スレURL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382909428/

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 06:31:35.73 ID:Rq+UJGAA0
アニ「っえ?いまなんて・・・?」

ベルトルト「だから今年から訓練所は授業料を取るらしいよ」

ライナー「しかも土日しかやらなくなるそうだ・・・だから寮もないらしい」

ライナー「予算削減だと。ふざけてやがる」

ベルトルト「なんか習い事みたいだね・・・」

アニ「はぁ?そんなことより、これからどこに住むっていうの?帰るところなんてないのに?」

アニ「だいたいお金なんてないのに授業料なんて払えるわけないじゃない?」

ライナー「そう・・・俺達には帰るところも金もない。だから働かなくてはならない」

ベルトルト「アニには悪いけど僕とライナーは住み込みで働くところを見つけたんだ」

アニ「っえ?ずるい。私は?」

ライナー「大工だからな。女は無理なんだよ」

ベルトルト「まぁ見習いというか手伝いだけど」

ライナー「早いところお前も働くところを探すんだな」

ベルトルト「じゃあ次の土日に会おうね」

アニ「薄情者・・・」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 06:38:34.31 ID:Rq+UJGAA0
アニ「はぁ!?なんでこんなことまでして訓練所にいかなきゃならないの?」

アニ「まったく・・・どうしようか。困ったな・・・」

アニ「働くとこを探さないとだけど。もう暗くなってきたし」

アニ「今日はどこで寝ようか・・・やっぱ公園かなぁ」

アニ「あっだれかいる?」

エレン「まったくひどくないか?なんで今年から」

アルミン「仕方ないよ。こうなってしまったからには」

エレン「しかしなー初日から野宿かよ」

ミカサ「ホームレスともいう」

エレン「分かってたけど・・・言うなよ」

アルミン「あえて言わなかったのに・・・」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 06:54:55.52 ID:Rq+UJGAA0
エレン「あっお前も俺らと同じ訓練兵か?」

アニ「あっ私?そうだけど・・・」

エレン「じゃ一緒にこないか?」

アニ「いいの?」

エレン「一人じゃ嫌だろ?」

アニ「あっありがとう」

エレン「俺はエレン、それとミカサとアルミンだ」

アルミン「よろしくね」

ミカサ「どうも」

アニ「私はアニよろしく」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 22:23:39.97 ID:Rq+UJGAA0
アニ「・・・それでさー聞いてくれる?あいつらったら酷いんだから」

ミカサ「うんうん」

アルミン「もう一時間くらい愚痴をいってる・・・」

エレン「大分打ち解けたな。しっかし明日からどうすりゃいいんだ?」

アルミン「そうだね。まずは-」

ユミル「あーちょっといいか?」

ユミル「話しているところ悪い。お前らも訓練兵か?」

アルミン「そうだよ」

エレン「お前も訓練兵なのか?」

ユミル「そうだ。お前達と一緒で当てが外れちまったよ」

ユミル「だからさ・・・私も混ぜてくれないか?」

ミカサ「あなたは・・・女?」

アニ「あなたはタメなの?」

ユミル「えっ?何?」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 22:33:50.19 ID:Rq+UJGAA0
アルミン「ちょっと二人とも黙って。いいよごめんね。こんな感じで」

アルミン「エレンいいよね?」

エレン「えっと。あぁ良いよ別に。こんな状況だから一人でも多いほうが」

エレン「心強いからな」

ユミル「ありがとな私はユミルだ。それでお前達これからどうすんだ?」

アルミン「えーとちょっと現実に戻って」

アルミン「授業料が上期10万で下期13万か・・・」

アルミン「加えて給食費1年分と教科書代が合わせて3万で合計・・・26万か・・・」

エレン「なんで下期のほうが高いんだよ?」

アルミン「上期は夏休みとかで授業数が少ないかららしいよ」

アニ「ただでさえ土日しかないのに?」

ミカサ「ふざけてる」

アルミン「僕に言わないでよ」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 22:36:49.20 ID:Rq+UJGAA0
ユミル「それでその金はいっぺんに払わないといけないのか?」

アルミン「いやこの申込書によると上期中に授業料の半分と給食費、教科書代を払って」

アルミン「また下期には残りの授業料のみを払うつまり13万/6月だね」

ユミル「なんか中途半端に考えられててむかつくな」

ユミル「まぁこれで兵団に入れるのだから安いものだと考えなくていけないのか」

アルミン「そう思うしかないね」

アニ「えっと月当り2万とちょっと稼げばいい?」

エレン「楽勝じゃないか」

アルミン「生活費を考えてる?」

エレン「あっ・・・」

ミカサ「大丈夫養うから」アニ「誰を?」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 22:40:59.82 ID:HZvTMfRSO
>ミカサ「養うから」

これほど信頼感と安心感のあるのは流石ミカサさんイケメン



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 22:41:36.92 ID:Rq+UJGAA0
ユミル「・・・生活費か。まず下宿先を探さないか?」

アルミン「なんかごめんねユミル。5人だからね2人と3人で部屋を探そうか?」

エレン「そうだな。いいんじゃないか?」アニ、ミカサ、ユミル「・・・」

アルミン(あれ?反応が微妙だ・・・)

アニ(みんなと同じ部屋か・・・うまくやれるかな)

ミカサ(また昔のように家族の暮らしができる)

ユミル(こいつらと一緒の部屋か・・・仕方ないけど。めんどくさっ)



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 22:43:31.86 ID:Rq+UJGAA0
アニ「・・・どう分ける?」

アルミン「本気でいってる?」

ミカサ「まったく愚問。決まっているのに」

ユミル「お前・・・多分わかってないだろ」

ユミル「どう考えても男女別で男2人、女3人で分かれるから」

ミカサ「それは絶対許さない」

アニ「誰を?」

ミカサ「アルミンを」

アルミン「僕を!?」

ユミル「静かにしろよ話が進まないだろ」

エレン「俺はどの部屋だ?」

ユミル「うるせー」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 22:49:22.18 ID:Rq+UJGAA0
アルミン「あっ申込書に推薦している下宿先が書いてある」

ユミル「マジか?じゃあいってみようぜ野宿はいやだよ」

エレン「そう・・・だな(野宿ちょっとやってみたかったな)」

ミカサ「野宿したかった?」

エレン「はぁ!そんな訳ないだろ」

アルミン「じゃ行こう」

エレン「おう・・・」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 23:00:41.52 ID:Rq+UJGAA0
アルミン「割と簡単に借りれたね・・・」

アニ「どんな部屋なの?」

エレン「とにかく入ろうぜ」

ユミル「まぁ悪かったら部屋を変えればいいか?」

アルミン「そうだね」

エレン「お前ら本気でいってるのか?こんな俺達に部屋をかしてくれたんだぞ」

エレン「それを裏切るのか?」

ユミル「アルミンこいつらめんどくさくないか?」

アルミン「ははは・・・」

アニ「二部屋いや三部屋かそれと台所と風呂とトイレ」

アニ「いいところじゃない」

ユミル「元々は家族が住んでいたらしいが事情があって引越したらしいぞ」

エレン「家族か・・・」

アニ(お父さん・・・)

アルミン(おじいちゃん・・・)

ミカサ(エレン・・・)



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 23:07:10.45 ID:Rq+UJGAA0
ユミル(やべっみんなのトラウマを踏んだらしい)

ユミル「えーと。ほらっ今日も遅いから軽く飯でも作って寝ようぜ」

アニ「あっああそうだね。誰が作る?」

エレン「俺が作る!」

アルミン「えっ?作ったことあるの?」

エレン「ない!けど作れる気がする」

アルミン「えー・・・ミカサ「アルミン。エレンを信じて」

アルミン「うん・・・(根拠ないでしょ)」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 23:20:58.99 ID:Rq+UJGAA0
3時間後

