは……」

 言いよどむエルフの言葉の続きを、別の部下の言葉が淡々とつむぐ。

姫「たまたま近くを通っていた勇者PTに食糧を与えられるとすっかり意気投合」

姫「村人と交えて野球をし、ホームランを打つと満足して山に帰って行ったそうです」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:23:36 ID:vZLoXN1U
女騎士は、わなわなと震えた。震えは怒りからだろうか、絶望からだろうか。

彼女は落ち着かない手のまま、ゆっくりと兜を脱いだ。

そして静かに告げる。

女騎士「以下の者は残れ。姫、エルフ、女戦士、そして村娘だ」

村娘(なんで毎回私も残されるんだろう)

ゾロゾロゾロ……

会議室から無言で出ていく部下。そして、会議室には女5人が残された。

彼女らはみな、処刑を待つ囚人のように絶望しきっている。たぶん。

バタッとドアが閉まるとしばしの静寂が広がった。

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:24:46 ID:vZLoXN1U
女騎士「どうしてなんだ!」

女騎士「なんで最近のオークは草食系ばかりなのだ!」

女騎士「しかもなんで勇者と仲良くなっているのだ。 お前モンスターだろ! 魔王側だろ!」

作戦室の静寂を裂いて響き渡る女騎士の怒声。

それを伝令はドア越しに聞いていた。

いや、村長、門番、果てはオークと仲良くなったことを自慢しに来た勇者までもが耳を傾けていたのだ。


なおも罵倒は続く。

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:27:05 ID:vZLoXN1U
女騎士「平和主義者ばっかりをよこしおって!」

女騎士「オークも勇者も私を欺いていたのだ! そう全てが!」

女騎士「オークと勇者の全てが! ホモで、童貞で、肉便器以下の存在ばかりだ!」

外で話す聞く勇者は、思わず泣きそうになる。

伝令はそれをぎょっとした様子で見る。

門番は、そっと勇者の肩に手を置き無言で励ました。

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:28:58 ID:vZLoXN1U
姫は、興奮した様子の女騎士に食ってかかる。

姫「閣下。ですが普通に仲良くなってダルンダルンのお腹をモミモミするのも素晴らしいのでは……」

女騎士「誰もがお前みたいなケモナーじゃないんだよ、バーカ!」

姫「涎を垂らしながらひたすらモフモフすることの良さを知らないのですか!」

女騎士「猫の肉球で絶頂に達する特殊性癖はお前ぐらいだよ!」

 彼女は立ち上がって持っていた剣を机に叩きつける。

女騎士「ちくしょーめェ!」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:30:19 ID:vZLoXN1U
女騎士「奴らは草食系などと偉ぶっているが、自信がないのを正当化する卑怯者だ。

    紳士的に振る舞っているなどと思い込んで、自分に酔いしれるただのナルシストだ!

    手を出さない? はん! 手を出せないのを正当化してるウジ虫め!

    勇気を持って踏み出してこそこそ男、いや勇敢なる者『勇者』なのだ!」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:30:59 ID:vZLoXN1U
勇者「……!」

勇者は目を見開いた。そして、今までの自分を思い返す。

初めて一目ぼれした時も。酒場で偶然再会した時も。

俺は何もしなかった。

彼女と一緒にいて、話を聞いてそれで満足していたんだ。いや、満足しようとしていた。

自分が本当に欲しいものから目を背けながら。

なんて情けないんだ。それでも勇者か。

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:31:41 ID:vZLoXN1U
勇者が思索にふけている間も、駐屯所の中では女騎士の演説が続いていた。

女騎士「だいたい、オークちんぽというものはだな……」

演説は猥談に変わっていた。いや、もともと猥談だったのだが。

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:32:11 ID:vZLoXN1U
 そんなこともつゆ知らず、勇者は歯をギリギリと噛みしめて悔い改めていた。

 しばらくそうした後だった。 

 勇者は手を自分の胸の前に持っていき、それを握る。

 勇者は何かを決意したらしい。

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:32:47 ID:vZLoXN1U
 勇者は、ポツリと口にした。

勇者「門番のおっちゃん。俺、行ってくるよ。女騎士に告白してくる」

 突然の言葉に、門番は思わず勇者の顔を見た。

 そこには、心を決めた男の顔があった。

 門番は背中を押す。

門番「行って来い!」

 勇者は扉の前に立った。

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:34:41 ID:vZLoXN1U
 バンッと扉が開く。

 開いた扉の向こうには、勇敢なる侵入者。

 部屋にいた全員が彼を見る。

勇者「女騎士! 話がある!」

 その言葉に、村娘・エルフ・姫・女戦士は女騎士の方を見た。

 彼女の言葉を待っているのだ。

 やがて女騎士は声を発する。

女騎士「女子会中だ。出ていけ」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 03:36:07 ID:vZLoXN1U
勇者「あっはい」

 勇者はドアを閉めた。


門番は、悲嘆にくれて泣きだした勇者の肩にそっと手を置き慰めた。

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 08:13:34 ID:vZLoXN1U
完!

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 22:53:03 ID:/WqUJQNg
なんだこれw
よかった