スレURL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1329044948/
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 20:09:08.54 ID:PmgEhGr70
森島「う~ん……手作りチョコセット?」

塚原「あ、あのねはるかこれは……」

森島「わお!ひょっとしてひびきちゃん本命チョコあげるの!?」

塚原「ち、ちが、これはその……そう、す、水泳部のみんなにと思って!」

森島「ねねね、お相手は誰?私の知っている人?」

塚原「聞きなさいよ人の話!」

森島「えぇ~だって部活にっていう物は毎年買ったもので済ましているじゃないの」

塚原「え、いやそれは……そ、そう!たまにはいいかなって思って」





4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 20:19:00.41 ID:PmgEhGr70
森島「でもお料理苦手よねひびきは?」

塚原「そ、そうだけどこういうときくらいは頑張ってみようかなって」

森島「ふ~んそうなんだ」

塚原「そうそう!いつまでも苦手っていって避けている訳には行かないじゃない?」

森島「なるほどぉ……」

塚原(ほっ、何とかごまかせたかしらね)

森島「それで、どんなの作るの?」

塚原「あんまり凝ったものは失敗しちゃうだろうし簡単なものでって考えているんだけど」

森島「ふむふむ、それじゃこれなんかどうかな?」

塚原「これってセミビター?」

森島「うん、これにナッツでも乗せてっていうくらいでいいんじゃないかな?」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 20:22:31.70 ID:PmgEhGr70
塚原「でもなんでセミビターなのよ?」

森島「橘くんはあんまり甘すぎるの苦手ていってたし」

塚原「そうなんだ…………って!は、はるか!?た、たたたちばなくんの話が何でそこで出てくるのよ!?///」

森島(う~ん、わかりやすい)

塚原「た、確かに最近橘くんにはお世話になっていることが多いけど彼は関係ないんだからね!」

森島「ハイハイ、わかってるって♪」

塚原「ならいいけど……」

森島「でもお世話になっているんだから日頃の感謝にってあげるんでしょ?」

塚原「そ、それはその…………う、うん///」

森島(ひびきちゃんはかわいいなあ!!!)




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 20:28:36.97 ID:PmgEhGr70
森島「ほら、橘くんにもあげるんだから一人の好みに絞って作るのもいいんじゃない?」

塚原「え、あ!そ、それもそうよね!」

森島「うんうん♪」

塚原「だ、だけど別に他意はないんだからね?」

森島「大丈夫大丈夫、わかってるって♪」

塚原「それじゃこれ買ってくるから」

森島「はーい」

塚原「♪~」

森島(彼の好みがわかって上機嫌なひびきちゃんかわゆす……)




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 20:52:22.73 ID:PmgEhGr70
塚原「お待たせはるか」

森島「ううん、そんなに待ってないし大丈夫よ」

塚原「そう」

森島「あとは何か買うものあるひびきちゃん?」

塚原「私は別にないけど……はるかはあるの?」

森島「私?う~んそうねぇ……あ、そうだ!」

塚原「何?」

森島「私もチョコレート買っておこうかな?」

塚原「はるかも誰かにあげるの?」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:00:09.43 ID:PmgEhGr70
森島「んー?いや私も橘くんにでもあげようかなって」

塚原「えっ、はるかも橘くんにあげるの?」

森島「うん、美也ちゃんと仲良くさせてもらったりで色々あるからね」

塚原「そう、なんだ……」

森島「ふふっ、まぁひびきちゃんみたいに気合入れて手作りって訳じゃないけどね♪」

塚原「べ、別に気合入れているとかそういうんじゃ……」

森島「あ~そうだったわね、ひびきちゃんに他意はないのよね~別に」

塚原「さっきからそう言っているじゃない」

森島「でも橘くんって結構モテるんじゃないの?」

塚原「ええっ!?そ、そうなの?」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:16:31.41 ID:PmgEhGr70
森島「だって同じクラスの子とよく放課後一緒に居るのを見るし……ほらロングヘアーの」

塚原「あ、あれは創設祭の……」

森島「創設際はもうとっくに終わったじゃない」

塚原「う……」

森島「それにほら、よくプールで見かけるもじゃっとした子とじゃれていたり」

塚原「棚町さんはその……中学からの腐れ縁だって橘くんが言っていたし」

森島「ひびきちゃん……それってかなり仲がいいってことよ?」

塚原「うぅ……」

森島「それから違うクラスの可愛い子だっているじゃない?」

塚原「さ、桜井さんは……そのただの幼馴染だって……」

森島「わお!そうだったの!?……それってかなり有利なアドバンテージじゃないの?」

塚原「うぅぅ……」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:27:07.90 ID:PmgEhGr70
森島「更には美也ちゃんのお友達として近い距離に居るいかにも可愛らしいって感じの子とか」

塚原「え、ええっと……中多さんだっけ?彼女はただ美也ちゃんのお友達ってだけだから」

森島「そうかなぁ?とてもそれだけ、って感じには見えないじゃない?」

塚原「うぅぅぅぅ……」

森島「そして同じ一年生枠で逢ちゃんとも仲がいいでしょ?」

塚原「な、七咲もやっぱり美也ちゃん経由なだけで……」

森島「出会いは美也ちゃん関係ないところであったって言っていたわよ?」

塚原「うぅぅぅぅぅ……」

森島「極めつけにダークホースのこの私!」

塚原「ええ!?は、はるかもなの……?」

森島「まぁそれは流石に冗談だけど……『も』ってどういうことかなぁひびきちゃん♪」

塚原「えっ……あ!!///」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:36:27.84 ID:PmgEhGr70
森島「ふっふっふ、ついに尻尾を出したわねひびき!」

塚原「な!?は、図ったわねはるか!!」

森島「ひびきちゃんが素直にならないのが悪いのよ!」

塚原「ぐぬぬ……」

森島「それでそれで?やっぱりラブ?橘くんラブなのねひびきちゃん!」

塚原「ちょっとはるか!そんな大きな声で」

森島「大丈夫大丈夫、こんな所で知人に会うなんて事そうそうあるわけ……」

橘「あれ?塚原先輩に森島先輩?どうしたんですかこんな所で」

森島「」

塚原「」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:41:54.38 ID:PmgEhGr70
塚原「た、たた、たちばなくん!?///」

橘「はい、そうですけど……どうかしましたか?」

塚原「い、今の……聞いてたの?」

橘「え?いや僕の名前が聞こえた気がしたので気になって声のほうに来ただけですけど」

森島「奇遇ね橘くん、ちょうどキミの話をしていたところなのよ♪」

橘「そうだったんですか、いやぁお2人の話題に挙がるってだけでなんだか恐縮ですね」

森島「もうっ、そんなことないわよ♪ね、ひびき?」

塚原「」

森島「ひびき?」

塚原「///」ボシュー

森島「ありゃ、固まっちゃったか」

橘「ええ!?だ、大丈夫なんですか?」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:46:52.87 ID:PmgEhGr70
森島「大丈夫よ、すぐに元に戻ると思うから」

橘「ならいいんですけど……」

森島「とはいえここでこのままじゃアレだしそこのカフェにでも入りましょうか」

橘「え?塚原先輩はどうするんですか?」

森島「そんなの橘くんが運んでくれればいいじゃない」

橘「ぼ、僕がですか!?」

森島「む~、なぁに、イヤなの?」

橘「イヤというかむしろ役得……いや、そうじゃなくていいんですか?」

森島「オッケーオッケー♪むしろひびきちゃんも喜ぶだろうし」

橘「はぁ……?」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 21:57:07.28 ID:PmgEhGr70
森島「それじゃひびきのことよろしくね~私は席取っておくから」

橘「ちょ、先輩!?…………いっちゃった」

塚原「///」シュゥゥゥゥゥ

橘「どうしたものだろうか塚原先輩はやっぱり動く様子はないし運ぶしかないのか?」

橘「しかしどうやって……ここはスタンダードにおんぶか?いや、それだと塚原先輩の胸の感触が背中にダイレクトに……」

橘「それともお姫様抱っこで……いや、それだと塚原先輩の足に手を回して抱えることに」

橘(な、なんてことだ!僕にはそんなのどちらかを何て選べるはずがないじゃないか!!一体どれが正解なんだ!?)

橘(どうする……どうするんだ橘純一!男として決断を下すことがこれほど難しい問題が他にあるだろうか!!)

橘(いや、うろたえるな純一、僕は紳士として決断を下せばいいだけの事だ!……しかし改めてみると塚原先輩ってスタイルいいなぁ)




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:03:29.99 ID:PmgEhGr70
橘(すらっとしていながらしっかりと主張をしているあの胸……よし、決めたぞ!僕はおんぶを選ぶ!!)

塚原「あ、あれ?橘くん?」

橘「はい!不埒なことを考えていてすいませんでした!もう二度とプールを覗いたりしませんっ!!」

塚原「へ?何の話?」

橘「あ、いえ……なんでもないです」

塚原「ならいいけど……なんだか落ち込んでない橘くん?」

橘「そんな訳ないじゃないですかいやだなぁ塚原先輩、ハハハ」

塚原「そ、そう……(あれ?ひょっとして泣いている?)」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:09:09.61 ID:PmgEhGr70
塚原「ねぇ橘くん、そういえばはるかは?」

橘「あ、森島先輩だったらそっちのカフェに」

塚原「そうなんだ、それじゃ行こうか?」

橘「あ、はい!」

塚原「それはそうと橘くん?」

橘「なんですか?」

塚原「さっき何かやろうとしていなかった?」

橘「い、いえっ何も!」

塚原「そう、ならいいけど……」

橘(ほ……少しでも決断が早かったら危なかったか?……いや、リスクを考えても惜しいことをしたなぁ、クソッ)




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:16:12.54 ID:PmgEhGr70
森島「あー、2人ともやっと来た!遅いぞ、もう」

橘「すいません森島先輩」

塚原「遅いぞって言われても貴女いつの間にお店に入ったのよはるか」

森島「何言っているのよひびき!ひびきちゃんが真っ赤になって固まっちゃったからいけないんじゃない」

塚原「固まってって……あ!そういえば橘くん!?」

橘「はい?」

塚原「い、いつからそこに……?///」

橘「いつからってさっきそこで僕の名前が聞こえたから見てみたら先輩方がいたんですが」

塚原「あ……///」カァァァァ

森島「はいはいひびき、それはもういいから早く座った座った」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:22:37.00 ID:PmgEhGr70
森島「あ~あ、それにしてもつまんないなぁ~」

塚原「いきなり何よ」

森島「だぁってさ~、ひびきがあんな風になっちゃってたから橘くんがおんぶかお姫様抱っこかでつれてくると思っていたのに」

塚原「な、なによそれ!?橘くん!?」

橘「はい、すいませんでした!」

森島「はぁ、なんで何もしていないのに謝っちゃうかなぁ……」

橘「いや、つい……」

塚原「そ、そう何もなかったのね……そう」

森島「あれ?残念がってる?ちょっと残念がってるのひびきちゃん?」

塚原「な!?そんなことないわよ!?///」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:24:03.45 ID:dNkwJ2HB0
ひびきちゃんかわいい




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:27:22.14 ID:PmgEhGr70
森島「それはそうと2人とも何頼む?」

塚原「ぐ、そうやって話を……」

店員「ご注文はお決まりですか~?」

森島「はーい!私はホットカフェオレで。ひびきちゃんは?」

塚原「え、あ……ホットアメリカン、ブラックで」

森島「橘くんは?」

橘「僕は……塚原先輩と同じもので」

店員「はいっ、ご注文繰り返させていただきます。ホットカフェオレ一つとホットアメリカンのブラックがお二つですね?」

森島「はいっ」

店員「承りました少々お待ち下さい。では失礼します」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:37:52.43 ID:PmgEhGr70
森島「ねねね、どうよ橘くん?ここの店員さんの制服かっわいいでしょ!」