ユミル「まだやってるのか?」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/28(月) 23:52:11.82 ID:Rq+UJGAA0
アニ「がんばってはいるんだけどね・・・手際が」

アルミン「異常に悪い。もうエレンなんか泣きそうだよ」

アルミン「手伝おうよ。ミカサいいでしょ?」

ミカサ「そうしよう。もう少しみていたかったけど」

ユミル「ひでぇ・・・」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 00:06:29.34 ID:fTzm6Kcr0
ミカサ「エレン何やっているの?」

ミカサ「もう見ていられない。私にまかせて」

アニ「えっ?さっきといってることが」

エレン「悪い・・・俺に(料理の)力がないばっかりに」

ミカサ「いいエレン?力はこうやって使うの」

アルミン「ミカサそういう意味じゃないと思うけど・・・」

ユミル「ん?ちょっと待て包丁もってなにする気だ?」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 00:13:17.97 ID:fTzm6Kcr0
ミカサ「ふんっ」

ユミル「あっ・・・」

アルミン「真っ二つだ・・・」

ユミル「まな板がな・・・」

ミカサ「どう?」

エレン「いや・・・お前すげーな」

ミカサ「そう?良かった」

アニ「うん良かったね・・・」

アルミン「うん・・・」

アルミン、エレン、アニ、ユミル、ミカサ 「・・・」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 00:25:24.99 ID:fTzm6Kcr0
ユミル「・・・良し。駄目だ!」

ユミル「良かったじゃねーよ!良くねーから。駄目だよもう。駄目だよな?」

ユミル「もう寝ようぜ。深夜だよ深夜。もう寝かしてくれ、そしてそのまま2度と起こすな」

アルミン「現実逃避しないで!ユミルだけが頼りなのに」

エレン「俺は頼りにならないのか?」ミカサ「私は?」アニ「・・・私は?」

アルミン「ほらっこんな感じだよ!」

ユミル「あぁっもう殺していいから寝かせてくれ」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/29(火) 00:28:55.64 ID:fTzm6Kcr0
アニ「・・・」

ユミル「どうしたアニ?」

アニ「・・・じゃあ今日は私が料理をつくるよ」

エレン「あっ俺も残りを作る」

アルミン(えーエレンまだやるの)



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/29(火) 00:31:37.65 ID:fTzm6Kcr0
10分後

アニ「できたよ」

ユミル「早っ」

アニ「いやエレンが下ごしらえしてくれたおかげだよ」

エレン「どうだ。すごいだろ」

ユミル(なにがだ)

ミカサ「さすがエレン。ところで何を作ったの?」

アニ「えーと私はマッシュポテトとスープ」

アルミン「エレンは?」

エレン「サラダ」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 00:42:26.49 ID:fTzm6Kcr0
ユミル「どうしてサラダであんな時間が・・・ミカサ「いただきます」

ユミル「・・・」

アルミン「美味しいね」

ユミル「あぁそうだな」

アニ「そう?良かった」

ユミル「よっシェフ」

アニ「うっうるさい」

アルミン(嬉しそー)

ユミル(わかりやすいなこいつ)

ミカサ「サラダ美味しい」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 06:05:35.13 ID:fTzm6Kcr0
ユミル「・・・そうだな。そういえば盛り付けも綺麗だ」

エレン「・・・盛り付けはアニがやった」

ユミル「・・・」

ミカサ「エレンは素材の味を生かしている」

アルミン「もうやめてあげて」

ミカサ「なぜ?」

アルミン「いいから。今日のところはもう寝よう」

エレン「おう。明日は仕事を探しにいかなきゃな」

アニ(ポジティブだ)

エレン「じゃみんなまた明日な」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/29(火) 06:17:05.13 ID:fTzm6Kcr0
寝室

アルミン、エレンの部屋

アルミン(どんな仕事をしようかな)

エレン(料理うまかったな)

ユミル、アニ、ミカサの部屋

ユミル(つかれた・・・)

アニ(そういえば何時に起きればいいのかな?)

ミカサ(ZZZ・・・)



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/29(火) 06:35:02.42 ID:fTzm6Kcr0
次の日

ミカサ「おはよう。アニもう起きてるの?」

アニ「おはよう。なんか早く起きてしまってね」

アニ「暇だから昨日の残りで朝ごはんを作ろうと思って」

ユミル「あっお前らもう起きてるのかよ」

ユミル「朝起きてだれもいなかったからびっくりしただろ」

アニ「あぁごめんよ」

ミカサ「見た目と反して寂しがり?」

ユミル「あぁ?うるせーよ」

アニ「ミカサ悪いよ。その言い方は」

ミカサ「じゃあ見た目通り寂しがり?」

アニ「ぷっ・・・」

ユミル「お前ら・・・」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/29(火) 06:41:50.09 ID:fTzm6Kcr0
アルミン「おはよう。3人共仲良いね」

ユミル「そう見えるか?・・・おはよう」

ユミル「エレンは?」

アルミン「まだ寝てるよ」

ユミル「そうか・・・」

ユミル「ミカサ起こしてきてくれ」

ミカサ「わかった」

ユミル「フライングボディプレスで」

ミカサ「わかった」

アニ、アルミン「えっ?」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/30(水) 00:21:36.77 ID:OnuY0gNW0
アルミン「行っちゃった・・・」

ユミル「エレンの奴どんなリアクションするかな?」

アニ「さっきの八つ当たり?」

アルミン「さっきのって?」

アニ「それは・・・ユミル「なんでもねーよ」

アニ「別にいいじゃない」

ユミル「私にもイメージってものがある」

アニ「どんな?」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/30(水) 00:22:32.33 ID:OnuY0gNW0
ユミル「そりゃクールで知的で大人っぽくて」

アルミン「うわぁ・・・」

ユミル「えっと・・・ミカサの奴遅いな」

アニ(流したね)

アルミン(自分で言って顔が赤くなってる)



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/30(水) 00:24:51.55 ID:OnuY0gNW0
アニ「・・・昨日驚いたけどミカサって力が強いんだね」

アルミン「うん。昔からなんだってそういう体質みたい」

ユミル「なんだそれ。しかしそんな奴にあんなこと言ったら」

アルミン「エレン死んじゃうかもね」

アニ「えっ?」

アルミン「あぁごめん冗談だって」

ユミル「そんなことあるわけないだろ?」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/30(水) 00:27:34.82 ID:OnuY0gNW0
アニ「うん。そうだよね・・・」

アルミン「うん。大丈夫だよ・・・」

ユミル「あるわけ・・・ないよな」

アニ「それにしてもミカサ本当に遅いね・・・」

アルミン「まさか・・・」

ユミル「エレンがヤバイ!」ダッ



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/30(水) 06:38:01.10 ID:OnuY0gNW0
アルミン「エレン大丈夫!・・・あれっ?」

ユミル「・・・アニお前あれ何に見える?」

アニ「難しいね・・・エレンの顔見ながら満面の笑顔で」

アニ「しかも飛び掛ろうとしようとして、けど」

アニ「起こしてしまったら寝顔が見ることができないから」

アニ「飛び込みたいけど飛び込めない・・・そんな葛藤をしているようだ」

ユミル「すげーなお前。傍からみると笑顔でジャンプの姿勢をとっている奴にしか見えないのに」

アルミン「でも一瞬困った顔してる」

ユミル「どうでもいいよ」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/31(木) 00:15:16.55 ID:s9wMd2RL0
ミカサ「よしっ」グッ

