スレURL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328039899/
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 05:49:47.62 ID:3qJkT+Gw0
男「今日久しぶりに従妹が遊びに来るらしい」

妹「へぇ…」

男「3年ぶりだからな~めちゃくちゃかわいくなってたり…」グヘヘ

妹「へらへらすんなこの変態!」ゲシッ!

男「おぶぇ!」

妹「ふん!」

ピンポーン

男「噂をすればってやつだな。はーい」


みたいな





8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:05:19.38 ID:3qJkT+Gw0
ガチャ

従妹「こんにちはー従妹でーす」

男「あ…お久しぶり…です」

男(めちゃくちゃかわいいがな!長いまつげ!かわいらしいおめめ!そしてなりよりなんだあのけしからんお胸は!)

妹「…」ゲシッ!

男「ぐへぇ!」

従妹「おにいちゃんだよね?」

男「お、おう」

従妹「おにいちゃんひさしぶりー!」ダキッ

妹「なっ!?」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:17:03.38 ID:3qJkT+Gw0
妹「ちょっ!?なにしてんのよ従妹!」

従妹「あ、妹ちゃんもひさしぶり。忘れてたよ」テヘペロッ

妹「なんですって~…それより!早く兄貴から離れなさいよ!兄貴もいやがってるし!」

従妹「そうかな~?」

妹 チラッ

男「おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい」グヘヘヘヘ

妹「~~~~っ!」ドンッ!

男「み、見事な延髄切り…」バタッ

従妹「お、おにいちゃん大丈夫!?」

妹「…ばか兄貴」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:27:13.63 ID:3qJkT+Gw0
妹(なんなのよこの女!いきなりきたと思ったら兄貴にだ、抱きついたりしちゃってさ!兄貴も兄貴だよ!あんな鼻の下のばしちゃってさ!ちょっとおっぱいが大きいからって…)チラッ

従妹「?」ボイーン

妹(くっそぉーーーー!)

従妹(おにいちゃんかっこよくなってたな…妹ちゃんもおにいちゃんのこと好きみたいだけど素直になれてないみたい。胸も私のほうがおっきいし、これを生かして妹ちゃんより先におにいちゃんのことメロメロにしてやるんだから!)

男「」ピクピク




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:34:41.53 ID:3qJkT+Gw0
妹「…いい加減起きろクソ兄貴」ドカッ

男「いてっ!うう、俺はなにを…」

妹「そんなところで寝っ転がってないで早く起きろ」

男「…」
 
妹「?」

男「今日は水玉か…」

妹「っ!やっぱ寝てろ!クズ兄貴!」グシャ!グシャ!グシャ!

男「ちょっ!?そこはしゃれにならないって!」ギャアア

従妹「クスッ 相変わらずだね。おにいちゃん」

妹「ったく…まあ従妹、あがってよ」

従妹「うん!おじゃましまーす」

男「」チーン




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:49:57.38 ID:3qJkT+Gw0
従妹「そういえばおじさんとおばさんは?」

男「なんかふたりで温泉旅行に行ったよ。相変わらずお盛んなこって」イテテ

妹「アンタねぇ…」

従妹「仲がよくていいことだよ」

男「ところで従妹、どれぐらいいるつもりなんだ?」

従妹「う~ん、まだちゃんと考えてないけど、2泊ぐらいしてもいい?」

男「まあ、いいんじゃないか?なあ妹?」

妹「…うん」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 06:59:21.40 ID:3qJkT+Gw0
男「おなか減らないか?そろそろお昼だし」

従妹「うん。朝あまり食べなかったからお腹ペコペコだよー」

妹「私も減った」

男「よし!じゃあなんか適当に作るからちょっと待ってな」テクテク




従妹「おにいちゃんって家庭的だよね。気配りもできるし。またそこがかっこいいよね」

妹「そう?私にはただの変態にしか思えないけど」

従妹「…じゃあ私おにいちゃんのこと狙っちゃおうかな~」

妹「なっ!?べっ、別にいいんじゃない!?あんな変態のなにがいいかわからないけど!別に兄貴のことなんか何とも…」ゴニョゴニョ

従妹「」ニヨニヨ




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:08:00.60 ID:3qJkT+Gw0
男「できたぞー、男料理の定番、チャーハンですよー」

従妹「わー!おいしそう!」

妹「兄貴はこまったらチャーハン作るよな」

男「そういうなよ。簡単なんだから。それとも妹はチャーハン好きじゃなかったか?」

妹「えっ!?いや、いつもおいしいけど…」ゴニョゴニョ

男「ん?」

妹「なんでもないわよ!ばか兄貴!」バキッ!

