スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398723587/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:19:47 ID:4f7z.VLg


ミーナ「あれ?アルミン!」


アルミン「どうしたんだい?」


ミーナ「特に用はないよ?さっ訓練も終わったし、食堂にでも向かおっか」


アルミン「うん」


ミーナ「今日も今日とてお疲れ様」


アルミン「おつかれー」





2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:20:37 ID:4f7z.VLg


ミーナ「いや~訓練もそろそろ慣れてきて、きんにくつ筋肉痛もあまりならなくなっ・・・・・はっ!」


アルミン「どうしたの?」


ミーナ「草むらに隠れて!!」ガサッ


アルミン「ミ、ミーナ!?」ガサッ



ミーナ「アルミン、あれを見て」ユビサシ


アルミン「え?エレン!?しかも告白されてる!?」


ミーナ「大変だよ!アルミン!旦那の浮気現場だよ!!」


アルミン「あれ?何か大きな間違いがある事ない?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:21:36 ID:4f7z.VLg



クリスタ『エレンと一緒に訓練するようになってから、いつの間にか好きになってました・・・私と付き合ってください!』



ミーナ「ほら、クリスタって訓練兵の中で最も人気の女の子じゃない?アルミンピンチだよ!」


アルミン「エレンのどこがいいんだよ・・・告白とか羨ましい」



エレン『悪い・・・俺は今は誰とも付き合う気は』


クリスタ『知ってます!!でも好きなの!』ギュッ



ミーナ「あなたのエレンが抱き着かれてるよ!?アルミン怒らないの!?」


アルミン「怒ってるよ!!駆逐脳唐変木のくせに三次元美少女にモテやがる死に急ぎ野郎に!!」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:22:39 ID:4f7z.VLg



エレン『ごめんな・・・俺の事嫌いになってもいいから・・・・・償いきれないが、それだけのことをしたし』


クリスタ『・・・・・』


エレン『俺なんかを好きになってくれて有難う。気持ちは本当に嬉しかった・・・クリスタばかりに辛い思いをさせて、ごめんな』



アルミン「ちゃんと相手を気遣って話しているだと・・・・あのエレンが?」


ミーナ「・・・・・・」


アルミン「駆逐しか頭になってわけじゃないんだね。エレンも・・・」


ミーナ「この前、ベルトルトがモブ子に告白されて、断った台詞と同じ事言ってた」


アルミン「エレンっンンンンン!!!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:23:54 ID:4f7z.VLg



クリスタ『ありがとうね!・・・やっぱりエレンは優しいね・・・っ』



アルミン・ミーナ(あ゛ぁぁーーー)



クリスタ『これからも友達でいてくれるかな・・・・?私はエレンを好きになってはいけなかったんだよね・・・。なるべく早くこの想いとお別れするから・・・』



アルミン「天使はなんて健気なんだ・・・・エレンのバカヤロー・・・」


ミーナ「クリスタの返した台詞・・・・この前に読んだBL小説の主人公が同じ事言ってた」


アルミン「・・・・・えっ・・・」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:25:14 ID:4f7z.VLg


ミーナ「あっ!クリスタ帰ったよ」


アルミン「よしっ!ガツンと僕が説教をや・・・」

ミーナ「待って!隠れてっ」ガザッ


アルミン「わぷっ!!」ガザッ



サシャ『エレン・・・話があります』



アルミン「また新しい子がきた!?」


ミーナ「サシャとはまた目玉商品を・・・・かなりレベルの高い可愛さよ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:25:56 ID:4f7z.VLg



サシャ『私はエレンの事が・・・・す、好きなんや・・・付き合ってほしいんやけれど』



アルミン「えっ?なんかサシャいつも話し方違くない!?」


ミーナ「ギャップ萌えね。わかります」


アルミン「サシャ可愛いからね・・・エレンも流石に揺らぐんじゃないかな?」



エレン『無理やねん』



アルミン「ええっー!?」


ミーナ「なんでエレンまで話し方が怪しくなっての!?」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:26:59 ID:4f7z.VLg



サシャ『気に入らないところがあったら直します!ですから・・・』ジリジリ



アルミン「詰め寄られて、エレン少し引いてる・・・」


ミーナ「あーあ。また抱き着かれちゃって、アルミン・・・・愛人なんてほしくないでしょ?」


アルミン「うん。僕はミーナと言う台詞が全く理解できない」


「あーっ!」



アルミン・ミーナ(ビクッ!!)