アニ「あっミカサ覚悟を決めたみたい」

ユミル「やべっ」

エレン「うーん・・・あれっみんなしてどうしたんだ」

エレン「起こしにきてくれたのか?」

ミカサ「エレン・・・おはよう」シュン・・・



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/31(木) 00:16:45.15 ID:s9wMd2RL0
エレン「おう。なんか元気ないな」

エレン「そうか腹が減っているんだな?」

エレン「じゃあ俺が朝ごはん作ってやるよ」

アルミン「えっアニが作っているみたいだからいいよ(エレンが作ったらお昼ごはんになっちゃう)」

ユミル「そうだぞお前は余計なことしなくていい」

エレン「お前達・・・アニばっかにやらして悪いと思わないのか?」

ユミル イラッ・・・「ミカサ行け」

ミカサ コクッ・・・ 

エレン「うわっ!?」ゴフッ・・・



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/10/31(木) 06:37:15.31 ID:s9wMd2RL0
ミカサ「エレン起きて」

エレン「あぁ・・・ミカサか。おはよう」

ミカサ「みんな朝ごはんができてエレン待ち」

エレン「悪い・・・今行く」

ユミル「遅いぞ(一回気を失ったみたいだが大丈夫か?)」

エレン「いやー変な夢をみてさ」

エレン「起きたらみんないて、いきなりミカサがフライングボディプレスをかけてきたんだよ」

ユミル「そっそれは変な夢だな」

アニ「きっきっと疲れて変な夢を見たんだよ」

エレン「そうかー疲れているのかー。けど体に鈍痛がするんだよな」

アルミン「えっ・・・そうだ枕があってなかったんだよ」

エレン「そうかー枕かー」

ユミル「まっまぁ早く飯を食おうぜ。冷めないうちにさ」

エレン「おう」

ミカサ「いただきます」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/02(土) 21:59:31.82 ID:z76/YBBs0
エレン「あー食ったな」

ミカサ「エレンごちそうさまは?」

エレン「・・・ごちそうさまでした」

エレン「ってゆうかお前何も作ってないだろ?」

ミカサ「・・・作った」

エレン「ホントかよ?何を?」

ミカサ「お茶」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/02(土) 22:00:35.70 ID:z76/YBBs0
エレン「ハッ俺のほうがすごいね。昨日なんてサラダを作ったんだから」

ミカサ「それは・・・けどエレンなんてサラダ作るのに3時間かかる」

ミカサ「私はすぐできた」

エレン「お前・・・お茶とサラダを比べられると思うなよ」

ユミル(確かに比べられないな・・・ってなんだこの会話)

アルミン(恥ずかしいからやめて)

アニ(・・・仲良いな)

ミカサ「・・・エレンはいつもそう。そんなんじゃ早死にする」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/02(土) 22:31:54.61 ID:z76/YBBs0
エレン「何でだよ?関係ないだろ」

アニ(確かに何で?)

アルミン(誰か止めて。ユミルお願い)

ユミル(アルミンから懇願の目を向けられているが・・・もうめんどくさいぞこいつら)

ミカサ「エレンは自分の価値観が絶対だと思っている。そんなんじゃ駄目」

ミカサ「世の中にはお茶とサラダの製作時間を加味して難易度を正しく比べられる人がきっといる」

アニ(いるの?)

アルミン(ユミル頼むよ)

ユミル(はぁ・・・)



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/02(土) 22:34:37.06 ID:z76/YBBs0
エレン「そんな奴いるわけないだろ?」

ミカサ「いないって証明できる?」

エレン「うっ・・・」

ミカサ「どう?」

エレン「・・・してやる」

アニ(っえ?何を?)

エレン「一人残らず聞いてやる。これから町にいって聞いてやる」

エレン「あなたはサラダとお茶、製作時間を加味して難易度を正しく比べられますか?って」

アニ(町の人困るよ!?)



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/02(土) 22:50:56.68 ID:z76/YBBs0
アルミン(ユミルー)

ユミル(はいはいわかったよ)

ユミル「うるせー!お前らさっきから食事中に喋ってるんじゃねぇ」

ユミル「食い終わったんなら食器でも洗ってこい!」

エレン、ミカサ「はい・・・」ビクッ

ユミル「ったくあいつらは・・・」

アルミン「ユミルありがと」

アニ「・・・ユミルって」

アニ「お父さんみたいだね」

ユミル「お父さん?」

アルミン「アニなに言ってるの?お母さんだよ」

ユミル「・・・お前らわざといってるだろ?」



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/02(土) 23:44:37.94 ID:z76/YBBs0
ユミル「どう考えてもお姉さんだろ?」

ユミル「優しくて頼りになって綺麗で」

アルミン「うわぁ・・・」

ユミル「・・・えっと・・・今日は仕事を探さなきゃな?」

アルミン(だから自分で言って恥ずかしいなら言わなきゃいいのに)

アニ「(流してあげよう)うんそうだね。どんなのにしようか?」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/07(木) 00:13:25.74 ID:xpmtq0yr0
ユミル「やっぱ給料が高いのが良いよな?それで楽な仕事だったら最高なんだが」

ユミル「いるだけで金がもらえる仕事ないかな?それでしかもみんなに羨まれるくらいの」

アニ「なにそれお姫様?あるわけないじゃないそんなの」

ユミル「まぁそんなの無いよな。私達ができる仕事といったら雑用くらいしかないか」

アニ「どんな?」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/07(木) 00:14:28.55 ID:xpmtq0yr0
ユミル「食堂の皿洗いとか、金持ちの家の掃除とかかな?」

アルミン「なんか一気に現実的になったね」

アニ「それはそれで嫌だね」

ユミル「けどなーそんなもんだろ?」

アルミン「とりあえず今日は町にでて探してみようか?」

アニ「そうだね」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/07(木) 00:17:08.31 ID:xpmtq0yr0
ユミル「そうするしかないよな・・・そろそろバカ二人を呼んでくるか」

パリーンッ

ユミル「・・・あいつら皿を割りやがったな。ちょっといってくる」

コラー!オマエラナニヤッテンダヨ

アニ「やっぱりお父さんだね」

オマエラケガシテナイカ?

アルミン「いやお母さんだよ」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/07(木) 06:45:43.67 ID:xpmtq0yr0
アニ「まぁお姉さんにしとこうか」

アルミン「そうだねとりあえず仮にひとまず一旦そう仮定しよう」

ユミル「いくら私でも泣くぞ?」

アニ「うわっユミル。冗談だってば」

アルミン「そうだよ。おか・・・お姉ちゃん」

ユミル「ぜってーわざとだ」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/07(木) 12:50:53.32 ID:NFX6ZYG0o
なんなのこいつら可愛い



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/09(土) 00:23:57.62 ID:zCcdVK6E0
ミカサ「お皿を割ってしまってごめんなさい」

エレン「気にするなよ」

アニ「手が滑ったんでしょ?仕方ないって」

ミカサ「力の加減を間違えて」

アニ「・・・あぁそう・・・」



57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/09(土) 00:25:21.87 ID:zCcdVK6E0
ユミル「とにかくそれはもういいから町にいこうぜ」

アルミン「うん。目的のまず一つは仕事を探すこと」

ユミル「その次は買出しだな」

アニ「前の住人が食器とか日用品を残してくれて良かったね」

アルミン「そうだね一通りそろってるから食料とか買えば大丈夫だね」

エレン「じゃあ早く行こうぜ」

アルミン(とりあえず何も考えてないねエレン)



