スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1400000330/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 01:58:50 ID:HOX/rKrM
エンブオー「」

サトシ「やったぜ、効果は抜群だ!!」

女騎士「あへえっ!!」ビクンビクンッ

セレナ(サトシが使ってるアレって……)

シトロン(どう見てもポケモンじゃないですよね……)

サトシ「よくやった、戻れ女騎士!」ビーーー

女騎士「あへえっ!!」

シトロン(でもモンスターボールには戻るんですよね……)

セレナ(ホントになんなんだろ、アレ)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:20:30 ID:TRrDShmk
スレタイが卑怯すぎるだろ!





2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:01:18 ID:HOX/rKrM
シトロン「食事の用意ができましたよ」

サトシ「よし、出てこいみんな!」

女騎士「あへえっ!!」

ケロマツ「ケ、ケロッ……」

女騎士「あへえっ!!」ガバッ

ケロマツ「ゲロロッ!?」

サトシ「こらこらお前ら、仲よくするんだぞ」

セレナ「いやサトシ、これはこれ以上仲よくしちゃダメっていうか……」

ケロマツ「ケロォ……」ゼイゼイ

シトロン「それでサトシ、女騎士の食事なんですが」

シトロン「ポケモンフーズ……は止めておいた方がいいですよね?」

サトシ「そうだな」ゴソゴソ

サトシ「こいつの大好物はコレだからな」ボロン

女騎士「あへえっ!!」

セレナ「サトシ、ちょっと!?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:04:05 ID:HOX/rKrM
サトシ「なんだよ、ポケモンにソーセージ食わせちゃ悪いのか?」

セレナ「うん、それは確かに普通の食品のソーセージだけど」

セレナ「(意味深)とか(サトシの)とかつかないごく一般的なソーセージだけど!!」

サトシ「セレナ、お前ちょっとおかしくないか?」

セレナ「今のサトシにだけは言われたくないよ!!」

サトシ「まあいいや、ほら女騎士」ズポッ

女騎士「あへえっ……///」ビクンビクン

セレナ「サトシ、何してるの!?」

サトシ「え?」

サトシ「何って、女騎士にごはんあげてるだけだろ?」

セレナ「なんでそこに突っ込むのよ!!」

サトシ「だってここが口だろ?」

女騎士「あへえっ」くぱあ

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:07:13 ID:HOX/rKrM
セレナ「いやいや、だってどう見てもこっちが顔でしょ!?」

サトシ「そうだけど?」

セレナ「じゃあなんてその反対側に口があるのよ!?」

サトシ「ああ、セレナは知らないのか」

サトシ「ポケモンって言うのは顔や口が二つ以上あってもおかしくないんだよ」

サトシ「お尻にもう一つ顔がついてるキリンリキってポケモンもいるんだぜ!」

セレナ「いやサトシ、そういう話じゃなくてね?」

サトシ「それに潮吹きもハイドロポンプもこっから出るし」

サトシ「しめつけるもこっちの口を使って攻撃してるぜ?」

サトシ「なによりこっちの口で食べさせてやった方が喜ぶんだよ、こいつ」

セレナ「サトシ、お願いだから『こっちの口』なんて言葉連呼しないで!!」

女騎士「あへえっ」くぱあくぱあ

サトシ「なんだ、おかわりが欲しいのか?」

サトシ「じゃあ次はきゅうりをやるからなー」ズポオッ

女騎士「あへえっ……///」ビクンビクン

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:10:12 ID:HOX/rKrM
シトロン「ダメですよセレナ」

シトロン「サトシはアレがポケモンだと完全に信じ切っています」

シトロン「しかもそういう知識が一切ないので、自分が何をしているのか理解していません」

セレナ「じゃあどうすればいいのよ!!」

セレナ「私、あんなサトシなんて見たくない……ッ!!」

シトロン「それはボクも同感です」

シトロン「ユリーカの教育にも非常に悪いですし」

セレナ「でもユリーカもアレを人間だとは思ってないみたいね」

シトロン「そうですね、シルブプレしてませんでしたから」

ユリーカ「サトシ、女騎士をブラッシングしてもいい?」

サトシ「ああ、いいぜ」

シトロン「ダメですユリーカ!!」

女騎士「あへえっ?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:13:20 ID:HOX/rKrM
ユリーカ「なんでよお兄ちゃん!」