男「右ストレート!?」バタッ

従妹「いまのはさすがに理不尽だよ妹ちゃん…」

妹「ぅ…」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:18:39.49 ID:3qJkT+Gw0
そんなこんなで

「「「ごちそうさまー!」」」

男「どうだ従妹?なかなかおいしかったろ?」

従妹「うん!とってもおいしかったよ!おにいちゃん料理上手だね!」

男「さて、洗うかな」

従妹「あ、おにいちゃん!洗いもの手伝うよ!」

男「ん?いいのか?」

従妹「うん!ご馳走になったし、お手伝いするよ!」

男「じゃあおねがいしようかな。ありがたいよ。妹は壊滅的に家事ができないしな…」

妹 ムッ




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:26:12.14 ID:3qJkT+Gw0
妹「…壊滅的まではいかないもん」

男「とは言ってもなあ…洗いものさせたら半分の皿は破損。洗濯物させたらなぜか洗濯機が発煙。料理させたらなんか得体の知れないものができあがるし…」

妹「~~っ!うるさいうるさいうるさ~い!」ドカッ!ドカッ!

男「痛いっ!痛いって!」

従妹「ははは…じゃあ台所行こっ おにいちゃん」

男「お、おう」ヒリヒリ

妹「…」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:32:58.02 ID:3qJkT+Gw0
妹「…(私だってやればできる…はず…)」 

妹「…(テレビ見てる)」

カチャカチャキャッキャッ

妹「ん?」




従妹「こうふたりで台所にいると新婚さんみたいですね♪」

男「はは、従妹みたいなかわいい嫁さんをもらえる人は幸せだろうな」

従妹「おにいちゃんならもらってくれてもいいですよ」

男「またまた~」

イチャイチャ




妹「(なによあそこに形成されてる桃色空間は!?しかも従妹ちゃん近すぎない!?兄貴もデレデレしちゃって!ばか!)」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:38:50.93 ID:aYK1lXQE0
妹押せがんばれ期待




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 07:40:40.59 ID:3qJkT+Gw0
男「さて、洗い物も終わったし、これからどうしようか?」

従妹「私おにいちゃんとでかけたいな~」チラッ

妹「!」

男「そうか?じゃあ適当にぶらぶらするか。」

従妹「うん!」

妹「(まずい、このままじゃ…)」

男「妹も一緒に行くか?」

妹「!…うん」

男「わかった、ちょっと着替えてくるわ」

従妹 チッ




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 08:52:41.08 ID:3qJkT+Gw0
男「さむいなー」

従妹「ほんとにね。」

妹「で、どこいくのよ」

男「決めてない!」キリッ

妹「いばるな!」ゲシッ

男「おぅふ」

従妹「まあまあ♪」ギュッ

妹「! ちょっと!なにさらっと腕組んでんのよ!」

従妹「えっ?なに~?妹ちゃんも組めばいいじゃん。もう片方の腕空いてるよ」

男「おっぱい…おっぱい…」グヘヘ

妹「っ!~っ!」ゲシゲシ

男「あべし!」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:06:45.75 ID:3qJkT+Gw0
妹「ん、こんなとこにゲーセンあったっけ?」

男「そういや最近できたらしい」

妹「私ゲーセンいきたい」

男「最近行ってなかったしな」

従妹「ゲーセンよく行くの?」

男「妹と一時期よく行ってたんだよ。俺も久々にいきたいな。いいか?従妹」
 
従妹「おにいちゃんと一緒ならどこでもいいよ♪」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:13:25.92 ID:3qJkT+Gw0
~ゲーセン~

ヤクトドーガ、マエエ

妹「ちょっと兄貴!私落ちそうだから援護してよ!」

男「おっけー!任せろ!」

従妹「おにいちゃんがんはって!」

ツインサテライトキャノン!