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/09(土) 00:27:48.49 ID:zCcdVK6E0
ユミル「まぁ待てよ。今日のところは二手に分かれようぜ」

ユミル「仕事を探すことも重要だが今日の飯も大事だからな」

ミカサ「というと?」

アルミン「仕事を探す班と買出しというか食事を作る班に分かれるということだね」

ユミル「その通り」

アニ「ふーん。どうやって分ける?」

エレン「そりゃやりたい奴が優先だろ」

アルミン(あっ・・・)

ユミル(駄目な流れだ)

エレン「俺、料理を作るぞ。今日こそはやってやる」

ミカサ「私もエレンを手伝う」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/09(土) 00:34:51.61 ID:zCcdVK6E0
アルミン、ユミル、アニ「駄目」

エレン「なんでだよ?」

ミカサ「なぜ?」

ユミル「長い」

アニ「危ない」

アルミン(長くて危ない)

ミカサ「アルミンはなぜ?」

アルミン「えっ?それは・・・そうだ昨日から二人には作ってもらったからさ」

アルミン「頼りっぱなしは良くないと思ったんだよ」

アニ(サラダとお茶だけどね)

ユミル(サラダとお茶だけどな)



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/09(土) 00:36:35.00 ID:zCcdVK6E0
ミカサ「そう・・・アルミンがそこまで言うならここは退こう」

エレン「えー?俺は頼ってくれてもかまわないぜ?」

ユミル「うっせ。じゃあグーパーで決めるか?」

アルミン「そしたら少ないほうが今日の家事担当ね」

アニ「OK」

エレン「じゃ行くぜ」

ユミル「グー」アニ「パー」アルミン「パー」ミカサ「グー」エレン「チョキ」

ユミル イラッ・・・

エレン「悪いちょっとした出来心で・・・ってなんか言ってくれよ?」

ユミル「・・・」ツカツカ・・・

エレン「無言で近づいてくるなって。うわっ」ホッペタギュー

エレン「ごめんなさい・・・」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/15(金) 23:39:16.35 ID:vCf/kB380
ユミル「気を取り直してもっかいいくぞ」

ユミル「グー」アニ「パー」アルミン「パー」ミカサ「パー」エレン「グー」

ユミル「なんてこった・・・」

エレン「よっしゃ」

ミカサ「残念・・けどエレンならきっとできる」

アニ「がんばってね(ユミル)」

アルミン「じゃあいこうみんな」

エレン「いってらっしゃい」

ユミル「早く帰ってこいよ?」

アルミン「あぁうん(早く帰ってもまだ終ってないでしょ)」

ミカサ「待ってて」

ユミル「行っちゃった・・・」



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/15(金) 23:41:24.92 ID:vCf/kB380
エレン「よしっじゃあやるか」

ユミル「なにを?」

エレン「えっ飯の準備だけど?」

ユミル「はえーだろ。さっき食ったばかりじゃねーか」

ユミル「まずは掃除だ。掃除するぞ」

エレン「えー」

ユミル「だまってやれ」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/15(金) 23:47:43.68 ID:vCf/kB380
エレン「わかったよ。じゃあまずこの部屋からいくぞ」

ユミル「ちょっと待て!なんで私達(アニ、ミカサ、ユミル)の部屋にいくんだよ?」

エレン「はぁ?だって掃除するんだろ?だから一部屋ずつやってこうぜ」

ユミル(こいつ・・・まったく無自覚だな)

ユミル「いいかエレン。私達は昨日までまったくの他人だったろ?」

ユミル「だからな。それぞれプライベートってもんがあるから」

ユミル「勝手に人の部屋に入っては駄目だからな?特に女子の部屋はな」

エレン「よくわかんねーけどわかったよ。お前らの部屋があまりにだらしないから」

エレン「見せたくないってことだろ?」

ユミル「ちげーよ。綺麗だよ。ピッカピカだよ」

ユミル「だからもっと家族とかもっと親しい間柄じゃないとな自分以外の部屋は入っちゃだめだって」

エレン「俺達は親しくないのか?」

ユミル「うっ・・・。もういいよ。とりあえず自分部屋掃除してきな」



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/15(金) 23:53:48.33 ID:vCf/kB380
アニ「ユミルとエレンうまくやってるかな?」

アルミン「それはそれは期待薄だね」

ミカサ「私もそう思う」

アニ「二人して・・・大した信頼だね・・・」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/16(土) 21:23:53.09 ID:s7BeB+bX0
アニ「ところで仕事の当てはあるの?」

ミカサ「全然」

アルミン「そうなんだよね。だからさ、みんなで手分けして探してみない?」

アルミン「いきなり3人でいっても難しいかも知れないし」

アニ「そっそう?」

ミカサ「そうしよう」

アルミン「うん。じゃあ2時間後ね」

アニ「あっ・・・」

アニ「行っちゃった・・・」

アニ「みんなで行きたかったのに」

アニ「私、人見知りだからな・・・どうしよう」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/16(土) 21:35:21.39 ID:s7BeB+bX0
エレン&ユミル

ユミル「掃除めんどくせーなー。んっ?なんだあれ?」

ユミル「・・・わっ!」

エレン「どうしたーユミル」

ユミル「・・・出た」

エレン「えっなにが?」

ユミル「あれだよ黒くて小さくて素早く動く奴だよ」

エレン「えっ豆?」

ユミル「豆じゃねーよ!豆素早く動かないから」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/16(土) 21:37:16.27 ID:s7BeB+bX0
ユミル「ゴキさんだよ。ついに出やがった」

エレン「なんだよついにって。俺は自分の部屋の掃除に戻るからな」

ユミル「ちょっと待てよ!なんで戻るんだよ」

エレン「だってお前らの部屋に入ったら駄目なんだろ?」

ユミル「特別サービスだ。入れてやるから掃除しろ。そしてあいつを倒せ」

エレン「別に入りたくねーし」

ユミル「いいから。もう頼むよ。早く」

エレン「何でそんな焦ってんだよ。もしかして苦手なのか?」

ユミル「んな訳ねーだろ。私を誰だと思ってんだ」

エレン「しらねーけど。まぁそれじゃ大丈夫だな」スタスタ・・・

ユミル「だから待てって!」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/16(土) 22:11:38.45 ID:s7BeB+bX0
エレン「何なんだよ・・・もうわかったよ駆除すればいいんだろ」

ユミル「悪い・・・」

エレン「じゃ入るぞ」ガチャ・・・

エレン「うわー・・・ごちゃごちゃしてるなお前らの部屋」

ユミル「いやこれは掃除中だからだな・・・その・・・」モゴモゴ・・・

エレン「なんでもいいけどさ。じゃいくぞ!」

ユミル「あぁ・・・(なんか結局ノリノリだな)」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/16(土) 22:56:23.03 ID:s7BeB+bX0
アルミン&ミカサ&アニ

アルミン「時間より早いけど、仕事が見つかったから待ち合わせ場所に戻ろうかな」

ミカサ「アルミン」

アルミン「あっミカサ。いいのあった?」

ミカサ「しっ・・・」

アルミン「どうしたの?向こうを指さして・・・あっアニだ」

アルミン「大衆食堂の前にいるね。あぁ求人しているみたいだからここにしようとしてるのか」

アルミン「けど・・・なんで中に入らないのかな?」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/16(土) 22:58:20.35 ID:s7BeB+bX0
ミカサ「かれこれ10分以上お店の前をうろうろしている。どうしたいのかわからない」

アルミン(いや・・・そんなに見てるミカサもわからない)

