スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390290093/

1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 16:41:33.60 ID:h9iRmDLB0
ルミン「アルミン・アルレ…」

マツコ「好き」

アルミン「ルト…」

マツコ「好き」

アルミン「…」ゾクッ

マツコ「あとで教官室に来て」ボソッ

アルミン「グゥッ…」ガクッ

アルミン「胃が…」ガクガク…

エレン(アルミン…教官に目ぇつけられたか…)






ツカツカ…

ピタッ

マツコ「…ふぅん」

マツコ「あんたは?」

ライナー「ハッ!」

ライナー「ライナー・ブ…」

マツコ「…」さわっ

ライナー「ラウン…」

マツコ「いいからだ…」さわさわ…

ライナー「ぐぅっ…」ゾクッ

マツコ「あとで教官室に来て」ボソッ

ライナー「」白目

ベルトルト(ライナー、故郷へはアニだけでも連れて帰るよ)









2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 16:51:03.53 ID:h9iRmDLB0




ライナー「なぁ、アルミン。俺達どうなるんだろうな…」

アルミン「たぶん…巨人に恐怖しない精神力を持てるんじゃないかな」

ライナー「だといいな…ははっ…」

アルミン「はは…」

ライナー・アルミン「「はぁ…」」

アルミン「そうだ!」

ライナー「どうした?悟ったか?」

アルミン「顔見せだけして宿舎にもどろう。教官室に行くだけだからさ」

ライナー「そ、そうだよな!」






教官室

コンコン!

<訓練兵!アルミン・アルレルトです!
<おなじく!ライナー・ブラウンです!

マツコ「どうぞー」

ガチャ

マツコ「いらっしゃい」

アルミン「失礼しました!」ダッ!

ライナー「失礼しました!」ダッ!

マツコ「コラ―ッ!逃げんな!」ダダッ!

ドドドドドド…



3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 16:52:46.23 ID:HbKgYHS6o
脳内再生余裕です^^



4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:01:29.01 ID:h9iRmDLB0
バキィバキィッ!!

マツコ「まちなさーーい!!」ドドドドド…

アルミン「な、なんて破壊力だ!」ダダッ

ライナー「床が抜けてく…」ダダッ


ジャン「おーおまえら何してんだ」

アルミン「ジャン!逃げるんだ!」

ライナー「食われるぞ!」

ジャン「んだよ巨人に食われそうな顔しちまってよ」チラッ


マツコ「ゴアアアアアア!!!」バキバキッ!

ジャン「きょう…かん…」ガクッ

ライナー「お、おい!」

ジャン「はは…腰が抜けちまった…」

アルミン「ライナー、早くしないと!」

ライナー「くそぉおおおおおお!!」ガッ

ジャン「お、おい」おんぶ


ライナー「仲間を置いていけるか!」

ジャン「すまねぇ…」

アルミン「とにかくにげよう!」






マツコ「あ、アルレルト」

アルレルト「え」



5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:07:55.28 ID:h9iRmDLB0
アルレルト「きょ、教官!」ガクガク

マツコ「なぁに?」ゴゴゴ…

アルレルト「ひ」

マツコ「ひ?」

アルレルト「一思いに殺してください!」

マツコ「だーめ」

ブチュウウウウウウウ!!


ベルトルト「~~~~!!!!」ジタバタ!!

マツコ「ん~」


ライナー「ベルトルトが浮いてるぞおい…」

アルミン「あ…あんなことを…」ガクガク…

ジャン「俺はこんなことの為に訓練兵になったんじゃねぇ…憲兵団に入って…」ブツブツ…

アルミン・ライナー「「ジャン!」」



6:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:08:25.58 ID:h9iRmDLB0
今おもった。ベルトルトやった



7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:17:12.26 ID:780iudwE0
アルレルトワロタ



8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:18:58.17 ID:h9iRmDLB0
マツコ「ごちそうさま」

ベルトルト「」

マツコ「あら?」キョロキョロ

マツコ「アルミンとライナーどこ行ったのかしら」どすどす…


物陰

ジャン「…」ガクガク…

ライナー「行ったぞ」こそっ

アルミン「ベルトルト…訓練来れるかな…」こそっ

アルミン「とりあえず明日の座学まで逃げ切るしかない…」

ライナー「ああ。その前に」

ジャン「ミカサァ…ミカサァ…」

アルミン「ジャンをどうにかしないと」

ライナー「…マルコに来てもらおう」

アルミン「最善の選択だね」







10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:36:48.97 ID:h9iRmDLB0
マツコ「ここかしら」

ガラッ!

