スレURL:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1389190779/

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:19:39 ID:S/rvynKo
エレン「ん?気にしないでいいぞ」


クリスタ「ふぇ・・・?」


エレン「おはよう」


クリスタ「うん・・・おはよう・・」


エレン「やっぱな、朝は挨拶から始まるよな」


クリスタ「そ、そうだね・・・」







2:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:21:16 ID:S/rvynKo
エレン「どうした?挙動不信に陥ってるぞ」


クリスタ「ちょっとだけ待っててね・・・」



~数秒後~



クリスタ「エレン!!」


エレン「ん?どうした」


クリスタ「どうしたもこうしたもないよ!」


エレン「こうしたなんて聞いてないけど」



4:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:22:04 ID:S/rvynKo
クリスタ「そんなことどうだっていい」


エレン「自分で言ったんじゃねえか」


クリスタ「はっぷしゅん!」


エレン「ほらほら、早く風呂に浸かれよ」


クリスタ「うん・・・あー・・さむさむ・・・」チャプン


エレン「最近の朝は冷えるからな・・。朝風呂って良いよな」


クリスタ「だねー。やっぱ部屋はさ、隙間風とか酷くて凄く寒いんだよね」



6:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:23:27 ID:S/rvynKo
エレン「男子寮も同じさ」


クリスタ「全く・・・どうにかしてほしいよね!」


エレン「だなー・・・」チャプチャプ


クリスタ「だねー・・・」チャプチャプ


エレン「・・・・・~♪」


クリスタ「・・・・・~♪」


エレン「・・・・・くらえっ」パシャパシャ


クリスタ「わっ!このー!やったなー!」



7:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:25:03 ID:S/rvynKo
エレン「はははっ」パシャパシャ


クリスタ「うふふ~♪・・・・・って、あれ?何か忘れてる気がする・・」


エレン「何かって・・・?挨拶はしたしな・・・」


クリスタ「だよね。でも何かひっかかるんだよね・・・」


エレン「記憶を遡ってみたらどうだ?思い出すかも」


クリスタ「うん。・・・・えっと、朝起きて寒かったから、私はお風呂に入ることになって、そしたら何故か女風呂なのにエレンがいたの」


エレン「おう・・・そこまででおかしい点は無いな」



8:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:26:10 ID:S/rvynKo
クリスタ「そうだね・・・それで、私は外に出たんだって」


エレン「どうしてだ?」


クリスタ「・・・・どうしてだろうね・・」


エレン「まぁいいか・・・」


クリスタ「あっ!私は怒っていたんだ」


エレン「ほう・・・」


クリスタ「・・・・何かに違和感を感じていた」



9:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:26:53 ID:S/rvynKo
エレン「多分・・・俺は気付いたぞ」


クリスタ「そうなの!?教えて?」


エレン「昨日さ・・・ユミルが」


クリスタ「いや、その下着泥棒の件はユミルの土下座で済んだよ」


エレン「そうか・・・ユミルも、そういうことは大概にしてほしいよな」


クリスタ「そうだね。もう犯罪の類だよね」


エレン「じゃ、俺は頭でも洗うわ・・」ジャバ


クリスタ「あっ!洗ってあげるよ」



10:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:27:56 ID:S/rvynKo
エレン「ん、気持ちいいな」


クリスタ「そう?」ワシャワシャ


エレン「そういや・・・・頭といえばな」


クリスタ「ん?頭といえば・・・?」


エレン「昨日さ、クリスタまたパンツ無くなっただろ?」


クリスタ「うん!誰なんだろうね!!ほんっとに頭にくるよ!」


エレン「ライナーのやつが頭にかぶってたパンツ。多分、クリスタのだ・・・」



11:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:29:12 ID:S/rvynKo
クリスタ「なんか・・・本当に気持ち悪いね」


エレン「最低だよな!仲間の・・・しかも異性の下着でそんなこと・・・・」


クリスタ「はぁ・・・私何か悪いことしたかな」


エレン「そうだよな。ライナーこの前、女風呂を覗こうとまでしてたからな?ほんと最低だよな!」


クリスタ「うわぁ・・・って、あれ?女風呂?そういやどうしてエレンは女ぶ
エレン「いってぇ!!シャンプーが目に入った!」


クリスタ「わわっ!ごめんね!」


エレン「しっかりしてくれよな?向かい合ってるわけだし、鏡見れねえんだから」



12:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:30:30 ID:S/rvynKo
クリスタ「ごめん!」


エレン「ん、まぁ今回は特別に許してやるよ」


クリスタ「ありがと!」


エレン「はは、可愛いな・・・クリスタは」


クリスタ「そんなことないよ!」


エレン「そうだな。ミーナの次くらいに可愛い」


クリスタ「なにそれ」



13:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:31:48 ID:S/rvynKo
エレン「そうだな・・・クリスタのことは訓練の次くらいに好きだ」


クリスタ「ちなみに、訓練はエレンの中では何番目くらいに好き?」


エレン「一番好きだ」


クリスタ「なにこれ・・・照れる・・」


エレン「そういや最近アルミンと仲が良いようだが、なんだ?付き合ってるのか?」


クリスタ「ごめん。アルミンとは一度も話したことないんだけど」



14:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:32:51 ID:S/rvynKo
エレン「なんかアルミンがお前を好きだのなんだの言ってたから、仲が良いのかと思ってた」


クリスタ「へぇ・・・なんか嬉しいね」


エレン「むぅ・・・」


クリスタ「どうしたの・・・?もしかして嫉妬?えへへ・・・私、愛されすぎかも・・」


エレン「寒いんだが・・・シャワーかけてくれ」


クリスタ「・・・・・・そう・・」シャワワー


エレン「じゃあ、俺はあがるわ」


クリスタ「うん。じゃあまた、訓練でね!」



15:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:35:03 ID:S/rvynKo
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー



訓練中


クリスタ「ちょっとぉ!エレンはどうして女ぶ
エレン「クリスタは一段と可愛いな」キリッ


クリスタ「や、やだ・・・・エレンったら・・」


エレン「何か用か?クリスタ?」


クリスタ「え?何が?」



18:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/08(水) 23:36:00 ID:S/rvynKo
エレン「何か怒ってなかったか?」


クリスタ「えっ・・・なんだっけ・・」


エレン「なんだよ。それくらい覚えとけよな?」


クリスタ「う、うん・・・ごめん」





エレン(クリスタってバカだなー)


おわり



22:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/01/09(木) 01:02:21 ID:jHLNzytI
笑った