アルミン「あぁそうか。きっとお店の中に入りずらいんだよ。ほらっお客さんがいっぱいいるから」

アルミン「その中で店員さんに話しかけにくいんじゃない?」

ミカサ「そう・・・だから客がいなくなるのを待ってる?」

アルミン「そうだと思う。けどあれじゃあいつまでたっても入れないかも・・・」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/16(土) 23:03:31.43 ID:s7BeB+bX0
アルミン「よしっミカサ行こう。アニを助けよう」

ミカサ「アルミンちょっと待って。それではアニのためにならない」

アルミン「でも・・・」

ミカサ「それに見て」

アルミン「えっ?・・・あっアニ。意を決したみたいだ」

アルミン「あっ・・・でも優しそうな女将さんが奥にさがっちゃった」

ミカサ「変わりに強面の大将がでてきた・・・」

アルミン「アニ固まったね・・・」



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/16(土) 23:32:29.58 ID:s7BeB+bX0
ミカサ「アルミン。どうしよう?」

アルミン「どうしようって言われても・・・あっまた女将さんが出てきたよ。しかもアニのほうを指差してる」

ミカサ「お店からでてくるみたい」

アルミン「ずっとお店の前でうろうろしてれば気になるか」

ミカサ「アニと話してる」

アルミン「ん?・・・なんか様子が」

ミカサ「食べ物を渡されてる」

アルミン「きっとお腹のすいた子供と間違われたんだ」

アルミン「・・・女将さんまた店にもどっちゃったね」

ミカサ「アニうなだれてる・・・」

ミカサ「・・・」

アルミン「・・・」

ミカサ「・・・待ち合わせ場所に行こう」

アルミン「・・・うん」



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/17(日) 10:55:50.64 ID:oOqZWiJR0
エレン&ユミル

ユミル「エレンそっちだ!やれ!」

エレン「わかった!」バシーンッ!

エレン「くそっ外した。ユミルそっちいったぞ!」

ユミル「無理」

エレン「ちくしょー!」

ユミル「またエレンのほうにいったぞ!」

エレン「今度こそ」バシーンッ!

ユミル「また外した何やってんだ」

エレン「たまにもユミルもやれよ」

ユミル「無理だって」

エレン「ちくしょー!!」バシーンッ!バシーンッ!・・・



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/17(日) 19:24:22.27 ID:oOqZWiJR0
アルミン&ミカサ&アニ

アルミン「アニ遅いねー」

ミカサ「まだ時間ではない」

アニ「はぁ・・・結局仕事見つかんなかったな・・・」トボトボ・・・

アニ(まぁお店の前をうろうろしていただけだけど)

アルミン「あっアニ!」

ミカサ「こっち」

アニ「アルミン、ミカサ(何て言おうかな・・・いやまだみんな見つかってない希望がある)」

アニ「どうだった。何か良いのあった?」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/17(日) 19:27:02.70 ID:oOqZWiJR0
アルミン「僕は活字拾いをやるよ」

アルミン「地味かも知れないけどいろんな情報が手に入るからね」

アニ「へー(やばいな・・・)」

アニ「ミカサは?」

ミカサ「私は新聞配達」

アニ「へー・・・(駄目か)」

ミカサ「と」

アルミン「と?」

ミカサ「牛乳の配達」

アルミン「へー二つもやるんだ」

ミカサ「と」

アニ「まだやるの?」

ミカサ「服屋さんで縫製をやる」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/17(日) 19:28:07.51 ID:oOqZWiJR0
アニ「働くね」

ミカサ「養わなきゃ」

アニ(次は私が聞かれる番だ・・・何か考えなきゃ)

アルミン「じゃ・・・今日は家に帰ろうか」

アニ「え?」

ミカサ「エレンとユミルが待ってる」

アニ「ちょっと待って私には聞かないの?」

アルミン「えっ?」

アニ(しまったー)



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/17(日) 19:32:06.92 ID:/tOoN6Lx0
なんでアニは茨の道を歩きたがるんだ…



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/17(日) 19:35:33.12 ID:oOqZWiJR0
ミカサ「(仕方ない)ごめんなさいアニは何かあったの?」

アニ「わっ私はいろんなとこから採用もらったから一つには決まらなかったよ」

アルミン「へー・・・(無理しなくていいのに)」

アニ「ほらっその証拠にうちに是非きて欲しいってお弁当までもらったんだから」

ミカサ「そう・・・アニは頑張った」

アニ「うん?」

アルミン「うん・・・頑張った」

ミカサ「じゃあ帰ろう?」

アニ「うん・・・」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/18(月) 17:08:32.09 ID:zAn9ia2SO
うん…アニは頑張った、頑張ったよ…休んでいいよ、アニは休んでいいよ…



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/19(火) 00:33:15.20 ID:8OievYte0
アルミン「ただいまーってすごい!部屋がピカピカだね」

エレン「おう・・・おかえり」

ミカサ「なんか疲れてる?」

アニ「何かあったの?」

エレン「ユミルの奴がさーパニックになって洗剤を床にぶちまけたんだよ」

アルミン「なんで?」

エレン「それがさぁゴキ・・・ユミル「いやぁ床を綺麗にしたくてついな」

ユミル「エレン。てめぇ全部言わなくていいんだよ」ボソボソ

エレン「なんでだよ?」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/19(火) 00:39:12.91 ID:8OievYte0
ユミル「私がゴキブリなんかにビビッてるように思われちゃうだろ?」ボソボソ

エレン「そうじゃないのか?」

ユミル「そうじゃねーよ!・・・多分」

ミカサ「結局は何?」

エレン「ユミルがゴキブリを見てパニックになったんだよ」

ユミル「!!!」

エレン「あっ!悪い!」

ユミル「(あっじゃねーよ!)お前ら違うからな誤解だから」

アルミン「へーそうなんだ」ニヤニヤ

ミカサ「ふーん」ニヤニヤ

アニ「ふーん(ゴキブリ怖い)」

ユミル「うぅ・・・(エレンの奴明日はミカサのムーンサルトプレスで起こしてやる)」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/20(水) 00:05:25.11 ID:Ypahay2v0
アニ「それで・・・ご飯は?」

エレン「出来てない」

ユミル「悪かったな」

ミカサ「何で偉そう?」

アニ「もう・・・二人して」

アルミン「じゃあみんなで作ろうよ。そのほうが早いし」

アルミン「アニとユミルがメインで料理をつくって僕は皮むきとか準備をするよ」

ミカサ「私は?」

アルミン「パンを買ってきて」

エレン「俺は?」

アルミン「席で待ってて」



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/20(水) 00:09:46.80 ID:Ypahay2v0
アルミン「じゃミカサと一緒に行ってきてよ」

エレン「うーん」

ミカサ「エレン早く」

エレン「わかったよ」

ユミル「あいつら仲良いな」

アルミン「まぁ幼馴染だからね」

アニ(幼馴染か・・・)

アルミン「アニどうしたの?」

アニ「なんでもないよ」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/22(金) 23:05:09.15 ID:WJbtNDFo0
エレン「買ってきたぞ。さぁ飯にしようぜ」

ユミル「こっちもできたところだ」

アニ「じゃあエレン、ミカサお皿並べて」

ミカサ「わかった」

アルミン「そろった?じゃあ」

アルミン、アニ、エレン、ミカサ、ユミル「いただきます」

エレン「そういやお前ら仕事は見つかったのか?」

アルミン「あぁ・・・うん」

アニ「えーと・・・実は私はまだ決まってないんだ」

エレン「ふーん。まぁこれから見つけりゃいいだろ?」



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/22(金) 23:07:39.01 ID:WJbtNDFo0
アニ「べっ別に当てが無いわけじゃないんだから」

アニ「お弁当だってもらったりしたんだから」

エレン「何で仕事を探しにいって弁当貰うんだよ?」

アニ「それは・・・私が優秀すぎて私に相応しい店か判断して欲しかったからじゃない?」

アルミン(いってることに無理がありすぎだよアニ・・・)

エレン「嘘くせー」

アニ「うぅ・・・」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/22(金) 23:13:53.30 ID:WJbtNDFo0
ユミル「まぁ折角もらったものだからアニの奴くってみようぜ。いいかアニ?」

アニ「いいよ」

アルミン「へーおいしいね。この料理」

ミカサ「冷めてもおいしい」

アニ「だから言ったじゃない」

ユミル(何で得意気?)



