スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1389481813/

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:10:13 ID:fNoZQ/MY
アルミン「ソースは!?」

アニ「…キース教官」

クリスタ「教官!?」

アニ「ああ、あと少し背を伸ばしたほうが立体機動の前のめりの癖を直しやすいとやらでね。この方法をアドバイスされた」

クリスタ「それは信憑性が高そう!」

アルミン「アニは試した?」

アニ「…私は興味ないけどあんたらは気にしてそうだったから」

クリスタ「そうなんだ!わざわざ教えてくれてありがとう!」

アルミン「有益な情報だよ!ありがとう!」






3:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:12:31 ID:fNoZQ/MY
アルミン「早速、今日から試そう」

クリスタ「…待って」

アルミン「どうしたの?」

クリスタ「ユミルは背が高いよね?」

アルミン「うん」

アニ「ジャンとだいたい同じだね」

クリスタ「なのに小さく丸まって寝てるよ?」

アルミン「!」

アニ「……でかいから丸まらないと足がはみ出るんだろ」

クリスタ「ううん。前に何で丸まるか聞いたことあるの」



4:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:13:14 ID:fNoZQ/MY
クリスタ「昔からの癖だって言ってた」

「………」

アニ「はっ嘘か…あの教官はなに考えてるんだか」

アルミン「…待って!」

クリスタ「何?」

アルミン「ベルトルトはかなり大きいよね?」

クリスタ「うん」

アニ「…腹が立つくらいね」

アルミン「たまに逆立ちみたいなポーズの寝相をしてるんだ」



5:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:14:25 ID:fNoZQ/MY
クリスタ「!」

アニ「…へえ」

アルミン「関係あるのかな」

アニ「さあね」

クリスタ「ベルトルトにいつからその寝相をしてるか聞いてみたらどう?」

アルミン「ユミルにも聞いてみようか。期間が長いほうが実績があるってことだから」

アニ「私も付き合うよ。下らない話を持ってきた責任があるからね」

クリスタ「二人で平気だよ?」

アニ「いや、付き合う」

アルミン「そう?じゃ、行こうか」



6:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:15:24 ID:fNoZQ/MY
ーーーーーー

エレン「珍しい面子で何してんだ」

クリスタ「ベルトルトとユミルを探してるの」

ミカサ「その二人ならライナーと中庭にいた」

アルミン「ふたり一緒だったの?」

エレン「一緒にいたぞ」

アニ「探し回る手間が省けたね」

アルミン「うん。いなくなる前に中庭に急ごう!」タタタ…

エレン「…なあ、」

ミカサ「言いたいことはわかる。あの三人はなんだか可愛らしい」ホンワカ

エレン「だよな?中庭の三人と対称的だよな」ホンワカ

ミカサ「混ざると違和感はないのに、グループになるとどちらも同年代に見えない」



7:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:16:23 ID:fNoZQ/MY
ーーーーーー

クリスタ「いた!」

アニ「…あいつら妙に目立ってるね」

クリスタ「本当だ」

アルミン「成績上位で背が高くてスタイルいいからね。周りの目をひいてるよ」

アニ「………なんか中庭に女ばかりいないかい?」

クリスタ「色シャツで統一感もあるし、ユミルがダレてるのもなんか格好いいな」

アニ「…あいつら何やってるんだろうね」



8:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:17:08 ID:fNoZQ/MY
アルミン「うーん?訓練にしちゃおかしいよね?」

クリスタ「ユミルがやる気なさそうなのはいつものことだけど、なんで二人は向き合ってスクワットしてるの?」

アニ「考えても無駄そうだね。ちゃっちゃと用事を済ませるよ」

アルミン「そうだね!おーい!!!ベルトルトー!」

クリスタ「ユミルー!」



9:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:19:27 ID:fNoZQ/MY
ユミル「クリスタ!!!」

ベルトルト「どうしたの?」ハッハッ

ライナー「はは、また小さいやつらが集まったもんだな」ハッハッ

アニ「………ふっ!」ガッゲシッ

ライナー「うおっ!」ドシン

ライナー「」

クリスタ「ライナー大丈夫!?」

ユミル「そんなやつほっとけよ」

ベルトルト「今のはライナーが悪いよ。受け身もとれてないし」

ユミル「お前にそれを言う権利はないけどな」

ベルトルト「だから悪かったよ…」

アルミン「ベルトルトなんかしたの?」



10:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:20:14 ID:fNoZQ/MY
ユミル「そこの木陰で昼寝してたらベルトルさんに寝込みを襲われた」