橘「え?ええ、そうですね」

森島「やっぱりそう思う?だからここのカフェはお気に入りなのよ~♪」

橘(た、確かにさっきの店員さんも可愛かったし制服もフリルが可愛いいしスカートも……)

塚原「……」

森島「はぁ~ここで美也ちゃんがバイトしていれば毎日でも来るんだけどなぁ」

橘「あはは、でも美也の趣味からするとここの制服には袖を通そうとしないでしょうね」

森島「む~そうなんだ、残念」

橘「森島先輩はどうです?こういう可愛い制服着てみたいと思ったりしますか?」

森島「私?う~ん私は着たいって言うよりこれを着ている可愛い子を見ていたいわねぇ」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:47:09.57 ID:PmgEhGr70
森島「そうだ!ひびきちゃんはどう?」

塚原「え?わ、私!?」

森島「そうそう、ひびきちゃんならスタイルいいしきっと似合うわよ」

塚原「私には……やっぱりこういう可愛い服は似合わないと思うんだけど」

森島「そんなことないわよ!ねぇ、橘くん?」

橘「そうですね塚原先輩なら何でも似合いますよ」

森島「さっすが橘くん、わかってるわね!」

塚原「そ、そんなことないわよ……///」

橘「絶対似合いますよ、塚原先輩が着たらきっと可愛いですよ」

塚原「か、かわっ!?///」

森島「そうよねそうよね!もう、なんでひびきはそこまで自分の容姿に自信がないのかなぁ?」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 22:54:45.15 ID:PmgEhGr70
塚原「だ、だって私はこんな強面だし……」

森島「そんなことないと思うんだけどなぁ」

塚原「もう、このやり取りだって何度したと思ってるのよ」

森島「むむむ……ひびきちゃんのわからず屋!」

塚原「はいはい、わからず屋で結構よ」

森島「そうだ!橘くん、橘くんはどう思う?」

橘「ぼ、僕ですか!?」

塚原「ちょっとはるか!?なんで橘くんに聞くのよ!」

森島「だってひびきちゃん私が言っても信じてくれないんだもの、だったら他の人の意見も聞くべきじゃない?」

塚原「そ、それそうなのかもしれないけどよりによって……///」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 23:01:19.16 ID:PmgEhGr70
森島「ねねね、どう橘くん?」

橘「そ、そうですね……えーっと」

塚原「うぅ……///」

橘(あ、塚原先輩が顔を赤くして下を向いてしまった……いつもはキリッとしていて綺麗って印象が確かに強い)

橘(だけどこう言うときの塚原先輩はいつものイメージと相まってとても可愛く見えるんだよなぁ……よし!)

橘「とっても魅力的だと思いますよ。普段は綺麗って印象ですけどふとした時に見せる表情とかとても可愛い時もありますし」

塚原「!!///」

森島「わお!よくわかってるわね橘くん!褒めてつかわす!」

橘「はは、ありがとうございます」

森島「ほらほらひびき、橘くんもこう言っているんだしいい加減認めなさいよ」

塚原「」

森島「……ひびき?」

塚原「///」ボシュゥゥゥゥ

森島「ありゃ、また固まっちゃった……もう、橘くんのせいなんだからね!」

橘「ええっ!?そ、そんなぁ……」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 23:36:01.10 ID:PmgEhGr70
森島「あんな口説いてる様な言い方したらダメよ!」

橘「く、口説いてるってそんな……」

森島「そのつもりがなくてもダメなの!ひびきちゃんは純情で初心なんだから!」

橘「う、すいません……」

森島「まぁこういうひびきちゃんが可愛いんだから別にいいんだけどね♪」

橘「え!じゃあ今なんで僕は謝らされたんですか!?」

森島「細かいことは気にしない気にしない」

橘「は、はぁ……」

森島「あ、ほらほらひびきちゃんが再起動するわよ」




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 23:41:35.89 ID:PmgEhGr70
森島「おーいひびきー?」

塚原「ぅ……ん?はるか?」

森島「おかえりひびきちゃん」

塚原「た、ただいま?」

橘「大丈夫ですか塚原先輩?」

塚原「あ……橘くん///」

橘「すいませんでした、僕が変なことを言ったばかりに……」

塚原「う、うん…………謝らないで欲しいのに……」ボソッ

橘「何か言いましたか、塚原先輩?」

塚原「な、なんでもないよ!」

橘「そうですか?」

森島「」ニヨニヨ

塚原「……何笑っているのよはるか」

森島「べっつにー♪私のことは気にしないで続けて続けて♪」

塚原「何をよ!///」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 23:46:42.97 ID:PmgEhGr70
店員「お待たせしましたー。ホットカフェオレがお一つとホットアメリカンのブラックがお一つお持ちしました」

橘「あ、注文したものが来ましたね」

店員「ホットカフェオレご注文のお客様は……?」

森島「はーい♪」

店員「はい、それとこちらがホットアメリカンのブラックになります」

店員「以上でご注文はおそろいですか?」

塚原「はい」

店員「それではごゆっくりどうぞー」

橘「それじゃあ頂きましょうか」

森島「そうね、のど渇いちゃったし」

塚原「ん……」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/12(日) 23:57:10.11 ID:PmgEhGr70
森島「それはそうと何で橘くんはここに?何を買いに来ていたの?」

橘「え、ええっと……もうすぐ受験生になる訳ですし参考書でも見ようかと……」

塚原「へぇ、そうなんだ。なにか目当てのものとかあったの?」

橘「いえ、特に……どういうのがいいのかをちょっと見に来たって感じですね」

塚原「そう、良かったら私が使っていたヤツを教えてあげようか?使いやすくていいものだったから」

橘「あ、お願いできますか?」

森島「わお!橘くんって結構真面目なのねぇ」

塚原「貴女も橘くんみたいだったら受験間近になって慌てる必要なんてなかったのにね」

森島「う……もう!共通一次は無事乗り切ったんだからもういいじゃない!ひびきの意地悪!」

橘「あ、あはは……(新作のお宝本を物色になんてうっかり口を滑らさなくて良かった……)




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:03:38.74 ID:yAiyLB5/0
橘「そういう先輩方は何を?」

塚原「私たちは久しぶりにお洋服とかを見にね」

森島「そうそう、それと下着もね♪」

橘「ぶっ!」

森島「あらあら~?どうしたの橘くん♪」

橘「い、いえ別に……」

塚原「もう、はるかへんなこと言って橘くんをからかわないの」

森島「ん~♪いい反応ね期待通りでグーよ!」

橘「は、はぁ……(し、心臓に悪いな)」

森島「まぁこっちは最近ひびきがブラがきつくなってきたって言ってたからね」

塚原「は、はるか!余計なことは言わないのっ!///」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:06:09.38 ID:/Ko2+9K50
太ったのか? それとも更なる成長を……?




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:11:43.50 ID:yAiyLB5/0
森島「なによ~それでひびきが下着も見たいって言ったんじゃない」

塚原「そ、それはそうだけどそれを橘くんに言う必要はないじゃない!」

森島「部活に行く頻度を減らしてから急に……って」

塚原「いい加減にしなさいはるか!///」

橘「……ゴクリ(今まででも十分大きいと思っていたのに……そうか、塚原先輩はまだ成長中なのか……)」

森島「あらあらぁ~どうしたのかなぁ橘くん?」

橘「な、何でもありません!」

塚原「……橘くんのえっち///」

橘「う!?……す、すいません」

塚原「もうっ///」




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:19:28.57 ID:yAiyLB5/0
森島「あとは……バレンタインの準備かな?」

塚原「ちょ!?はるかっ!」

橘「あぁ、そういえばそんな時期ですね」

森島「私はひびきちゃんと美也ちゃん、それと橘くんにもあげるから心して受け取るように」

橘「本当ですか!?ありがとうございます!」

塚原「そういうのを事前に宣言するっていうのはどうなのよ……」

森島「ん~?いや、私のは別に他意があるわけじゃないし……ね、ひびき?」

塚原「だ、だから私は別に……」




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:28:32.21 ID:yAiyLB5/0
森島「でも橘くん結構いろんな子から貰ってるんじゃないの?」

橘「そんなことは……」

森島「ほら、よく一緒にいる女の子いるじゃない。もじゃっとした感じの」

橘「もじゃっと……ああ、薫ですか。そうですね、毎回変な小ネタ仕込んできますねアイツは」

塚原「……」ピクッ

森島「へー、例えば例えば?」

橘「例えば……去年なんかはチョコレートかと思って齧ったら……」

森島「思ったら?」

橘「……チョコレートに扮装した、飴でしたココア味の」

森島「ぷっ、なにそれ面白いわね!今度お兄ちゃんにやってみようかしら♪」

橘「できればやめてあげてください……思っていた食感と違う感覚って結構アレなんです」




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:38:55.58 ID:yAiyLB5/0
森島「それから幼馴染の子とかは?」

橘「梨穂子ですか?梨穂子はお菓子大好きなんでいつも自分が美味しいと思ったものを持って来てくれますね」

塚原「……」

森島「そうなんだ。毎年?」

橘「え?ええ、なんだかんだで毎年ですね」

森島「へー、なんだかいいわねそれ。私って幼馴染の異性って居ないから羨ましいかも」

橘「そんなもんですか?」

森島「そうよ!家が隣で自分の部屋から消しゴムとかを相手の部屋の窓にぶつけて呼び出して部屋越しに会話とか素敵じゃない!」

橘「いや、家が隣ではないですから」

森島「そして何とかして同じ高校に入学できたと思ったら『一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし』ってこっ酷く断られるのよ!」

橘「先輩、そのネタは危険なんで勘弁してください」




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:41:02.28 ID:/Ko2+9K50
小ネタを挟みおるwww




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 00:52:01.70 ID:yAiyLB5/0
橘「塚原先輩?」

塚原「何、橘くん」

橘「さっきから黙り込んでますけど何かありましたか?」

塚原「別に……」

橘「そ、そうですか(あ、あれ?なんだか怒ってないか?)」

森島(作戦通り……!嫉妬に駆られるひびきちゃんも可愛いわぁ~……もっとつついてみよっと♪)

森島「ところで橘くんは今年貰えるあてはそれ以外にあるのかな?」

橘「う~ん、そういうのは自分ではなんともわからないですね」

森島「そう?同じクラスで今年創設祭実行委員長やってた黒髪ロングな子は?」

橘「絢辻さんですか?……絢辻さんは、なんとも判断しづらいですね」

森島「そうなの?放課後創設祭が終わってからもよく一緒に居るの見かけるんだけど?」

橘「ああ、あれは彼女が生徒会長に立候補するというんでクラスのみんなでバックアップ活動しているんですよ」




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:00:33.47 ID:yAiyLB5/0
森島「そのわりには橘くんと2人っきりのことが多い気がするんだけど……」

橘「ああ、それはなんでも僕を副会長に指名したいとか何とか……なんだかんだで創設祭でサポートしてたのがしっくり来たみたいで」

森島「わお!それって実質上の告白とかじゃないの?」

塚原「……」

橘「あははは、まさか~絢辻さんはそういう公私混同するような人じゃないですよ」

森島「でもそういう関係を築けているならチョコもらえるんじゃないの?」

橘「どうなんですかね?まぁもらえたら嬉しいですけどね、あはは」

森島「そうよねぇ~あんな綺麗で可愛らしい子にもらえたら男冥利に尽きるってもんよね、このっこのっ!」

塚原「……」ギリッ

森島(あんなにカップを強く握っちゃって……効いてるわね!)