バーン!

コレデハドウケダヨ

従妹「LOSEって…おにいちゃん達負けちゃったの?」

妹「ちょっと!なに援誤やらかしてんのよ!」ドカッ!

男「ごめんなさい!」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:21:17.23 ID:3qJkT+Gw0
男「うわっ!スポーツかよ…」

妹「兄貴スポーツダメダメだもんね…私もだけど」

パリーグサイゴノカンゼンジアイピッチャーハ?

男「わかんねーよ!適当に入れるか…」

妹「兄貴にまかせるよ…」

従妹「今井雄太郎じゃない?」

男妹「「!!!」」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:29:18.44 ID:3qJkT+Gw0
男「まさか従妹がスポーツに詳しいとは…」

妹「すごく以外」

従妹「野球だけだけどね。お父さんが野球大好きだから」

男「そうえばおじさん野球好きだったな。内川と飲み屋で遭遇したとか自慢してたな…」

妹「それ微妙じゃない?」

男「まあおかげで1位とれたよ。ありがとな。従妹」ナデナデ

従妹「! ふにゃあ…」

妹「! (うらやましくなんか…ないもん)」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:39:10.29 ID:3qJkT+Gw0
従妹「(それにしても…)」



ショーリューケン! KO!

妹「よっしゃー!」

男「ちくしょー!もう1回!」

妹「何度やっても私には勝てないよ」ドヤァ

男「なっ!次は勝つ!」

妹「かかってきな!」

ワイワイギャーギャー




従妹「おにいちゃんも妹ちゃんも楽しそうだなあ」

従妹「私そんなゲーセン来たことなかったしなあ…」シュン

従妹「…そうだっ!」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:43:50.06 ID:3qJkT+Gw0
トテテテ

従妹「おにいちゃんっ!」

男「ぐっ!まだ終わらんよ…ってどうした従妹?」

従妹「ちょっとこっち来て!」グイグイ

男「ちょっ!?まだ勝負の途中…」ズルズル




妹「急に動かなくなった、勝負をあきらめた?」

妹「おい兄貴!最後までまじめに…って、いない…」




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 09:53:56.67 ID:3qJkT+Gw0
ズルズル

従妹「おにいちゃん!プリクラ撮ろう?」

男「プリクラ?いや、なんか恥ずかしいよ…」

従妹「いいじゃん!せっかく来たんだからさ、記念に、ね?」

男「だったら妹も連れて…」

従妹「だめっ!」

ガシッ

従妹「二人きりで撮ろうよぉ…」ウワメヅカイ

男「ぐっ… (このかわいさ反則だろ)」

従妹「おねがい…」ズイッ

男「(谷間が!谷間が!)」

男「よし。撮ろうか」キリッ

従妹「ありがとう!おにいちゃん!」ギュッ




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:01:17.40 ID:3qJkT+Gw0
男「とはいってもプリクラなんて撮ったことないぞ」

従妹「だいじょうぶ!私に任せて」ピッピッ

従妹「じゃあとるよー」

男「おうよ」

従妹「おにいちゃんもっと笑って笑って!」

男「お、おう」ニマ~

従妹「…」ダキッ

男「おう!?」

パシャ






モウイッカイアソベルドン!

「すげぇよあの子…」

「バチが見えなかったぞ…」

妹「こんなもんか…そういやあの二人どこ行ったんだろう…?」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:08:20.87 ID:3qJkT+Gw0
従妹「あははーおにいちゃん変なかお~」

男「従妹が急に抱きついてくるからだろ!」

従妹「いやだった…?」ウルウル

男「い、いやっ、そういうわけではないぞ」

男「(正直おっぱいたまりませんでした)」

従妹「そろそろ妹ちゃんと合流しようか」

男「そうだな」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:13:23.21 ID:3qJkT+Gw0
男「えーと、あ、いたいた、おーい!」

プレイヤー、ツモバンガコナイ!