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:27:51 ID:4f7z.VLg


アルミン「な、なんだクリスタか・・・・クリスタ!?」


クリスタ「2人とも・・・・こんなとこで何をしているの?」


ミーナ「今、この草むらから春の香りがしたからアルミンと一緒に春を探していたのって!ややっ!?あんなとこでエレンとサシャが何かをしてるな!?」


アルミン「ほ、ほんとだ!?何をやっているのかな!?」


クリスタ「えっ!?どこどこ!?私の後にそんな・・・・」


アルミン・ミーナ(よしっ!)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:28:58 ID:4f7z.VLg


アルミン「ほら!あそこ!」


クリスタ「エ、エレンがサシャにレイプされてる!!」


ミーナ「まだそこまでいってないよ。告白よ、告白」


アルミン「クリスタは何故フルスロットルなの!?」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:29:44 ID:4f7z.VLg



サシャ『や、やっぱり・・・私じゃダメなんですか・・・・・ヒグッ』ポロポロ


エレン『えっ・・・あ、いや・・・・』



クリスタ「ああっサシャ泣いちゃったてるよ・・・なんだかエレンがサシャにイケナイコトしたみたいになってる!」


ミーナ「なんか抱きしめるフラグ立ってるけど、どうするエレン!?」



「おーい。お前ら漸く見つけたぞ。こんなところで何を油売って・・・」



クリスタ「ユミル!?」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:31:12 ID:4f7z.VLg


アルミン「ユミル、あれを見てご覧」


ユミル「ん?エレンとサシャはなにやってんだ?カツアゲ現場か?」


アルミン「あっ・・・えと・・・」


ユミル「もしかして果たし合いとかか!?あいつらバカだからなっ」


アルミン(どうしよう。ユミルが凄く純粋な反応している・・・)



クリスタ「///」←イケナイコトとかレイプしてるとか言った人


ミーナ「あ、あはは・・・」←抱きしめるフラグとか言った人

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:31:43 ID:/LWxldMQ
生徒会のヲタのしみかな?

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:32:48 ID:4f7z.VLg
>>13はい!パロです

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:33:37 ID:4f7z.VLg


アルミン「告白だよ」


ユミル「何!?告白だと!」


アルミン「まぁなんだか微妙な雰囲気なんだけどね・・・」


ユミル「そ、そうなのかー・・・ふーん・・・・・」


クリスタ「どうしたの?ユミル」


ユミル「生の告白現場って、なかなか見ないだろ?しかも知り合い間だし・・・す、少し緊張しないか・・・・?」


アルミン(何これ可愛い)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:34:10 ID:4f7z.VLg



サシャ『わかりました・・・しつこくてすみませんでした』


エレン『あぁ』



アルミン「あっ、なんだか和解した感じかな」


ミーナ「あなたの旦那は無事に浮気をしなかったね!一途って素晴らしい!でも寝取って、アルミンがエレンにお仕置きだってのも・・・」


クリスタ「静かにして!まだ何か言ってるよ」


アルミン「え?」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:35:45 ID:4f7z.VLg



サシャ『でも最後に・・・キスをお願いできますか』



アルミン・ミーナ・クリスタ・ユミル「!!??」



エレン『・・・・。わかった・・・じゃあ目を瞑ってくれ』



アルミン・ミーナ・クリスタ・ユミル「まじか!?」


クリスタ「するの!?しちゃうの!?キスしながら服を」


ユミル「見てる私の方が心の準備できてないじゃないか!ああぁ!」


アルミン「ちょっ静かに!バレちゃうよ!?ミーナも二人を止めてよ!!」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:37:00 ID:4f7z.VLg

ミーナ「黙って。今、必死にサシャを男体化して萌えようとしてるところだから、ちょっと待って」


アルミン「待たないよ!!」



サシャ『エ、エレン・・・・はやくっ』



ユミル「おいおい!!嫁入り前の女の子するのか!?あいつは!?」


アルミン「駆逐脳のくせになんだかんだ言っといて、やっぱ三次元の女の子が好きに・・・」



エレン『・・・・・・』ゴソッ


エレン『・・・・』ソッ


サシャ『・・・・んっ』



アルミン・ミーナ・クリスタ・ユミル「・・・・・」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:38:09 ID:4f7z.VLg