橘(何だこのプレッシャー……つ、塚原先輩からか!?)




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 01:17:17.23 ID:yAiyLB5/0
森島「それから美也ちゃんとよく一緒に居る子と逢ちゃんとかは?」

橘「紗江ちゃんと七咲ですか?そうですね……」

森島(なるほど、紗江ちゃんね……あの子も美也ちゃんや逢ちゃんと違ったベクトルの可愛さだからチェックしてたのよね)

橘「まぁたまに美也と遊びにウチにも来てますし……ひょっとしたら義理くらいは貰えたらいいなぁとしか」

森島「またまた~そんな事いいながら本命だったりするんじゃないの?」

橘「う~ん……紗枝ちゃんにはまだ少し怖がられているのかなぁって思うこともありますし」

森島「ありゃ?そうなの?」

橘「ええ、なんだか露骨に目を反らされたりとかしょっちゅうありますし」

森島「目をそらすか、ふむ……」

橘「七咲に関してはあんまり尊敬すらされていない感じでよくため息つかれますし」

森島「そう?あの逢ちゃんがあんなに砕けて年上に接しているのは珍しいのよ?」

橘「そうなんですか?」

森島「ええ。そうよねひびきちゃん?」

塚原「え!?え、ええ確かに七咲は礼儀正しい子だからよほど親しくしてないとああはならないんじゃないかな?」




182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 08:29:24.32 ID:ugUCo5QC0
森島「むむむ……意外とモテモテなのね橘くん」

橘「いや、そんなことは……」

森島「挙句の果てに私のひびきちゃんにまでその毒牙に掛けるなんて」

塚原「ちょっと何言い出すのよ!?ち、違うんだからね?///」

森島「大丈夫大丈夫、わかってるって」

塚原「わかってないから言ってるんでしょ!」

森島「もう、細かいこと気にしすぎよひびき」

塚原「細かくないでしょ!た、橘くんにその……誤解させちゃうのは良くないでしょ?」

森島(ひびきちゃんもいい加減奥手というか往生際が悪いというか……)

橘「?」

森島(こっちはこっちで普通気が付きそうなもんなのに気付く様子もないし……まだまだ楽しめそうね♪)




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 08:37:22.08 ID:ugUCo5QC0
橘「それで塚原先輩はどなたに渡すんですか?」

塚原「へぁ!?そ、それは……///」

森島(なんというタイミングでなんという質問、この子はホントにもう……グッド!よくやったわ、褒めて使わす!)

塚原「えっとそれは……その……」

橘「やっぱり水泳部の方たちにですか?」

森島「ひびきちゃんそういうところマメだから毎年用意しているのよ。ね、ひびき?」

塚原「う、うん、それとお世話になっている人たちにも少し……」

橘「へぇ~、やっぱり手作りなんですか?」

塚原「!?」

森島「わお!良くわかったわね!」

橘「いや、塚原先輩ってなんだか完璧って感じがするのでやっぱり料理とかも上手なんだろうなぁって」

塚原「ぅう……///」

森島「ぷっ、あはははは♪だってさひびき?」

塚原「笑わないそこ!」




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 08:43:22.93 ID:ugUCo5QC0
橘「え?僕何か変な事言いましたか?」

森島「いやぁ変なことって訳じゃないけどね、そっかそっか~」

橘「?」

森島「あのね橘くん、ひびきちゃんは容姿端麗で成績優秀かつ運動神経も抜群で人望もあるじゃない?」

塚原「何言ってるのよはるか……」

橘「そうですね」

塚原「た、橘くんまで……もう///」

森島「どこへ出しても恥ずかしくない、叶うならば私がお嫁にしたい完璧超人ひびきちゃん……しかし!」

橘「しかし?」

森島「そんな彼女にも唯一……唯一苦手なことがあったのです」

橘「ま、まさか……?」

森島「そう、そのまさかよ橘くん……ひびきちゃんはお料理が苦手なのよ!」

橘「な、なんだってー!!!」




190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 08:55:55.55 ID:ugUCo5QC0
橘「へぇ、なんだか以外ですね」

塚原「そんなことないよ……どうも台所に入ると変に緊張しちゃって変なミスしちゃうし」

森島「そうなのよねぇ、こればっかりは何とか克服してもらわないと将来きっと困っちゃうわよね橘くん?」

橘「え?僕がですか」

塚原「な、何を言い出すのよはるか!?///」

森島「ほら、やっぱり結婚とかしたら料理ってかなり必須スキルじゃない?一般論として」

橘「一般論としてそれはまぁ確かにそうかもしれませんけど……」

森島「でしょ?そこばっかりはひびきに頑張ってもらわないと……私が苦労すると思うのよ!」キリッ

橘「あははは、先輩方は本当に仲がいいですね」

森島「当然よ、愛し合っているんだから!ね、ひびき」

塚原「はぁ、まったく……馬鹿言ってないの」




194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 09:03:05.64 ID:ugUCo5QC0
橘「でも」

森島「うん?」

橘「塚原先輩みたいな人が奥さんになってくれたら料理とかは二の次に考えちゃいますよね」

塚原「え?ええええ!?」

森島「わお!愛の告白!?告白なのね橘くん!」

橘「いやだなぁ森島先輩、塚原先輩みたいな人を僕なんかがどうこうできるはずないじゃないですか」

森島「いやいや、わからないわよ~?ね、ひびき?」

塚原「そ、そんなことは……ゴニョゴニョ///」

森島「もう、そこははっきり言ってあげないとダメじゃないひびき!」

塚原「言えるわけ無いでしょばかはるか!」

森島「も~、ひびきちゃんったら恥ずかしがりやさんね~」

橘(先輩達は本当に仲がよくていいなぁ)




198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 09:18:41.34 ID:ugUCo5QC0
森島「それに橘くんさっきからひびきのこと完璧って言っているけど意外とそうでもないのよ?」

橘「へぇ~そうなんですか?」

森島「そうねぇ、例えば……あ、ひびきと初めてパジャマパーティーしたときのことなんだけどね」

塚原「ちょっとはるか!その話は!///」

橘(森島先輩と塚原先輩のパジャマパーティーの様子だって!?な、なんてことだその時点で究極のコンテンツじゃないか!!)

森島「大丈夫よ~ひびきが思っているのは一緒にお風呂に入ったときの話でしょ?その話はしないって」

塚原「そっちは確かに絶対ダメだけど……何を話すつもりよ」

森島「まぁまぁ、いいからいいから♪」

橘(一緒にお風呂だって!?……聞きたい、すごく聞きたい、とんでもなく心引かれる話だ……)

森島「それでね、お風呂から上がった後少しお話をしていたんだけど……ひびきったら12時廻った時点でそのままの姿勢で寝ちゃってたのよ」

橘「へぇ~塚原先輩は夜苦手なんですか?」

塚原「うん、どうにも夜更かしとかは出来なくってね……部活とかもあるし寝るのはいつも早いかな?」




223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 13:11:51.77 ID:ugUCo5QC0
橘「けど別にそれくらいなら人それぞれで終わる話だと思うんですが」

森島「ふっふっふ、甘いわね橘くん!私のひびきちゃんがその程度の力だと思わないことね!」

橘「な、なんですって……!?」

塚原(なんでこの2人はこんなにノリノリなのよ……)

森島「流石にそのままって訳にも行かないからベッドに移動してもらおうとしたのよ」

橘「まぁ、下手したら風邪引いちゃいますもんね」

森島「ええ、だから肩をを揺すって『おーい、ひびきーここで寝ると風邪引いちゃうわよ?』って声をかけたの」

橘「まぁ普通の対応ですよね」

森島「そしたらひびきちゃんがね……『んぅ……やぁ……』ってか細い声で揺すっている私の手を握ってきたのよ!」

橘「なにそのかわいいいきもの」

塚原「えっ!?何それ?わ、私知らないわよそんなの!」




284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 18:49:04.12 ID:yAiyLB5/0
森島「嘘じゃないわよ、あの時のひびきちゃんは本当に可愛かったんだから」

橘「塚原先輩がそんな……」

塚原「ちょ、ちょっと何よ橘くんその反応は……」

橘「いえ、そんな可愛い先輩僕も見てみたいなぁって」

塚原「なぁ!?///な、何を言い出すのよ橘くんまで!」

森島「フッ、甘いわね橘くん……」

橘「どういうことですか、森島先輩」

森島「ひびきは……私のひびきちゃんはそんなモンじゃないわよ!この話にはまだ続きがあるんだから!」

橘「ば、馬鹿な!?まだこの上があるって言うんですか塚原先輩!?」

塚原「だから私は知らないって言ってるじゃない!」




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 18:56:40.90 ID:yAiyLB5/0
森島「そこから更に私が『ほらひびき、いい加減ベッドに行くわよ!』って強めに揺すって声を掛けたら……」

橘「か、掛けたら……?」

塚原(ほ、本当に!?本当にそんなことがあったの!?)

森島「ひびきがね……こう、両手を差し出してきて両手を開いてこちらに見せてきて言ったの……」

橘「……」ゴクリ

森島「『んん~?……だっこ』ってね!!」

橘「」

塚原「う、嘘よ!流石にそればっかりはないでしょ!!///」

森島「本当にあったことよ、それから私がひびきちゃんを抱えてベッドに運んで一緒に寝たんだから」

塚原「そんなこと信じられないわよ、もう!ほら、貴女が変な事言うから橘くん固まっちゃったじゃない」

森島「ありゃ、本当だ。う~ん、橘くんなら喜びそうないいエピソードだと思ったのになぁ」

塚原「捏造しすぎだから橘くんも呆れちゃったのよ、まったく」




290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:00:19.39 ID:yAiyLB5/0
森島「むむむ……本当にあったことなのに~」

塚原「はいはい」

森島「もう、ひびきのわからず屋!お~い橘く~ん、どうしちゃったのよ急に」

橘「……い」

塚原「い?」

橘「いぃぃぃいいいいいやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおう!!!」

塚原「」ビクッ

森島「」ビクッ

橘「あの塚原先輩が……あの塚原先輩が!!半ば寝ぼけた感じでこちらにおねだりするように『……だっこ』とか最高じゃないですか!!!」

森島「でしょ、でしょ!そうよね?やっぱりそう思うわよね!?」

塚原「」




293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:04:45.00 ID:yAiyLB5/0
橘「おかえりんりん!おかえりんりん!」

森島「おかえりんりん!おかえりんりん!」

塚原「こ、こら!ここお店の中よ!?というかそれはいい加減忘れてよ!!///」

森島「ひびきちゃんはかわいいなあ!!」

橘「流石森島先輩のお母さん!!」

塚原「ちょ、ちょっと……もう少し静に……」

森島「おかえりんりん、お兄ちゃん!」

橘「おかえりんりん!おかえりんりん!」

塚原「うぅ……な、なんでこんなことに……」

店員「あのぉ、お客様?店内ではお静かに願いま~す♪」ニッコリ

橘・森島「す、すいませんでした」

塚原(笑顔が怖い……)




294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:09:10.74 ID:yAiyLB5/0
森島「もう、ひびきちゃんのせいでお店から追い出されちゃったじゃない!」

塚原「明らかに私のせいじゃないわよね!?」

森島「ひびき、それは違うわよ」キリッ

塚原「何がよ」

森島「ひびきが可愛すぎるのが悪いのよ!」

塚原「はいはい、馬鹿言ってないの」

森島「あーん、もう!ひびきのいけず!」

塚原「はぁ、もうこのお店には来れないわね……」

橘「スイマセンでした先輩」

塚原「橘くんも、はるかに乗せられて変なことばかりやってちゃダメよ?」

橘「う……」

森島「あ~何それ!私のときと明らかに態度が違うじゃない!」

塚原「当たりまえでしょ、貴女のせいなんだから」

森島「む~!」




301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:33:59.44 ID:yAiyLB5/0
森島「う~ん、まぁそれは置いといてこれからどうしよっか?」

塚原「置かないでよ、本当に恥ずかしかったんだから……」

橘「先輩たちはもうお買い物は良いんですか?」

森島「もうお目当てのものは買っちゃったしね」

塚原「そうね、もう解散で良いんじゃないかしら?」

森島「え~!折角なんだしもっと遊びたいじゃない」

塚原「あのねぇはるか、貴女はまだ受験が完全に終わったわけじゃないでしょ?」

森島「う……」

塚原「油断していると痛い目見るんだから、早めに帰って勉強したら?」

森島「もうっ、ひびきは口うるさいところが難点ね!橘くんも気をつけなさい?」

塚原「た、橘くんは関係ないでしょ!」

森島「将来のための助言だもん」

塚原「な!?///」

橘(何の話だ……?)