ユリーカ「ほら、女騎士も残念がってるし」

女騎士「あへえ……」

シトロン「あの残念な顔の裏にはものすごい邪気が感じられます……」

女騎士「ちっ」

シトロン「!?」

サトシ「大丈夫だよシトロン、俺がちゃんと見てるから」

サトシ「ユリーカに女騎士が悪さをしそうになればちゃんと止めてやるさ!」

セレナ「サトシ、それ意味が分かって言ってるの?」

サトシ「それにユリーカだってピカチュウの電撃やシトロンの発明の爆発によく巻き込まれてるしな」

サトシ「だいたい平気な感じだし、ポケモン相手にそんな酷いことにはならないさ」

シトロン「そういうメタ的なお約束と、今ユリーカに降りかかってる危険は違う物ですよ!?」

ユリーカ「わあ、女騎士の髪の毛サラサラだぁ」

女騎士「あへえっ……///」

シトロン「ってコラ、ユリーカ!?」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:16:31 ID:HOX/rKrM
ユリーカ「わあ、女騎士のここ柔らかーい」ぷにぷに

女騎士「あへえっ……///」ビクンッ

セレナ「……なされるがままって感じね」

シトロン「表情がかなり不快な感じですが、まあ向こうから手を出しはしないようですね」

セレナ「流石に人間に手を出すとマズイって思ってるのかしら?」

サトシ「だから言っただろ、心配することないって」

シトロン「サトシ、心配するならタダです」

シトロン「用心しておくに越したことはありません」

セレナ「そうよサトシ、だからあなたも気を付けて!」

サトシ「何を?」

セレナ「ああもう、全てぶちまけてしまいたい!!」

シトロン「我慢ですセレナ、最初から逐一説明しだすといつまでたっても終わりませんよ……」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:17:44 ID:xAyELeXg
その発想はなかった






もっとやれ

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:19:11 ID:HOX/rKrM
ガサゴソ


サトシ「ん、あの草むら……」

ヤンチャム「チャムー!!」

シトロン「野生のヤンチャムのようですね」

ヤンチャム「チャムチャムー」

セレナ「もしかしてご飯が欲しいのかな?」

ヤンチャム「チャム!」

シトロン「片付ける前でよかったですね、少しポケモンフーズを分けてあげましょう」

女騎士「……あへえっ!」

ヤンチャム「チャムッ!?」

ユリーカ「あ、ちょっと女騎士!」

ヤンチャム「チャムッ、チャムウウウッ!!」

サトシ「止めるんだ女騎士!!」

女騎士「あへえ、あへえっ!!」ビクンビクン

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:22:15 ID:HOX/rKrM
セレナ「ちょっとサトシ、早く女騎士をボールに戻しなさいよ!!」

サトシ「そ、そうだな」

サトシ「戻れ女騎士!!」ビーーー

女騎士「あへえっ!!」サッ

シトロン「避けられましたよサトシ!?」

ヤンチャム「チャムー!!チャムウウウウウウッ!!!」

女騎士「あへえっ!!」パンパン

ヤンチャム「チャアアアアアアアアアッ!!?」どぴゅっ

セレナ「そんな……ヤンチャムが犠牲に……」

サトシ「こら女騎士、勝手にバトルしちゃダメじゃないか!!」

女騎士「あへえっ」ビクンビクン

ヤンチャム「」

シトロン「どうしましょうか……このヤンチャム」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:25:12 ID:HOX/rKrM
ガサゴソ

セレナ「ッ!?」

ゴロンダ「ゴロオオオオオオオオオオッ!!」

サトシ「今度は野生のゴロンダか!」

シトロン「お、怒ってますよサトシ!」

セレナ「きっとあのヤンチャムの親なのよ!」

シトロン「そりゃ怒りますよね……」

サトシ「くっ、仕方ない」

サトシ「いけっ、女騎士!!」

女騎士「あへえっ!!」ビクンッ

セレナ「ちょっとサトシ、女騎士は止めたほうが……」

サトシ「先手必勝、ドレインキッスだ!!」

女騎士「あへえ……///」ブチュウウウウ

ゴロンダ「ンダっ!?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:28:12 ID:HOX/rKrM
サトシ「やったぜ、効果は抜群だ!!」

セレナ「どうしてこういうときだけタイプ相性を完璧に理解してるのよ……」

サトシ「そのまま舌で舐める!!」

女騎士「あへえっ」チュパチュパ

ゴロンダ「ゴ、ゴロ……」ビンビン

サトシ「やったぜ、急所に当たった!!」

シトロン「おいサトシ止めろ!」

サトシ「つづけて吸い取るだ!!」

シトロン「話聞けよ!!」

シトロン「ユリーカだってこの惨状を見てるんですよ!?」

セレナ「ユリーカ、ちょっとあっちでフォッコと遊んでて!!」

ユリーカ「はーい、行こうフォッコ!」

セレナ(頼んだわよフォッコ、ユリーカだけはせめてキレイなままでいさせてあげて!)