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/22(金) 23:22:52.93 ID:WJbtNDFo0
エレン「うん確かにうまいな。なぁ明日俺も一緒にこの店行ってもいいか?」

アニ「あっうん。けど何で?」

エレン「俺もここで働きたい」

アニ「そっそう」

ミカサ「私も行く」

ユミル「何でだよ。お前はもう決まってるだろ」

ユミル「私も行きたいがアルミンとミカサは早速明日から仕事か?」

アルミン「そうだね」

ミカサ「残念だけどそう」

ユミル「じゃあ私は留守番だな。家を空けるわけにはいかないからな?」

エレン「一人で大丈夫か?」

ユミル「なんで?」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/22(金) 23:24:55.65 ID:WJbtNDFo0
エレン「またパニックになるなよ?」ニヤニヤ

ユミル「あっ・・・てめー思い出させやがったな!」ポカポカ

エレン「いててっやめろって」

アルミン「やめなって二人とも。・・・なんか姉弟みたいだね」

ユミル、エレン「はぁ何でだよ!!」

アルミン「ほらぁ」

ユミル「くっ・・・じゃあこれから私のことは姉様と呼べ」

エレン「はぁ?やだよ気持ち悪い」

ユミル「ふふっ私だって嫌だ」

エレン「プッ・・・ハッハッハ!何だよそれ」

ユミル「ハハッまぁいいや明日私は気楽に留守番するから行って来いよお前ら」

アニ「うん(今度こそお店の中に入ろう)」

エレン「おう」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/23(土) 21:12:06.52 ID:rrbjwS+k0
その日の夜

アニ「じゃあもう寝ようか」

ミカサ「そうしよう」

アニ「しかしベット二つををくっつけて三人で寝るのはちょっとせまいね」

ミカサ「そうね。けど暖かくていいと思う。・・・そういえばユミルは?」

アニ「風呂に入ってるよ」

ユミル「ふーいい風呂だったよ。あぁもうお前らもう寝るのか?」

ミカサ「そうしようと思う」

ユミル「ふーんでも寝る前に少し話でもしようか?」

ミカサ「怖い話?」

ユミル「ちげーよ」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/23(土) 21:20:49.50 ID:rrbjwS+k0
ユミル「お前達・・・何で訓練兵になりたいんだ?」

ユミル「こんな金まで払って習ってまでさ」

ミカサ「真面目な話?」

ユミル「真面目な話」

ミカサ「私はエレンとアルミンと共に行くだけ。それだけ」

ユミル「ふふっそうか。良いな一緒にいるって」

ユミル「アニは?」

アニ「私は・・・これしか道が無かっただけ」

アニ「だからそうするしかなかったんだ」

アニ「・・・何でこんなことを訊くの?」



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/23(土) 21:26:59.22 ID:rrbjwS+k0
ユミル「何でってただの世間話さ」

ユミル「ちょっとお前らのことを知りたくなっただけ」

アニ「ユミルは?」

ユミル「私か?私は・・・秘密さ」

アニ「はっ?自分だけ言わないってずるくない?ねぇミカサ?」

ミカサ(zzz・・・)

アニ(寝てるー)

ユミル「ハハッ寝つき良いな。じゃあ私も寝ようっよ」

ユミル「よいしょっと」

アニ「なんで真ん中に入ろうとしてくる?」

ユミル「いいじゃん別に。ちょっとどいてくれよ」

アニ「駄目。私が真ん中」

アニ「そうじゃないと川の字にならないってミカサがいってた」

ユミル「訳が分からん」

アニ「私もよく分からない」



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/23(土) 21:57:15.72 ID:rrbjwS+k0
アニ「昨日は端だったでしょ?何で?あっ・・・」

アニ「ゴキブリが怖いんでしょ?」

ユミル「ちっ違うし。いいから。寒いんだよ」

ミカサ「うるさい・・・どうしたの?」

アニ「起きたの・・・ごめんね」

アニ「ユミルがゴキブリが怖いから真ん中で寝たいって」

ユミル「違うっていってるだろ ミカサ「落ち着いて」

ミカサ「今は感情的になっている場合じゃない(眠い)」

ミカサ「もし出たとしても私が蹴散らしてあげるから(とにかく眠い)」

ミカサ「安心して(寝よう)・・・」zzz・・・

アニ「また寝た・・・ユミルもう寝よ?」

ユミル「あぁうん悪かった。また明日な」

アニ「あぁまた明日」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/23(土) 22:21:54.12 ID:rrbjwS+k0
次の日

エレン「じゃあ行ってくるぞ」

アルミン「留守番よろしくね?」

エレン「ミカサは?」

ユミル「もう行ったよ。新聞配達は早いからな」

エレン「そうかじゃあ行くかアニ」

アニ「うん」

ユミル「いってらっしゃい」

ガチャ・・・バタン

ユミル「行ったか・・・じゃあもうひと眠りしよ」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 11:05:30.86 ID:bzv6XHe70
エレン「アルミンとも別れたしあとはアニの昨日の店にいくだけか」

アニ「ミカサもアルミンも帰ってくるのは夕方だって言ってた」

エレン「そっか・・・それにしても今日は人が多いな」

アニ「今日は市がたっているらしいよ」

エレン「迷子になるなよ?」

アニ「あんたのほうこそ・・・そういえばあんたはなんで訓練兵になりたいの?」

エレン「なんだよ急に」

アニ「いや昨日ユミルから訊かれてさ、ちょっと気になっただけ」

エレン「へーそうか」

アニ「気になる?」

エレン「?別に?」

アニ「少しは気になりなよ・・・」

エレン「だって訓練兵になるのって巨人を倒してやりたいとかそんな奴がいくんじゃないのか?」

アニ「・・・まぁあんたはそうかも知れないけど」

アニ「誰かを守りたいとか、それしか選択肢がなかった奴もいると思う」

エレン「そういうものか」

アニ「そういうものさ」

アニ「けど・・・そうかあんたはそうか・・・」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 11:15:56.08 ID:bzv6XHe70
ベルトルト「あっアニ。久しぶり。元気だった」

アニ「ベルトルト!元気だったじゃないよ、まったく」

ベルトルト「ごめんよ。あのときはライナーが全部決めちゃってて・・・」

アニ「人のせいにしない!」

エレン「知り合いか?」

アニ「さぁ?少なくとも数日前は知り合いだったけど」

ベルトルト「ひどいなぁ・・・って君は?」

エレン「俺か?俺はいまアニと一緒に住んでるものだ」

ベルトルト「っえ?一緒に?」



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 16:05:05.36 ID:bzv6XHe70
アニ「ちっ違うから。そんなのじゃないから」