303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:42:26.32 ID:yAiyLB5/0
森島「はぁ~、仕方ないから帰って勉強でもするかなぁ」

塚原「そうしなさい」

森島「はぁ~い」

橘「あはは、本当に塚原先輩って森島先輩のお母さんみたいですね」

塚原「ちょっとやめてよ、こんなに大きくなってもこれだけ手の掛かる子なんてゴメンだわ」

森島「そんなことないもん!」

塚原「あるからこれだけ言っているんでしょ」

森島「もうっ、ひびきちゃんキライっ!」

塚原「はいはい、キライで結構よ」

森島「む~!」




305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:48:32.15 ID:yAiyLB5/0
橘「ま、まぁまぁ、お2人ともそのくらいに……」

森島「う~……もういい帰るっ!」

塚原「はいはい、帰ってからちゃんと勉強するのよ」

森島「べーっ、だ!ひびきちゃんに言われなくってもちゃんとやりますよーだ!」

塚原「そうしなさい」

森島「ふんっだ!」

橘「あ、あの塚原先輩?」

塚原「どうしたの橘くん?」

橘「いいんですか?森島先輩かなりご立腹な様子なんですが」

塚原「大丈夫よあの子なら明日にはけろっとしてるわよ」

橘「そ、そうですか」

塚原「そうよ、良くあることだからキミが気にする必要はないよ」

橘「は、はぁ」




306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 19:54:50.42 ID:yAiyLB5/0
森島「あ、そうだ!忘れてた!」

橘「うん?何をですか?」

森島「橘くん!」

橘「はい」

森島「ひびきちゃんのエスコート役はキミに譲るからちゃんと無事に送り届けるのよー!」

塚原「何言い出すのよはるか!?べ、別に一人で帰」

橘「わかりました!」

塚原「た、橘くんまで!?」

森島「ちょっと位なら送り狼になってもいいからねー♪」

橘「し、しませんよそんなこと!!」

塚原「は、はるかっ!///」

森島「あはははっ♪それじゃあまた明日ねー♪」

塚原「……///」カァァァ

橘「……あっという間にいつもの森島先輩でしたね」

塚原「ええ、ああいう子なのよ……」




308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:03:08.59 ID:yAiyLB5/0
橘「え、えっと、それじゃあ帰りましょうか?」

塚原「い、いいよ!そんなはるかの言っていたことなんて気にしなくて!」

橘「いえ、確かにそれもあるんですが……」

塚原「う、うん」

橘「やっぱり塚原先輩が心配だから僕が送りたいんです」

塚原「えっ……」

橘「ご迷惑ですか?」

塚原「そ、そんなこと……ない、けど……///」

橘「よかった、それじゃあ一緒に帰りましょう」

塚原「う、うん……///」

森島(流石ね橘くん!私の期待通り……いえ、それ以上にかわいいひびきちゃんをその調子で引き出して頂戴!)




311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:08:58.50 ID:yAiyLB5/0
橘「それで先輩はどちらの方なんですか?」

塚原「駅の方だけど……キミの家とは反対方向じゃないの?」

橘「確かにそうですが……あれ?先輩って僕の家ご存知でしたっけ?」

塚原「え!?そ、それは……ほ、ほら!はるかや七咲と一緒に帰ったとき途中で分かれたからあっちの方じゃないかなって」

橘「あぁ、そういえばそんなこともありましたね」

塚原「う、うん……」

橘「でもその位どうってことないですよ。さ、行きましょう」

塚原「ええ、そうね」




313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:15:28.40 ID:yAiyLB5/0
橘(と、一緒に帰りだしたのはいいんだけど……)

塚原「……///」

橘(う~ん、塚原先輩が下を向いて黙ったままになってしまったぞ……一体どうしたものか……)

塚原(ど、どうしよう……はるかとたまにはってことで学校帰りにちょっと買い物でもしようって寄り道しただけなのに……
   どうしてこんな事になっているのかしら!?)

森島(むむむ……ああやって照れ照れなひびきちゃんは大層可愛くって結構なんだけど物足りないわね~)

橘「あの、塚原先輩?」

塚原「は、はい!?」

橘「そういえば塚原先輩もバレンタインのチョコレートは誰かに渡すんですか?」

塚原「ええっ!?///」

森島(バカッ!いくらなんでも直球過ぎるわよ橘くん!)




316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:22:17.03 ID:yAiyLB5/0
塚原「え、えっと……それはほら!水泳部のみんなにとか、ね」

橘「あ~なるほど、毎年あげているんですか?」

塚原「そうね、なんだかんだで毎年かな?一年生の時とかは部の友達と一緒に用意していたけどもう部長だしそれとは別に用意してあげないとね」

橘「はぁ~、なるほど。部長ともなると大変なんですね」

塚原「ふふっ、そんなことないよ。これも好きでやっているようなことだし」

橘「そんな風に考えられるのってなんだか凄いなぁ」

塚原「橘くんだってどこかの委員会や部活の責任者とかやってみればわかるよきっと」

橘「そんなものなんですかね?」

塚原「うん、そんなものだよ」




317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:27:15.97 ID:yAiyLB5/0
塚原「といっても橘くんは貰う側だからそんなこと関係ないか、ふふっ」

橘「う~ん、貰う側といっても本当にもらえるかどうかわかったもんじゃないですよ、あはは……はぁ」

塚原「そ、そうなの?」

橘「ええ、まぁ貰えると言ってもきっと毎年恒例な義理チョコばっかりでしょうしね……言ってて虚しくなってきた」

塚原「そっか……そうなんだ……」

橘「……?」

塚原「……よしっ!」

橘「塚原先輩?」

塚原「あ、あのね橘くん?///」

橘「はい、どうかしましたか?」

塚原「そ、その……良かったらでいいんだけど……」




321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:35:49.48 ID:yAiyLB5/0
橘「はぁ……」

塚原「わ、私が作ってきたらその……ちょ、チョコ……貰ってくれる、かな?///」

森島(わお!ひびきちゃんついに攻める気になったのね!これはいい展開よ♪)

橘「え……ええ!?」

塚原「や、やっぱりそうよね、私なんかが作ったものなんかじゃ……」

橘「そんなことあるわけないじゃないですか!!」

塚原「……えっ」

橘「本当に塚原先輩の手作りがもらえるんですか!?」

塚原「う、うん……いいの?」

橘「良いも何も願ったり叶ったりですよ!」

塚原「迷惑じゃない、かな?」

橘「とんでもない!むしろ嬉しいですよ!」

塚原「……本当に?」

橘「勿論ですよ!なんだったらここで踊りだしたいくらいです!」




325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:44:15.11 ID:yAiyLB5/0
橘「なんだったら本当に踊ってもいいです!」

塚原「そ、それは流石にやめて!」

橘「はい!」

塚原「でも私料理ってさっきはるかも言っていたように得意じゃないから美味しくないかも……」

橘「そんなの関係ないですよ!塚原先輩の手作りってだけで十分です!」

塚原「そう、なの……?」

橘「そうなんです!いや~塚原先輩の手作りチョコか……楽しみだなぁ!!」

塚原「そ、そんなに期待されると逆に作って来にくいわよ!」

橘「大丈夫です、塚原先輩の作ったものであればきっとどんなものでも美味しくいただけますから!」

塚原「そ、そっか……それじゃ頑張って作るから過度の期待は禁物よ?」

橘「はい、楽しみにしてます!」

塚原「もうっ……ふふっ」

森島(きゃあああああああ!見た!見た!?今のひびきちゃんのかわゆい笑顔!!あれは永久保存版ね!)




330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 20:51:01.81 ID:yAiyLB5/0
橘「あ、もう駅まで着きましたね」

塚原「ぁ…………もう着いちゃったんだ」

橘「え?何か言いましたか先輩?」

塚原「な、なんでもないよ!///」

橘「そうですか?」

塚原「う、うん!それじゃあここまででもう大丈夫だから……それじゃまた明日ね橘くん!」

橘「え?あ、はい、さようなら、ってもう行っちゃった……足早いなぁ」

橘「しかし塚原先輩の手作りチョコか……楽しみだなぁ」




332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 21:00:18.68 ID:yAiyLB5/0
塚原(ぅぅうううう……その場の勢いとはいえとんでもない約束をしちゃった……ど、どうしよう!?)

塚原(とはいえ今更なかったことなんかにできない、よね……橘くんあんなに喜んでくれていたし……)

塚原(……うん、頑張って本当に喜んでもらえるようなものを作ろう、ふふっ!)

森島「わお!ひびきちゃんの乙女回路がギュンギュン回っているみたいね♪」

塚原「は、はるか!?」

森島「手作りチョコあげる約束取り付けるなんてやるじゃないひびきちゃん!このっこのっ!」

塚原「な、なな……ま、まさか貴女後を付けて聞いていたの!?」

森島「『わ、私が作ってきたらその……ちょ、チョコ……貰ってくれる、かな?///』」

塚原「///!?」

森島「『や、やっぱりそうよね、私なんかが作ったものなんかじゃ……』」

塚原「//////!?」

森島「いや~恋する乙女なひびきちゃんはとぉ~っても可愛かったわよ♪」

塚原「……はるかっ!!!///」




335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 21:08:34.65 ID:yAiyLB5/0
森島「もう!いいじゃない別に、私には隠さなくってもさ」

塚原「そういう問題じゃないでしょ!」

森島「まぁまぁ、それでそれで?やっぱり好きなんでしょ橘くんのこと」

塚原「そ、それは……///」

森島「といっても今日のひびきちゃんの様子見ていれば普通は解っちゃうわよね~」

塚原「え……ほ、本当に?」

森島「それはもう!見たまんまの可愛い可愛い恋する乙女だったわよ……橘くんが気付かれなかったのがある意味凄いわね」

塚原「う……///」




337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 21:15:24.16 ID:yAiyLB5/0
森島「さて、それじゃあもうバレンタインも明日なんだし気合入れてチョコ作るわよ!」

塚原「うん……って、なんではるかがそんなに気合入れているのよ?」

森島「だってひびきちゃん一人じゃ心配なんだもの」

塚原「わ、私だってチョコレートを溶かして固めるくらい……」

森島「……ホントにぃ~?」

塚原「で……出来るわよ」

森島「それじゃあどうやって溶かすの?」

塚原「それはお鍋にチョコレートを……」

森島「……うん、解った。解ったから私も手伝うわ」

塚原「ええっ!?だ、ダメなの!?」




340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 21:19:41.89 ID:7ask6sJYO
手づくりチョコセットがあるのに説明文を読まない響さんさすがです!