クリスタ「ベルトルト最低…」

アルミン「ちょっとそれは…」

アニ「………」

ベルトルト「違うっ誤解だってば!ユミル!ちゃんと最後まで言ってよ!」

ユミル「なんだよ?必死だな?クリスタにそんなに誤解されたくないのか?」

クリスタ「え?私?」

ベルトルト「それも違うよ!クリスタは関係ない!」

ユミル「はーん?ならアニか」

ベルトルト「ちっ違う!アニとは喋ることすら少ないし…っ」

アルミン「なら僕?悪いけど僕には心に決めたひとがいるから…ごめんね」



11:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:21:33 ID:fNoZQ/MY
ベルトルト「えっ」

ユミル「そりゃ初耳だ」

アニ「…知らなかったね」

クリスタ「誰だれ!?」

アルミン「エレン」

「!!」

ライナー「エレン!?本当か!?」ガバッ

アルミン「嘘だよー」

ベルトルト「嘘なの!?」

アルミン「うん」

クリスタ「どこから?」

アルミン「全部」



12:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:22:42 ID:fNoZQ/MY
ユミル「なんだよ」

アニ「あんたも大概だね…」

アルミン「僕、嘘つきなんだよ?知らなかった?」アハハ

ライナー「………」←巨人

ベルトルト「………」←巨人

アニ「………」←巨人

ユミル「………」←巨人

クリスタ「………」←名前すら嘘

アルミン「…どうしたの?みんな」

ユミル「いや」



13:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:23:59 ID:fNoZQ/MY
アニ「…べつに」

ライナー「なんでも…」

ベルトルト「………」アセベッチョリ

クリスタ「あはは…」

アルミン「?」

クリスタ「ベ、ベルトルトはなんでこんなにひとの多い場所でユミルを襲ったの?」

ベルトルト「だから誤解だよ!ライナーのジャケットが風でとんで拾おうとした僕がユミルの足につまづいたんだ」

ライナー「で、ユミルを巻き込んだとんでも体勢に」

クリスタ「ベタベタだね」

アルミン「今日日、そんなイベントはラブコメにすらないよ…」



14:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:30:34 ID:Es3/12WU
ユミル「暇潰しついでにライナーとベルトルトには、みつめ合ってスクワット100回の罰を与えてたとこだ」

クリスタ「なんでみつめ合って?」

ユミル「ベーコンレタス用サービスだ」ケケ

クリスタ「?」

ベルトルト「まあ…娯楽の対象だよ」ゲンナリ

ライナー「ああ…で、何のようだ?」ゲンナリ

アルミン「そうだった!ベルトルトの寝相はいつからあんな感じなの?」

ベルトルト「寝相?」

クリスタ「うん。ユミルはいつから丸まって寝てるの?」

ユミル「はあ?」



15:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:31:46 ID:Es3/12WU
ライナー「いったいなんの話なんだ?クリスタ」

ユミル「さりげにクリスタによるんじゃねえ」

クリスタ「ん…と、寝る体勢で背ののびかたが違うって話を聞いて本当かなって」

アルミン「ユミルとベルトルトは背が高いのに寝相が違うらしいから、期間が知りたいんだ」

ベルトルト「アニも知りたいの?」

アニ「私はただの付き添い」

ユミル「へーえ」

アニ「何?」

ユミル「別に」ニヤニヤ



16:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:32:35 ID:Es3/12WU
ベルトルト「僕は…いつからだろう?三歳くらいには朝起きたらブリッジの体勢だったりしたよ」

アルミン「ベルトルト凄いね!」

ユミル「私はろ…六歳くらいか?」

クリスタ「じゃあベルトルトのほうが長いのかな」

ライナー「そのようだな」

アニ「それならやってみる価値はあるんじゃないの」

ベルトルト「何を?」

アルミン「逆立ちで寝るんだ!」



17:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:34:23 ID:Es3/12WU
ユミル「ダハハハ!毎日か!?頑張れよ!」

ベルトルト「…アニもやるの?」

アニ「…やらないよ」

ライナー「寝違えるぞ」

アルミン「ライナー、寝違えは身体への負担が原因だからそれを解消すれば問題ないよ」

クリスタ「どうやったらいいかな?」

アルミン「これだよ!」ジャーン

クリスタ「これは?」

アルミン「こんなこともあろうかと僕の開発した逆立ち用寝違えしないマッシーンだ!」



18:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:35:17 ID:Es3/12WU
ユミル「どんなことだよ!」

ベルトルト「アルミンって頭いいのか悪いのかわからないよね…」ボソボソ

ライナー「いつ作ったんだろうな」ボソボソ

クリスタ「アルミン凄い!!!」キラキラ

アニ「あんたやるね。ちょっと見直したよ」

ライベルユミ「「「!!!???」」」

アルミン「ここに目覚まし時計も内蔵してるんだ!」

クリスタ「わあ便利!」

アルミン「たまにベルトルトでこっそり試してるから効果は間違いないよ!」



19:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:36:50 ID:Es3/12WU
ベルトルト「えっ妙に身体が楽な日があったけどそれのお陰だったの!?」