妹「ドラの白なんか鳴かすなよクソッ!…って兄貴?どこ行ってたんだよ?勝負ほっぽりだして」

男「ああ、従妹とプリクラをな…」

妹「なっ!?」チラッ

従妹「(どや顔)」

妹「(この女ァ~っ!)」




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:20:10.95 ID:3qJkT+Gw0
従妹「あっ!あのくまさんかわいい!」

男「UFOキャッチャーか」

チャリン ウィーン スルッ

従妹「ああ!惜しい!」

妹「(…隣のうさぎかわいいな)」

男「(…)従妹、俺がくま狙ってみるよ」

従妹「ほんと?おねがいおにいちゃん!」

男「よしっ!任せろ」





67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:27:36.75 ID:3qJkT+Gw0
チャリン ウィーン ガシッボトッ

男「ほらとれた」

従妹「おにいちゃんすごい!ありがとう!大事にするね!」ダキッ

男「OH!」

妹「へらへらすんなこの変態!」ドカァ

男「アウチ! ああそうだ、もう一回」   

妹「えっ?」

チャリン ウィーンガシッボトッ

男「ほら、妹にはうさぎさんあげる」

妹「あっ…ありがと………うれしい」

男「ん?最後なんか言ったか?」

妹「! うるさいばかばかばか!」ドカッ!ドカッ!

男「ちょ、折れる折れるって!」ギャー

従妹「……」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 10:34:39.89 ID:3qJkT+Gw0
男「いい時間だしそろそろゲーセン出るか」

従妹「そうだねー」 

妹「兄貴、おなか減った」

従妹「あ、そういえば私も減った」

男「近くのファミレスでいいか?」

妹「バイト先の?」

従妹「おにいちゃんバイトしてるの?行ってみたい!」
 
男「じゃあ決まりだな」




75:ID変わった:2012/02/01(水) 11:06:35.58 ID:4Ixa4J6r0
~ファミレス~

ウィーン

「いらっしゃいませ~って男じゃない。それに妹ちゃん」 

男「どうも先輩、お疲れさまです」

妹「こんばんは」

先輩「こんばんは。ところでそちらのかわいらしい子は?」

男「ああ、従妹です。遊びに来てるんですよ」  

従妹「はじめまして、従妹です」

先輩「はじめまして、両手に花とはおぬしもなかなかやるのお」ツンツン

男「そんなんじゃないですよ…」

先輩「またそんなこといってー、もてる男は辛いねぇ こちらの席にどうぞ」

男「どうも」




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:13:10.14 ID:4Ixa4J6r0
先輩「ご注文お決まりになったらお呼びくださーい」スタスタ



従妹「きれいな人だね」
 
男「まあ、確かにな」ミズゴクゴク

従妹「おにいちゃんアタックしないの?」

ブッーーー

妹「…」

従妹「うわ、妹ちゃんびしょ濡れ…」

男「従妹が変なこと言うからだろ!」

妹「あ・に・き~~~~?」

男「」

ギャアアアアアアアアアア




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:18:52.13 ID:4Ixa4J6r0
妹「ったく!トイレで顔洗ってくる!」プンスカ

男「」チーン

従妹「あはは、で、話戻すけどどうなの?先輩さん」

男「… うーん、考えたことないなあ…自分の中ではバイト先の先輩って感じしかないなあ」

従妹「そうなんだ~いい人そうだけどな~(脈なし…か)」ニヤッ

男「まあいい人ではあるぞ、ちょっと抜けたところもあるけど」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:25:13.68 ID:4Ixa4J6r0
妹「はあ、まだなんだか冷たいよ」

従妹「妹ちゃんお帰り」

男「すまんかった」

妹「ったく…」

従妹「話戻るけどおにいちゃん、彼女いるの?」

ブッーーー

妹 サッ

妹「なっ!?なに聞いてるのよ!?」

従妹「妹ちゃんもきになるでしょ~?」

妹「べっ、別に気になんないわよ!(確かに気になるけど…)」






モブ客A「…」ビショヌレ

モブ客B「」




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:31:46.10 ID:4Ixa4J6r0
男「ゲホッ!ゲホッ!」