図書

エレン「ハッ!」ババッ
ミカサ「…」バッ

マツコ(ミカサアッカーマン。いつもエレンに付きっきりでエレンへのイタズラを防ぐ子)

マツコ「あらーお邪魔しました~」ペコォ―

エレン「きょ、教官!」

ミカサ「…」

マツコ「若いお二人にお任せしますぅー」

ガラッ

エレン「そんなんじゃありません!」

ミカサ「違ったの?エレン」

エレン「何言ってんだおまえ」

ピシャッ


トイレ

マツコ「トイレかしら…」

コンコンッ

コニー「なんだー?」

マツコ「違う…」


食料庫

マツコ「食料庫」

ガラッ!

サシャ「え!」

マツコ「あんた…」

サシャ「は…ハッ!見張りの番をしておりま…」

マツコ「死ぬまで走ってきなさい」

サシャ「ああ~…」



11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:47:54.01 ID:h9iRmDLB0
アルミン「マルコ、ジャンをたのんだよ。僕らと行動してたら教官に食われかねないからね…」

マルコ「わかった。いくよジャン」

ジャン「あ…ああ」

マルコ「それじゃあ、頑張ってね…ほんとに…」

ジャン「じゃあな。今度なんか奢るからよ…」ノシ


ライナー「しかし災難だったな。ジャンは教官からの挨拶(腹パン)がトラウマになってるなありゃあ」ノシ

アルミン「ライナー、とにかく教官の見つからないところへにげよう」ノシ

ライナー「ああ、行くか。つってもどこに行くんだ」

アルミン「うーん」ポクポクポク…

アルミン「あ!」チーン!

アルミン「調査兵団宿舎だよ!」

ライナー「確かに…あの実力者達に助けを求めたら…生き残れるかもしれん」



12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:50:58.64 ID:Yz/8yK7Q0
ホモミンホラレルトとゲイナーブラウンはホラレルべきや



13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:05:09.77 ID:h9iRmDLB0




調査兵団宿舎


グンタ「帰ってくれないか」

アルミン「そんな!」

グンタ「俺達も助けたいという感情はある…だがな」

ライナー「だが?」

グンタ「ここにいるリヴァイ班は皆…」

リヴァイ「グンタ」

グンタ「…っ!これ以上は言えん。とにかく協力はできない。わかってくれ」


ライナー「もしかして…あの怪物に?」

リヴァイ「チッ…」

エルド「…」

オルオ「俺はなにもなかったぞ?」

ぺトラ「私とあんたはね」

アルミン「…」

アルミン「失礼します」

ライナー「し、失礼します」

ガラッ

リヴァイ「待て」

オルオ「兵長!?」

アルミン「…」ピタッ

ライナー「…」ピタッ

リヴァイ「お前らが勝手に侵入したとなれば話は別だ」

エルド「もしや兵長…」


調査兵団宿舎前

マツコ「あとはここくらいかしら」



14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:25:26.60 ID:h9iRmDLB0
ガラッ