ライナー「ベルトルト…あんな機材つけられて気付かなかったのか?」

ユミル「なるほど、同期はバカばっかだ」

アルミン「これで僕もクリスタも背が伸びるぞ!」

クリスタ「やったね!」

アニ「…待ちな。そのマッシーン私にもくれないか?」

ベルトルト「アニ!?」

クリスタ「やっぱりアニも背を伸ばしたいの?」



20:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:37:58 ID:Es3/12WU
アニ「目覚まし機能が欲しいだけだよ」

ライナー「ああ、目覚ましは便利だしな」

アルミン「目覚まし単品でもあるよ?」

アニ「マッシーンのほうで」

アルミン「わかった!じゃああと2つ用意するね!」

クリスタ「マッシーンはどれくらいでできるの?」

アルミン「15分くらいかな」

ベルトルト「あんな込み入った機材を2つもそんな短時間で!?」

ライナー「やっぱり頭いいのか…?」

ユミル「いや、バカだろ」



21:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:38:59 ID:Es3/12WU
アルミン「じゃあ夕食後にマッシーンを渡すから食堂に残っててくれる?」

クリスタ「うん!ありがとう!」

アニ「悪いね」

ベルトルト「…アニもクリスタもあのままでいいんじゃないの?」ボソボソ

ユミル「だよな!?小さいのがかわいいんだろ」ボソボソ

ライナー「アルミンもあのままでいいだろう。あの三人がきてから愛くるしさゆえ周りのギャラリーが増えてるしな」ボソボソ

ユミル「けど嬉しそうな顔してるしな…止めるのは無理そうだ」ボソボソ



22:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:40:05 ID:Es3/12WU
クリスタ「どうしたの?」

ユミル「なんでもねえ。用がすんだなら行くぞ、クリスタ」

ライナー「スクワットはもういいのか?」

ユミル「好きにしろよ。じゃあな」

クリスタ「またあとでね、皆」

ライナー「ああ、またあとで…!」

ベルトルト「幸せ噛み締めた顔してるね」

アニ「私ももういくよ。またね」

ベルトルト「う、うん…!また…!」

アルミン「あとでねー!」



23:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:41:06 ID:Es3/12WU
ーーーーーーーー

リヴァイ「このふざけた機材はなんだ…?ゴミを持ち込むな…」

アルミン「お言葉ですが兵長!これはゴミではありません!」

リヴァイ「…用途次第じゃ持ち込みを認めてやる」

ヒストリア「これは逆立ち用寝違えしないマッシーンです!」

リヴァイ「……そうか、ゴミだな」

ヒストリア「違います!これをつけて寝ると背が伸びるんです!」

アルミン「しかも目覚まし機能が内蔵してあります!」



24:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:42:00 ID:Es3/12WU
リヴァイ「背が伸びる…?詳しく聞かせろ」

アルミン「はっ!逆立ちをして寝てる間に背が伸びるのをサポートするマッシーンなんです」

リヴァイ「効果はあったのか?」

クリスタ「一年使って1センチ伸びました!」

アルミン「僕は2センチです!」

リヴァイ「…それはまだ余ってるのか」

アルミン「いえ、ただ5分もあれば作れます」

リヴァイ「よこせ。金は払う」



25:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:43:07 ID:Es3/12WU
ヒストリア「兵長も背を…?」

リヴァイ「バカいえ、目覚ましが欲しいだけだ」

アルミン「わかりました!早急に製作します!お代は結構です!」

リヴァイ「いや、金はやるからこのことはお前たちふたりとも黙っておけ」

アルミン「はっ!」

ヒストリア「はっ!」



26:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:45:25 ID:Es3/12WU
…………


ハンジ「リヴァイ!!大変だ!!!ニックし」バターン

イァヴリ「zzz…」

ハンジ「…なんだこれ。新手の訓練?」

イァヴリ「…あと数センチ……」ムニャムニャ



27:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:46:05 ID:Es3/12WU
………


アニ(誰か結晶を逆さに立て掛けてくれないかな………)


おわり



30:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:52:05 ID:FC65Qa/Q

和んだ



31:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:56:34 ID:YmmDyb6Y
水晶に入ったままじゃ伸びないだろw
面白かった乙



32:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 08:59:31 ID:u92e3SDo
1年で1~2センチって効果あったんですかね……
おつ



33:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/12(日) 14:46:40 ID:YmmDyb6Y
>>32
それは言っちゃ…



37:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/13(月) 15:49:07 ID:MILBJLag
みんなかわいいなw
最後のイァヴリと結晶化しても身長を気にするアニに笑った
面白かったです!乙でした!