サシャ『あ、ありがとうございました!なんだか冷たかった気が・・・』


エレン『悪い・・・俺、冷え症だから・・・・』



ユミル「あいつ、教材の巨人のミニ模型の口を押し付けやがったぁ!!」


クリスタ「良かった・・・人のキスシーンみたいとか思っちゃったけど、やっぱり好きな人がキスするとこなんて見たくない」


アルミン「なんでエレンがあんなの携帯しているのかが僕は不思議でたまらないんだけど!?寧ろ、気持ち悪いよっ」


ユミル「そうだ!終わったなら早く食堂に行くぞ!遅れたら元も子もない」


アルミン「あっ!そうだよね!サシャも帰ったし。おーい、エレ・・・」



『エレン・・・話がある』



アルミン・ミーナ・クリスタ・ユミル「!!!」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:40:02 ID:4f7z.VLg


アルミン「ついにミカサまで来ちゃったじゃないか!」


ミーナ「イケメン×イケメンは王道」



エレン『ミカサ?』


ミカサ『今までのを全部見ていた。これはエレンが私、一筋だという確信を持てたから言う。エレンは私が好き。そして私もエレンが好き・・・・付き合おう』



アルミン「きたよ、ご都合主義」


ユミル「でも昔から心許していたミカサならエレンも好きなんじゃ・・・」



エレン『俺は三次元の同い年には興味ないんだ』



ユミル「と思いきや、やっぱ駄目かよ!!」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:41:29 ID:4f7z.VLg


アルミン「てか、いくら心許しいるからって、どんな主張しているの!?意味深にも程があるよ!!」


クリスタ「私は小さいからセーフ・・・」



ジャン『たしか・・・こっちのほうにミカサが・・・・』



アルミン「あっ、ジャンだ」


ミーナ「これは面倒な展開になるんじゃないのかな・・・・」



ジャン『!!??エレン!てめぇミカサとこんなところで何をしてんだ!?』


エレン『ん?』


ミカサ『・・・・・』


ジャン『ミカサとちょっと仲が良いからって調子乗ってんじゃねえぞ!ボケ!!』

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:44:37 ID:4f7z.VLg



アルミン「やっぱりだぁ!!このいつもの展開!エレンザマァ助けないと!!」


ユミル「アルミン、ザマァって言ってるぞ」



エレン「はぁ?こいつが勝手に告白してきてだな」


ジャン「あぁん?ミカサがお前なんかを好きになるわけないだろ!頭に虫湧いているんじゃねえか!?」


クリスタ「二人ともストップストーップ!!」


アルミン「教官に言いつけるよー!」


ミーナ「ちょっとジャン?エレンの言葉をちゃんと聞いてるの?状況だけで判断するなんて最低よ?」


ジャン「でも、こいつがミカサをっ!」


ミーナ「その耳は他の音が聞こえないの?一旦、下がってくれないかな?」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:46:30 ID:4f7z.VLg

ーーー
ーー




エレン「ミーナ・・・・」


ミーナ「いいよいいよ。・・・私と班長の仲じゃない」


エレン「ありが」

ミーナ「お礼はアルミンのほっぺにちゅーで十分だよ♪」


エレン「え?今なんて・・・」


アルミン「んん??」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:47:08 ID:4f7z.VLg


ジャン「あっ!・・・えと・・・・・お前らそういう関係だったのか」


アルミン「違う違う違う違う違う違う!!」


ジャン「エ、エレン!悪かったな・・・ほんとに俺の勘違いだったらしいなっ!」アセアセ


エレン「待て待て待て待て待て待て!!」


ジャン「俺には絶対に矛先向けるなよ!じゃあなっ!」スタコラ


アルミン・エレン「待って!誤解だぁぁあああ!!」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 07:47:49 ID:4f7z.VLg



ミーナ「よしっ!あの人があちこちで言いふらしてくれたら、二人は104期生公認カップルになれる日も近いね♪」


アルミン「・・・・」


ミーナ「あっ!二人とも、お礼なんていらないよ~♪じゃっ、私は一足先に食堂で噂を広げてくるね」スタコラ


エレン「・・・・俺、いつの間にか罰当たりなことしちゃったのかな・・・」


おわり

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 10:58:39 ID:rlYcec9.
乙!面白かったよ

ミーナうぜぇw

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 13:12:06 ID:PPlytd.U

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/29(火) 15:48:35 ID:7zOfQFcs