スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398438292/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:04:52 ID:A/VPcMX6
インデックス「ッ!?」

上条「今こそお前の魔術知識が必要なんだ!!」

インデックス「と、とうまが何を言ってるか分からないんだよ……」

上条「だから『せいまじゅつ』だよ!!」

上条「どういう字で書くんだ……『聖魔術』?いや『制魔術』か?」

インデックス(どう考えても『性魔術』のことなんだよ……)





2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:07:40 ID:A/VPcMX6
上条「今回は上手く相手の使用する魔術の情報を先に仕入れることができた」

上条「これから相手の思考を逆算して目標を絞り込めば被害を抑えられるハズなんだ!」

上条「頼むインデックス……ッ!!」

上条「本当はお前のことを巻き込みたくない……でも!!」

インデックス「あわわ!!」

インデックス「わかったからとうま、落ち着くんだよ!」

上条「お願いだ、俺にお前の『せいまじゅつ』の知識を貸してくれッ!!」

インデックス「し、仕方がないんだよ……///」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:10:48 ID:A/VPcMX6
インデックス「こ、言葉で説明するのは難しいから実演で教えるんだよ」

上条「実演って……インデックス、たしかお前には魔力が」

インデックス「大丈夫なんだよとうま、私の魔力は関係ないんだよ」

インデックス「ほら、はやく脱いで!」

上条「脱ぐ……俺がか?」

インデックス「とうま以外に誰がぬぐんだよ?」

上条「仕方ないな」ヌギヌギ

インデックス「し、下も全部……なんだよ///」

上条「え?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:14:02 ID:A/VPcMX6
インデックス「とうまには全裸になって貰わないと困るんだよ……///」

上条「そうなのか」

上条「わかったよインデックス、俺はお前に頼み込んでる立場なんだし」ヌギヌギ

インデックス「……///」

上条「ん、どうしたインデックス?」

インデックス「ちょっと待っててとうま」

インデックス「いますぐ私も脱ぐんだよ……///」

上条「なんでだ?」

インデックス「『性魔術』にはそれが必要なんだよ」

上条「そうか、すまないな」

インデックス「相手がとうまだからいいんだよ……///」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:16:03 ID:A/VPcMX6
インデックス「とうま……」ギュッ

上条「ど、どこ握ってるんですインデックスさん!?」

インデックス「『性魔術』を教えるためには必要なことなんだよ!」

インデックス「とうまも嫌かも知れないけど、がまんしてほしいんだよ?」

上条「ご、ごめん……」

上条「そうだよな、インデックスは俺のために必死に『せいまじゅつ』を……」

インデックス「これが……とうまの……///」モミモミ

上条「んっ……あっ……」ビンビン

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:18:04 ID:A/VPcMX6
上条「す、すまねえインデックス……どうしても体が勝手に反応しちまって」

インデックス「いいんだよとうま、これで正解なんだよ」シコシコ

上条「うううっ……インデックスゥ……」

インデックス「私に任せればいいんだよとうま、気持ちいい?」クチュクチュ

上条「ああ、こんなことは初めてで……ひあっ!」

インデックス「かわいい声をだすんだね、とうま」ヌチョヌチョ

インデックス「すごいんだよとうま、もうこんなにぐちょぐちょになってる……///」ヌチョヌチョ

上条「ダメだインデックス、それ以上は……」

上条「で、出るっ……!!」ビクンッ

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:20:13 ID:A/VPcMX6
だが上条当麻の射精は叶わなかった。

射精する直前に、インデックスが紐できつくペニスの根元を縛ったからだ。

精液を堰き止められ、限界まで怒張した赤黒い亀頭が脈動を続ける。

上条当麻は動けない、理性が現状に全く追いついていない。

機能停止した脳に映し出される次の映像は、インデックスが白刃を取り出す場面だった。

純銀の刃が、インデックスの暗く澱んだ翡翠の眼光を反射する。

どんな言葉を紡ぎだすべきか考える間もなく、その刃は一閃された。

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:21:08 ID:A/VPcMX6
上条「ひぎゃあああああああああああっ!!!」ブシャアアアアアアアア

インデックス「あははははははははははははっ!!」

インデックス「できたよ、できた!!」

インデックス「陽根のタリスマン、愛する人間のモノを使った最高級のができたんだよ!!」

インデックス「これを使えば『性魔術』使いの魔力を指向性を以ってゆがめることができる!!」

インデックス「相手の魔力を利用したカウンターだって思いのままなんだよ!!」

インデックス「今度こそ一緒に戦えるんだよとうま、もう私はお荷物なんかじゃないんだよ……?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:22:06 ID:A/VPcMX6
上条当麻は股間の断面から血と精液を吹き出しながら転げまわる。