344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 21:23:12.41 ID:yAiyLB5/0
森島「ひびきちゃん…流石に女の子としてそれはどうなの?ってレベルよそれは」

塚原「うぅ……///」

森島「もうっ、ひびきちゃんは私がついていないとダメなんだから」

塚原「で、でもはるかは今大事な時期なんだからそんなことで……」

森島「ひびき!」

塚原「な、なに?」

森島「そんなことなんて言わないで……親友の大事な恋愛を応援するのはそんなことなんかじゃないわよ」

塚原「はるか……」

森島「だから協力させてよ。ね、ひびきちゃん?」

塚原「…………うん、ありがとう」

森島「勉強でいつもお世話になっているのに比べたらどうってことないわよ!」

塚原「ふふっ、それじゃあチョコ作りが終わったら勉強教えてあげるわね」

森島「ええっ!?なにそれひびき!?」

塚原「ふふっ……ほんとうにありがとう、はるか」

森島「いいってことよそれくらい♪」




371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:12:23.73 ID:yAiyLB5/0
森島「森島・ラブリー・はるかのラブリークッキング♪はっじまるよ~!」

塚原「は、はるか?」

森島「もうひびき!こういうのはノリが大事なんだからちゃんと合わせて合わせて」

塚原「う、うん」

森島「それでは気を取り直して……森島・ラブリー・はるかのラブリークッキング♪はっじまるよ~!」

塚原「は、はじまるよ~」

森島「それでは本日はバレンタイン直前ということで簡単なトリュフチョコ作りに挑戦してみたいと思いま~す♪」

塚原「ええっ!?そんな難しそうなのできるの?」

森島「大丈夫大丈夫、結構簡単なんだから」




379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:28:09.48 ID:yAiyLB5/0
森島「それでは市販の板チョコを細かく刻んでガナッシュ用のものとコーティング用のもので分けてボウルにいれまーす」

森島「そうしたらまずはガナッシュからということで鍋で生クリームを沸騰するまで温めまーす」

森島「沸騰してきたらすぐに火からおろしてそこに先ほど準備したガナッシュ用のチョコを生クリームで溶かします」

森島「それからお好みの硬さになるまでかき混ぜて涼しいところに置いてゆっくり冷やします」

森島「時々かき混ぜながらお好みの硬さになるまでゆっくりとまちまーす」

森島「適度な硬さになったところでオーブンシートを敷いたバットの上に均等な大きさで置いていきます」

森島「それを冷蔵庫で30分くらい冷やして下さいね……今回は時間もあれなのであらかじめ冷やしたものを」

森島「さきほど小分けしたガナッシュを手のひらでころころと丸くお団子にしていきまーす」

森島「お団子状にしたら次はコーティング用のチョコレートを湯せんで溶かしていき、触ってもも厚くない温度まで冷やします」

森島「冷めたところで解けたチョコを手にとって先ほどお団子状にしたガナッシュを手の上で転がしながらコーティングします」

森島「コーティングしたものをココアパウダーの上で転がしていけば……トリュフチョコのでっきあがりー♪ね、簡単でしょ?」

塚原「ごめん、はるかもう一回……」

森島「ありゃ……」




382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:32:54.75 ID:yAiyLB5/0
~3時間後~

塚原「や、やっと……」

森島「できたー♪頑張ったわね、ひびき!」

塚原「うん……これもはるかのお陰よ……本当にありがとう!」

森島「いいのよひびきちゃんのためと思えばこれくらいなんともないわ!」

塚原「はるか……」

森島「ただね」

塚原「う、うん」

森島「3時間はいくらなんでも掛かりすぎじゃない!?普通1時間以内に作れなきゃおかしいのよこれ!?」

塚原「し、仕方ないじゃない!本当に苦手なんだから!」




383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:38:23.16 ID:yAiyLB5/0
森島「う~ん、困ったわね……まさかこんな時間になるとは思ってもみなかったわ」

塚原「ご、ごめんはるか」

森島「もういっそのことひびきちゃんの家に久しぶりにお泊りしちゃおうかしら?」

塚原「それは多分構わないだろうけど……着替えはどうするの?」

森島「大丈夫!ブラウスさえ何とかなればこんなこともあろうかと今日のお買い物で下着も一式買っておいたんだから♪」

塚原「はいはい、それは流石に偶然でしょ」

森島「ばれたか」

塚原「そのくらい解るわよ普通」




387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:43:56.87 ID:yAiyLB5/0
森島「いや~流石の私でもまさか明日ひびきちゃんが本命チョコで勝負に出るなんて展開は読めなかったからね~」ニヤニヤ

塚原「う……そ、それは///」

森島「これだけ頑張ったんだしきっと明日は上手くいくわよ♪」

塚原「そう、かな……?」

森島「当然じゃない!私自慢の親友がこれだけ思いを込めて作ったチョコなんだからバッチリよ」

塚原「……ってちょっと待ってはるか」

森島「どしたのひびき?」

塚原「このチョコレート渡すだけよね?」

森島「……え?」

塚原「えっ?」




392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 22:51:44.22 ID:yAiyLB5/0
森島「このチョコレートと一緒に私の思いも受け取って(はぁと)な展開込みに決まってるじゃない!」

塚原「ええええ!?///」

森島「何を今更……私がここまで協力したんだから半端はなしよ♪」

塚原「うぅ……で、でも私なんかが言っても……」

森島「はぁ……なんでひびきちゃんはそんなに自分に自信がないかなぁ?」

塚原「だって……私は昔からこんな強面だし」

森島「そんなことないわよ、ひびきはとっても可愛いわよ?」

塚原「それははるかがいつも言っているだけで他の人はそんな風に……」

森島「う~ん、確かにひびきちゃんは可愛いっていうより断然綺麗って印象だけど」




394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:00:28.70 ID:yAiyLB5/0
塚原「そ、そんなことないわよ///」

森島「あるの!ひびきはいい加減自分の魅力ってものを自覚すべきだわ!」

塚原「それにたとえはるかが言ってくれている通りだとしても……橘くんがそんなこと考えてすらいない可能性だって」

森島「何言ってるの!それこそ大丈夫よ」

塚原「……はるか?」

森島「私が大好きなひびきちゃんの魅力がわからないような男の子にひびきちゃんを任せようなんて思わないわよ、私は!」

塚原「はるか……うん、ありがとう」

森島「ふふっ、もうさっきからお礼ばっかりよひびき」

塚原「だって、本当に嬉しいから……はるかみたいな子が親友でいてくれて」

森島「それこそ今更よ。それに万が一橘くんがそんな事言おうものなら……ふふふっ」

塚原「は、はるか?ら、乱暴はダメよ?」

森島「大丈夫、『好きです』って言うまで膝つめ説教かしらね……」

塚原「そ、それもダメー!!」




395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:06:29.02 ID:yAiyLB5/0
森島「とはいえ……いい加減お台所片付けないとね~」

塚原「そ、そうね……」

森島「高々チョコレート作りでここまで荒れ果てるのかしらね?」

塚原「ど、どうしてだろうね?」

森島「ひびき」

塚原「な、なにかな?」

森島「もうちょっとお料理の方も頑張った方が良いわよ……橘くんの為にも自分の為にも」

塚原「はい、精進します……」




400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:13:47.54 ID:yAiyLB5/0
森島「むむむ……」

塚原「どうしたのよ難しい顔しちゃって」

森島「なんで?」

塚原「なにがよ」

森島「なんで料理はダメダメなのにお方付けはそんなにテキパキ出来るのよ!?」

塚原「知らないわよ!というか私だって好きで料理が下手な訳じゃないわよ!」

森島「これはもうひびきを究極にして至高の存在にしないために作為的なものが働いているとしか……」

塚原「馬鹿なこと言ってないで手を動かしなさいよ」

森島「いえ、むしろひびきちゃんはメシマズすら武器にする魔性の女だというの!?」

塚原「メシマズとか言うな!」




402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:24:14.21 ID:yAiyLB5/0
森島「はぁ~、やっと終わった……」

塚原「お疲れ様、はるか」

森島「ほんと疲れちゃった……もう今日はお勉強はなしでいいわよね?」

塚原「そうね、私も疲れちゃったし」

森島「さっすがひびき、話せるわね!」

塚原「さっきカフェでわからず屋って言われた気がするけど?」

森島「い!?そ、そんなことあったかしらね~?」

塚原「まったく、調子いいんだから」

森島「そ、そうだ!それよりもういい時間だし折角だから一緒にお風呂入らない?」

塚原「そうね……そろそろ休みたいし良いわよ」

森島「やたっ!」




407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:35:25.58 ID:yAiyLB5/0
森島「ほらほら、早く早く!」

塚原「もう、そんなに慌てなくてもお風呂は逃げたりしないわよ」

森島「何言っているのひびき!ひびきちゃんが逃げちゃったらいけないじゃない」

塚原「別に逃げたりしないわよ」

森島「ひっびきちゃんとおっ風呂♪ひっびきちゃんとおっ風呂♪」

塚原「何がそんなに嬉しいのかしらね……ほんとに」

森島「だってこうやってお泊りすること自体久しぶりじゃない?」

塚原「それはそうよ、貴女自分が受験生だって忘れてないでしょうね?」

森島「もちろん覚えてるけど今夜だけは忘れてもいいじゃない、明日はひびきにとって大事な日なんだし♪」

塚原「そ、それとこれとは関係ないでしょ!」




408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:38:31.01 ID:Veh/dmGN0
森島先輩と響ちゃんのエロエロバスタイム…ふぅ…




409: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2012/02/13(月) 23:40:45.85 ID:xcdCnlAC0
>>408
おいはやいぞっ・・・ふぅ・・・




411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:43:45.53 ID:yAiyLB5/0
森島「あるに決まってるじゃない、今日はひびきの決起集会みたいなもんなんだから♪」

塚原「はいはい、もうその話はいいからさっさとお風呂に入るわよ!///」

森島「はーい♪」ニヨニヨ

塚原「くっ……もうっ!」バサッ

森島「わお!やっぱり大きくなっているわねひびきちゃん!」

塚原「そうなのよね……流石に泳ぐのに少し邪魔に」

森島「ストーップ!」

塚原「な、なによ?」

森島「それ逢ちゃんとかの前では絶対に言っちゃダメよ?」

塚原「どうして?むしろ七咲は泳ぎやすそうで羨まし」

森島「だからそれも言っちゃダメ!」

塚原「?」




413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:49:00.89 ID:yAiyLB5/0
森島「もう、ひびきはどうして自分の魅力とか武器とかが自覚できないのかしらね……」

塚原「訳わからないこと言ってないで早くしたら?」

森島「え、もう脱いじゃったの?」

塚原「はるかがモタモタしているからでしょ」

森島(はぁ~やっぱりひびきちゃんの身体は綺麗ね~♪締まる所はしまっていて出るところも適度に……いいわぁ~)

塚原「先に入っているから早くしなさいよ」

森島「あん、待ってよひびき!」




420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/13(月) 23:55:00.30 ID:yAiyLB5/0
~ひびきの部屋~

森島「はぁ~♪さっぱりした」

塚原「さっぱりした、じゃないわよ本当にもう……」

森島「ありゃ?どうかしたのひびき?」

塚原「どうかしたの?じゃないわよ、あんなことまでしておいて……」

森島「あ~、だって仕方ないじゃない?あんなに綺麗なものにむしろ手を出さないほうが失礼だわ!」

塚原「だからってお風呂であんな風にはしゃぐんじゃありません、小学生じゃないんだから」

森島「はーい、反省してまーす♪」

塚原「ホントかしらね、まったく……」




429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:03:10.75 ID:HcxdViJl0
塚原「はぁ……今日は色々ありすぎて本当に疲れたわ」

