スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1387611669/

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 16:41:09 ID:3Uijbx96
リヴァイ「討伐数0アシスト0」

リヴァイ「俺のミスで死んだ兵士50人」

リヴァイ「こんな男だが一応は兵士長だ、よろしくな」

エレン「......なんでクビにならないんですか?」







2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 16:47:18 ID:2.NHzlWA
リヴァイ「団長から直接のオファーで入団したからな、今更クビにはできねぇみたいだ」

リヴァイ「まぁ最近は壁外調査には行ってない、足を引っ張るだけだらな」

リヴァイ「だからお前は心配せず壁外調査に言ってくれ」

エレン「.....」



3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 16:51:31 ID:2.NHzlWA
エレン「兵長はいつも何してるんですか?」

リヴァイ「お掃除だ、それだけで金が貰える、税金万歳」

ガチャ

エルヴィン「リヴァイ、調査兵団の人員不足によりお前にも壁外調査に出てもらう」

リヴァイ「」



4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 16:57:48 ID:PoYRcKsc
ただの掃除のおっさんやんけ



5:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:00:40 ID:adbL6PEU
壁外調査当日 門前

リヴァイ「壁の外に出るのは久しぶりだ....」

エレン「トロスト区襲撃の日はいたじゃないですか」

リヴァイ「いつもは門直前まで行ってこっそり帰ってた....」

わーすげー! 人類最強のリヴァイ兵長だー!

リヴァイ「....こうやってガキ共に夢を与えてんだ」

エレン「....俺も入団前は人類最強の兵長に憧れてました」

リヴァイ「そんなヒーローは存在しないがな...」



7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:11:32 ID:07pbyw/Q
壁外

エルヴィン「長距離索敵陣形!展開!!」

ドドドドドドッ!

エレン「俺は中央後方か....リヴァイ班と同じ....あれ!?兵長?」

リヴァイ「ちょ....馬曲がらん馬曲がらん....曲がれっ....ちょっ」ドドド

エレン「エルドさん!兵長だけ隊列から外れていきます!!」

エルド「あのパートのオジサンに構うな!進めぇ!」



8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:19:24 ID:ZpDVemzE
巨大樹の森
エルヴィン団長の策略により雌型の巨人は捕獲された....しかし.....

リヴァイ「やっと見つけた、皆ここにいたのか」テクテク

エルヴィン「生きてたのかリヴァイ....」

リヴァイ「あぁ、巨人を捕獲したんだな」

エルヴィン「そうだ、人類は勝ったのだ」



9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:23:55 ID:YrwPga9w
雌型「」ギシ...ギシ....

リヴァイ「おい巨人!よくも俺達の仲間を食い殺してくれたな!」

エルヴィン「あまり煽るなリヴァイ...」

リヴァイ「殺すのは楽しいのか?俺は楽しいぞ」

エルヴィン「だから煽るなリヴァイ!お前は役に立ってないだろ!」

リヴァイ「俺が何故楽しいのかわかるよな?」

キャアアアアアアア!!

リヴァイ「!!」



10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:35:30 ID:gzm73qi2
雌型巨人の叫びで全方位から巨人多数出現、調査兵団は雌型を逃しエレンは連れさらた

リヴァイの煽りがなかったら叫ばなかったと後にアニは話す

調査兵団は大きな被害を出したが収穫はなかった



11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:41:45 ID:amq7lAPo
調査兵団撤退後 巨大樹の森

アニ「アンタは私と故郷に来てもらうよ」

エレン「誰が行くか!この殺人鬼がっ!」

アニ「......アンタの都合なんてどうでも良いよ」

リヴァイ「そうだ故郷に帰れんだぞ!」

アニ「アンタ誰?」



12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 17:47:16 ID:YrwPga9w
リヴァイ「あ?リヴァイだ」

アニ「いや、知らないよ....アンタはどっちの味方なの?」

リヴァイ「お前の味方だ、俺は後悔しないように強い方につく」

アニ「....じゃあ生かしといてやるよ」

エレン(兵長もいつか駆逐しねーとな)



13:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/21(土) 18:11:24 ID:/GKdrBJA
肉体も弱く心も弱いのか



18:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:18:10 ID:jIvX5kVE
ぱしゅううう!