フォッコ「フォ、フォコ……」ドンビキ

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:33:28 ID:HOX/rKrM
ゴロンダ「ゴ、ゴロ……ンダッ!!」どぴゅっ

サトシ「くっ、ゴロンダの反撃か!」

サトシ「そのまま飲みこむんだ女騎士、ミルク飲み!!」

女騎士「んぐっ」ゴクゴクゴク

サトシ「こっちも反撃だ女騎士、ひっくりかえす!!」

女騎士「あへえっ!!」

ゴロンダ「ゴロオオオオッ!?」

サトシ「からみつくからツボをつく、アンコールだ!!」

セレナ「もうやてめサトシ、ゴロンダは限界よ!!」

ゴロンダ「ゴ、ゴロッ……?」ビンビン

サトシ「へへっ、ゴロンダはまだまだやる気みたいだぜ!」

サトシ「そのまま追い打ちだ!!」

サトシ「行くぞ女騎士!!なかよくする、のしかかり、とっておき!!」

女騎士「ぬほおおおおおおおおおおっ!!」ズポッ

ゴロンダ「ンダアアアアアアアアアアッ!!!」ビクン

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:37:20 ID:HOX/rKrM
サトシ「そのまま締め付ける、高速移動!!」

女騎士「ゴロンダち○ぽしゅいごいのおおおおおおおおおおおおおお!!!」パンパン

ゴロンダ「ン、ンンンダアアアッ!!」ビクンビクン

サトシ「女騎士、まだ我慢だ、こらえる!!」

女騎士「おま○こぐちょぐちょにしてえええええええええええええっ!!!」パンパン

サトシ「甘える、なき声、円らな瞳、ほっぺすりすり、天使のキッスでたたみかけろ!!」

女騎士「ふっといのが子宮の奥までズンズンきてりゅのおおおおおおおおっ!!!」パンパン

ゴロンダ「ダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!」ビクンビクン

シトロン「うわぁ……」

セレナ「サトシはこれを見て本当にポケモンバトルと思ってるの?」

サトシ「え、何が?」

シトロン「ダメだこいつ、早く何とかしないと」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:40:12 ID:HOX/rKrM
サトシ「今だ!!搾り取る!!」

女騎士「特濃おち○ぽミルク注いでえええええええええええええええっ!!!」ズンズン

ゴロンダ「ゴロオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!」ぴゅるるるるる

サトシ「こっちも潮吹きでフィニッシュだ!!」

女騎士「妊娠確実!!」プシャアアアアアアアアア

ゴロンダ「」

サトシ「やったぜ!!」

シトロン「これは酷い」

セレナ「ごめんなさい、ゴロンダ……」

女騎士「あへえっ///」ビクンビクン

ユリーカ「ねえ、バトル終わっちゃったの?」

シトロン「ええ、全て終わりましたよ、全て……」

フォッコ(やだ、ここら一帯生臭い……)

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:43:04 ID:HOX/rKrM
セレナ「もう我慢できないわ」

セレナ「被害者はどんどん増えてゆくし」

セレナ「サトシは無自覚のまま変態トレーナーの道を直走ってるし……」

シトロン「早いところ女騎士を野生に返すようにしなければいけませんね」

セレナ「野生に返す?」

セレナ「あんなものを野に放つと言うの!?」

シトロン「セ、セレナ……?」

セレナ「ダメよ、サトシの汚点になるような存在は消滅させてやらなきゃ……」

シトロン「ちょっとセレナ、落ち着いて下さい!」

セレナ「あらシトロン、私はいつでも冷静よ、うふふふふふ……」ガシッ

シトロン「ひいっ!!」

セレナ「『不幸な事故』のためにシトロン、協力してくれるよね……?」

シトロン「わかりました、わかりましたからあああああっ!!」ガクガク

シトロン(なんでボクの周りにはまともな女子がいないんだ……)

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:46:10 ID:HOX/rKrM
サトシ「さあ女騎士、今日も特訓だ!」ポンッ

女騎士「あへえっ!!」ビクンッ

セレナ(ほらシトロン)

シトロン(うう……やればいいんでしょうやれば!)