森島「良いじゃない、何もないなんてむしろつまんないわよ」

塚原「それはそうだけどありすぎるのも困りものなのよ」

森島「そう?色々あった方が楽しいじゃない」

塚原「その色々が他人に振り回されてっていうのは疲れるのよ」

森島「ふ~ん、そんなものかしらね?」

塚原「……元凶が何を言うか」

森島「えー?何のことかよくわかんなーい♪」

塚原「この子は本当に……」




434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:13:04.51 ID:HcxdViJl0
塚原「それじゃ、そろそろ寝ましょうか」

森島「えぇー!?」

塚原「そうは言ってももういい時間だし明日も学校よ?」

森島「それはそうだけど……むむむ」

塚原「なによ」

森島「どうせだから寝ぼけた可愛いひびきちゃんにもう一回『だっこ』っておねだりされたいなぁって」

塚原「だ、だから私はそんなことしてないわよ!」

森島「む~、本当なのになぁ」




437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:21:04.12 ID:HcxdViJl0
森島「それにもうちょっとひびきちゃんともお話していたいし……ダメ?」

塚原「ふぅ……話だったらベッドの中でも出来るからそれで良いかしら?」

森島「うんうん♪」

塚原「それじゃあ電気は消しておくわよ」

森島「はーい♪」

パチン

塚原「はい、おやすみはるか」

森島「ちょ!?いきなり寝ようとしないでよひびき!」

塚原「冗談よ、たまにはやり返さないとね」

森島「むむむ……」




439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:28:21.52 ID:HcxdViJl0
森島「それじゃあ話題といえば当然……」

塚原「はるかの受験の話しかしらね」

森島「そんなの全然楽しくないじゃない!」

塚原「そうかしら?」

森島「そうなの!……ひびき、ここぞとばかりに反撃しようとしていない?」

塚原「気のせいよ」

森島「今日このタイミングで話すことといえばバレンタインの話に決まってるでしょ!」

塚原「そ、その話はもう散々したから良いじゃない!」

森島「え~まだ聞いてないこと一杯あるもん!例えばぁ……ズバリひびきちゃんは橘くんのどこを好きになったのか!?とか?」

塚原「そ、それは……」

森島「それは?」




441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:37:05.00 ID:HcxdViJl0
塚原「……何でなのかしらね?」

森島「なにそれ!?」

塚原「最初ははるかがたまたま気まぐれでから揚げをあげていた後輩の子でしかなかったわね」

森島「あぁ~!そんなこともあったわねぇ……もうあれから三ヶ月くらい経つのかしら?」

塚原「それから七咲と一緒に居るところとかはるかと話をしているところとかを良く見かけるようになって……」

森島「うんうん、彼のお陰で美也ちゃんとも仲良くなれたのよね!」

塚原「そうやっている内に私自身も彼と接することが多くなっていって……」

森島「短い間だったけど3人でいろんなことをしたわね~」

塚原「そうやっている内に……いつの間にか彼のことを目で追っている自分に気がついたとき、かな?」

森島「おぉ~……」

塚原「な、なによ///」

森島「なかなかに恥ずかしい台詞ね今の♪」

塚原「ぅ……茶化すんならもいい!寝る!」




443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:41:42.76 ID:h0xLJ3Z40
ニヤニヤがとまらない




445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:43:50.52 ID:HcxdViJl0
森島「あ~ん、ゴメンゴメンひびきちゃん。続けて続けて?」

塚原「もう茶化さない?」

森島「しないしない!」

塚原「もう……それから彼と休日に保育園のお手伝いをしているところを見つかって」

森島「あぁ~、あれはあれで楽しい思い出ね~」

塚原「あの時も彼やはるかには本当に助けられて……その時思ったのよ」

森島「うん?」

塚原「こんな自分がはるかや橘くんと離れてちゃんとやっていけるのかな、って」

森島「ひびき……」




451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:57:26.00 ID:HcxdViJl0
塚原「今までだっていろんな人に助けられて……今日のことだってはるかに助けられっぱなしで」

塚原「そんな風に感じたときに思ったのは……はるかと、それから橘くんと別れたくないって」

塚原「それからかな……私は彼のことが好きなんだって思ったのは……」

森島「そっか……」

塚原「うん……といっても受け入れてもらえる自信なんて全然なくて今でも不安で一杯なんだけどね」

塚原「ひょっとしたら今のままで十分なんじゃないかって思ってたりもするけど……」




452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:57:59.42 ID:HcxdViJl0
森島「けど?」

塚原「けど、この思いに対して前に進もうって思えたのははるかのお陰だから……だから……」

塚原「……」

森島「……ひびき?」

塚原「……」スースー

森島「むむむ……言いたいことだけ言って寝ちゃったわね、ひびき」

塚原「あり、がとう……はるか……」

森島「……ふふっ、お礼を言うにはまだ早いわよ」

森島「それに、私自慢の親友が振られるなんてあるわけないんだから……その時にもう一回聞かせてね、ひびき」

森島「おやすみ、ひびきちゃん」




534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 09:15:49.77 ID:1TWHEqay0
~朝~

森島「ん~……っ、よく寝た~!」

塚原「……」スースー

森島「おぉ!そういえばひびきの家に泊まっていたんだっけ、起きたら横に天使が寝てたからびっくりしたわ♪」

塚原「……んぅ」

森島「ふふっ、おーいひびきちゃーん!朝よ~」ユサユサ

塚原「ぅ……んっ……ん~」

森島「むむむ、手強いわね……おーい、ひびきー!」ユッサユッサ

塚原「ん~……」

森島「おぉ~さすがつけてないだけあって身体を揺するだけで揺れるのねぇ……これ楽しいかも♪」




536:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 09:21:49.72 ID:1TWHEqay0
塚原「……ん?」

森島「ありゃ、起きちゃった……おはようひびき♪」

塚原「ん~~~~~?……はるか?」

森島「そういえば寝起きのひびきちゃんもアレだったわね……橘くんに教えてあげればよかった」

塚原「おはよぉはるか……ん?なん、ではるかが……?」

森島「何言っているのよひびき、昨日チョコを作ってそのまま泊まったんじゃない」

塚原「チョコ…………あ」

森島「目が覚めたひびき?」

塚原「う、うん」

森島「流石に橘くん絡みだと起動も早いみたいね♪今度からこの手で行こうかしら?」

塚原「そ、そんなんじゃ……」

森島「ふふっ、改めておはようひびき」

塚原「もう……おはようはるか」




540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 09:28:33.76 ID:1TWHEqay0
森島「さぁ!今日は決戦の日なんだからしっかり登校前に準備していくわよ!」

塚原「べ、別に学校行くだけなんだからそんなのいいよ」

森島「甘い!その考えが既に甘いわひびき!恋は戦いなのよ!!」

塚原「だ、だからって学校なんだから制服で行くしかないんだし」

森島「ん~どうしようかしら?やっぱり軽くファンデーションとか……あ、あと淡い色のリップを塗ってもいいかも♪」

塚原「すこしは人の言うこと聞きなさい!」

森島「も~聞いてるわよ、ひびきはそのままでも自信満々ってことでしょ?」

塚原「な!?そ、そんなわけないでしょ!」

森島「でも私もおめかししたひびきちゃんが見たいから却下ー♪さ、まずは洗顔からよ~」

塚原「ちょ、ちょっとはるか!?」




544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 09:36:25.89 ID:1TWHEqay0
森島「わぁ、やっぱりひびきってばお肌も綺麗ね~お手入れとかちゃんと欠かしてないわね♪」

塚原「そ、それは……この前はるかに何故か怒られたから」

森島「当然じゃない!元がいいからって手抜きはダメよ、ましてひびきは水泳やっているんだから余計に必要なんだから!」

塚原「別にいいのに」

森島「よくない!ひびきちゃんみたいに綺麗なのに自分に無頓着なのは罪なんだから!」

塚原「だ、だからってはるかにやってもらわなくても……」

森島「いいのいいの、私が好きでやってるんだから♪ほら、動かないの!」

塚原「は、はい……」




619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:20:33.25 ID:HcxdViJl0
森島「これでよし、っと!どうひびきちゃん?」

塚原「どうって言われても……そんなに変わったようには……」

森島「はぁ……ひびきはもっと自覚を持った方がいいわよ、本当に」

塚原「どういうことよ?」

森島「ううん、なんでもない。こういうことって自覚しちゃうのもアレかも知れないしね」

塚原「?」

森島「まぁこれで出陣の準備が整ったわ……覚悟はいい、ひびき?私は出来ているわよ♪」

塚原「……確かにはるかにとっては楽しいことでしょうね」

森島「な、なんのことから?」

塚原「この上なく楽しんでるでしょ貴女」




621:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:30:42.07 ID:HcxdViJl0
森島「や、や~ね~ひびき、私は単純に大切な親友の恋を応援しようという友情から……」

塚原「へぇ…………本音は?」

森島「恋愛ごとに不慣れなひびきちゃんが可愛らしくてたまりませんでした、ハイ……」

塚原「ふっ、まったくはるかは……」

森島「で、でもひびきちゃんを応援したいって言うのは掛け値なしの本音なんだからね!……怒ってる?」

塚原「別に怒っていないわよ、それもわかっているからね」

森島「……へ?」

塚原「散々からかわれたから今のはちょっとした仕返しよ」

森島「ちょっとやめてよねひびき!今本気で焦ったんだから!」

塚原「ふふっ……さて、いつまでも遊んでる訳にもいかないから早くご飯食べて学校に行こうか」

森島「は~い!」




624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:45:22.46 ID:HcxdViJl0
~橘家~

橘(ついに……ついに今日という日が来た!いつもは憂鬱でしかなかったこの日が今年だけはこんなにも楽しみになるなんてな……ふふふ)

美也「もう、にぃに!何朝からニヤニヤにやけているのさ!気持ち悪いよ」

橘「な!?美也!お前は兄に向かってなんてことを!」

美也「だって本当の事だも~ん」

橘「ふっ、とはいえ今日の僕は何でも許せてしまいそうなほど満ち足りている……感謝しろよ美也、今日という日に」

美也「うわ……本当にどうしたのにぃに、明らかにおかしいよ?」

橘「なんとでも言うがいい」

美也「ふ~ん、まぁいいけど。じゃあみゃーは先に行くけど遅刻しちゃダメだかんね!」

橘「あ~わかってるわかってる、僕もご飯を食べたらすぐ行くよ」

美也「それじゃいってきまーす!」

橘「おー車に気をつけろよ~……さて、僕もさっさと食べて行くとするか」

橘「あれ?さっきまで卵焼きはどこに行ったんだ?」

橘「…………美也ーーー!!!」




626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:49:39.11 ID:HcxdViJl0
~通学路~

橘「ったく、美也のヤツめ……」

梅原「よぉ大将!おはようさん」

橘「おぉ、梅原!おはよう」

梅原「はぁ、ついにこの日が来ちまったなぁ……」

橘「あぁ、バレンタインだな!」

梅原「なんだよ大将、いやに気合い入って……ま、まさか貰える当てがあるって言うんじゃねぇだろうな!?」

橘「ふっふっふ……そのまさかだよ!」

梅原「な、なんだと!?」




628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:53:43.11 ID:HcxdViJl0
梅原「だ、誰だ!?誰からもらえるって言うんだ橘!」

橘「それは例え梅原でも言えないなぁ……」

梅原「くっ、じゃあせめて何人から貰える当てがあるんだ!それだけでも吐け!」

橘「仕方ないなぁ、それだけは教えてやろう……聞いて驚け梅原!」

梅原「……ゴクリ」

橘「なんと……2人もだ!!」

梅原「……ほぉ~」

橘「あ、あれ……?」




629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 18:59:48.03 ID:HcxdViJl0
橘「な、なんだよその反応は!2人から僕がチョコレートを貰えるんだぞ!?
  もっと何かいいリアクションがあっても良いんじゃないか?」