返り血を浴びたインデックスは、恍惚の表情で切り取った陰茎に口づける。

根元を紐で括られたままのペニスは切断されてなお勃起を続け、赤黒い亀頭が鈍い光を反射する。

痛みと喪失感、そしてそれを与えたのが信頼すべき同居人であるインデックスであるという事実。

混乱の極致に達したまま、半ば無意識に上条当麻はその右手を伸ばし……

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:22:54 ID:A/VPcMX6
―――触れた瞬間、ペニスが弾け飛んだ。

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:24:03 ID:A/VPcMX6
インデックス「……え?」

インデックス「そんな、タリスマンが……大切なとうまのがっ!!」

インデックス「既に魔術具として完成していたから『幻想殺し』の特性で破壊された……?」

インデックス「そんな、そんなのってあんまりなんだよ!!」

インデックス「やっととうまと一緒に戦えるのに!!」

インデックス「とうまが私の前からいなくなることも、もうなくなるのに!!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:26:03 ID:A/VPcMX6
インデックスが双眸に涙を湛えながら、四散した肉片を掻き集める。

あまりにも現実味の伴わない風景に、上条当麻は痛みすら忘れて呆然としていた。

インデックスの目の前に血溜まりと肉片の山が出来上がる。

彼女は澱んだままの瞳で『それ』をしばし眺め、

そして思い立ったかのように『それ』に喰らいついた。

床の上の人肉の破片を貪り、咀嚼する。

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:27:28 ID:A/VPcMX6
インデックス「えへへ、とうまの味がするよ……」グチャッグチャッ

インデックス「これでずっと一緒だよとうま、とうまと私はひとつになるんだよ」

インデックス「うぐっ……ひっぐっ……」グチャッグチャッ

上条「インデックス……」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:29:28 ID:A/VPcMX6
嗚咽を漏らしながら、肉片の咀嚼を続けるインデックス。

その姿を見続けるうちに、上条当麻の中に湧き上がるモノがあった。

それは失ったハズのペニスの疼き。

自らの性器を咀嚼するインデックスの姿に、彼は確かに昂っていた。

それに気づいたとき、次に彼が口にする言葉は自ずと決まっていた。

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:30:45 ID:A/VPcMX6
上条「インデックス……こっちも食べないか?」

インデックス「とうま……?」

上条「切り取られたのは竿だけだ……まだ玉が残ってる」

インデックス「とうま……とうまぁ……」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:32:16 ID:A/VPcMX6
泣き腫らした顔を歪に破顔させて、澱んだままの瞳でインデックスは当麻の股間に顔を寄せる。

まるで赤子が乳房を求めるかのように陰嚢を唇と舌先で探り、そして口に含んだ。

止血もままならないペニスの断面が、再び興奮を得て大量の鮮血を吐き出すが、

インデックスも当麻もそんなものはもう気にしていない。

飴でも舐めるように舌先で睾丸を転がし、その感触を十分に楽しんだ後、

インデックスの犬歯が、容赦なくその一つを噛み貫いた。

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:34:01 ID:A/VPcMX6
その瞬間当麻は悲鳴と嬌声を混ぜ合わせた、何とも表現し難い声を上げる。

その声を無視して、あるいはその声に含まれた期待に応えるように、

インデックスは無慈悲に睾丸を咀嚼し続ける。

犬歯が穿ち、門歯が断ち、臼歯が潰し、最初は楕円球だった臓器が見るも無残に変わり果ててゆく。

当麻の尿道の断面から桃色の体液が漏れた、血と精液が混合された最後の射精だった。

それを受けて全てを理解したように、インデックスが一層強く顎に力を込める。

原型を留めぬまで破壊された睾丸ごと、陰嚢全体を噛み千切った。

噛み切った血管が一層紅くインデックスを濡らし、噛み切り損ねた輸精管がうどんのように伸びる。

その輸精管も引き千切る様に切断され、上条当麻の生殖器は全てインデックスの腹に収まった。

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:35:10 ID:A/VPcMX6
上条「美味かったか、インデックス?」

インデックス「うん、今まで食べた中で最高だったんだよ、とうま」

上条「これからもずっと一緒だ、インデックス」

インデックス「うん、ずっと一緒なんだよ……当麻」

上条「イン……デックス……」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:36:19 ID:A/VPcMX6
甘いささやきを交わす途中、引き返せない微睡に当麻の瞼がゆっくりと落ちる。

股間からの大量出血で冷えてゆく当麻の体を、

インデックスはまるで聖母のように、いつまでも愛しんでいた。


(完)

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:37:47 ID:A/VPcMX6
これにて投下終了です。
禁書のSSとしては初めてになります。
今まで版権モノのSSはコナンぐらいしか書いたことがなかったので、
おかしい点などをご指摘いただけると助かります。

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 00:41:57 ID:e.e9oEG6
最初の目的は何処にいった?