マツコ「お邪魔し…」

リヴァイ「動くな」チャキ…
エルド「…」
グンタ「…」
オルオ「…」
ぺトラ「…」

マツコ「あら有吉さ…じゃなかった。兵長どうしちゃったのあんた?」

マツコ「室内でブレードはご法度よ!?」

ゴゴゴゴゴ…

ぺトラ「なんて気迫っ!」

オルオ「うう…」

リヴァイ「なんの用だ」

マツコ「あー怖い!私は探し物してるだけなんですー」ぷんぷん

リヴァイ「だから何なんだと聞いている」

マツコ「ふふ…こんなに密着するなんて久しぶりね」

エルド「グッ…!」
グンタ「ううっ…!」

リヴァイ「…」チキキ…

マツコ「はーいはい。わかりました!」

マツコ「私はアルミン・アルレルト君とライナー・ブラウン君をさがしてますー」

リヴァイ「そんな奴らはしらねぇ、帰れ」

マツコ「本当?」

リヴァイ「ああ」


物陰

アルミン(がんばれ兵長!)
ライナー(俺は故郷に帰るんだ!こんなところで死ねねえ!)



18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:54:44.44 ID:h9iRmDLB0
マツコ「ふーーーーーーーーーーん」ジロジロ

食器棚





マツコ「天井裏…見ていい?」

リヴァイ「勝手にしろ」スッ…


物陰もとい天井裏

ライナー「くるぞ!」ひそひそ…

アルミン「うん…」ひそひそ…


マツコ「それじゃ…ほっ!」ジャンプッ

ズガーン!!

天井に突き刺さるマツコ



アルミン「そんな…見つかった!?」ガクガク…

ライナー「うああああああああ!!!くるなあああ!!!」ガクガク…

マツコ「あらー!兵長!ここにいたわよ!」ちょいちょい


リヴァイ「いつの間にいやがったネズミども」

オルオ「うわーいつのまにー(棒)」

エルド「なんだと」

ぺトラ「あんたたちいつから!?」

グンタ「な、なんだってー」


マツコ「あら、グルと思ったんだけど…見当違いね」

マツコ「さ、でてきなさい。痛くしないから」ペロォォォ…

ライナー「じゃあなんで舌なめずりしてんだ!」

アルミン「た、たすけてー!」


リヴァイ「…今だ」

ドシュウウウ!!

リヴァイ「…」
エルド「おおおおおおおおおおお!!!!」
オルオ「うらあああああああ!!!」
グンタ「死ねえええ!!!」
ぺトラ「ふんっ!!」


シュッ!!

マツコ「いてっ」足キンキンキンキンッ!!!

リヴァイ班「な!?」

エルド「刃が…効かない」

オルオ「そんなことより足が硬質化って…」

マツコ「あんたたちなにしてんのよっ!痛いじゃない!!立体起動まで使っちゃって!!」



21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 13:52:09.77 ID:eE1fx/R20
リヴァイ「一旦下がれ」つシイタケ

ぺトラ「兵長それは!?」

リヴァイ「奴の大っ嫌いなシイタケだ」


※マツコは死ぬほどシイタケが嫌いなそうです


マツコ「リヴァイ班覚えてなさいよ。でも今は!」ガシッ!

マツコ「はい。ライナー捕まえた」つライナー足

ライナー「なんて力だ…」ズルズル…

ライナー(巨人化しても…まず勝てない…か)ズルズル…

アルミン「ライナー…ごめんね…これ以上の策はもう…」ポロポロ…

ライナー「泣くなアルミン。死ぬわけじゃねえ、ちょっとトラウマができるぐらいだ」ニカッ

アルミン「ライナー…」ポロポロ…


ライナーは天井裏から引きずられながらも兄貴らしさを忘れなかった

マツコ「ほっ」ライナー担ぎ

ライナー「…」

ドスンッ

リヴァイ「おい…」つシイタケ

マツコ「どきなさい。あの頃みたいになりたくないなら…」くるっ

マツコ「それはっ!」

リヴァイ「っ!」シュッ!

マツコ「ほがああぁぁ…」シイタケIN!

マツコ「ひはららひへるぅぅ…」(力が抜けるぅぅ…)しおしお…



22:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 14:02:04.70 ID:eE1fx/R20
リヴァイ「終わりだ」シュッ

サクッ!

マツコのうなじを削いだ!