梅原「いや、大将……いくら現実が辛いからって目を背けるのはよくねぇよ」

橘「なんだよそれ!?」

梅原「わかってる、わかっているさ大将……どうせ桜井さんと棚町から、だろ?」

橘「あ……」

梅原「その2人を数に入れるのはやめようや大将……俺も棚町からの義理チョコは数に入れてねぇよ」

橘「ち、違うぞ!僕だってその二人からはなんだかんだで毎年貰っているから数には……あ、いやありがたいんだけども違うからな!」

梅原「まぁまぁ大将、いいじゃねぇか。誰にでも間違いはあるさ……」

橘「だから違うって言ってるだろ!」




635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 19:24:36.30 ID:HcxdViJl0
棚町「なぁ~に朝っぱらから騒いでんのよアンタら……」

橘「か、薫!?」

梅原「た、棚町!?」

棚町「はぁ、ったく……そんなんだからモテないのよアンタ達は」

梅原「な、なんだと!?」

橘「言っていいことと悪いことがこの世の中にはあるんだぞ!」

棚町「何よ、事実じゃない」

梅原「ぐっ……こ、こいつ……」

橘「言い返せない自分が……憎いっ!」




636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 19:29:48.83 ID:HcxdViJl0
棚町「ホントにしょうもないわね……ホラ!はい」

梅原「お?おぉ……」

橘「これって……チョコか?」

棚町「そ、感謝しなさいよ!」

梅原「お、おう悪いな」

橘「あ、ありがとう薫……」

棚町「そんなモテないアンタ達にすらチョコレートを渡すアタシの慈悲深さといったら……
   まるで女神様みたいじゃない?」

橘「自分で言うなよ……」

棚町「何よ、文句あるんだったら返しなさいよね」

梅原「いや、俺は文句なんかないぜ?ありがとうな棚町」

棚町「うんうん、梅原君はわかっているわね……で、純一?」




639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 19:37:04.40 ID:HcxdViJl0
橘「な、なんだよ……」

棚町「何かアタシに言うことがあるんじゃないのぉ~?」

橘「ぐ……こ、コイツ!」

梅原「大将!悪いことは言わねぇ、ここはプライドを捨ててでも謝るべきだ」

橘「う、梅原……」

梅原「さもないと今日一日本当に惨めな思いをする羽目になるんだ!ここは堪えろ!」

橘「……ふっ」

梅原「た、大将?」

橘「ふっふっふ……」

棚町「何よ急に笑い出して……ついに頭おかしくなっちゃった?」

橘「失礼な!他に言い方があるだろ!というかお前は僕を何だと思っているんだよ!?」




642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 19:45:05.31 ID:HcxdViJl0
棚町「う~ん、そうねぇ………………変態?」

橘「おいっ!」

棚町「じゃあ一体なんなのよ」

橘「聞いて驚け!僕にはもう今日の当てが2つもあるんだぞ!!」

棚町「…………ふ~ん」

橘「あれ?なんで薫まで梅原と同じ様な反応を……?」

棚町「アンタねぇ、いくらモテないからって美也ちゃんと桜井さんを頭数に入れるなんて……よっぽど辛かったのね」

梅原「やっぱりそうなるよなぁ……」

橘「だからなんでそうなるんだよ!!」




643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 19:52:16.57 ID:HcxdViJl0
棚町「じゃあ誰よ」

橘「いいだろう!聞いて驚けよ二人とも!!なんと塚原先輩と森島先輩からだ!!」

棚町「……」

梅原「……」

橘「あ、あれ?何かリアクションはないのか?」

梅原「大将流石にそれは……」

棚町「アンタねぇ、いくら嘘でも限度ってもんがあるのよ?」

橘「だから嘘じゃないって!」

梅原「いや大将、いくらなんでもその2人から貰えるなんていうのは……なぁ?」

棚町「うんうん三年女子の二大巨頭じゃない、ありえないっての」

橘「ぐ……(い、言われてみれば確かにそうだ!!)」




649:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:02:50.53 ID:HcxdViJl0
棚町「わかった……わかったわよ純一、アタシが悪かったから、そのチョコ盗ったりしないからその位にしておきなさい?」

橘「思いっきり哀れまれた!?」

梅原「わかるぜ大将、そんな風に妄想しちまうこともある……けどやっぱりそこに逃げ込んじゃいけねぇよ」

橘「その上妄想扱いされた!?」

棚町「はいはい、ケリが付いたところでさっさと教室に行くわよ」

梅原「それもそうだな」

橘「くっ、こいつら……」




650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:09:06.25 ID:HcxdViJl0
森島「んん~?なんだか朝から騒がしい集団が居るみたいね」

塚原「まぁ、こういうイベントの日だからね。皆浮き足立っているんじゃないの?」

森島「またまた~そんな冷静かついかにもなコメント言っちゃって……ひびきもそうなんじゃないの?」

塚原「な!?」

森島「その上、は・じ・め・て☆の告白イベントまで控えているんだからそれどころじゃないわよね♪」

塚原「は、はるか!?///」

森島「もう、ひびきったら真っ赤になっちゃって可愛いんだから♪」

塚原「か、からかったわねはるか!」

森島「きゃー!ひびきちゃんが怒った~」

塚原「待ちなさい、はるか!」




653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:14:05.01 ID:HcxdViJl0
森島「あ!」

塚原「そんなことで注意を反らせるなんて思っているの?」

森島「あれって橘くんじゃない?」

塚原「そんな見え透いた嘘を……」

森島「おーい、橘くーん!」

塚原「だからその手には乗らないって……」

橘「あれ?森島先輩に塚原先輩。おはようございます」

森島「うん、おはよう」

塚原「……え?」




658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:22:54.33 ID:HcxdViJl0
森島「ほらひびき、ちゃんとあいさつはしないとダメじゃない」

塚原「たち、ばなくん……?」

橘「はい……どうかしましたか先輩?」

塚原「な……なんで……?」

橘「何でといわれましても……」

塚原「……」

森島「おーい、ひびきー?」

塚原「///」カァァァァ

ダッ

橘「へ?」

森島「わお!流石い早いわね~ひびきちゃん」

橘「……な、なんだったんですか今の」

森島「ん~、ちょっとしたおふざけに偶然が重なっただけだから気にしないで」

橘「は、はぁ……?」




662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:30:39.02 ID:HcxdViJl0
森島「おっと、いけないいけない。ひびきを追いかけないと!それじゃまた後でね橘くん♪」

橘「は、はい後で……」

森島「待ってよひびきちゃーん!」

橘「な、なんだったんだ……」

ポン

橘「うん?」

梅原「大将……」

橘「どうしたんだよ梅原?」

梅原「お前さん、一体何をやらかしたんだ?」

橘「何の話だよ……」




665:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:37:41.15 ID:HcxdViJl0
棚町「とぼけるんじゃないわよ!さっきの塚原先輩の態度はどう考えてもおかしいじゃない」

梅原「今度は一体何をやらかしたんだ?……いい加減ゲロっちまいな、楽になるからよ」

橘「待てお前ら!どうして僕が悪い前提で話を進める!?」

棚町「どうせしょうもないことをして塚原先輩を怒らせたんじゃないの?」

橘「なんて人聞きの悪い!」

梅原「本当かぁ?それにしちゃあさっきの塚原先輩はどう考えてもおかしかったぜ?」

棚町「うんうん」

橘「本当に何もしていないって!」




670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:51:18.49 ID:HcxdViJl0
棚町「ふ~ん?まぁいいけどね~別に」

橘「ほっ……」

棚町「でも、アンタが言ってたチョコの当てからは外れそうな気がするけど?」ニヤッ

橘「あ」

梅原「語るに落ちたな大将……」

橘「くっ……(こうなってしまっては確かに信じろっていう方が無理がある、か……う~ん、それにしてもなんだったんだろうさっきの塚原先輩は)」

棚町「ほら、ボサッっとしてないで早く教室に行くわよ!まったく、遅刻して留年になったらどうするのよ」

橘「いや、それはお前の日頃の行いが悪いせいだろ……」

棚町「うっさい!さっさと歩く!」

橘「はいはい……」




672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 20:57:56.29 ID:HcxdViJl0
森島「はぁっ、やっと追いついた……こら、ひびき!」

塚原「う……」

森島「もう、折角のチャンスだったのに何で逃げ出すかなぁ?」

塚原「だ、だって不意打ち過ぎて……それにあんなところで渡すなんて流石に……」

森島「気にしない!」

塚原「するにきまってるでしょ!」

森島「もう、細かいこと気にしすぎよひびきは」

塚原「はるかが気にしなさすぎなのよ……」




674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:11:33.37 ID:HcxdViJl0
森島「それに渡せないまでも折角のおめかしひびきちゃんのお披露目するいい機会だったのに!」

塚原「おめかしって……それは別に……」

森島「何言ってるのひびき、大事なことなんだから」

塚原「そうかしら?」

森島「甘い!甘いわよひびきちゃん恋は戦争なのよ!そんな考えじゃ横から誰かに掻っ攫われちゃうんだから!」

塚原「そ、それは……」

森島「アピールできるところでは目いっぱいアピールしないと!」

塚原「うぅ……はい……」

森島「きっと今日のひびきちゃんを見たら橘くんだって『あれ?いつもと違うな塚原先輩』ってまずは思うじゃない?」

塚原「う、うん」

森島「それが『あれ?明らかにいつもよりも綺麗だぞ!』になって最終的には『ひびき……可愛いよ……』ってなるのよ!」

塚原「明らかに段階かなりの数すっ飛ばしたわよね今!?」




677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:21:47.29 ID:HcxdViJl0
森島「こまけぇこたぁ」

塚原「そこは細かくないでしょ!?」

森島「もうっ、ひびきちゃんはわがままなんだから」

塚原「いや、おかしいのははるかだからね?」

森島「とにかく!そうなる為になんとしても今日、橘くんにチョコを渡すのよ!」

塚原「わ、わかってるよ……」

森島「タイミングはどうするの?」

塚原「その……出来れば人目にあんまり付かない方が……」

森島「ふむ、それなら放課後ね」

塚原「で、でも放課後は部活に……」

森島「今日はお休みっ!」

塚原「」




681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:31:38.92 ID:HcxdViJl0
森島「逢ちゃん達には私から言っておくから大丈夫よ♪」

塚原「で、でも……」

森島「あのねひびき、真面目なのもいいと思うしそこもひびきちゃんの魅力よ?でもね……」

森島「でも、ここで橘くんに思いを伝えれなかったらいつ伝えるのよ!」

塚原「そ、それは……」

森島「敵前逃亡するひびきなんて見たくないわ!私の親友はもっとかっこいいんだから」

塚原「はるか……ふふっ、でも振られちゃったらかっこ悪いかもね?」

森島「あらっ、それこそ無用な心配じゃない。私のひびきちゃんはそれ以上に可愛いんだから♪」

塚原「ふふっ何それ……でも、私の自慢の親友にそこまで言われちゃ引き下がれないわね、もう」

森島「うんっ♪それでこそひびきちゃんよ!」




683:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:39:06.18 ID:HcxdViJl0
~放課後・2-A~