従妹「で、どうなのおにいちゃん?」

妹 ドキドキ

男「ゲホッ!…えーと、生まれてこの方彼女はできたことないよ 何でこんな寂しいこと言わなくちゃならんのだ」トホホ

従妹「なんだそうなんだ~(まあそうだろうけどね) てっきり一人ぐらいいるのかと思ったよ~」

男「ぐらいってなんだぐらいって」

妹「ま、まあこんな変態兄貴好きになる人いないと思うけどね!」

男 ズーン

従妹「あはは おにいちゃんげんきだして!」

男「ありがとう従妹…注文決めるか…」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:41:05.40 ID:4Ixa4J6r0
男「俺はこれにしようかな…」

従妹「じゃあ私はこれにするー」

妹「これとこれで」

男「じゃあ注文するか」

ピンポーン

先輩「はーい!ご注文お決まりですか」

男「これとこれとこれとこれで」  
先輩「かしこまりっ!」

男「…先輩、いくら俺があいてでももうちょっとまじめに…」

先輩「冗談だよ。まったく~男はつれないねぇ」

男「はいはいすみませんでした」

先輩「もう!仮にも私先輩なんだからもうちょっと敬いなさいよ~


男「はいはいすみませんでした」

先輩「む~…少々お待ちくださいぃ」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:43:25.47 ID:4Ixa4J6r0
従妹「…いつもあんな感じなの?」

妹「いつもあんな感じ」

男「うん、ちょっと抜けてるんだよなあ」

従妹「そうなんだ~ 私は面白くていいと思うよ?」

妹「相手するの疲れてくるんだよね」  

男「ちょっとな…」




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:49:15.12 ID:4Ixa4J6r0
先輩「お待たせいたしました~」

男「きたきた」 

従妹「おいしそう♪」

妹「おなかすいた」

先輩「ごゆっくりどうぞ~」




「「「いただきまーす」」」

男「うまうま」

妹「うまうま」

従妹「おいしーい」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 11:54:10.10 ID:4Ixa4J6r0
男「従妹がたべてるのうまそうだな」

従妹「そう?じゃあちょっとあげる!」

男「おっ!いいのか?じゃあ…」スッ

従妹「待って!はい、あーん」

妹「!?」ガタッ

男「おい、恥ずかしいよ…」

従妹「食べてくれないの…?」ウルウル

男「!? いただきます!」アーン

従妹「あーん♪」

妹「…」プルプル




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:00:06.05 ID:4Ixa4J6r0
従妹「おにいちゃんのも食べてみたいな~」

男「お、おう ほら」スッ

従妹「食べさせてほしいな~」スッ

男「(前屈みで谷間がっ!)」 

男「あーんしてあげよう」キリッ

従妹「やった!」

妹「…」ゲシッ!

男「足踏んじゃいやっ!」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:00:24.64 ID:Z13M4NIe0
モブ客Aは男を殴ってもいいと思うの




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:04:38.30 ID:4Ixa4J6r0
男「はあ~食ったなあ~」

従妹「おいしかったね~ おにいちゃんにあーんしてもらったしほんとよかった!」チラッ

妹「むぅ…」

従妹 ドヤ?

妹「~~~っ!(腹立つーーー!)」

従妹「ちょっとトイレ行ってくる」スッ

男「俺は水をとってくるかな」スッ





妹「…」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:08:19.16 ID:4Ixa4J6r0
妹「(従妹が兄貴といちゃつく度に腹立つ)」

妹「(従妹がどや顔する度に腹立つ)」

妹「(…)」

妹「(これじゃ私が兄貴のこと…す、すきみたいじゃない!)」

妹「(べっ、別に兄貴のことなんて…)」

妹「(………)」





先輩「おさげしまーすって、妹ちゃんひとり?」

妹「せ、先輩さん」




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:11:22.01 ID:4Ixa4J6r0
先輩「どうしたのー?そんな辛気くさい顔しちゃってさ?」

妹「いえ、その…」

先輩「男のこと考えてたんでしょ?」

妹「!? ち、違いましゅ!」

先輩「…図星ね」

妹「うぅ…」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:15:09.92 ID:4Ixa4J6r0
先輩「従妹ちゃん、だっけ。あの子、男にベタぼれみたいね」

