スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399994473/

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:21:13.81 ID:dN4yVchDO
コナン「何のスイッチだよ?」

阿笠「ふむ。説明したいんじゃが、わしこれから急ぎの用で出かけないといけないのじゃ」

コナン「まーいーよ。押すから」

阿笠「押すんではない!!!」ドゴォ!!

コナン「ひでぶ!!!」

阿笠「いいか?くれぐれも押すんではないぞ~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399994473





2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:24:14.41 ID:dN4yVchDO
コナン「ったくいって~!!」

コナン「ん?待てよ。博士はスイッチ持って行っていないよな。なら、今のうちに……」ソ~

灰原「押してはダメよ!!工藤君!!」

コナン「は、灰原!!?」

灰原「博士が持って行かなかった理由は、そのスイッチがテーブルにくっついているからよ」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:28:49.11 ID:dN4yVchDO
コナン「そういうことか。ところで何のスイッチだ?」

灰原「説明したいけど、今から博士の忘れ物を届けなくてはいけないのよ」

コナン「そ、そうか。なら早くいけ」

灰原「………あなた私がいない隙に押す気ね?」

コナン「いっ!?」

灰原「図星でしょ!?」

コナン「…ハ、…………ハハハ………」

灰原「天誅!!」キーン!!

灰原は、コナンのコナンを蹴り上げた

コナン「オ、…………オレの………コナン………が………」ガクッ

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:33:43.77 ID:dN4yVchDO
コナン「ス、………スイッチ………」

コナンは最後の気力でスイッチまでほふく前進をしていた

コナン「も、…………もう少し………」

蘭「いたー!!コナン君!!」バタン

コナン「ら、………蘭姉ちゃん?」

蘭「もう探したわよ」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:40:29.63 ID:dN4yVchDO
コナン「探した?」

蘭「今日うちでパーティーでしょ?」

コナン「あっ……そ、そうだったね。待って。あのスイッチ押したら行くから」

蘭「へー。何のスイッチなの?」

コナン「そ、………それは………」

蘭「まさか。女性が裸に見えるスイッチとかいやらしいビデオが見れるスイッチなんじゃないんでしょうね?」

コナン「えっ!?ち、違うよ!!」

蘭「じゃあ!何のスイッチなのよ!?」

コナン「え、え~と……」

蘭「どうやら図星のようね!ハッ!!」ドゴォ!!
蘭の正拳突きが炸裂!!

コナン「グフッ!!」

コナンは吹き飛ばされた

蘭「コナン君はご飯抜き!!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:49:17.84 ID:dN4yVchDO
コナン「ぜ、ぜってー!押してやる!!」ヨロヨロ

元太「よう!!コナン!!」

コナン「げ、元太?」

元太「貸してた漫画返してくれよ!!」

コナン「あ、ああ。待ってろ………そこのスイッチ押したら……」

元太「オレが必要だから、本当は今日の一時間前までに返すって約束だったよな?」

コナン「あ、ああ。わりぃわりぃ」

元太「」ムカッ!

元太「それが約束を破ったやつの態度か!!」ブン!

元太は持っていたバットでコナンを殴った!!

コナン「ウッ!!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 00:58:09.28 ID:dN4yVchDO
コナン「こ、今度こそ…………」

小五郎「ボウズいるかぁ?」

コナン「お、おじさん!?」

小五郎「おめえなんで来ないんだよ?」

コナン「ス、スイッチ押したら行くよ」

小五郎「はぁ!?おめえせっかくのパーティーなのにそんなスイッチの方が大事なのかよ!?」

コナン「えっ………いや………そういうわけじゃ………」


小五郎「おめえのようなクズはこうだ!!」バッ!!

小五郎は一本背負いをした!

コナン「わっ!!」

小五郎「さらにコイツはおめえが来ないことに泣いていた蘭の分!!」バッ!

小五郎はもう一度一本背負いをした!!

コナン「いっ!!」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:03:27.63 ID:dN4yVchDO
コナン「はぁ………はぁ………」

コナンは、ただスイッチを求めていた

服部「せやかて!工藤!!」

コナン「服部?どうしてここに?」

服部「いや~な。ち~と遊びに探偵事務所にいったら、お前おらんかったんや。せやから、ここへ来たんや。」

コナン「なるほどな。」

服部「お土産ごっつ持ってきたで~」

コナン「な、なあ服部。」
服部「なんや?工藤」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:07:41.96 ID:dN4yVchDO
コナン「俺にあのスイッチを押させてくれ。何でもするから」

服部「ん?今何でもするっていったよね?」

コナン「あ、ああ………お前関西弁は……」

服部「やったら、オレのコナン君を入れさせてもらおうかな」ボロン

コナン「お、お前ふざけんな!」ヌギッ

コナンは服部に脱がされた

服部「行くで!工藤!!」ズボッ!!

コナン「アッー!!」

その後、コナンは、64回以上服部に掘られた

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:12:06.10 ID:dN4yVchDO
阿笠「ふ~帰ったぞい!!」

コナン「は、博士?」

阿笠「し、新一!?どうしたんじゃ!?」


コナン「ああ、ちょっとな……」

阿笠「!!ま、まさか!新一!?あのスイッチを押そうとしたのか!?」

コナン「ああ。」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:20:16.06 ID:dN4yVchDO
阿笠「あ、あのスイッチはな………」

コナン「あのスイッチは?」

阿笠「あのスイッチは全ての世界線の怨みを集めるスイッチじゃ!!」

コナン「どういうことだ?」

阿笠「いろんな世界線がある。その世界には元太君をいじめた新一、毛利君を死なせた新一、蘭君をフった新一がおる。その怨みを持った者の怨みをこの世界の者に渡すスイッチじゃ!!」

コナン「つまり、別の世界で怨みを持った蘭の怨みがこの世界の蘭にくるってことか?」

阿笠「その通りじゃ!!」
コナン「でもオレ押してないぜ」

阿笠「効果は押そうと思った時からスイッチを押すまでじゃ!!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:26:30.88 ID:dN4yVchDO
コナン「な、何だって!?」

阿笠「し、しかも対象者が死ぬような怪我をおっても死なないんじゃ……」

コナン「そ、そうかどおりで……で、でもにわかに信じらんねえぜ!!」
阿笠「ふむ。なんならこれを見るがよい」ガチャ

コナン「!!!」

阿笠博士がドアをあけるとそこには数百あるいは数千人の光彦がいた。

コナン「な、なんだよ!?これ!?」

阿笠「ど、どうやら、光彦君の新一に対する怨みが容量オーバーしたようじゃ。他の世界の光彦君まで連れてきてしまったのじゃ」

コナン(オレは悟った。オレがスイッチを押すのはまだまだあとの事になることを)

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 01:30:12.85 ID:dN4yVchDO
これで終わりです。

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/14(水) 05:12:20.31 ID:++U5OlZk0
奇妙な話みたいでおもしろい もっとコアなネタも入れて欲しかった 乙