マツコ「覚えてなさい…また来年くるわ…それまで…」ジュワッ…

シュウウウゥゥ…

マツコは消え去った


リヴァイ「アルレルト、でてこい」

アルミン「ハッ!」ひょいっ

アルミン「よっと…」スタッ

リヴァイ「よくやった」

アルミン「いえ、皆さんのおかげです」

ライナー「まさか本当に効くなんてな…シイタケ」ヘタッ…



24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 14:23:03.14 ID:eE1fx/R20
---------

------

----

--

少し前

調査兵団宿舎


リヴァイ「お前らが侵入していた…」

リヴァイ「となれば奴は油断するだろうが…そこからだ」

オルオ「…これまで果敢にも挑んできた兵士たちは皆、洗礼(ベルトルトを参照)を受けてきたらしい」

エルド「油断させたところで…倒せないんだ」

ライナー「くそっ!奴に弱点はねえのかよ…」

アルミン「弱点…となれば」

アルミン「うーん」ポクポクポク

アルミン「は!」チーン!

アルミン「ハンジ分隊長に聞いてみましょう」

リヴァイ「…確かに、奇行種には奇行種か」


<よんだ?

グンタ「うお!?」

グンタの後ろの壁が隠し扉に。


ハンジ「面白そうだね」

リヴァイ「いるなら最初からでてこいクソメガネ」

ハンジ「まぁまぁwwめんごめんごwww」

リヴァイ「…」イライラ

アルミン「そ、それよりも!分隊長!マツコの弱点を知ってますか!?」

ハンジ「ん?ジャバザハット?」

アルミン「マツコです!」

ハンジ「ああ~。マツコね。何年か前いつの間にか逃げ出しちゃったんだよね!」ふんぞり

リヴァイ「てめぇが原因か」チャキッ

ハンジ「ま、まぁまぁいいじゃん人を食べないんだし」

ライナー「俺は食われそうになりました。性的に」

ハンジ「え!?ちょっとkwsk!!」

リヴァイ「…さっさと弱点を教えろ」チキキ…

ハンジ「ひえ~wwちびっ子こわいよ~~ww」

リヴァイ「…」イライラ



28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 22:35:05.02 ID:eE1fx/R20
ハンジ「わーかったよ」ゴソゴソ…

ぺトラ「分隊長なんてとこから///」ぷいっ

オルオ「え?ち○こ?」

エルド「きのこだな」

グンタ「ああ、きのこだ」

リヴァイ「…」

アルミン「いまさらだけど…男女どっちなんだろう」

ライナー「わからん…」

ハンジ「ほい。リヴァイ」つシイタケ

リヴァイ「なぜこれなんだ」

ハンジ「あのね。マツコは基本的に炭水化物(蒸かした芋)が好きなんだけど、一緒に出された野菜類、主にシイタケに限ってはいつも残してたんだ」



マツコ『なんかもう…すべてがいや!この…いや!』つシイタケポイッ



リヴァイ「…食わせばいいのか」

ハンジ「そういうこと」


ぺトラ「もう目開けていいですか?」

グンタ「本当になんでもないから開けてろ」



29:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 22:54:01.73 ID:eE1fx/R20
ドスドスドス…


ハンジ「あ。そろそろ隠れとこ」キィ…

隠し扉 パタンッ

ライナー「ちょ!俺達も!」ガンガン!!

アルミン「閉まっちゃったね」

リヴァイ「とりあえず天井裏にでもいろ、色々やりやすい」

エルド「あとはまかせておけ」

アルミン・ライナー「「ハッ!」」


--------

------

-----

---

ライナー「いやー。とりあえずは安心です。ありがとうございました」ペコォ~

アルミン「お手数おかけました」ペコォ~

リヴァイ「…ああ」

ガチャッ

パタン


<内心めっちゃホッとしてんぜwww

リヴァイ「チッ…」壁ガンッ




ライナー「なぁアルミン」

アルミン「どうしたのライナー」

ライナー「調査兵団ってあんなかっけぇんだな」

アルミン「ふふっ…そうだね」


こうしてマツコの危機は去った














翌年

マツコ「あんたは?」

新人訓練兵「ハッ!自分は…」

マツコ「可愛い」

新人訓練兵「え」


おわり