アニ「調査兵団の煙弾か....エレン、逃げるよ」

エレン「はぁ?お前に従う筋合いなんかねーよ!」

アニ「大人しくしないとライナーとベルトルトがアンタの仲間を殺すかもね」

エレン「あいつ等も敵だったのか!クソッ!」

リヴァイ「俺の立体機動壊れちゃった」



19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:35:30 ID:7UgcqmFE
アニ「ちゃんとメンテナンスしてんの?」

リヴァイ「してねーな、めんどくせぇ」

アニ「ちょっと貸して!私が直すから!」バッ

ドドドドドド!

アニ「もー!どれだけ放置してたのさ!?」ガチャガチャ

リヴァイ「数年」

エレン(調査兵団来ちまうぞ....?)



20:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:39:04 ID:CRTbeChc
面倒見がいいアニ



21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:45:42 ID:HRubGeFM
エルヴィン「エレンはこの森にまだいる筈だ!捜索せよ!」


リヴァイ「来ちまったぞ、早く直せガキ」仁王立ち

アニ「誰のせいか言ってみなよもう!」ガチャガチャ

リヴァイ「しょうがねーな、俺が足止めしてやる」シュタッ!

ドン!

痛てぇ....足折れた.....クソ...痛ぇ...

アニ「もうやだよあのオッサン」



22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:50:32 ID:BTu/8CKQ
もうこのおっさん置いてけよ



23:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 15:51:55 ID:7UgcqmFE
エルヴィン「リヴァイ、まだ生きてたのか?」

リヴァイ「残念だがここにエレンはいねぇぞ....それより足を治療しろ」

エルヴィン「ここにいないのか!?」

リヴァイ「あぁ、この森にはいねぇ....そーだよなぁ!アニッ!」

バカ!話しかけるんじゃないよ!!

エルヴィン「あの木の上だ!!総員突撃!!」



25:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 16:02:01 ID:UDwuEiMM
リヴァイの失策でエレン奪還作戦は成功した

トロスト区

エレン「リヴァイさん、あの時わざと味方になったフリをしたんですよね?」

リヴァイ「あぁ、敵を騙す時はまず味方を騙すことだ、覚えとけ」

エレン「はいっ!」



26:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 16:09:39 ID:tz0N2HgA
リヴァイ「もうこんな時間か....俺は用事があるから帰るぞ」ガタ

エレン(リヴァイさん格好良いな!!)

しかし....

ライナー「5分遅刻だぜオッサン」

ベルトルト「いつになたら時間を守るんだよ!」

リヴァイ「悪いな」



27:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 16:21:03 ID:Z4v4QeWs
ライナー「で?調査兵団は今どこまで情報を把握してんだ?」

リヴァイ「とりあえずハンジがお前等の正体を疑い始めてるな」

ベルトルト「そうか....もうそこまで気付かれてたか」

ライナー「早い段階でわかって良かったな」

リヴァイ「俺のおかげだ」

ライナー「お前にはアニの責任がある、まだまだ情報を喋ってもらうぞ」

リヴァイ「心配ねぇ、俺は元々よく喋る」

臨機応変に裏切るリヴァイ兵長
彼の戦いはこれからも続く!





28:以下、名無しが深夜にお送りします:<2013/12/23(月) 16:25:11 ID:TLq5iLG2
酷いのになんか憎めないww



29:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 18:52:20 ID:NaSlxMGQ
本当の敵は外にいるのではなくバカな味方にあり
とは言うが、味方にしても敵にしても使えない程のバカwww
乙でした!



30:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/23(月) 20:47:32 ID:czfI/Lrg
まさかのラストだった



31:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/12/30(月) 06:59:01 ID:d6wpWe0k
なんだこれwwwww



33:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 02:06:47 ID:2KWVJ0bw
面白かった!