橘「はぁ~今日も無事終わったな」

梅原「ああ、肉体的にはな……しかし、だ!なんなんだこの甘ったるい空気は!?」

橘「今日でかなりの数のカップルが誕生したんだろうな……」

梅原「くっそ~!なんなんだこの差は!?」

橘「結局僕らは薫の他には梨穂子から貰えただけ……つまり何の変化もなかったんだよな……」

梅原「言うな大将!ここはグッと堪えるんだ……こうして何かに耐える男の背中を鍛えることできっといつかは……」




687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:46:15.51 ID:HcxdViJl0
棚町「はいはい、それを続けていればモテるってんならアンタ達はきっと今頃モテモテよ」

梅原「ぐ……棚町……」

橘「ほっとけ!」

棚町「まったく、いつまで経っても進歩がないわね~」

梅原「うるせぇ!来年こそは……来年こそはだなぁ!!」

棚町「それ去年も聞いた」

梅原「ぐはっ」

橘「梅原ァァァァァァァァァ!!」




692:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 21:54:41.35 ID:HcxdViJl0
ガラッ

森島「失礼しまーす!」

ザワッ

棚町「え……嘘、森島先輩じゃないアレ」

「お、おい森島先輩が来たぞ!」

「ああ、でも一体なんでこの教室に……?」

森島「えーっとぉ……」

「だ、誰か探しているのか?」

森島「あ、いたいた♪お~い橘く~ん」

「「「!!!?」」」

橘(な、なんでよりにもよって今このタイミングで……)

森島「今ちょっといいかな?」

橘「い、いいですよ」

森島「そ、よかった♪じゃ、行こうか?」

橘「は、はい」




695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:03:05.78 ID:HcxdViJl0
森島「それじゃあ失礼しましたー♪」

橘(これは……少なくとも今日は教室に戻らない方がいいな、うん)

ピシャッ

「おい!今のはどういうことだよ!?」

「俺が知るか!つか知りたくもねぇよKUSOGA!!」

「橘の野郎おおおおお!なんでよりによってあいつが森島先輩に呼び出されてんだよ!」

「おい、落ち着け!今日は平日だ……単なる2月14日だろ」

「はぁ!?ふざけんじゃねぇよ!やっぱりバレンタインってことじゃねーか!」

「何?アイツ神なの!?そして俺はミジンコってことなの!?」

棚町「え……アイツが朝言ってたことってマジ……だったの?」

梅原「あ、ああ……どうやらそうみてぇだな、しかし……」

「とりあえず橘は殺そう」

「「「異議なし!!」」」

梅原(どっちに転んでも地獄が待ってるぜ大将……)




697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:07:43.47 ID:HcxdViJl0
橘「!?」ソクッ

森島「ん?どうしたの橘くん」

橘「い、いえちょっと殺気に当てられまして……」

森島「?」

橘「それよりどうしたんですか急に?」

森島「もう、忘れちゃったの?はい、これ」

橘「これって……まさかチョコレートですか?」

森島「そうよ、昨日あげるって言ったじゃない。忘れちゃったの?」

橘「い、いえまさか本当にもらえるとは思っていなくて……」

森島「ふふっ、そんな嘘つかないわよもう」




705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:18:03.91 ID:HcxdViJl0
森島「それに~もう一人まだ貰ってない人が居るんじゃないの?」

橘「えっ?どうしてそれを!?」

森島「知ってるに決まってるじゃない、だって他ならぬひびきちゃんのことでしょ?」

橘「あはは、なるほど」

森島「それでひびきなら屋上で待っているから……行ってあげて?」

橘「はい」

森島「それともう一つ!」

橘「な、なんですか?」

森島「ひびきのこと泣かせたら絶対に許さないんだからね!」

橘「へ……?」

森島「お返事!」

橘「は、はい」

森島「ん、よろしい。それじゃ頑張ってね♪」

橘「はぁ……(……何をだろう?)」




707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:26:23.41 ID:HcxdViJl0
森島「よし、行ったわね」

七咲「はい、ご苦労様でした森島先輩」

森島「はぁ~本当に疲れちゃったわ……まさか呼び出し役までやる羽目になるなんて」

七咲「上手くいきますかね?」

森島「ん~……さあ?」

七咲「ええ!?」

森島「だって決めるのは橘くんだもの♪」

七咲「で、でももし塚原先輩が振られちゃったら……?」

森島「大丈夫、その時は女の友情があるから!まぁ、万に一つもないとは思うけどね♪」

七咲「ふふっ、なるほど」

森島「さ、折角だし行くわよ逢ちゃん!」

七咲「え、どこにですか?」

森島「決まってるじゃない、屋上に覗きによ!」

七咲「」

森島「う~ん、どんな感じになのか楽しみね♪」




714:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:40:18.48 ID:HcxdViJl0
橘(この扉の向こうに塚原先輩が……よし!)

ガチャッ

橘「つ、塚原先輩?」

塚原「あ、橘くん……ご、ごめんね?こんな所に呼び出しちゃったりして」

橘「いえいえ、塚原先輩からチョコレートが貰えるならどこへでも馳せ参じますよ」

塚原「そ、そんな大層なものじゃないよ……」

橘「少なくとも僕にとってはそれくらいする価値が十二分にありますよ!」

塚原「そ、そう……そう言って貰えるだけで作った甲斐があったかな、ふふっ」

橘「!?」

塚原「どうしたの橘くん?」

橘「い、いえ何でもありません(つ、塚原先輩の笑顔に見とれていたなんていったら流石に怒られるよな……)」




717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:44:31.15 ID:HcxdViJl0
塚原「そう……」

橘「はい……」

塚原「……」

橘「……」

塚原(う……こ、ここからどうやって切り出せば……)

橘(な、なんだか今日の先輩は……いや、いつも美人だとは思っていたけどいつにも増して……)

森島(ああ、もうじれったいわね2人とも!)

七咲(ちょ、ちょっと落ち着いて下さい森島先輩!バレちゃますよ)




721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 22:53:59.97 ID:HcxdViJl0
塚原「あ、あのね橘くん!」

橘「は、はいっ」

塚原「それじゃあこ、これ……チョコレートなんだけど」

橘「はい……あ、本当に手作りなんですね」

塚原「うん……迷惑、だったかな?」

橘「そんなことある訳ないじゃないですか!」

塚原「本当に?」

橘「勿論です、それは昨日も言ったじゃないですか」

塚原「あ……うん///」




728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:01:25.22 ID:HcxdViJl0
塚原「それと、もう一つ……聞いてもらいたいことがあるんだけど、いいかな?」

橘「え?ええ……」

塚原「うん、ありがとう」

塚原「橘くんとこうして普通に話すようになったのはつい最近……この冬からだったよね」

橘「ええ、そうですね……ははっ、確か僕が人違いで森島先輩に振られたのがきっかけでしたね」

塚原「ふふっ、今思えばおかしな縁よねホント……でもそうやってはるかや橘くんと過ごせたこの冬はとても楽しかったよ」

橘「僕もですよ。ですけど先輩?」

塚原「えっ?」

橘「これで終わり、みたいな言い方しないでください……これからも、ですよね?」

塚原「橘くん……」




734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:10:17.43 ID:HcxdViJl0
塚原「うん……私もそうだったらいいなって思ってる、けど」

橘「けど?」

塚原「これから私が橘くんに言うことは……ひょっとしたらこれでそんな関係を終わらせちゃうかもしれない」

橘「先輩……」

塚原「それが正直とっても怖いと思う……でも、今の関係のままじゃ私は満足できなかったみたいだから……
   ふふっ、私って思ってたより我がままだったみたいだね……これじゃはるかのことは言えないかな?」

塚原「でも、ううん……だから聞いて、下さい……」

塚原「私は……橘くんのことが、好きです!」




736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:11:03.95 ID:eZR0c2OR0
きたあああああああああ




740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:12:15.83 ID:GVFPnUg60
全国壁殴り大会の始まりやでぇ




753:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:24:22.44 ID:HcxdViJl0
塚原「今までみたいに近くだけじゃなくて……貴方のすぐ隣に、居させて下さい!……ダメ、かな?」

橘「僕の話も、いいですか?」

塚原「え……」

橘「……僕にも最近になって好きな人ができたんです」

橘「その人のことを僕は最初とても大人でしっかりしていて、正直遠い存在だと思っていました」

橘「でも、いつからかよく一緒のときを過ごすようになって……その人はそんな遠い人なんかじゃないってことを知ることができました」

橘「そして、そうしていくうちにその人の魅力に気付いて……僕も好きになっていました、塚原先輩のことが」

橘「だから……僕と付き合ってください、お願いします!」




754:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:25:02.64 ID:SARwevWK0
    ┃   ┃━┓     ハ_ハ               ハ_ハ          ┃┃┃
  ┗┓━ ┃━┓ ┗━('(゚∀゚∩∧,,∧ ∧..∧ ∧..∧∩゚∀゚)'). ━━━━ ┃┃┃
  ┗┓━ ┗  ┃    O,_  〈(´∀`)(´∀`)(´∀`) 〉  ,_O       ┗┗┗
    ┗       ┃      `ヽ_)゚○-J゚ ゚○-J゚ ゚○-J゚ (_/´ .        ┗┗┗




765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:33:06.05 ID:HcxdViJl0
塚原「……」

橘「……あの、先輩?」

塚原「ダメ、だよ……」

橘「え……ええっ!?」

塚原「ちゃんと……私のに、応えて……グスッ、くれないと、ダメなんだから……ヒック」

橘「……先輩、」

塚原「だから、もういっかい……応えて?」

橘「はい、……喜んでお受けします。僕も貴女のことが大好きです、塚原響さん」

塚原「……うんっ」バッ

橘「うわっ、先輩!?」

塚原「もう!さ、最初に応えられたところで、ダメかと……思ったんだから!」

橘「え?あ……いやそんなつもりでは……」

塚原「ばか」

橘「でも、塚原先輩の可愛い嬉し泣きの顔もみれたし僕的には大満足ですよ?」




775:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:41:50.70 ID:HcxdViJl0
塚原「~~~////」バッ

橘「ちょ!?そんな顔を僕に押し付けてまで隠さないで下さいよ!」

塚原「動かないの!」

橘「ええ!?そんなぁ……」

塚原「だって、今酷い顔になっちゃっていると思うし……///」

橘「いや、可愛かったですよ?」

塚原「もう、そういう問題じゃないの!」

橘「はい……すいません」

塚原「ふふっ、もう……謝らないで、こういう時は傍にいてくれるだけでいいから」

橘「う……は、はい……///」




780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:49:42.91 ID:HcxdViJl0
森島「いや~いいものが見れたわね逢ちゃん!」

七咲「うう……///」

森島「ありゃ?どうしたの?」

七咲「わ、私にはその……ちょっと刺激が強かったみたいで……///」

森島「あ~確かに、あのひびきちゃんの愛らしさといったらもうね……」

七咲「それに告白直後からあんなにイチャイチャするものなんですか!?」

森島「う~ん……私も知らないけどその辺は個人差なんじゃない?」

七咲「な、なるほど……」

森島「それにしても上手くいってよかったわね」

七咲「はい、安心しました」

森島「それじゃあひびき……Happy Valentine♪」

おわり




784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:50:56.39 ID:HcxdViJl0
終わった3日もかけてごめんなさい
最後駆け足気味だったけどもう眠いし仕方ないよね?
風呂!!




785:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:50:57.33 ID:WjSfe9ZT0
おつかれ!




787:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:51:00.90 ID:VESDQzWS0
これは乙




793:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:52:16.70 ID:lQeJlQwaO
非常に乙だった
そんなに書けるのにいつも人任せすぎなんだよ
また楽しみにしてる




796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 23:54:01.75 ID:mqbXUmK70
これは良い甘々バレンタイン
おつっした




803: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2012/02/14(火) 23:56:32.64 ID:4GrvAqPQ0
>>1はできるやつだと信じてた!
たいへん乙
次も期待してる