エレン「なんだよ違うって一緒に住んでるだろ?」

アニ「それは・・・そうだけど」

ベルトルト「そうなんだ・・・・」

アニ「だーかーら」

エレン「俺達は同じ訓練兵を目指すものとしてみんなで暮らしてるんだよ」

ベルトルト「あぁそういうこと」

ベルトルト「じゃあ君も訓練兵なんだ?」

エレン「そうだ今5人で暮らしているんだ」

ベルトルト「それは楽しそうだね」

エレン「お前も一緒にくるか?」

ベルトルト「僕は・・・ちょっと行けないかな」

アニ「そういえばライナーは?」

ベルトルト「ライナー・・・はもう駄目かもしれない?」

アニ「はっ?どういうこと?」

ベルトルト「彼は今・・・戦士と職人の間で彷徨っている」

アニ「え?訳がわからないんだけど」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 20:24:36.38 ID:bzv6XHe70
ライナー「おーいベルトルト!休憩時間が終っちまうぞ。親方が待ってる」

アニ「ライナー」

ライナー「おおっ!アニか。元気にしてたか?」

ライナー「けど悪いな。俺達は仕事があるからまたな」

ライナー「いくぞベルトルト。お前の仕事ちょっと甘かったぞ」

ライナー「あれじゃ一流の大工になれないぞ」

ベルトルト「あぁうん・・・そうだね」

エレン「あれも知り合いか?」

アニ「いや知らない人」

ベルトルト「じゃあもう行くよ。・・・そうだアニ。僕達の・・・役目を忘れちゃ駄目だよ」

ベルトルト「また会おうね」

ライナー「じゃあな」

アニ「・・・」

エレン「役目って何だ?」

アニ「さぁね・・・分からないよ」



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 22:13:45.94 ID:bzv6XHe70
エレン「もう少しで昨日の店だっけ」テクテク

アニ「そうだよ・・・」

エレン「ちょっと元気無いな」

アニ「なんでもない。大丈夫だよ・・・」

アニ(私達が・・・私がやらなきゃいけないことはわかっている)

アニ(だから少ししたらみんなと離れなきゃと思っていたんだ)

アニ(けど昨日家に帰ろうって言われたときに本当にほっとしたんだ)

アニ(もうずっと感じたことのない気持ちだったんだよ)

アニ(だから・・・だからこそ、これ以上は一緒にはいられないんだね)

アニ「みんなといて幸せだったよ」スッ・・・

エレン「ん?アニなんか言ったか?あれっいない?」

エレン「まさか・・・あいつ・・・迷子になったのか?」



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/24(日) 22:18:46.33 ID:bzv6XHe70
エレン「くそっこんだけ探してもいない」

エレン「もしかして家に戻ったのかな?」





エレン「ユミル。アニ戻ってるか?」

ユミル「あーおはよう。早かったな。まーだアニ戻ってないよー」

エレン「お前寝ぼけてるのか?まぁいいやアニがいなくなったんだよ!」

ユミル「あぁ何で!?」パチッ

エレン「わかんねぇ。なんか昔の知り合いと話してからちょっと元気がなくなったけどな・・・」

ユミル「あのバカ・・・よしっ探しにいくぞエレン」ダッ

エレン「あぁわかった。けどユミル寝巻きで外に出るなよ」

ユミル「あっ・・・てめぇ早く言えよ」ポカポカ エレン「いてて・・・」



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/25(月) 03:28:31.05 ID:rofx6syj0
アニ「はぁ・・・みんなと離れたけどどうしようか」

アニ「また一人になっちゃたなぁ・・・」

アニ「あーあ。なんでこんな思いをしなきゃいけないんだろう」

アニ「・・・家に帰りたい」

アニ「ってバカか私はそんなこと思っちゃ駄目だ」

アニ「もう戻れないのだから思っても駄目だって」

アニ「はぁ・・・」

アルミン「アニー!どこにいるのー」

ミカサ「怒らないから出てきてー」

アニ「アルミンとミカサ・・・私を探して・・・」

アニ「(出て行こうかな)・・・いや駄目」

アニ「ちょっと場所を変えよう」



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/25(月) 06:40:38.50 ID:rofx6syj0
アニ「結局はここに来たか・・・皮肉だけど初めてあいつらに会った場所か」

エレン「やっと来た」

アニ「エレン!どうしてここに?」

エレン「なんとなくだけどここに来るだろうなって思ったんだ」

アニ「勘ってこと?」

エレン「まぁいいだろ。帰ろうぜ、家に」

アニ「嫌だ」

エレン「何でだよ!嫌なのかよ家が」

アニ「嫌な・・・訳がない」

エレン「じゃあ何で!?」

アニ「きっと私の気持ちなんてわからないんだよ」

エレン「・・・」

アニ「きっとさっきまでがおかしかったんだよ」

アニ「楽しかったり、幸せだったり、寂しくなかったりすることが」

アニ「私に・・・そんなことが起こっては・・・駄目なんだ」



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/26(火) 00:17:30.77 ID:35xsIYlW0
エレン「そんなこと・・・ないだろ」

アニ「エレンありがと。けどね・・・」

アニ「このままいったらもっとつらくなる」

アニ「怖いんだ。無くなってしまうことが」

アニ「だって・・・慣れていないんだよ」

アニ「一人じゃないことに・・・家族との生活とかね」

アニ「朝起きたらだれもいなくてとか」

アニ「みんなと歩いていたらいつの間にか一人でいるとか」

アニ「そんなことを考えてしまうんだ・・・もう私は・・・」

エレン「慣れてないってなんだよ。嘘つくなよ」

アニ「嘘じゃないって・・・」

アニ「失うことがわかっているなら」

エレン「失うことなんかさせるかよ!」

アニ「そんなことない!」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/26(火) 00:32:41.73 ID:35xsIYlW0
アニ「いつか誰もかも私の前からいなくなってしまうんだ・・・」

アニ「そうなることは分かっているから」

エレン「そんなこと分からないだろ」

アニ「分かるって・・・」

エレン「・・・」

アニ「エレン?」

エレン「だったら!!」

アニ「わっ・・・」

エレン「ずっと一緒にいてやるからな!」

アニ「えっ?」

エレン「お前が迷子になっちまうなら!」

アニ「あっ・・・」

エレン「お前がいなくならないように」

アニ「・・・」

エレン「いつだって手を繋いでいるから・・・」

アニ「・・・」

エレン「だから・・・だからもういなくなるなんて言うなよ」

アニ「エレン・・・」

エレン「家族がいなくなるのはもう・・・嫌なんだよ」ポロポロ・・・



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/26(火) 14:37:14.66 ID:e10rIx4RO
エレンはいろんな意味で純粋でいい主人公だよな



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/26(火) 22:26:59.60 ID:PwmB/qjL0
アニ「エレン・・・泣かないでよ」

エレン「泣いてるわけ・・・ないだろ。嘘つくなよ」グスッ

アニ「もうっ。嘘じゃないって」

アニ「そうだよね・・・そうだね」

アニ「いなくなられる方だってつらいのは当たり前なのに」

アニ「私がいなくなっても誰も大して感じはしないって思ってたから」

エレン「だから・・・そうじゃないっていってるだろ」

アニ「うん・・・だって思いもしなかったんだから。ごめんね・・・」

アニ「家族になんかさ・・・なれる訳ないって」

エレン「だからっ・・・」

アニ「うん・・・ごめんねエレン。本当にごめんね・・・」

アニ「我侭で・・・さっきまでということが違う私が・・・」

エレン「アニ?」

アニ「・・・」

アニ「だって私ももう家族と別れるのは嫌なんだ・・・嫌だ」ポロポロ・・・



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/26(火) 22:33:17.60 ID:PwmB/qjL0
ユミル「おーい・・・」