シトロン「さ、サトシ……」

シトロン「実は女騎士のトレーニングに備えて、新しい装置を発明したんですよ」

サトシ「本当かシトロン!?」

シトロン「今こそサイエンスが未来を切り開く時!」

シトロン「シトロニックギア、オン!!」

シトロン「名付けて『こっちの口筋力増強マシーン』です!!」ヴヴヴヴヴ

女騎士「あへえっ!?」

シトロン「この装置を女騎士のこっちの口に突っ込むことで」

シトロン「搾り取るや潮吹きに必要な筋肉を鍛え、技の威力をアップさせるための装置です!!」

サトシ「……」

シトロン「サ、サトシ……?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:49:04 ID:HOX/rKrM
セレナ(ちょっとシトロン、流石にこれはそのまんま過ぎよ)

シトロン(ええー、そんなこと言われてもこんなものを作ったことは初めてで……)

セレナ(ほら、あのサトシでさえドン引きしてるじゃない!)

サトシ「……」

シトロン「えーっと、あのですね……?」

サトシ「……科学のチカラってすげええええええええええっ!!!」キラキラ

シトロン「え?」

サトシ「わざわざ女騎士のために作ってくれたのかよ!」

サトシ「ありがとうなシトロン!!」

シトロン「え、いや、それほどのことでも……」

サトシ「ほらユリーカ見てみろよ、シトロンが作ってくれたんだぞ!」ヴヴヴヴヴ

シトロン「うわあああああああああああああああああああああっ!!」ガシッ

ユリーカ「ちょっとお兄ちゃん、前が見えないじゃない!」

シトロン「見なくていいんです、ユリーカにはまだ早すぎます!!」

セレナ(早すぎって言ったら私たち全員そうだと思うんだけど……突っ込んだら負けよね)

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:52:33 ID:HOX/rKrM
サトシ「よし、さっそく試してみるぞ!」ズポオッ

女騎士「あへえ……///」ビクンビクン

サトシ「どうだ女騎士、鍛えられてるか?」ズポズポ

女騎士「あへえっ、あへええええっ!!」ビクンビクン

シトロン「さ、サトシ、もう手を放しても大丈夫ですよ!」

シトロン「あとは装置の振動が勝手に筋肉を鍛えてくれますから!!」

セレナ(ふふふ、計算通りね)

セレナ(あとはあのバイb……シトロンの作った装置がいつもの通り爆発すれば)

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:55:20 ID:HOX/rKrM
女騎士「あへえっ!!」ビクンッ

セレナ「……」

女騎士「あへえっ、あへえっ///」ビクンビクンッ

セレナ「…………」

女騎士「あへえええええっ!!」プシャアアアアアアア

セレナ「ちょっとシトロン!!」

シトロン「ひいいいいっ!?」ビクッ

セレナ「なんで今回に限ってちっとも爆発しないのよ!!」

シトロン「そんなこと言われても……」

セレナ(チッ、こうなれば)

セレナ「ねえサトシ、そろそろ次のレベルに行った方がいいんじゃないかしら?」

サトシ「次のレベルって?」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 02:58:24 ID:HOX/rKrM
セレナ「女騎士をもっと鍛えるために、装置のパワーを上げるのよ」

シトロン(え、そんな機能はつけてないですけど?)

セレナ(いいから私に任せて黙ってて!)

シトロン(あわわわわわ!!)ガクガク

セレナ「シトロンの話によると、強力な電撃を与えることでエネルギーをチャージできるそうよ」

サトシ「ホントなのかシトロン?」

シトロン「えーっと、その……」

セレナ「……」ギロリ

シトロン「はい、そうです!!セレナの言う通りですよおおお!!!」

サトシ「解ったぜシトロン!!」

サトシ「いけピカチュウ、女騎士に向かってエレキボール!!」

ピカチュウ「ピッカーwwwwwwwww」バチバチバチバチ

女騎士「あへえっ!?」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 03:00:58 ID:HOX/rKrM



                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 03:03:14 ID:HOX/rKrM
――

――――――

――――――――――――



シトロン「ええ、まさかあんなことになるとは思いませんでした」

シトロン「女騎士どころかサトシも、セレナも、ユリーカまでもが木端微塵に……」

シトロン「ボクはハリマロンを犠牲にしてなんとか生き残ることができました」

シトロン「でも、これでよかったんだと思います」

シトロン「あんな旅を続けていても誰も幸せにはなりませんから」

シトロン「ボクはジムリーダーの仕事に復帰してジムバトルの毎日です」

???「たのもー!」

シトロン「おっと、どうやら挑戦者がきたみたいですね」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 03:05:03 ID:HOX/rKrM
シトロン「さあミアレシティジムリーダー、このシトロンがお相手しますよ!」

挑戦者「ああ、よろしく頼むぜ!」

挑戦者「いけっ、俺の相棒!!」ポンッ





















???「……あへえっ」ビクンッ


おわり

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/14(水) 05:58:59 ID:tLn3Jf8k
勢いよすぎw