妹「…はい」

先輩「これを機に男を一気に落としにかかってるわね」

妹「…はい」

先輩「…お兄ちゃんとられてもいいの?」

妹「! 私は…そんな…」

先輩「ウソ。嫌だって顔が言ってる」

妹「…」




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:21:40.06 ID:4Ixa4J6r0
先輩「見たところ妹ちゃんは残念ながらいまのところ劣勢のようね」

妹「…」

先輩「男は優柔不断なところがあるからねぇ、あの従妹ちゃんのわがままボデーで押されたら、コロって行っちゃうかもよ?」

妹「うぅ…」ウルウル

先輩「まあ従妹ちゃん実際かわいいからなあ~」

妹「………」

先輩「…妹ちゃん?」



妹「先輩さん…私、どうすればいいんですか…」




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:27:11.52 ID:4Ixa4J6r0
妹「私、従妹に兄貴をあげたくない」

妹「兄貴は誰にも渡したくない」

妹「でもいつもつい暴力振るっちゃったりして…」

妹「ほんとは従妹みたいに一緒に腕組んで歩きたいし、一緒にプリクラを撮ったりもしたい」

妹「でも、いざとなったら恥ずかしくて…言えなくて…」ウルウル

妹「先輩さん…私、どうすればいいの?従妹にとられたくないよぉ…」ポロポロ

先輩「…」




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:34:55.49 ID:4Ixa4J6r0
先輩「今言ったこと、大事にしてね」

妹「ふぇ?」ポロポロ

先輩「今言った男への思い、忘れないで。そして、少しずつでもかまわないから、男に伝えるようにしなきゃ」

妹「…」

先輩「男は鈍感なところあるからねぇ、黙ってたら妹ちゃんの気持ちに気づかないと思うの。だから少しずつでもいいから自分に素直になって、男に気持ちをぶつけるの」

妹「自分に…素直に…」

先輩「そう、そうすれば男も妹ちゃんの気持ちに気付くはず。誰を選ぶかはあいつ次第だけどね」

妹「…」

先輩「このままツンツンしてたら気持ちをぶつけてだめだったときより絶対後悔する。そう思うよ?」

妹「…」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:40:25.85 ID:4Ixa4J6r0
先輩「ほら、顔が涙でぐしゃぐしゃだよ?はいハンカチ」

妹「あ、ありがとうございます」ゴシゴシ

先輩「うん!きれいになった!妹ちゃんもかわいいんだから、がんばって!」

妹「先輩さん…」




従妹「ただいまー」

男「ふー、ん?先輩?なに話していたんですか?」

妹「あ、兄貴…」

先輩「女同士の秘密だよっ!」ドカッ

男「うわっ!こぼれますって!」

従妹「…(妹ちゃん、顔が…泣いてたの?)」




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:44:20.23 ID:4Ixa4J6r0
男「じゃあぼちぼち帰ります」

先輩「そうかいそうかい!ありがとうございますー」

従妹「おにいちゃん、ごちそうさま!」

男「おうよ」

ウィーン

先輩「妹ちゃん!」

妹「はい?」

先輩 (・ω・)b

妹「…」

妹 (・ω・)b

従妹「?」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:55:50.26 ID:4Ixa4J6r0
男「やっぱり夜になると冷えるなあ」

従妹「こうすれば暖かいよおにいちゃん!」ギュッ

男「oppai yeah」

従妹「(どうよ?妹ちゃん)」チラッ

妹「…」

ギュッーーーー

従妹「!!!! なっ!?」

男「お、おい妹?」

妹「…寒いから!あくまで寒いから!」

男「そ、そうか…」




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 12:56:21.36 ID:4Ixa4J6r0
従妹「(ど、どういうこと!?)」

妹「(従妹には兄貴を譲らない)」

従妹「(なっ!?)」

妹「(兄貴のこと一番わかってるのは私!まだまだ勝負はこれからなんだから!)」

従妹「(…上等じゃない。その勝負、受けて立つ!)」

妹「…」

従妹「…」





男「なんか不穏な空気が…」


終われ