ユミル「うっわ。どうしよ」

ユミル「完全に出るタイミングを見失ってしまった・・・」



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/26(火) 23:03:24.09 ID:PwmB/qjL0
アニ「・・・落ち着いた?」

エレン「俺のセリフだろ?それ」

アニ「ハハッそう?」

エレン「そうだろ?そろそろ帰ろうぜ。みんな待ってるから」

アニ「うん・・・あの・・・その・・・」

エレン「なんだよ?」

アニ「・・・さっき言ったこと忘れないでよ」

エレン「なんだっけ?」

アニ「だから・・ ユミル「あーゴホンッ!ゴホンッ!」

ユミル「あーなんだ良かった。良かったな。じゃあ帰ろうぜ」

ユミル「嫌だ。この空気は耐えられねーから」

アニ「あっユミルいたんだ・・・」

ユミル「いたんだ・・・じゃねーよ」

エレン「忘れてた・・・」

ユミル「忘れてた・・・じゃねーから!」

ユミル「エレン。この場所を助言してやった私の功績を忘れるなよ!」



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/26(火) 23:05:05.12 ID:PwmB/qjL0
エレン「なんだよ偉そうに・・・っん?お前泣いてたのか?」

エレン「目が真っ赤だぞ?」

アニ「あっホントだ」

ユミル「うるせーな、泣いてねーよ。お前らだってそうだろバーカ」

アニ「否定か肯定かはっきりしなよ」

ユミル「うるせっ・・・バカ・・・」ゴシゴシ・・・

アニ「あぁごめんねユミル。帰ろうねぇ帰ろう?」

ユミル「わかってるって・・・」

エレン「アルミンとミカサが待ってる。行こうぜ」

ユミル「・・・なぁアニ」

アニ「なに?」

ユミル「・・・良かったな。本当にそう思うよ」

アニ「うん?」

ユミル「いや・・・何でもねーよ」



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/27(水) 22:29:29.35 ID:6x3gZ0AS0
エレン「待ち合わせ場所までもう少しかな?」

ユミル「うーんそうだと思ったけどな」

エレン「それにしても今日は人が多いな。なぁアニ?」

アニ「・・・」

エレン「アニ?」

アニ「聞こえてるって」

エレン「なんか機嫌悪くないか?」

アニ「別に」

エレン(絶対機嫌悪い)

ユミル「(まったく・・・こいつらは)そうだな。人が多いからお前らはぐれないようにしろよ?」



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/27(水) 22:31:38.37 ID:6x3gZ0AS0
エレン「子供扱いすんなって・・・あぁそうかアニ」

アニ「なに?」

エレン「手」

アニ「手?」

エレン「いいからっ手をだせって」

アニ「うん?」

エレン「じゃっ行くぞ」ギュ・・・

アニ「っえ?何で?(手を繋いだの?)」

エレン「これなら迷子にならないよな?」

アニ「えっ・・・あっ・・・うん。勝手にしな」

ユミル(こいつらめんどくせっ)

ユミル(けど・・・まーそれにしてもこいつうれしそーだな)ニヤニヤ



121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 00:14:35.39 ID:7rCztMD30
ミカサ「エレン達帰ってこない」

アルミン「帰ってこないねユミルもアニも」

ミカサ「なぜ?」

アルミン「なぜって言われても・・・」

ミカサ「あっ!・・・アルミンあれみて」

アルミン「あれって?・・・あっエレン達だ!」

ミカサ「何に見える?」

アルミン「何に見えるって・・・うん・・・あぁそうだね」

アルミン「意気揚々と先頭を歩くエレンと顔を真っ赤にしてエレンと手を繋いで歩くアニと」

アルミン「それをニヤニヤしながら見てるユミルが見える」

ミカサ「しかもアニは俯いたまま」

ミカサ「何でだろう?」

アルミン「何でだろーねー」

アルミン(大体わかるけどさ)

アルミン(だけど・・・アニそれじゃ一緒に歩いているっていうか引き連れられてるみたいだよ)



122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 18:31:40.82 ID:7rCztMD30
アルミン「おーいエレン!」

エレン「アルミン!」

ミカサ「エレンなんで手をつないでいるの?」

アニ「うわっごめん何でもないって」バッ

エレン「アニもう手を離して大丈夫か?」

エレン「ミカサ。だって手を離すと迷子になるんだよ」

アルミン「そう・・・じゃあアニは単に迷子になっていたってこと?」

アニ「うん・・・ごめん・・・心配かけて」

ミカサ「・・・」

アルミン「そう・・・まぁとにかく良かったね」

ユミル「いいからもう帰ろうぜ。疲れたよ私は」

エレン「お前今日なんかしてたっけ?」

ユミル「色々あんだよ、私ともなると気苦労が」

エレン「良くわかんねーな」



123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/28(木) 18:37:08.79 ID:7rCztMD30
ミカサ「アニ」

アニ「ミカサ?」

ミカサ「今度やったら怒るから」

アニ「うん(どっちのことだろう?)」

ミカサ「もう勝手にどこかに行ってしまってはダメ」

ミカサ「わかった?」ニコ

アニ「あぁミカサ・・・ごめんね。ありがとう」

ミカサ「わかったなら大丈夫」

ミカサ「でも・・・」

ミカサ「今度は私も迷子になろう」ボソ・・・

アニ「ミカサ?」

ミカサ(あぁけど・・・あいつなら大丈夫だってほっとかれそう)シュン・・・



124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 19:46:35.73 ID:7rCztMD30
エレン「お前ら遅いぞ早く来いよ。帰るぞ」

ユミル「腹減ったよー」

アルミン「ユミルさっきからそればっか」

ミカサ「エレン待って」

アニ「わかったよ」



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 20:35:22.75 ID:7rCztMD30
アニ「・・・今日は特別な日なんだろうな」

アニ「きっと先になったらもっとそう思うってわかる」

アニ「だから忘れてしまいたくない。この日のことを」

アニ「私のこの気持ちは誰にも言わないけど」

アニ「あっ・・・そうだ。この日は少し奮発して料理を作ろう」

アニ「みんなに何で今日は豪華なの?って聞かれても秘密さ」

アニ「それは私だけの大事なものだ」

アニ「きっとそれだけでずっと生きていける気がする」

アニ「それだけできっと・・・」

アニ「いつまでも幸せになれるから」



126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 20:47:06.51 ID:7rCztMD30
アニ「ねぇみんな」

エレン「どうした?」

アニ「今日も私が料理を作ってもいいかな?」

エレン「そりゃもちろん!」

ユミル「当然」

アルミン「僕も手伝うよ」

ミカサ「私も手伝う」

アニ「うん。ありがと。本当に・・・それでこれからもよろしくね」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 20:48:03.82 ID:7rCztMD30
これでとりあえず終わりです。ありがとうございました。



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/28(木) 21:42:41.18 ID:3gnvtbPLo

面白かった!てかもっと見たかったわ

出来れば続編も書いてほしい



129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/28(木) 23:39:58.20 ID:Rxzk/rs/0
面白かった。乙。



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2013/11/29(金) 01:16:07.15 ID:acoYYbJl0
ありがとうございます。

続編は機会があれば書こうと思います。まだ訓練兵団にも行ってないですから

他のメンバー(クリスタとか)入れると男女比が崩れるのでゲストかな?

次回の予告は以下の通りです。

ミカサ「花嫁修業」

アルミン「立身出世」

ユミル「専業主婦」

エレン「亭主関白」

でお送りします。

以上ありがとうございました。



次スレ:ミカサ「共同生活」